モバマス アクティブ。 GREE「アイドルマスター ミリオンライブ!」(グリマス)サービス終了で判明した衝撃の真実「アクティブユーザーが1万切ってた」 │ 黒白ニュース

【モバマス】ゲームを開始してからの5年間を振り返る(前編)

モバマス アクティブ

『 』というアプリのアクティブユーザー数が激減している。 全盛期には50万人を超えていたアクティブユーザーが先日まで行われていたイベントでは、40万人を割り込むまでに減少していた。 私自身もプレイしていてイベントボーダーの緩さに驚いた。 というアプリ 『』は2015年9月より配信開始されたが主体となっているゲームアプリだ。 このアプリはいまやというIPを牽引するまでの役割になっている。 これがなければ今のの地位はなかったのではないかと思われるほどその裾野を広げることに貢献している。 私自身もこのアプリをきっかけにしてという世界への扉を本格的に開いたと言っても過言ではない。 このアプリが配信される前にも多少という作品に触れてはいたが、どっぷりといった感覚ではなかった。 しかし、このアプリが始まってからは世界の虜とまではいかなくとも、その魅力を感じていくことになっていった。 のライバル 始まった当初は完全3Dのアプリということで大きな注目を集めたであるが、今は対抗馬のアプリが非常に増えた。 まず最初に思いつくのは、『 』である。 まあこれは立ち上げから大規模メンテでコケてしまったこともあり、到底ライバルという地位までは上り詰められなかった。 アプリ自体は評価できるポイントもたくさんあったのだが、いかんせんヒットに繋がらなかった。 その後も後発のアプリは数多く登場したが、現在において最も脅威となっているのは『 』だろう。 アプリが開始される以前に放送されていたアニメ自体はお世辞にも完成度が高いとは言えないものだったので、当初は期待されていなかったが瞬く間にアプリ界の階段を駆け登った。 このアプリで特徴的なのはとにかくフットワーク軽く様々なジャンルの楽曲を追加している点だ。 オリジナル曲だけでなく、多彩な カバー曲を用いて注目を集めることに成功した。 そしてゲーム画面も流行りの3Dに流されることなく、あくまでも楽曲追加のイージーさやプレイの手軽さを優先した2D画面にあえてすることによってうまく差別化がなされている。 アイドル物全盛の中でバンドスタイルを選択したこともプラスに働いている。 の他にも同じくの冠を持つミリシタこと『 ミリオンライブシアターデイズ』も強力なライバルといえる。 もちろんのほうが現在は優位といっていいだろうが、のびしろという面ではミリシタに軍配があがるかもしれない。 システム的に見習うべき点がいくつも存在している。 をプレイするストレス はを主体としたアプリであるが故に当然イベントはそれを連続でプレイさせるスタイルになる。 一般的なをもとに設計されているようなゲームアプリであれば周回プレイはイージーとまではいかなくとも片手間でやることが許されないわけではない。 しかし、アプリは楽曲をプレイしている数分間、 画面に釘付けにされる。 これが周回プレイともなれば他のアプリとは比較にならないほどの労力を必要とする。 これを数年に渡り続けてきたプレイヤーの疲労ももはや 限界に達しているのではないだろうか。 対抗馬の最右翼と思われるはここにうまく目をつけていた。 他のアプリと並んだときに、あくまでもサブ的な立ち位置を狙ったのだ。 イベントにかかるカロリーが低いのほうを長く続けようとする人が多く残るというのは理解できる。 の未来 ここ最近はアクティブユーザーが激減していると言ってもまだまだプレイヤーの数はとても多い。 イベント自体はどうしようもなく マンネリ感が強いが、ここも新しい形式のイベントを追加してなんとかしようとしている姿勢が見られる。 しかし、これからもアプリに限らず、強力なライバルが立ちはだかるだろう。 おなじくシリーズの1つである『 シャイニーカラーズ』も控えている。 が、が、のナンバーワンだ!という意地を見せつけて欲しい。 まだまだ窮地に陥っているという状況からは遠いだろうが、さまざまな施策を打ち出し、我々ユーザーを満足させてほしい。 中居くんもそれを望んでいるはずだ。 に疲れた方に に疲れた人は放置で遊べるゲーム「放置少女」もある。 バンドリのようにサブで遊ぶにはぴったりのゲームだ。 mochirixi.

次の

[アクティブビューティー]斉藤洋子

モバマス アクティブ

喜多見柚嫁プロ「王国」4代表のTAMです。 2年弱のあいだ当プロの代表をやっていたのですが、この度4月1日をもって代表をちゅうずさんに譲り、自分は副代表となります。 エイプリルフールではないです。 ということで今回は、ではお馴染みの、いわゆる退職エントリのようなノリで書いていきたいと思います。 ついでに「のプロダクションの代表とは」みたいな事も書ければなと思います。 代表を交代する理由 まぁ理由はいろいろありますが、プライベートとかで忙しくなってきたのが一番の理由です。 ただ、モチベが落ちたかというとそういう訳でもなく、今でも普通にR専はだいたい消費しています。 ただ、最近は以前ほど上位を取ったりすることができてなくて、このまま無意味にアイテム貯めててもなぁというのと、このだらだら続けた状態でずっと代表やってるのもなぁと思っていました。 そこで、自分の中でいったん区切りをつけようという意味で、代表を降りる決心をした次第です。 貯まってるアイテムは近日中に使いまくり、使い切ったらしばらく隠居生活をしようと思います。 代表の仕事 プロダクションの代表の仕事は、やろうと思えばいろいろ出来るのですが、代表にしかできない仕事というのは 「入社・退社希望者とのやりとり」「フェスの時にテンションチャージする」くらいのものです。 代表はこれさえやっていれば全然いいと思います。 逆に言えば、最低でもこれらはやっておきましょう。 他に自分がやっていた事としては、以下のようなものがあります。 ・プロダクション内ミニチームを立てる ・プロダクション宣伝をする( 担当プロ宣伝yymmdd) ・プロダクション内のルールを定める(後述) ・フェスの時にプロダクション名を変えて遊ぶ ・時々チャットで話題を振る ・時々で「柚 プロダクション」とかで検索をかけて勧誘する ・時々メンバーにメダルSRや自分の1軍落ちアイドルを譲ったり、スタドリを配ったりする あんまり他でやってなさそうな所だと、してFF外から失礼して勧誘、というのを時々やっていたのと、プロダクション宣伝のときにオリジナルイラストを使用していた事ですかね。 イラストについては後で詳しく書きます。 プロダクションとして一致団結してイベントを走ったりフェスに臨む、みたいなのはやってませんでした。 嫁プロだし、何より自分がそういった参加を半ば強制させられるようなものが好きではなかったので……(この理由からも絶対やらないと誓っている) 他に聞いたことがある活動では、プロダクションでdiscordサーバを立てたり、オフ会をしたり、グッズを作ったりしている所もあるみたいですね。 プロダクションの運営方針 プロダクション運営というのに正解はないと思っていて、 結局「代表がどうしたいか」によって変わってくるのかなと思います。 自分の場合は、「今を楽しんでいる人を優先したい」「交流もしたいけどあくまでのプレイを優先にしたい」「プレーに義務感を感じて欲しくない」という方針があったので、基本的に自由な場でありつつもある程度アクティブさを保てると良いなと考えました。 そのため、下記のようなルールで運営していました。 ・4週間ファン0で入れ替え対象にする(即解雇にはしない) ・ノルマはなし。 古参の方でも容赦なく予告なしに解雇する ・フェスは方針の提示はするが、走り方は各自に任せる ・なるべくプロダクション用ミニチームを立てる ・チャットの参加を強制しない。 また、アカウントを聞いたりしないし、discordも立てない こういう密なコミュニケーションに引け目を感じる人もいるのと、管理がめんどいため ファン数のノルマを設けたりして、全体のアクティブさをもっと上げることもできたと思いますが、それはなるべくしないようにしていました。 理由は前述の通りです。 これらはあくまで自分の場合です。 人によって、コンスタントに上位を狙えるよう走る人で集まっておきたいとか、総選挙を頑張るメンバーを集めたいとか、いろいろな思惑があり、それによって取るべき運営方針は変わってくると思います。 代表やメンバーの考え方に合わせて、適切な運営方針を決めていくとよいかと思います。 宣伝用イラスト プロダクションの宣伝にあたり、坊子さんに 宣伝用画像のデザイン及びイラストの作成をお願いしました。 坊子さんは優しい色合いの絵柄が素敵なイラストを描かれる方です。 最近はさんの出演するデレラジ・デレパでもよくイラストが採用されてるので知っている方も多いかもしれないですね。 代表交代に伴い、この宣伝画像もお役御免となります。 坊子さん、本当にありがとうございました! 自分が代表を始めた頃はプロダクション宣伝で描き下ろしイラストを使っているところはほぼ無かったと記憶しています。 公式のカードイラストを使うのもいいですが、描き下ろしイラストが使えれば宣伝効果はとても高いです。 幸い坊子さんがプロダクション内にいらっしゃったため、お礼としてスタドリを用意して作成をお願いしました。 現金が絡むといろいろややこしいというのもあり、プロダクション内にイラストが描ける方がいらっしゃったのは幸運でした。 他に気を使ったところとしては、 画像サイズを16:9にしたことです。 これはで画像を1枚だけ載せたときのサムネイルのサイズ比と同じです。 折角イラストを使っても、それがサムネイルで見切れてしまっていれば宣伝効果は激減してしまいます。 タイムラインを流れたときに目に止まるよう、上下左右が見切れず全体がサムネイルからでも見れるように、このサイズにしました。 他の宣伝画像を見る限り、ここを意識されている方は案外少ないように思います。 この場でオススメしておきます。 嫁プロの代表をやるということ 嫁プロ所属、しかも代表というのは、実態を知らない人が聞くととても大仰なものに聞こえてしまいます。 確かに、ゲーム内とはいえ30~40人の集まり、しかも同じアイドルの担当の集まりがあって、そのリーダーをやっているわけですから、大層なものに感じるのも無理はないかもしれません。 ですが、 実際嫁プロなんてそんな大それたものじゃないです。 所詮ゲームやし。 嫁プロに入ったからってそのアイドルしかプロデュースしないといけないわけじゃないし、イベントに毎回必ず参加しないといけないわけではないし、メンバーとコミュニケーションとらないといけないわけでもないです。 外から見ればちょっとハードルを感じてしまうのは事実だと思います。 でも、っていうのはそんな重いものじゃないです。 もっと軽い気持ちで嫁プロに入ってきてくれていいし、軽い気持ちで代表やってしまえばいいと思います。 「同担とをプレーしたいな」「もっとアクティブなプロダクションに入りたいな」「同担Pと交流したいな」「あのアイドルのこともっと知りたいな」……理由なんてそんなんでいいんです。 もっと気軽にいきましょう。 その方がお互いハッピーだと思います。 おわりに 改めて見返すとそんなに退職エントリっぽくねぇな……まぁいいや。 自分の区切りをつけるのが目的なんで。 代表を引き継いだ日を確認したら2017年の6月23日でした。 1年9ヶ月ものあいだ代表をやらせて頂いて、いろいろ楽しい経験をさせて頂きました。 代表の肩書を自己紹介に使ったり、嫁プロ代表どうしで交流を持てたりもしましたし、何より柚Pのみんなで一緒にをやれたのはとても楽しかったです。 柚が上位のアイバラでプロダクション2位を取れたのが一番の思い出です。 至らぬ点も多々あったかとは思いますが、メンバーでいてくれた方には感謝しかありません。 とはいえを引退するわけではないですし、むしろ副代表として引き続きプロダクションに居座らせて頂きますので、今後ともよろしくお願いします。 そして、新体制となる王国もよろしくお願いします! nastnnouk.

次の

ニコ典 - モバマスの無課金プレイ攻略法を研究するページ

モバマス アクティブ

7.プロダクションに入る モバマスには「プロダクション」という、各プロデューサー(プレーヤー)が所属できるグループがあります。 20人のプロダクションに入ればそれだけで42ポイントが貰えることになりますが、開始当初はプロダクションに入っていない人やそのユーザー一人しか居ないプロダクションに所属しているユーザーも多く、このポイントによる能力増加は序盤において非常に有効な武器になります。 イベントでもプロダクションに関係する要素は多く、しかも強い人の集まるプロダクションはそれだけ有利になるので、なるべく強いプロダクションに入れてもらうことが攻略の近道となるのは間違いありません。 とはいえ・・・ もっとも強いプロダクションの場合、開始したばかりの無課金ユーザーが入っても既に所属している側のユーザーにほとんどメリットが無く(むしろやツアーなどのイベントではデメリットにしかならないことも)、断られる場合も往々にしてあります。 さらにそういうプロダクションはなどにノルマを課している場合もあり、初心者には敷居が高いというのもあります。 とはいえ全く気にしないという代表も結構いるみたいですから、断られてもめげずに手当たり次第にあいているプロにアタックするのも手でしょう。 ただ、仮に強いプロに入れた場合ですが、フェスでは当然そのプロにみあった相手とマッチングされるため、初心者ユーザーは全力を出しても全く歯がたたないということがあります。 勝てなければメダルも稼げず、下手をすれば勝利ポイントが足りず報酬ももらえないということすら起こりえます。 そこで私の個人的な意見ですが、初心者ユーザーが入るならまだ代表のレベルがそれほど高くなく、ほどほどの大きさでこれからも伸びそうなプロダクションに入るのが現実的でしょう。 プロダクション検索の際に、20人前後でそれなりにやっていそうなメンバーがいるプロダクションを探すのがいいのではないでしょうか。 なお「伸びている」の基準ですが、プロのPRA成績を比べて見るのがいいかと思います。 その後はそのプロに居着くも良し、自分のレベルアップに応じてより上のプロへ移って行くのも良いと思います。 なかなかダットゥインはしにくいですが、リアルな知り合いのプロでなければ特に同じプロにいる理由はないですしね… プロダクションを探す際は、通常のゲーム内で探す方法のほかに、のトピックやので探すという方法もあります。 これらはプロダクション側が条件を指定しているので、より探しやすいように思います。 いっそ自分で作ってしまうのも Lv5になれば、自分でプロダクションを作ることができます。 自分のさじ加減でプロダクションを管理してみたい人は、自分で作ってしまうのも手です。 もっとも、プロダクションは自分一人ではほとんどメリットはありません。 自分で作った場合には、増資を行い、メンバーを集めるなど手入れを行なって大きく強いプロダクションを目指す必要があります。 特にメンバー集めは重要です。 やる気のある人(できれば課金ユーザーも含めて)に集まってもらって、みんなでプロダクションを強くしていく必要があります。 本スレではしばしば「ぼっちプロだが人が集まらない」という意見があります。 だいたいの場合、こういう感想の人はプロのプロフィールに社員募集とだけ書いて申請が来るのを待っているだけのように思います。 個人的には、まずは手当たり次第に勧誘です。 下メニューにある「勧誘」機能などでプロ非所属のユーザーを勧誘するなどです(ただしある程度のレベルで非所属の人は放置かあえて非所属を貫いている人ばかりのように思います)。 LIVEバトル検索ならば自分周辺のレベルでアクティブな人がひっかかりやすいようにも思います。 なぜ手当たり次第に勧誘かというと、プロ所属の大きな魅力であるポイントが少ないところには当然人が集まりにくいですし、掲示板が盛り上がっていることも期待できないからです。 人数が多くなると、自然に申請が来るようになると思います。 ある程度人数が集まったら、アクティブな社員を多く維持するための活動が必要になります。 手当たり次第の勧誘をすると、すぐに放置になってしまう人も多くなりがちなのがネックです。 放置ユーザーでもポイントの足しにはなりますが、イベントでは役に立ちませんし掲示板が盛り上がるわけではありません。 つまりプロの人数はなるべく維持しつつ、放置はなるべく早く切るという2つの要請を両立する必要があります。 前提として、いかに「まったりプロ」を標榜していても、何らかの基準(一定期間ファン数増加0など)で放置者を解雇することだけはノルマとして入れるべきでしょう。 その上で、放置者が出たらなるべく早く解雇してすぐに新しい人を入れる活動をしなければなりません。 これを怠ると、やる気ある人から抜けていってしまうでしょう。 あとはプロの特色があると人が集まりやすく、しかもアクティブになりやすいと思います。 例えば嫁プロとか趣味で人を集めるとかです。 また、先述の就活スレやツイッターなどを利用するのも一手でしょう。 ただしそこで宣伝しても、やはりプロの人数や特色などの魅力がなければ人はやってきません。 ちなみに一番難しいのが掲示板の活気を保つことだと思います。 社長が頻繁に掲示板に顔をだしたりネタフリをする必要があるでしょう。 その他、イベントでもちゃんと管理(サバイバルの際にリーダー強キャラを徹底させるとか、フェスで作戦を立てるとか)しないと、やはりやる気ある人から抜けていってしまうでしょう。

次の