退職する方へのメッセージ。 定番でシンプルな退職祝いメッセージ文例

定年退職や早期退職時に贈るメッセージ文例

退職する方へのメッセージ

ページの目次• 定年退職をされる方と再雇用をされる方へのメッセージ例文 今回は、定年退職をされる方へのメッセージマナーについて、ご紹介します。 長年勤め上げた方への功労を込めたメッセージ文例を、いくつか挙げてみます。 また、再雇用をされる方へのメッセージについてはこれからもお世話になるので、簡潔な文章で気持ちを伝えましょう。 寂しくなりますが、たまにはお顔を見せに来て下さいね。 ・在職中は大変お世話になりました。 長きにわたりお疲れ様でした。 これからは第二の人生を大いに楽しんでください。 ・今まで大変お世話になりました。 これからの人生が素晴らしいものになりますよう、お祈りしてお花を贈らせていただきます。 ・ご退職おめでとうございます。 第二の人生のスタートをこれからも応援しております。 ・長い間お世話になりました。 公私にわたりご厚情とご指導を頂き、感謝を申し上げます。 今後のご活躍とご健勝をお祈り致します。 「定年退職後、再雇用をされる人へのメッセージ例文」 ・ご定年おめでとうございます。 今後ともよろしくお願いいたします ・これまでのご功労に敬意を表します。 今後ともご指導をよろしくお願いいたします。 再雇用を選ばずに定年退職をされる方への贈り物の選び方 再雇用を選ばず、完全に定年退職をされる方への贈り物をするなら、どんなものが最適でしょうか。 職場のみなさんで、その方の好きなものを考えて決めるのが1番でしょう。 これからの第二の人生に役立つような贈り物ができると、とても喜ばれると思います。 特に、その方の趣味などが分かれば、それにちなんだものを選ぶといいかも知れません。 ただ、もらって迷惑にならないように、どんなものが好きなのか事前によくリサーチをしておくべきでしょう。 あまりしつこく質問をしては贈り物をするということがバレてしまうので、さりげなく調査をしましょうね。 その方にとって時々職場のことを思い出してもらえるような、素敵な贈り物ができるといいですね。 贈り物に合わせて素敵なメッセージも添えましょう。 定年退職や再雇用を選ぶ方への贈り物とメッセージ 定年退職をされる方への贈り物に表書きをする際のマナーを学んでおきましょう。 退職祝いを贈る場合は表書きに「祝御退職」か「御引退御祝」と書きます。 マナーとしてはこの2つが当てはまりますが、この文字には「退(しりぞく)」というものが入っています。 この文字に対して複雑な気持ちになったり、まるで退職を祝っていると思うような方へは別の方法で書きましょう。 この場合は 「御祝」とだけ記載をしてお渡ししましょう。 マナーはありますが、お祝いには絶対という決まりはありません。 その方が喜ぶようにするということが1番大切です。 これまでのご功労を称えるメッセージとお花も一緒に贈ると、一層喜ばれるのではないでしょうか。 なお、1度定年退職をして再雇用契約が決まっている方へのお祝いは、必要だと思うのなら贈るということでいいと思います。 ちょっとしたものを贈るだけでも、気持ちは伝わると思います。 本当の定年退職を迎えた際には、相応の贈り物をしましょう。 再雇用で働くなら勤務日数を減らした方が得!? ここからは、定年退職後も働いた場合のお金について考えてみましょう。 今の時代定年後も再雇用契約でそのまま継続をして勤務をする人が増えており、その制度を取り入れる企業も増えています。 しかし年金の受取額に大きな差が出るため、どのような形態で働くかがポイントとなっています。 再雇用の2つの条件の違いを見てみます。 ・定年後も再雇用でフルタイムで働く 定年前よりも月収は減るけれど、フルタイムで働き月収30万円の収入を得るAさん(62歳)がいるとします。 Aさんの年金はどうなるかというと、一定以上の月収があるために年金が大幅にカットされてしまう。 さらに社会保険料と税金が徴収されるために、この分が月収から引かれてしまう。 ・勤務日数を減らして働く 一方Bさん(61歳)は再雇用時は今までの勤務日数より減らし、月収は半分ほどの20万円程度にして働くことにしました。 月収が大幅に減ることにより年金のカット率は低くなります。 よって、このAさんとBさんの2人の手取り月収の差はなんと1万円だというのです。 フルタイムで働くAさんと趣味の時間を大切にするBさん、どちらがいいでしょうか? 定年後の「再雇用制度」の種類 再雇用を利用をして勤務を継続したい場合は2つの制度から選ぶことができます。 ・再雇用制度 ・勤務延長制度 この2つが継続雇用制度となっています。 2つの違いを具体的に区別することはなかなか難しいのですが、再雇用は一旦雇用を中断をして退職手続きをするので、企業によっては退職金が支払われる場合もあるようです。 ただ、企業によって細かい違いはあるようです。 いつまで雇用が可能かというと、厚生年金の報酬比例部分を受給し始めるまでの期間が、継続雇用制度の規定となっています。 定年後の働き方を考えてみましたが、企業側と働く側のバランスや年齢に見合った勤務日数や時間をよく考える必要があるということがわかりました。 定年を迎えるまでに、定年後の生き方を具体的に決める必要がありそうです。

次の

定番でシンプルな退職祝いメッセージ文例

退職する方へのメッセージ

・宛名・名前を書く ・ねぎらい・感謝の気持ちを伝える ・丁寧な言葉で伝える 「〇〇部長」「〇〇さん」というように、書き出しに相手の名前を入れると、受け取った相手は「自分に向けられたメッセージなんだ」と実感することができます。 また、メッセージ上で欠かせないのが「ねぎらい」「感謝」の気持ちです。 これまでお世話になったことへのお礼をメインに据えるとメッセージが考えやすいでしょう。 お世話になった具体的なエピソードを絡めれば、ぐっと気持ちがこもります。 「ご苦労様でした」ではなく「お疲れ様でした」を使うというように、言葉遣いも気持ちを表すもの。 例えフランクな関係であっても、上司が目上の人であることを忘れずに 最低限の言葉のマナーは頭の中に入れておきたいものです。 異動・退職する上司へのメッセージ NG要素 1. お礼の言葉 (書き出し) …今までお世話になりました。 …これまでありがとうございました。 エピソード(本文:ここがミソ) …隣の部署から〇〇さんの頼りがいのある姿をいつも拝見していました。 (相手の良い印象) …〇〇プロジェクトの成功は〇〇さんが担当されてこそのものだったと聞き及んでおります。 (本人が担当していた仕事) …〇〇さんには営業についてゼロから教えていただきました。 (あれば、教えてもらったこと) …〇〇さんの気配り力を見習いたいと思います。 (わかれば、相手の性格や特徴を褒める) 3. 今後へのエール (締め) …新天地でのご活躍を心よりお祈りしています。 (転職や異動) …旦那さま(奥さま)と、末永く幸せにお過ごしください。 (結婚による退職の場合) 【番外編】自分が異動・退職する時に上司へ贈るメッセージ.

次の

退職者に感謝が伝わるメッセージの書き方|社内・社外・上司別文例集

退職する方へのメッセージ

今までの感謝を伝えたいけどなかなか良い言葉が思いつかない・・・そんな方へ。 本当にありがとう。 がんばってね。 文章のコツ お祝いの言葉を使うのは退職がおめでたい理由の時のみです。 文章の内容は「これまで」と「これから」に分けて考えると書きやすいでしょう。 基本のマナー メッセージは相手が目上の人(上司)の場合は敬語を使います。 「~です」「~ます」といった丁寧語は必ず使いましょう。 同僚の社員や部下の場合は、基本的にはくだけた会話調の文章でもかまいませんが、 相手の性格などを考慮して文章を考えましょう。 目上の方には「お疲れ様」を使いましょう。 メッセージの内容は、永く残り、第三者の目に触れる可能性もあるので 贈る相手におかしなイメージや誤解を持つような内容は避けましょう。

次の