英語 発音 チェック サイト。 英語の発音を確認したい!任意の文章を読み上げてくれるサイトをご紹介

発音チェックの最高峰アプリ。|English Central(イングリッシュセントラル)

英語 発音 チェック サイト

日本人は英語の発音が苦手と言われています。 英語には日本語にない音がたくさんあるので、正しい発音を身につけるためにはたくさんの練習と時間が必要です。 でも、何万円もする英会話学校の発音コースに行くのは、費用的にも時間的にもかなりの負担になってしまうと思います。 今回は家で発音練習ができる、無料のサイトをご紹介します。 まずは、今回ご紹介する方法で発音の勉強をしていただいて、それでもできないということであれば、お金を使ってスクールに通うようにしましょう。 是非、参考にしてください。 日本人の発音が苦手と言われる理由 そもそもなんで英語の発音に練習が必要なのでしょうか。 日本人が耳で聞いただけで上手に発音できないのは、英語とは口と舌の動かし方が違うからです。 例えば、プールで平泳ぎしている人を見ただけで、同じように泳ぐことは難しいですよね。 足がどう動いているか、手がどう動いているかを把握して、練習してみて、やっとスムーズに泳げるようになります。 発音もこれと同じ。 見本どおりに言ってみてうまくいかないなら、どういう口や舌の動きをしているかを知る必要があります。 カタカナが正しい発音を遠ざける 英会話のテキストの中には、全ての発音をカタカナで書いているものがありますが、これは親切に見えて逆効果です。 カタカナにすると、日本語にない音も無理やり当てはめてしまいますから、いつまでたっても正しい発音が身につきません。 「フルーツ」「ドライブ」など、カタカナ語として定着している単語ほど、日本語の音が邪魔をします。 英語を勉強するときは、カタカナではなく発音記号をチェックするクセをつけましょう。 発音記号が勉強できるサイトについては後で詳しくご説明します。 目指すのはネイティブではなく正確な発音 よく「ネイティブみたいに話せる」というキャッチコピーを聞きますが、実際にはネイティブみたいに話す必要はありません。 それより大切なのは、正しい発音で話せるかということ。 ネイティブの話し方は、イギリス英語・アメリカ英語でも違いますし、それぞれの出身地によって訛りがあります。 日本語でもアナウンサーは大阪弁や博多弁ではなく、標準語を話しますよね。 ネイティブのクセのある話し方をコピーするのは難しいですが、正しい発音方法なら練習すれば身に付きます。 そのためには• 単語ごとの発音を聞く• 発音記号をチェックする• 言いにくい音を個別に練習する• 文章で言えるようにする これをくり返せばOKです。 ネットは音声や動画ですぐ発音を確認できるので、手軽に勉強できます。 ではさっそく、発音練習におすすめのサイトをご紹介していきますね。 発音が確認できる辞書サイト 発音上達への第一歩は、単語を辞書で調べたときに必ず発音も確認することです。 そのためには、スマホでサクッと検索できるネット辞書がおすすめです。 ちなみに辞書アプリはオフラインでも使えて便利ですが、内容が充実しているものは値段も高めです。 ここでは辞書として使いやすく、音声も確認できる無料サイトを3つご紹介します。 ・ google翻訳には読み上げ機能があることをご存知ですか?文字を入力する欄の左下にある、スピーカーマークを押すと音声が流れます。 文章にも対応しているので、発音だけさっと確認したいときに便利です。 ・ 単語を入力すると、あらゆるネット辞書の検索結果を表示してくれるweblio。 発音記号も確認できます。 スピーカーマークが付いているものは、例文の音声も流れます。 ・ イギリスの英英辞書ですが、アメリカ発音、イギリス発音の両方が聞けます。 辞書としての内容も充実。 ちなみにこの辞書をアプリで買うと、3,000円かかります。 まずは無料サイトで内容を確かめておいて、損はないでしょう。 発音記号が確認できるサイト 発音記号は、日本語にない音を把握したり、単語ごとの微妙な違いを理解するのに必要です。 発音記号がわかると、音声を聞かなくても正しい発音がイメージできるようになります。 しかし最初から記号を丸暗記するのは、なかなか大変です。 発音練習の中で自分が間違えやすいものから覚えていってください。 発音記号を音声と動画で確認できるサイトを、2つご紹介します。 ・ こちらのサイトでは、英語に使われているIPA(国際音声記号)の一覧が見られます。 IPAとは、国際音声学会が定めた、あらゆる言語の音声を表すためにつくられた記号です。 サイトの一覧では、記号の横に2つずつ単語が並び、すべて音声を聞くことができます。 アメリカ英語が基本ですが、イギリス英語と発音の差が大きいものは両方の音声が聞けて便利です。 ・ 発音記号の口の動きの動画と、その記号を使った単語の音声が豊富にあるサイトです。 シンプルなデザインで、口の写真をクリックすると動画が、単語の発音記号をクリックすると音声が聞けます。 似ている発音を並べて聞き比べられるページがあり、リスニングの練習にもなります。 発音について説明してくれる動画 ここまで、発音を独学で学べるサイトを紹介してきました。 しかし練習を進めるにつれ、やはりレッスン形式で詳しく教えてもらいたくなると思います。 そんなときに助けになる動画をご紹介します。 ・ アメリカのシアトルで育った、吉田ちかさんのYoutubeチャンネルです。 日本人が苦手な発音について、日本語で詳しく説明してくれています。 発音以外の動画も勉強になるので、学習の息抜きに見てみてください。 ・ より本格的に発音を学びたい人にはこちらの動画がおすすめです。 アメリカ人のラチェル先生が、各アルファベットの発音方法を詳しく動画で解説しています。 発音以外にも英語のリズムやイントネーション、アクセントについての動画もあります。 ある程度英語がわかるようになったら、日本語を介さず英語のみで勉強していくと、上達のスピードがアップしますよ。 英語を話すのに必要な、発音以外のこと 通じる英語を話したいなら、発音を極めるだけではダメです。 英語を話すためには• 正しい発音• アクセント• イントネーション この3つが揃っている必要があります。 ここでは発音以外の要素である、アクセントとイントネーションについてご説明します。 発音記号を見たらアクセントもチェックしよう アクセントとは、単語の中の音の強弱のことです。 カタカナ語として定着している言葉ほど、英語とのアクセントの違いに気づきにくくなります。 例えば「イメージ」という言葉は、日本語では「イ メージ」と「メ」を強く発音します。 つまり、英語では「 イメージ」と「イ」を強く発音します。 単語の発音記号を確認するときは、忘れずにアクセントの位置もチェックしましょう。 正しい言葉を言っているのに、アクセントが違うだけで通じないこともあります。 イントネーションとは文の抑揚のこと よく聞く「英語のイントネーション」とは、文の抑揚のことです。 高低ともいいます。 日本語はイントネーションが弱く平坦だと言われますが、日本語にもイントネーションはあります。 わかりやすいのは、疑問文とそうでない文との違い。 「ここで、タバコ吸えます。 」と言うのと「ここで、タバコ吸えます?」では言い方が変わりますよね。 この「吸えます?」のときに語尾を上げるのがイントネーション、文の抑揚です。 英語は大げさに抑揚をつけるほうが、伝わりやすくなります。 ポイントは音楽を聞くように英文を聞いて、歌うようにリピートすること。 言葉の意味はとりあえず置いておいて、聞いたままの抑揚、リズムでくり返す練習をしてください。 好きな歌のメロディを何度も口ずさんで覚えてしまうように、英語のイントネーションもたくさん聞いてくり返すことで、身についていきます。 練習した発音をチェックする方法 がんばって発音を練習しても、ひとりだと今いち合っているのか自信がつきませんよね。 そんなときにあなたの発音が「通じるかどうか」をチェックする方法をお教えします。 iPhoneの人はSiriに話しかける apple製品では、Siriという音声認識システムが使えます。 Siriの設定を英語にして話しかけてみてください。 iPhoneの場合は設定アイコンをタップし、「一般」の中の「Siri」から設定が可能です。 通じない英語を話すとSiriはわかってくれません。 反対にどんな質問でも、理解すれば答えてくれます。 Siriはジョークも言える優秀なヤツなので、遊び感覚で話しかけているとけっこうハマりますよ。 発音練習アプリに採点してもらう 無料の発音練習アプリの中には、あなたの声を録音して正しい発音か判定してくれるものがあります。 特に採点が厳しめなのはこのアプリです。 まずカテゴリーを選び、見本の音声をリピートすると採点してくます。 発音やイントネーションがおかしい部分を色分けしてくれ、録音した自分の声も聞けます。 無料ながら、かなり実践的な発音練習ができるアプリです。 もっと基礎から練習したい人には、次に紹介するこのアプリがおすすめです。 発音博士 「基本100単語」と「月・曜日・数の英単語」の発音が無料でチェックできます。 (そのほかの単語を増やす場合は有料) あなたの発音と、正しい発音との違いを発音記号を使って教えてくれます。 くり返し練習することで、発音記号も覚えられます。 オンライン英会話でネイティブとの会話にチャレンジ オンライン英会話をご存知ですか? Skypeを使って、自宅で英会話のレッスンが受けられるサービスです。 毎日レッスンしても月額5000円からと、英会話スクールより断然安いのが魅力です。 自分の英語が本当に通じるか試したくなったら、オンライン英会話の無料体験を利用しましょう。 例えば2回まで無料レッスンが受けられるなら、ネットで登録すると24時間レッスン予約ができます。 無料レッスン中に勧誘を受けることもないので、25分まるまる練習に使えますよ。 会話の中で通じない単語があったらメモして、あとで重点的に復習しましょう。 ポイントは「あれ、通じてないな」と思ったら、その原因を相手に確認することです。 自分では発音が悪かったと思っていても、実際は単語のチョイスがおかしかったり、文法が間違っている可能性もあります。 暗記だけじゃなく口を動かす練習を 英会話の勉強というと、必要な単語の暗記や、文法の復習に時間を使いがちです。 確かにそれらを知らないと話す内容は限られます。 しかしどんなに知識があっても、発音が正しくないと伝わりません。 独学だと実感しにくいですが、英会話は「相手に届いて初めて成り立つ」ことを覚えておいてください。 単語を覚えるときや文法の例文を読むときは、一緒に口も動かしましょう。 最初は見よう見まねでかまいません。 発音、アクセント、イントネーションをできるだけ「英語っぽく」言ってみるのです。 うまく言えなかったら、単語ごとに音声や発音記号を確認してください。 今回紹介したサイトを使えば、それほど時間をかけずにできるはずです。 無料だからとあなどらないで、とにかく続けよう ネットであらゆる情報が手に入るようになった今、お金をかけずに英語を勉強する方法はいろいろあります。 でも無料だとなんとなく「ほんとに上達するのかな」と思ったり、お金を払ってないとやる気にならなかったり。 確かに「やってもやらなくても損しない」教材は、モチベーションを保つのが大変かもしれません。 しかし無料の教材は「やればやるほど得になる」ツールでもあります。 自分にとって効果があるのかどうか、まずはサイトをクリックして動画を見たり、音声を聞いて確かめてください。 英語の独学は「誰かに効率よく教えてもらいたい」という受身の姿勢では上達しません。 便利そうなサイトを使ってみて、自分に役立つかを考え、続けられる人だけが先へと進めます。 無料サイトなら今すぐ始められるので、ハードルは低いはず。 ご紹介したサイトの中から、あなたに合った方法を探してみてくださいね。

次の

英語の発音が勉強できるおすすめ無料アプリ6選&サイト8選

英語 発音 チェック サイト

ネイティブの先生に指導してもらうくらい、とても精度が高いんだよ。 (AIが発音を分析し)採点してくれる スマホアプリを使って発音練習するメリットの一つが、 繰り返し何度も取り組める点。 「いきなりネイティブ講師に、発音の指導をしてもらうのは抵抗がある」という方でも アプリであれば 人目を気にせずに、好きなだけ英語の発音練習が出来ますよね。 インターネットやスマホが普及しており、現代ならではの「英語学習法」と言えます。 (パソコンはまだNG)スマホでもOK 「Googleの発音練習」は最近実装された新機能で、まだ パソコンには対応していません。 ですがスマホ・タブレットなど、 アプリが使えるデバイスなら発音練習することが可能です。 ちょっとした隙間時間でも、発音が分からない・発音しにくい(難しい)英単語があれば すぐに調べて練習が出来るのは、Google発音矯正アプリのメリットですね。 その場合は 「birthday 発音」と検索すれば、発音チェックが出来るんだ。 「発音記号・正しい口の動き」が事前に解説されてるので、確認をしましょう。 そして聞き取れずやり直しにならないよう、はっきりした発音で音声入力します。 (初心者向け)速度を調節しよう Googleの発音練習アプリはとても便利なのですが、お手本の速度を調節が出来ます。 最初は"Slow"に設定しておいて、 口の動きを何度も確認してから挑戦してみてください。 挑戦する時は "Practice"を押せば、録音スタートし"Speak now"に切り替わります。 そして録音が済んだら、 "Speak now"となっているボタンを再度押せば終了です。 「自分の発音」を音声入力する すると入力した自分の発音と、お手本の発音を比較して 「どこが間違っているか?」 Googleが自動で分析して、 間違っている部分は赤字で表示してくれます。 例えば 「Birthday 発音」と検索すると、バイリンガールちかさんの動画が出てくるね。 ブログ管理人はなかなか正解が出来ない、 発音がとても難しい英単語については YouTubeを見て舌・口の動きなど確認し、それから再度挑戦するようにしてます。 (他のアプリより)精度が高い ここまでGoogleの発音練習機能を使ってみましたが、やはり採点の精度については 他のアプリよりもかなり クオリティが高く、自分の苦手な発音も明確に分かります。 「正しい」や「間違っている」を、教えてくれるだけの機能しかないアプリとは違って 解説や例文、 YouTube動画もセットで見られるのは、このサービスのメリットですね。 (無料で)英会話レッスンが受けられる そしてここまでの優秀な発音練習用のサービスを、 Googleなら無料で使うことが出来ます。 学校の英語の授業や、英会話教室のマンツーマンレッスンとは違って 時間の制限もなく、 好きな時に好きなだけ練習が出来るのはやなり魅力的です。 高いお金をかけて発音矯正する前に、まずは無料でGoogle検索を使ってみてください。 実はこの発音練習以外にも、 Google検索には英語の勉強に役立つ機能があります。 今後、Googleに "英語学習に必要な機能がそろっている"となる日も近いかもしれませんね。 (単語クイズ)Google word coach 例として一つご紹介すると、単語クイズに挑戦できる 「Google word coach」です。 指定された英単語について• (similar) 同義語を選ぶ。 (opposite) 対義語を選ぶ。 (image) 説明に合う画像を選ぶ。 のように出題形式にも種類があるので、ちょっとした時間で楽しみながら取り組めます。 「cooking 意味」などGoogleで英単語を調べた時、出てくるケースが多いので 意味を調べたついでに クイズに挑戦して、意味が近い英単語も一緒に覚えましょう。 このように検索結果の下に表示されているので、 わざわざホームページを見る必要はないです。 まだ英語のみですが今後、日本語にも対応するとより使いやすくなりますね。

次の

【ネイティブが検証】発音練習におすすめな英語アプリ4選

英語 発音 チェック サイト

英会話・発音• 和書:英会話カテゴリ Amazon. jpの英会話カテゴリのデータ• 和書:発音カテゴリ Amazon. jpの発音カテゴリのデータ• public-speaking. どちらかというと上級者向けのサイトです。 ただ、上級者じゃなくても参考になると思うので、見ておいて損はないと思います。 ま、興味があれば、ですけど。 americanaccent. 発音に関する初心者向けの洋書ではこの本がおすすめ。 和書の方が優れているという意見が多いですけど…私は向いている人には向いているとコメントしておきます。 (皆が良いという書籍なんて存在しませんので)• ま、目新しいものはないですけど。 これからがんばってどんどんサイト紹介くれることに期待はしております。 asahi. asahi. 英語講座やメールマガジンなどがあります。 メルマガは有料。 brainpop. 内容は簡単、でも良いと思う。 リスニングがある程度のレベルじゃないと聞き取れないかも?• focusenglish. ま、問題集などが沢山あるってことですが…。 ouc. 日本人が苦手とされる発音が勉強できるところです。 更新止まっていますが、ファイルは生きているので紹介。 クイックタイムとショックウェーブ要。 geocities. 私のところでは紹介していない類のものについて書いてます。 今後がますます楽しみなところ。 ntv. html 『日本人はなぜ英語が苦手なのか?』というファーイーストリサーチの調査報告です。 TV番組です。 ldc. upenn. 聞きたい単語をサーチすることもできます。 learn-english. nhk-book. レッツスピーク活用法など番組リスナーに役立つ情報があります。 radionippon. 知っててエ~会話では当地出身の日系二世の方が先生としていろいろ解説されています。 PhonePass - sourcenext. sourcenext. 興味のある人はどうぞ。 uiowa. ページ右上のEnglish sounds libraryからどうぞ。 lint. リアルプレイヤーで音声の確認もできます。 解説も丁寧で良いです。 Renee Grant-Williams - MyVoiceCoach, Vocal Lessons, clients include high profile Musicians. www. myvoicecoach. sil. php? でもここで配布されているフォントをダウンロードすれば使えます。 興味のある方はどうぞ。 soundsofenglish. gmu. evolpub. html アメリカ・カナダにおける地域ごとの言葉の訛りについての解説など。 Web Links のページもオススメ。 antimoon. htm 英語と米語を実際に聞くことができるところ。 mp3が聞ける環境があればOKです。 Yahoo! yahoo. comのチャット。 ボイスチャットも可です。 勿論必要なものをダウンロードなりしてからですが。 メッセンジャーでするのもよし、チャットルームでするのもよし。 お好きなやり方でchatして下さい。 1st Intern. uebersetzung. htm 英語の早口言葉全集って感じです。 ま、これが普通に言えるようになれば大したものです。 発音の練習にどうぞ。 uda30. 発音を学びたい人にオススメ。 geocities. もちろんそうでなくても役に立つコンテンツもございますよ。 通じるカタカナ英語はおもしろいです。 ま、通じることは通じますね、確かに。 初心者から教える立場の方まで役に立つ優良サイトです。 こういうページがどんどん増えていくと良いですね。 alc. ALC• pronunciation-english. Flashで作られた発音解説サイトは海外にはあるけど、国内では珍しいと思います。 RealPlayer使っている方が多いですね、現状。 Flashのほうが優れていると思いますけど(個人的見解)。 scn-net. 語彙を何とかしたい。 という夢をかなえるためのページ。 おすすめです。 alc. これって英語でなんて表現するんだろうと疑問を持ったらここで調べてみてください。 ALC• manabo. うーん便利ですね。 【英文辞典】. これから文例数をどんどん増やしてくれることを期待しています。 学校では習えない本当の英会話 www. onlinestudy. 講座の方は会員制みたいです。 alc. ALC• fujitv. html 実践に即役立つネーティブなリアルライフ英語をレクチャーしてくれるそうです。 量が結構多いので良いと思います。 難しくはないです。 フジテレビのサイトの1コンテンツです。 ザ ジングルズ 有料 www. thejingles-summit. 有料ですが興味のある方はどうぞ。 旅行英会話などを扱っているので、はじめて旅行で海外行く人は見ておいても良いと思います。 基本的にここ(オールアバウト)はリンク集です。 alc. ALC• gabastyle. シチュエーションで学べる「英会話講座」、オフィスで使える表現をリスニングと併せて学べる「使える英語」、おサルのジョンとジェシカがフレーズをご紹介する「なるほど英語」などがあります。 nifty. 簡単なことなのに言えそうで言えない表現や間違いがちな表現が載っているので参考になると思います。 入門者~中級者ぐらいまでなら満足できる内容だと思います。 morgenrot. 他にもコンテンツはありですがこれが一番オススメです。 例文は非常に簡単なものなので初心者向きです。 vec. cfm Vancouver English Centre (VEC)の中にある発音関係のページ。 ま、実際に聞き比べることができるってことですが。 geocities. 優良サイトですよ、ここ。 infoseek. 無料で利用、ダウンロードできます。 パソコンのOSを問わず、接続なしで検索可。 英語の綴り・和訳・発音記号などを手間なく引けるとのことです。

次の