親元等生計。 「多子世帯」「ひとり親世帯」「障害児(者)のいる世帯」の保育料軽減について(2号・3号認定児童)/川越市

「生計を一にする」とは?扶養控除の基本から確定申告まで徹底解説

親元等生計

Q 私は現在両親と共に暮らしていますが、私が一時期他府県で暮らしていたことがあり、住民票を何度か移した流れで実家に戻った今も世帯主は別になっています。 (同じ住所で、両親は父が世帯主、私は私自身が世帯主) 両親はすでに退職し年金受給しています。 私は生活費として収入の一部を家に入れている他、ちょっとした食料品の買い物なんかは、その時買いに行った人が払っている状態ですので完全に財布が分かれているわけではありません。 こういった場合は生計を一とする家族、といえるのでしょうか? どの辺で同居でも別生計だと判断されるんでしょう?ちなみに光熱水費も別メーターをつけたりしていませんし、一軒に世帯主が2人いるっていうだけで、ほんとに普通に同居しています。 どなたかお詳しい方、わかりやすくお願いします! A ベストアンサー 長いですがよろしければご覧ください。 >こういった場合は生計を一とする家族、といえるのでしょうか? 「生計を一(いつ)にする」は【税金の制度】の考え方で、「市町村に登録する住民票」とは【無関係】です。 また、「生計をともにする」と似ていますが、違うものと考えて下さい。 nta. つまり、「判別が難しいケース」は、「税務署の判断による」ということになります。 「税務署の決定」に納得がいかない場合は、最終的には「裁判」により決着させます。 nta. htm ----- 一方、「生計をともにする」は「保険の適用範囲」などで問題になることがありますが、結局、「明確な線引」というものはありませんので、「保険契約」を結ぶならば、「その保険会社の判断による」ということになります。 html 保険会社の判断に納得がいかなければ、やはり、「裁判」までい行き着くことになります。 (備考) 「世帯」と言った場合は、多くの人は「住民票」をイメージしますが、必ずしも「世帯」=「住民票」というわけではないので、誤解が生じることがあります。 必ず、「どういう意味で『世帯』という言葉使っているのか?」が重要になりますので、ご注意下さい。 weblio. nta. nta. ioka-youji. jcom. home. upp. so-net. >こういった場合は生計を一とする家族、といえるのでしょうか? 「生計を一(いつ)にする」は【税金の制度】の考え方で、「市町村に登録する住民票」とは【無関係】です。 また、「生計をともにする」と似ていますが、違うものと考えて下さい。 nta. A ベストアンサー 基本的に、保証人は親兄弟でよいはずです。 私の場合(5年ほど前になりますが)同居している親に保証人になってもらいました。 保証人が複数必要だったかは覚えていませんが、必要だとしてもせいぜい親の所得証明書と親の実印程度だったと思います。 卒業し別居になれば自動的に別生計になることもあり、それほど厳しくチェックされないと思いますが。 奨学金の未返還が問題になったこともあるので最近は書類関係の提出が厳しくチェックされるかもしれませんね。 大学生でしたら、困ったときは大学の学生課・厚生課?といった窓口が必ずあるはずですので、そちらに問い合わせてみるのもよいかと思います。 親切に答えてもらえると思いますよ、同様の質問はよく受けているはずですので。 ちなみに、恥ずかしながら私は奨学金の口座引き落としに入金が間に合わず引き落としされなかったことが1度あるのですが、きっちり親元(保証人)に連絡が行っていました(--; 自宅の電話では、仕事もあり一人暮らしでもあったせいで私が取れなかったためだと思うのですが親から「来月に2ヶ月分まとめて引き落とされるらしいよ」と連絡をもらいました。 これがクレジットカードの引き落としだったら大変なことになるところでした。 お気をつけ下さい 基本的に、保証人は親兄弟でよいはずです。 私の場合(5年ほど前になりますが)同居している親に保証人になってもらいました。 保証人が複数必要だったかは覚えていませんが、必要だとしてもせいぜい親の所得証明書と親の実印程度だったと思います。 卒業し別居になれば自動的に別生計になることもあり、それほど厳しくチェックされないと思いますが。 奨学金の未返還が問題になったこともあるので最近は書類関係の提出が厳しくチェックされるかもしれませんね。 大学生でしたら、困ったときは大学の学生課・... ごめんなさい。 お財布=財源 というより。 生計を支える財力と考えてください。 もし同じ口座、同じ収入源の財源で 同じお住まいに住んでいたとしても、 それで2つの生計分を支えられる力が あるならばいいことなんです。 それはご自身の判断です。 ですけど、No. 4さんが仰るように 同一世帯にする事で生じるデメリットもあり、 別世帯にする事で生じるデメリットもあります。 どちらが比べてみて不利になるかも 含めて当事者の判断に委ねられます。 これは以前にも様々に記載があると思いますが、 経済状況等を調査して別世帯かどうかという 判断まで自治体では行いません。 ちなみに健保ということは社会保険と 考えて宜しいですか? でしたら、世帯が別でもあまり デメリットはないと思います。 地方税が別世帯割りになるかもしれない ですけど、No. 4さんの仰る通りですね。 もっと心配なのは、親御さんと所得を 合算することで手当金の対象から外れる 可能性の方だと思いますよ。 逆に、税額計算上親御さんが同世帯だと、 扶養控除が出るかもしれませんし…。 本当に有利か不利かはケースバイケースです。 ごめんなさい。 お財布=財源 というより。 生計を支える財力と考えてください。 もし同じ口座、同じ収入源の財源で 同じお住まいに住んでいたとしても、 それで2つの生計分を支えられる力が あるならばいいことなんです。 それはご自身の判断です。 ですけど、No. 4さんが仰るように 同一世帯にする事で生じるデメリットもあり、 別世帯にする事で生じるデメリットもあります。 どちらが比べてみて不利になるかも 含めて当事者の判断に委ね... Q 誰でも借りれると思っていた、日本学生支援機構の第2種奨学金が不採用になり、あせっています。 親になんて言えばいいのかわかりません。 理由を教えていただきたいです。 自分で思いあたることは・・・ ・成績が悪い。 (単位を2つ落としています) ・親が今年定年退職したので、退職金があると思われた ・共働き、一人っ子、国立 ・ブラックリストに載っている(クレジットカードで300円の小物を買ったのですが、すっかり忘れていて載ってしまいました) これくらいです。 特にクレジットの件が気になります。 これのせいで落とされたのなら、就職活動時などもブラックリスト照会されて、落とされてしまうのではないかな・・と。 わかる範囲でいいので教えていただきたいです。 A ベストアンサー 何度か学生の面接をしました。 明るい話はでてこないのですが、学生が落ち込んでいないように感じたのが救いでした。 1 保護者の収入が多すぎた 2種の不採用は、保護者の収入が多すぎた、以外は経験がありません。 収入は、今年度のものがでていないので、前年度のもので審査されます。 この場合、収入が多いと、退職金も多いだろう、と判断されたかも。 また、他の家計、例えば母親の収入や、家主だった場合の家賃収入、土地の所有なんぞも合算されます。 2 単純に、希望者が多かった。 以前は、枠が少なかったので、500万を超えると駄目な場合も。 最近は1000万を越えても、兄弟姉妹3人が大学、なんぞだと本学ならOKです。 3 面接時に1種にこだわった。 「1種はいるが、2種は不要」と返答した。 これと同様で、「10万円必要では」と進めても、「3万円」とこだわった。 『3万円でよいのなら、なくても』と感じたりする。 ブラックリストは、関係ありません 大学は知りようが無い、知る気も無い。 また、2種では、成績は関係ありません。 留年は、アウトです。 が、申請のときに受け付けないでしょう。 以前は、後期にも募集があったのですが。 また、来年度も募集があるハズです。 本学だと、2年生以上の枠がありました。 何度か学生の面接をしました。 明るい話はでてこないのですが、学生が落ち込んでいないように感じたのが救いでした。 1 保護者の収入が多すぎた 2種の不採用は、保護者の収入が多すぎた、以外は経験がありません。 収入は、今年度のものがでていないので、前年度のもので審査されます。 この場合、収入が多いと、退職金も多いだろう、と判断されたかも。 また、他の家計、例えば母親の収入や、家主だった場合の家賃収入、土地の所有なんぞも合算されます。 2 単純に、希望者が多かった。 Q 先日、兄から奨学金の連帯保証人になってほしいと連絡がありました。 (長文です。 ) 私の実の甥がこの4月から大学院へ進学したそうです。 先日兄から電話で、仕事が忙しいので行けないから書類を郵送するので、捺印して 印鑑証明書と一緒に送り返して欲しいと連絡がありました。 4年前、大学に入った時も保証人になっています。 将来返済で迷惑をかけることは絶対にしないからと兄は言っていますが、 兄は個人で仕事をしており安定しているとは言いにくい仕事なので、 心配です。 学業のことなので協力してあげるべきだとは思うのですが、 将来、返済が滞らないという保証もなく、正直不安です。 兄家族とは最近は全く行き来もなく、お盆やお正月すら会うことはありません。 (もう何年も会っていません。 ) 年老いた両親にも連絡ひとつなければ、全く無関心です。 この件についても兄嫁からはまだ何の連絡もありません。 前回の時も兄嫁はお礼のメールとギフトのお菓子を送ってきただけです。 (その対応もどうかと思っていましたが、実際お金を立て替えたりしたわけではないので、 それでも良いかと納得しました。 ) 現在、うちにも大学生の娘がいますので学費を払っていますが、 私達はコツコツ貯めた貯金で払っており正直大変ですし、 社宅住まいでいづれはマイホームも購入したいと思っていますが、 学費で精一杯でなかなか厳しい状況です。 私は主婦ですので、実際の保証人になるのは主人です。 私には実の甥ですが、主人にとっては義理の関係なので、 主人は「お前の兄弟なので頼まれれば仕方ない。 」と言っていますが、 正直、主人も出来ればサインしたくはないのが本音です。 兄家族とこのような関係性で私から主人に引き受けて欲しいと頼まなければならない事にも 納得がいかず、 断りたいと思うのですが、どう言えばよいか悩んでいます。 兄家族との関係に亀裂に 角が立たずに断る方法はないでしょうか? 先日、兄から奨学金の連帯保証人になってほしいと連絡がありました。 (長文です。 ) 私の実の甥がこの4月から大学院へ進学したそうです。 先日兄から電話で、仕事が忙しいので行けないから書類を郵送するので、捺印して 印鑑証明書と一緒に送り返して欲しいと連絡がありました。 4年前、大学に入った時も保証人になっています。 将来返済で迷惑をかけることは絶対にしないからと兄は言っていますが、 兄は個人で仕事をしており安定しているとは言いにくい仕事なので、 心配です。 学業のことなので協力してあ... A ベストアンサー 保証人ではなくて連帯保証人なんですか?ふつうは兄が連帯保証人で、保証人だとおもうのですが。 まあ、兄弟の間柄なのに「いやなものを断る」ということができないというのもおかしなはなしですね。 あなたの兄弟の話、というのであれば、「旦那さんあるいは旦那さんの家族が賛成してくれない」というふうな断り方をするしかないですね。 兄家族との関係に亀裂が入らないように、といっていますが「迷惑をかけない」「連帯保証人でなくて保証人」「大学院進学の学生支援機構というまあ信用のおける機関」ということを考ええれば、正直これでいやだというぐらいの家族の間柄で関係に亀裂を入れないというのは虫が良すぎるような気もしますけどね。 だって、お爺さんが基本的にだめで3身いないで基本的には叔父、叔母を保証人に「原則」はすることって、支援機構自体が言ってるぐらいなんですから、それを差し置いて優先順位が高い他人なんているわけないでしょう?拒否するということは、兄の家族を信用していないと言っているわけですから、ふつうは「お互いにお金のことでいやな思いをするのはやだからお互いそういうのはなし」にするか、あるいは「お互い最低限の持ちつ持たれつがまあ身内の役割」とするかでしょうに。 兄が連帯保証人ならば兄が責任をもってもダメな場合になるわけですから、妥当なところとはおもいますよ。 そのうえであえて言うなら、兄家族に対してはまず、大学院ならば一種(無利子)奨学金ではないかということです。 これについては大学院の場合ある程度上位学校で2種しか通らないってのは奨学金をとってまで行くレベルの学校ではないことになりますので、基本的に1種でないならば本当に金がないので奨学金を食いつぶしてかろうじて生活する可能性が高いので危険です。 一方で、1種にかんしては、これは無利子ですので大体の大学院生(特に理系)は問題がなければ借りておくというのは実はよくやります。 なんでかというと、実は大学院時の業績によっては半額あるいは全額免除の可能性があるわけで、逆に使わなければそのまま全額返せばいいからです。 もちろんこれは本来の奨学金の意図とは異なるあまりよくない利用方法ですが、実際なくても生活できてもとりあえず借りておくというのは実は結構あるというわけです。 この場合は、きちんとお金を管理している人であれば使わなければそのまま返せばマイナスになることは基本的にありません。 ちなみに、保証人を見つけられなかったからと言って借りられなくなるわけではなく、毎月いくらか払って「機関保障」なるものが一応あります。 ただ、ふつうは身内に保証人になってもらってやる(あえて機関保障を使う人は少ない)ので、まあ事情ありの方しか使わないとも思います。 ただ、断ったからと言って借りられなくなるわけではないですよ。 以上を踏まえて、最後に言うと、「保証人」という言葉だけでいやなのはわかりますが、身内ってのはまあそのぐらいの「保証人」はお互いに子供がいて、お願いする可能性があるのであればしょうがないかなあとも思いますよ。 もちろん家族の認識なので、リスクを考えて拒否することは否定しませんけど、それは要するに「お子さん、あるいはあなた家族の将来の返済リスクを信用していません。 」と暗に言っているんですから、それを直接言わないだけですよ。 だって、この保証人ってどんなに金持ちだろうが社会的信頼があろうが、親以外の3身になってもらえというものなんだから、それがないと借りられないとすれば信用もなにもないですよね?あ、金持ちだったらそもそも奨学金なんていらないかもしれませんが(笑)。 逆に言えばあなたがどんなにお金にしっかりしていて身内に対して律儀があったって、相手が「保障人とかやってないんですよ。 」と言われれば機関保障を受ける以外借りられないようなものなので、向こうにしてみればいやならどうすることもできない、というだけですね。 それをどう見るかはもう個人の自由なんですが、結局はあなたが兄家族を信用できないということにつながってしまうのですからね。 まあ、金額もそこそこになりますので何とも言えませんが、とりあえず返済を気にしているなら奨学金が1種か2種か両方か、そして借りなければ生活できないのかそれともとりあえず借りたいのか、大学院進学は初めから奨学金目当てだったのか、とかその後就職できなかったりしたらどうするつもりなのか、とあとはその甥の学力(大学とか将来の方向性)を考えて判断するでしょうね。 いずれにせよ、支援機構の奨学金の返済はデフォルトで30年ぐらいかけてチビチビ返すものなので、その甥がプータローにでもなって、両親がさっさとなくなってしまって、ずるずると生活保護とかになるとか、音信不通とかにならない限り全額あなた家族が返済しなくてはいけない状況ってのは限られるとは思いますけどね。 連絡がつながる場合は、一応返済義務は本人、連帯保証人が原則もつので、機構のほうもイメージするような「とれるところから搾り取る」わけではなくてあくまで本人と連絡がつかないとかそういう場合の最終手段という認識で保証人に頼ってくると思いますよ。 兄家族がなくなった場合もある程度相談できるみたいではあります。 長々となりましたが、金額はともかくとして一般的な借金ほど保証人に対する(法的な義務はあるが)機構の扱いは厳しくないと聞きますし、テレビとかで問題になってるのはあくまで本人あるいは連帯保証人までとのやり取りでできる限り解決しようとするからですよ。 だた、大学院生ならば兄が勝手にあなたにお願いするとかはちょっと責任感に欠けるきがするので、なる場合でも兄から直接その甥にあなたの旦那さんに電話でお願いするとかは言わせるべきとは思いますよ。 お金を借りる保証人なんですから、自覚を持たせる意味でもね。 保証人ではなくて連帯保証人なんですか?ふつうは兄が連帯保証人で、保証人だとおもうのですが。 まあ、兄弟の間柄なのに「いやなものを断る」ということができないというのもおかしなはなしですね。 あなたの兄弟の話、というのであれば、「旦那さんあるいは旦那さんの家族が賛成してくれない」というふうな断り方をするしかないですね。 兄家族との関係に亀裂が入らないように、といっていますが「迷惑をかけない」「連帯保証人でなくて保証人」「大学院進学の学生支援機構というまあ信用のおける機関」ということ...

次の

生計を共にする、とは?

親元等生計

生計を一にするというのは税務上で重要 税制の要件の中によく出てくるのが「同一生計」「生計を一にする」という表現です。 親族の扶養控除• 雑損控除• 生計を一にするとは? 生計を一にするというのは同居して生活費を負担しているような状態というのは非常にわかりやすいです。 タックスアンサーによると下記のように明示されています。 [平成27年4月1日現在法令等] 「 生計を一にする」とは、必ずしも同居を要件とするものではありません。 例えば、勤務、修学、療養費等の都合上別居している場合であっても、余暇には起居を共にすることを常例としている場合や、常に生活費、学資金、療養費等の送金が行われている場合には、「生計を一にする」ものとして取り扱われます。 なお、親族が同一の家屋に起居している場合には、明らかに互いに独立した生活を営んでいると認められる場合を除き、「生計を一にする」ものとして取り扱われます。 明確な基準があるわけではないのですが、たとえ別居しているような場合であっても、「 常に生活費、学資金、療養費等の送金が行われている場合には、「生計を一にする」ものとして取り扱われます」と書かれています。 つまり、仕送りをしていたり、病院の入院費用や介護費用などを負担しているというのであれば「生計を一にする」と判断できるということなのでしょう。 大学生などは別居(下宿)していてもまず生計は一と判断 たとえば大学生になって子供が下宿しているというケース。 こちらはほぼ間違いなく生計を一にすると考えることができます。 ただし、仕送りや学費負担などを親は一切せずに、子供が働きながら学校に行っている勤労学生ケースなどは生計を一にするとはいえないでしょう。 所得のある同居家族と生計の関係 たとえば、親と子供が同居しており、子供は働いてはいるという場合を考えてみましょう。 親元にいて同一の住居で起居を共にしているわけなので生計を一にすると判断するのが基本といえそうです。 もちろん、年収103万円を超えていれば、同居して生計を一にするとは認められても、税法上の扶養控除などは利用することはできません。 一方でなどのように生計を一にすることを要件の税制等は利用可能です。 別居している親族で生計を一にするとの判断は? 「」などでも紹介している通り、所定の条件を満たしていれば別居していたとしても自分の親を被扶養者(扶養される者)として、扶養控除を受けることが可能です。 その場合には生計を一にするというために、 仕送りや療養費などを負担していることが必要になります。 なお、療養費などをあなたが負担しており、それによって生計を一にすると判断できる場合は別居親族の医療費であっても「」などの形で申告して節税することも可能です。 お小遣いでも生計を一にするといえるか? 毎月1万円を両親に仕送りをして、その 小額の仕送りをもって、自分は両親を扶養していると主張するのは無理筋でしょう。 この金額では扶養というよりお小遣いレベルになってしまいます。 じゃあ、いくら仕送りを送れば「扶養している(生計を一にしている)」といえるのか?と言われると、 個々の状況により異なるとしか言えません。 明確な基準を税務署も提示しません。 たとえば、毎月30万円以上の仕送りをしていても両親が年金で十分に暮らせておりそのお金に手を付けていないような場合、扶養されていると判断はされないかもしれません。 逆に毎月5万円しか仕送りをしていなくても両親の収入が少なく、その仕送り(お金)で生活を成り立たせていると判断されれば生計を1にすると判断されるかもしれません。 重要なのは客観的に見て扶養されているかという証拠も重要 税務署や市区町村などから扶養の事実を確認したいと問い合わせを受けて、それに回答できるだけの明確な客観的事実が必要になります。 そうしたときに「 盆と正月に帰ったときに生活費として現金を渡していた」と貴方が主張されてもそれを証明できるものがないと、否認される可能性もあります。 自分自身で作った記録などでもいいですが、できればより客観性のある記録が好ましいです。 具体的には記録の残る支払方法(仕送り方法)です。 おすすめの方法は、両親が生活費の出し入れに使っている銀行口座に毎月お金を仕送りしておけば、生活費のためのお金を払っていると主張しやすいと思います。 重要なのは実態です。 別居両親への毎月の仕送りは定額振込が便利 別居する両親へ毎月、仕送りをするというのであれば、ネット銀行の「定額自動振り込みサービス」を利用すると便利です。

次の

農業次世代人材投資資金(旧青年就農給付金):農林水産省

親元等生計

「家族割引」について知りたい• 受信料の家族割引とは、住居に設置されたテレビについて、 (1)同一の放送受信契約者が複数の放送受信契約を締結している場合(別荘・別宅等) (2)同一 生計である複数の方がそれぞれ放送受信契約を締結している場合(学生・単身赴任等) を対象として、2契約目から、受信料額の半額を割り引く制度です。 家族割引の適用要件は、 (1)同一の放送受信契約者が複数の住居に設置した受信機の受信契約について、家族割引の適用を受けることなく放送受信料をお支払いいただいていること。 または、 同一生計である複数の方がそれぞれの住居に設置した受信機の受信契約について、家族割引の適用を受けることなく放送受信料をお支払いいただいていること。 (2)割引元と割引先の放送受信料のお支払方法が、口座振替、クレジットカード継続払、継続振込のいずれかであること。 (3)割引元と割引先の放送受信料について、連続6期間以上、お支払いがない状態にないこと。 これら3つの要件を全て満たした場合、適用となります。 お手続きは、インターネット、電話、郵便、NHKの担当者、放送局窓口で受け付けています。 家族割引申込書に必要事項をご記入・押印のうえ、次のいずれかの適用要件が確認できる書類を添付(提示)してNHK担当者へ提出または郵送してください。 [確認書類] (1)割引元と同じ口座振替利用届またはクレジットカード継続払利用申込書 (2)学生証(学生に限る) (3)保険証・社員証(単身赴任に限る) (4)その他同一生計が確認できる書類 詳しくはこちらから.

次の