いもうと さえ いれ ば いい アニメイト。 妹さえいればいい。 [第1話無料]

妹さえいればいい。

いもうと さえ いれ ば いい アニメイト

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 普通であれば視聴者を引き込まなくてはいけない開幕で、いきなり視聴者を篩いにかけるという チャレンジャーなやり方は嫌いではありません そのため開幕はアリだったんですが、むしろそこからがつまらなかった。 ラノベ作家という業界モノでもありながら 展開に動きがなくイベントがなさすぎて、結局は密室の会話劇モノとして好きになれる人でないとこのアニメを楽しむのは 難しいのではないでしょうか 4話の確定申告あたりから仕事ネタもでてきて、ようやく題材っぽい内容になってきたのを感じられましたけど 基本的には安易なエロとシモ。 平坦な会話劇は視聴の30分がめっちゃ長く感じてしまい、つまりそれが私の率直な 感想になってしまうんだとおもう たまに当たり回があって、今回は9話の全裸下着論争は笑えたし、業界から一番遠いところにいる大学の友人が 業界に足を踏み込みだすかも? という展開も気になりましたけど、悪い点を補うには程遠かったな 総合の評価はとても悪いよりの【悪い】とさせていただきます。 そうそう「はがない」と同じ原作者さんらしいけど、実は女の子だったって「はがない」でもやってなかったか? 特別優れたネタってわけでもないし、同じネタ使うくらいこの設定が好きなんでしょうけど、ちょっと安直すぎや しませんかね? 【良い点】 楽しいし、大人風味ののんびり見ることが出来る内容だった。 【悪い点】 ゲーム話が多かったな。 シリアスが物語にそれほど影響を与えてない。 特になくても良かったんじゃない。 【総合評価】 サービスシーンが多めの作品。 妹に異常にこだわる主人公伊月の妹愛をテーマにしたラブコメ作品。 ただし、伊月には妹がいない ことになっている。 本作は、ラノベ作家たちの悲喜こもごもを実感として描いている作品であり、ラノベ作家が書くからこそリアルさを感じた。 編集に追い回され、現実逃避しで遠くに旅立つといった時折小説のあとがきで見るような話があったり、フェチの絵師やコミカライズ担当漫画家とのやりとり でもパンツを被らないと仕事できないという人は実際にはいないと思う 、さらには税理士などが出てきてラノベ作家の仕事風景や日常というのが淡々と続きながら、それでいてラノベ作家として少しずつ前進していく。 そして仲間たちも少しずつ自分の生きていくべき道に少しずつ確信をもっていく。 一足先に社会人になった友人とともに遊んだりした大学生と社会人の狭間みたいな期間をなんとなく思い出させてくれた。 それ以外にもテーブルトークゲームや人生ゲームなどのゲーム回なども趣向を凝らした回もあり、登場人物の掛け合いをこうした遊びを通じて面白く演出しているのも特徴。 まあサービスシーンが多い作品だったので、実のところ、そちらばかりに目がいって特に内容を覚えていない。 原作が「僕は友達が少ない」でお馴染みの平坂さんの作品という事で注目したが、 ただ1話を観た時には主人公である伊月の妄想シーンが痛々しくて、 正直に言って第一印象は好ましい物ではなかったし、 それに中盤ぐらいまでは特に高く評価してた分けではなかったのですが……。 ただ前半時における評価の低さが変わる切っ掛けとなったのが 6話で春斗の原作がアニメ化失敗となってしまったエピソードだけど、 この時における春斗の苦汁な思いというのがドラマとして中々見応えが有って、 確かに不本意な形でアニメ化された原作者の心境という物が現実でも有りそうで、 さらに春斗が自分の作品に注いで来た情熱にも訴えかける物が有って、 この辺りにおける春斗が言った部分には作家としてのメッセージ性が伝わるなと思いながら 6話における春斗のエピソードを観て個人的には本作に好評系を付けても良いなと思いました。 そういう分けで個人的には6話を境にして本作に対しての評価が一気に上向いたのと同時に、 当初に感じられたエロネタの部分も程々には許容できる様にもなって、 それと登場キャラに関してはメインの5人は普通に好きになれるキャラで、 少し下ネタ暴走が賛否が有るかも知れないけど那由多のキャラは個性的で面白いし、 また京に関しては心根が真っ直ぐで常識人な所に好感が持てるし、 それと事情により伊月の前では弟と偽ってるけど実は家事万能で女子力が高い伊月の義妹になる千尋に、 また伊月や春斗の男同士の厚い友情が見られるのも本作の中で良いな思わせてくれながら、 後は本作のキャラ達いに付いて更に言うと日常シーンでの軽妙なやり取りが面白かったり、 それと5人でゲームを行うシーンなんかは本作ならではの賑やかな雰囲気が良いですね。 後は本作のストーリーに関しては青春ラブコメ要素も有りますが、 まあ青春ラブコメ要素に付いて言うと個人的に好みなのも有るけど、 その中でも春斗が京に惹かれて行く過程も納得できる一方で、 京が伊月に惚れているのを知ってしまう春斗が切ないと思ったり、 また京にしても伊月と那由多の仲に関して複雑な心境を抱えてたり、 そして伊月にしても那由多との恋愛を考える上で 自分の作家としての立ち位置やプライドが有り那由多との距離を置いてたり等、 本作に関しては作家としての部分にしろ恋愛の部分にしろ 悩ましい部分やホロ苦さを感じさせてくれる所が個人的には好みかなと思うのと同時に、 登場人物への感情移入も深まる物が有りますね。 それでは最後に纏めると最初は微妙と思いながらも6話での春斗のエピソードから面白くなったと思い始めて、 また本作における作家のあるあるネタというかラノベ作家の日常を扱った部分が楽しめたり、 そして登場キャラに関しては概ね好感が持てて、 確かに本作の場合はエロや下ネタの印象が強いと云いますか、 シリアスの部分とエロや下ネタの部分に関する落差が激しい作風で、 この辺りにおける癖の強さは視聴者を選んでしまう所は有るけど、 それでもエロや下ネタの部分をマイナスと考えて切って捨てるには惜しくて、 やはり作家をテーマとした所や青春ラブコメの部分はストーリー的に面白いので、 癖の強い部分を許容さえ出来れば本作は十分に楽しめると思います。 キモさの中に面白みを発見! ギャップが面白いかも? 主人公がとてつもなくキモイがストーリーは普通にラブコメしてる。 【良い点】ストーリーがアル ・ネタアニメのような設定だがラブコメはきっちり描かれている ・ホモ、百合ガップル設定がキモさをうまくフォローしバランスとれてる ・キモさを一般人視点で描いてるところ 【悪い点】謎のハンコ? ・場面転換用のハンコだろうけど、オチわかんない話にモヤっとした ・主人公と妹ヒロインのキモさ 個人の主観です ・主人公視点で語られる出版ギョー界ほか 作者との感性の違い感じる 【総合評価】正直1話で切りたい設定だがつい見てしまう 4コマでもないのにブツ切りする演出がストレス。 ただ、ストーリーは王道ラブコメっぽく各話の引きはうまいと思う。 最も評価したいのは、ホモダチとサブヒロインが一般人の感性をフォローしてるところ。 この2人が登場しないととてつもなくキモイ作品と思う。 そのへんを配慮してるとこに原作者の小説作りの巧さ感じる。 アニメスタッフもそのあたりに配慮してるようで、キャラアニメとしてはマイルドだがストーリーは楽しめる内容になってると思います。 ガチオタのタイトルですが一般人も視れるお話 深夜アニメ見てる時点で十分なオタですけど 俺ならこう書く「エロマンガ先生」・・・ 注:以下は多分に妄想である事をお断りしておきます 【良い点】 ・一話冒頭での主人公妄想の妹既知外ぶりはツカミとしてはオッケーのインパクト。 その後が続かないが・・・ 続けられても困っちまうくらいアレだが ・業界お仕事物としては「エロマンガ先生」より、「まだ」お仕事している。 仕事場面より飲み食い場面の描写が豊富なのはナンだが・・・・ ・主人公の環境がありないほど恵まれているので、仲間との飲み食い場面などは 楽しい雰囲気。 実在の酒など提示され チョイスがオシャレヲタ向けであざとい 、 現実逃避アイテムとしては高機能なのでは? 【悪い点】 ・リアルを意識した、とは言っても「所詮はラノベ」と斬って捨てる程の 現実感の薄さ。 黒く辛い描写はさり気無く排除されており、そもそも主人公が 妹に妄執を抱くようになった背景など後出しするのだろうが、本来は序盤で それなりに説得力をもった説明をするべき。 ・主人公の環境がありないほど恵まれているので、それなんてラノベ? という シラけ感満載。 手に職 憧れのラノベ書き、しかもそこそこ売れてる 、毎度、 差し入れして飯作ってくれる料理上手の弟 妹 、一方的に惚れてくるヒロイン2人、 同業でライバルかつ親友 しかも才能は自分の方が上 、自分の部屋は楽しい溜り場、 経費で領収証きって旅行し飲み食いしまくり・・・これ、読んでて視聴してて 虚しくならないか? ・萌えや読者サービス的な要素は色々提示されているが、あくまで「サービス」で 作者の意図がそこに無い印象。 パッションは感じない。 まさに不破春斗的と言うか・・・ 【総合評価】 「悪い」。 ヒロイン可児が主人公同様ラノベ書きで仕事モードは全裸。 主人公は 妹キチガイのラノベライターで妹がおり・・・どう見ても「エロマンガ先生」の オマージュ、あるいは競作。 原作未読なんで、あくまでもアニメを通しての 考察 妄想 だが、作者はリアルで本当にそうであるかははともかく、親友ライバル である不破春斗の立場なのではないか? エロマンガ先生ほど荒唐無稽な話を書くのは プライド的にもパッション的にもできないが、リサーチと理論でラノベを組み立てる タイプで、「はがない」後半で不幸キャラを量産してしまった結果の「商品としての ラノベの失敗」「リアルとフィクションのバランス取りの失敗」「キャラ達への贖罪」 を本作を通じて修正回復しようとしているのではないか? そんな疑念が尽きない。 私は アニメしか見てないが 「エロマンガ先生」も本作も現実感の薄さやご都合主義で 視聴が非常に辛いが、こうしたラノベ系作品は読者が求める方向性と作者の作家性が 合致するか非常に厳しい世界だと思っている。 文学性や完成度を追及すると、かえって 商品としては失敗となるケースが少なくないからだ。 作者にとって気の毒だが、本作は アニメ化にあたって楽曲でエロマンガ先生に負けていると同時に、その本質は一部を除き、 世のラノベ読者が求めている物とはズレているのではないか? と思う。 本作は主人公と 楽しい仲間達の和やかな場をひたすら描写するが、徐々に環境や人間関係が変化していく様を 「軟着陸」させようと苦闘する様が伺える。 良いか悪いか微妙だが、エロマンガ先生が 読者にとって「最初から安心のゴールが設定された俺妹完全版」なのに対し、本作は 「はがない完全版」なのだろう 私の勝手な妄想、念のため。 作品の大枠や見た目は 良く似ているが、「俺妹」と「はがない」がかなり違った作品であったのと同様に、 本作もエロマンガ先生と あえて? 類似設定でありながら、本質はかなり異なる。 ひたすら読者と作者の嗜好を満足させるエロマンガ先生に対し、キャラクターの すれ違いから起こる悲劇を決定的な物にしないよう、どう回避、軟着陸させるか、という ドラマを通じ「無い物ねだり」な人間の成長 妥協ではなく をどう描くか、がテーマと感じる。 ラノベの枠で読者を引き込みつつ、真面目に青春ドラマしようという意図なのではないか。 こうした意味でエロマンガ先生と比較し、作家性 個人的な評価 は本作作者に軍配が上がるのだが、 娯楽として商品としてどうか? と考えると、本作はひたすら微妙だ。 正直言うと、私にとってエロマンガ先生も本作も同様に荒唐無稽、かつ食い足りない、面白くない、 萌えに反応できない。 そもそも最終的なオチまでやれるはずもない1クールアニメ。 だが、パクリと批判されるのは判りきった設定をあえてぶつける姿勢、作劇に感じる人間の 業をチラ見する観察眼、アニメを通じて受信した電波 妄想とも言う に感じる作家の魂に免じて 「最後まで視聴してやらねば気の毒」と思った。 傲慢勝手だが「骨はひろってやる」つもりで 最終話までは視聴しようと決めた。 面白くは無い、ただ、作者の気骨には感じる物があった。 多分に妄想による視聴者ハイなので、共有できる保障はいたしません。 作品DB内ブログ記事 1. by S・N... としてますが、 何となく去年視聴していた秋アニメを振り返ってみたいと思います。 ・ラブライブ! サンシャイン!! 第2期 ・おそ松さん 第2期 ・干物 妹! うまるちゃんR ・このはな綺譚 ・ブレンド・S ・僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 ・王様ゲーム The Animation ・ 妹 さえ いれ ば いい。 ・つうかあ... by 竜巻回転... 観れそうなレベルには有るかなと。 by エスパー... くんがガチで悔やんでいたのがクッソ茶番極まりなかったです。 そして極めつけがそのあと部下を蹴り飛ばすシーン、ここ今週一番作画に気合い入ってて草。 いやーもうこれ言い方おばさんとか狙ってクソ アニメ作っているんじゃないんですかね? 原作者も草生やしながら実況していたし。 …いやそこは笑ってる場合じゃねえよ。 「 妹 さえ いれ ば いい。 」の春... 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

妹さえいればいい。: 感想(評価/レビュー)[アニメ]

いもうと さえ いれ ば いい アニメイト

画像一覧 OP映像 ベッドの上に全裸で座る那由多。 第1話「料理上手の弟と全裸の美少女と気の合う友達さえいればいい。 」 鮮紅の魔狩人 仮 の主人公を起こしに来た、全裸のアリス。 「お兄ちゃん、おっきっき!」(全裸騎乗位) 「お早う、アリス」 主人公に舌入れキスをするアリス。 「はむっ…れろっ…じゅるり…」(糸を引く涎) 「えへへ…目が覚めっちんぐ、お兄ちゃん」(発情赤面) 「今日の朝御飯は、アリスの手作りだりゃぱん。 冷めないうちに早く来てにゃろ」 「うん、分かった」 アリスのブラジャーで顔を拭く、鮮紅の魔狩人 仮 の主人公。 「妹が入った風呂の残り湯で、顔を洗い…妹のブラジャーで顔を拭き…食卓へ向かう」 食卓に全裸着席中のアリス。 「さあ、お兄ちゃん。 早く座って、召し上がりゅうの!」 「ああ。 頂きます」 異空間から脱ぎたてパンツを取り出すアリス。 「お兄ちゃん、口にケチャップが付いているりん。 しょうがないにゅるりん!」 「平行世界のゲートから、脱ぎたてパンツを取り出し、俺の口元を拭くアリス…」 アリスのパンツを食べる、鮮紅の魔狩人 仮 の主人公。 「ああ…妹の脱ぎたてホカホカおぱんちゅは、美味しいな…」 「アリスの脱ぎたてパンツ」が描かれた挿絵と、ドヤ顔の伊月。 「ただの脇役だと思ってたら、何だこのモンスターは!?」 「モンスター級に可愛い?フハハ、そうだろう!」 股間を押さえ、中出し待ちエロリアクションをする那由多。 「あんっ…いつでも出してください、先輩!」(イキ顔) 「妙な声を上げるな!」 伊月の下着の匂いを嗅ぎ、全裸で発情興奮赤面する那由多。 「スゥ…ハァ…伊月先輩、好き…」 「妹にしか興味がないなんて…先輩は、本当に変態さんですね」 第2話「奇跡さえ起きればいい。 」 風呂上がり・裸バスタオル姿の京。 京の目の前で、脱衣し始める那由多。 「ちょっ…何で脱ぐの!?」 「私は、全裸じゃないと仕事が出来ないのです」 ベッドの上に全裸で座る那由多。 京に乳を揉ませろと要求する那由多。 「みゃーさん、おっぱいを揉ませてください!」 「はぁ!?何でよ」 「今、おっぱいを揉むシーンを書いているので、その参考にしたいのです」 脱衣する京。 「じゃあ、脱ぐわよ…」 「いい脱ぎっぷりですね、みゃーさん!」 上半身裸となり、那由多に乳揉みさせる京。 「ちょっとだけだからね。 あんまり、激しくしないでよ…」 「では、いただきます…」(おっぱい揉み揉み) 「んっ…あんっ…」(快感赤面) 続いて、京に尻を揉ませろと要求する那由多。 ただし、この後の尻揉み描写は無い。 「次は、お尻をお願いします!」 「ええっ!?」 スカートを穿く京。 入浴中の千尋。 第3話「取材でさえあればいい。 」 フェラチオの如く、茹で卵を舐め回す那由多。 「はむっ…れろれろ…ぷはっ」 「女の子の顔面に、いきなり自分の玉を突き出して来るなんて…先輩の特殊性癖にも、困ったものですね」 「卑猥な言い方をするな」 脱衣中の那由多。 全裸で海水浴中の、那由多と京。 海でキャッキャウフフしていたところ、吹雪に遭遇する、全裸女二人組。 第4話「仕事さえすればいい。 」 メイド姿で発情赤面するアシェリー(春斗によるエロ妄想) 「メイド服を開けた私が、小さな口で、貴方のペニスを咥えている痴態を、頭の中で想像したのでしょう?」 アシェリーに抱きつかれ、興奮する春斗。 その様子を傍観する伊月。 「良い表情よ、春斗くん。 貴方のそういう表情、堪らなくそそるわ~」 「何だ、これ…新手のプレイか?」 第5話「小説さえ書けばいい。 」 混浴露天風呂に入る伊月。 入浴中の全裸婆集団を目撃し、衝撃を受ける。 「うわああああっ!?」 「ありゃ、可愛い子たちが来たや」 「ありゃ、本当。 若い男の子なんて、珍しいねえ」 伊月に迫り来る、巨神兵の如き全裸婆たち。 「ヒイッ!?」 「ほらほら、坊や…ウェーヘッヘッ…」 自宅風呂場にて入浴中の那由多。 「はぁ…伊月と温泉とか行きたいな~。 一緒にお風呂に入ったり…ウヘヘ…」 バスタオル姿の京と那由多の写真。 第6話「メディア展開さえ上手くいけばいい。 」 千尋の尻の神々しさに感動する刹那。 (何て凄え尻力…百年、いや千年に一人の神尻…!) 千尋に尻を見せろと懇願する刹那。 「自分に、君の尻を見せて欲しいっす!」 「な、何言ってるんですか!?」 「一生のお願いっす!」 刹那にズボンを脱がされ、パンツ丸見えになる千尋。 「来ないでください、変質者!」 「ケツーッ!!」 千尋のパンツを脱がそうと手を伸ばす刹那。 「こんな布は、どうでもいいっす!もう一枚…」 「いい加減にしろーッ!!」(蹴撃制裁) 「ぎゃふんっ」 尻を向ける、ブルマ体操服姿の京。 全裸でプールに入り、サッカーボールを蹴る京。 那由多に押し倒される伊月。 「先輩になら、何をされても良いです!滅茶苦茶にしてくださーい!」 「お断りだ!」 第7話「冒険さえあればいい。 ミヤコを押し倒すデスマスク。 「お姉様、可愛い…!」 「ダメよ…イケないわ、こんなの…」 全裸で絡む、ミヤコとデスマスク。 「私は、ローブも下着も、全て取り払ってしまいます」 「私もまた、一糸纏わぬ姿になり…恥じらいと期待に体を震わせているお姉様の先端に、口付けします」 デスマスクに体を弄られ、喘ぐミヤコ。 「んっ…はぁ…あんっ…はぁんっ!」(イキ顔) ヤリすぎた結果、警邏隊に囲まれ、逮捕されるヒロインたち。 「お前たちを公然猥褻罪で逮捕する!」 「誤解です。 私とお姉様はただ、公衆の面前で淫らな行為に耽っていただけなのです!」 「それが公然猥褻だ!」 「ですよね~…」 「私は無実よ!」 湖にて全裸で水浴び中のヒロインたち。 突如出現したローパーに触手拘束されるヒロインたち。 ローパーと戦う、全裸のヒロインたち。 全裸戦闘中のデスマスクとミヤコ。 触手拘束され、悶える王女シルヴィア。 「お願い、放して!いやっ、そんなとこ…らめえっ!」 第8話「恋と友情さえあればいい。 」 脱衣所にて全裸の京。 宇宙空間で悶える、裸タオル姿の京。 「ああ~ん、ユニバース!!」 興奮赤面し、ブラチラ・臍チラしながら寝そべる京。 第9話「全裸と下着さえあればいい。 」 「妹法学園」漫画原稿に描かれた、下着姿のヒロイン。 パンツを顔に被る蚕。 「待て待て待て!何だ、その格好は!?」 「これが、私が漫画を描く時の正装です」 原稿執筆に励む、パンツ仮面姿の蚕。 脱衣して全裸となり、蚕を押し倒し、乳揉みさせる那由多。 「貴女に、おっぱいの感触を教えてあげます」 「そんなもの、自分ので間に合っています!」 那由多に耳打ちされ、悲鳴を上げる蚕。 「本当ですか…?」 「あんっ!?」 「フゥ…」 「ひゃんっ!?」 那由多に乳揉みされ、喘ぎ悶える蚕。 「あんっ!何を…」 「貴女の描く下着は、確かに凄いです」(おっぱい揉み揉み) 「あんっ…手を抜いてください…」 「いやっ…やめっ…はぁんっ!」(イキ顔) 蚕のパンツを脱がそうと手を伸ばす那由多。 しかしここで、蚕が一転攻勢を開始する。 「み、見ないでください…あんっ!」 蚕に体を弄られ、喘ぎ悶える那由多。 「あんっ…はうっ…はあんっ!」(イキ顔) 「もっと深く、全身全霊で向き合う必要がありますね」 全裸合体・乳合わせをする、那由多と蚕。 「やっ…やめてぇ…」 「感じさせてください。 私の全身で、貴女の全裸を!」 「ふにゃあああーんッ!!」(絶頂) 事後全裸の那由多と蚕。 京に脱衣を求める、那由多と蚕。 「お願いです、白川さん。 私の漫画のために、全裸になってください!」 「絶対に嫌だ!私は全裸になんか、ならないんだから!」 何やかんやで全裸になる京。 「うう…何やってんだろ、私…」 「妹法学園」漫画原稿に描かれた、全裸のヒロイン。 第10話「悩みさえなければいい。 」 着替え中・下着姿の千尋を目撃するアシェリー。 その際、千尋が女であることに気付く。 「千尋君、タオルはそこの…あら?」 「ひゃうんっ!?」 「はうう…」(羞恥赤面) 「貴女、女の子だったのね」 入浴中のアシェリーと千尋。 第11話「主人公にさえなればいい。 」 全裸膝枕中の、那由多と京。 「にへへ…みゃーさんの太腿、気持ち良いです…」 「はいはい、ありがとう」 全裸魔女カニ子、デカチン全裸兄、全裸妹らによる冒険譚「ワンス・アポン・ア・タイム」の挿絵。 卑猥な台詞を言わされ、羞恥赤面する京。 「えっ、何ですか?」 「だから…自分の…」 「もっと大きな声で!」 「自分のオチンチンで、怪物に攻撃しましたッ!!」 第12話「妹さえいればいい?」 全裸で寝そべる那由多。 入浴中の千尋。 ED映像 第4話:薔薇の上に寝そべる、全裸のアシェリー。 第9話:漫画原稿を背景に、下着靴下姿で寝そべる京。 エンドカード 第4話:靴下足裏を見せるアシェリー(絵師:青木慎平) 第8話:裸エプロン画家姿の那由多(絵師:木野下澄江) 人物一覧 主要人物• 羽島 伊月(はしま いつき)• 羽島 千尋(はしま ちひろ)• 可児 那由多(かに なゆた)• 白川 京(しらかわ みやこ)• 不破 春斗(ふわ はると)• 恵那 刹那(えな せつな)• 大野 アシェリー(おおの アシェリー)• 三国山 蚕(みくにやま かいこ) 鮮紅の魔狩人 仮• 主人公• アリス クロニカクロニクル• ミヤコ・ミッドフィールド(Miyako Midfield)• 月子・ミッドフィールド(Tsukiko Midfield)• 千・ミッドフィールド(Sen Midfield)• デスマスク・ミッドフィールド(Deathmask Midfield)• ガガギア王国王女シルヴィア ワンス・アポン・ア・タイム• 全裸の魔女のカニ子ちゃん.

次の

妹さえいればいい。 : 一般アニメエロシーンまとめ (Anime Ecchi Fanservice Aggregator)

いもうと さえ いれ ば いい アニメイト

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 普通であれば視聴者を引き込まなくてはいけない開幕で、いきなり視聴者を篩いにかけるという チャレンジャーなやり方は嫌いではありません そのため開幕はアリだったんですが、むしろそこからがつまらなかった。 ラノベ作家という業界モノでもありながら 展開に動きがなくイベントがなさすぎて、結局は密室の会話劇モノとして好きになれる人でないとこのアニメを楽しむのは 難しいのではないでしょうか 4話の確定申告あたりから仕事ネタもでてきて、ようやく題材っぽい内容になってきたのを感じられましたけど 基本的には安易なエロとシモ。 平坦な会話劇は視聴の30分がめっちゃ長く感じてしまい、つまりそれが私の率直な 感想になってしまうんだとおもう たまに当たり回があって、今回は9話の全裸下着論争は笑えたし、業界から一番遠いところにいる大学の友人が 業界に足を踏み込みだすかも? という展開も気になりましたけど、悪い点を補うには程遠かったな 総合の評価はとても悪いよりの【悪い】とさせていただきます。 そうそう「はがない」と同じ原作者さんらしいけど、実は女の子だったって「はがない」でもやってなかったか? 特別優れたネタってわけでもないし、同じネタ使うくらいこの設定が好きなんでしょうけど、ちょっと安直すぎや しませんかね? 【良い点】 楽しいし、大人風味ののんびり見ることが出来る内容だった。 【悪い点】 ゲーム話が多かったな。 シリアスが物語にそれほど影響を与えてない。 特になくても良かったんじゃない。 【総合評価】 サービスシーンが多めの作品。 妹に異常にこだわる主人公伊月の妹愛をテーマにしたラブコメ作品。 ただし、伊月には妹がいない ことになっている。 本作は、ラノベ作家たちの悲喜こもごもを実感として描いている作品であり、ラノベ作家が書くからこそリアルさを感じた。 編集に追い回され、現実逃避しで遠くに旅立つといった時折小説のあとがきで見るような話があったり、フェチの絵師やコミカライズ担当漫画家とのやりとり でもパンツを被らないと仕事できないという人は実際にはいないと思う 、さらには税理士などが出てきてラノベ作家の仕事風景や日常というのが淡々と続きながら、それでいてラノベ作家として少しずつ前進していく。 そして仲間たちも少しずつ自分の生きていくべき道に少しずつ確信をもっていく。 一足先に社会人になった友人とともに遊んだりした大学生と社会人の狭間みたいな期間をなんとなく思い出させてくれた。 それ以外にもテーブルトークゲームや人生ゲームなどのゲーム回なども趣向を凝らした回もあり、登場人物の掛け合いをこうした遊びを通じて面白く演出しているのも特徴。 まあサービスシーンが多い作品だったので、実のところ、そちらばかりに目がいって特に内容を覚えていない。 原作が「僕は友達が少ない」でお馴染みの平坂さんの作品という事で注目したが、 ただ1話を観た時には主人公である伊月の妄想シーンが痛々しくて、 正直に言って第一印象は好ましい物ではなかったし、 それに中盤ぐらいまでは特に高く評価してた分けではなかったのですが……。 ただ前半時における評価の低さが変わる切っ掛けとなったのが 6話で春斗の原作がアニメ化失敗となってしまったエピソードだけど、 この時における春斗の苦汁な思いというのがドラマとして中々見応えが有って、 確かに不本意な形でアニメ化された原作者の心境という物が現実でも有りそうで、 さらに春斗が自分の作品に注いで来た情熱にも訴えかける物が有って、 この辺りにおける春斗が言った部分には作家としてのメッセージ性が伝わるなと思いながら 6話における春斗のエピソードを観て個人的には本作に好評系を付けても良いなと思いました。 そういう分けで個人的には6話を境にして本作に対しての評価が一気に上向いたのと同時に、 当初に感じられたエロネタの部分も程々には許容できる様にもなって、 それと登場キャラに関してはメインの5人は普通に好きになれるキャラで、 少し下ネタ暴走が賛否が有るかも知れないけど那由多のキャラは個性的で面白いし、 また京に関しては心根が真っ直ぐで常識人な所に好感が持てるし、 それと事情により伊月の前では弟と偽ってるけど実は家事万能で女子力が高い伊月の義妹になる千尋に、 また伊月や春斗の男同士の厚い友情が見られるのも本作の中で良いな思わせてくれながら、 後は本作のキャラ達いに付いて更に言うと日常シーンでの軽妙なやり取りが面白かったり、 それと5人でゲームを行うシーンなんかは本作ならではの賑やかな雰囲気が良いですね。 後は本作のストーリーに関しては青春ラブコメ要素も有りますが、 まあ青春ラブコメ要素に付いて言うと個人的に好みなのも有るけど、 その中でも春斗が京に惹かれて行く過程も納得できる一方で、 京が伊月に惚れているのを知ってしまう春斗が切ないと思ったり、 また京にしても伊月と那由多の仲に関して複雑な心境を抱えてたり、 そして伊月にしても那由多との恋愛を考える上で 自分の作家としての立ち位置やプライドが有り那由多との距離を置いてたり等、 本作に関しては作家としての部分にしろ恋愛の部分にしろ 悩ましい部分やホロ苦さを感じさせてくれる所が個人的には好みかなと思うのと同時に、 登場人物への感情移入も深まる物が有りますね。 それでは最後に纏めると最初は微妙と思いながらも6話での春斗のエピソードから面白くなったと思い始めて、 また本作における作家のあるあるネタというかラノベ作家の日常を扱った部分が楽しめたり、 そして登場キャラに関しては概ね好感が持てて、 確かに本作の場合はエロや下ネタの印象が強いと云いますか、 シリアスの部分とエロや下ネタの部分に関する落差が激しい作風で、 この辺りにおける癖の強さは視聴者を選んでしまう所は有るけど、 それでもエロや下ネタの部分をマイナスと考えて切って捨てるには惜しくて、 やはり作家をテーマとした所や青春ラブコメの部分はストーリー的に面白いので、 癖の強い部分を許容さえ出来れば本作は十分に楽しめると思います。 キモさの中に面白みを発見! ギャップが面白いかも? 主人公がとてつもなくキモイがストーリーは普通にラブコメしてる。 【良い点】ストーリーがアル ・ネタアニメのような設定だがラブコメはきっちり描かれている ・ホモ、百合ガップル設定がキモさをうまくフォローしバランスとれてる ・キモさを一般人視点で描いてるところ 【悪い点】謎のハンコ? ・場面転換用のハンコだろうけど、オチわかんない話にモヤっとした ・主人公と妹ヒロインのキモさ 個人の主観です ・主人公視点で語られる出版ギョー界ほか 作者との感性の違い感じる 【総合評価】正直1話で切りたい設定だがつい見てしまう 4コマでもないのにブツ切りする演出がストレス。 ただ、ストーリーは王道ラブコメっぽく各話の引きはうまいと思う。 最も評価したいのは、ホモダチとサブヒロインが一般人の感性をフォローしてるところ。 この2人が登場しないととてつもなくキモイ作品と思う。 そのへんを配慮してるとこに原作者の小説作りの巧さ感じる。 アニメスタッフもそのあたりに配慮してるようで、キャラアニメとしてはマイルドだがストーリーは楽しめる内容になってると思います。 ガチオタのタイトルですが一般人も視れるお話 深夜アニメ見てる時点で十分なオタですけど 俺ならこう書く「エロマンガ先生」・・・ 注:以下は多分に妄想である事をお断りしておきます 【良い点】 ・一話冒頭での主人公妄想の妹既知外ぶりはツカミとしてはオッケーのインパクト。 その後が続かないが・・・ 続けられても困っちまうくらいアレだが ・業界お仕事物としては「エロマンガ先生」より、「まだ」お仕事している。 仕事場面より飲み食い場面の描写が豊富なのはナンだが・・・・ ・主人公の環境がありないほど恵まれているので、仲間との飲み食い場面などは 楽しい雰囲気。 実在の酒など提示され チョイスがオシャレヲタ向けであざとい 、 現実逃避アイテムとしては高機能なのでは? 【悪い点】 ・リアルを意識した、とは言っても「所詮はラノベ」と斬って捨てる程の 現実感の薄さ。 黒く辛い描写はさり気無く排除されており、そもそも主人公が 妹に妄執を抱くようになった背景など後出しするのだろうが、本来は序盤で それなりに説得力をもった説明をするべき。 ・主人公の環境がありないほど恵まれているので、それなんてラノベ? という シラけ感満載。 手に職 憧れのラノベ書き、しかもそこそこ売れてる 、毎度、 差し入れして飯作ってくれる料理上手の弟 妹 、一方的に惚れてくるヒロイン2人、 同業でライバルかつ親友 しかも才能は自分の方が上 、自分の部屋は楽しい溜り場、 経費で領収証きって旅行し飲み食いしまくり・・・これ、読んでて視聴してて 虚しくならないか? ・萌えや読者サービス的な要素は色々提示されているが、あくまで「サービス」で 作者の意図がそこに無い印象。 パッションは感じない。 まさに不破春斗的と言うか・・・ 【総合評価】 「悪い」。 ヒロイン可児が主人公同様ラノベ書きで仕事モードは全裸。 主人公は 妹キチガイのラノベライターで妹がおり・・・どう見ても「エロマンガ先生」の オマージュ、あるいは競作。 原作未読なんで、あくまでもアニメを通しての 考察 妄想 だが、作者はリアルで本当にそうであるかははともかく、親友ライバル である不破春斗の立場なのではないか? エロマンガ先生ほど荒唐無稽な話を書くのは プライド的にもパッション的にもできないが、リサーチと理論でラノベを組み立てる タイプで、「はがない」後半で不幸キャラを量産してしまった結果の「商品としての ラノベの失敗」「リアルとフィクションのバランス取りの失敗」「キャラ達への贖罪」 を本作を通じて修正回復しようとしているのではないか? そんな疑念が尽きない。 私は アニメしか見てないが 「エロマンガ先生」も本作も現実感の薄さやご都合主義で 視聴が非常に辛いが、こうしたラノベ系作品は読者が求める方向性と作者の作家性が 合致するか非常に厳しい世界だと思っている。 文学性や完成度を追及すると、かえって 商品としては失敗となるケースが少なくないからだ。 作者にとって気の毒だが、本作は アニメ化にあたって楽曲でエロマンガ先生に負けていると同時に、その本質は一部を除き、 世のラノベ読者が求めている物とはズレているのではないか? と思う。 本作は主人公と 楽しい仲間達の和やかな場をひたすら描写するが、徐々に環境や人間関係が変化していく様を 「軟着陸」させようと苦闘する様が伺える。 良いか悪いか微妙だが、エロマンガ先生が 読者にとって「最初から安心のゴールが設定された俺妹完全版」なのに対し、本作は 「はがない完全版」なのだろう 私の勝手な妄想、念のため。 作品の大枠や見た目は 良く似ているが、「俺妹」と「はがない」がかなり違った作品であったのと同様に、 本作もエロマンガ先生と あえて? 類似設定でありながら、本質はかなり異なる。 ひたすら読者と作者の嗜好を満足させるエロマンガ先生に対し、キャラクターの すれ違いから起こる悲劇を決定的な物にしないよう、どう回避、軟着陸させるか、という ドラマを通じ「無い物ねだり」な人間の成長 妥協ではなく をどう描くか、がテーマと感じる。 ラノベの枠で読者を引き込みつつ、真面目に青春ドラマしようという意図なのではないか。 こうした意味でエロマンガ先生と比較し、作家性 個人的な評価 は本作作者に軍配が上がるのだが、 娯楽として商品としてどうか? と考えると、本作はひたすら微妙だ。 正直言うと、私にとってエロマンガ先生も本作も同様に荒唐無稽、かつ食い足りない、面白くない、 萌えに反応できない。 そもそも最終的なオチまでやれるはずもない1クールアニメ。 だが、パクリと批判されるのは判りきった設定をあえてぶつける姿勢、作劇に感じる人間の 業をチラ見する観察眼、アニメを通じて受信した電波 妄想とも言う に感じる作家の魂に免じて 「最後まで視聴してやらねば気の毒」と思った。 傲慢勝手だが「骨はひろってやる」つもりで 最終話までは視聴しようと決めた。 面白くは無い、ただ、作者の気骨には感じる物があった。 多分に妄想による視聴者ハイなので、共有できる保障はいたしません。 作品DB内ブログ記事 1. by S・N... としてますが、 何となく去年視聴していた秋アニメを振り返ってみたいと思います。 ・ラブライブ! サンシャイン!! 第2期 ・おそ松さん 第2期 ・干物 妹! うまるちゃんR ・このはな綺譚 ・ブレンド・S ・僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 ・王様ゲーム The Animation ・ 妹 さえ いれ ば いい。 ・つうかあ... by 竜巻回転... 観れそうなレベルには有るかなと。 by エスパー... くんがガチで悔やんでいたのがクッソ茶番極まりなかったです。 そして極めつけがそのあと部下を蹴り飛ばすシーン、ここ今週一番作画に気合い入ってて草。 いやーもうこれ言い方おばさんとか狙ってクソ アニメ作っているんじゃないんですかね? 原作者も草生やしながら実況していたし。 …いやそこは笑ってる場合じゃねえよ。 「 妹 さえ いれ ば いい。 」の春... 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の