日本 アマチュア ゴルフ 2019。 2019 GDOアマチュアゴルフトーナメント 前期全国大会 シングルス戦

全日本アマチュアゴルファーズ選手権エントリー

日本 アマチュア ゴルフ 2019

歴史 [ ] 、六甲ので第1回大会が行われた。 参加選手は14名で、初代優勝者はA. LOWSONであった。 はで中止。 その年の10月17日にが設立された。 とからまでは交通事情と戦争、2020年の新型コロナの大流行でそれぞれ中止されたが、100年の歴史を誇る大会となっている。 過去には、、、らが優勝を果たしている。 を本業としゴルフを続け、本大会で計6回の優勝を果たしたは「プロより強いアマチュア」と称されている。 2011年大会は当初宮城県の利府ゴルフ倶楽部で開催予定だったが、の影響で愛知県の三好カントリー倶楽部・西コースで開催された。 なお利府GCでの開催は2014年に振替開催された。 は、福岡県の芥屋ゴルフ倶楽部で、初日のラウンドは行われたものの、による水害により、所定の4日のうち3日間で競技が中止、予備日の設定がなく、順延が不可能となり、全選手(141名)が競技成立に必要な36ホールズを消化できなかったため、大会史上初の開催不成立(ノーゲーム)となった。 大会の方式 [ ] 大会は当初18ホールで行われたが、になってからはシードプロも出たが、からはで行われていた。 そして、から15年までは前半2日間は36ホールにわたるストロークプレーを行い、32名が後半3日間のマッチプレーで優勝者を決めていた。 2015年は開催100回を記念して、兵庫県の廣野ゴルフ倶楽部と小野カントリー倶楽部の2会場で開催。 初日・2日目のストロークは両コースを1ラウンドずつ行い、上位64名が廣野GCでのマッチプレーに進出し、優勝者を決定した。 2016年以降はこれを撤廃し、4日間72ホールのストロークプレーで優勝を争うことが2015年12月のJGA理事会で決定した。 なお予選がストロークプレー、決勝がマッチプレーの場合において、予選ラウンドをトップ通過した者に対しては「メダリスト」の称号が与えられ、優勝者等と並んで表彰の対象となる。 参加資格 [ ] 日本ゴルフ協会またはのハンディキャップインデックスを取得済みで、次のいずれかに該当する男子アマチュアゴルファーに参加資格が与えられる。 各地区連盟主催アマチュアゴルフ選手権競技による成績上位者• 日本アマチュアゴルフ選手権競技の過去5年間の優勝者• 前年の指定されたゴルフ選手権競技の成績上位者• 前年の成年男子種別個人戦優勝者• 同年の優勝者および2位• 日本ゴルフ協会の特別承認者 歴代優勝者 [ ]• 1907年:A. ローソン• 1908年:F. Colchester• 1909年:J. Crockatt• 1910年:J. Crockatt• 1911年:E. Fradgley• 1912年:Alfred Wragge• 1913年:Alfred Wragge• 1914年:Alfred Wragge• 1915年:H. Daunt• 1916年:E. Barrett• 1917年:G. Roper• 1918年:井上信• 1919年:• 1920年:H. マルコム• 1921年:田中善三郎• 1922年:大谷光明• 1924年:川崎肇• 1925年:川崎肇• 1926年:赤星四郎• 1927年:野村駿吉• 1928年:赤星四郎• 1929年:F. ブラウン• 1930年:• 1931年:• 1932年:成宮喜兵衛• 1933年:• 1934年:鍋島直泰• 1935年:鍋島直泰• 1936年:佐藤儀一• 1937年:佐藤儀一• 1938年:佐藤儀一• 1939年:原田盛治• 1941年:佐藤儀一• 1942年:成宮喜兵衛• 1950年:月本啓二• 1951年:P. アブラハム• 1952年:芝本順三• 1953年:三好徳行• 1954年:三好徳行• 1955年:三好徳行• 1956年:H. チャック• 1957年:A. スモール• 1958年:石本喜義• 1959年:中部一次郎• 1960年:田中誠• 1961年:石本喜義• 1962年:• 1963年:森本弘• 1964年:中部銀次郎• 1965年:森河伸治• 1966年:中部銀次郎• 1967年:中部銀次郎• 1968年:大川清• 1969年:山田健一• 1970年:山田健一• 1971年:入江勉• 1972年:入江勉• 1973年:• 1974年:中部銀次郎• 1975年:• 1976年:森道応• 1977年:倉本昌弘• 1978年:中部銀次郎• 1979年:• 1980年:倉本昌弘• 1981年:内藤正幸• 1982年:金本勇• 1983年:加藤一彦• 1984年:長田敬市• 1985年:中川隆弘• 1986年:伊藤嘉浩• 1987年:• 1988年:• 1989年:尾家清孝• 1990年:倉本泰信• 1991年:• 1992年:米倉和良• 1993年:米倉和良• 1994年:杉本周作• 1995年:杉本周作• 1996年:• 1997年:洪家煜• 1998年:星野英正• 1999年:星野英正• 2000年:和田博• 2001年:• 2002年:藤田大• 2003年:甲斐慎太郎• 2004年:李東桓• 2005年:• 2006年:金庚泰• 2007年:小林伸太郎• 2008年:金飛鳥• 2009年:宇佐美祐樹• 2010年:阿部裕樹• 2011年:櫻井勝之• 2012年:小袋秀人• 2013年:大堀裕次郎• 2014年:小木曽喬• 1997年大会からでダイジェスト放送されているが、2007年はが出場することでもあるため、で夕方枠で地上波放送されることになった。 これは日本アマ100年の歴史の中で史上初のことになる。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [].

次の

2019年日本アマチュアゴルフ選手権 結果

日本 アマチュア ゴルフ 2019

(オフィシャルハンディ未取得者は事務局までお問合わせください。 また、同グランドシニア選手に関しては、最上位選手を予選通過とみなします。 また、上位10位までと、シニア上位3位までに各賞。 決勝出場者にクオリファイ賞。 また、上位10位までと、シニア上位3位までに各賞。 決勝出場者にクオリファイ賞。 また、上位各3位まで杯。 出場者に参加賞。 入金確認後自動エントリーとなります。 詳しくはエントリー事務局にお問合わせください。 nikkan-golf. 予選希望コースは先着順になりますので、ご案内定員オーバーの場合は他の会場での出場になる場合もありますのでご了承ください。 組み合わせは公平な競技となるよう主催者で決定します。 ただし、人数に限りがある場合もありますのでお早めにお願いいたします。 自己都合による申込後の種目変更、キャンセルはできません。 また、過剰入金・重複入金の返金はいたしません。 地震・風水害・降雪・事件・事故・疫病等による開催縮小・中止、参加料返金の 有無、通知方法等についてはその都度主催者が判断し、決定します。 私は、心疾患・ 疾病等なく、健康に留意し、十分なトレーニングをして大会に 臨みます。 傷病、事故、紛失等に対し、自己の責任において大会に参加します。 私は、大会開催中に主催者より競技続行に支障があると判断された場合、主催者の 競技中止の指示に直ちに従います。 また、その他、主催者の安全管理・大会運営上の 指示に従います。 私は、大会開催中に傷病が発生した場合、応急手当を受けることに異議ありません。 その方法、経過等について、主催者の責任を問いません。 私は、大会開催中の事故、紛失、傷病等に関し、主催者の責任を免除し、損害賠償等 の請求を行いません。 私の家族・親族、保護者(参加者が未成年の場合)は、本大会への参加を承諾しています。 氏名・年齢等の虚偽申告、申込者本人以外の出場(代理出場)はいたしません。 それらが発覚した場合、出場・表彰の取り消し、次回以降の資格はく奪等、主催者の決定に従います。 また、主催者は、虚偽申告・代理出走者に対して救護・返金等一切の責任を負いかねます。 大会の映像・写真・記事・記録等(において氏名・年齢・性別・記録・肖像等の個人情報)が新聞・テレビ・雑誌・インターネット・パンフレット等に報道・掲載・利用されることを承諾します。 また、その掲載権・使用権は主催者に属します。 大会申込者の個人情報の取扱いは、別途記載する主催者の規約に則ります。 上記の申込規約の他、主催者が別途定める大会規約に則ります(齟齬がある場合は大会規約が優先します).

次の

2020 スポーツインダストリーゴルフトーナメント

日本 アマチュア ゴルフ 2019

(オフィシャルハンディ未取得者は事務局までお問合わせください。 また、同グランドシニア選手に関しては、最上位選手を予選通過とみなします。 また、上位10位までと、シニア上位3位までに各賞。 決勝出場者にクオリファイ賞。 また、上位10位までと、シニア上位3位までに各賞。 決勝出場者にクオリファイ賞。 また、上位各3位まで杯。 出場者に参加賞。 入金確認後自動エントリーとなります。 詳しくはエントリー事務局にお問合わせください。 nikkan-golf. 予選希望コースは先着順になりますので、ご案内定員オーバーの場合は他の会場での出場になる場合もありますのでご了承ください。 組み合わせは公平な競技となるよう主催者で決定します。 ただし、人数に限りがある場合もありますのでお早めにお願いいたします。 自己都合による申込後の種目変更、キャンセルはできません。 また、過剰入金・重複入金の返金はいたしません。 地震・風水害・降雪・事件・事故・疫病等による開催縮小・中止、参加料返金の 有無、通知方法等についてはその都度主催者が判断し、決定します。 私は、心疾患・ 疾病等なく、健康に留意し、十分なトレーニングをして大会に 臨みます。 傷病、事故、紛失等に対し、自己の責任において大会に参加します。 私は、大会開催中に主催者より競技続行に支障があると判断された場合、主催者の 競技中止の指示に直ちに従います。 また、その他、主催者の安全管理・大会運営上の 指示に従います。 私は、大会開催中に傷病が発生した場合、応急手当を受けることに異議ありません。 その方法、経過等について、主催者の責任を問いません。 私は、大会開催中の事故、紛失、傷病等に関し、主催者の責任を免除し、損害賠償等 の請求を行いません。 私の家族・親族、保護者(参加者が未成年の場合)は、本大会への参加を承諾しています。 氏名・年齢等の虚偽申告、申込者本人以外の出場(代理出場)はいたしません。 それらが発覚した場合、出場・表彰の取り消し、次回以降の資格はく奪等、主催者の決定に従います。 また、主催者は、虚偽申告・代理出走者に対して救護・返金等一切の責任を負いかねます。 大会の映像・写真・記事・記録等(において氏名・年齢・性別・記録・肖像等の個人情報)が新聞・テレビ・雑誌・インターネット・パンフレット等に報道・掲載・利用されることを承諾します。 また、その掲載権・使用権は主催者に属します。 大会申込者の個人情報の取扱いは、別途記載する主催者の規約に則ります。 上記の申込規約の他、主催者が別途定める大会規約に則ります(齟齬がある場合は大会規約が優先します).

次の