同期のサクラ 原作。 同期のサクラのあらすじとキャスト!相手役旬のイケメン俳優は誰?

同期のサクラネタバレ最終回!原作から結末の意識不明の謎考察と脚本家過去作の傾向は?

同期のサクラ 原作

高畑充希が主演する日本テレビのドラマ「同期のサクラ」の原作とあらすじとネタバレです。 脳挫傷で助かる可能性は低いということだった。 知らせを受けた北野桜(高畑充希)の親友は、病室を訪れ、10年前に花村建設に入社して、北野桜(高畑充希)と出会った時のことを思い出すのだった。 北野桜(高畑充希)は、子供の頃に、母親が島の診療所では治せない病気にかかってしまうが、台風で定期便が休止していたので、父親が船を出し、両親はそのまま死んでしまった。 このため、北野桜(高畑充希)は、故郷の美咲島に橋を架けるという夢があり、この夢を叶えるため、花村建設に入社した。 そして、北野桜(高畑充希)は、新人研修で、月村百合(橋本愛)・木島葵(新田真剣佑)・清水菊夫(竜星涼)・土井蓮太郎(岡山天音)の4人と同じ班になり、仲間が出来たと喜んだ。 北野桜(高畑充希)は、いつもマイペースで、忖度が出来ず、誰にでも言いたいことをズバズバ言い、珍しい建物を見ると、時間を忘れて撮影するという風変わりな性格だった。 さて、新人研修の最後に、班ごとに模型を提出することになった。 1位には社長賞が贈られるのだという。 北野桜(高畑充希)の班は、北野桜(高畑充希)の意見で、故郷にかける橋の模型を作ることになったが、仲間4人は夢に向かって突き進む北野桜(高畑充希)に振り回されてばかりだった。 北野桜(高畑充希)は、「仲間で力を合わせれば出来る」と言い、夢を叶えるため、完璧な模型を作ろうとするが、他の4人は北野桜(高畑充希)のこだわりについて行けなかった。 そして、ついに月村百合(橋本愛)がキレてしまい、北野桜(高畑充希)を「どれだけ迷惑しているか分かってる?」「私たちは貴女を仲間だなんて思ってない」と批判したのだった。 北野桜(高畑充希)は、落ち込んで完璧な模型を諦めようとしたが、祖父・北野柊作(津嘉山正種)から届いた「お前には、自分にしかやれないことがある」というファックを見て、1人で完璧な模型を完成させた。 すると、仲間4人は、北野桜(高畑充希)の言っていたことが正しかったと分かり、反省した。 しかし、社長賞に選ばれたのは、F班の模型だった。 すると、忖度できない北野桜(高畑充希)は、F班の模型が選ばれたのは社長のご機嫌取りだと批判し、最も優れていたのはA班の模型だと言い、A班の模型が優れている点を指摘した。 人事部長の黒川森雄(椎名桔平)が「それは個人の意見か?班を代表しての意見か?会社を批判すれば、採用取り消しもある」と圧力をかけると、仲間4人は口をつぐんでしまうが、北野桜(高畑充希)は「私個人の意見です」と堂々と答えた。 その後、仲間4人は希望通りの部署に配属された。 北野桜(高畑充希)は故郷の島に橋を架けるため、土木課を希望していたが、希望は通らず、人事課に配属されたのだった。 仲間4人は心配すると、北野桜(高畑充希)は「私には夢がある。 それを諦められないので、私は自分にしかできないことをやります」と答えたのだった。 「」へ続く。

次の

同期のサクラのあらすじとキャスト!相手役旬のイケメン俳優は誰?

同期のサクラ 原作

サクラ(高畑充希)が9ヶ月間の長い眠りからついに、目覚めた。 知らせを受け病室に駆けつけた同期の四人は、意識の戻ったサクラとの再会に喜ぶ。 そんな中、サクラは退職を引き延ばそうとしてくれた黒川(椎名桔平)の力も及ばず、自分が花村建設から解雇されたことを知る。 かける言葉を見つけられない4人だが、「信じ合える仲間と沢山の人を幸せにする建物を造る夢を叶えるために頑張る」と話すサクラ。 その前向きな姿に、4人は以前のサクラが復活したことを感じていた……。 数週間後。 百合(橋本愛)に付き添われ退院したサクラは、同期たちが折半して契約を延長してくれていた自分の部屋へ。 サクラは、百合が自分の経験を生かした託児所を作るために花村建設を辞めて起業しようか悩んでいると相談を受ける。 一方、リハビリの様子を見に来た葵(新田真剣佑)と話したサクラは、副社長になった黒川の元で葵がバリバリ働いていることを知る。 いまだにサクラに思いを寄せつつも百合との関係にけじめをつけたいと悩む葵にサクラはなんの助言もできず……。 職を探すサクラは蓮太郎(岡山天音)と共にかつて同期でよく集まった喫茶店の後にできたネットカフェへ。 仙台でボランティア活動をしている菊夫(竜星涼)とネット電話で通話したサクラは、菊夫がNPOの代表になってほしいと頼まれて悩んでいることを知る。 助けになりたいサクラだが、菊夫はバタバタと忙しそうな様子で電話は切れてしまう。 蓮太郎は重責に悩む菊夫の気持ちがわかると話し……。 営業への異動を言い渡されたという蓮太郎は、設計を続けるために転職をしようか悩んでいた。 妻のすみれ(相武紗季)に相談した方がいいと話すサクラだが、蓮太郎はすみれに心配させたくないので秘密にして欲しいと頼む。 自分が眠っている間にそれぞれの人生に向き合い一歩先を行く同期たちをまぶしく感じるサクラ。 その夜、履歴書を書いていたサクラのもとにすみれが様子を見にやってくる。 蓮太郎の秘密をバラすまいと焦るサクラをお見通しのすみれは、嘘がつけないサクラの就活がうまくいくか心配するが……。 そして、再び建設会社で働くためサクラの就活の日々が始まる。 しかしすみれの心配通り、花村建設を解雇された経緯を正直に話すサクラは軒並み面接で落とされてしまう。 貯金も底をつき、コンビニでアルバイトをしながら就活を続けるサクラだが、同期の悩みを聞こうと、鍋パーティに誘う。 当日、一人準備をするサクラの元に、同期から次々と欠席の連絡が。 そして、自分たちで問題を解決していく同期に無力感を覚え、ふるさとの島に帰ることを決意する・・・。

次の

同期のサクラ

同期のサクラ 原作

高畑充希が主演を務めるドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系)が、10月9日にスタートした。 本作は、過疎の離島で育ち、夢を叶えるために上京した主人公・サクラ(高畑充希)が駆け抜けた10年間を1話ごとに1年ずつ描き出していくドラマ。 『同期のサクラ』は脚本の遊川だけでなく、演出やプロデューサーといった制作陣を含めて『過保護のカホコ』チームが再集結している。 『過保護のカホコ』は高畑にとって、朝ドラ『とと姉ちゃん』(NHK総合)でヒロインを務めた翌年に民放初主演となった代表作。 高畑が演じる加穂子の、世間知らずで純朴、思ったことをそのまま言ってしまうその浮いた強烈な存在感は、高畑充希という女優像をも形成し、2018年に主演を務めたドラマ『忘却のサチコ』(テレビ東京系)でのイメージにも少なからず直結している。 そして今回、『同期のサクラ』で高畑が演じるサクラは、『過保護のカホコ』の加穂子の生き写しと言っても過言ではないほどの人物像。 後先考えずない猪突猛進の性格は、入社式の社長祝辞で社長相手に物申してしまうほど(ちなみに社長は『過保護のカホコ』で加穂子の祖父を演じていた西岡徳馬)。 入社後に同じ班になった4人に対して、輝きに満ちた目で絶賛し、時には愛くるしい笑顔を見せる姿は、『過保護のカホコ』で初(竹内涼真)に向けていた眼差しとそっくりだ。 また『過保護のカホコ』では、「私、こんなの初めて!」「すっばらしい!」といった加穂子の口癖があったが、『同期のサクラ』のサクラにもそんな強烈なセリフが多く存在している。 「いいです。 非常にいい」「マズい。 非常にマズい」と非常にをつけて繰り返すセリフ。 さらに不安になると発する「スゥーーー」といった息遣い、同期たちに別れを告げる「じゃあ、また明日」もそれらに数えられるだろう。 第1話のラストで同期たちに告げた「私には夢があります」から始まる真っ直ぐな宣誓も『過保護のカホコ』での「私、こんなの初めて!」からの流れを彷彿とさせる。

次の