箱根 駅伝 2021。 2021年の箱根駅伝は開催されるのか?新型コロナ騒動への対抗処置を考えてみた。

【箱根駅伝2021へ】2020新年度!5000mタイムチーム上位10人平均ランキング【関東大学長距離】

箱根 駅伝 2021

新型コロナウィルスの影響により、スポーツ競技会は軒並み中止もしくは延期という状況が続いています。 この状況はまだまだ続くでしょう。 収入をほぼ絶たれるプロスポーツ界はまさに生き死にのレベルの問題でしょう。 陸上競技でも本来なら今は春季サーキット真っ盛りの時期です。 学生陸上競技界でも5月の関東インカレに向けて盛り上がっている時期だったでしょう。 その関東インカレも延期が決まっています。 そんな中、ちょっと気の早い話かもしれませんが、来年(2021年)の箱根駅伝の行方はどうなるのでしょうか?本番開催にはまだ半年以上あるとはいえ、現在の状況から考えるととても安泰とは言えないと思います。 コロナの影響が完全に収束しているとはとても思えませんし、開催できるとしても恐らく何らかの対策は必要になってくるでしょう。 そこで、なんとか開催に持っていけるように対策を考えてみました。 もちろん現在の状況が本番まで続くようだととても開催はできないと思いますので、相応に収束する前提での話です。 予選会 まず本番前に予選会がありますね。 シード校以外の出場校を決めるためのものです。 例年だと10月後半に開催されます。 これまでの予選会を映像や写真で見たことのある人は多いと思いますが、出場40校以上で、各校12人の総計500人ほどが一斉スタートします。 あきらかに「密集」の状況ですよね。 スタート後もしばらくはかなりの集団で走ることになりますし、感染防止のために全員、1~2m離れろというのも無理な話でしょう。 また、長距離競技ですからもちろん通常の会話以上に飛沫が飛び回るでしょう。 となると一斉スタートは避けざるを得ないですね。 割り切って時間間隔を開けて、時間差スタートとするか。 一人1分差をつけるとしたらスタートだけで500分かかるのか。 最初の選手が8時にスタートしても最後の選手がスタートするのは午後4時過ぎ。。 1分の差をつけるのは難しそうですね。 30秒ぐらいか。 時間差スタートとしても、抜いたり抜かれたりはできるだけ避ける必要があります。 持ちタイムが良い選手から先にスタートするか。 それならある程度、選手間の接触は避けられそうですね。 観客の「密集」「密接」 さて、予選会は無事開催できたとして本番では通常、沿道を多くの観客の方が取り囲みます。 特に中継点付近などは「密集」してかつ「密接」な状況になるでしょう。 これはもうルール化して極力沿道からの応援は避けるようにして、おとなしくテレビ観戦してもらうしかないでしょう。 まあこの辺りは、日本人はルールやモラルを守ることについては世界に誇れるレベルにあるので、クリアできるのではないでしょうか。 1区の集団走 さて本番の競技についてです。 最近は参加各校の戦力が拮抗し大きな差が出なくなってきたとはいえ、200㎞以上という長距離駅伝である箱根ではあまり選手が密接して走ることはないです。 ただ少なくとも1区だけは別ですね。 特に最近は1区の出遅れは致命的になるため、各校エースクラスを投入してくるため選手間のレベル差が小さいです。 更に大きく遅れることは絶対に避ける必要があるため、結果として終盤まで大きな集団で走るケースがほとんどです。 結果として「密集」「密接」状況が発生します。 となると、ここは何か手を打たなければ。。 予選会と同じく、1区だけはスタートを分けてタイムレースとするか。 そして2区以降は1区選手のタイム差に従いスタートする。 これで集団化することはだいたい避けられますかね。 運が悪ければそれでも集団になる場合が出てくるかもしれませんが。 コロナさん、退散ください! と、考えてみましたがやはり何もなく通常通り開催できることが一番ですね。 現在の状況から考えると、そんなことを言っている場合ではないと言われそうですが。 2021年の箱根駅伝は中止になる可能性も多分にあるとは思いますが、なんとか開催できる社会状況になることを願ってやみません。。

次の

【2021年箱根駅伝の注目校紹介】復活の予感名門中央大学!

箱根 駅伝 2021

2020年の箱根駅伝は、青山学院大の2年ぶり5回目の優勝で幕を閉じました。 シーズン当初は劣勢が予想された青山学院大ですが、全日本大学駅伝で2位になったあたりから戦力の充実ぶりが聞こえてくるようになり、その後の世田谷ハーフ・学連記録会での好結果を経て原晋監督からも優勝を争う戦力が整ったとのコメントも出てきていました。 エースの吉田圭太を1区に抜擢したにも関わらず、7位と出遅れた時にはマズイ!と思った方も多いと思いますが、2区抜擢の1年生、岸本の好走以下、全区間で予想以上の走りを見せ文句なしの優勝を果たしました。 一方、優勝候補の筆頭に挙げられていた東海大は、大きなミスもなく走り切ったにも限らず2位に甘んじました。 それ以上に青山学院大が好走したと言うべきか、レベルが上がって高速化したのがあまりに予想の上をいっていたというべきか。。 他にも國學院大や東京国際大の躍進、明治大の復活、優勝候補から一転してシード落ち寸前までいった東洋大、そしてなんといっても急速な高速化の最大の要因と思われるナイキヴェイパーフライの席巻など様々なトピックがあった2020年の箱根駅伝でした。 そんな中、ちょっと気が早いですが次回2021年の箱根駅伝の有力各校の戦力を分析してみたいと思います。 青山学院大 優勝メンバーから、主将の鈴木、4区区間新の吉田裕也、6区区間3位の谷野、7区区間4位の中村友哉が抜けます。 夏場あたりまでは青学の4年生は全く冴えないイメージでしたが、最終的には4人がメンバー入りしていずれも好結果を残しました。 このあたり4年生を重要視する原監督の指導が最終的に生きたのではないでしょうか。 この4人が抜けるということで、かなりの戦力ダウンにも見えますが、最重要区間の1区(吉田圭太)、2区(岸本)、5区(飯田)はそのまま残ります。 更に現1年生(新2年生)は、岸本以外にもレギュラー入り候補が続々出てきている黄金世代です。 世田谷ハーフで1時間3分台を出した近藤・中倉・中村唯翔に加えて、箱根メンバー入りした宮坂、出雲メンバーの大澤、更に目片、横田などもいます。 その他、箱根で出走していないメンバーにも、新号・市川・高橋・早田などもいて、この辺り全員が10000m28分台に入ってきてもおかしくない勢いです。 正直言って、今年箱根に出たメンバーでも、吉田圭太・岸本・飯田以外は、来年は出走できるかどうかわからないのではないでしょうか。 それぐらいメンバー入りの競争が激化しそうです。 更に都大路1区で終始先頭を走り、日本人最高記録を更新した佐藤一世も入部予定です。 という状況からして、1年前の東海大以上に優勝に近い存在だと言えそうです。 東海大 ついに黄金世代も卒業となります。 關・鬼塚・舘澤・阪口・松尾・西川・小松・郡司というそうそうたるメンバーが卒業します。 うーん、これだけの名前を並べると、この4年間で箱根・全日本・出雲の優勝が各1回ずつというのは、ちょっと不満が残る結果ですかね。 とはいえ、高校時代に世代トップクラスだったとしても、そのまま大学でもその位置を維持するというのは大変なこと。 あれこれ言う人も多いですが、トラック競技主体で考えるメンバーも多い中でよくやったとも言えるのではないでしょうか。 黄金世代が抜けますが、現3年生(新4年生)の名取・塩澤・西田も都大路1~3位を独占したスーパー世代です。 1~2年生の間は故障などもありなかなか目が出ませんでしたが、3年生になってようやく3人そろって活躍できるようになりました。 全日本はこの3人の活躍で優勝しましたが、箱根は名取・西田両名が体調面が今一歩で、この2人が期待通りの走りだったら、、という残念な結果でした。 それでもなかなかの好記録なんですがね。。 あまりにまわりのレベルアップが激しかったというだけで。 この3人は次回でも主要区間を任せられますし、7区区間3位と好走した1年生、松崎をはじめ、青山学院大ほどではないにしても1・2年生に有望なメンバーがいます。 更に新1年生も期待できそうです。 そんなことからすると、やはり青山学院大の対抗馬第一候補はこの東海大でしょう。 國學院大 今回躍進した國學院大。 Wエースの浦野・土方が抜けることになります。 更に3区区間5位の青木も抜けます。 いずれも往路の主要区間を担当していただけに戦力的にはかなり痛いですね。。 今回、往路は上記4年生に加えて、1区区間賞にあと一歩だった藤木の活躍もあり2位となりましたが、復路は10位なんですよね。。 往路の貯金と、最終10区の競り合いに勝ったことで総合3位になりましたが、次回に向けて戦力の立て直しが必要です。 ただ9区の4年生、茂原以外はほぼ区間順位一桁ですので、それほど悲観する状況でもないはずです。 意外とエースの抜けた穴は早々に埋まる気もします。 帝京大 今大会のメンバーから、岩佐・平田・島貫・小森・吉野の5人が抜けます。 結構、影響が大きいように見えます。 しかし今回、山区間が両方4年生で、5区が区間18位、6区が区間13位なんですね。 以前からそうですが、どうも帝京大は伝統的に(?)山区間が苦手のようです。 あるいは重視していないのか。。 山を平地区間並みに走れるメンバーが育てば、優勝も見えてくるのではないでしょうか。 平地区間は区間賞こそないもののいずれも区間上位で走れているので。 帝京大は、派手な活躍をする選手がいない(少ない?)のでイマイチ地味な存在になっていますが、ダークホース的な存在になりつつある気がします。 東京国際大 今回の箱根予選会をトップで通過し、往路3位、復路6位で総合5位と大躍進した東京国際大。 その躍進の中心はなんといっても2区で東洋大相澤とマッチレースを繰り広げた伊藤と、3区で驚異的な区間新を出したヴィンセントの2人でしょう。 伊藤は4年生なので抜けますが、ヴィンセントはまだ1年生!3区はハーフマラソン以上の距離なのに、59分25秒とは恐れ入ります。 区間新2~3区間ぐらいの価値があるのではないでしょうか。 それはさておき今回のメンバーから4年生5人が抜けますので来期はちょっと苦しいか。 来期を乗り切ってよい流れを断ち切らなければ、今後有力校として有望選手もどんどん入学してくる好循環が生まれてくるのでないでしょうか。 そのためにも来期は大事です。 明治大 箱根前はほとんど存在感が無かった(というと言いすぎか?)明治大。 今回まさかの6位で楽々シード権を獲得しました。 しかも4年生は、7区区間新の阿部とアンカー河村の2人だけです。 また、青山学院大の岸本の陰に隠れてあまり話題になっていませんが、明治大の2区も1年生の加藤で1時間7分台で走っています。 となると来期は期待できそうです。 ただ全日本は阿部抜きだったとはいえ、15位と沈んでいました。 来期大エースが抜ける中で今回のような走りができるのか?真価が問われる年になりそうです。 早稲田大 今回の箱根予選、あわや予選落ちというどん底一歩手前だった早稲田大。 全日本で6位と好走した流れを、箱根でも継続させ総合7位となりました。 1区中谷、2区太田智樹の好走で勢いに乗りました。 4年生はその太田智樹と9区の新迫の2人だけです。 早稲田大は推薦で入学してくる人数が限られているので、どうしても一部のエリート選手とそれ以外で差があり、10人が必要な箱根では区間順位がばらつくのが昔からの伝統です。 今回も区間順位にかなり凸凹がありましたね。 ただ今回の場合はエリート選手がブレーキになった感が否めないですが。 中谷をはじめ毎年、その年のトップ選手が入学してくる早稲田大。 それら主力選手が順調に伸びていくことも重要ですが、全体的な底上げをコツコツとしていくことが必要かと思います。 駒澤大 1、2、6区の主要区間を担当した山下、W中村たいせいが抜けます。 今回は1、2区の出遅れが響きましたが、優勝候補に挙げられていた割には他の区間もなんだかイマイチでした。 噂のスーパールーキー田澤の3区3位が目立つぐらいです。 箱根については今回4年生が活躍していなかったし、抜けるのも3人だけなので来期が期待できるとも言えますが、優勝を争うには何か一皮むけないととても手が届かない感じです。 昨期の箱根予選会で圧倒的な結果を出した時のような勢いを再度見せてほしいですね。 創価大 1区区間賞で始まった今年の創価大の箱根。 最終的には9位で見事シード権を獲得しました。 最終10区区間新の島津の追い上げが感動的でしたね。 4年生は1区区間賞の米津の他、計3人。 2区を走った留学生、ムイルも4年生で抜けますが、留学生はまだ1年生のムルワもいます。 このムルワは5000m13分37秒、10000m28分38秒の記録を持ちます。 東京国際大のヴィンセントほどの飛びぬけたランナーではないですが、主力となるのは間違いないでしょう。 というところからして来期も今期と同様なレベルは維持されるのではないでしょうか。 東洋大 11年連続で箱根3位以上を死守してきた東洋大が、今回は10位と惨敗でした。 4年生の大エース相澤だけがピックアップされていましたが、戦略の弱体化はかなり顕在化されていたのではないでしょうか。 1区の西山などは「いまだに右足に力が入らない」と公言していたのにも関わらず、1区起用。 ちょっと気の毒な気がしました。 主軸となるべき現3年生の西山・吉川が区間14位、13位と惨敗。 これでは、、、という気がします。 5区区間新の宮下だけが希望の星といった状況ですが、ここから巻き返しはあるのか?あるいはシード外に転落していくことになるのか? 新入生は期待できそうなので、まだまだ期待は持てると思います。

次の

2021年の箱根駅伝は開催されるのか?新型コロナ騒動への対抗処置を考えてみた。

箱根 駅伝 2021

そして3位順大が入りました。 1万mも2位でしたからトラックの平均は本当に高い。 4位以降も東海・早大・東洋・明大ら名門校がしっかり入りました。 注目は帝京大。 スカウトの平均ではおそらく20位いってるかいってないか、ですが5000mでも8位平均まで浮上するのですから凄い育成としかいいようがないですね。 多くの大学が箱根駅伝一本、1万mは強化しても5千mは強化するところは少ないはずですが、それでも平均値が上がっているのですから、どこもあげてきていますよね。 僅差ながら、日大が11位。 スカウトの平均はいいですからね。 東国大や日体大のように育成で頑張っているところもあります。 他、国士大も今年はスカウトも良くて14分14秒でトップ20に入っています。 新入生が多く加入したところでは農大・立大・上武あたりがぐっとあげています。 立大は上位10人中9人が新入生で14分21秒は中々お目にかかれないデータに。 28位と30位でやや差がありますが、30位に箱根出場した筑波大がいるのですから、分からないものですよね。 下位チームも14分30秒台前半が増えてきていて、懸命の強化が見られます。 40位以下はまだ未判明が多いですが、たぶん芝工大が14分55秒かな?立正大も何気に14分台の新入生複数獲得していて、14分平均が近づいています。 そしてこの中でチーム内3位に入る新入生鈴木選手に注目です。 スピードエース吉田選手に、12月記録会で13分台マークの2年生陣、そして世代トップレベルの力があるルーキー佐藤選手ら13分台を持っている選手が多いですね。 この距離でもしっかり力があります。 とはいえメンバーを見ると納得。 スピードで引っ張る野口・清水選手ら4年生に、3障高校日本記録保持者の三浦選手、さらに石井選手等々、記録揃っています。 何かのきっかけで浮上できるはず。 塩澤選手は走る機会があれば相当短縮できるはず。 ただ、選手層は少し薄くなったのは否めないか?全世代が鍵になってきます。 中谷選手が抜け始めていますが、千明・鈴木選手らも走る機会があればいけるはず。 トラックもしっかりあげていきたい。 注目の松山選手を初め4名のルーキーがトップ10内に顔を出しています。 新しく時代を築きたいところ、4年西山・大森選手らがうまく引っ張っていければ。 主力小袖・鈴木選手らにルーキー児玉選手が好タイム。 選手層厚いとはいえ、遠藤・小野寺・星選手ら主力選手はここでもしっかりタイムを残しています。 にしても伸び率が本当に凄いです。 中々シード権獲得ならないこともあり、5000mの試合機会が少ないですがそれでもトップ10内です。 吉居選手ら注目ルーキーも4名、上がれるチャンスです。 学内記録会で好記録続出していましたが、今年はスピードも伸ばすチャンスです。 樋口選手らチャンスがあれば記録が出る選手もいます。 ただ、現状戦力になっていない選手が、他の大学に比べて多いのが苦しいところ。 何とか復活してもらいたい。 駅伝を既に経験している山谷・丹所選手以外にも2年、そしてルーキーの姿が目立ちます。 今後育成注目のチームです。 やはりまずはこの2人ですかね。 その他では駅伝経験者・未経験のランナー色んなランナーがいますね。 さらに伸びてくるのは誰でしょうか。 ルーキーが4名トップ10に入り、髙橋・宇津野選手と言った14分一けたのランナーが加入。 早くから戦力アップを図れるかもしれませんね。 スピードエース菅原選手、ポイントの3年砂岡・松尾選手ら城西大復活のカギです。 斎藤・瀬戸選手が13分台を出してぐっと平均タイムが短縮しました。 ムルア選手の本格派も待たれる所です。 もちろん、藤木・島崎選手あたりも十分出せる力もありますので、もっと短縮は可能。 チーム3位に入っているルーキー力石選手にも注目。 鎌田選手以外がどこまで成長できるか。 ヴィンセント選手だけでなく福井選手ら。 そこに山本・遠入選手などルーキーたちが加入。 国士大のスカウトも良くなっています。 そしてルーキーでは伊藤選手がいきなりチーム2番手。 どういう成長曲線を描いていくか。 2年倉田選手のほか、1年生が伊東選手ら3名も。 スカウト的には充分にすぐさま箱根復帰もありえるところです。 髙橋選手をはじめ、ルーキーが5名もトップ10に入ってきます。 そんな中、数少ない上級生工藤選手らが大事になってきます。 関口・服部選手ら、実力がありながら常連校チームに入らなかった彼らの成長は特に注目。 長い距離で、それ以下のメンバーがどこまでついていけるかは大事です。 他にも坂本選手ら4年生が目立ちますね。 そして2番手に入っているルーキー額賀選手は即戦力レベル。 他にもルーキーが多くランクインしています。 そして、ルーキー木村選手がいきなり1番手。 4年生中心になることが多い専大ですが、全世代活躍なるか。 1万mも成績がいい椎野・難波・杉保選手らが引っ張っていければ。 大城・倉淵選手は、今は勢いがあるランナーですかね。 記録会はいい感じで上がってきています。 西・相馬・大土手選手あたりがしっかり引っ張っていければ。 これに留学生ランナーも走る機会があればぐっと上がるはず。 1500mに強い竹内選手らさらに上がる機会があるか。 他に3年佐藤・2年穴澤選手らが注目。 樋田・関・大川選手も勢いあり。 ルーキーは福井選手らこれまでよりレベルの高い選手が入り始めています。 走る機会があれば、4年前山選手の記録が楽しみです。 石本選手も復活できれば。 ルーキーは内山選手らに注目。 ルーキーに関してはまだあまり判明していません。 ルーキーも桜井選手ら例年よりレベルの高い選手が入部。 知名度も上がってきています。 松川・小林選手ら2年生、橋本・海老原選手らルーキー選手ら楽しみです。 大塚選手がチームトップ。 藤本選手をはじめ東京理科大のランナーが3人も。 トラックは関東の非強化チームを確実に引っ張っています。 他では中距離専門と思われた横浜国立大石川選手が長い距離にも取り組んでいるのも注目です。 高崎経済大の石澤選手、帝京平成大大久保選手らさらにチームを引っ張っていけるでしょうか。

次の