昭和37年 今何歳。 1962年(昭和37年)生まれの年齢早見表|西暦や元号から今何歳?を計算

年齢早見表:朝日新聞デジタル

昭和37年 今何歳

Contents• 検察庁法改正案の今国会での成立見送りを受け、秋の臨時国会での継続審議を目指していたが、 新型コロナウイルスの感染拡大で雇用環境が急速に悪化する中、公務員の定年延長の必要性は薄れたと判断した。 安倍晋三首相は「この法案を作ったときと違い、今社会的な状況は大変厳しい。 そうしたことを含め、しっかり検討していく必要がある」と述べた。 「民間企業が苦しい中、公務員を優遇するのはおかしい」(政府高官)として方針を転換した。 内閣の判断で検察幹部の定年を延長できる特例規定に批判が強かったため。 政府・与党はこの規定を削除し、次期国会に出し直す方向で調整を進める。 菅義偉官房長官は本会議後の記者会見で「少子高齢化が進む中、国家公務員の定年引き上げが必要との認識に変わりはない」と強調。 その上で「改正案にはさまざまな意見があった。 そうしたことも踏まえながら再提出に向けて検討していきたい」と語った。 当初は次期国会へ継続審議として仕切り直す方針だったが、自民党内から「公務員だけ定年延長されていいのか」(世耕弘成参院幹事長)などと再考を求める声が上がり、安倍晋三首相も廃案の判断に傾いた。 ただ、定年を65歳に引き上げる改正案の内容自体は維持する方向だ。 世論の批判を受け、検察幹部の「特例定年延長」だけをはずし、 国家公務員の定年延長法案は通すものと考えていましたが、 ここにきての廃案。 てっきり、継続審議に向けて調整しているものと思っていました。 とはいえ、特例規定を削除し、定年延長法案が再提出され可決されれば、 国家公務員の定年延長が確定します。 廃案としただけで、金輪際、公務員の定年延長はしないと決めたわけではありません。 ただ、次期国会以降に再提出されたとしても、 当初想定していたスケジュールはずれ込む見通しですね。 あと1年、、、というはざまの年齢にいた人はある意味ラッキーかもしれません。 若年層は遅かれ早かれ定年は延長されるでしょう。 ここからは当初案を前提に可決していたらどうなっていたか、 また、次期国会に再提出され、間に合わった場合のスケジュールを解説します。 国家公務員の定年延長スケジュール 国家公務員の定年が2022年度から2年ごとに1歳ずつ延長されることを盛り込んだ国家公務員法改正案が審議に入りました。 可決されれば、2030年度には、65歳が定年退職の年齢となります。 定年延長には公務員の評価方法(給与や人事)を年功序列で決めるのではなく、実力主義とすることが盛り込まれています。 給料は現役時代の7割となり、退職金にいたっては不透明な状況。 その余波は、地方公務員へと伝わることは間違いありません。 公務員の定年を延長するためには、国家公務員法などの関連法を改正する必要があります。 現在の国家公務員の定年は、国家公務員法第81条の2第2項により原則60歳となっているためです。 そのため、明日からいきなり定年延長とはなりません。 現時点のスケジュールは、• 2022年度 定年延長開始• 2030年度 定年退職の年齢が65歳に つまり、 2022年度(令和4年度)から国家公務員の定年延長が始まります。 あくまで「年度」ですので、注意が必要です。 【公務員の定年延長早見表】 2020年3月「現在60歳の国家公務員の定年を2022年度から2年ごとに1歳ずつ引き上げ、2030年度に65歳とする」 と決定しました。 定年延長が開始されるのはあくまで「年度」ですから、生年月日が1月、2月、3月の早生まれの人は、少しややこしいことになります。 例えばですが、• 1961年度生まれの方は、2021年度に60歳で定年退職• 1966年度生まれの方は、2026年度に60歳で定年退職のはずが、+5年され2031年度に65歳で定年退職 などがわかります これまでは「3年に1歳ずつ延長」が有力視されていましたが、そのペースよりも1年早まったことにより、 現役の公務員はほとんど逃げ切る(60歳で定年を迎える)ことは不可能になりました。 もう少し、詳しく見ていきたいと思います。 その計算でいくと、2022年度から定年延長が始まるとして、 生年月日でいうと、 1966年度(昭和41年度)生まれの職員がボーダーラインです。 注意)1月、2月、3月の早生まれの人は年齢計算に注意してくださいね 1966年度以降の生まれの人は5年の定年延長が確実。 公務員の総定員が定められている中、65歳までの延長を短期間で行うと、新規採用数を極端に絞らざるを得ない年度が出ることで組織の年齢構成が大きくゆがむ恐れがあり、3年に1歳ずつ延ばす案が有力とされていました。 しかし、この想定だと原案よりも+5年長くかかりますから、即効性がないと判断されたのだと思います。 これからは公務員の世界が実力主義に変わる? 公務員の世界は、すべて「年功序列」です。 当然、これまでの人事・給与体系のまま定年延長すれば、「公務員優遇」となります。 そのため、能力や実績に基づく人事評価制度へ見直しを行い、その評価に応じて人事や給与に反映する予定です。 というのも、定年延長の条件に盛り込まれているからです。 つまり、 遅くとも2022年度からは、公務員が実力で評価されるということです。 あくまで、建前上は・・・ 公務員の世界は古い体質・体制ですから、個人的には、そんな簡単には変わらないと思います。 なにせ、その実力たるものを評価するのは、年功序列で育った幹部たちですからね・・・ 給料は段階的に減り現役時代の7割程度かつ役職定年制が決定 定年延長に伴って、給料や待遇について決定していることは3つです。 定年延長後の職員の給料は、60歳に達した後の給与を60歳前の7割程度• 60歳未満についても賃金の上昇カーブを抑制する予定(50歳代から給与水準がなだらかに下がる形)• 60歳に達した局長などの管理職を下位のポストに移す「役職定年制」の導入 給料の減額やポストの降格は当然で、定年が延長されるということは総人件費が増加しますから、これを抑制するためには必要なわけです。 特に、高齢層の給与見直しは必然だと思われます。 役職も定年制としなければ、管理職にあがれない職員が増加し、構成がいびつになります(個人的にずっと居座られても困ります) (今でもそうなんですが)60歳まで部下をこき使っていた上司が60歳を超えたらヒラになって働く光景はなんとも世知辛いような気がしますね。 退職金の取り扱いは現在未定も目減りは確実 問題なのが退職金です。 仮に、給与と同様に、退職金も7割程度とするとなれば、 退職金は、 退職する段階の給与月額に応じて決定しますから、このままでは単純に3割減となってしまいます。 一般的には、役職のない公務員の退職金は2,000万円程度ですから、600万円ほど減額されることになります。 この差を埋めるために、要は、定年が延長される5年間は現役時代の7割程度にするということです。 現行の再任用制度では現役時代の7割程度ももらえません。 役職のない職員ですと半分以下になるでしょう。 5年あれば退職金が減った分は十分に取り戻せる計算です。 むしろプラスでしょう。 もちろん、 5年という歳月を犠牲にして・・・ ただ、 まだ退職金については議論中であり、未定です。 もしかすれば、これまでと同じ扱いとなるやもしれません。 だって、そうでしょう? 定年延長が最大で5年の人はいいですが、 定年延長が1年の人が3割も減らされては、1年で600万円の差を埋めなくてはいけません。 つまり、タダ働きになってしまうのです。 (私なら早期退職しますね) であれば、定年延長どころか早期退職者が急増するかもしれません(平成25年に退職金が約10か月分減らされたときと同じ現象になるかもしれません) そうならないための対策を現在も検討中とみていいと思います。 ただ、退職金は今ほど貰えず年々右肩下がりになることは確実視されていいます。 この10年で400万円以上退職金が減らされていることからも明白ですよね。 現役世代からすれば、なんだかな~といった感じですよね。 ただただ働き損といいますか。。。 地方公務員(教員、警察官、消防士など)の定年延長は確実 あくまで定年延長が決定したのは国家公務員。 厳密には地方公務員の話ではありません。 あくまで国家公務員法の改正案であり、国家公務員に限った話でもあります。 しかし、 基本的には地方自治体は国に順じます。 給料や手当もそうですよね。 もちろん、交渉(ゴネる)ことは可能です(住居手当や休暇の制度は国や地方でバラバラですよね) しかし、定年延長はゴネる要素がありません。 交渉の末、1年や2年ねばれたとしても、結果的に、 地方公務員も同様に定年延長となることは確実です。 裏を返せば、地方公務員も国家公務員と同じタイミングで定年延長を開始させるためには、 本国会で成立させないと、時間が足りないわけです。 地方も議会の承認が必要ですからね。 公務員は70歳まで定年延長される可能性あり 2020年2月4日に政府は、「70歳までについて就業機会の確保を企業の努力義務」とする「高年齢者雇用安定法」などの改正案を閣議決定しています。 2021年4月から施行され、60歳から70歳までの10年の定年延長がほぼ確定します。 あくまで努力義務と言い張るでしょうが、「自由という名の強制」の典型的な例です。 特に今の20代から30代の世代は要注意です。 2020年に入庁してくる新規採用職員が22歳だとすると、定年退職するまでに43年あるわけです。 43年もあれば、その間にさらに5年伸びて、定年が70歳になることは目に見えています。 となれば年金も75歳から?平均寿命って80歳じゃなかったですか?あれ?という若手にはお先真っ暗な世界になっています。 まとめ 60歳が定年退職の年齢だったわけですが、2030年度には確実に5年延長され65歳になります。 では、現時点で60歳の職員は定年退職した後は優雅に隠居生活をおくっているのでしょうか。 違います。 働いているのです。 なぜなら、60歳で定年後、5年間は年金などが受け取れません。 年金の支給開始は65歳と決められているからです。 (もちろん60歳から受け取ることは可能ですが、受給額が大幅に削減されてしまいます) 5年の無給区間を埋めるために嘱託職員として、再任用職員として、65歳まで働いているのです。 公務員は原則、副業が禁止されているので、サイドビジネスなどで収入を増やすことが難しいんですよね。 つまり、法的には60歳が定年退職でも、現実は65歳まで働いているということ。 であれば、65歳で定年延長となっても、70歳まで働く未来はもうそこまできています(年金も70歳から支給になることも確実でしょう・・・)。 現時点の平均寿命は男性81歳、女性87歳です。 (健康寿命にいたっては、男性72歳、女性74歳) もう、あくせく働いて、老後はゆっくりという時代ではありません。 単純に男女を平均して考えると、• 65歳で定年退職して• 70歳までは年金が支給されないから働いて• 73歳で介護され• 84歳で寿命を迎える この流れが公務員の平均となるのです。 政府は経験豊富な職員の退職を防ぐには早期の実現が望ましいと理由を述べていますが、要はできる限り早く定年を延長したいだけです。 長く働かせたいだけです。 公務員だけではなく、全サラリーマンは今一度、働き方を考え直す時期にきています。

次の

何年生まれはいま何歳がわかる年齢早見表

昭和37年 今何歳

満年齢満 —歳 数え年 —歳 【2020年】生年月日と満年齢・数え年の早見表 満年齢と数え年の早見表を見ていきましょう。 ちなみに満年齢については 「今年誕生日を迎えたか否か」で年齢が1歳前後します。 生まれた年(西暦) 生まれた年(和暦) 満年齢(誕生日前) 満年齢(誕生日後) 数え年 2020年 令和2年 満0歳 1歳 2019年 平成31年(令和元年) 満0歳 満1歳 2歳 2018年 平成30年 満1歳 満2歳 3歳 2017年 平成29年 満2歳 満3歳 4歳 2016年 平成28年 満3歳 満4歳 5歳 2015年 平成27年 満4歳 満5歳 6歳 2014年 平成26年 満5歳 満6歳 7歳 2013年 平成25年 満6歳 満7歳 8歳 2012年 平成24年 満7歳 満8歳 9歳 2011年 平成23年 満8歳 満9歳 10歳 2010年 平成22年 満9歳 満10歳 11歳 2009年 平成21年 満10歳 満11歳 12歳 2008年 平成20年 満11歳 満12歳 13歳 2007年 平成19年 満12歳 満13歳 14歳 2006年 平成18年 満13歳 満14歳 15歳 2005年 平成17年 満14歳 満15歳 16歳 2004年 平成16年 満15歳 満16歳 17歳 2003年 平成15年 満16歳 満17歳 18歳 2002年 平成14年 満17歳 満18歳 19歳 2001年 平成13年 満18歳 満19歳 20歳 2000年 平成12年 満19歳 満20歳 21歳 1999年 平成11年 満20歳 満21歳 22歳 1998年 平成10年 満21歳 満22歳 23歳 1997年 平成9年 満22歳 満23歳 24歳 1996年 平成8年 満23歳 満24歳 25歳 1995年 平成7年 満24歳 満25歳 26歳 1994年 平成6年 満25歳 満26歳 27歳 1993年 平成5年 満26歳 満27歳 28歳 1992年 平成4年 満27歳 満28歳 29歳 1991年 平成3年 満28歳 満29歳 30歳 1990年 平成2年 満29歳 満30歳 31歳 1989年 平成元年 満30歳 満31歳 32歳 1988年 昭和63年 満31歳 満32歳 33歳 1987年 昭和62年 満32歳 満33歳 34歳 1986年 昭和61年 満33歳 満34歳 35歳 1985年 昭和60年 満34歳 満35歳 36歳 1984年 昭和59年 満35歳 満36歳 37歳 1983年 昭和58年 満36歳 満37歳 38歳 1982年 昭和57年 満37歳 満38歳 39歳 1981年 昭和56年 満38歳 満39歳 40歳 1980年 昭和55年 満39歳 満40歳 41歳 1979年 昭和54年 満40歳 満41歳 42歳 1978年 昭和53年 満41歳 満42歳 43歳 1977年 昭和52年 満42歳 満43歳 44歳 1976年 昭和51年 満43歳 満44歳 45歳 1975年 昭和50年 満44歳 満45歳 46歳 1974年 昭和49年 満45歳 満46歳 47歳 1973年 昭和48年 満46歳 満47歳 48歳 1972年 昭和47年 満47歳 満48歳 49歳 1971年 昭和46年 満48歳 満49歳 50歳 1970年 昭和45年 満49歳 満50歳 51歳 1969年 昭和44年 満50歳 満51歳 52歳 1968年 昭和43年 満51歳 満52歳 53歳 1967年 昭和42年 満52歳 満53歳 54歳 1966年 昭和41年 満53歳 満54歳 55歳 1965年 昭和40年 満54歳 満55歳 56歳 1964年 昭和39年 満55歳 満56歳 57歳 1963年 昭和38年 満56歳 満57歳 58歳 1962年 昭和37年 満57歳 満58歳 59歳 1961年 昭和36年 満58歳 満59歳 60歳 1960年 昭和35年 満59歳 満60歳 61歳 1959年 昭和34年 満60歳 満61歳 62歳 1958年 昭和33年 満61歳 満62歳 63歳 1957年 昭和32年 満62歳 満63歳 64歳 1956年 昭和31年 満63歳 満64歳 65歳 1955年 昭和30年 満64歳 満65歳 66歳 1954年 昭和29年 満65歳 満66歳 67歳 1953年 昭和28年 満66歳 満67歳 68歳 1952年 昭和27年 満67歳 満68歳 69歳 1951年 昭和26年 満68歳 満69歳 70歳 1950年 昭和25年 満69歳 満70歳 71歳 1949年 昭和24年 満70歳 満71歳 72歳 1948年 昭和23年 満71歳 満72歳 73歳 1947年 昭和22年 満72歳 満73歳 74歳 1946年 昭和21年 満73歳 満74歳 75歳 1945年 昭和20年 満74歳 満75歳 76歳 1944年 昭和19年 満75歳 満76歳 77歳 1943年 昭和18年 満76歳 満77歳 78歳 1942年 昭和17年 満77歳 満78歳 79歳 1941年 昭和16年 満78歳 満79歳 80歳 1940年 昭和15年 満79歳 満80歳 81歳 1939年 昭和14年 満80歳 満81歳 82歳 1938年 昭和13年 満81歳 満82歳 83歳 1937年 昭和12年 満82歳 満83歳 84歳 1936年 昭和11年 満83歳 満84歳 85歳 1935年 昭和10年 満84歳 満85歳 86歳 1934年 昭和9年 満85歳 満86歳 87歳 1933年 昭和8年 満86歳 満87歳 88歳 1932年 昭和7年 満87歳 満88歳 89歳 1931年 昭和6年 満88歳 満89歳 90歳 1930年 昭和5年 満89歳 満90歳 91歳 1929年 昭和4年 満90歳 満91歳 92歳 1928年 昭和3年 満91歳 満92歳 93歳 1927年 昭和2年 満92歳 満93歳 94歳 1926年 昭和元年 満93歳 満94歳 95歳 1925年 大正14年 満94歳 満95歳 96歳 1924年 大正13年 満95歳 満96歳 97歳 1923年 大正12年 満96歳 満97歳 98歳 1922年 大正11年 満97歳 満98歳 99歳 1921年 大正10年 満98歳 満99歳 100歳 1920年 大正9年 満99歳 満100歳 101歳 1919年 大正8年 満100歳 満101歳 102歳 1918年 大正7年 満101歳 満102歳 103歳 1917年 大正6年 満102歳 満103歳 104歳 1916年 大正5年 満103歳 満104歳 105歳 1915年 大正4年 満104歳 満105歳 106歳 1914年 大正3年 満105歳 満106歳 107歳 1913年 大正2年 満106歳 満107歳 108歳 1912年 大正元年 満107歳 満108歳 109歳 1911年 明治44年 満108歳 満109歳 110歳 1910年 明治43年 満109歳 満110歳 111歳 1909年 明治42年 満110歳 満111歳 112歳 1908年 明治41年 満111歳 満112歳 113歳 1907年 明治40年 満112歳 満113歳 114歳 1906年 明治39年 満113歳 満114歳 115歳 1905年 明治38年 満114歳 満115歳 116歳 1904年 明治37年 満115歳 満116歳 117歳 1903年 明治36年 満116歳 満117歳 118歳 1902年 明治35年 満117歳 満118歳 119歳 1901年 明治34年 満118歳 満119歳 120歳 1900年 明治33年 満119歳 満120歳 121歳 「満年齢」と「数え年」の違い つづいて満年齢と数え年について説明します。 上のイラストを見たら分かるかと思いますが、違いは 「生まれた時点での年齢」と 「年を重ねるタイミング」です。 満年齢とは? 満年齢の特徴は以下の通り。 満0歳からスタート• 誕生日を迎えるごとに年が増える• 満年齢は「生まれた西暦」と「現在の西暦」「今年誕生日を迎えたか否か」によって計算できる• 計算方法• 今年誕生日を迎えた場合: (現在の西暦)-(生まれた西暦)• 今年誕生日を迎えていない場合: (現在の西暦)-(生まれた西暦)-1 注意点として、法律上では満年齢は 「誕生日前日の午後12時」に年が増えます。 これが何に影響するのかと言うと 4月1日生まれの場合の学年です。 4月1日生まれの人は3月31日に年をとるため早生まれになるのです。 つまり4月1日生まれの人は翌日4月2日以降に生まれた人よりも学年が一つ上になるということです。 ちなみに前日に年をとる理由としてはうるう年の2月29日生まれの人を考慮した結果。 2月29日生まれの場合4年に1度しか来ませんが、前日に年をとるすると2月29日生まれでも3月1日生まれでも毎年2月28日に年をとることになります。 またうるう年についての解説はこちら。 数え年とは? 数え年の特徴は以下の通り。 1歳からスタート• 年を越して1月1日になると年をとる• 西暦と一緒に年が増えるため「生まれた西暦」と「現在の西暦」だけで計算できる• 計算方法: (現在の西暦)-(生まれた西暦)+1 数え年は西暦とともに増える年齢です。 誕生日に関わらず 「生まれた西暦だけで計算できる簡易な点」や 「旧暦(太陰太陽暦)における閏月生まれの人でも問題がない」という理由で使用されていました。 後者については、旧暦では約3年に1度だけうるう月が挿入されて1年が13ヶ月になるのですが、その挿入されたうるう月に生まれた人の年齢は満年齢では計算できないといった問題です。 ただしこれは 新暦(太陽暦)になって閏月はなくなったので解消されました。 ちなみに新暦と旧暦についてくわしくはこちら。 数え年の問題は何点かあるのですが、一番重要だったのが 戦時中の配給です。 当時配給は栄養の観点から満年齢で計算されていたのに関わらず、実際には数え年で行われていたため問題となったのです。 あとがき 以上、満年齢と数え年の解説および早見表でした。 このあたりは結構複雑なので数字に強い人でもこんがらがると思います。 年齢や西暦、和暦、年号、年度などどれも生活の中でたまに使用する機会がありますが、なかなかパッと出てこないものです。 ただ満年齢と数え年についてはこの記事できちんと理解できたのではないでしょうか。 早見表は毎年更新していく予定なので、ぜひ忘れた頃に見直しに来てください。

次の

1962年(昭和37年)生まれの年齢早見表|西暦や元号から今何歳?を計算

昭和37年 今何歳

一概に年金といっても、国民年金、厚生年金があります。 国民年金の老齢基礎年金(定額部分)支給開始年齢は「原則65歳支給開始」です。 厚生年金の老齢厚生年金(報酬比例部分)については、昭和61年4月以前では「原則60歳支給開始」となっていましたが、徐々に支給開始年齢が引き上げられ、平成12年の改正では生年月日によっての支給開始年齢も引き上げられることが決定しました。 下に年金支給年齢早見一覧表を掲載しましたので、ご自分の性別と誕生日で見てください。 あまりたくさんの表になると見にくいかもしれませんので男性で昭和24年生まれの人(今年71歳)、女性で昭和29年生まれの人(今年66歳)の人からにさせていただきました。 この年齢から下の年齢の人は厚生年金の老齢厚生年金(報酬比例部分)が何歳からもらえるかの違いだけです。 Sponsored Link 年金受給開始年齢早見一覧表 生年月日(年齢) 厚生年金 60歳 61歳 62歳 63歳 64歳 65歳• 男性:昭和24年4月2日~昭和28年4月1日( 71歳~67歳)• 男性:昭和28年4月2日~昭和30年4月1日( 67歳~65歳)• 男性:昭和30年4月2日~昭和32年4月1日( 65歳~63歳)• 男性:昭和32年4月2日~昭和34年4月1日( 63歳~61歳)• 男性:昭和34年4月2日~昭和36年4月1日( 61歳~59歳)• 男性:昭和36年4月2日以降生( 59歳~下)• たとえば、歳の差夫婦で夫が65歳をすぎて妻が65歳未満で専業主婦なら65歳になるまで加算して支給される年金です。 私の場合は昭和36年4月2日以降生れですから、すべて65歳からしかもらえませんわ。 60歳からもらえるはずの年金が支給開始年齢が5年も引き上げられて、なんか詐欺にあったような気がするのは私だけでしょうか? サラリーマンの厚生年金の平均が、毎月14. 5万だそうですから、 14. 5万x12か月x5年=870万円 自分の寿命は決まっているわけですから、生きている間に870万円もらえたはずがなくなったわけです。 いままで積み立てた年金を全額返してくれるならいいですが、そういうわけにもいかなそうですから、年金積立を続けるしかないですけどね。 どう考えても釈然としません。 自己責任、自己責任とよく耳にするようになりましたが、もはや国とか年金をあてにしては危ない時代なのかもしれませんね。 【追記】 繰り上げ受給と繰り下げ受給 年金受給開始年齢は65歳が原則で、支給開始年齢を60歳~70歳まで選ぶことができます。 65歳が基準で早く年金を受給することを、「繰り上げ受給」、遅く受給することを「繰り下げ受給」といいます。 繰り上げ受給の場合は、年金受給額が減額され、繰り下げ受給の場合は増額されます。 減額は最大30%(60歳0ヵ月受給)、増額は最大42%(70歳0ヵ月受給)となっています。 それだけでなく、自分や配偶者の受給できる年金額や老後の生活費の収支状況、 老後資金としていくら必要なのかもわかる方法です。 LINEに友達申請いただければ今すぐ無料でレポートをダウンロードできます。 【この無料レポートで得られる情報】 あなたの生命保険の必要保障額 あなたや配偶者の老後の年金受給額 あなたが用意しなければならい老後資金 あなたの老後の生活資金の収支状況(キャッシュフロー) あなたの一生涯の収入と支出 などなど・・・これらを把握できれば、あなたが老後に向けて対策していく第一歩となるでしょう。 Sponsored Link.

次の