Zoom 共有 動画。 zoomで録画設定する際のポイントと、実際に録画した動画

Zoom無料版で出来ることは?有料版にする前にチェック!

Zoom 共有 動画

もくじ(CONTENTS)• Zoomで自分のPC画面を共有しよう! ズームアプリを使えば、オンライン会議中に、自分のPC画面を参加者全員で共有することができます。 具体的には、文書や写真、プレゼンスライド、WEBページ等の他、YouTube動画等を音声付で再生共有することもできます。 ズームで画面共有する手順 Zoom Meeting アプリを使って画面共有する手順を図解入りで紹介します。 とっても簡単なので安心してください。 手順1:ズームアプリを起動させる パソコンを起動し、Zoom Meeting アプリを立上げます。 新規ミーティングをクリックし、会議を始めます。 手順2:共有したい画面を選択 画面の共有をクリックします。 すると別ウィンドウが立ち上がり、共有できる画面の一覧が表示されます。 これらの中から、共有したい画面を選択して下さい。 手順3:これだけで画面共有完了 共有したい画面を選択すると、早速、画面共有が開始されます。 共有中は、共有中である旨が、画面上部に表示されます。 参加者のビデオ画面は、サムネイルビデオとして、右上に小さく表示されます。 サムネイルビデオが邪魔な時は、折りたたんで非表示にすることもできます。 パワーポイント資料を共有しよう! ズーム会議中に、パワーポイントやワード、エクセル等のアプリケーション画面も、もちろん共有できます。 会議中にスライドショー等も出来る 画面共有中も、アプリケーションの操作ができるので、スライドショー等も簡単にできます。 ふたつのディスプレイを使えば、ひとつの画面を共有し、もうひとつの画面でノートや原稿をみながら、プレゼンテーションすることもできます。 YouTube動画を全員で鑑賞しよう! YouTube等の動画サイトを参加者全員で共有し、動画鑑賞会等を行うこともできます。 音声が共有されない場合は… 画面は共有できているけど、音声が共有できていない場合は、設定を開き、【コンピューターの音声を共有】をクリックしてください。 これで、動画中に流れる音声も共有できます。 まとめ.

次の

ZOOMで画面共有をする方法

Zoom 共有 動画

Contents• ZOOMにおける画面共有のやり方 画面共有のやり方に関しては下記の記事を参考にしてください。 ZOOMにおける画面共有で動画がカクカクするときの原因 Zoomで画面共有をしているときに動画がカクカクと重くなるときは、下記の原因を疑ってください。 動画ではなく、音が途切れたり、遅くなったりするケースの対処法は下記を参考にしてください。 ZOOMにおける画面共有で動画がカクカクするときの対処法 画面共有で動画がカクカクするときの対処法について解説していきます。 バージョンを揃える アプリ版Zoomを利用してWeb会議を行う場合、主催者と参加者すべてのバージョンが揃っていないと全体的に動作が重くなり、その結果、画面共有を行うとカクカクするということがあります。 これが原因の場合、参加者全員をZoomのバージョンを最新版であわせるなど、工夫することをおすすめします。 Zoomのバージョン確認については下記の記事を参考にしてください。 パソコンのスペックが足りていない パソコンやスマホのスペックが足りていないことが原因で、画面共有を行うと動画がカクカクする可能性があります。 これが原因の場合、CPUの負担をなるべく減らすことである程度の改善が見られる可能性もありますが、根本的な解決にはなりません。 スペックが足りていない場合は、新しくデバイスの買い替えを検討する必要があるでしょう。 なお、Zoomにおけるパソコンやスマホの動作環境については下記の記事を参考にしてください。 インターネットの状況を確認 Zoomではなくインターネット環境に問題がある可能性もあります。 例えば、下記のケースはよく起こり得るでしょう。 ルーターの位置に問題あり• 通信速度の制限(モバイルWiFiなど)• 電波が届きにくいところにいる こうしたインターネット環境の問題である場合は、下記の記事を参考に対処してみてください。 通信速度の制限(スマホ) 一定の通信量を超過したために、通信速度が遅くなり、その結果スマホアプリ版Zoomでも問題が起こった可能性もあります。 これが原因である場合は、 制限が緩和されるまで(キャリアや契約プランによる)時間を置くか、高速データ通信量を追加で購入して増やすといった方法があります。 ウイルス対策ソフトのチェック ウイルス対策ソフトがZoomに反応してしまい、アクセスをブロックしてしまう可能性があります。 これが原因のときは、 Zoomを使うときはソフトの設定を少し緩めたり、例外設定を行ったりなどで解決する可能性が高いです。 ウイルス対策ソフトによって設定方法が異なるので、自分の使用しているソフトのマニュアルなど確認してみると良いでしょう。 余計なブラウザを削除する ブラウザ版アプリ版問わずZoomを利用している場合は、不要なブラウザを閉じることで解決する可能性もあります。 これは、 ブラウザを閉じることでCPUの負担が減るからです。 バーチャル背景をオフにする バーチャル背景をオンにしている場合は、これを オフに切り替えることで解決する可能性があります。 バーチャル背景を使うと、それだけCPUに負担がかかります。 バーチャル背景をオフにすることでCPUの負担が減るため、Zoomの動作が軽くなるのです。 Zoomのバーチャル背景の設定方法に関しては下の記事を参考にしてください。 アップデートやパッチ配布まで待つ Zoom側のアップデートでバグや不具合が起こり、Zoomの画面共有で動画がカクカクするようになる可能性も捨てきれません。 これが原因であった場合、基本的には公式のアップデートやパッチ配布を待つことになります。 致命的なバグや不具合であれば、早めにアップデートやパッチ配布があるはずです。 デバイスの状態を確認する、別のデバイスを使う デバイスの調子が悪かったり、スペックが足りなかったりすることが原因でZoomの画面共有に問題が起こるようなら、別のデバイスを使うか、修理に出すようにしましょう。 Zoomだけでなく、 他の作業やインターネット環境を必要としない作業であっても問題が起こるようなら、それはデバイスの故障や不具合の可能性が高いです。 アプリのキャッシュとデータを削除(スマホアプリ版Zoom) スマホアプリ版Zoomを利用している場合は、アプリのキャッシュとデータを削除することでカクカクがなくなる可能性があります。 まずは 設定をタップしてください。 アプリと通知をタップ。 検索窓にZoomと入力して検索し、 Zoomをタップします。 ストレージをタップしましょう。 キャッシュを削除をタップします。 キャッシュが削除できたら、 データを削除をタップしてください。 OKをタップすれば完了です。 ブラウザのアップデート(ブラウザ版Zoom) ブラウザ版Zoomを使っている場合は、ブラウザが古い可能性があります。 これが原因で画面共有での動画のカクカクが起こっている場合は、 ブラウザをアップデートすることで解決する可能性が高いです。 Chromeであれば、最新版かそうでないかの確認は、ブラウザを起動させて確認できるメニューアイコンまたは メニューアイコンをクリックして表示された項目の一番上にある表示でできます。 このアイコンの色の意味合いは下記の通りです。 緑:アップデートが 2 日以内にリリース オレンジ:アップデートが約 4 日前にリリース 赤:アップデートが 1 週間以上前にリリース 特に 赤いアイコンが表示されている場合は、アップデートを行った方が良いでしょう。 アップデートの方法は、 アイコンをクリックし Google Chromeを更新をクリック。 再起動をクリックすれば、そのまま再起動されてアップデートされます。 退出して再入室 バグが原因の場合、ミーティングから退出して再入室することで解決することがあります。 詳しい方法については下記の記事を参考にしてください。 その他 これまで紹介した対処法を試しても改善されない場合は、下記の方法を試すと良いでしょう。

次の

Zoomで「スマートフォンやタブレット端末の画面共有を行う方法」について教えてください。Zoomで「スマートフォンやタブレット端末の画面共有を行う方法」について教えてください。

Zoom 共有 動画

Zoomの画面共有は、アカウント作成していない参加者でも利用することができます。 対応機種 Zoomの画面共有は、ほぼ全てのパソコン、タブレット、スマートフォンで利用可能です。 0以降が必要です。 タブレットとスマートフォンについては、共有できる画面に一部制限があります。 共有できる画面は、• Android:画面、写真、ドキュメント、Box、Dropbox、Googleドライブ、OneDrive、ウェブサイトURL、ブックマーク、ホワイトボード• iOS:画面、写真、iCloudドライブ、Box、Dropbox、Googleドライブ、Microsoft OneDrive for Business、Microsoft OneDrive、ウェブサイトURL、ブックマーク、ホワイトボード(iPadのみ) です。 もし、Zoomの画面共有が利用できない場合は、OSとZoomアプリを最新バージョンにアップデートしましょう。 Zoomの画面共有の使い方 ここからは、Zoomの画面共有の基本的な使い方・操作方法を解説していきます。 パソコン パソコンで画面共有を使う場合は、Web会議中に下部メニュー「画面を共有」をクリックします。 共有するウィンドウまたはアプリケーションの選択画面が表示されます。 例えば、Photoshopを選択してから「共有」をクリックすれば、相手の画面に「Photoshop」の編集画面がそのまま表示されます。 Zoomで画面共有されている範囲は、緑色の線で囲まれます。 画面共有を終了したい場合は、上部の「共有の停止」をクリックすればOKです。 スマートフォン スマートフォンで画面共有を使う場合は、Web会議中に下部メニュー「共有」をタップします。 画面共有する項目が表示されるので「画面」をタップします。 画面録画のメニューが表示されます。 アプリがいくつか並んでいるので「Zoom」をタップします。 Zoomを選択したら「ブロードキャストを開始」をタップします。 これでZoomの画面共有が始まりました。 画面共有を終了したい場合は、上部の「時間の部分」をタップします。 Zoomの画面共有で使える便利な機能 さらにZoomの画面共有で使える便利な機能を紹介していきます。 範囲を選択して画面共有 Zoomの画面共有では、画面の範囲を柔軟に変更することができます。 Zoomの画面共有時に「画面の部分」を選択してから「共有」をクリックします。 Zoomで画面共有されている範囲は、緑色の線で囲まれます。 この緑の枠は、移動させたり、四隅をドラッグすることで大きさを変更することも可能です。 これで音声と一緒にYou Tubeなどで再生している音楽も共有することができます。 ホワイトボード Zoomの画面共有には、 ホワイトボードという機能があります。 ホワイトボードを活用することで言葉では分かりにくい内容を絵や図を描いて伝えることができます。 ホワイトボードは、Zoomの画面共有時に「ホワイトボード」を選択してから「共有」をクリックするだけ利用可能です。 ホワイトボードの操作パネルには「テキスト」「絵を描く」「スタンプ」「スポットライト」「消しゴム」「色」「元に戻す」「やり直し」といった項目が用意されています。 次のようにテキストだけでなく、真っ白いボードに自由に書き込んで意見・考えを伝えることができます。 参加者もコメントを書き込める ホワイトボードは、参加者と共有して共同編集することも可能です。 上部に操作パネルが表示されるのでコメント・注釈(アノテーション)を付けましょう。 なお、参加者が書き込んだコメントも全員に共有されることになります。 参加者の書き込みを禁止する方法 主催者側で参加者のホワイトボードへの書き込みを禁止することも可能です。 TeamViewer、、Microsoft リモート デスクトップなどと似た機能となります。 自分のパソコンをリモート操作してもらう 自分のパソコンを相手側にリモート操作してもらう方法を解説します。 あとは相手がマウスをクリックすれば、リモート操作が始まります。 相手のパソコンをリモート操作する 相手のパソコンを自分がリモート操作する方法を解説します。 まず、相手に画面共有をしてもらいます。 これで相手のパソコン画面をリモート操作できるようになりました。 相手側は、マウスをクリックすることでリモート操作を終了させることが可能です。 複数の参加者が同時に画面共有 Zoomの初期設定では、2人同時に画面共有はできません。 仮に誰か1人が画面共有をしているとき、もう一人が画面共有をしようとすると、 他の参加者が共有中は、画面共有を開始できません。 というエラーメッセージが表示されます。 複数の参加者が同時に画面共有をできるようにするには、画面を共有の右横の矢印から「複数の参加者が同時に共有可能」をクリックする必要があります。 複数の参加者が画面を共有した場合、上部の「オプションを表示」から共有されている画面を切り替えることが可能です。 画面共有をデュアルディスプレイ(2画面)で表示すると便利 パソコンをデュアルディスプレイ(2画面)で使用している場合、2つの共有された画面を比較することが可能です。 次のように「参加者1」と「参加者2」の文書などの資料を比較することができます。 デュアルディスプレイを使用するには、Zoomのホーム画面で右上の「歯車アイコン」をクリック。 「デュアルモニターの使用」にチェックを入れておいてからミーティングを開始する必要があります。 パソコン使用時に「iPhone・iPad」の画面共有 Zoomでは、パソコンを使ってWeb会議をしているときでもWi-Fi経由で「iPhone・iPad」の画面を共有できます。 」というメッセージが表示されるので「インストール」をクリックします。 iPhone・iPadをパソコンと同じWi-Fiネットワークに接続します。 続いて、iPhone・iPadのコントロールパネルを開いてから「画面ミーティング」をタップします。 「Zoom — 名前」をタップします。 これでパソコンを使いながら「iPhone・iPad」の画面共有ができました。 Macであれば有線ケーブルで画面共有できる Macを使っている場合は、有線ケーブル接続で簡単に「iPhone・iPad」の画面を共有ができます。 MacとiPhone・iPadの接続に必要になるライトニングケーブルは、Amazonなどで安く購入することが可能です。 Zoomの画面共有に関するよくある質問(Q&A) Zoomの画面共有に関するよくある質問(Q&A)をまとめてみました。 Zoomの画面共有時にビデオ再生することも可能です。 Zoomでビデオ通話をしている時、一緒に映画鑑賞を楽しみたいことがあるでしょう。 そんなときにZoomの画面共有を使えば、動画配信サービス(You Tube、Netflix、、、、dTVなど)やDVDの映画、ドラマ、アニメなどを一緒に視聴できます。 Zoomの画面共有で動画を一緒に見るときは「コンピューターの音声を共有」にチェックを入れるようにしましょう。 動画配信サービスによっては、若干映像がカクカクしたり乱れる場面もありましたが、ほぼ問題なく視聴することができました。 参加者の画面共有を禁止にできますか? はい。 主催者側(ホスト)で参加者の画面共有を禁止にすることも可能です。 「画面の共有」の右横にある上矢印「高度な共有オプション」をクリックします。 参加者の画面共有を禁止したい場合は「ホストのみ」を選択しましょう。 画面共有を二画面に分割することはできますか? はい。 左右表示モードを使うことで可能です。 次のように共有画面が分割されて「自分の顔」と「相手の顔」が右側に表示されるようになります。 境界線の線を左右にドラッグ&ドロップすることで範囲を変更することも可能です。 Zoomの画面共有ができない原因 Zoomの画面共有の設定ができない・うまくいかない原因を解説していきます。 Zoomのバージョンが古い Zoomで画面共有が正常にできない場合は、Zoomのバージョンが古いことが考えられます。 「変更」をクリックしてから最新バージョンアのアップデートを行ってください。 また、スマートフォンのZoomアプリを最新版アップデートする場合は「App Store」や「Google Play」からできます。 Wi-Fiネットワークが異なる Zoomで「iPhone・iPad」の画面を共有する場合は、Wi-Fiネットワークが同じである必要があります。 例えば、• パソコン:自宅の無線LANルーター• スマートフォン:ソフトバンクなどのモバイルネットワーク で接続している場合は、画面共有がうまくいきません。 どちらも自宅の無線LANルーターを経由して繋げるようにしましょう。 画面共有を使えば、Web会議をする時に資料を見せながら分かりやすくプレゼンすることが可能です。 また、相手のパソコンを遠隔操作できる「リモート操作(リモートデスクトップ)」機能も使うことができるので、パソコンの操作方法に困った人を簡単に手助けすることができます。

次の