ピアス 危険。 ピアス穴から膿が出たら危険!膿が発生する原因と正しい対処法

【ピアス】危険な消毒液とオススメ消毒液【皮膚用・ピアス用】

ピアス 危険

ピアスの穴がなんとなく痒い・・・。 ピアスをしている人ならば、痒みを感じる場面は多いのではないでしょうか? 痒みだけでは、そのまま放置をしていることもあるかもしれません。。 しかし膿が出ている状態ではどうでしょうか?慌てて皮膚科を受診することでしょう。 症状が 悪化しているサインでもあるピアスの穴からの膿。 どう対処していけば良いでしょうか? ピアスによる膿が発生する6つの原因 ピアスの穴から膿が出て、それが治まる気配が見られない場合は、」金属に対して体が 拒絶反応を示している可能性があります。 そうで無い場合でも、何かしらの異常が発生することで、膿が出ているものだと考えられているのです。 膿が発生する原因としては、以下が挙げられます。 毎日のケアを疎かにした• 不潔な手でピアスを触る• 消毒しないでピアスを使った• ピアッシングのときに患部の消毒を怠った• ファンデーション等でピアスホールを隠そうとした• 他人が使っていたピアスを使用した この中で、「不潔な手でピアスを触る」という原因が、一番多いと言われているので要注意。 スポンサーリンク ピアスの使用を中止する 膿を発見したら即時にピアスの使用を 中止して、すぐに処置を施す必要があります。 間違ってもそのまま 放置することが無いように気をつけてください。 2日程度で膿が治まるのであれば、それほど深刻ではありませんが2日以上続く場合には、皮膚科を受診しましょう。 その際にかぶれが原因だと診断されたら、 ステロイド外用剤を処方されるのが一般です。 ステロイドは即効性があるのですが、それだけ副作用を引き起こす心配もあります。 膿の症状が長く続く場合には 抗生物質も投与されます。 膿が完全に治まるまでは、ピアスをはめることは禁じられる場合が多いです。 スポンサーリンク ピアスホールを閉じる決断も必要 ピアスで穴を開けることは、自らの体を傷つけていることに変わりありません。 人間の体は自然治癒能力があり傷を負ったら治療する力があります。 そのため、ピアスの穴を必死に塞ごうと体は 行動します。 それに伴い、赤く腫れてしまったり化学反応でただれてしまうなどの症状が発生するのだと考えられています。 これらは体質により症状に大きな違いが発生します。 さらに症状が進行する場合には、ピアスホールを 閉じることも決断しなければいけないことも考えられます。 開ける勇気があるならば、同時に状況によって 柔軟に考えるクセが必要です。 状況によって、ホールを閉じる決断が必要になりますので、ピアスホールに膿が生じた場合には最悪の事態も考えておきましょう。 かわいらしい揺れるピアスです。 スタバモチーフのゆらゆら揺れるピアスは人気アイテム必見です。 (価格:1,200円) LED電球のピアスです。 本当に光るのが面白い!暗いところで使うと人気者になれます。 (価格:1,296円) 巨大なクモのピアス。 友達などにドッキリとして使えるのが面白いです。 ハロウィンにもオススメ。 (価格:199円) フライドポテトのピアス。 マックのフライドポテトに入れても本物か分からないのが面白い。 (価格:840円) カップルがプロポーズしてるシーンにウケる。 ウケること間違いなし。 (価格:659円) 最新の記事.

次の

妊婦がピアスをすると危険?【妊娠中の注意点】

ピアス 危険

耳元にさりげなく揺れるピアスはとても可愛らしく魅力的です。 また、個性を表現しやすい耳元は、大きさや色、形などで自分を表現することも可能です。 しかし、ピアスをする為に避けられないのが耳に穴をあける作業です。 安全に病院で開けたという方もいらっしゃれば、市販のピアッサーで開けたという方、もしかしたら画鋲や針などで開けたという危険な方法で開けた方もいらっしゃるかもしれません。 今回は、ピアスデビューをしたい!そんな方の為に、ピアスを開ける際の注意点をいくつかご紹介したいと思います! ピアスを開けた後のケア方法 当たり前のことですが、ピアスホール(穴)は耳に傷をつける行為です。 その為、一番に心配されるのが化膿です。 安全にピアスホールがしっかり形成されるよう、消毒などのケア方法は最低でも1カ月は必要です。 病院で開けた方は、お医者さんに消毒液をもらうこともあります。 市販の一般消毒液を使うよりも、専用の消毒液を使うのがより安全です。 これは、薄い耳たぶの皮膚に、一般の消毒液だと肌荒れを起こす場合がある為です。 傷のあるデリケートな部分の消毒ですので、気をつけて行いましょう。 ピアスホールの消毒は、1日1回、お風呂などの耳周りが清潔な時に行うのがおすすめです。 方法は、消毒液を綿棒などにとり、ピアスホール周辺やピアスの軸を中心に優しく拭いていきます。 その時、血液が混じったり、黄色い液が混じったりすることがあります。 黄色い液は、細胞が修復しようとすること出てくる分泌液のようです。 色がおかしかったり、なかなか止まらなかったり、傷みが続くなどのトラブルがある時は、無理せず早いうちに病院へ行くようにしましょう。 ちなみに、病院やピアッサーなどでつけたファーストピアス(最初につけたピアス)は、最低でも1カ月は外してはいけません。 これは、ピアスホールを安定させる為です。 消毒をする際も、付けたまま行うようにしましょう。 但し、開けてからピアスの素材の影響でアレルギー反応を起こすという方も中にはいらっしゃるようです。 異様な腫れ方があったり、傷みや強いかゆみがあったりした場合は、すぐ病院に行ってピアスを外してもらいましょう。 垂れづらいテクスチャで、使いやすいのが特長です。 さし傷や切り傷などの傷を洗浄して消毒する効果があります。 綿棒やコットンなどにつけて優しくピアスホールやピアスの軸を消毒していきましょう。 [指定医薬部外品]3秒以上の噴霧や10cm以内での近距離での使用はやめましょう。 また、目などに入らないようにして使って下さい。 ピアスを自分で開けるのってどうなの? ドラッグストアや薬局などでもピアッサーは手軽に購入することが可能です。 ネットでも簡単に手に入れることができます。 しかし、ピアスを始めてするという方にとっては、自分で開けるのに少なからず抵抗や恐怖感もあるはずです。 そんな方は、馴れている方や無理せず病院で開けるようにしましょう。 ちなみに、市販のピアッサーは大体両耳で約1,000円~2,000円程度します。 そして、病院だと両耳で高くても1万円以内で開けることが可能です。 病院で開ける場合は、病院によって金額が異なる為、信頼できる場所を選ぶのがよいでしょう。 ちなみにおすすめは、万が一のことがあっても対応してもらえる皮膚科です。 アレルギーでの通院歴やカルテがあれば予見することもできるので、心配な方は皮膚科で相談して開けてもらいましょう。 お金や時間、手間の関係上自分で開けたい!という方の中には、もしかしたら画鋲や針などで開けたという方もいらっしゃるかもしれません。 この方法は危険なうえに、ホールが曲がって開いてしまったり、感染を引き起こしてしまったりする可能性もある為、絶対におすすめしません。 また、一度使ったピアッサーを使いまわすのもおすすめしません。 痛みが生じたり、ピアッサーが開ける途中で壊れてしまったりしてしまう可能性もある為です。 自分で開けたいという方は必ず、清潔な新品のピアッサーで、説明書をよく読んだ上で安全に開けるようにしましょう。 ちなみに、金属アレルギーなどをお持ちの方は、病院で開けるか、金属アレルギーフリーの樹脂タイプのものを選びましょう。 滅菌状態で包装されており、とても衛生的で安全な商品でもあります。 デリケートなファーストピアスにおすすめのベゼルタイプで、就寝時や着かえの時の引っかかりにも対処されています。 名前の通り、あっという間にピアスが完了してしまいます。 プッシュするだけで簡単に貫通するので、初心者の方にもおすすめです。 目立たない半透明タイプで、ちょっぴりダサいイメージのファーストピアスを隠すことができます。 また、ポスト12ミリ以上の市販のピアスなら、ぷりぴあに通して使うことができます。 まとめ これからピアスを開けるという方、いかがでしたでしょうか。 開ける際は一瞬なので、特に大変な事はないようですが、ピアスは開けてからピアスホールが完成するまで少し手間がかかります。 また、適切な処置ができておらず、化膿してしまったり、ピアスを諦めたりしたという方も中にはいらっしゃるようです。 ピアスを開けるという方は必ず、お医者さんで開けたり、清潔で安全なピアッサーを使ったりして開けるようにしましょう。 みなさんも素敵でオシャレなピアスができるよう、安全にピアスを開けてみてくださいね!.

次の

樹脂ピアス(透明ピアス)で多いトラブルと、回避方法

ピアス 危険

ピアスはファッションの1つとして身につけている方も多いでしょう。 しかし。 ピアスは耳に穴を直接開けるからこそ、細心の注意が必要となります。 正しく取り扱わなければ、ピアスや、その穴であるピアスホールが原因となって、体に色んな悪影響や危険性をもらしてしまいます。 そこで、今回はピアスや耳に開けた穴によるトラブルや危険性を紹介します。 ピアスを扱うことで以下のようなリスクがあるので、十分に理解して注意しましょう。 それではどうぞ。 ピアスや耳に開けた穴によるトラブルや危険性5選 1.金属アレルギー ピアスのトラブルとしてよくあるのが金属アレルギーです。 金属アレルギーはピアス以外のアクセサリーでも起きやすいトラブルです。 金属の物質がピアスホールの傷の部分から入ってしまったり、汗で溶けて皮膚に浸透してしまうことで、アレルギー反応を起こします。 皮膚が赤くなったり、かゆくなったりする症状が一般的ですが、ひどい場合には皮膚がただれるなんてこともあります。 少しでも異変を感じたならば、すぐに使用をやめるべきです。 2.穴が伸びる・切れる また、ピアスの重みが原因で、ピアスホールが縦に伸びてしまったり、ぱっくり裂けて切れるなんてこともあります。 ピアスホールが伸びてしまうと痛みを感じますし、切れるなんてことになれば痛いだけではなく、そこから細菌が入るなどの様々な危険があります。 なるべく、耳に負担のかからないピアスを使用するようにしましょう。 3.感染症・化膿 そして、ピアスの穴の傷口から細菌が入り込んで、感染症を引き起こし、化膿してしまうなんてこともあります。 穴を開けた時に消毒をしなかった• ピアスを入れる時に傷がついてしまった• ピアスで耳が避けて切れてしまった• 正しい開け方・取り扱いをしなかった これらのことが原因で、その傷口から細菌が入り込み、感染症を引き起こしてしまいます。 最悪の場合、耳が壊死するということもあるので、衛生面・清潔さには十分注意をしてください。

次の