胃 カメラ きつい。 【人間ドック】胃カメラとバリウムはどっちの方がつらいのか、両方やってみた結果:カフェオレ・ライター

楽な内視鏡(胃カメラ)検査

胃 カメラ きつい

検査のため、食事制限があります。 本日の21時までに食事をすませてくださいね。 それ以降はお水とお茶ならかまいません。 おそらく胃カメラですね! 私、震えちゃったよ! ところで胃カメラってなに? 胃カメラとは、 胃内視鏡検査のことです。 胃内視鏡検査は、スコープを口から挿入して、食道・胃・十二指腸を観察します。 スコープの先端には、カメラが内蔵されていて、画像をモニタで観察し、同時に映像で保存されます。 (写真の場合もあるらしい) 検査の時間は、20分前後。 組織検査になった場合は、時間が前後する場合があります。 胃カメラの流れ 事前準備• 21時までに食事を終える(食物繊維や肉など消化が悪いものは避ける) 当日準備• お腹周りが楽になる服装• 公共の交通機関を利用するか、送迎をしてもらう 胃カメラをうけるまで• 問診を受ける• 胃内視鏡検査の問診票と鎮静剤について・検査の同意書を読んでサイン• 胃の中を見やすくする薬を飲む• 鎮静剤を使用するかの確認とリスクについての説明• 点滴の針を刺される• のどに麻酔を噴射 ゆっくりのむ• 横になる• 点滴 薬を注入される(鎮静剤など) 検査中に、ポリープなどがあった場合は必要に応じて、その細胞の一部を採取(生検)して、組織検査をすることもあるそうです。 結果はその場でわかる 組織検査を行った場合は、結果がでるまでに時間がかかるとのこと。 流れについては、受診する病院に応じて違うかもしれないので、心配な場合は聞いてみるといいかもしれませんね。 あと、緑内障や糖尿病を患っている場合に使用できない薬などがあるそうなので、必ずしも上記の手順ではありません。 胃カメラを受ける際の注意事項 筋弛緩剤を使うので、当日の自動車・バイク・自転車の運転はできません。 公共機関を利用するか、送迎をしてもらう必要があります。 鎮静剤を使用する医師が限られる• すぐに帰宅できない• 車・バイク・自転車などの運転ができない• 副作用(意識が戻らない)場合がある 鎮静剤の使用時には全身のモニタリングが必要になります。 鎮静剤を使った内視鏡検査の経験が技術が必要になるため、医師ならだれでもできるということではありません。 (内視鏡における事故や体調不良は0ではありません。 ) 鎮静剤が切れるまでの1時間は院内で体を休めなければならず、すぐに帰宅することはできません。 また、 鎮静剤が切れたといっても、車などの運転などはおこなうことができません。 胃カメラ(内視鏡)で鎮静剤が使わない病院にも理由がある 私は鎮静剤を使って良かったなと思いましたが、鎮静剤を使用しない病院も当然あります。 鎮静剤を利用しない理由があります。 鎮静剤を使用するには、その知識や技術を持った医師と施設が必要になるからです。 鎮静剤は種類や量を誤ると、呼吸の抑制や意識が戻らないといった問題が生じる可能性があります。 また、医師だけではなくスタッフも鎮静剤に精通していなければならず、そうしたスタッフが揃っていないというケースもあるようです。 私の同僚は、副作用やリスクも考えて鎮静剤を利用せずにおこなっていました。 同僚は、鎮静剤を使用しなくても苦しくなかったと言っていました。 体質的なものや、胃カメラを飲む人の 心理的な部分も大きいのかなと思います。 鎮静剤を使用するかどうかは、医師に相談の上で総合的にみて自分が負担にならないかどうかで決めればよいのではないかなと思います。 胃の中がきれいに見える 胃内視鏡には、口からの場合と、鼻からの場合がありますが、カメラの映像は口からの場合の方が断然綺麗とのことです。 今回、胃カメラを飲んでみて、痛みを感じませんでした。 もちろん気持ち悪さというか、なぜか途中でうぉぇっていうのがありましたが…。 結果も、検査後に胃の中の映像を見せてもらいましたが、とても綺麗で問題はありませんでした。 (健康診断が誤診…?)ペプシノゲンもないし、ピロリ菌もいませんでした。

次の

【人間ドック】胃カメラとバリウムはどっちの方がつらいのか、両方やってみた結果:カフェオレ・ライター

胃 カメラ きつい

A ベストアンサー No. 2です。 内視鏡の洗浄装置には、1回の洗浄で滅菌レベルまで出来る装置が有ります。 感染症の検査を行うと、少なくても30分位は結果が出るのに必要と成ります。 患者さんの時間を短縮などを考慮されている病院では、滅菌レベルで洗浄出来れば、検査は必要が無くなります。 それと検査を行うと、検査料金が別途患者さんに負担と成ります。 このような理由より、感染症の検査を行わない病院も多々有ります。 現在は、患者が病院を選ぶ時代ですので、目に見えない患者サービスを心掛けている事もご理解下さい。 内視鏡の洗浄には、これ以外にも様々な問題も指摘されています。 例えば、殺菌・滅菌に使用する薬剤の影響も有ります。 洗浄する時、薬剤を使用致しますが、水洗いが弱いと内視鏡の中に薬剤が残る場合も有ります。 この薬剤により、別の問題も起こって来ます。 現在はかなりこの問題は解決されつつ有りますが、機械を使わない施設では起こりうる危険性は有ります。 内視鏡の問題点を上げるときりが有りません。 医師の上手・下手なども実際は有ります。 最近は、患者さんの苦痛を無くす為、口から入れるのでは無く、鼻から入れる鼻腔用の内視鏡も有ります。 これだと苦痛も無く、検査を受けながら話も出来ます。 専門医から見ると視野が狭いので敬遠される医師もお見えです。 検診などには最適と思います。 以上ご参考に成れば幸いです。 2です。 内視鏡の洗浄装置には、1回の洗浄で滅菌レベルまで出来る装置が有ります。 感染症の検査を行うと、少なくても30分位は結果が出るのに必要と成ります。 患者さんの時間を短縮などを考慮されている病院では、滅菌レベルで洗浄出来れば、検査は必要が無くなります。 それと検査を行うと、検査料金が別途患者さんに負担と成ります。 このような理由より、感染症の検査を行わない病院も多々有ります。 現在は、患者が病院を選ぶ時代ですので、目に見えない患者サービスを心掛けている事もご理解下さ... Q 以前、胃カメラによる検査をしました。 その病院は検診・人間ドッグを行っているので、同じ場所で検査をしました。 そこで思ったのですが、胃カメラの殺菌・洗浄とはきれいに行われているのでしょうか。 毎日多くの患者や検診を受ける方に使用され、もし、そこに何らかの菌やウイルスが残っていたらと考えると大変恐ろしくなりました。 健康診断でウイルスに感染となると病院によって病気になったとして大問題だと思います。 検診となると次から次に待っている人がいるので、病院側も急いで行おうとして、洗浄を疎かにしていないのでしょうか? 私が胃カメラの検査室へ入った時は、すでにセットされており、入れる前にささっと光のようなものが見え、布で拭いているだけでした。 特にピロリ菌、B型肝炎、C型肝炎、HIVに感染してしまったら…を考えると気が気ではありません。 医者に直接聞こうと思いましたが、勇気がでません。 どなたか胃カメラの殺菌・洗浄について知っている方はどうか回答を下さい。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー もちろん、細かい規定があり、胃カメラの洗浄と殺菌はやっていることになっています。 しかし、そのコストが高い場合と、現場の医師や洗浄を任せているスタッフのミスは十分ありえます。 胃カメラはヘッド部分を分解して薬品で洗浄殺菌だったと思います。 しかし、上記のピロリ菌、B型肝炎、C型肝炎、HIVウィルスへの感染は、低いです。 B型肝炎、C型肝炎、HIVウィルスは胃がよっぽどケガして出血したとかでないと感染が成立しないと思います。 ピロリについてはありえるかもしれませんが、細菌やウィルスにせよ一定量はいらないと、感染は成立しづらいので、それよりも混まない日程や、ホームドクターのように個人的に信頼できる医者を探してそこでやってもらうのも手でしょう。 でも、ミスはどこでも起きると思って、覚悟して受けるほうがベストです。 むしろ、胃カメラの前は胃が傷つかないようにアルコールやストレス、暴飲暴食をなくすリラックスした生活を心がけるほうがまだ効果あるでしょう。 A ベストアンサー 病院に行くのが先決かと思います。 私の場合は表面でも内臓でもない2センチ奥ぐらいがチクッチクッと不定期に痛い感じです。 たまにチクチクチク~っとも。 身をよじる程度で耐えられないほどではないです。 これは中学に入ったぐらいから数年に1度、1週間~2週間ぐらいおこります。 何度か病院でレントゲンをかけて診てもらったのですが異常なし。 「ストレスですね。 」と言われるのですが思い当たるストレスは無いし…。 最初は病院でも見つけられない病気が潜んでいるのでは?と心配していましたが20年経っても元気です。 最近では「またきたか。 」と思ってあきらめていますが 誰かこれはこうゆう病気ですよと言ってくれないかしらと常々思っています。 それで最近気が付いたことがあるのですが、パソコンや書き物などで前かがみの状態で異常に内臓を圧迫したときや、きついアンダーのブラを長時間つけていた時に起こりやすい気がします。 思い当たらない時もあるので結局は定かではありませんが、qoo1234さんは思い当たることはありませんか? まったく関係ないようでしたら、また他の方を参考にしてください。 病院に行くのが先決かと思います。 私の場合は表面でも内臓でもない2センチ奥ぐらいがチクッチクッと不定期に痛い感じです。 たまにチクチクチク~っとも。 身をよじる程度で耐えられないほどではないです。 これは中学に入ったぐらいから数年に1度、1週間~2週間ぐらいおこります。 何度か病院でレントゲンをかけて診てもらったのですが異常なし。 「ストレスですね。 」と言われるのですが思い当たるストレスは無いし…。 Q 先日も質問させていただきましたが・・。 新たに詳しく質問させていただきます! 「胃カメラ」の検査の為「血液検査」をして・・。 「胃」はともかくとして、結果により「梅毒」と言われました。 その時は・・RPRが(-) TP抗体が(+)ということからでした。 絶対とは限らないけれど・・その部分においてもう一度採血を・・ ・・という事で、さらに1週間経ち、外来で訪れました。 その時頂いた「検査詳細情報」という紙面での結果。 以上・・項目としては6項目の結果があります。 この場合の「上限値」「下限値」で考えると・・。 1.は上限値の「10TU」と同じです。 2.は上限値の 0.999999より高い」「1倍(バイ)」ですよね? 判らないのは各項目の「コメント」というところの意味です。 1&2の「コメント」の部分が・・「未満」と書かれてあるのは 1が・・上限値「10」に対し・・結果が「10未満」だった? 2が・・上限値0.999999に対し・・結果が「1未満」だった? その様な解釈で宜しいのでしょうか? でも・・4の「判定」の部分が・・「+-」ですもんね? 完全に「陰性」ではない?ということですよね? 医師は「擬陽性」「偽陽性」どちらの事か判りませんが、 言葉ではその様におっしゃりました。 さらに「梅毒」ということに関してのこの検査結果は 全く気にしなくて良い・・安心してよいともおっしゃいました。 他の検査も特にこの先必要ない・・とおっしゃいました。 でも「ネット」などで見るとギリギリ「梅毒」の値と重なってる、少し高い感じだし・・(数値的に) いったいどうなのでしょうか? お判りになる方・・是非アドバイス、お答えお待ちしています! どうぞ宜しくお願い致します! 先日も質問させていただきましたが・・。 新たに詳しく質問させていただきます! 「胃カメラ」の検査の為「血液検査」をして・・。 「胃」はともかくとして、結果により「梅毒」と言われました。 その時は・・RPRが(-) TP抗体が(+)ということからでした。 絶対とは限らないけれど・・その部分においてもう一度採血を・・ ・・という事で、さらに1週間経ち、外来で訪れました。 その時頂いた「検査詳細情報」という紙面での結果。 Q ここ3年程胃の調子が悪く、年1回胃カメラの検査を受けております。 一度目は鎮静剤がよく聞いて記憶が全くないのですが、二回目はものすごく調子が悪かったこともあり、全く効かないまま受けました。 (終わった後少し眠りましたが) 一回目と二回目は同じ病院で、先生には「鎮静剤は一回目と同じ量なので、緊張していたから効かなかったのだ」と言われました。 二回目が辛かったので、今度は「完全に鎮静剤が効く」と謳っている病院で受けたところ、すごくよく効いたのか、検査後少し眠った後帰り支度をするよう起こされたのですが、今までになくものすごく眠くてなかなか動けず、帰り道でも荷物を取ろうとしゃがんだだけでそのまま眠り落ちそうになったり、帰宅後も半日全く記憶がなく、夜もぐっすり眠る程でした。 もしかしたら、最初看護師さんが静脈注射をして、先生が検査をしに来た時に注射が外れていて液が漏れていたので、量を増やしたのかもしれません。 そこで、このように鎮静剤が効くのは楽でいいのですが、毎年受けて体への影響はないのでしょうか? ちなみに明細には「サイレース静注2mg1管、フルマゼニル注射液0. 5mg 1管」とありました。 他の患者さんも「今回は前回より眠い」とおっしゃっていたので、だんだん効かなくなって量が増えていくのではないか、強い鎮静剤は体に良くないのではないか、と気になるのですが、先生になんとなく聞きにくい雰囲気でこちらに投稿した次第です。 どうぞよろしくお願い致します。 (長文ですみません) ここ3年程胃の調子が悪く、年1回胃カメラの検査を受けております。 一度目は鎮静剤がよく聞いて記憶が全くないのですが、二回目はものすごく調子が悪かったこともあり、全く効かないまま受けました。 (終わった後少し眠りましたが) 一回目と二回目は同じ病院で、先生には「鎮静剤は一回目と同じ量なので、緊張していたから効かなかったのだ」と言われました。 二回目が辛かったので、今度は「完全に鎮静剤が効く」と謳っている病院で受けたところ、すごくよく効いたのか、検査後少し眠った後帰り支度をするよう... 検査後の回復時間などを考慮して少量にしたのが、1,2回目 検査後のことは後回しにして、とにかく患者の不快感を取り除くことを優先したのが3回目 と考えれば辻褄が合うんじゃないですか? ネット上の情報を見る限り『サイレース静注2mg』はかなり多いケースなんではないでしょうか? 併用しているフルマゼニルは、鎮静剤の効果を解除する薬剤ですからそういった薬剤を使用する必要があるほどの強い鎮静作用を及ぼしたと考えるべきです。 恐らく催眠鎮静剤の作用が抜けきらなかったのではないでしょうか? 抜けきらないうちに動き出すと事故や怪我の危険性があるんだが、その病院では検査後の注意事項説明などは無かったんでしょうか? 私の場合には、検査後の制約の多い鎮静剤や麻酔などは基本的に使用せず、呼吸法と『涙も涎も出るなら出ろ!』的な考え方で乗り切っていますけどね。 問題ないと分かっていても、記憶の無くなるよう鎮静剤はあんまり受けたくないし。

次の

苦しくない 初めての胃カメラ(内視鏡)体験記

胃 カメラ きつい

胃カメラか、バリウムか、それが問題だ 胃の検査として有名な胃カメラとバリウム。 果たしてどちらを受けるとよいのでしょうか? 「何となく、胃の調子がすぐれない」「食後に、みぞおちのあたりがしくしく痛む」いずれも、ちょっと気になる症状ですね。 数日は市販のお薬を服用してはみたけれど、なんとなくすっきりしない。 そんなときには、意を決してクリニックを受診される方も多いのではないでしょうか。 胃を詳しく調べてみるということでは、胃十二指腸内視鏡検査と上部消化管造影検査、すなわち胃カメラとバリウムの検査があることはよく知られています。 しかし、このどちらを受ければよいのか、それとも両方受けなければならないのか、ということについては、少しわかりにくいのではないかと思います。 今回は、これら二つの検査の特徴もふまえて、ご説明したいと思います。 カメラの先端を、粘膜ぎりぎりまで近づけて観察できますので、詳しい情報を得ることができます。 特に、胃潰瘍や、胃炎といった良性疾患だけでなく、早期の胃がんなどについても発見することが可能です。 また、「生検」といって「がん」が疑われる部位の細胞を一部採取して、確定診断を得られることも大きな特徴です。 テレビでもおなじみのピロリ菌の検査も行えます。 近年では、早期の胃がんは、胃カメラで器具を使って、おなかにキズをつけずに切除することも可能になってきました。 その一方で、カメラが挿入されるときの違和感を敬遠される方も多いです。 検査前に、少し気持ちが楽になるようなお薬を使い、のどに十分な麻酔をすることで大部分は、それほど大きな負担をかけずに検査が可能ですが、人によっては、のどの反射が強くて、カメラを挿入するときに非常に苦しい思いをされる場合があるのは、胃カメラの欠点ともいえます。 では、「バリウム」の検査についてご説明します。

次の