サンフランシスコ 日本 時差。 日本とアメリカの時差は「14時間~17時間」!アメリカへの飛行時間は?

ベスト10 サンフランシスコの和食 [トリップアドバイザー]

サンフランシスコ 日本 時差

カリフォルニア州に位置するサンフランシスコは、1年を通して穏やかな気候の観光都市です。 街なかには路面電車やケーブルカーが走っていて、何とも風情が感じられます。 街の三方向が海に囲まれているため、美味しいシーフード料理が食べられるのもサンフランシスコの魅力のひとつ。 かつては漁師が集まるシーフードマーケットとして栄えていたという フィッシャーマンズワーフでは、名物のカニ料理が食べられるほか、アシカが寝そべっている可愛らしい光景がみられるスポットも! テレビや雑誌で一度は見たことがあるであろう ゴールデン・ゲート・ブリッジは、実際に目の前で見るとその大きさに圧倒されるかもしれません。 「世界の映画館トップ20」に選ばれた カストロシアターやアメリカの人気番組「フルハウス」にも登場した アラモスクエアは写真映えも抜群なので、ぜひカメラ片手に出かけましょう。 サンフランシスコへのアクセス 日本からサンフランシスコまでの直行便が、 成田空港、羽田空港、関西国際空港から運航されています。 飛行時間は出発する空港によって多少差異はありますが、大体9時間半が目安です。 メインとなるのは日本航空(JAL)、全日空航空(ANA)などの大手航空会社のほか、ANAのコードシェア便であるユナイテッド航空。 またサンフランシスコまでの乗り継ぎ便も各航空会社が運航しています。 乗継便を利用する場合、直行便よりも時間がかかってしまいますが、その分安い値段で利用できるので、予算をなるべく抑えたい方向けです。 ・上記は一例となります。 日本との時差は? 日本とサンフランシスコとの時差は17時間で、日本の方が時刻は進んでいます。 また、サンフランシスコでは毎年3月の第2日曜から11月の第1日曜までサマータイムが実施されるため、このシーズンだけは時差が16時間になります。 サンフランシスコへ行くならビザを忘れずに! ビザを忘れずに サンフランシスコに渡航する前に、 ESTAの申請を忘れずに行っておきましょう。 ESTAとは電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization)のことで、2009年にアメリカのアメリカ国土安全保障省(DHS)により義務付けられた入国制度のことです。 現在は日本人がアメリカに90日以内の短期滞在を目的として入国する場合、ESTAを申請し入国審査を受けることが必要になります。 ESTAの申請方法&有効期限について ESTAはインターネット上の公式サイトから個人で申請することが可能です。 入力は英語ですが、日本語での説明書きもあるので英語が苦手の方でも簡単に手続きできますよ。 支払いはクレジットカードで支払ってください。 認証許可が出るまでは約3日かかるので、 渡航3日前までには申請を済ませておきましょう。 有効期限は2年間です。 期限が切れた時やパスポートが失効した場合は再度申請する必要があります。 【出発地別】サンフランシスコへ行くツアーはこちら サンフランシスコの気温・気候 地中海性気候に属するサンフランシスコには、日本のようなはっきりとした四季はありません。 どの季節に訪れても快適で過ごしやすいのが特徴です。 春(3~5月):日中は日本の春と同じくらいの気温なので、とても過ごしやすいです。 ただ、朝晩は冷え込むことが多く、日中との寒暖差も激しいので、朝早くや夜遅く出掛ける時は上着を持っていくことをおすすめします。 雨はほとんど降りませんが、朝晩は気温が下がり霧も発生しやすくなります。 冬(12~2月):11~3月頃までは雨季となります。 日本の冬よりは寒くなく、観光やアクティビティも問題なくできるほどです。 ただ、 1月になると降水量がピークを迎えるので、観光の際はレインコートや傘があると安心です。 サンフランシスコ観光《お財布に優しい》ベストシーズンは? サンフランシスコ観光ベストシーズン サンフランシスコは1年中温暖な気候が続くため、基本的にはいつ訪れても快適に過ごせます。 そのなかでも観光のベストシーズンは、気温も高くて雨も少ない4~9月の間だと言えるでしょう。 ただ、観光に適しているだけあって、この時期は宿泊費・渡航費ともにお値段が高い傾向にあります。 「なるべくお金をかけずにサンフランシスコに行きたい」という方におすすめなのは… ベストシーズンは6~9月:安く行きたいなら10~12月がおすすめ! 5~9月は降水量が少ない時期なのでサンフランシスコ観光にはぴったり!しかし、6~8月はアメリカのホリデーシーズン、さらに10月はハロウィーン、11月はブラックフライデー、そして12月のクリスマスといった各シーズンは混み合うため、宿泊費が高くなりやすい傾向にあります。 お財布に優しいサンフランシスコ旅行を希望される方は時期をずらしてご計画ください。 しかし、スポーツ大会や国際見本市などのイベントがサンフランシスコで行われるとホテル代が高くなることがあります。 サンフランシスコでの移動手段 サンフランシスコでの移動手段 サンフランシスコはアメリカ国内では珍しく公共交通機関が発達しているため、 レンタカーが無くでも市内観光だけならスムーズに目的地まで移動することができます。 また、公共交通機関を使って市内をいろいろと回る予定なら、 クリッパーカード(Clipper Card)があると便利です。 クリッパーカードは日本のスイカ、パスモのようなプリペイド式のカードで、事前にチャージしておけば毎回チケットを購入する手間が省けます。 クリッパーカードは地下鉄の駅やオンライン、薬局チェーンのウォルグリーンズ(Walgreens)で購入&チャージが可能です。 このカードは市内で運行されている、ほぼすべての交通機関で利用できるので、とても便利ですよ。 ミュニ(Muni) ミュニ(Muni) ミュニ(Muni)はサンフランシスコ市が運営するバスと地下鉄のことで、市内広域に路線が張り巡らされているため、観光に便利です。 75で乗車できます。 バスは番号、電車はアルファベットで振り分けられているので、路線図を確認する時は間違えないようにしましょう。 ミュニバス(Muni Bus) ミュニバス(Muni Bus)は市内全域を巡回している市営バスです。 番号の後にRやX、RXなどのローマ字が書かれている場合は急行バスになるので、目的地に停留するかどうか事前にチェックしておく必要があります。 ミュニメトロ(Muni Metro) ミュニメトロ(Muni Metro)は路面から地下まで、計7つの路線が走っている電車です。 観光地周辺ではレトロな見た目が可愛いヒストリカル・ストリート・タイプの車両も運行しています。 ケーブルカー カルトレイン(Caltrain) カルトレイン(Caltrain)はサンフランシスコからギルロイまで走る鉄道です。 基本的には通勤列車として地元の方に使用されているので、市内観光で用いる機会は滅多にないと思います。 ただ、サンフランシスコ近郊にあるグーグル(Google)やアップル(Apple)などのIT企業やスタンフォード大学を見学する場合は、この列車に乗れば近くまで行くことができます。 高速鉄道バート(Bart:Bay Area Rapid Transit) バート(Bart)はサンフランシスコやバークレー、オークランドなどのベイエリアの主要都市を結ぶ高速列車です。 サンフランシスコ国際空港も直結しているので、空港から市内へ行き来する時に便利です。 タクシーやウーバー(Uber)、リフト(Lyft) サンフランシスコの夜 サンフランシスコはアメリカ国内でも治安が良いエリアではありますが、日本ほど安全ではないので旅行中は日中でも出歩く際は注意が必要です。 第一に人通りの少ない道は歩かない、夜は出歩かないことは念頭に置いておきましょう。 また、街にはホームレスが多いので、夜は特に近付かないないようにすることが重要です。 なかでもサンフランシスコでも一番危険とされているテンダーロインエリア(Tenderloin)は犯罪者が多く、薬物の取引なども行われているため日中でも近づかないようにしましょう。 当社のサンフランシスコ旅行はアレンジ自由自在! いかがでしたか?サンフランシスコには、ゴールデン・ゲート・ブリッジやフィッシャーマンズワーフ、カラモスクエアなど見どころ盛りだくさんな観光名所がたくさんあります。 坂道を走っていく路面電車に乗って街並みを堪能したり、 シーフード料理に舌鼓を打ったり…想像しただけで楽しい旅になりそうですね。 トラベル・スタンダード・ジャパンは、北米エリア専門の担当スタッフがお客様のご希望やご予算に合わせて理想の旅行をご提案します。 あなただけのオンリーワンのプランでひと味違うサンフランシスコ旅行をしませんか? 【出発地別】サンフランシスコへ行くツアーはこちら.

次の

超簡単!!日本とロサンゼルスLAの時差と早見表。時差計算方法もあり!

サンフランシスコ 日本 時差

日本とサンフランシスコの時差 【通常の時差】17時間 【サマータイムの時差】16時間 日本のほうが17時間及び16時間進んでいます。 日本とサンフランシスコそれぞれを拠点として時差を考えるとき、計算方法は2通りです。 アメリカ(一部を除く)では 3月の第2日曜日午前2時から 11月第1日曜日午前2時まで適用されます。 「Daylight Saving Time(デイライト・セイビング・タイム 」が正しい名称となります。 日本から電話・Skypeするならいつがベスト? 日本が朝目覚めてからの午前中、サンフランシスコは午後にあたりランチタイムとディナータイムの間の時間帯です。 まもなくサンフランシスコは夕方にかかりディナータイムに入ってしまうため、サンフランシスコ郊外在住のわたしが日本の家族やお仕事関係の方とSkypeするときは、以下のような時間帯でお願いしていました。 お仕事関係のミーティングなどは日本の午前中にアポイントを入れるように心がけています。 両エリア間で仕事をするときの考え方 サンフランシスコが寝静まっているときに日本は稼働時間、またはその逆もあるので、両エリア間で仕事をする場合、時差を有効活用することで業務がスムーズになります。 日本での作業をベースに考えた場合 1)サンフランシスコの始業時間前(午前6:00)に間に合わせたい! 日本の稼働時間はサンフランシスコの夕方〜夜中にあたります。 つまり、日付が変わる前までに何かしらのアクションを起こしておくと、サンフランシスコでは朝から確認することができます。 特にサンフランシスコやシリコンバレーは早め出社、早め退社を習慣づけているビジネスマンも多くいるため、日本の午前中なるべく早いタイミングでアクションを起こしておく必要があります。 そのため、サンフランシスコ側で午前中に作業を済ませておくと日本側の作業がスムーズにスタートできます。 サンフランシスコの基本情報に関してはこちらの記事もどうぞ。

次の

アメリカ合衆国(サウスサンフランシスコ)と日本(東京)の時差について

サンフランシスコ 日本 時差

まずはサンフランシスコの基本情報から! サンフランシスコはアメリカ合衆国、カリフォルニア州に位置しています。 太平洋に面し、西岸海洋性気候に属しているため、 1年中温暖な気候に恵まれているんです。 雨も少なく、非常に過ごしやすい街として知られています。 サンフランシスコは 「霧の街」と称されることがありますが、海流の影響により特に7月から8月にかけて朝夕は深い霧が発生することがあります。 日本からの距離・時差 サンフランシスコへは、日本からは成田、羽田、関空から毎日直行便が運航しています。 フライト時間は成田から約9時間半。 サンフランシスコ国際空港はアメリカ国内へもアクセスしやすい、西海岸の玄関口となっています。 地元のグルメやショッピングが楽しめることでも人気の空港です。 日本との 時差は17時間で、サンフランシスコの方が遅れています。 サマータイム期間中の時差は16時間です。 サンフランシスコの魅力って? さまざまな魅力に溢れるサンフランシスコ。 次に私がオススメするポイントを、5つお伝えいたします! 1 サンフランシスコの公共交通機関はとっても便利! 車社会と言われるアメリカでは珍しく、 公共交通機関が発達しているサンフランシスコ。 街自体も比較的小さな地域にまとまっており、車がなくても不便を感じることはありません。 主な公共交通機関は以下のものがあります。 【ケーブルカー】 世界的にも珍しいケーブルカーシステムによる路面電車。 アメリカの国定歴史建造物にも指定されています。 斜面の多いサンフランシスコに開通した1873年当時の姿のまま今も運航しており、移動手段でありながら街のシンボルとして世界中の人に愛されています。 【ミュニバス】 サンフランシスコ市内を網羅する路線バス。 大人は1回2ドルで、90分間乗り放題です。 チケットはメトロと共通なので90分以内ならミュニメトロにも乗車可能です。 【ミュニメトロ】 都市部では地下を走り、郊外へ出ると地上に戻る路面電車です。 チケットはミュニバス同様90分乗り放題です。 【バート】 サンフランシスコ国際空港から市内へ向かう際にも利用できる地下鉄。 サンフランシスコ市内と郊外、そして対岸のオークランド、バークレーを結んでおり、市民の通勤や移動の足となっています。 地下と地上の両方を走ります。 2 街歩きがとっても楽しいサンフランシスコ サンフランシスコの面積は山手線の内側ほど。 コンパクトにまとまった街は、徒歩でも十分に観光を楽しめるんです! 世界中から移民が集まるサンフランシスコは、地区ごとに個性あふれる文化を誇ります。 地区ごとの移動もしやすく、歩きながら雰囲気を肌で感じることができますよ。 治安の観点からも、サンフランシスコはアメリカ国内では比較的安全な街として知られています。 ただ、街を歩く際は海外での基本的な防犯対策や意識は必要です。 どんな都市にも治安の悪い地区は存在します。 在サンフランシスコ日本国総領事館HPには、安全情報や地区ごとの治安情報なども随時掲載されていますので確認するようにしましょう! 3 サンフランシスコでは料理が美味い! 古くから貿易が盛んで、多くの移民を受け入れた歴史を持つサンフランシスコには、 世界中の食文化が集結しています。 人気シェフの高級レストランから、地元の人に愛されるカジュアルなカフェなど、「食」を楽しむためにサンフランシスコを訪れる人も多いほど。 新鮮なシーフードはもちろん、中国やフランス、メキシコやインド、そして日本など各国の料理やそれを組み合わせた創造力豊かなフュージョン料理を楽しむことができます。 旅行や留学の最中にぶつかることの多い「食の壁」には、サンフランシスコでは悩まなくて済みそうですね! 4 アートを存分に楽しめる! さまざまな文化が集まるサンフランシスコは、気軽に現代アートが楽しめる 「サンフランシスコ近代美術館」をはじめ、さまざまな美術館や博物館があるのも魅力的。 また「カリフォルニア科学アカデミー」内には、プラネタリウムや水族館、熱帯雨林ドームなどがあり貴重な自然に触れることができます。 さらに 地元の交響楽団やオペラ、バレエのような歴史あるものから、「ウォルト・ディズニーファミリーミュージアム」といった親しみのもてるものまで、サンフランシスコではあらゆる芸術を楽しむことができるんです! 5 国内旅行の拠点にとっても便利 サンフランシスコは、実はアメリカ国内旅行の拠点としても便利。 グルメとワインの生産で知られる 「ナパバレー」は、サンフランシスコから日帰りで行ける観光地。 ナパバレー 数々のブドウが栽培される畑の景色を楽しめる観光列車も走っており、熱気球やスパなど、ワインが飲めない人でも十分楽しめますよ。 また、カリフォルニア州のシエラネバダ山脈西側に広がる 「ヨセミテ国立公園」は、サンフランシスコから行ける世界遺産。 ヨセミテ国立公園 アメリカらしい雄大な景観は自然が作り出した圧巻の美しさです。 観光バスツアーなども多いので滞在中に一度は訪れてほしい場所ですね。 サンフランシスコのおすすめ観光スポットはここ! ゴールデン・ゲート・ブリッジ(Golden Gate Bridge) ゴールデン・ゲート・ブリッジ ゴールデン・ゲート・ブリッジは、1937年に完成したサンフランシスコのシンボルです。 風が強く潮の流れも速いため、当時は建設不可能な橋だと言われていました。 7kmにわたってサンフランシスコとゴールデンゲート海峡対岸のマリン岬を結んでいます。 世界的に有名なこのランドマークは徒歩や自転車での通行も可能です。 サンフランシスコは霧に覆われることが多く晴天に恵まれるのは1年の半分ほどですが、 夕日を浴びて金色に輝くゴールデン・ゲート・ブリッジの姿は息をのむ美しさ。 夜になると対岸の街の灯りと走行する車のライトが相まって、幻想的な様相を見せます。 ゴールデン・ゲート・ブリッジの下をくぐる、 クルージングツアーも就航しているのでおすすめ。 古くは監獄の島として知られ、現在は観光地として人気の 「アルカトラズ島」などの名所を海から眺めることができます。 歴史あるサンフランシスコの街を外から見ることができる人気のツアーですよ。 フィッシャーマンズ・ワーフ(Fisherman's Wharf) フィッシャーマンズ・ワーフ フィッシャーマンズ・ワーフはサンフランシスコを訪れる際に忘れてならない観光名所。 新鮮なシーフードが楽しめるレストランや屋台からは、大きなカニを茹でる釜の湯気から立ち上ります。 同じ地区には遊園地や水族館もあり、大人も子供も1日中楽しめるスポットなんです。 隣接する「ピア39」は海に突き出した桟橋に建てられた、この地区で1番人気のショッピングモール。 昔ながらの木造建築には、多くのレストランやショップが並び、休日には敷地内ステージでイベントも多く開催されます。 「アクアリウム・オブ・ザ・ベイ」では、サンフランシスコ湾に生息する水中生物に出会えます。 新しく、どこか懐かしい雰囲気と港情緒あふれるフィッシャーマンズ・ワーフは、サンフランシスコに滞在中何度も訪れたくなる魅力あふれる港町です! コイトタワー コイトタワー 1933年、テレグラフヒルの頂上に現れた円柱型のコイトタワー。 「愛するサンフランシスコをもっと美しくしたい」と、遺産を寄贈したリリー・ヒッチコック・コイトの名が残されています。 見逃せないのは1階部分にある壁画です。 タワー建設当時は世界的な大恐慌時代。 地元アーティスト救済の目的から政府主導で製作された壁画には、30人ものアーティストがそれぞれ当時の様子を見事に描いています。 街の様子や人々の表情、新聞の見出しや事件がモチーフとなっており、今では貴重な歴史的作品となっています。 コイトタワー1番の見どころは、市内を360度見渡すことのできる最上階の展望台。 昔ながらのエレベータで上がる展望台ではサンフランシスコの街や海を一望できますよ。 サンフランシスコの基本情報からオススメの観光地までまとめてみました。 また サンフランシスコは留学にもオススメの地域です。 サンフランシスコには様々な国から異なる歴史や習慣を持つ人々が集まり、互いに理解し尊重し合って生活しています。 語学学校も数多くあり英語の学習にも最適です。 海に囲まれ、解放感と活気あふれる街サンフランシスコは、世界中の文化に触れあい、一生の宝ともなる国際感覚を身に付けることができる、留学先としてもオススメの街とも言えるでしょう。 ぜひサンフランシスコを旅行や留学先に考えてみてはいかがでしょうか。

次の