ミニマリスト 女性 ブログ。 生活や考え方が参考になる!ミニマリストの人気ブログ5選♪

ミニマリスト(30代女性) 人気ブログランキング

ミニマリスト 女性 ブログ

この靴はヒモがなくて結ぶ手間が無いのが実に楽ちんだった。 困るのはバイトの面接くらいか。 しかし引っ越すときに、その2足はうっかり置いてきてしまった。 今はまたスニーカー一足だけだ。 革靴などは必要そうになったらまた買おう。 玄関は色々置きたくなる場所だが、なるべくクローゼットなどにしまう方がスッキリする。 部屋の奥まで見通せて気持ちが良い。 箱のようなリビング 次は、1日の半分以上を過ごすリビングの様子を見ていく。 端っこの壁ぎわが一番落ち着く。 基本はローテーブル1つにクッションのみで、イスは無しだ。 ちなみにテーブルの隣のスヌーピーは、以前知人からもらった大事なものだ。 ぬいぐるみには興味が無かったものの、これだけは大事な相棒として今も一つ屋根の下にいる。 布団の隣に机を移動したことで、ズボラがエスカレートした。 お出かけ前のチェックなどで意外と重宝する。 これ以外のインテリアは一切増えなかった。 リビングの収納の中身は? リビングの脇には、なかなかの収納があった。 整理は一切せずただボンと置いてあるだけである。 ものは使いようだ。 空いた下の段には掃除グッズを適当に入れていた。 大体は新居へ引っ越すときに断捨離したが、全く困っていない。 梱包材やDIY系の道具は出番がめったに無いのが悩みどころだ。 荷物の直置きは不格好だが、管理は一番楽だ。 使うときすぐ取り出せさえすれば良いので、見た目は気にしない。 こういう収納は空いたままにしておくのが楽かと思う。 カーテンという代物はもうずっと我が家には無い。 向かいからも遠かったし覗きはほぼ不可能だ(と思う)。 しかし女性の一人暮らしは何かと物騒だ。 周りがほかの家だらけなら、やはりカーテンはあった方が安全だ。 パソコンで作業していると視界の片隅に嫌でも入ってきたものだ。 この冷蔵庫横の空いたスペースに、テーブルを移して模様替えをした。 テーブルと台所との距離も縮まると、本当に動かなくなる。 経ってすぐ横がキッチンというのも、ズボラとの相性が良すぎて危険だと実感した。 荷物が少ないので、ゴチャゴチャ感は少ない。 出しっぱなしなら、「出す」手間もない。 毎日使うものは出しっぱなしの方が楽だ。 壁ぎわなど、狭い場所に布団を敷いて寝ると落ち着く。 ただの万年床よりも、何となく整っている気がしないでもない。 寝室は寝る以外に使わない方が、休みやすいように思う。 これを見ていると、「まだ減らせるな」という気が起こるのだ。 これはオタクの宿命とも言えるんじゃないだろうか。 ミニマリストでもオタク気質は変わらないから、今後もグッズは増えるだろう。 そのつど、気が済んだグッズなどを断捨離するのは欠かせない。 上着好きとしては、季節ごとに1~2着は持っておきたい。 おかげ(?)で、カビなども生えずに済んだ。 慣れてしまえば楽なものだ。 フェイスタオル1枚あればお風呂上がりも何とかなるものだ。 シャンプー・リンスや石けんは、もうずっと使ってない。 身体と髪はお湯だけで洗っているが、身体が痒くなったり髪の毛がベタベタになったことも無い。 30を過ぎると皮脂が少なくなってくるので、シャンプー無しでも割りとなんとかなる。 紙ナプキンを置かないと、トイレにスペースは必要なかった。 おかげで引っ越し先にも持っていく事態となった。 まとめ買いはお得だが、使い切ることもしっかり考えないとダメだ。 特に一人暮らしは、たくさん買っても後が困るだけだと思う。 荷物がない部屋に住んでいて一番良かったと思うのは、掃除の手間が激減したことだ。 どんなにズボラでも、ものがなければ散らかりようもなかった。 ものを減らす道のりは大変だが、後はずっと楽さが続く。 下手に収納グッズを買って整理整頓するよりも、一度断捨離した方が部屋がきれいになるんじゃないだろうか。 今はより狭いワンルームに引っ越したが、荷物が少ないおかげで散らかることもなかった。 どこまで暮らしを小さくできるか、チャレンジするのも面白そうだ。

次の

生活や考え方が参考になる!ミニマリストの人気ブログ5選♪

ミニマリスト 女性 ブログ

価格を比較せずにはいられなくなる 『 少しでも安いものを』と考えるようになり、商品選びに時間をかけすぎてしまいます。 例えばヨーグルトを一つ買うのにしても、数十円を節約しようと様々な店舗を回ったり、高ければ買わないこともよくあります。 たとえその時に食べたいという感情があったとしてもです。 節約にこだわりすぎて、買い物が不自由になるというデメリットが生まれました。 100円でも買おうか悩む 100円のモノでも10分くらいは買おうか悩むようになりました。 モノの必要性を吟味したあとで、それは本当に価格に見合った買い物なのかを毎回考えています。 たかが100円なんですが、まるで1,000円相当の買い物をするかのように悩みまくります。 100円ショップでもこのように考えているので、自分でもバカバカしくなることがあります。 カフェに行けなくなる カフェではコーヒーを注文すると300円前後かかると思います。 「休憩 作業 スペースとコーヒーを確保するために300円は払えないな…」と思うようになり、カフェを敬遠するようになりました。 これがエスカレートすると、某ファストフード店しか利用できなくなります 僕の場合は。 数百円を節約するためにわざわざ遠出したり、興味があるお店でも値段で判断してしまったり、いいことばかりではありません。 お金にこだわりすぎると思うように行動できなくなるので、息苦しさを感じることがよくあります。 自分が納得いく商品でないと絶対に買わないという気持ちが強くなると、商品選びに異常な時間をかけてしまい、時間が奪われてしまいます。 ボールペンを買うのに数時間悩んだり、服を買うのに数週間悩んだこともありました。 ボロボロになるまでは買い替えない 僕は買いたい商品があってもすぐには買いません。 なぜなら、使えるものは限界が来るまで使いたいと思うからです。 その理由は以下の通りです。 お金とモノへのこだわりが強いと普通に買い物できなくなります。 生活が不自由になる 生活をシンプルにするためにミニマリストになる人が多いように思います。 それ自体は全然悪いことではなく、むしろ素晴らしいと思います。 必要なものまで手放し、結果的に不自由になる。 僕がそうでした。 ミニマリストは必ずしも持ち物が少なければいいのではなく、自分が大切にしているものは持ち、不必要と思うものは手放す。 これが基本だと思います。 何もかも手放してしまうと、大切なものさえ手放してしまうようになります。 趣味が無くなった ぼくは映画鑑賞が好きで、Blu-rayを買うことが趣味でした。 しかしBlu-rayを買ったら物欲が満たされ、あまり再生せずに放置していました。 つまり、買うことで満足していたということです。 次第にコレクションすることが目的になり、途中でBlu-rayを買う意味がわからなくなって手放しました。 しかし、その後なぜか映画自体への興味が薄くなり『映画を観る』という趣味そのものを手放していたことに気づきました。 コレクション系の趣味は手放した方がいい? 僕はミニマリストになるためにコレクションを手放しました。 この経験から言えることは、 コレクション系の趣味は手放した方がいいこともあるということです。 なぜなら、 ただの浪費になっている可能性があるからです。 手に入れたら物欲が満たされ、その後ずっと放置しているならお金の無駄遣いしているのと変わりません。 たとえばフィギュア集めが趣味の場合、家で鑑賞したり遊んだりするならいいですが、ホコリをかぶるくらい放置しているなら意味ないと思います。 基本的に趣味を手放すのはおすすめしませんが、物欲を満たすための買い物になっている場合はよく考え直した方がいいと思います。 炒め物を作れなくなる• 麺類をゆでられなくなる• お湯を沸かせなくなる など、デメリットを思いつくままに挙げていき、それでも手放して大丈夫と思ったら手放しましょう。 フライパンではなく、他のもので代用できないか考えるのも有効的です。 モノを手放すときは「これを手放したら生活にどのような変化が起こるのか」をイメージすることで、失敗を未然に防ぎやすくなります。 なにも考えずに手放したら後々苦労したり後悔することもありますからね。 持ち物とお金の関係を考える 僕はミニマリストになったことでお金の使い方がシビアになりすぎました。 そうならないためには、 持ち物を減らしたらお金はどう使うようになるかをイメージしることが大切です。 必要最小限のモノで暮らすということは、必要以上にモノを増やさない生活をするということです。 ここで予想できるのは、お金を使う機会が少なくなることです。 ミニマリストになる過程で「もっとモノを減らしたい」と思うことがあるかもしれません。 お金の管理も同じで、支出が減ったら「もっと支出を減らしたい」と思うかもしれません。 もちろん節約志向は大事ですが、 度が過ぎると思うように行動できなくなり、次第に財布に支配されるようになります。 僕は支出を減らしたいと思いすぎましたが、 お金のことを考えすぎないようにしたいなら「ここでは使う・ここでは使わない」というメリハリをつけるといいと思います。 ミニマリストの生活から学べるものは多い 本記事では失敗をテーマに書いてきましたが、 ミニマリストの生活から学べるものはとても多いです。 必要最小限のモノで暮らすのは必ずしもいいことだけではないですが、これだけのモノがあれば生きていけるという自信がつきますし、お金の使い方や節約の方法を勉強できます。 特にお金の使い方に関しては一生ものの考え方が身につくと思っています。 もし失敗しても、後悔するのではなく教訓にすることが大切です。 本記事の内容を鵜呑みにするのではなく、自分だったらどうするか・どうなるかを考えてみてくださいね。

次の

生活や考え方が参考になる!ミニマリストの人気ブログ5選♪

ミニマリスト 女性 ブログ

記事の目次• 少ない物ですっきり暮らす 書いている人 ミニマリスト歴 ミニマリストになった理由 40代女性 4~5年 子供が発達障害の特性ゆえに片付けが苦手なため 家族構成 家族の協力の有無 得意分野 本人、夫、娘 有 片付け 片付けが苦手な我が子が発達障害だと診断され、なおかつ、片付けが苦手だということ自体が発達障害の特性だということがわかり、それをきっかけにミニマリストになったという女性のブログです。 娘さんは片付けが苦手ですが、ご本人は片付けが得意! 片付けのコツやヒントがたくさん詰まったブログです。 また、少ない服でおしゃれを楽しむコツや着まわし術も、とても参考になります。 HOME by REFRESHERS 書いている人 ミニマリスト歴 ミニマリストになった理由 30代女性 — ライフオーガナイズという本との出会いにより自分を変えることができたから 家族構成 家族の協力の有無 得意分野 本人、夫、子供2人 無 手作り 夫と小学生2人の4人家族だけれど、自分だけがミニマリストという、30代女性のブログです。 もともとは片付けられないタイプの人でしたが、ライフオーガナイズという本に出会ったことでミニマリストへの道を歩み始めました。 ミニマリストとしての価値観や考え方も多く掲載されています。 家族はミニマリストではないけれど、上手に折り合いをつけて自分らしい暮らしを実現しているところがステキです。 ミニマリストな転勤妻 書いている人 ミニマリスト歴 ミニマリストになった理由 30代女性 2~3年 転勤による関西から東京への引っ越しがきっかけ 家族構成 家族の協力の有無 得意分野 本人、夫、3歳と1歳の息子 有 スピード感を持って取り組むこと・家事の合理化 転勤族ゆえに、モノを減らしてシンプルな暮らしをしたいミニマリストのブログです。 断捨離の方法や、実際にご自身で行った断捨離の記録を公開しています。 また、ミニマリストとして実際に行っているファッションの楽しみ方、着まわし方も紹介しています。 さらに、ミニマリストになったことで貯め体質になれたことや、ミニマリストらしい節約のことなど、家計管理についての記事もあり、家計管理が苦手なかたにもおすすめのブログです。 持たない暮らし、使い切る暮らし。 それ、いらない。 書いている人 ミニマリスト歴 ミニマリストになった理由 30代女性 — 収納を勉強しても不要なものを取り除かなければ永遠に片付かないことに気づいたから 家族構成 家族の協力の有無 得意分野 本人、夫、小学生と幼稚園児 有 小さく暮らすこと 夫と息子二人(小学生と幼稚園児)の4人家族で2LDK 50㎡ 賃貸に住んでいるという、30代主婦が、ミニマムでシンプルな暮らしの工夫を綴るブログです。 もともとは物が溢れかえった部屋に住んでいたというのですから、これからミニマリストを目指す人の励みにもなります。 物を持たないための工夫がずらりと紹介されていて、いかにして小さく暮らすかというヒントが満載です。 他にも、家事をシンプルにするコツや、お金をかけない生活についてなど、学べることの多いブログだと言えます。 シンプルな暮らしのかたち 書いている人 ミニマリスト歴 ミニマリストになった理由 育休中の女性 約2年 — 家族構成 家族の協力の有無 得意分野 本人、夫、娘&息子 有 家計管理 夫と娘&息子と4人で暮らしている現在育児休暇中の女性が、暮らしをシンプルにすることで、家事や家計管理の手間を減らし、できるだけお金をかけずに豊かに暮らす方法を綴るブログです。 整理収納・断捨離のこと、暮らしの道具やお料理のこと、お掃除のことなど、シンプルな暮らしをするためのコツが詰まっています。 家計診断を行うなど、家計管理にも長けていて、家計管理のコツや資産運用に関する記事にも注目したいところです。 身軽に生きる 書いている人 ミニマリスト歴 ミニマリストになった理由 30代女性 10年 家の中をスッキリさせたくて 家族構成 家族の協力の有無 得意分野 本人、夫、2人の子供 有 物を持たない暮らし 夫と小3&年中児の2人の子供を持つ30代女性が、仕事も家事も子育ても、もっと身軽にしたいという思いから、日々模索しながら綴るブログです。 10年実践しているという、物を持たない7つの習慣を紹介していますので、これからミニマリストを目指し、なおかつ継続したいと思っているかた必見です! 物を持たない習慣を実践しながら、ミニマリストとして服や美容もおろそかにしていないところや、節約術についても参考になる情報がたくさん載っています。 うらうらな日々 書いている人 ミニマリスト歴 ミニマリストになった理由 主婦歴16年の女性 — 引っ越しの際に荷物が1ヶ月間届かなかったというハプニングがきっかけ 家族構成 家族の協力の有無 得意分野 本人、夫、子供3人 有 思考の整理 夫と子ども3人の転勤族ファミリーを支えるミニマリストの主婦が綴るブログです。 転勤族のため、結婚してから5回も引っ越しを経験し、その中で荷物が1ヶ月間届かないというハプニングが起こったことに端を発し、ミニマリストになったそうです。 30日間スッキリチャレンジ、1日1捨てなど、ユニークな切り口が特徴のブログは楽しく読み進めることができます。 手書き家計簿や家計簿を続けるコツなども紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。 好きなものだけで暮らそう 書いている人 ミニマリスト歴 ミニマリストになった理由 女性 — シンプルな生活に目覚めたから 家族構成 家族の協力の有無 得意分野 本人、夫、高校生の娘1人 有 自分らしく楽しく生きること シンプルな生活に目覚めたと、ミニマリスト家族の暮らしを綴っているブログです。 ブログの中では断捨離や掃除についてのノウハウが語られるだけでなく、好きなものに囲まれた暮らしを楽しんでいる様子が公開されています。 シンプルな生活の中に楽しい生き方のヒントが詰まっていますので、自分らしく楽しく生きたいと思っているかたはぜひ訪れてみて下さい。 持たない暮らし~ミニマム生活。 書いている人 ミニマリスト歴 ミニマリストになった理由 40代女性 7年 東日本大震災の計画停電によりほうきで掃除をするようになったことがきっかけ 家族構成 家族の協力の有無 得意分野 本人、夫、中1娘、小6息子 有 掃除 40代の女性ミニマリストが、持たない暮らしやお金をかけない暮らしについて綴っているブログです。 無理なく持たない暮らしを実現している日々が紹介されています。 特に掃除に関してはとてもシンプルなのに簡単にできることが多く、見習うべき点がたくさんあります。 お金をかけない暮らしのための工夫も満載で、それを無理なくやっているところが魅力です。 cozy nest 小さく整う暮らし 書いている人 ミニマリスト歴 ミニマリストになった理由 ワーキングマザー 7年 東日本大震災 家族構成 家族の協力の有無 得意分野 本人、夫、高校生・小学生・幼稚園児の息子3人 有 ラク家事 5人家族のワーママミニマリストが、「小さな暮らし」になって好転した生活を紹介するブログです。 きっかけは東日本大震災でした。 これまで欲張りに多くのことをこなしてきましたが、価値観をも含め、たくさんのモノを手放すことで生活が良くなっていったという事実を綴っています シンプルライフの暮らしやすさが伝わるブログです。 整理収納のコツや家事のコツ、家計管理のコツなど、お役立ち情報が満載ですので、ぜひ参考にしてみて下さい。 筆子ジャーナル 書いている人 ミニマリスト歴 ミニマリストになった理由 50代女性 20年以上 自分がため込んだ物にうんざりしたことから 家族構成 家族の協力の有無 得意分野 本人、夫、大学生の娘 無 断捨離 1つ年下の夫と、大学2年の娘と暮らす50代の主婦がミニマリストになったのは30代を目前にした頃だったそうです。 自分がため込んだ物にうんざりし始めたことから始まったミニマリスト生活ですが、何度もリバウンドしつつ、また家族と衝突しつつ、それでも続けているミニマリストとしての生活が綴られています。 また、50代になり、老い支度のため断捨離&節約に励む日々も紹介しています。 断捨離のテクニックやお金を貯めるコツが満載ですよ。 ミニマム飯手帳 書いている人 ミニマリスト歴 ミニマリストになった理由 アラサー主婦 4年 汚部屋から一念発起して断捨離を決行したこと 家族構成 家族の協力の有無 得意分野 本人、夫 有 10分あれば作れる飯 整理収納アドバイザー1級の資格を持つ、結婚3年目の主婦のブログです。 夫婦揃ってミニマリストの暮らしが、食を中心に絵日記で綴られています。 こちらのブログでは、10分あれば作れるごはんや食べたものなど、食を中心にミニマリストの暮らしを紹介しているところが特徴的です。 40代ミニマリストのシンプルライフブログ hana diary 書いている人 ミニマリスト歴 ミニマリストになった理由 40代女性 約2年 ブログの再開とミニマリスト夫の影響 家族構成 家族の協力の有無 得意分野 本人、夫、犬 有 断捨離 ミニマリストの夫と犬と、ゆるっとシンプル&ミニマルに暮らす40代主婦のブログです。 もともとは自分ではなく夫がミニマリストだったというのが特徴的ですね。 洋服の断捨離や選び方なども紹介していますが、ゆるっと無理なく少しずつミニマリストになっていくところが、初心者も安心して読むことができます。 ミニマルな住まいのことや暮らし方のほか、少ない荷物での旅行なども掲載されていて、読む楽しみの多いブログです。 ミニマリストブログ 今日もいつもと変わらない一日だった、なんて素晴らしいんだろう 書いている人 ミニマリスト歴 ミニマリストになった理由 アラサー男性 約5年 本&断捨離動画の影響 家族構成 家族の協力の有無 得意分野 本人、実家の家族 有 断捨離 断捨離と出会って『モノを持たない暮らしは、楽に生きられる』ことに気づき、楽に生きるためのミニマリズムを追求しはじめたという、実家暮らしのアラサー男性が綴るブログです。 実家暮らしの男性ミニマリストって、珍しいかもしれませんね。 ミニマリストになるための具体的な方法を紹介するとともに、自身で実際に行った断捨離の記録を公開しています。 ミニマリストとして暮らす考え方などミニマリズムについても記していますので、これからミニマリストになりたいと思っているかたにもおすすめです。 ミニマリストのブログ 20代男性ミニマリスト「テツ」による小さな暮らし。 書いている人 ミニマリスト歴 ミニマリストになった理由 20代の独身男性 — 物が溢れかえった部屋にゴキブリが出たことがきっかけ 家族構成 家族の協力の有無 得意分野 本人 — 洋服の断捨離 もともとは、ワンルームの部屋に物が溢れていたという20代の男性が、ミニマリストとなり実践している、ミニマムな独身生活が綴られているブログです。 男性ミニマリストの持ち物とはどのようなものなのか知ることができますし、洋服の断捨離のしかたや残し方、選び方も、とても参考になります。 男性視点の断捨離や、これまで実際に行ってきた断捨離が公開されていますので、ミニマリストを目指す独身男性にぜひおすすめしたいブログです。 ミニマリストしぶのブログ 書いている人 ミニマリスト歴 ミニマリストになった理由 20代の独身男性 4年 ミニマリストのブロガーとの出会いがきっかけ 家族構成 家族の協力の有無 得意分野 本人 — 徹底的に無駄を省くこと 1ヶ月6万円で暮らすという、一人暮らしの20代男性ミニマリストのブログです。 小さく暮らすことを追求しすぎて、キャリーケース1個に荷物を詰めて旅暮らしをしてみたという体験談や、持ち物の8割を減らしたという断捨離術も公開しています。 徹底的に無駄を省いて物を減らしていく方法や、無駄なお金を使わないためのヒントが満載です。 電気代を月1500円以下に抑えたという節約術については、我慢をするということではなく、とても合理的で無駄がなく、目を見張るものがあります。 ミニマリストの小宇宙 書いている人 ミニマリスト歴 ミニマリストになった理由 20代女性 約10年 ものに執着するのをやめたこと 家族構成 家族の協力の有無 得意分野 本人 — 自分にとってのシンプルライフを追求すること 持ち物やファッション、暮らし、考え方など、シンプルを追求する20代女性のブログです。 理想のシンプルライフとは何なのか、そこに辿り着くまでに紆余曲折を経て、物に執着するのをやめたことで、自分に合ったシンプルライフを見つけることができました。 そんな、自分にとってのシンプルライフを追求している様子が、ブログに綴られています。 お金に対する考え方や投資についても、参考になる情報が紹介されていますよ。 20代ミニマリスト女子のブログ いるといらない 書いている人 ミニマリスト歴 ミニマリストになった理由 20代女性 約2年 1冊の本との出会い 家族構成 家族の協力の有無 得意分野 本人、夫 無 断捨離・収納 ミニマム嫌いの夫とマンション暮らしをしている28歳のOLミニマリストのブログです。 量より質を意識した生活を実践しています。 ミニマリストのスキンケアやコスメ、少ない洋服の着回しなども紹介されていてとても参考になります。 それほど広くもなく、収納も少ないなかで維持している、お洒落で機能的なインテリアも見逃せません。 ミニマム・エッセイ 書いている人 ミニマリスト歴 ミニマリストになった理由 アラサー女性 — 必要最低限のモノにすれば 部屋を片付ける手間もなく、部屋を綺麗な状態で、キープできると思ったから 家族構成 家族の協力の有無 得意分野 本人 — 洋服の断捨離 派遣社員のアラサー独身女性が実践している、ストレスフリーなミニマルライフを綴るブログです。 ミニマリストとしてのシンプルライフについてだけでなく、派遣社員のお金の使い方やお金の貯め方なども紹介しています。 断捨離のコツや実際に自身が行った断捨離も公開していて、特に洋服の断捨離については、250着を30着に減らす方法をわかりやすく解説していますので、たくさんの洋服をなんとかしたいという人はぜひご覧ください。 ミニマムライフ 書いている人 ミニマリスト歴 ミニマリストになった理由 30代女性 約2年 ミニマリストさんのブログに出会ったことがきっかけ 家族構成 家族の協力の有無 得意分野 本人 — 断捨離 コンサバファッションで通勤する30代独身女性が、ミニマリストを目指して捨てたものや買ったもの、ミニマルな通勤服などを紹介しているブログです。 もともとはマキシマリストだったそうで、大量の洋服の断捨離の仕方などを公開しています。 ミニマリスト目線のファッションや美容についての情報も盛りだくさんです。 ミニマリストになりたい女性にぜひ一度訪れてみてほしいブログです。 まだまだあるミニマリストブログ•

次の