対アーマーガア。 【ソードシールド】アーマーガアの対策考察!耐久にも強い物理受けポケモン【ポケモン剣盾】

アーマーガアとは (アーマーガアとは) [単語記事]

対アーマーガア

図鑑説明 ルちほうの そらでは てきなし。 くろびかりする はがねの すがたは あいてを い おそれさせる。 ひこうのくに すぐれていて とても いため ルちほうで そらの として く。 発売前段階で開されなかった第8世代の序盤・の最終形態にあたる。 初出は の。 高い知と飛行を持ち、「ル交通」というでからへ人を運ぶ交通手段として使われている。 での化身とされているとがであり、「アーマーガアがいなくなるとは滅ぶ」という昔話が伝えられている。 からした際にが付随される。 飛行・鋼という複合は・に続く通算3系統であるとともに対戦で一定の実績を残してきた複合だが、アーマーガアも後述する有用な新を引っ提げた事で注を集め、対戦でもな存在になっている。 は第8世代初登場となる「アーマー」。 敵の技やによるを反射する効果がある。 いかく対策になる事は論、技等で自身にかかったを保護出来るため安定感が大きく増す。 論技のによるであろうと例外なく反射する為、闊にウやクを使ってきた敵を逆にさせることができる。 総じて実用性・発動機会共に優れたと言えるだろう。 ただし反射対のかきを暴発させてしまうというもある為、相手次第では思わぬを招く恐れがある点には注意したい。 で入手できる特別な個体は「」が可となっている。 増幅したによっての装甲が分離した「ド」となり、して行動する。 この状態ではの攻撃が「キョゲキ」という技に変化する。 攻撃と同時に防御やまきびしなどの、各種を除去する効果を持つ。 しかしが優秀なを使えなくなる事から採用率は低い。 関連動画 まだありません 関連商品 関連項目•

次の

【ポケモン剣盾】アーマーガア入りキュウコンチェリム【ダブルバトル】

対アーマーガア

序盤鳥はポケモンの伝統芸能ですね。 捕まえやすいポケモンにしては、アーマーガアまで進化すれば鋼タイプが追加され、タイプ耐性が非常に優秀なポケモンに化けます。 物理耐久が高いことも相まって、ドラパルトやミミッキュなどのメインウェポンを半減してタイプ受けするだけでなく、しっかりと数値受けを担うことが可能です。 自慢の物理耐久は、歴代の同タイプ、エアームドやテッカグヤと比べても耐久指数はほぼ変わらないと聞けば、自然と安心感が湧いてくるのを感じるはずです。 耐久耐性を活かし、環境に蔓延るドラパルトなどの物理系に対して役割を持たせるため、HB特化させることを基本的な育成方針としましょう。 D85とそれなりにある特防に努力値を振ることで、生半可な特殊に対しても繰り出しが効くようにはなりますが、ミミッキュの剣舞やハチマキ持ちのポケモンの攻撃に脆弱性が生まれるため、HB特化で安定です。 《はねやすめ》を使って、相手の物理方面からの勝ち筋に隙を作らないようできる限りHP満タンが維持できるように管理をしながら、《とんぼがえり》により有利対面を作る立ち回りをしたり、逆鱗やじゃれつくなどの接触技に合わせて繰り出すことで《ゴツゴツメット》による定数ダメージを稼いでいく堅実な戦い方が求められます。 ドラパルトをそのまま例に出すと、逆に相手はアーマーガアが繰り出されることは想定すべき事項でもあり、素早さによる優位性をとって《だいもんじ》などコチラの弱点を突ける技で役割破壊を狙ってくることもあります。 その点をしっかり留意したうえで相手の行動を読むなど、バトルの経験値を稼いでいきましょう。 特性についてですが、どれも強力な効果を持っているのでどれを採用するか悩みがち。 プレッシャーなら羽休めで粘りつつ、相手の主力技のPPを枯らすことで相手の戦術の幅を狭めることができますし、緊張感であれば相手の回復木の実を発動させずに役割遂行が可能です。 個人的には、隠れ特性《ミラーアーマー》が強いと思ってます。 ギャラドスなどの《いかく》持ちのポケモンと偶発対峙が発生したときに相手の火力を削げることができたり、またダイマックス技の追加効果でコチラの能力を下げる技タイプによる攻撃を受けたときにも、追加効果だけは跳ね返すことができるため、剣盾のダイマックス環境下では発動の機会は少なくないと見ているからです。 技考察 ブレイブバード 役割遂行したい相手に対して広く等倍が取れる上、威力も高いので遂行速度も稼げるメインウェポン。 反動ダメージで耐久が落ちるのを嫌うのであれば《ドリルくちばし》もアリです アイアンヘッド ミミッキュをはじめとする相性上有利なフェアリーに高速遂行が可能になりますが、電気タイプや炎タイプなど苦手なタイプを呼んだ際にカラスの涙ほどのダメージしか出ません。 つまり一貫性が低いので、タイプ一致とは言え優先度は低いでしょう ボディプレス 物理耐久に特化させるという都合上、防御数値で殴れるこの技と相性が良く、物理攻撃の高いバンギラスに超抜群だったり、ジュラルドンといった鋼タイプとの気まずい対面で多少有利を取れるようになりますが、そもそもこれらのポケモンは有利な対面とは言い難く、後述する技で広範囲をカバーできるためコチラも優先度は高くありません とんぼがえり エアームドにもテッカグヤにも出来なかった芸当がアーマーガアならこなせます。 羽休めでHPを管理しつつ、蜻蛉でサイクル戦に持ち込む立ち回りを徹底したいので、攻撃技はむしろ蜻蛉がメインです。 腰を据えて撃ち合えるようブレバなどの攻撃技を適宜選択していきましょう ビルドアップ 相手の物理を起点に、攻撃と防御を上げながら自身が決定力となっていきます。 蜻蛉との相性が悪いので、個人的には相手の積みに対向できる鉄壁や小手先の戦術を防ぐ挑発を推します てっぺき 1段階UPならともかく、剣舞やからやぶなど一気に能力を上げてくる積み技に対して押し負けないようにする積み技としての採用になると思います ちょうはつ 積みポケモン相手には後攻で撃つことになる場合がほとんどなので、相手の死に出しに対して挑発で完全に積みを防ぐことは難しいですが、自分より足の遅い相手のサポート役に好き勝手にさせない点では鉄壁よりも優秀です はねやすめ 対物理としての役割を維持するため、相手の技によるダメージ量を計算しながらHPをできる限り満タンにした状態で引っ込められるようHP管理をしていきましょう おいかぜ サイクル戦や相手の物理ポケモンへの対抗策というよりは、むしろ前衛的に味方のポケモンの素早さを上げるサポート用の技です。 ダメージを与えながら交代できる蜻蛉とも相性は良好 きりばらい 本作の対戦環境ではあまりステルスロックを見なくなりましたが、ステロを取り除く手段として使えます。 僕の好きな対戦ルール、シングル66においては交代ダメージが馬鹿にならず、採用率の高い技でした。 残りの枠は、起点防止技と腰を据えて殴れる攻撃技を挿しておくとバランスがいいでしょう。

次の

アーマーガア/対戦

対アーマーガア

速い方が強いと思います。 ガラル地方の空には、アーマーガアにかなうはいないとされており、颯爽と空を飛ぶ姿を見ることができる。 戦いを挑んだは、鋭い眼光と鳴き声に恐れをなして逃げ出してしまうともいわれる。 手抜きブログばかり書いていると怒られるので真面目に書きます。 改めましてこんにちは、ほーむです。 剣盾発売後初めてのブログになります。 今後ともよろしくお願い致します。 さて、今回記事にするのはタイトルと手抜き考察にもある通り、アーマーガアのSラインについてです。 皆さんご存じの通り、すでにアーマーガアにも何種類か型が考案されていますね。 ビルドアップを採用した型1つをとってもHDに厚かったり、HBに厚かったり、はたまたSに割いていたりと多種多様なアーマーガアが環境に存在しています。 その他にもビルドアップの代わりに鉄壁を持たせて詰み性能を高めた型もいますし、なんなら私は先日特性をプレッシャーで恨み採用のノーウェポン型にもあたって腰を抜かしました。 なんでもありかよこいつ。 各々覚える技が違うので正確には違いますが、個人的にはビルド型は6世代の、鉄壁を採用したHBに厚い型は、メジャーとは言わないかもしれませんが、最後のプレッシャーの型はノイクンに近いものを感じます。 正直これらを全部ケアするなんて難しいですよね。 ですが、これらを全て簡単に解決する方法があります。 それは… ミラーで上から挑発をうてればおけ!w 単純明快ですね。 時代は繰り返します。 催眠ゲンガーの対策はだし、ドラパルトの対策はドラパルト、Nヴの対策はNヴです。 後攻はプレミなのでね。 これ、先攻が勝つようになってんな! カミナリも言ってます。 特に、受けサイクルに寄せたパーティでは炎や雷打点が不足したり、あってもアーマーガアを崩せるだけのパワーがないことが少なくないため、アーマーガアはミラーの速さを制して崩しがちです。 少なくとも僕はそうしてます。 だがしかし 、いくらミラーに勝ちたいからって最速を取って汎用性を欠いては元も子もありません。 やを失った今、貴重な地面受けをそう簡単に削らせてはサイクルが崩壊してしまいますからね。 もちろんアーマーガアの処理は速いアーマーガアだけでなく、他の電気タイプや炎タイプので崩したり、他の高速挑発持ちで詰み合いに勝つのも手ですのでそこはパーティと相談で参考程度にお願いします。 前置きが長くなりましたが、ここでは個人的に環境にいそうだなぁと思うのみを抜粋してSラインの参考にしています。 「こいつが入ってない!」等のマ君の意見は受け付けませんのでご了承ください。 無振り67族抜き• ダイジェット1回で最速67族 、アーマーガア 抜き 12振り実数値89• ダイジェット1回で準速80族 、、、等 抜き• ダイジェット2回で最速109族 抜き 20振り実数値90• ダイジェット1回で最速70族抜き• ダイジェット2回で最速111族 、 はいないので、110族抜き ゲンガー 28振り実数値91• 無振り70族 、イシヘンジン等 抜き 36振り実数値92• 無振り71族 サダイジャ 抜き• ダイジェット2回で準速130族 サンダース、ナイスコオリッポ 抜き 44振り実数値93• ダイジェット1回で準速86族 FC 抜き• ダイジェット2回で最速117族 抜き 52振り実数値94• ダイジェット1回で準速88族 抜き• ダイジェット2回で準速135族 ダルマモード 抜き• ダイジェット2回で最速118族 抜き 60振り実数値95• 無振り74族 、カジリガメ 抜き• ダイジェット2回で最速120族 インテレオン 抜き 68振り実数値96• 無振り75族 ストリンダー、パッチラゴン、ウオノラゴン等 抜き• ダイジェット1回で最速78族 抜き• ダイジェット2回で最速124族 抜き 84振り実数値98• ダイジェット1回で最速81族 、 抜き• ダイジェット1回で準速95族 、、タチフサグマ、イエッサン 抜き 100振り実数値100• ダイジェット1回で準速97族 、モルペコ 抜き 108振り実数値101• 無振り80族抜き• ダイジェット1回で最速85族抜き• ダイジェット1回で準速98族 抜き• ダイジェット2回で最速130族抜き 116振り実数値102• 無振り81族抜き• ダイジェット1回で準速100族 、 抜き 124振り実数値103• ダイジェット2回で最速135族抜き 132振り実数値104• 準速50族 アイスコオリッポ 抜き• ダイジェット2回で最速136族 ジョー 抜き 140振り実数値105• ダイジェット一回で最速90族 、 抜き 148振り実数値106• 無振り85族抜き• 準速106族 抜き 156振り実数値107• 無振り86族抜き• ダイジェット2回で最速142族 ドラパルト 抜き 164振り実数値108• 準速55族 カイリキー、、パッチルドン 抜き• ダイジェット1回で最速95族抜き• ダイジェット1回で準速109族抜き 172振り実数値109• 無振り88族抜き• ダイジェット1回で96族抜き• ダイジェット1回で準速110族抜き 180振り実数値110• ダイジェット1回で最速97族抜き 188振り実数値111• 無振り90族抜き• ダイジェット1回で最速98族抜き 196振り実数値112• ダイジェット1回で最速100族抜き• ダイジェット1回で準速115族 、 抜き 204振り実数値113• 準速60族 、、、オーロンゲ 抜き• 最速50族抜き• ダイジェット1回で準速116族 抜き 212振り実数値114• 準速61族 抜き• ダイジェット1回で準速118族抜き 220振り実数値115• ダイジェット1回で準速119族 エースバーン 抜き 228振り実数値116• 無振り95族抜き• ダイジェット1回で最速106族抜き 236振り実数値117• 無振り96族抜き 抜き 244振り実数値118• 無振り97族抜き• 準速65族 、マルヤクデ、モスノウ 抜き• 最速55族抜き• ダイジェット1回で準速124族抜き• ダイジェット1回で最速108族抜き 252振り実数値119• 無振り98族抜き• ダイジェット1回で準速125族抜き• ダイジェット1回で最速109族抜き 疲れたので後半は1回出てきたは省略しました。 1回読んで覚えましょう。 なんならそこまでSに割くなら補正かけたほうが効率が良いのでそうしましょう。 僕はHDの少しSを調整した個体しか使ったことはないのですが、これからSに補正をかけためちゃくちゃ速い個体とかも出てくるんですかね。 エアプなので知りません。 はい、チキチキアーマーガアSラインレーススタート! アーマーガアがガラルの空を制すその日まで。

次の