と ある 男 が 授業 し て みた 国語。 小学校教師だけど国語の授業どうしたらいい?

とある男が授業をしてみた

と ある 男 が 授業 し て みた 国語

突然ですが、皆さんは「国語の授業」に対してどのような印象を持っていますか? 「正直面白くなかったし、興味が持てなかった」「勉強する意味あるの?」「他の教科にもっと時間を割いて欲しかった」。 そんな感想を持っている方も若い方の中には多いのではないでしょうか。 今回は、そんな若者達に物申す!と全国から集まった 国語教師5人による仮面座談会の様子をお届けします。 プロフィールと、国語教師を志したきっかけ Aさん:男性・教師歴13年。 自らの興味と人からの勧めがあったため。 Bさん:女性・教師歴8年。 国語が好きだったため。 Cさん:女性・教師歴4年。 高校の時国語の先生のおかげで勉強する楽しさを知ったため。 Dさん:男性・教師歴2年。 落ちぶれていた時に、小学校の先生に勉強を教えてもらったのがきっかけ。 その先生に憧れたため。 Eさん:女性・教師歴1年 中学国語常勤。 国語が好きだから。 親に公務員になれと言われたので 国語の免許が取れる文学部日本文学科だったため。 国語教育で先生たちは子供たちに何を伝えたいのか、というテーマのもと、どうぞざっくばらんにお話しいただければと思います。 では、はじめに「国語教育と文学の関連」または「文学によって子どもの言語能力や情緒をどう醸成するか」というテーマについて、どのようにお考えでしょうか。 Cさん:やっぱり、文学を知るというのは、 言葉の豊富さを知ることだと思います。 子どもの心の成長とコミュニケーション能力の育成に、文学による教育は欠かせません。 Aさん:言語表現のさまざまな実験がなされた文学作品に触れることによって、学習者の言語理解・表現 巧みな表現をするレトリックという技法 の幅も可能性が広がります。 また、自分とは異なるさまざまな考えや感情を持つ「他者」の存在に触れることで、 他者を理解するために必要な想像力を培うことができると思います。 Bさん:文学を通して子どもの語彙力は増え、書くこと・読むことの能力は高まると考えます。 登場人物に共感したり批判したりし、人間社会との関わりを考えることも情緒を育成することに繋がります。 15歳を対象に読解力・数学的リテラシー・科学的リテラシーの3分野を測定する Dさん:私は、情緒を醸成するということに関しては反対です。 文学において中身の読み取りは読み手に任せる場面が多いので、自由度が高く、教育が難しいのではないかと思います。 しかし、 教育と関連付けることによって、途端に道徳的な範疇から逃れられなくなる。 」とおっしゃっていましたし、文学作品を使って教育するのには限界があるように思います。 生徒の成長の上で、自分の授業が役に立っていると喜びに感じる瞬間、または全く役に立っていないと「萎える」瞬間はどのようなものでしょうか。 Eさん:嬉しい時は、 日頃の読書の意欲向上が見られたとき。 自分でまとめる、発言する 書く力、話す力 ことを臆することなく取り掛かれるようになったのが見られるときですね。 Aさん:そうですね。 あと、授業中の学習者の反応 表情・発言など が明らかになっている時や、 作文や授業アンケートの自由記述の内容が積極的なものになっている時も嬉しいです。 Bさん:私も、生徒の学力向上と、現場で活躍を目にした時、生徒が達成感を感じているとわかった時は嬉しく思います。 逆に、 何をしても意欲が見られない時は本当に落ち込みますね。 Dさん:わかります。 国語が苦手なまま次年度に進むとかなり辛いです 笑。 想像力や表現力を子どもたちが使えるようになっているのは、俳句や短歌を作らせた時に実感しました。 教師冥利に尽きると思います。 Cさん:私の場合は、文法など授業内容から発展させて作品自体に興味を持ってもらえた時が嬉しいです。 例えば、 古文の作品について生徒同士で話しているのは本当に嬉しかった。 やっぱり、どうしても文法の学習ばかりに目が行きがちですので。 Eさん:国語の真髄は4つの能力 読む、書く、聞く、話す を身につけるものなので、テストの点数だけでなく、日々の生活の中で、これらの向上が見受けられると嬉しいです。 萎えるのは、教師側にも責任があると思いますが、 一生懸命教えても「日本語だからできてあたりまえ」と意欲を示してもらえない時です。 他にも、数十年も掲載されている定番教材、中学なら例えば「走れメロス」「故郷」等の自作教材を、50代のベテラン教師がボロボロの状態になるまで使っていて、「いったい何年間使い続けているのだろう」と萎えました。 同じ教材でも生徒は年々変わりますし、時代によっても変わります。 教師たるもの日々研究と研鑽を重ねるべきだと思います。 (次ページに続く).

次の

【国語】 文法-1 言葉の単位

と ある 男 が 授業 し て みた 国語

突然ですが、皆さんは「国語の授業」に対してどのような印象を持っていますか? 「正直面白くなかったし、興味が持てなかった」「勉強する意味あるの?」「他の教科にもっと時間を割いて欲しかった」。 そんな感想を持っている方も若い方の中には多いのではないでしょうか。 今回は、そんな若者達に物申す!と全国から集まった 国語教師5人による仮面座談会の様子をお届けします。 プロフィールと、国語教師を志したきっかけ Aさん:男性・教師歴13年。 自らの興味と人からの勧めがあったため。 Bさん:女性・教師歴8年。 国語が好きだったため。 Cさん:女性・教師歴4年。 高校の時国語の先生のおかげで勉強する楽しさを知ったため。 Dさん:男性・教師歴2年。 落ちぶれていた時に、小学校の先生に勉強を教えてもらったのがきっかけ。 その先生に憧れたため。 Eさん:女性・教師歴1年 中学国語常勤。 国語が好きだから。 親に公務員になれと言われたので 国語の免許が取れる文学部日本文学科だったため。 国語教育で先生たちは子供たちに何を伝えたいのか、というテーマのもと、どうぞざっくばらんにお話しいただければと思います。 では、はじめに「国語教育と文学の関連」または「文学によって子どもの言語能力や情緒をどう醸成するか」というテーマについて、どのようにお考えでしょうか。 Cさん:やっぱり、文学を知るというのは、 言葉の豊富さを知ることだと思います。 子どもの心の成長とコミュニケーション能力の育成に、文学による教育は欠かせません。 Aさん:言語表現のさまざまな実験がなされた文学作品に触れることによって、学習者の言語理解・表現 巧みな表現をするレトリックという技法 の幅も可能性が広がります。 また、自分とは異なるさまざまな考えや感情を持つ「他者」の存在に触れることで、 他者を理解するために必要な想像力を培うことができると思います。 Bさん:文学を通して子どもの語彙力は増え、書くこと・読むことの能力は高まると考えます。 登場人物に共感したり批判したりし、人間社会との関わりを考えることも情緒を育成することに繋がります。 15歳を対象に読解力・数学的リテラシー・科学的リテラシーの3分野を測定する Dさん:私は、情緒を醸成するということに関しては反対です。 文学において中身の読み取りは読み手に任せる場面が多いので、自由度が高く、教育が難しいのではないかと思います。 しかし、 教育と関連付けることによって、途端に道徳的な範疇から逃れられなくなる。 」とおっしゃっていましたし、文学作品を使って教育するのには限界があるように思います。 生徒の成長の上で、自分の授業が役に立っていると喜びに感じる瞬間、または全く役に立っていないと「萎える」瞬間はどのようなものでしょうか。 Eさん:嬉しい時は、 日頃の読書の意欲向上が見られたとき。 自分でまとめる、発言する 書く力、話す力 ことを臆することなく取り掛かれるようになったのが見られるときですね。 Aさん:そうですね。 あと、授業中の学習者の反応 表情・発言など が明らかになっている時や、 作文や授業アンケートの自由記述の内容が積極的なものになっている時も嬉しいです。 Bさん:私も、生徒の学力向上と、現場で活躍を目にした時、生徒が達成感を感じているとわかった時は嬉しく思います。 逆に、 何をしても意欲が見られない時は本当に落ち込みますね。 Dさん:わかります。 国語が苦手なまま次年度に進むとかなり辛いです 笑。 想像力や表現力を子どもたちが使えるようになっているのは、俳句や短歌を作らせた時に実感しました。 教師冥利に尽きると思います。 Cさん:私の場合は、文法など授業内容から発展させて作品自体に興味を持ってもらえた時が嬉しいです。 例えば、 古文の作品について生徒同士で話しているのは本当に嬉しかった。 やっぱり、どうしても文法の学習ばかりに目が行きがちですので。 Eさん:国語の真髄は4つの能力 読む、書く、聞く、話す を身につけるものなので、テストの点数だけでなく、日々の生活の中で、これらの向上が見受けられると嬉しいです。 萎えるのは、教師側にも責任があると思いますが、 一生懸命教えても「日本語だからできてあたりまえ」と意欲を示してもらえない時です。 他にも、数十年も掲載されている定番教材、中学なら例えば「走れメロス」「故郷」等の自作教材を、50代のベテラン教師がボロボロの状態になるまで使っていて、「いったい何年間使い続けているのだろう」と萎えました。 同じ教材でも生徒は年々変わりますし、時代によっても変わります。 教師たるもの日々研究と研鑽を重ねるべきだと思います。 (次ページに続く).

次の

「国語表現」の授業

と ある 男 が 授業 し て みた 国語

大学で国語表現を勉強中の者です。 まず、文学か語学かにもよるかと思うのですが、生徒と一緒になって考察するのが楽しいと思います。 下の回答者の方があげられている中に2つほど気になったのがあるのですが、賭博用語の日常における多用などは、所謂「位相ずれ」と呼ばれる現象の一つで、賭博に関わらず、角界・梨園の世界の言葉などもその中にあります。 例として(勇み足・肩すかし・十八番・黒幕 など。 それらを、生徒さんに見つけさせたりするのも楽しいかと思います。 また、オノマトペですが、これは既成のオノマトペではなく、作家が独自に作り出したものもたくさんあり、それらが作家の文体に個性と魅力を与えているとも言えますので、文学作品を扱う上でこの「創作オノマトペ」にも触れると楽しいかと思います。 室生犀星・円地文子などに、よく見られます。 有名なところでは、太宰治・斜陽の「スープをひとさじひらりと」の「ひらりと」にしても、スープを飲むのに「ひらりと」と表現するところに面白さを感じる、とか。 生徒さんに作らせてみても良いですし、またよく文学慣れしている子には、自分が読んだ中で見つけてもらっても良いですし。 そんなアプローチの仕方もありだと思います。 文学に関心のある生徒ばかりが対象でないのなら、文学作品における時代背景とか作家の精神とかよりも、日本語と表現法という観点から、文学を扱う方が親しみやすいかと。 あと、語彙を豊富にさせるために、「類語見つけクイズ」なんかも良いですよ。 これは私の学校の先生がやっていたのですが。 意味は同じでも、言葉としてのレベルが違うものを見つけるのです。 たとえば、「「最近」という言葉の高尚なバージョンは?」などとクイズにし、「昨今」と答えられる子が何人いるか、とか。 参考にならなかったら申し訳ないのですが。 そもそも現代日本語は明治政府の富国強兵政策のもと、方言では軍の規律が保たれないために俄かに作られた欠陥だらけの出来損ないの言語でその歴史も百年にも満たない。 そこへ日本人のバカなご丁寧ご体裁指向による下らない丁寧語や謙譲語、尊敬語などが加わり実にグロテスクな言葉になっています。 食べたい・です 美味しい・です 楽しかった・です ありがとう・ございました こんな形容詞などの活用欠落の欠点以外にもオノマトペ(ペチャペチャ、グチャグチャなど)、賭博的屋用語(シカと、ヤバいとか)、外来語(サボるとか)の多用(こんなアホな言語はそうない)、省略(エノケンとか)、反転表現……… など、如何に日本語という言語が稚拙で低俗な言語であるかという事実もきちんと教えてあげてくださいませ。 自分は一学生の経験しかない(しかも当然、ひとつの学校にしか行っていない)人間の「夢想」ですので、一般的には当てはまらないとは思いますが。 高校時代やってほしかった国語の授業としては、 「要約の訓練+小論文の添削」ですね。 長い文章を短くまとめる要約は、言うまでも無く、現代文、小論文には基礎となる力です。 受験以降も必要になってくる能力ですよね。 」 と書けば簡単に問題は作れそうです(笑) それに自分が要約した文章をストックしておけば、そのまま小論のネタになりますし。 教師の模範解答と他の学生の優秀答案を何通か配布してまわし読みすればおもしろいと思います。 優秀答案をみることでこの部分はこう言い換えればもっと短くなるとか、こうやってつなげば流れがよくなるのかとか、いろいろなことがが分かってくると思うんです。 で、優秀答案を見せて、解説するなり、議論するなりした後で、もう一回、何も見ずに同じ問題をやらせてみれば、授業をちゃんと聞いてたかどうか=ちゃんと他人のワザが盗めたかもわかります。 (笑) まあ、最初は短い文章から入って、だんだん長い文章が要約できるようにし、最後には受験の小論文を書くといったカリキュラムがいいですね。 あくまで個人的にはですけど。 環境問題の文章の要約を5本やって、その後環境問題の小論、言語論の要約を5本やって、言語論の小論とかやってくと力つきそうですね。。 なお進学校なら、学生は「それが受験の役に立つのか」 という点を気にすると思うんです。 有名大学の過去問などを例に出していかに要約の力が要求されるのかを例証するのもいいかもしれません。 それから、ちゃんと最初にどういうコマわりで進めていくか軽くガイダンスしてほしいですね。 「一体自分達をこのひとはどこへつれて行こうとしているのか」と不安になりますので。 数学教師ならふつうはセンター試験満点とれるでしょうけど、国語の教師には満点とれないどころか、8割取れない人も結構いると思います。 この人受験国語やらしたらホントにできるんだろうか?」という疑念を払拭しないと、私の学校では何をやろうとしても完全にナメられることになっていました。 勝手なこと書いてすいませんでした。 高校時代つまらないゲンコクの授業を受けながら、夢想していたことを書いてみました。 長くてすいません。 Q 中学校で国語の講師をしています。 選択の国語で漢字検定のクラスを持っています。 授業の流れは、毎週、目標とする級の漢字60問を40分ほどで覚えさせて、10分ほどで書き取りテストするというやり方をです。 (採点は教師が行い、次の週に返却。 その際には間違いの多い漢字についてプリントをつくって解説。 ) しかし、この授業だと、回を追うごとに飽きてくる生徒が出てきてしまい、騒ぐ生徒を怒鳴って、むりやりさせることがしばしばありました。 この授業の目標は漢字検定合格ですが、なんとなく選択してきた子どもたちが多いためモチベーションが低く、小学校での漢字が身についていない生徒もいます。 そこで、質問です。 子どもたちが飽きずに漢字が覚えられるアイデアはありませんか。 60問の漢字を30問ずつ、時間を区切って学習させるとか、先にテストをさせて、間違えた問題を練習させて、最後にまた確認のテストをさせるなど、いろいろと考えてみたのですが、50分の授業に耐えられる内容かというと無理だと思います。 また、ゲームのように楽しみながら学習を進めたいとも思っているのですが、そのアイデアも浮かびません。 漢字検定にこだわらないアイデアで結構です。 こんなことをしたら漢字の授業が盛り上がった、こんなことをしたら、生徒が集中して学習に取り組んだという実践をお持ちの方、いらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。 なんとかして、子どもたちに楽しんで授業を受けてもらいたいのです。 よろしくお願いします。 中学校で国語の講師をしています。 選択の国語で漢字検定のクラスを持っています。 授業の流れは、毎週、目標とする級の漢字60問を40分ほどで覚えさせて、10分ほどで書き取りテストするというやり方をです。 (採点は教師が行い、次の週に返却。 その際には間違いの多い漢字についてプリントをつくって解説。 ) しかし、この授業だと、回を追うごとに飽きてくる生徒が出てきてしまい、騒ぐ生徒を怒鳴って、むりやりさせることがしばしばありました。 この授業の目標は漢字検定合格ですが、なんとなく選択して... A ベストアンサー 小学校に勤務しています。 その小学校の校長先生が教えてくれたんですが。 ひらがなで書かれた文章(これは教科書にのっている文章でも何でもO. K)を子どもに渡します。 それを漢字で書き直してもらいます。 書かれた漢字の数によって、点数をつけていきます。 当然、知っている漢字を使って書いていくわけですが、それだけでは、たくさんの漢字を書けません。 そうすると、自主的に自分で辞書を使って調べて書いていきます。 それが、この方法のすごいところです! 教師も脱帽するような難しい漢字を調べて書く子もいたそうです。 (ちなみに、その子は東大に行ったそうです) お勧めです! おまけですが、下記アドレスのサイトは、よく参考にします。 「漢字」で検索してみてください。 ヒントが得られるかもしれませんよ。 がんばってくださいね。 tos-land. 私は新任の英語教師で、私立高校で働いています。 高校一年生を教えています。 学校の学力レベルは、中堅校です。 授業中の私語をやめさせるにはどうすればよいのか迷っています。 穏やかな性格のため、私語をしている生徒に対して大声で注意してやめさせるということは私にはできず、「私語をしていたら他の人に迷惑になるし、君自身も授業についていけなくなってしまうから、私語はやめよう」というふうに、静かな口調で説得する方法が中心になるのですが、それだと生徒が甘えてしまって、数分後にはまた私語が出てきてしまいます。 私自身、生徒たちがいとおしく思えるので、変に子どもたちに理解がありすぎて、あまり怒りの気持ちが出てこないのです。 そのように私語が出る状態では、真面目に授業を受けようと思っている生徒たちにとってよくないので、何とかしてやめさせたいのですが、なかなかいい方法が思いつきません。 私の性格では、どなってみても多分中途半端になってしまうでしょう。 (一度どなってみたことがありますが、性格に合わないことなので精神的にすごく疲れて、二度とできないと思いました) 一つ考えているのは、「私語を何度注意しても聞かない場合は減点する」ということなのですが、他にそのようなことをしている先生はおそらくほとんどいないので、反発されて逆効果になる不安もあります。 あるいは、別に生徒に憎しみの気持ちはもたずに、「しゃべってたら減点するから、私語だけはやめような~」というふうに淡々と話していけば、それほど対立も生まないかな、とも考えています。 もしこの方法について賛成、反対など、ご意見があれば、ぜひよろしくお願いします。 それ以外にも、私の温和な性格に合った、私語撃退方法がなにかあれば、お教えいただけませんでしょうか?新任なもので、分からないことだらけで、困っています。 よろしくお願いします。 よろしくお願いします。 私は新任の英語教師で、私立高校で働いています。 高校一年生を教えています。 学校の学力レベルは、中堅校です。 授業中の私語をやめさせるにはどうすればよいのか迷っています。 穏やかな性格のため、私語をしている生徒に対して大声で注意してやめさせるということは私にはできず、「私語をしていたら他の人に迷惑になるし、君自身も授業についていけなくなってしまうから、私語はやめよう」というふうに、静かな口調で説得する方法が中心になるのですが、それだと生徒が甘えて... A ベストアンサー まず私語といっても、いい私語と悪い私語があります。 いい私語とは授業に関することを友達に聞いたり話したりする私語で、静かな授業が一番良いというわけではありません。 もちろん全く関係のない私語は悪い私語なので、注意をしなければいけません。 注意の仕方も先生によって様々で厳しくできないようでしたら、軽く言うだけでもいいです。 大切なのは、自分自身が授業を楽しむことだと思います。 どんなに魅力的な授業でもどんなに分かりやすい授業でも聞かない生徒はいますし、クラスの雰囲気によっても聞きません。 でも学力レベルが中堅で真面目な生徒もいるようですので、まず真面目な生徒がより分かりやすく面白く、そして狙いは学力が少し下で少しは授業を聞こうとしている生徒です。 そして、授業を聞かない生徒にはときどき授業に参加すれば楽しいのにという風にアピールするように注意することが肝心です。 授業で自分自身を楽しくしようとすると生徒が楽しくなければ本当に楽しい授業をすることができません。 もちろん毎回そんな授業をすることは無理ですが、時々やほんの数分間でも楽しい授業を目指すことが大切です。 授業が分かりやすい以外に今やっていることに関係する雑学なども話されたらいいと思いますよ。 僕の大好きだった英語の先生の雑談を何個か書きます。 「eyeは絵文字なんです。 目 e ,鼻 y ,目 e でしょ。 英語は漢字みたいに絵文字の単語もあるんですよ。 他に何があるかって、それはみんなで調べて下さい。 (笑)」 「蜂は飛び回る音からbeeってなったんですよ。 そしていつも飛んでいるでしょ、だから忙しいはbusyなんです。 そして、今はサラリーマンをbusinessmanっていいますね。 大変なんですよ~(笑)」 「平行っていう単語はparallel(パラレル)っていうんですけど、スキーにパラレルって板を平行にして滑る方法があるんですが、この真ん中のl(エル)の2つが棒なんですよ、この棒は交わらないでしょ、だから平行なんです。 」「笑、先生、そんなん嘘やろ~、笑」 「本当ですよ。 (笑顔) 例えば solo のlは棒じゃなくて、人なんですけど、一本ですのでひとりですし、sellは2人いないと成立しませんよねー。 他に・・・」 みたいに面白く単語を簡単な単語を山ほど復習がてら紹介してくれました。 その先生の一番影響を受けた言葉は 「私は図書館です。 私が死んだらその図書館の本までなくなってしまうなんてもったいないでしょ。 だから生きている間に私の知っている知識や本は全て皆さんに貸しますよ。 もちろん、返して下さいね(笑)。 定年退職したとたん図書館でなくなるのももったいないので、私は無料で教えるところを作っていってます。 みなさんも一生、人に何かを伝えるところを作っていって下さいね。 年を取って家や公園で座っているだけなんてもったいないですから」 長くなりましたが、参考になれば幸いです。 まず私語といっても、いい私語と悪い私語があります。 いい私語とは授業に関することを友達に聞いたり話したりする私語で、静かな授業が一番良いというわけではありません。 もちろん全く関係のない私語は悪い私語なので、注意をしなければいけません。 注意の仕方も先生によって様々で厳しくできないようでしたら、軽く言うだけでもいいです。 大切なのは、自分自身が授業を楽しむことだと思います。 どんなに魅力的な授業でもどんなに分かりやすい授業でも聞かない生徒はいますし、クラスの雰囲気によっても... A ベストアンサー こんにちわ 最も興味を引くものは、自分の経験談です。 こんな面白い経験を学生時代にしたとか、こんなことでよくケンカしたとか。 雑談はとても大事なファクターです。 自分という人間がどういう人間なのかを伝えることが最も距離を縮めることになります。 無理にインターネットから集める必要性はありません。 昨日起こったこと、同じ年齢のときに何に夢中になっていたかとかそんなことでいいと思います。 生徒は共感することで、憧れや頼りになっていきます。 そして、大事なことは「言ってもわからないだろうなあ」という話や、 アナタが友人とする冗談なんかも分け隔てなくやることです。 年が下だから子供扱いするのではダメです。 同じ目線で笑いや感じ方を共有するということに生徒は思っている以上に柔軟です。 その中で、社会的な話題に対し生徒が意見を言った場合でも、そういう意見もあるのかというように、自分も若者の考え方を知る勉強の機会になります。 それを、わかりやすくコミカルに話せるようにアナタのキャラクターを活かせばいいと思います。 ちなみに僕がよくやったのは、 ・学校帰りに遭ったカラーひよこや5日で消えるペンなどサギの話 ・学生時代にアワビを盗みにいった話 ・大学教授と大喧嘩した話 ・バイクで友達と北海道まで行った話 など 笑える失敗や悪さなど、好奇心旺盛な10代は興味を持ち、 「柔軟な道徳観がある先生」という意識が芽生えれば距離は縮まり いろんな相談をしてくれたり、家で保護者の人との話題が増え 家庭での会話が作られるきっかけにもなります。 僕がやっていたのは音楽学校でしたが、10代の若者も多数学生として みてきましたので参考になれば幸いです。 こんにちわ 最も興味を引くものは、自分の経験談です。 こんな面白い経験を学生時代にしたとか、こんなことでよくケンカしたとか。 雑談はとても大事なファクターです。 自分という人間がどういう人間なのかを伝えることが最も距離を縮めることになります。 無理にインターネットから集める必要性はありません。 昨日起こったこと、同じ年齢のときに何に夢中になっていたかとかそんなことでいいと思います。 生徒は共感することで、憧れや頼りになっていきます。 そして、大事なことは「言ってもわか... Q 教えてください。 ) で、ネットで価格を調べると まぁ 高価なことがわかったのですが とりあえず1冊くらい 買い与えようかと考えております。 「先生用の特別な本なんだって」などとこどもに説明したら、 「先生って、そんなの見ないと教えられなくて 他の人には秘密にしてるんだ」と考える可能性が十分にあり、教諭の権威?をおとしめかねません。 (高価であり、あまり部数がでないので 「受注生産」なら 納得すると思いますが 「販売先限定」は エロ系でもないのにちょっと無理が・・。 ) 学校法関連や条例などに販売制限が書かれていたりするのでしょうか? (現在 教科書会社にも 問い合わせ中です。 ) 教えてください。 Q 高校生です。 高校で古典を学ぶ意義を教えてください。 僕は、教科書を使って学校で授業を受けていますが古典を学ぶ意義は無いと感じています。 古典を勉強することによって、日本の伝統的な心を学ぶことができるのでしょうか。 (それよりは日本の歴史、とりわけWW1以降に重点を置いて学ぶ事のほうが優先順位が高いと思います。 なぜなら現在の世界の情勢はここに起源があるからです。 ) たとえば「あわれなり」の感覚。 これは日本人に独特の感覚と聞いた事があります。 確かに他の言葉では説明しにくい根本的な感覚「あわれ」を、古典によって深める・知ることはとても有意義なことです。 しかし、僕は思うのですが、古典というものは中身が無い。 薄っぺらい。 前述のような日本独特の感覚などを「汲み取る」ために古典を学ぶのならなぜ日本語訳を教科書に書いてくれないのでしょうか。 学校ではいつも文法や単語帳をつかって必至に訳をする。 そこで終わり。 なにかを得たことは一度もありません。 将来使うことも無いのに文法をつかって訳をする訓練。 これって古典に中身が無いことをあらわしてると思います。 古典を教えることを決めた人たちはどういう目的で決めたのでしょうか?単になにか「日本人らしいこと」をさせるために無理やりに探し出してきて僕ら学生に押し付けているだけではないでしょうか?そう思えてしまいます。 古典を学ぶ意義、もし、あるのなら、教えてください。 高校生です。 高校で古典を学ぶ意義を教えてください。 僕は、教科書を使って学校で授業を受けていますが古典を学ぶ意義は無いと感じています。 古典を勉強することによって、日本の伝統的な心を学ぶことができるのでしょうか。 (それよりは日本の歴史、とりわけWW1以降に重点を置いて学ぶ事のほうが優先順位が高いと思います。 なぜなら現在の世界の情勢はここに起源があるからです。 ) たとえば「あわれなり」の感覚。 これは日本人に独特の感覚と聞いた事があります。 確かに他の言葉では説明しにくい根本... A ベストアンサー 学習の意義とは何でしょうか? 古典を学ぶ意義、天文学を学ぶ意義、数学を学ぶ意義、科学を学ぶ意義、音楽を学ぶ意義、絵画を学ぶ意義、等等 実用的な面が無いと学ぶ意義は無いのでしょうか? 自分のやりたいことについて、現在の知識のみを学ぶことだけでよいのですか? 古典を学ぶことは、先人の知恵を受け継ぎ、さらに自分で考えを高める上で、強力な手法になります。 昔、理科系を目指すため古典は必要ないと思っていましたが、専門分野を奥深く理解,研究するためには古典の原典を読むことがしばしばあります。 たとえば過去の天文現象の研究に、日本書紀や平安時代の日記類が重要文献になっていることを知っていますか? この研究は世界が注目しているのですよ。 欧米などは、当時の歴史書や日記類の記録がなく、非常に残念がっているのです。 また新薬開発に、本草学や医学の古典(しかも平安時代にもさかのぼります)が、大きなヒントになることを知っていますか? 製薬会社の研究者が、古典の解読を行い、新薬の開発をしているのです。 他にも、テクノロジーの分野でも古典の原典を読むと非常に大きなヒントが隠されていることが多々あります。 先人が残してくれた重要な情報を、古典が読めずに繰り返し実験を行っていたことを知ったとき、非常に空しい気持ちになります。 教科書の古典は、これらの文献を読みこなすための、トレーニングになっているのです。 教科書の古典だけが、古典の世界ではありません。 理学,化学,薬学,数学,政治,経済,処世法等等、古典の中に知識の大海が広がっています。 この大海原を漕ぎ出すための小さな手法として、古典を学ぶ意識をもたれてはどうですか? それともやはり異議が無いと考えるならば、それは個人の自由と思います。 学習の意義とは何でしょうか? 古典を学ぶ意義、天文学を学ぶ意義、数学を学ぶ意義、科学を学ぶ意義、音楽を学ぶ意義、絵画を学ぶ意義、等等 実用的な面が無いと学ぶ意義は無いのでしょうか? 自分のやりたいことについて、現在の知識のみを学ぶことだけでよいのですか? 古典を学ぶことは、先人の知恵を受け継ぎ、さらに自分で考えを高める上で、強力な手法になります。 昔、理科系を目指すため古典は必要ないと思っていましたが、専門分野を奥深く理解,研究するためには古典の原典を読むことがしばし... A ベストアンサー 当該箇所の場合、「書きつけける」の直後が歌なので、 書き付けた(歌(は以下の通り)):~ みたいなことを言いたいのを省エネしていると考えれば良いと思います。 用言が体言的に働く歴とした準体法で、このような場合は、「余韻」とはあまり関係なかろうと思います。 また、既に例が出ていますが、連体形で文を結ぶことによって「余韻を与える」とされる用例もあります。 連体形というのは本質的に体言的なもので(だからこそ準体法が可能なのですが)、文を連体形で終えるということは、文末に体言があるのと同様の効果となります。 これは現代語で言えば「~の(だ)」に相当します。 意訳ですが。 これをただ「余韻」という曖昧極まりない用語で説明して片付けるのは学校文法の怠慢だと思います(室町時代になって、活用語の終止形は連体形に合流してしまうので、仮に連体形=余韻だとすると現代の全ての文が余韻含みになることになってしまう。 だいたい「余韻」って何でしょう)が、まあこのように説明される用法もあるということです。 一応この二つを、学校ではあまり説明してくれませんが、気に留めておくと良いでしょう。 当該箇所の場合、「書きつけける」の直後が歌なので、 書き付けた(歌(は以下の通り)):~ みたいなことを言いたいのを省エネしていると考えれば良いと思います。 用言が体言的に働く歴とした準体法で、このような場合は、「余韻」とはあまり関係なかろうと思います。 また、既に例が出ていますが、連体形で文を結ぶことによって「余韻を与える」とされる用例もあります。 連体形というのは本質的に体言的なもので(だからこそ準体法が可能なのですが)、文を連体形で終えるということは、文末に体言が... A ベストアンサー 大学の先生が,かつて夜間の高校に教育実習で言ったときに,起こそうとしたら「寝かしてやれよ」と指導官に言われた,という話を思い出しました。 無理矢理起きても集中できるわけではないですよね。 塾講師をしていて,寝られてしまったときに考えるのは集中力です。 1 で寝てしまうのは,疲れきっている可能性が高いので,「5分だけだぞ」と時間を切って寝るのを許可することもあります。 冒頭の話と共通 ただし5分といったらストップウォッチのようにきっかり5分計ります。 大人だって電車の中で5分眠れるとリフレッシュできることがありますよね。 2 の場合は,構造的な問題 「構造不況」の意味で があると考えられるので,とりあえずは起こすにしても,原因を聞いてみる必要があります。 結局は,「眠い=やる気がない」といった決め付けをせず,理由を探すことですね。 私の場合は,休み時間などに本人に真正面から聞くことが多いです。 1 なら「今日はどうしたの?」, 2 なら「最近どんな生活してる?」……あまり変わらないですね。 前日何時ぐらいに寝るのか,寝る前に何かしたのか 光刺激のあるゲームやケータイ・TVは不眠につながりやすいため ,よく眠れるのか,などなど。 大学の先生が,かつて夜間の高校に教育実習で言ったときに,起こそうとしたら「寝かしてやれよ」と指導官に言われた,という話を思い出しました。 無理矢理起きても集中できるわけではないですよね。 塾講師をしていて,寝られてしまったときに考えるのは集中力です。 1 で寝てしまうのは,疲れきっている可能性が高いので,「5分だけだぞ」と時間を切って寝るのを許可することもあります。 冒頭の話と共通 ただし5分といったらストップウォッチのようにきっかり5分計ります。 大人だって電車の中で5分眠れると...

次の