鬼滅の刃 193。 鬼滅の刃193話ネタバレ|ヒノカミ神楽は繋がる!日の呼吸・十三個めの型が明らかに!|マンガふりかけ

鬼滅の刃193話ネタバレ|ヒノカミ神楽は繋がる!日の呼吸・十三個めの型が明らかに!|マンガふりかけ

鬼滅の刃 193

スポンサーリンク 縁壱の日の呼吸の型 重傷を負って意識不明となっていた炭治郎。 愈史郎の手当を受けて目覚めるまで、先祖である炭吉の記憶を夢で見ていました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 炭吉一家を訪れていた縁壱は、炭吉夫妻の前で日の呼吸を披露します。 妻のすやこが見たいとせがんだからです。 炭治郎は、炭吉の記憶を通して縁壱自身の日の呼吸の型を見ることができたのでした。 ほんのわずかな手首の角度の違いや、足の運びの違い、呼吸の間隔。 「正解の形」を実際に見ることで、伝え聞いているだけでは気づかなかった自分の無駄な動きの修正に役立ったのです。 日の呼吸の型は息を忘れるほど綺麗だったといいます。 剣をふるう時、縁壱は人ではなく精霊のように見えました。 あまりにも美しく、後に神楽として受け継がれた理由がわかると炭治郎は感じていました。 スポンサーリンク 炭吉一家の元から去る縁壱 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 数日間滞在したのでしょうか、やがて縁壱はまた旅立っていきました。 炭吉はまた遊びに来てほしいと言いますが、縁壱は黙って別れ際に耳飾りを渡します。 そのことで、もうここには来ないのだと悟る炭治郎。 炭吉も同様に思っていたようで、遠ざかっていく縁壱の物悲しい後ろ姿に向かって叫びます。 後に繋ぎます! 貴方は価値のない人なんかじゃない!! 何も為せなかったなんて思わないで下さい この耳飾りも日の呼吸も後世に伝える 炭吉が叫んだ言葉と全く同じことを炭治郎も考えていたからか、一瞬炭吉の顔が炭治郎と重なりました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 その言葉を、縁壱は「ありがとう」と受け取り、笑顔で去っていきました。 炭治郎は、自分たちの祖先を助けてくれた縁壱に、自分のほうこそありがとうと伝えたいと思っています。 縁壱がいなければ炭吉一家も鬼に殺されていました。 そうしたら、炭治郎も生まれてくることはできなかったのです。 そして、鬼の珠世を信じて逃がしたからこそ、今無惨を追い詰めることができている。 スポンサーリンク 十三番目の型の秘密 十二個の型は驚くほど正確に伝わっていました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 円舞 碧羅の天 烈日紅鏡 幻日虹 火車 灼骨炎陽 陽華突 飛輪陽炎 斜陽転身 輝輝恩光 日暈の龍・頭舞い 炎舞 縁壱が炭吉夫婦に見せた技はこの十二個だったのです。 かつての炎柱が縁壱から聞いた十三個めの型とは何だったのか? 型自体に十三個目はなかったのでしょうか? 炭治郎は、型の名前で気になっていたことがありました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 「円舞」と「炎舞」。 どちらも「えんぶ」と読みます。 同じ音の技名。 そして父炭十郎の言葉「正しい呼吸ができれば炭治郎もずっと舞える」 夜明けまでヒノカミ神楽を舞いつづけていた父・・・ そして今、改めて無惨の体のつくりを見て炭治郎は確信します。 日の呼吸の十二の型は繰り返すことで円環を成し、それ自体が十三個めの型となる!! スポンサーリンク 十二の型全てを繋ぐ!! これはつまり、無惨の攻撃をくぐり抜け、脳と心臓を夜明けまで斬り続けるということ。 円舞と炎舞でつながって、夜明けまで絶え間なく技を出し続けるのです。 これは・・途方もないことです!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 炭治郎は自ら、自分は縁壱や父炭十郎のような才覚はないと思っています。 しかも今は重症の身で、夜明けまで命がもつかどうかもわからない。 さらに無惨は、不利とわかれば体をバラバラにして逃亡することもわかっています。 それをどう阻止するか? 縁壱でさえできなかったことを、自分ができるのだろうか。 それでも炭治郎は、今自分にできることを精一杯やると、心を燃やします。 自分を鼓舞し、無惨に戦いを挑みました!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 無惨は、日の呼吸の型を正確に再現する炭治郎が縁壱と重なり 「亡霊が・・・!!」と叫びます。 先ほど柱たちを全滅させた時と同じ攻撃を炭治郎にもしかけました!! 傷を受けながらも即座に攻撃を見破る炭治郎。 みんながやられたのは、背中の九本の管と両腕以外にも八本の管を腿から出して高速で攻撃したからだと知ります。 立て続けにヒノカミ神楽の型を出す炭治郎。 そして、やっぱりつながる、そういうふうにできていると改めて確信したのです。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 「繋ぎます 次は十二の型全てを」 次号に続きます。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ 192-193 話のまとめ 家族を亡くし、鬼狩りからも追放され居場所を失った縁壱。 温かい炭吉一家に滞在し、ほんの少し心が癒されたのではないかな、と感じました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 そして「始まりの呼吸」でありながら、後継者がおらず幻となっていた日の呼吸。 当時、縁壱は請われれば誰にでも日の呼吸を教えていたといいます。 にもかかわらず炭治郎の時代に伝わっていないというのは、無惨が後継者をことごとく消していたからでした。 それほどまでに日の呼吸を恐れていたのは、やはり他の呼吸にはないものがあったからだと考えられます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 他の呼吸にないものというのは・・・やはり十二の型すべてがつながるようにできていて、絶え間なく攻撃を続けられるという点でしょうか? それがすなわち「十三番目の型」。 しかし、この十三番目の型は明らかに体への負担が半端ないです!! 炭治郎自身も感じていますが、夜明けまで炭治郎の体が持つのかどうか、心配です!! これまで炭治郎の数々のピンチを救い、共に戦ってきた禰豆子。 今回も、必ず炭治郎のピンチを救ってくれると信じています。 禰豆子!!早く来て!!.

次の

最新ネタバレ『鬼滅の刃』193

鬼滅の刃 193

発売日の2月3日は節分 豆 ということで禰 豆 子登場の噂も有りましたが、登場はまだ先のようです。 — ゆう 鬼滅の刃 sendai2future31 前話では13個目の日の呼吸が明らかになってきましたが今後どうなるのでしょうか? 考えられる展開を紹介していきたいと思います。 無惨戦が終わったらどうなる? 最近ネットでも話題になっているのが、無惨を倒したらどうなるということです。 最初の目標は無惨を倒すことでした。 その無惨を倒してしまったら、もう鬼滅の刃は終わってしまうのでしょうか? それともまた物語が続いていくのでしょうか? 禰豆子のこともありますし、人間に戻すことができるまでは続くのではないでしょうか? 今度は人間に戻す旅をしつつ、残った鬼を掃討していくのではないかと思われます。 炭治郎も無惨の毒で禰豆子のように鬼になってしまう可能性もあります。 いずれにせよ、炭治郎と禰豆子が幸せに暮らせる日が来てほしいものですね。 193話への感想・予想ツイート 12ある型を続けることでできる円環が13の型……待て…?たしか鬼滅の題字にも円環があったよな……… アァーーーーーーッッッ!!!!!!!泣く!!!!!!!鳥肌!!!!!! — とろろたべる tororotaberuyo 以下が鬼滅の刃192話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。 と同時に、縁壱さんの規格外さがよく分かる。 よりいちの存在を無価値じゃない。 よりいちが生んだ呼吸を後世に伝える。 と、きっとよりいちが欲しかった 私は焦がれていたと思う 人の温かさを炭吉さんから受け取ることが出来て良かった…。 、 — オクショウ/漫画原作者 okushou 鬼滅の刃最新話193話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 無惨の体に異変 無惨は炭治郎の攻めを防ぎながら、縁壱のことを思い出していました。 縁壱の赫刀、斬撃はこんなものではなかったようです。 炭治郎の斬撃より、縁壱に斬られたときの方が再生が遅かったのでしょうか? まだ炭治郎の斬撃は縁壱には及ばないようですが、以前より無駄がなくなり正確にはなっています。 そんな時に無惨は自分の体に違和感を覚えます。 この違和感は珠世の薬のせいだと思い、細胞から珠世を呼び出します。 薬は人になるものだと言っていましたが違うようです。 珠世の顔のみを出し聞きますが、人間に戻す薬としかいいません。 それと…と言いかけますが、止め無駄に増やした脳で考えろとあざ笑います。 そういわれて無惨は怒り再び珠世の頭を握り潰します。 珠世の薬には老化の効果も 無惨はそれならばと珠世の細胞から記憶を覗き見ます。 その記憶には珠世としのぶが出てきました。 2人で薬を作っている様子です。 しのぶはこの薬には人に戻す効果と、老化させる効果があると言います。 それを聞いて無惨は自分が老化してしまっていたことに気づきます。 自分の体を調べてみると、老化は9千年進んでいました。 この状況に無惨は驚愕します。 炭治郎の攻撃が続く 烏が夜明けまであと59分と告げます。 その間にも炭治郎は日の呼吸の型を打ち続けていました。 そしてようやく日の呼吸の12の型が繋げて打てたようです。 あとは無惨の脳と心臓を狙ってもっと正確に早く繰り返すのみです。 炭治郎も夜明けまで12の型を繰り返し続けようとします。

次の

最新ネタバレ『鬼滅の刃』192

鬼滅の刃 193

鬼滅の刃 第193話のネタバレ! 無惨は自身の経験から、死の縁を垣間見た生き物はより強靭になると知っている。 死を回避するために通常生きていく上では不必要だった感覚や力の扉が開かれると、無惨は戦いの中炭治郎を見据える。 扉を開けぬ者は死に扉を開いた者は強靭になるのだ。 炭治郎は妹の力に頼らずに刀身を赫くした、これは死の縁で扉を開いたのだと無惨は思う。 そして柱たちも各々のやり方で刀身を赫くしたが、これでは縁壱に遠く及ばない。 無惨 (あの男の赫刀は 斬撃は こんなものではなかった) 繋げ ゴウと音を立てながら炭治郎は地面を蹴る。 日暈の龍・頭舞い (にちうんのりゅう・かぶりまい)と火車 (かしゃ)を続けて放った。 これで六つの技が繋がった、これでようやく半分だ。 炭治郎は無惨を見据えて考える。 脳も心臓もぐるぐる動いている、攻撃に押されて胴まで刃が届かないと。 その動きは速すぎて、肺を殴られているみたいに感じる。 四肢は引きちぎられるように痛み、心臓も破裂しそうだった。 夜明けまでは一時間、そう考えるとガクと足から力が抜け炭治郎の体がよろめく。 すかさず無惨の攻撃が飛ぶが、すんでのところでこれを躱した。 集中しろと炭治郎は己を必死に鼓舞する。 今この瞬間の一秒以外考えるな、剣が鈍る手足が鈍ると必死に集中を保とうとしている。 炭治郎 (一秒だ一秒を繋げ 夜明けまでの一秒を繰り出せ) そして宙を舞い幻日虹 (げんにちこう)と灼骨炎陽 (しゃっこつえんよう)を繰り出した。 気付く異変 炭治郎の技の精度が落ちたことを無惨は即座に見抜く。 赫い刃もすぐに元に戻る、所詮此奴もこの程度だと炭治郎を見た。 縁壱のような存在がそうそう生まれてなるものか、そう思いながら攻撃を放つ。 炭治郎はそれを避けきれず、血を吐いたがその次に続けて飛んでくる攻撃をなんとか躱してその次の攻撃も躱した。 その様子に無惨は違和感を覚える。 炭治郎の動きは精彩を欠いていて無惨の目には遅く映る、人間ならば当然動いた分の疲労が足枷となるのだから遅くなっているはずなのだ。 しかし、何故その疲弊し切った手負いの人間一匹に止めを刺せないのかと無惨は自問する。 そして気付く、自身もまた遅くなっているのだということに。 珠世としのぶの策 自身が遅くなっていなければ、一対一でここまで時間はかからない。 そして、二度も止めを刺し損ねないと無惨は思う。 原因はきっと、珠世に違いない。 そう考えた無惨は取り込んだ珠世の細胞に事実を問いただした。 お前は何をした、自分に使った薬は人間返りのものではなかったのかと。 そして細胞から形作られた珠世は、お前に使った薬は人間に戻すものだと応える。 珠世 「それと…言わない 無駄に増やした脳味噌を使って考えたらどうだ?」 意地の悪い笑みとともに続きの言葉を拒絶する珠世の頭を、無惨はグシャと握り潰す。 そしてその細胞に残る記憶を読み取り始めた。 その記憶に登場したのはしのぶだ。 しのぶ 「薬は複数のかけ合わせにしましょう 分解されることは前提で進めるべきです」 そしてしのぶは、ひとつめは人間に戻す薬、そしてそれが効かなかった場合は残った薬がより強力に作用するように細工すると話している。 ふたつめは老化の薬が望ましいと、しのぶはさらに続けた。 珠世の作った薬なら、一分で五十年無惨を追いさせることができると。 老化していく体 記憶を読み取り、無惨ははっとする。 自身が老化し続けていたという事実に、納得していた。 老化の進行を喰い止めるために自身の力が削られ、柱を含め炭治郎たちに梃子摺ったのだ。 珠世が無惨に薬を使ったのが五時間近く前のこと。 薬が効き始めるまでの時間を差し引いたとしても三時間以上は薬が作用していると考えられた。 それはつまり、無惨の老いは九千年分まで達していることを意味している。 もっと早く気づくべきだった、頭髪の色が戻らないことから知ることは出来た。 その時、鴉が夜明けまでの時間が五十九分であることを告げる。 繋がる日 鴉の声を聞いてすぐ、炭治郎は再び無惨へ技を放ち始める。 日の呼吸 飛輪陽炎 (ひりんかげろう)、輝輝恩光 (ききおんこう)、碧羅の天 (へきらのてん)、火車 (かしゃ)、烈日紅鏡 (れつじつこうきょう)、炎舞 (えんぶ)、幻日虹 (げんにちこう)、円舞 (えんぶ)、斜陽転身 (しゃようてんしん)、灼骨炎陽 (しゃっこつえんよおう)、日暈の龍・頭舞い (にちうんのりゅう・かぶりまい)、陽華突 (ようかとつ) ついに十二の技が繋がった。 もっと速く、もっと正確に技を繰り出さなくてはならない。 炭治郎 (繰り返せ この十二の巡りを!!夜明けまで!!) >>• 登録から1ヶ月無料• 600P分(コミック1冊分)の漫画が読める• U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、最新刊もポイントを使って無料で読むことができますよ! 紹介した動画配信サービスに登録しただけで、 2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。 鬼滅の刃 第193話の感想・考察 炭治郎はなんとか戦えるギリギリの状態には違いないと思っていましたが、ここで再びの珠世さんとしのぶさんに目頭が熱くなります。 人間返しの薬に老化の薬を隠している周到さが、さすがですね。 ついに夜明けまで一時間を切りました。 ここからの戦いも注目です! 次回、週刊少年ジャンプの 発売日は2020年2月17日になります。 発売され次第、『鬼滅の刃』最新話のネタバレをしていきますね! 以上、『鬼滅の刃』第193話のネタバレ感想でした。

次の