妊娠初期 お腹が張る。 妊娠中のお腹の張り!張っているけど大丈夫?赤ちゃんからの大事なサイン?

妊娠初期の胃部膨満感

妊娠初期 お腹が張る

横になっていて起き上がったときや、長い坂道を上ったあとなどに、お腹がかたくなっていることがあります。 これを「張り」と呼んでいます。 ふだんの子宮は、やわらかくゆるんだ状態ですが、神経や筋肉が緊張して子宮が収縮すると、「張り」が起こります。 張っているときのお腹を外から見てみると、子宮がかたく盛り上がったような感じになっています。 しかし、その感じ方は十人十色で、パンパンに張った風船のように感じる人、お腹が突っ張った感じがする人、重苦しく感じる人など、いろいろです。 初産婦さんはとくに「張り」の感じをイメージしにくいかもしれませんが、日ごろから自分のお腹の感触を知っておくと、張ったときに違いがわかると思います。 お腹の張りの原因 お腹の冷え お腹が冷えると、膀胱も収縮してトイレが近くなります。 子宮も同じ筋肉でできているので、張りを感じることも。 お腹の締め付け 腹帯やガードルでおなかを締め付けていると、張りを感じることがあります。 疲れ 長時間歩き回ったり、立ちっぱなしだったときなどは、お腹がよく張ります。 オーガズム オーガズムを感じたとき、お腹がかたくなったり、張りを感じることがあります。 便秘 がひどくなると、お腹の張りを感じることがあります。 ストレス ストレスが原因で、お腹の張りを感じることもあります。 張りには精神的な影響もあるのです。 生理的なお腹の張り お腹の張りには、生理的なものと、異常につながる病的なものとがあります。 妊娠24週を過ぎるころから、お母さんが長時間動いたり、おなかの赤ちゃんがよく動いたりしたときに張るようになるのは生理的な張りです。 さらに後期になると、神経が興奮しやすくなったり、筋肉も緊張しやすくなるため、張る回数も増えてきますが、横になってしばらく休んでおさまるようなら心配いりません。 また、子宮の収縮とは別に、大きくなった子宮が腸や膀胱など、まわりの臓器を圧迫することで生じる張りや、悪化した便秘が原因の張りもあります。 心配なお腹の張り 一方、心配な張りは、安静にしてもおさまらなかったり、一定の間隔で周期的に続く場合です。 目安として、30週以前なら1時間に3回以上、30週以降なら1時間に5回以上張り があり、安静にしてもおさまらないようなら、念のため診察を受けたほうがいいでしょう。 お母さんが 妊娠高血圧症候群などの合併症にかかっていたり、腎臓病やなどの持病がある場合は、切迫早産になりやすい傾向があるので、張りがすぐにおさまっても、頻繁にあるときは要注意です。 絨毛羊膜炎 切迫早産につながるお腹の張りを引き起こす原因のひとつとしてよく挙げられているのが、「 絨毛羊膜炎」というものです。 これは腟炎などがきっかけになり細菌が腟から子宮頸管を伝って、赤ちゃんを包んでいる卵膜に感染し、炎症を起こすものです。 これが刺激になって、子宮を収縮させたり、陣痛が始まらないうちに破水してしまう( 前期破水)といった早産の徴侯の原因となります。 頻度は少ないですが、突然、おなかが板のようにかたくなり、激しい痛みをともなったときは、赤ちゃんよりも先に胎盤がはがれてしまう「 常位胎盤早期剥離」を起こしていることも考えられます。 お腹の張りの8割は心配のないもの 「お腹の張り」のすべてが流・早産につながるものではありません。 「張ってるかな?」とお腹にばかり神経を集中させていると、いつもはまった心配・トラブル気にならない排尿後の膀胱の収縮などまで感じ取ってしまうということもあります。 ただ、張りの8割は心配のないものといわれています。 しばらく安静にしていてもおさまらなかったり、出血や痛みをともなったりしないかぎり、気にしすぎないでください。 とはいっても、たとえ心配ない張りでも、それが頻繁に続いて、その状況を放置していれば、心配な張りにつながる可能性はあります。 その場合は、注意が必要になります。 妊娠後期はお腹が張りやすい 妊娠30週を過ぎると、お腹の張りが頻繁になると訴える妊婦さんが増えてきます。 ポータブル陣痛計を用いた、子宮収縮を調べた実験があります。 それによると、妊娠20~28週の妊婦さんで30秒以上の子宮収縮は30分間に1. 3~1. 5回だったのに対し、28週以降、徐々に頻度が増し、34週では平均で30分間に3回を超えるようになったようです。 同じく収縮の強度も、30週を境に増すという結果が出ています。 とくに仕事を持っている人は、休憩時間にはできるだけ体を休めるよう心がけましょう。 同時に、精神的にもリラックスして過ごせるよう、ストレスをためないことも大切です。 そのときの張り自体は危険なものではありませんが、その張りがいつまでも続くようだと心配な張りへ変わっていくおそれもあります。 張りを感じたときはいったんやめて、少し様子を見るようにしてください。

次の

【医師監修】妊娠中期のおなかの張りはガス? 張る原因と対処法|ウーマンエキサイト(1/2)

妊娠初期 お腹が張る

お腹が張っても、休んでいるうちに、徐々に張りがおさまってくれば問題ありません。 下記のような症状は、 早産や 流産などの可能性もあります。 すぐに病院を受診しましょう。 <すぐに病院に行くべき>• お腹の張りとともに痛みがある• 痛みがどんどん強くなっている• 出血している• 1時間以上も張りがある• 1日に何度も張りを感じる お腹が張っても少し休めばおさまるときは、生理的な子宮の収縮と考えられるため、問題ありません。 ただし、性器から出血したり、突然お腹がかたくなって痛みが激しくなった場合は早急に受診してください。 「 常位胎盤早期剥離」といって、妊娠20週以降に子宮の中で胎盤が剥がれてしまうことがあります。 胎児が酸素不足になってしまいます。 早急に受診しましょう。 「心配のない張り」なのか、切迫流産や早産につながる「心配な張り」なのか、 自分で見極めるのは難しいので、 気になったら必ずかかりつけの産婦人科を受診してください。

次の

妊娠超初期~初期、注意したい腹痛・気にしなくていい腹痛|たまひよ

妊娠初期 お腹が張る

ひどいお腹の張りを感じた場合、子宮頸管長が短くなっている可能性があります。 妊娠後期であれば子宮口が少しだけ開いている可能性もあるでしょう。 切迫流産や切迫早産の危険性が高まるため、病院から自宅で絶対安静という指示が出される人もいます。 自宅安静とは、家で横になるという意味であり、基本的に家事はせずに食事とトイレ以外は動いてはいけません。 お腹の張りの状態によっては、薬が処方されます。 動悸などの副作用が出る場合がありますが、自己判断で勝手に服用をやめるのは控えましょう。 破水を招く可能性があるため、性交渉も避けましょう。 入院ではないからと油断するのは危険です。 体調が悪いわけではなく、「自分は大丈夫」だと思っていても、家事などはパパや家族にお願いしましょう。 どうしても家族の協力が得られない場合には、医師から入院をすすめてくれることもあります。 困ったときには、主治医に相談しましょう。 子宮頸管があまりにも短くなり、お腹の張りがおさまらない場合には、安静入院になる可能性があります。 大半が突然の入院となるため、自分だけでなく家族にとっても一大事です。 上の子がいる場合は、急に母親がいなくなるために子ども自身もつらく、世話をするほかの家族も対応に追われるでしょう。 出産までに症状が落ち着けば退院できますが、落ち着かなければ出産まで病院を出られない人もいます。 子宮頸管が短くなった、または子宮口が開いているなど切迫早産の症状の重さによって安静度は変わりますが、基本的にはトイレとシャワー以外はベッドで寝ていなくてはなりません。 お腹の張りがひどいケースでは、排泄・食事ともに寝たきりで、シャワーも禁止され、非常につらい毎日を送ることになります。 服薬でお腹の張りが治まらない人は、ウテメリンなどの薬(子宮収縮抑制剤)が24時間点滴されます。 点滴が長期化すれば血管がぼろぼろになり、点滴の針を刺す場所がなくなります。 常に薬が血管を流れることで血管に負担がかかるため、炎症が起こったら血管炎の痛みとの戦いにもなるでしょう。 寝たきり状態が続くと筋肉もおとろえ、「分娩にたえられるだろうか」と不安になるかもしれません。

次の