ニキビ 頬 治らない。 治らない赤ニキビはどうしたらいいの?その原因と対策|feely(フィーリー)

なぜ?頬ニキビが治らない原因。早く治す方法は【医師監修】

ニキビ 頬 治らない

Contents• 頬の大人ニキビ全般の原因は? 頬は常に外気にさらされているため、刺激を受けやすく乾燥もしやすいのです。 こうした肌への負担以外にも、生活習慣や内臓の不調も大人ニキビの原因となります。 ここでは大人ニキビが頬に出来る原因についてご説明します。 スキンケアに気を遣っているという人もぜひ参考にください。 普段気にしていないものが、頬の大人ニキビの原因になり得るからです。 頬に大人ニキビがあるとメイクのノリも悪くなるので、ニキビの発生や悪化を防ぎましょう。 乾燥 額から鼻にかけてのTゾーンに比べ、頬や顎は汗や皮脂があまり分泌されません。 そのため、肌のバリア機能が低くすぐに乾燥してしまうのです。 乾燥状態が続く事で、皮脂が過剰に分泌されやすい肌になります。 これを「乾燥性脂性肌」や「インナードライ肌」と呼びます。 余分な皮脂が毛穴詰まりを引き起こし、結果として大人ニキビが出来るのです。 また、乾燥はターンオーバーの乱れも招きます。 ターンオーバーが正常に行われないと肌表面の角質が厚くなり、余計に頬の毛穴が詰まりやすくなるのです。 外的刺激 よく頬杖をつく人は要注意です。 無意識に頬に触れると、肌に刺激を与えてしまいます。 今、頬に大人ニキビが出来ているなら、なおさら手で触れてはなりません。 気になって触ると雑菌が入り大人ニキビを悪化させてしまいます。 また、髪の毛が頬に触れるのも刺激となり、その部分に雑菌が繁殖し大人ニキビが出来るのです。 髪の長い人は、頬の大人ニキビを予防するためになるべく束ねておきましょう。 ショートヘアの人でも、ヘアピンやカチューシャ等で頬に髪がかかるのを防ぐ事が出来ます。 食生活や生活習慣の乱れ 糖分や油分を過剰に摂取する食生活を送っていると、皮脂が多量に分泌され大人ニキビが出来やすくなります。 また、ビタミン類の不足も頬の大人ニキビの原因になるのです。 ビタミン類は肌のターンオーバーを促す働きを持つので、頬の大人ニキビを防ぐには重要な栄養素と言えます。 日々欠かさず摂取しましょう。 そして、不規則な生活リズムも、大人ニキビが出来やすい環境を作ってしまいます。 ごはんを食べる時間や寝る時間が毎日バラバラ、睡眠時間が短いという人は改善する必要があるでしょう。 ホルモンバランスの乱れ 疲れやストレスを溜めやすい人は、ホルモンバランスが乱れている恐れがあります。 ホルモンバランスの乱れはターンオーバーのペースを崩し、皮脂の過剰分泌を促すのです。 具体的にホルモンバランスの乱れとは、以下のような状態を指します。 大人ニキビの一般的な治し方として薬を使う事が挙げられますが、使い過ぎは逆効果です。 人の肌には常在菌という肌を守る働きを持つ菌がいます。 大人ニキビは、常在菌のバランスが崩れ肌のバリア機能が落ちている時に出来やすいのです。 ニキビケアの薬を使い過ぎると、アクネ菌だけでなく常在菌まで殺してしまいます。 すると、肌表面の常在菌のバランスが崩れ、頬の大人ニキビがなかなか治らない、または増えたという事になるのです。 ここでは、スキンケアや生活習慣の注意で頬の大人ニキビを治す方法をお伝えします。 薬以外にも治す手段がある事を知っておきましょう。 頬の大人ニキビを治す市販薬 頬の大人ニキビを治にすは、抗炎症作用や抗菌作用を持つ市販薬を使いましょう。 「ペアアクネクリーム」や「テラコートリル」には、強い抗炎症作用や抗菌作用があるため頬の大人ニキビに効果的です。 市販薬は、ニキビケア用の化粧品よりも高い効果があります。 しかし、中には長期間の使用が好ましくない物もあるので注意してください。 例えば「ペアアクネクリーム」にはステロイドが含まれています。 ステロイド外用薬は長期間使用していると大人ニキビの悪化、湿疹など副作用が生じるケースがあるのです。 頬の大人ニキビを治す化粧水 頬は乾燥しやすい場所なので、保湿は欠かせません。 洗顔を終えたら5分以内に化粧水を付けてください。 頬の大人ニキビを治すなら、化粧水は大人ニキビに効果的なものを選びましょう。 次ような成分が含まれているものが、頬の大人ニキビに有効です。 上記の成分は、大人ニキビの炎症を抑えたり肌を保湿してくれる成分です。 具体的な商品としては、「ラミューテ」や「草花木果」が頬の大人ニキビに効果を現します。 一方、拭き取り化粧水に含まれるピーリング系はオススメしません。 フルーツ酸などを含むピーリング系化粧水は大人ニキビの予防には役立ちます。 しかし、今出来ている大人ニキビに付けても効果が得られません。 頬に触れる寝具を清潔にする 寝る前にお風呂に入ったとしても、寝ている間に皮脂や汗が寝具に染み込むのです。 一見きれいでも雑菌が繁殖しています。 よって、同じ寝具を使い続けるのは衛生上好ましくありません。 特に横を向いて寝る人は枕カバーを頬に密着させる事になるのです。 枕カバーだけでなく、シーツや掛け布団のカバーに至るまで寝具をこまめに洗濯、交換しましょう。 それだけでも頬の大人ニキビ改善につながります。 特に枕カバーは毎日取り換えてください。 食生活や生活習慣の改善 食事は毎日同じ時間に取り、栄養の偏りのない献立にする事が大切です。 頬の大人ニキビを治すためには、ビタミンCを忘れずに摂取しましょう。 ビタミンCには、ターンオーバーを促しメラニン色素の生成を抑える働きがあります。 そのため、頬の大人ニキビの赤みを取り除いたり、ニキビ跡を改善させる事が出来るのです。 1日に200gのビタミンCを摂取する事が理想とされています。 また、脂質や糖質、アルコールを控えめにする事も忘れないで下さい。 食生活と同時に生活習慣にも注意を向けましょう。 睡眠をしっかり取る事で、肌を修復する成長ホルモンが多く分泌されるのです。 毎日同じ時間に就寝し、最低7時間寝れば頬の大人ニキビは改善されていくでしょう。 頬の大人ニキビのまとめ.

次の

なぜ?頬ニキビが治らない原因。早く治す方法は【医師監修】

ニキビ 頬 治らない

Contents• 頬の大人ニキビ全般の原因は? 頬は常に外気にさらされているため、刺激を受けやすく乾燥もしやすいのです。 こうした肌への負担以外にも、生活習慣や内臓の不調も大人ニキビの原因となります。 ここでは大人ニキビが頬に出来る原因についてご説明します。 スキンケアに気を遣っているという人もぜひ参考にください。 普段気にしていないものが、頬の大人ニキビの原因になり得るからです。 頬に大人ニキビがあるとメイクのノリも悪くなるので、ニキビの発生や悪化を防ぎましょう。 乾燥 額から鼻にかけてのTゾーンに比べ、頬や顎は汗や皮脂があまり分泌されません。 そのため、肌のバリア機能が低くすぐに乾燥してしまうのです。 乾燥状態が続く事で、皮脂が過剰に分泌されやすい肌になります。 これを「乾燥性脂性肌」や「インナードライ肌」と呼びます。 余分な皮脂が毛穴詰まりを引き起こし、結果として大人ニキビが出来るのです。 また、乾燥はターンオーバーの乱れも招きます。 ターンオーバーが正常に行われないと肌表面の角質が厚くなり、余計に頬の毛穴が詰まりやすくなるのです。 外的刺激 よく頬杖をつく人は要注意です。 無意識に頬に触れると、肌に刺激を与えてしまいます。 今、頬に大人ニキビが出来ているなら、なおさら手で触れてはなりません。 気になって触ると雑菌が入り大人ニキビを悪化させてしまいます。 また、髪の毛が頬に触れるのも刺激となり、その部分に雑菌が繁殖し大人ニキビが出来るのです。 髪の長い人は、頬の大人ニキビを予防するためになるべく束ねておきましょう。 ショートヘアの人でも、ヘアピンやカチューシャ等で頬に髪がかかるのを防ぐ事が出来ます。 食生活や生活習慣の乱れ 糖分や油分を過剰に摂取する食生活を送っていると、皮脂が多量に分泌され大人ニキビが出来やすくなります。 また、ビタミン類の不足も頬の大人ニキビの原因になるのです。 ビタミン類は肌のターンオーバーを促す働きを持つので、頬の大人ニキビを防ぐには重要な栄養素と言えます。 日々欠かさず摂取しましょう。 そして、不規則な生活リズムも、大人ニキビが出来やすい環境を作ってしまいます。 ごはんを食べる時間や寝る時間が毎日バラバラ、睡眠時間が短いという人は改善する必要があるでしょう。 ホルモンバランスの乱れ 疲れやストレスを溜めやすい人は、ホルモンバランスが乱れている恐れがあります。 ホルモンバランスの乱れはターンオーバーのペースを崩し、皮脂の過剰分泌を促すのです。 具体的にホルモンバランスの乱れとは、以下のような状態を指します。 大人ニキビの一般的な治し方として薬を使う事が挙げられますが、使い過ぎは逆効果です。 人の肌には常在菌という肌を守る働きを持つ菌がいます。 大人ニキビは、常在菌のバランスが崩れ肌のバリア機能が落ちている時に出来やすいのです。 ニキビケアの薬を使い過ぎると、アクネ菌だけでなく常在菌まで殺してしまいます。 すると、肌表面の常在菌のバランスが崩れ、頬の大人ニキビがなかなか治らない、または増えたという事になるのです。 ここでは、スキンケアや生活習慣の注意で頬の大人ニキビを治す方法をお伝えします。 薬以外にも治す手段がある事を知っておきましょう。 頬の大人ニキビを治す市販薬 頬の大人ニキビを治にすは、抗炎症作用や抗菌作用を持つ市販薬を使いましょう。 「ペアアクネクリーム」や「テラコートリル」には、強い抗炎症作用や抗菌作用があるため頬の大人ニキビに効果的です。 市販薬は、ニキビケア用の化粧品よりも高い効果があります。 しかし、中には長期間の使用が好ましくない物もあるので注意してください。 例えば「ペアアクネクリーム」にはステロイドが含まれています。 ステロイド外用薬は長期間使用していると大人ニキビの悪化、湿疹など副作用が生じるケースがあるのです。 頬の大人ニキビを治す化粧水 頬は乾燥しやすい場所なので、保湿は欠かせません。 洗顔を終えたら5分以内に化粧水を付けてください。 頬の大人ニキビを治すなら、化粧水は大人ニキビに効果的なものを選びましょう。 次ような成分が含まれているものが、頬の大人ニキビに有効です。 上記の成分は、大人ニキビの炎症を抑えたり肌を保湿してくれる成分です。 具体的な商品としては、「ラミューテ」や「草花木果」が頬の大人ニキビに効果を現します。 一方、拭き取り化粧水に含まれるピーリング系はオススメしません。 フルーツ酸などを含むピーリング系化粧水は大人ニキビの予防には役立ちます。 しかし、今出来ている大人ニキビに付けても効果が得られません。 頬に触れる寝具を清潔にする 寝る前にお風呂に入ったとしても、寝ている間に皮脂や汗が寝具に染み込むのです。 一見きれいでも雑菌が繁殖しています。 よって、同じ寝具を使い続けるのは衛生上好ましくありません。 特に横を向いて寝る人は枕カバーを頬に密着させる事になるのです。 枕カバーだけでなく、シーツや掛け布団のカバーに至るまで寝具をこまめに洗濯、交換しましょう。 それだけでも頬の大人ニキビ改善につながります。 特に枕カバーは毎日取り換えてください。 食生活や生活習慣の改善 食事は毎日同じ時間に取り、栄養の偏りのない献立にする事が大切です。 頬の大人ニキビを治すためには、ビタミンCを忘れずに摂取しましょう。 ビタミンCには、ターンオーバーを促しメラニン色素の生成を抑える働きがあります。 そのため、頬の大人ニキビの赤みを取り除いたり、ニキビ跡を改善させる事が出来るのです。 1日に200gのビタミンCを摂取する事が理想とされています。 また、脂質や糖質、アルコールを控えめにする事も忘れないで下さい。 食生活と同時に生活習慣にも注意を向けましょう。 睡眠をしっかり取る事で、肌を修復する成長ホルモンが多く分泌されるのです。 毎日同じ時間に就寝し、最低7時間寝れば頬の大人ニキビは改善されていくでしょう。 頬の大人ニキビのまとめ.

次の

【医師監修】頬ニキビの6つの原因と治し方|ツルツル肌を目指す対策

ニキビ 頬 治らない

洗顔後の保湿を怠ると、肌の表面はテカテカだけど内側は乾燥しているインナードライ肌になりやすいです。 以下のようなスキンケアをしている方は注意しましょう。 洗顔後に化粧水をつけない• 市販の安いニキビケア化粧水を使っている• 化粧水のあとに乳液などで保湿しない 特に市販のニキビケア化粧水は 皮脂を抑える成分(アルコールなど)が多めに含まれているので、肌が乾燥しやすくなっています。 ちゃんと保湿成分も一緒に含まれている 化粧水で肌に潤いを与え、乳液(オイルフリー)でフタをするようにしましょう。 詳しくは「」を見てください。 3.ストレスや睡眠不足など 頬ニキビができやすい原因の一つがホルモンバランスも乱れ。 もし、左側の頬にだけニキビができやすい場合は ストレスや睡眠不足、体の疲れ、生理前、緊張・不安など精神的なものが影響している可能性もあります。 チョコレートやアイスなど糖分の取り過ぎ• 脂っこいものなど脂肪分の多い食べ物をよく食べる• 外食やファーストフード、コンビニで食事を済ませる• お酒を飲む機会、飲む量が多い• 野菜などビタミンや食物繊維をあまり摂らない このような食生活をしていると肝臓や胃腸の調子が悪くなっている場合もあります。 特に右側の頬にニキビができやすい場合は要注意。 糖分やお酒に含まれるアルコールは分解するときに、 肌の生まれ変わりをサポートするビタミンBを消費するので、ニキビが治りにくくなります。 関連記事 こちらを参考に、バランスの良い食事を摂るように意識してみてください。 5.頬を触ったり、いじったりする 頬にニキビができると無意識に触ってしまったり、刺激が加わっています。 例えば、 手には予想以上に 雑菌が付着しているので、触らない・潰さないように気をつけましょう。 雑菌のせいで炎症が酷くなる可能性があります。 ニキビ跡まで悪化させないためにもガマンしてくださいね。 ベッドや布団は1日の中でも過ごす時間が長い場所です。 寝具には 皮脂の汚れやよだれ、フケ、ダニ、ほこりなど、見えない汚れが溜まって雑菌が繁殖してる場合もあるので、頻繁に洗濯しましょう。 片方の頬にだけニキビができている場合は、寝具の汚れが原因の可能性も。 横を向いて寝る方は特に寝具の汚れに注意してください。 頬ニキビが治らない原因を大きく分けると それと同じで、傷口を修復するために毛細血管が集まって、血液が集中しているから赤みを強く感じてしまうんです。 赤みを放置すると肌の深い部分で赤みが残ってしまう可能性もあります。 ビタミンC誘導体化粧水+保湿配合の化粧水で肌の奥から回復させていきましょう。 あと、睡眠中に肌が生まれ変わるので、睡眠時間も確保しましょうね。 まずは、冷たいタオルやぬるま湯で顏を冷やしてください。 かゆくなっている患部を冷やすことが一番の対処法になります。 ニキビがかゆくなると我慢できなくなって、ボリボリと掻いてしまいたくなりますが、ニキビ跡になって後悔することになるので絶対に止めましょう。 外出中の対策もしたいなら、ミスト状の化粧水を用意しておくのもおすすめです。 まとめ 頬は乾燥しやすく、外部からの刺激を受けやすいのでニキビが治りにくい場所です。 だから、まずは頬ニキビが治らない原因で当てはまるものがあれば改善しましょう。

次の