台湾 カステラ レシピ。 ふるふるの台湾カステラをえもじょわさんのレシピで作ってみました

ふるふるの台湾カステラをえもじょわさんのレシピで作ってみました

台湾 カステラ レシピ

ほんのり甘くてふるっふるで、シュワっシュワの食感がたまらない、「台湾カステラ」。 人気になって久しいですが、私も作ってみました! ほわぁ!!! 甘さ控えめで、空気のように軽い台湾カステラは、焼きたてが命。 クッキングペーパーをはがせば、ふるっふるのカステラがお目見えします。 驚くほどシュワッと軽い生地は、冷めればしっとりフワフワで、間に生クリームを挟んだものも売られています。 だけど、オーブンから出したばかりの時はあんなに膨らんでいるのに、 カステラはあっという間にしぼんでいく。 しっかりと膨らんではいるのですが、ふわふわ過ぎて、生地の下側が、全体の重さに耐えられずに潰れてしまう・・・。 よく見ると、下側がつぶれて目が詰まっている。 こちらは、一晩おいた後のカステラの写真。 膨らまなかったわけでもないし、真ん中が凹んでいるわけじゃない。 カステラの形は維持している。 間にクリームを挟めば、販売品と変わらない・・・、かもしれない・・。 でも、焼いたばかりの時はもっと膨らんでいて大きかった・・。 これはこれで美味しいので、冷めればある程度しぼむものだと思えばそれで納得なんですが・・・。 本当にしぼんでしまうものなのか? 元々そういうものなのか?? 何かが間違っているのか・・??? 本物を食べたことないから分からんが、私はどうにかこうにか、焼きたての高さを維持したまま冷ましたい! 焼き縮みしてないカステラを焼きたい!! と言う訳で検証です。 台湾カステラは、とにかくふるふるなので、重さに耐えられない?? 私が出した結論からいうと 結局、『 全く縮まないカステラは存在しないのでは・・?中の空気も冷気で小さくなるし、 少し小さくなるのは仕方ない事と割り切る』という感じです。 が、それでも今回、検証を重ねた結果、許容範囲内で納まる縮小でのカステラ制作に、私は成功しました! ほんの一回り弱小さくなったけど、冷めても弾力と高さを維持したカステラ 台湾カステラの一般的な材料は、サラダ油に牛乳、卵に砂糖に小麦粉です。 ベーキングパウダーなどは使用せず、メレンゲの泡のみで生地を膨張させ、使用する粉の量はわずか。 メレンゲを作る事や、粉の量が少ない所はシフォンケーキと似ているけれど、シフォンのように型を逆さにして完全に冷ましたりはせず、オーブンから出したらすぐに型から外します。 型にはパラフィン紙を使うし、型に気泡を焼き付けるような事もしません。 シフォンケーキは、そのままにしておくと膨らんだ生地が重さで沈んでしまうため、型を逆さまにして完全に冷えるまで、型から外しません。 それだけ、焼きたてはデリケートだという事ですよね。 でも、台湾カステラは、半生のようなプルプルさが味わえる焼きたてをいただくのが醍醐味。 う~ん、カステラはシフォンとも違うけど、多少の焼き縮みは仕方ないという事なのか?? という事で、一般的な失敗の例を調べてみた と言う訳で、一見ふわしゅわにできていると思われる台湾カステラ。 どこがいけなかったのか、一般的に何が良くないと失敗しやすいのか等を調べてみる事にしました。 こういうの、プロパティシエさんとかなら科学的に説明できるんだろうなぁ・・。 しっかり混ざっていないと、気泡を支える事ができない。 古い卵や、夏場の水っぽい卵白だと、上手くいかないことがあるらしい・・。 プロの場合、夏場は乾燥卵白を添加して、水っぽさを補ったりするらしいけど、乾燥卵白って初めて聞いたよ、どこで売ってるの?? ・・、ここで売ってた・・。 高い温度で、でんぷんを充分に糊化させるためです。 十分に糊化したでんぷんは、水分を抱えこみ、スポンジのふくらみを助け、しっとりとした口当たりにしてくれます。 糊化の時に油の温度が低いと、小麦粉が十分に糊化しない為、ふくらみが悪かったり、しっとりとした口当たりにならないこともあるんだそうな・・。 お菓子を作る人は分かると思うんですが、ホームメイドでも、お菓子作りにはびっくりするほど砂糖を使います。 砂糖には、気泡を安定させたり、水分を保ったりと、お菓子作りには欠かせない様々な働きをしてくれます。 自己判断で無闇に減らすと、失敗する事が多いです。 これをしないと、中の空気が冷えて収縮し、ちゃんと焼きあがっていても焼き縮みが起こります。 その他にも、急激に冷やしすぎたとか色々あるみたいなんですが、大体この辺がメジャーな失敗かと思います。 次は、しぼまないカステラを作るために、私が準備したものを紹介します。 いい卵!! 近所の養鶏場で買ってきた有精卵。 10玉500円の高級品。 今まで使ってきたのはスーパーの特売品ですが、ちゃんと膨らんでくれました。 普通に買ってすぐなら鮮度も問題ないと思うのですが、ここは気張っていい卵で検証してみたいと思います。 余談ですが、卵にはサイズがありますよね。 グラム表示されていないレシピの場合(〇個とか書いてあるタイプのレシピ)、使用するたまごのサイズで仕上がりが違う事も考えられます。 今回はL玉を使用。 特売品は、MSとか不揃いな卵とかが多いので、原因はそこにもあるのかも。 因みに、高いだけあって、用意した卵の白身はこんもりと粘りがあった。 必殺、「ベーキングパウダー」。 台湾カステラのレシピには、ベーキングパウダー使用のものはほとんど見かけません。 ベーキングパウダーを使用しなくても、メレンゲをしっかり泡立てて、レシピ通りに作ればちゃんと生地は膨らみます。 ただ、ベーキングパウダーは、熱で膨らんだ気泡を安定させる働きもあるのです。 生地を膨らませるだけが、ベーキングパウダーの役目ではないんですね。 という事で、ベーキングパウダー使用のカステラも試します。 それから、準備するのは中力粉にしました(写真なし)。 薄力粉でもいいらしいのですが、気泡をしっかり支える為、グルテン量の多い中力粉を使用します。 強力粉も試してみたかったのですが、コロナの巣ごもり需要により、どこの店でも品切れ中・・・。 次回、検証です。

次の

基本の台湾風カステラ

台湾 カステラ レシピ

- 2019年 2月月22日午前2時16分PST でかい! そして、こんなにふるふるなんです…。 — 新カステラ shincastellahisou gmail. com 配送注文メール 配送時間指定可能 Shinkasutera 台湾カステラとは、もともと台湾の 淡水名物の 「現烤蛋糕(シェンカォウダンゴウ)」という名前の台湾式のスポンジケーキ。 英語では、 "Taiwanese castella cake" とか "Taiwanese sponge cake" などと言われています。 台湾カステラの味 台湾カステラを実際に食べてみると、日本のカステラとは全然違う! ふわふわとして、とてもきめ細かくしっとりとした食感。 それほど甘くはなく、卵の味がしっかりと感じられます。 カステラというよりは、シフォンケーキに近い感じ。 味を例えるなら、「スフレチーズケーキの食感のシフォンケーキ」と言えるかもしれません。 そして、軽いのでパクパクたくさん食べられるのが危険…! お店によっては、チーズ、チョコレート、コーヒー、抹茶などのフレイバーを出しているところもあります。 台湾カステラの特徴 長崎カステラは、材料にはちみつ(水飴の場合も)とざらめ糖(結晶が大きい砂糖)が使われます。 それがあの独特の香ばしさや甘みを出しているんですね。 それに対し、台湾カステラの国内外のレシピを調べてみたところ、材料や製法に特徴があることがわかりました。 これがどういうことかというと、 材料はシフォンケーキと全く同じなんです。 卵の白身を泡立ててメレンゲにすることも同じ。 これがあのふわふわの秘密です。 違うのは、 湯煎焼き。 シフォンケーキって割と外側が乾燥している感じですよね。 それは、そのまま焼いているからです。 台湾カステラは、 湯煎焼きといって、トレイにお湯をはり、その中にケーキを置くことによって、 オーブンで蒸しながら焼くのです。 これが、あのしっとりした食感の秘密! 油を温めることに関しては、温めずに混ぜるレシピもあり、温めることでどんな違いが出るのかはわかりませんが、湯煎焼きが台湾カステラの食感を決める大事なポイントだったのですね。 台湾カステラの美味しい食べ方 台湾カステラは、甘みが強すぎないので、アレンジして違う美味しさが楽しめるのも嬉しいですね。 おすすめの食べ方を紹介します。 焼きたてをそのまま 焼きたては外側がサクッとしていてアツアツフワフワの食感で最高! 焼きたてに遭遇したら、迷わずそのまま食べちゃいましょう。 冷やして 冷やすとフワフワというより、しっとりとした食感に変わります。 よく冷やしてそのまま、または泡立てた生クリームを添えて食べましょう。 オーブントースターで焼いて 食べる分だけスライスしてオーブントースターで焼くと、外側がカリッとして香ばしく、焼きたてのサクサク感とはまた違った美味しさ。 お好みで、バターをのせてパンケーキのようにして食べても。 デコレーションケーキの台として 綺麗なスポンジケーキなので、デコレーションケーキの台としても優秀です。 プレーンの台湾カステラを上下に2等分して、間や上に泡立てた生クリームや果物を挟んだり飾ったりして自分好みのデコレーションケーキを作ってください。 1日置くと、ケーキとクリームが馴染んでよりしっとりと美味しくなります。 台湾カステラの人気レシピ 作り方はほとんどシフォンケーキと同じなので、普段からお菓子作りをしている人には、台湾カステラはとても簡単! ぜひ自分で作ってみましょう。 基本材料は、 卵、砂糖、小麦粉、油、牛乳と常備しているような食材ばかりで、思い立ったらすぐに作れるのも嬉しいですね。 台湾カステラはとてもシンプルなので、実を言うとどのレシピでも材料や工程にそれほど差はありません。 自分の持っている型の大きさに合うレシピを選ぶといいかもしれません。 台湾カステラ こちらもクックパッドで人気のレシピです。 台湾カステラを東京や日本で買えるお店は? 日本で台湾カステラを購入できるお店をご紹介します。 新カステラ(高円寺) 2017年オープンの 新カステラ。 甘さ控えめで、台湾のカステラをさらに日本人の好みに合うように進化させた、まさに「新カステラ」です。 com 配送注文メール 配送時間指定可能 Shinkasutera 季節によって違うフレイバーがあるので、通いたくなりますね。 ご了承願います。 — 新カステラ shincastellahisou gmail. ツイッター: Eメール:shincastellahisou gmail. 注意点としては、カステラがフワフワのため、配送中の衝撃で少しつぶれてしまう場合があるとのことです。 できたらお店で焼きたてを購入するのが一番ですが、お店まで足を運べない人は、ぜひ通販を利用してみてくださいね。

次の

台湾風カステラ(ハーフ) レシピ・作り方 by Playa09|楽天レシピ

台湾 カステラ レシピ

ほんのり甘くてふるっふるで、シュワっシュワの食感がたまらない、「台湾カステラ」。 人気になって久しいですが、私も作ってみました! ほわぁ!!! 甘さ控えめで、空気のように軽い台湾カステラは、焼きたてが命。 クッキングペーパーをはがせば、ふるっふるのカステラがお目見えします。 驚くほどシュワッと軽い生地は、冷めればしっとりフワフワで、間に生クリームを挟んだものも売られています。 だけど、オーブンから出したばかりの時はあんなに膨らんでいるのに、 カステラはあっという間にしぼんでいく。 しっかりと膨らんではいるのですが、ふわふわ過ぎて、生地の下側が、全体の重さに耐えられずに潰れてしまう・・・。 よく見ると、下側がつぶれて目が詰まっている。 こちらは、一晩おいた後のカステラの写真。 膨らまなかったわけでもないし、真ん中が凹んでいるわけじゃない。 カステラの形は維持している。 間にクリームを挟めば、販売品と変わらない・・・、かもしれない・・。 でも、焼いたばかりの時はもっと膨らんでいて大きかった・・。 これはこれで美味しいので、冷めればある程度しぼむものだと思えばそれで納得なんですが・・・。 本当にしぼんでしまうものなのか? 元々そういうものなのか?? 何かが間違っているのか・・??? 本物を食べたことないから分からんが、私はどうにかこうにか、焼きたての高さを維持したまま冷ましたい! 焼き縮みしてないカステラを焼きたい!! と言う訳で検証です。 台湾カステラは、とにかくふるふるなので、重さに耐えられない?? 私が出した結論からいうと 結局、『 全く縮まないカステラは存在しないのでは・・?中の空気も冷気で小さくなるし、 少し小さくなるのは仕方ない事と割り切る』という感じです。 が、それでも今回、検証を重ねた結果、許容範囲内で納まる縮小でのカステラ制作に、私は成功しました! ほんの一回り弱小さくなったけど、冷めても弾力と高さを維持したカステラ 台湾カステラの一般的な材料は、サラダ油に牛乳、卵に砂糖に小麦粉です。 ベーキングパウダーなどは使用せず、メレンゲの泡のみで生地を膨張させ、使用する粉の量はわずか。 メレンゲを作る事や、粉の量が少ない所はシフォンケーキと似ているけれど、シフォンのように型を逆さにして完全に冷ましたりはせず、オーブンから出したらすぐに型から外します。 型にはパラフィン紙を使うし、型に気泡を焼き付けるような事もしません。 シフォンケーキは、そのままにしておくと膨らんだ生地が重さで沈んでしまうため、型を逆さまにして完全に冷えるまで、型から外しません。 それだけ、焼きたてはデリケートだという事ですよね。 でも、台湾カステラは、半生のようなプルプルさが味わえる焼きたてをいただくのが醍醐味。 う~ん、カステラはシフォンとも違うけど、多少の焼き縮みは仕方ないという事なのか?? という事で、一般的な失敗の例を調べてみた と言う訳で、一見ふわしゅわにできていると思われる台湾カステラ。 どこがいけなかったのか、一般的に何が良くないと失敗しやすいのか等を調べてみる事にしました。 こういうの、プロパティシエさんとかなら科学的に説明できるんだろうなぁ・・。 しっかり混ざっていないと、気泡を支える事ができない。 古い卵や、夏場の水っぽい卵白だと、上手くいかないことがあるらしい・・。 プロの場合、夏場は乾燥卵白を添加して、水っぽさを補ったりするらしいけど、乾燥卵白って初めて聞いたよ、どこで売ってるの?? ・・、ここで売ってた・・。 高い温度で、でんぷんを充分に糊化させるためです。 十分に糊化したでんぷんは、水分を抱えこみ、スポンジのふくらみを助け、しっとりとした口当たりにしてくれます。 糊化の時に油の温度が低いと、小麦粉が十分に糊化しない為、ふくらみが悪かったり、しっとりとした口当たりにならないこともあるんだそうな・・。 お菓子を作る人は分かると思うんですが、ホームメイドでも、お菓子作りにはびっくりするほど砂糖を使います。 砂糖には、気泡を安定させたり、水分を保ったりと、お菓子作りには欠かせない様々な働きをしてくれます。 自己判断で無闇に減らすと、失敗する事が多いです。 これをしないと、中の空気が冷えて収縮し、ちゃんと焼きあがっていても焼き縮みが起こります。 その他にも、急激に冷やしすぎたとか色々あるみたいなんですが、大体この辺がメジャーな失敗かと思います。 次は、しぼまないカステラを作るために、私が準備したものを紹介します。 いい卵!! 近所の養鶏場で買ってきた有精卵。 10玉500円の高級品。 今まで使ってきたのはスーパーの特売品ですが、ちゃんと膨らんでくれました。 普通に買ってすぐなら鮮度も問題ないと思うのですが、ここは気張っていい卵で検証してみたいと思います。 余談ですが、卵にはサイズがありますよね。 グラム表示されていないレシピの場合(〇個とか書いてあるタイプのレシピ)、使用するたまごのサイズで仕上がりが違う事も考えられます。 今回はL玉を使用。 特売品は、MSとか不揃いな卵とかが多いので、原因はそこにもあるのかも。 因みに、高いだけあって、用意した卵の白身はこんもりと粘りがあった。 必殺、「ベーキングパウダー」。 台湾カステラのレシピには、ベーキングパウダー使用のものはほとんど見かけません。 ベーキングパウダーを使用しなくても、メレンゲをしっかり泡立てて、レシピ通りに作ればちゃんと生地は膨らみます。 ただ、ベーキングパウダーは、熱で膨らんだ気泡を安定させる働きもあるのです。 生地を膨らませるだけが、ベーキングパウダーの役目ではないんですね。 という事で、ベーキングパウダー使用のカステラも試します。 それから、準備するのは中力粉にしました(写真なし)。 薄力粉でもいいらしいのですが、気泡をしっかり支える為、グルテン量の多い中力粉を使用します。 強力粉も試してみたかったのですが、コロナの巣ごもり需要により、どこの店でも品切れ中・・・。 次回、検証です。

次の