フェブリク 錠 20mg。 商品一覧 : フェブリク

フェブリク錠20mg(製造会社:帝人ファーマ、販売会社:帝人ファーマ)

フェブリク 錠 20mg

フェブリク錠10mgを通販で購入したいという方は多いと思います。 しかしながら、フェブリク錠10mgは通販で販売していません。 どうしもてフェブリク錠10mgを購入したい方ははファミリーファーマシーグローバルという医薬品の個人輸入代行サイトから購入することができます。 ファミリーファーマシーグローバルは海外のサイトですが、日本語のサイトです。 支払いはクレジットカードや日本の銀行振り込みで支払うことができます。 海外なので注文から到着まで一週間から10日ぐらいかかるのが欠点です。 私が購入しているのはオオサカ堂というサイトです。 オオサカ堂ならフェブリク錠のジェネリックのフェブタスが1箱50錠入りで3,297円、2箱なら5,487円で購入することができます。 この商品の欠点は何と言っても、大きさが80mgであることです。 ピルカッターで半分、4分の1まではカットできるのですが、更にその半分の10mgにするのは大変です。 なんとかだいたいの大きさにして服用しています。 販売サイトにある口コミをみると、購入者のみなさんも、だいたいの大きさにカットして服用しているようで、それで、なんとなっているようです。 フェブリク錠の服用量の増やし方はこちらの添付文書に書いてあるとおりです。 おかげで尿酸値が5. 5に安定しています。 帝人製のフェブリク錠20mgを購入したいなら 帝人製のフェブリク錠の20mgはファミリーファーマシーグローバルで購入することができます。 また、安く購入したいなら、オオサカ堂でフェブリク錠のジェネリック品80mgを購入して4分1に分割して服用するのがお得かと思います。 フェブリク錠は楽天やAmazon(アマゾン)などので購入できないのか フェブリク錠は処方箋が必要な医薬品で市販品がありません。 そのため、楽天やAmazon(アマゾン)のような普通の通販サイトでは購入することができません。 本当は継続して服用している方は服用方法も理解しているので、マツモトキヨシとかのドラッグストアで購入できると簡単なんですが、、、、 毎月、病院に行って、毎度同じような問診をうけるだけ、薬を受け取るために病院に行くのは大変ですよね。 40代後半の会社員です。 わたしは足の関節がとても痛くなり、会社の健康診断でも尿酸値が高いことを指摘されていたので、急遽、泌尿器科を受診することになりました。 尿検査や血液検査を受け、今のまま生活ペースを変えずに暮らしていると、いずれ糖尿病になるでしょうとのことで、現在は痛風になっているなど、しっかりと医師から説明を受けました。 飲み会も多い仕事で、油物やお酒、甘いものが大好きで痛風になり、かなり足の関節など痛むので、日常生活にも支障がでるようになりました。 フェブリク錠を処方してもったので、1日1回飲むようになりました。 水は沢山飲んだほうが良いとのことで、フェブリク錠を飲むようになり、喉が乾くので水を1日2Lほど飲むようになりました。 喉が渇いたからといってジュースや甘い飲み物は避けるよう伝えました。 よくコーヒーを飲みますが、コーヒーはブラックにするなど、以前と比べると大きく生活かバランスも変化しました。 砂糖や脂肪分など多くとることができないため、痛風は生活習慣の見直しと食事のバランスをきちんと整えることが大切だと、病院で指導を受けることになりました。 通勤時には、駅までなるべく歩くようにするなど、日頃から運動を取り入れることは重要だと実感しています。 フェブリク錠は、高尿酸生成阻害薬なので、次第に体の調子も改善し、関節の痛みを和らいできたので、痛風をなるべく悪化させぬよう、食事も玄米にしたり、日常生活をしっかり見直すことにしました。 やはり食事や適度な運動によって、大きく体質も変化してくるようになります。 フェブリク錠は、喉が乾くので水分をしっかりとり、トイレも頻繁に行くようになったので、利尿作用も効果があります。 最近は、仕事が忙しくて病院に行けないことがあるので、通販で、フェブリク錠を購入しています。

次の

フェブリク錠20mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

フェブリク 錠 20mg

本剤は尿酸降下薬であり、痛風関節炎(痛風発作)発現時に血中尿酸値を低下させると痛風関節炎(痛風発作)を増悪させるおそれがある。 痛風、高尿酸血症の治療に際し、本剤投与前に痛風関節炎(痛風発作)が認められた場合は、症状がおさまるまで、本剤の投与を開始しないこと。 また、本剤投与中に痛風関節炎(痛風発作)が発現した場合には、本剤の用量を変更することなく投与を継続し、症状によりコルヒチン、非ステロイド性抗炎症剤、副腎皮質ステロイド等を併用すること。 本剤投与中は甲状腺関連の所見の有無を確認し、異常が認められた場合には甲状腺機能関連の検査を実施すること。 心血管疾患を有する痛風患者を対象とした海外臨床試験において、アロプリノール群に比較してフェブキソスタット群で心血管死の発現割合が高かったとの報告がある。 本剤を投与する場合には心血管疾患の増悪や新たな発現に注意すること[「その他の注意」の項参照]。 相互作用 ビダラビン 幻覚、振戦、神経障害等のビダラビンの副作用を増強する可能性がある。 ビダラビンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼの阻害により、ビダラビンの代謝を抑制し、作用を増強させることがアロプリノール(類薬)で知られている。 本剤もキサンチンオキシダーゼ阻害作用をもつことから、同様の可能性がある。 ジダノシン ジダノシンの血中濃度が上昇する可能性がある。 本剤と併用する場合は、ジダノシンの投与量に注意すること。 ジダノシンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼの阻害により、健康成人及びHIV患者においてジダノシンのCmax及びAUCが上昇することがアロプリノール(類薬)で知られている。 本剤もキサンチンオキシダーゼ阻害作用をもつことから、同様の可能性がある。 副作用 承認時までの安全性評価対象1,027例中228例(22. 2%)に副作用(臨床検査値の異常を含む)が認められた。 内訳は、自他覚的副作用が80例(7. 8%)、臨床検査値異常が81例(7. 9%)、痛風関節炎は105例(10. 2%)であった。 主な自他覚的副作用は関節痛12例(1. 2%)、四肢不快感9例(0. 9%)、四肢痛9例(0. 9%)、下痢8例(0. 8%)、倦怠感5例(0. 5%)等であった。 副作用とされた臨床検査値の異常は、肝機能検査値異常36例(3. 5%)、TSH増加9例(0. 8%)、CK(CPK)増加5例(0. 5%)等であった。 高齢者への投与 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。 [妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。 ] 授乳中の婦人には、本剤投与中は授乳を避けさせること。 [動物実験(ラット)で本剤が乳汁中に移行することが報告されている。 3倍)で離乳率の低下、体重低値などの発育抑制、甲状腺の大型化及び甲状腺重量増加の傾向が認められている。 マウスでは膀胱にキサンチン結晶・結石が生成しない条件下で、膀胱移行上皮の過形成は認められなかった。 げっ歯類では、結晶・結石などによる機械的刺激が長時間持続することにより、膀胱粘膜の腫瘍性変化が誘発されるとの報告がある。 また、臨床試験において、キサンチン結晶・結石を疑わせる尿沈渣所見はなかった。 痛風、高尿酸血症の女性患者に対する使用経験は少ない。 (【臨床成績】の項参照) 海外で実施された心血管疾患を有する痛風患者を対象とした二重盲検非劣性試験において、主要評価項目(心血管死、非致死性心筋梗塞、非致死性脳卒中、不安定狭心症に対する緊急血行再建術の複合エンドポイント)についてはアロプリノール群に対しフェブキソスタット群で非劣性が示されたものの、副次評価項目のうち心血管死の発現割合はフェブキソスタット群及びアロプリノール群でそれぞれ4. 3%(134/3,098例)、3. 2%(100/3,092例)でありフェブキソスタット群で高かった(ハザード比[95%信頼区間]:1. 34[1. 03,1. 73])。 心血管死の中では両群ともに心突然死が最も多かった(フェブキソスタット群2. 7%(83/3,098例)、アロプリノール群1. 8%(56/3,092例))。 また、全死亡の発現割合についても、フェブキソスタット群及びアロプリノール群でそれぞれ7. 8%(243/3,098例)、6. 4%(199/3,092例)でありフェブキソスタット群で高かった(ハザード比[95%信頼区間]:1. 22[1. 01,1. 47])。 薬物動態 健康成人男性30例に、フェブキソスタットとして10、20、40及び80mgを絶食下で単回経口投与したとき、血漿中フェブキソスタットの濃度推移及び薬物動態パラメータは以下のとおりである。 9 496. 0 6. 9 1. 1 20mg(N=8) 3296. 9 1088. 9 6. 1 1. 5 40mg(N=8) 7085. 2 2270. 7 7. 8 1. 8 80mg(N=6) 13300. 3 3765. 3 6. 8 1. 中等度腎機能低下群のCmax及びAUC0,24hrは腎機能正常群に比較して、それぞれ26及び68%増加した。 軽度(6例)、中等度(7例)及び重度(7例)の腎機能低下患者にフェブキソスタット80mgを1日1回朝食前に7日間反復経口投与したとき、投与後7日におけるフェブキソスタットのCmax及びAUC0,24hrは、腎機能正常群(11例)に比較して軽度、中等度、重度腎機能低下群でそれぞれ41及び48%、2及び48%、4及び76%上昇した(外国人のデータ)。 肝機能低下患者 フェブキソスタットの主な代謝経路はグルクロン酸抱合反応であった。 また、その他に複数の酸化代謝物、それらの硫酸抱合体及びグルクロン酸抱合体に代謝された。 健康成人男性24例にフェブキソスタットとして10、20、40mgを絶食下単回経口投与したとき、投与後24及び96時間までの投与量に対するフェブキソスタットの尿中排泄率はそれぞれ2. 1〜3. 8%及び2. 2〜3. 9%であった。 また、投与後24及び96時間までの投与量に対するフェブキソスタットのグルクロン酸抱合体の尿中排泄率はそれぞれ46. 7〜49. 7%及び49. 0〜51. 6%であった。 健康成人男性6例に14C-フェブキソスタットとして80mgを含有する液剤を、絶食下単回経口投与したとき、投与後4時間までの血漿中総放射能に対するフェブキソスタット及びそのグルクロン酸抱合体の割合はそれぞれ83. 8〜95. 8%及び2. 3〜6. 8%であった。 投与後48時間までのフェブキソスタットの尿中排泄率(投与量に対する割合、以下同様)は1. 1〜3. 5%、投与後120時間までの糞中排泄率は7. 8〜15. 8%であった。 また、代謝物を含めた総放射能の投与後216時間までの尿及び糞中排泄率はそれぞれ49. 1及び44. 9%であった(外国人のデータ)。 薬物相互作用 健康成人13例にフェブキソスタット120mgとワルファリンナトリウム(国内未承認)(用量はINRを基準に設定)を1日1回14日間反復経口投与したとき、R-及びS-ワルファリンのCmax及びAUC0,24hrの上昇は5%以内であった。 また、ワルファリンの薬力学の変化(INRmaxの上昇、INRmean,24hの低下及び第VII因子活性平均値の上昇)は7%以内であった(外国人のデータ)。 健康成人27例にフェブキソスタット80mgとワルファリンナトリウム(国内未承認)(用量はINRを基準に設定)を1日1回14日間反復経口投与したとき、R-ワルファリンのCmax及びAUC0,24hrの低下は2%以内であった。 また、S-ワルファリンのCmaxの低下及びAUC0,24hrの上昇は1%以内であった。 また、ワルファリンの薬力学の変化(INRmaxとINRmean,24hの低下及び第VII因子活性平均値の上昇)は4%以内であった(外国人のデータ)。 ヒドロクロロチアジドの影響 痛風を含む高尿酸血症患者202例を対象としたプラセボ対照無作為化二重盲検用量反応比較試験を行った。 増量のタイミングは投与開始後2、6及び10週とし、これ以降16週まで用量を維持した。 投与開始後16週時(各群の維持用量まで用量を段階的に増量した期間を含む)に、血清尿酸値が6. 投与開始後16週の血清尿酸値6. 5% 43. 9% 28. 1〜59. 9% 80. 3% 67. 7〜92. 3% 80. 7% 67. 5〜93. 8% 85. 2% 73. 9〜96. 4 痛風関節炎の発現割合 投与群 0〜2週以下 2週超6週以下 6週超10週以下 10週超16週以下 プラセボ(38例) 0. 0% 5. 3% 2. 6% 2. 痛風を含む高尿酸血症患者244例を対象としたアロプリノール対照無作為化二重盲検比較試験を行った。 なお、女性患者は本剤群3/122例、アロプリノール群3/121例であった。 001:非劣性マージンは5%)。 また、投与開始後8週の血清尿酸値6. 0%であった。 各投与期間での痛風関節炎の発現割合は下表のとおりであった。 89(1. 2(14. 84] P<0. 83(1. 5(12. 投与開始後10週目の血清尿酸値が6. 投与開始後18週、26週、52週で血清尿酸値が6. 5、91. 5、86. 4、71. 4、87. 5%であった。 がん化学療法に伴う高尿酸血症 化学療法施行予定の悪性腫瘍患者99例を対象にアロプリノール対照非盲検無作為化比較試験を行った。 67,3. 社内報告:生殖発生毒性(ラット), 2010. 社内報告:がん原性(マウス、ラット), 2010. 社内報告:血漿中濃度及び排泄(健康成人、単回), 2010. 社内報告:血漿中濃度(健康成人、単回), 2010. 社内報告:血漿中濃度(健康成人、反復), 2010. 社内報告:血漿中濃度(高尿酸血症患者、反復), 2010. 社内報告:血漿中濃度(腎機能低下患者、反復), 2010. Mayer,M. et al. , Am. Ther. , 12 1 , 22, 2005. Khosravan,R. et al. , J. Clin. Pharmacol. , 46 1 , 88, 2006. Khosravan,R. et al. , J. Clin. Pharmacol. , 48 9 , 1014, 2008. Mukoyoshi,M. et al. , Xenobiotica. , 38 5 , 496, 2008. Grabowski,B. et al. , J. Clin. Pharmacol. , 51 2 , 189, 2011. 社内報告:代謝(ヒト), 2010. Khosravan,R. et al. , Br. Clin. Pharmacol. , 65 3 , 355, 2008. 社内報告:薬物相互作用(コルヒチン), 2010. Khosravan,R. et al. , J. Clin. Pharmacol. , 46 8 , 855, 2006. 社内報告:薬物相互作用(デシプラミン), 2010. 社内報告:薬物相互作用(ワルファリン), 2010. Grabowski,B. et al. , Br. Clin. Pharmacol. , 70 1 , 57, 2010. 社内報告:薬物相互作用(テオフィリン), 2010. 社内報告:薬物相互作用(ロシグリタゾン), 2010. 社内報告:プラセボ対照無作為化二重盲検用量反応比較試験(痛風を含む高尿酸血症患者), 2010. 社内報告:アロプリノール対照無作為化二重盲検比較試験(痛風を含む高尿酸血症患者), 2010. 社内報告:長期投与試験(痛風を含む高尿酸血症患者), 2010. Tamura,K. et al. , Int. Clin. Oncol. , 21 5 , 996, 2016. Takano,Y. et al. , Life Sci. , 76 16 , 1835, 2005. 社内報告:血中及び尿中尿酸低下作用(ラット), 2010 作業情報.

次の

フェブリク錠20mgの効果・用法・副作用

フェブリク 錠 20mg

14錠シートは調剤ミスにつながる 14錠シートなので調剤ミスにつながる事があります。 ヒヤリハット・ハットの事例でフェブリク錠の数量間違えが5例ほど報告されています。 内容として10錠ヒートと14錠シートを間違えたと報告しています。 背景・要因として認識違い、確認不足、通常とは異なる心理的条件下にあったと原因を分析しています。 14錠シートは間違える可能性がある 帝人ファーマはどのような理由で14錠シートを販売するのをやめるのかを書いていません。 フェブリクの発売当初、勤務していた薬局で採用したのは140錠包装だったので数量間違えをしそうな印象でした。 14錠シートと10錠シートは大きさが違うので間違えなさそうですが、ヒヤリハットの報告がされているように間違える事があります。 慣れている方なら14の倍数を覚えているので計算は早いと思います。 患者から少ないと電話が・・・ ある時フェブリクを調剤してお渡し患者さんから電話がかかってきました。 シートの数が少ないから間違っていると連絡でした。 その方は薬のシートは全部10錠シートだと勘違いしていました。 こういう点でも10錠シートの方が良いと思います。 フェブリク錠の特徴は? 名称の由来:一般名「febuxostat」、尿酸「uricacid」から命名 フェブリック錠インタビューフォームより フェブリクは、痛風、高尿酸血症に用いる選択的キサンチンオキシダーゼ阻害剤です。 アロプリノールなどの尿酸合成阻害剤と違ってプリン骨格を持たず他の核酸代謝に影響を及ぼしません フェブリクは肝臓で排泄されるため、腎障害のある患者さんにも投与量を変更することなしに使用できる薬です。 フェブリックは肝臓で代謝された後、糞便中、尿中にほぼ均等な割合で排泄されます。 なので、腎機能が軽度から中等度低下している場合でも減量することなく,安全に尿酸値をさげる事ができます。 こんな記事も書いてます。

次の