義勇 愛され。 舞台『鬼滅の刃』メインキャラのビジュアル解禁 無惨、善逸、伊之助、義勇…圧巻の姿

水柱の嫁(仮)【鬼滅の刃】【冨岡義勇】

義勇 愛され

舞台『鬼滅の刃』に登場するメインキャラクター7人のソロビジュアルが4日、解禁された。 主人公・炭治郎の仇敵である鬼舞辻無惨や仲間の我妻善逸、嘴平伊之助、冨岡義勇らの姿が明らかとなり、炭治郎、禰豆子とあわせて9人それぞれのキャストからコメントが寄せられた。 2016年2月より『週刊少年ジャンプ』で連載中の同作は、大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台。 炭売りの少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅をするストーリー。 コミックスは、シリーズ累計発行部数1400万部を突破。 今年4月よりテレビアニメが放送され、来年には劇場版の公開が控えている。 舞台は東京公演が来年1月18日から26日まで天王洲 銀河劇場、兵庫公演が31日から2月2日までAiiA 2. 5 Theater Kobeで上演。 この物語に流れる何より大きなものだと僕は想っています。 今作に携わる全ての方が家族や仲間であれるよう、愛し、闘っていきます。 竈門炭治郎。 彼の揺るぎない信念と共に。 己を鼓舞して。 よろしくお願いします! ・竈門禰豆子役の高石あかり この作品に出演出来ることに感謝します。 家族思いで優しく、とてつもなく可愛くて強い…そんな皆さまから愛される部分をどう表現するか、禰豆子ちゃんと誠心誠意向き合って皆さまにお届けできたらと思います! ・我妻善逸役の植田圭輔 『鬼滅の刃』は前からコミックを読んでいて、アニメが始まってからもずっと観てました。 中でも善逸は「もし舞台で演じるなら自分では?」と思っていたので(笑)、思い入れもひとしおです!ヘタレ全開、でもやる時はやる!そんな我妻善逸を、魅力いっぱいに全力で演じたいと思います! ・嘴平伊之助役の佐藤祐吾 『鬼滅の刃』を漫画で観た時、アニメで観た時、内容は変わらなくても、表現方法が変わるので受ける印象も変わりました。 舞台も、舞台ならではの表現を活かし、最高の作品にしたいです。 そして、筋トレ頑張ります。 ・冨岡義勇役の本田礼生 沢山の方々から愛されている『鬼滅の刃』。 僕もファンの一人です。 この作品に関わることができて幸せです。 自分が初めて読んだときに感じたものを大切にして、冨岡義勇を大切に演じていきたいと思います。 ・鱗滝左近次役の高木トモユキ 有難いことに鱗滝左近次を演じさせていただきます。 重要な「育手」の役。 舞台に私も大好きな深い愛情を持った鱗滝左近次を存在させるために誠心誠意取り組ませていただきます。 よろしくお願いいたします。 ・珠世役の舞羽美海 『鬼滅の刃』を読んでいたので舞台化される事が凄く嬉しいです!! 大好きな分プレッシャーもありますが、原作、アニメファンの方々にも愛される作品になるように精一杯頑張ります。 鬼滅の世界へお客様を誘いたいと思います。 ・愈史郎役の佐藤永典 連載当初からとても好きで読んでいた作品でしたので、愈史郎を演じさせていただける事をとても嬉しく思います。 鬼滅の世界観、あの面白さを零す事なく舞台でもお届け出来たらなと。 そして全ては珠世様の為に頑張っていきたいと思います。 ・鬼舞辻無惨役の佐々木喜英 大好きなアニメの、大好きなキャラクターを演じさせていただく事を、とても嬉しく思います。 『鬼滅の刃』の世界を舞台上に再現してみせますので、是非劇場へお越しください!.

次の

冨岡義勇 (とみおかぎゆう)とは【ピクシブ百科事典】

義勇 愛され

炭治郎に語ったことによると、義勇は錆兎とともに最終選別を受けていました。 その時の最終選別では錆兎がほとんどの鬼を一人で倒し義勇は助けられただけで一体の鬼も倒さずに七日間を生き延びて選別を突破したというのです。 たしかに、この最終選別のルールは、死ななければそれで合格というものです。 鬼を倒したか否かは関係がないのですが、自分が気を失っている間に親友である錆兎は死に、悔やんでも悔やみきれない過去でしょう。 そんな過去が今も義勇に重くのしかかっていて、「自分は水柱になっていい人間ではない」「柱たちと対等に肩を並べていい人間でもない」「そもそも鬼殺隊に居場所なんてない」とすら義勇は感じているのでしょう。 義勇の強さの秘密はこれか? 納得していない合格に加え、錆兎も失ってしまい自暴的になってもおかしくないでしょうが、灰治郎によって義勇は思い出すのです。 「義勇さんは錆兎から託されたものを、繋いでいかないんですか?」 炭次郎のその言葉に、忘れてしまっていた記憶が、頬の痛みと共に義勇の中に鮮やかに蘇ります。 「自分が死ねば良かったなんて二度と言うなよ」 義勇は姉にも命捨てて守ってもらった過去があるのです。 義勇の姉は翌日に祝言をあげる晩、鬼から義勇を守るために、その身を犠牲にしてしまったようです・・・。 姉ではなく、自分が死ぬべきだったと感じる義勇に、それは姉への冒涜だと錆兎は諭します。 義勇の姉は死ぬことを承知で義勇を守ったのであり、他の誰でもない義勇自身がその姉を冒涜してはいけない、そして姉に助けられたお前は絶対死んではいけない、と。 義勇」 姉に命を繋いでもらって、錆兎に教えられ、そしてまた命を繋いでもらって、生き残った義勇。 そして、羽織に込めた思い、それこそが義勇の強さの秘密でしょう。 『鬼滅の刃』義勇が水柱じゃないという理由 そんな過去を持ちながら、水柱にまで上り詰めたのは並大抵の努力でないと想像がつきます。 それでも、錆兎には敵わないと、心の隅で思っているのでしょう。 そこで水柱には、錆兎がなればよかったと口に出してしまうのでしょうね。 お前たちとは違うという意味 富岡義勇さん、そんなことを思っているから、ほかの柱たちとも一線を引いてしまっているみたいです。 更に口下手で多くを語らないため、義勇は誤解されてます。 それでも、確かな強さと人間を守るという責任感、そして本質的な優しさを持つ義勇は炭治郎や鬼殺隊員からも慕われています。 義勇は、前途した通り、実力で鬼殺隊に入れたわけではなかったですね。 「俺はお前たちとは違う」に込められた意味は、みんなはそれ相応に力で最終選別に合格できたのに、自分は錆兎に助けられて入った落ちこぼれだといいたいのでしょう。 しかし、富岡義勇の実力は本物でしょう。 唯一未熟なところは、自分の強さを認めないところでしょうか。 それだけに過去に何があったか知りたかったでしょう。 そして、つい言っちゃう自分は水柱じゃないという意味についてもわかってもらえたと思います。

次の

水柱の嫁(仮)【鬼滅の刃】【冨岡義勇】

義勇 愛され

『舞台「鬼滅の刃」』の新たなキャラクターソロビジュアルが公開された。 吾峠呼世晴が『週刊少年ジャンプ』で連載中の同名漫画をもとにした同作。 大正時代の日本を舞台に、主人公の少年・竈門炭治郎が、鬼に変貌してしまった妹・禰豆子を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、「鬼狩り」の道へ進む様を描く。 主人公の竈門炭治郎役を小林亮太、炭治郎の妹・禰豆子役を高石あかりが演じる。 脚本と演出を末満健一が担当。 今回公開されたのは、佐々木喜英演じる鬼舞辻無惨をはじめ、植田圭輔演じる我妻善逸、佐藤祐吾演じる嘴平伊之助、本田礼生演じる冨岡義勇、高木トモユキ演じる鱗滝左近次、舞羽美海演じる珠世、佐藤永典演じる愈史郎の7人。 ソロビジュアルの公開とあわせて出演者のコメントが発表。 佐々木喜英は「大好きなアニメの、大好きなキャラクターを演じさせていただく事を、とても嬉しく思います」、植田圭輔は「善逸は『もし舞台で演じるなら自分では?』と思っていたので(笑)、思い入れもひとしおです!」、佐藤祐吾は「舞台ならではの表現を活かし、最高の作品にしたいです。 そして、筋トレ頑張ります」と意気込みを語っている。 本田礼生は「自分が初めて読んだときに感じたものを大切にして、冨岡義勇を大切に演じていきたいと思います」、高木トモユキは「舞台に私も大好きな深い愛情を持った鱗滝左近次を存在させるために誠心誠意取り組ませていただきます」、舞羽美海は「大好きな分プレッシャーもありますが、原作、アニメファンの方々にも愛される作品になるように精一杯頑張ります」、佐藤永典は「鬼滅の世界観、あの面白さを零す事なく舞台でもお届け出来たらなと。 そして全ては珠世様の為に頑張っていきたいと思います」と述べている。 漫画アプリ「少年ジャンプ+」ではキャラクタービジュアルのアザーカットが公開されているほか、『週刊少年ジャンプ』定期購読者限定で11月17日まで抽選最速先行販売を実施中。 一般販売は12月14日10:00からスタート。 佐々木喜英のコメント 大好きなアニメの、大好きなキャラクターを演じさせていただく事を、とても嬉しく思います。 『鬼滅の刃』の世界を舞台上に再現してみせますので、是非劇場へお越しください! 小林亮太のコメント 愛。 この物語に流れる何より大きなものだと僕は想っています。 今作に携わる全ての方が家族や仲間であれるよう、愛し、闘っていきます。 竈門炭治郎。 彼の揺るぎない信念と共に。 己を鼓舞して。 よろしくお願いします! 高石あかりのコメント この作品に出演出来ることに感謝します。 家族思いで優しく、とてつもなく可愛くて強い…そんな皆さまから愛される部分をどう表現するか、禰豆子ちゃんと誠心誠意向き合って皆さまにお届けできたらと思います! 植田圭輔のコメント 『鬼滅の刃』は前からコミックを読んでいて、アニメが始まってからもずっと観てました。 中でも善逸は「もし舞台で演じるなら自分では?」と思っていたので(笑)、思い入れもひとしおです! ヘタレ全開、でもやる時はやる!そんな我妻善逸を、魅力いっぱいに全力で演じたいと思います! 佐藤祐吾のコメント 『鬼滅の刃』を漫画で観た時、アニメで観た時、内容は変わらなくても、表現方法が変わるので受ける印象も変わりました。 舞台も、舞台ならではの表現を活かし、最高の作品にしたいです。 そして、筋トレ頑張ります。 本田礼生のコメント 沢山の方々から愛されている『鬼滅の刃』。 僕もファンの一人です。 この作品に関わることができて幸せです。 自分が初めて読んだときに感じたものを大切にして、冨岡義勇を大切に演じていきたいと思います。 高木トモユキのコメント 有難いことに鱗滝左近次を演じさせていただきます。 重要な「育手」の役。 舞台に私も大好きな深い愛情を持った鱗滝左近次を存在させるために誠心誠意取り組ませていただきます。 よろしくお願いいたします。 舞羽美海のコメント 『鬼滅の刃』を読んでいたので舞台化される事が凄く嬉しいです!! 大好きな分プレッシャーもありますが、原作、アニメファンの方々にも愛される作品になるように精一杯頑張ります。 鬼滅の世界へお客様を誘いたいと思います。 佐藤永典のコメント 連載当初からとても好きで読んでいた作品でしたので、愈史郎を演じさせていただける事をとても嬉しく思います。 鬼滅の世界観、あの面白さを零す事なく舞台でもお届け出来たらなと。 そして全ては珠世様の為に頑張っていきたいと思います。

次の