クローム キャスト 種類。 Chromecastの接続に失敗しない設定方法と使い方 | PreBell

Chromecastでできることとは? ~Google Home連携や便利な使い方の紹介~

クローム キャスト 種類

HDMI端子。 ここに『クロームキャスト』を挿して使う 本体をテレビに接続したら、続いて Wi-Fiで無線接続します。 これで、使う準備ができました。 使い方2:操作する 『クロームキャスト』は、テレビのリモコンでは操作できません。 かといって、専用のリモコンが付いているわけでもありません。 ではどうやって操作するのかといえば、 スマホかパソコンを使います。 Webブラウザの「Chrome」を使うことで、オンラインから『クロームキャスト』を動かすという仕組み。 スマホをリモコンとして使う、と考えれば分かりやすいでしょうか。 使い方3:『クロームキャスト』でできること 本商品は、「テレビで動画を見る」ために作られました。 できることも、動画サービスの視聴を中心としています。 具体的な対応サービスは、「YouTube」、「Google Play」の動画コンテンツに加え、日本版ではドコモの「 dビデオ」、auの「 auビデオパス」にも対応したとのことです。 また、スマホのように、一般の人が アプリの作成をすることができるようになっているとのことです。 新しいサービスに対応したりと、これからできることがどんどん増えていくでしょう。 どんな人にオススメ? 「スマホと大きなテレビを持っていて、パソコンのディスプレイが小さかったりノートパソコンを使っている方」が、最も恩恵を受けられるかと思います。 さらに月額動画サービスに加入していたり、「Google Play」で映画を買えば、より楽しめるでしょう。 逆に、大きくて高価なパソコンディスプレイを使っている方や、小さくて安いテレビを使っているような方には、今のところ不要かもしれません。 「テレビが高品質である」という前提のもとに作られた商品のようですね。 ただし、なかなか面白いことが出来る商品の割に、価格が4,200円と安価です。 とりあえず試しで買ってみるのもありでしょう。 以上、『クロームキャスト』についての解説でした。 動画サービスに、新たな新たな風を運んでくれそうな商品ではないでしょうか。

次の

『クロームキャスト』って何? 何ができる? どんな人におススメ?【初心者向け 解説】(追記あり)|タブロイド|オトコをアゲるグッズニュース

クローム キャスト 種類

Chromecast クロームキャスト は 「テレビへ様々な映像・コンテンツをストリーミング表示するデバイス」です。 基本仕様が以下です。 項目 仕様 メーカー Google 価格 税込み4,980円 サイズ 51. 81 x 51. 81 x 13. 49mm 解像度 1080p 無線 Wi-Fi 802. 11ac 2. 75mケーブル 必要なもの HDMI端子付きTV or モニター Wifiネットワーク 使い方は簡単で、電源接続してテレビのHDMI端子挿すだけです。 その後、スマホアプリでネットワークの設定したらすぐに使えます。 基本的な用途は、上述もしましたが、「様々な映像コンテンツをテレビで楽しむ」ことです。 こういうと、動画配信サービス向けの機器だと思う方もいるかもしれませんが、 用途は動画だけにとどまりません。 YoutubeやHuluなどの動画サービスはもちろんですが、自分で撮影した動画や、スマホゲームアプリを大画面テレビで楽しむ、パソコンのブラウザ画面を映し出す、なんてこともやれてしまいます。 以下で詳しくできることを見ていきましょう。 Chromecastでできること YoutubeやNetflix, Huluなど対応動画サービスをTVで再生 最も基本的な使い方が、対応動画サービスのテレビ再生です。 対応動画サービスであれば、スマホアプリやPCから Chromecastで再生指示さえすれば、あとはスマホやPCは別のことをしても、なんなら電源を落としても問題ありません。 Chromecastは独自でインターネットから映像を拾っているので、キャスト元は不要となります。 動画再生終了すれば、勝手にスリープ状態のようになります。 対応動画サービスは、上画像のように多岐にわたっており、多くの動画サービスを楽しむことが出来ます。 代表的な対応動画サービスが以下です。 Youtube• Hulu• Netflix• AbemaTV• dTV• dアニメストア• GYAO! U-NEXT• ビデオパス• DMM動画プレイヤー• アニメ・特撮バンダイチャンネル• Dailymotion• など、他多数。 これらを大きなテレビで、家族やみんなで、楽しみたいなぁなんて人にはうってつけの機器となっています。 Amazon Prime Videoやニコニコ動画をTVで見る 多くの動画サービスに対応していますが、非対応のサービスもあります。 有名所だと 「Amazon Prime Video」や「ニコニコ動画」です。 正式には対応していませんが、実際には、これらもテレビでストリーミングできてしまいます。 後述する 「Chromeブラウザのミラーリング」または 「Androidスマホ画面のミラーリング」機能を使います。 簡単にいえば、 PCやスマホの画面をそのままTVに映す機能です。 これによって、ブラウザやPrime Video等のアプリで表示してる内容がそのままテレビに出力されるので、全画面式で動画を再生して、それをキャストとすれば、そのままテレビでフルサイズで見れてしまうんですね。 ブラウザや、アプリ上での動画サービスの解像度が1080pあれば、テレビでもフルHDで楽しめます。 Prime Videoを見る分には画質は特に問題ないでしょう。 撮影した動画等をTVで再生 自分で撮影した動画や写真ももちろんテレビに映して楽しめます。 スマホの動画や写真管理 アルバム アプリがキャストに対応しているものも多いです。 Xperiaのアルバム等は可能です。 たとえ非対応でも、Google Photosアプリをいれれば可能となります。 子供やペットの動画を撮影、すぐに大画面で家族と共有できる、なんてことができるのが便利ですね。 Androidスマホ画面を表示 ミラーリング Android OSであれば、 スマホやタブレット画面をそのままテレビに映すことも可能です。 残念ながらiOSはこの機能は使えないようです。 若干のラグ 遅延 はありますが、 滑らかさ等に問題はありません。 上述で挙げたとおり、Amaozn Prime Videoアプリを起動したスマホをテレビにキャストして、大画面で動画を楽しむことも十分可能です。 当然、スマホゲームアプリもテレビに出力できてしまいます。 ただ、スマホアプリは画面を見ながらのタッチ操作が多いので、あまりテレビに映しても実用的に遊べるものは少ないかなと思います。 RPGなどはいいかもしれませんね。 他に使いみちとしては、漫画アプリを大画面表示して、大画面で漫画を読むなんてこともできますね笑。 スマホだと、どうしても少し小さいので、大きく楽しむにはいいかもしれません。 Chromeブラウザ表示内容を表示 ミラーリング PCからもミラーリングが可能で、 Google Chromeブラウザの表示内容をミラーリング表示出来ます。 スマホのミラーリングと似た感じで、Chromeブラウザで表示できるものならなんでもテレビに表示できてしまいます。 そのため、Amazon Prime Videoもブラウザ再生すればキャストできますし、ブラウザゲームなども大画面で、家族等と共有しながら楽しめます。 Chromeブラウザでは、mpeg動画などもドロップして再生可能なので、 PCにローカル保存している動画なども手軽にテレビに映し出せます。 Chromecastはこちらと連携することができます。 1つ大きいのが、 テレビの電源オンオフが声でできるようになるということ。 Google Homeは様々なことを話しかけるだけで答えてくれる製品ですが、ChromecastのHDMIによるテレビ制御により、「OKグーグル、テレビつけて」「OKグーグル、テレビ消して」なんて一声でテレビのオンオフが可能になるのです。 コンテンツの制御だけではなく、 家電の制御までできてしまう優れものの連携技が可能です。 Google Home連携して声で動画や写真を操作 テレビ自体の電源操作も便利ですが、Google HomeからChromecastにキャスト中の動画の操作もできます。 「OKグーグル、かわいい犬の動画再生して」 「OKグーグル、Netflixでウォーキング・デッド再生して」 「OKグーグル、動画止めて」 そして再生中にも、 「OKグーグル、次の動画にして」 「OKグーグル、30秒早送りして」 「OKグーグル、一時停止して」 「Okグーグル、字幕をオンにして」 なんてことも可能です。 Google Photos グーグルフォト と連携して、「家族の写真を見せて」、「結婚式の写真を見せて」といったことも可能です。 今後進むスマートホームの一端を、まずはChromecastとGoogle Homeで体験してみてはいかがでしょうか。 まとめ いかがだったでしょうか。 一見すると、YoutubeやHuluのような動画サービスをテレビで再生できる機器、とだけ思いがちですが、意外とやれることは豊富です。 そして、Google Homeが日本で発売されたことで、間違いなく活用度合い、利便性があがりました。 Google Homeを買った方は、ぜひ導入をおすすめします。

次の

Chromecast

クローム キャスト 種類

この記事の目次• Chrome クローム の特徴 Windowsに標準でバンドルされているIEや、Mac用に標準搭載されているsafari等のブラウザがありますが、それを抑えて圧倒的なシェアを誇るのがGoogle Chrome グーグル クローム です。 簡単に特徴を上げると、下記に挙げたような点があります。 ページの読み込みが早い• 起動が早い• 拡張機能の性能が良い• 拡張機能の種類が多い 4種類のバージョン• 通常版• Beta版• Dev版• Chrome Canary 上記の4種類が、Google Chrome グーグル クローム の全てのバージョン。 リストの下に行けば行くほど、安全度・安定度が落ちているという感じです。 通常版について Google Chrome グーグル クローム を使いたいと思って普通にダウンロードをした場合、よほどひねくれている人出なければこの通常版を使用しているはず。 これが 正式な製品としてリリースされているものですね。 Beta版について これは製品版Google Chrome グーグル クローム のリリース前、最終テストバージョン。 基本バグは潰されていたりしますし、製品版との違いを感じることはあまりないのかなという感じです。 あえてここを使う必要はないのかなーと思います。 Dev版について Beta版のよりさらに一つ前のテストーフェーズ版。 ここでも基本バグは潰されていたりします。 Devでokだった場合、Beta版に移るので、Beta版とDev版はあまり違いが出てこないですね。 なので、実質Dev版も正式版との違いを感じることはあまりないのかなと言う感じですね。 Chrome Canaryについて 金色のアイコンのChromeですね! Chrome CanaryはDev版よりさらに前のバージョンを使用することができます。 大体2つ上のバージョンを使用することが出来るみたいですね。 つまり、 色々なテスト前のChromeなので、バグが含まれている可能性が大いにあるバージョンがこれです。 これに関しては、パッと見たときに製品版との違いが結構あるので、使っていて楽しいですね! 例えばMacだと2018年後半にOSMojaveがリリースされましたよね! これにより使えるようになったダークモードも製品版では機能していませんが、 Chrome Canaryだとダークモードが反映された状態となっています。 (2019年2月現在) 自分は通常盤Chromeと、Chrome Canaryを2つインストールして、Chrome Canaryは高速化の設定を試したりするのに使ったりしてますね!(最近はダークモードがかっこよくてこっちメインになってきましたが・・w) 最新のものが好きな人、人柱になってもよい!って言う人は是非使ってみたらいいんじゃないでしょうか! 実際普通に使う分には気になるバグはあまり見つからないですしね! まとめ 最近色々なブラウザが出てきて、何使えば良いのかわからんってなっております。。 ただ、個人的な意見だと、拡張機能の性能や速度等で、やっぱりChromeが頭一つ出てるのかなって思ってます。 慣れているっていうのもあるのかもしれませんが・・。 ただメモリの消費量が激しいので、通常盤とChrome Canaryを両方開いた挙句、タブを大量に開くとちょっと死ねますね・・w とりあえず、開発者からするとブラウザの乱立はテストが増えるからしんどいので、早く最強のブラウザが出てきて、全員がそのブラウザしか使わないって言う世の中になればいいのにって思ってます・・w 飲食・営業・事務・人事・コールセンターなど変わった職歴があり、現在は新宿の大きなビルで働くエンジニアです。 基本的に楽をするための努力を惜しまずやってきたタイプの人間です! 関連する記事• 2019. 10 最近開発者の中で、Visual Studio Code VSCode の人気が急上昇していますね! 自分も早速使ってみ […][…]• 2019. 18 Visual Studio Code(VScode)は、初期状態だと関数ジャンプがうまく使えないため、拡張機能をインスト […][…]• 2018. 11 開発する上で、使うエディタってかなり重要ですよね。 自分は評判の良いものはとりあえず試しているのですが、今回はその中から […][…]• 2018. 11 Visual Studio Codeでインストール直後はPHPのファイルを開いても、関数ジャンプとかの基本的な機能がつい […][…].

次の