サクラ大戦 アニメ 順番。 サクラ大戦ゲーム一覧(時系列)~これから始めるサクラ大戦~

サクラ大戦 (さくらたいせん)とは【ピクシブ百科事典】

サクラ大戦 アニメ 順番

1990年代にSEGAから発売され、後に人気によりシリーズ化された「サクラ大戦」というゲーム。 「名前は知っているけど、どんなゲームなのかわからない」「今更ながら興味が沸いたけれどイマイチ手を出しにくい」といった方もいらっしゃるかと思います。 そこでこのサクラ大戦というゲームの、内容や魅力などを改めてご紹介してきます。 なお、サクラ大戦の最新情報や続編状況は、以下の記事でまとめています。 シリーズ1作目の「サクラ大戦」の売上は総計50万本を超え、セガサターンオリジナルタイトルとして最高のセールスを記録。 1997年のCESA大賞グランプリおよびゲーム・オブ・ザ・イヤー準グランプリを受賞。 シリーズ3作目「サクラ大戦3」では、ドリームキャストとしては異例の30万本の売上げを記録しました。 セガサターン&ドリームキャストのハード販売に大きく貢献し、発売から15年以上経った今でも評価が高く、名作ゲームランキングなどに常々上がってくるゲーム作品です。 また、その人気からアニメ化・漫画化・舞台化・ドラマCD化など様々なメディアミックスが行われました。 あらすじ 蒸気技術で発展を遂げた、太正十二年の日本の首都「帝都東京」が舞台。 この帝国華撃団の新たな隊長として、海軍の若き少尉、大神一郎が任命される。 期待を胸に帝国華撃団本部「帝国劇場」を訪れた大神一郎であったが、そこではなぜか若い女性達が演劇の公演をしていた。 で、どんなゲームなの? 「サクラって女の子が主役のゲームなの?」、「恋愛ゲームっぽいけど剣振り回してるし、ロボットみたいの出てるしジャンルがよくわからない」。 これが、たぶんサクラ大戦に対して真っ先に出てくるイメージかと思います。 さてこのサクラ大戦というゲームは、簡単にまとめると、 大正時代に似た雰囲気の世界で、特殊部隊の隊長となり、世界を救うべく劇団に入りモギリのバイトや舞台の裏方作業に励みつつ、特殊能力(霊力)を持つ女の子達と仲を深めながら、オーバーテクノロジーを用い悪と戦っていくという、笑いあり・涙あり・活劇あり・歌ありの話を、歌劇という大きな土台の上で描いているゲームです。 なんだそれはと思われそうですが、そんなゲームなのです。 さらに細かく言うと、 ・パッケージに写っている女の子サクラ(真宮寺 さくら)は数居る主要キャラの一人でしかなく、サクラが全面に押し出されたゲームではないです。 ・プレイヤーは主人公の海軍少尉「大神一郎」を操る事となり、サクラを含めた帝国歌劇団の女性メンバーのご機嫌を取り、恋仲を深めながら世界を守っていきます。 ・アドベンチャーパートでの女性キャラの好感度がバトルパートのパラメータに影響します。 ・恋愛ゲーム要素もありますが、あくまでも一要素でしかありません。 こんな感じで、サクラ大戦とは色んな要素が混じっているゲームです。 このゲームで使われている曲・BGMのほぼ全てを、ゲーム音楽アニメ音楽の作曲家として有名な「田中公平」さんが作っています。 「みんなで決めるゲーム音楽ベスト100」などゲームミュージックランキングにもサクラ大戦の音楽が多数ランキング入りしているほどです。 まずは、そんなサクラ大戦の曲・BGMをいくつかまとめたので、聴いてみてください。 ゲーム中でBGMとしても用いられます。 耳に残るアップテンポな心地よい曲。 サクラ大戦の持つ古風なイメージを演出してくれる、しみじみとした良い曲です。 BGMとしても用いられています。 どこか日本古謡「さくらさくら」を彷彿させ、こちらもゲーム内にレトロな雰囲気を与えてくれています。 また、このゲームで各キャラを担当している声優さんは、声優さんなのにと言っては失礼ですがご覧の通り、全員がかなり歌が上手いです。 明るさともの悲しさが混じった良曲です。 こういった演劇的な合唱曲も多く用意されており、作品を盛り上げています。 こういったオーケストラ風の曲もサクラ大戦では多く収録されています。 なお、この動画のOPは、ネットなどで「制作費3億」、「ロストテクノロジー」、「いい意味でおかしい」などと言われています。 こういった音楽達がサクラ大戦というゲームを形作る大きな要素となっています。 人によって好き嫌いが分かれるかもしれませんが、これらの音楽を「イイ!」と感じる方であれば、サクラ大戦は楽しめるかと思います。 上手く説明しにくいのですが。 だから、キャラ達の少々馬鹿げたやり取りや微笑ましい恋愛も、王道すぎる壮大なストーリーも、大正ロマンやSFやが入り混じったはちゃめちゃな世界観も、豪華で派手な挿入曲なども、一つの歌劇として楽しめる。 この「歌劇である」という事が、このサクラ大戦というゲームの、他にはない最大の魅力なんじゃないですかね。 ですので、歌劇の様なてんやわんやのノリが好きな方であれば十分楽しめるかと思います。 かつ、大正ロマン物・SFロボット物・ラブコメ物が好きな方であればより楽しめるかと思います。 キャラ絵に少し癖がありますが、憎めないキャラばかりですので、少しゲームをしていれば自然に慣れていきます。 2006年にPSP専用ソフトとして発売。 オリジナル版の完全移植となり、内容やグラフィックは同じです。 1998年にセガサターン専用ソフトとして発売。 (のちにPC、ドリームキャストにも移植) 帝国華劇団と新たなる敵「黒鬼会」の戦いを描きます。 主要キャラクターは、前作サクラ大戦のキャラは全て登場し、加えて「織姫」、「レニ」の2人の新キャラが帝国華劇団に加わります。 セガサターン版 以上5タイトルが、正式なサクラ大戦シリーズ(ナンバリンクタイトル)となります。 またこの他にもサクラ大戦をモチーフにした派生ゲームは多数発売されていますが、こちらはこの記事では紹介を控えておきます。 ジャンルを超えたエンターテイメント サクラ大戦というゲームは、活劇・恋愛・SF・歌劇などとにかく様々な要素が詰め込まれたジャンル訳が難しいゲームです。 だからと言ってただ沢山のものを詰め込んだだけでなく、それぞれの要素がバランス良く組み合わせって一つのエンターテイメントを作っているのが面白いところ。 ストーリーなどは今見ると古さを感じる部分もあるかもしれませんが、このゲームの世界観みたいなものはなかなか他のゲームでは体験できないものなので、関心を持った方はぜひこの機会に遊んでみてはいかがでしょうか。 詳細は以下の記事にて。

次の

【サクラ大戦】アニメを見る順番はコレ!OVA~最新『新サクラ大戦』まで映画もまとめて

サクラ大戦 アニメ 順番

初代のTV版は以後に話がつながっていないからしょうがない。 ネタバレすると藤枝あやめは初代ゲームで死んでる。 レニと織姫はサクラ大戦2からの搭乗。 詳しくは年表などを見たほうが早い。 ゲームをプレイしていない方とお見受けします。 『無印』というのはTV版ですね? アレはOVAとは話が繋がっていません。 という訳で、死んだ以上、サクラ大戦2以降では当然(回想シーンを除けば)登場しません。 OVA『豪華絢爛』に登場する、藤枝 かえでは藤枝 あやめの妹で、『サクラ大戦2』で登場、帝国華撃団の副指令になります。 レニと織姫もゲーム『サクラ大戦2』から登場するキャラクターです。 サクラ大戦のOVAシリーズは、ゲームのサクラ大戦のストーリーの間に起きた事とされています。 なので、ゲームの展開を知っている事を前提にしているのです。 しかし、大神に倒された後、真の姿である大天使ミカエルへと覚醒し、大神達を導き、最終的には天に還っていきました。 なので、人間あやめとしては死んだ扱いになります。 かえでさんはあやめさんの妹で、サクラ大戦2以降、姉に代わって華撃団の副官に着任しました。 レニと織姫は、同じくサクラ大戦2で帝国華撃団に加入したキャラクターで、花組結成前に欧州で結成されていた実験部隊「星組」の元メンバー。 豪華絢爛は2以降の時間軸なので、この2人がレギュラー入りしているのです。 ゲームのサクラ大戦1をベースとしたパラレルワールドです。

次の

サクラ大戦シリーズ

サクラ大戦 アニメ 順番

サクラ大戦(サクラ大戦TV) ジャンル 、 アニメ 原作 監督 キャラクターデザイン メカニックデザイン 福島秀樹 音楽 アニメーション制作 製作 、 放送局 TBS、 (ほか、参照) 放送期間 - 話数 全25話 - プロジェクト ポータル 『 サクラ大戦』(サクラたいせん)は、ののを原作としたテレビアニメ作品。 から同年まで・ほかで放送された。 全25話。 TBS製作のテレビアニメおよびサクラ大戦アニメシリーズとしては最後のセル画フィルム撮影による製作作品であった。 資料によっては『 TV版 サクラ大戦』と表記されることもある。 概要 [ ] ゲーム版『サクラ大戦』のストーリーを元に、アニメ独自の脚本や演出を加え再構成した作品。 の帝国華撃団への加入から始まり、葵叉丹率いる黒之巣会との戦いまでを描いている。 本作のストーリーの中心はさくらを中心とした帝国華撃団の結束であり、ゲームでの大きな要素でもある大神一郎とヒロインとの恋愛は描かれておらず、全般的にシリアスな内容になっているのが特徴である。 1クール時点で『サクラ大戦』のOVA等で脚本を手掛けてきたメインライターのと、川崎が招いた脚本家が全員降板しており、2クール以降はライター陣が大幅に入れ替わっている。 登場人物 [ ] 帝国華撃団 [ ] 詳細は「」および「」を参照 真宮寺鉄馬(しんぐうじ てつま) 声 - 真宮寺一馬の兄。 刀匠にして荒鷹神社宮司。 戦いを重ねてぼろぼろになった霊剣荒鷹を見て、さくらの労をねぎらい、荒鷹を修復するため200年振りに「カヌチの儀」を行った。 スタッフ [ ]• 原作 -• 脚本 - 、• シリーズ監修 -• 監督 -• 助監督 - (第13話 - 第25話)• キャラクター原案 -• キャラクターデザイン -• TVキャラクター設定・総作画監督 -• メカデザイン - 福島秀樹• 美術監督 - 金子英俊• 色彩設計 - 三橋曜子• 撮影監督 - 小澤次雄• 編集 -• 音楽 -• 音楽協力 -• 音響監督 -• 制作プロデューサー - 浅利義美、安部正次郎• プロデューサー -• アニメーション制作 -• 製作 - (、、佐々木絵美、、、マッドハウス、)、TBS• テレビ放送初期には、檄! 帝国華撃団にて表示。 バックトラックは「III」と同音源。 DVDでは初期より修正済み。 テレビ放送版はサクラ大戦TV DVD-BOX(2006年10月27日発売)に初回限定版特典として封入された。 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 第一話 さくら 帝都に来る 中村隆太郎 浅見隆司 中原清隆 第二話 守るべき都市 田中誠輝 第三話 さくらの初舞台 中村隆太郎 岡嶋国敏 第四話 華撃団の新隊長 原博 はしもとなおと 秦野好紹 中原清隆 第五話 邪悪なる影 小林孝志 中村隆太郎 安田賢司 鈴木利正 宮田奈保美 中原清隆 安徳正則 福世孝明 (メカ) 第六話 光武の心 布施木一喜 高橋成之 第七話 おいしい秩序 小林孝志 伊藤良明 第八話 これがレビュウ! 乙女の意地で! 土井佐智子 駒井一也 はしもとなおと 第十四話 アイリス出撃す! 原博 鈴木薫 佐藤陵 第十五話 さくら故郷へ帰る 鈴木達也 武内宣之 小原充 伊藤良明 第十六話 対降魔部隊 あべけん 安田賢司 又野弘道 島崎克実 中原清隆 第十七話 序曲 土井佐智子 小林孝嗣 第十八話 シンデレラ 佐藤和治 はしもとなおと 秦野好紹 長坂寛治 第十九話 破邪の陣 吉岡たかを 小林孝嗣 岡嶋国敏 関口雅浩 中原清隆 第二十話 しのび寄る闇 鈴木達也 TAMA 鈴木薫 佐藤陵 第二十一話 もうひとつの戦い あべけん 浅見隆司 伊藤良明 小原充 第二十二話 帝劇、炎上! 佐藤和治 原博 佐藤雄三 田中洋之 田崎聡 第二十三話 夢見る機械 土井佐智子 安田賢司 川崎逸朗 岡嶋国敏 関口可奈味 三浦和也 第二十四話 絆 吉岡たかを 小林孝嗣 はしもとなおと 小林利充 第二十五話 夢のつづき 鈴木達也 鈴木利正 小林孝嗣 浅見隆司 鈴木利正 守岡英行 小原充 三浦和也 (メカ) 放送局 [ ] この節のが望まれています。 放送地域 放送局 放送期間 放送日時 備考 - 土曜 17:30 - 18:00 製作局 2000年4月 - 9月 土曜 16:30 - 17:00 2000年 - 土曜 17:00 - 17:30 7日遅れ 2000年 - 土曜 17:30 - 18:00 2000年 - 木曜 0:50 - 1:20(水曜深夜) 2000年7月 - 2001年1月 土曜 2:00 - 2:30(金曜深夜) 2000年 - 2001年 土曜 6:00 - 6:30 土曜 5:45 - 6:15 2000年6月 - 12月 土曜 1:55 - 2:25(金曜深夜) でも『櫻花大戰』のタイトルで放送された。 ほかにもで配信されているほか、でも放送されることがある。 脚注 [ ] [].

次の