デジタルパーマ スタイル。 ミディアムパーマの髪型・ヘアスタイル特集!デジパ・強めからゆるふわまでタイプ別にご紹介

【パーマとデジタルパーマの違い】質感・乾かし方・持ちまで比較!

デジタルパーマ スタイル

パーマとデジタルパーマの違い 普通のパーマとデジタルパーマの違いは複数ありますが、主な違いは、そのかけ方にあると言われています。 普通のパーマは、薬液だけでかけるのが一般的です。 一方デジタルパーマは、デジタルパーマ専用のマシンを使います。 そのマシンの熱と薬液を使ってパーマをかけ、髪の毛にパーマを形状記憶させるのが、デジタルパーマの特徴のひとつだとされています。 かけ方が違うからこそ、普通のパーマとデジタルパーマは質感やスタイリング方法にも違いが出るのでしょう。 また、デジタルパーマは、美容師が髪の太さやダメージ具合についてチェックをし、髪の状態によってマシンの温度、使う薬液、湿度などを決めると言われています。 そのため、美容師の技術や経験が、仕上がりに影響しやすいとされているのです。 特徴を比較してみて、自分のやりたいに合う方、なりたい雰囲気に合う方を選びましょう。 2-1. 普通のパーマの質感 普通のパーマは、ツヤめいた、束感のある質感だと言われています。 細かいウェーブやカールも出しやすいとされているため、細い束感のある繊細なスタイルにももってこいでしょう。 また普通のパーマは、にワンカールをかけたり、根本だけ立ち上げたりするような部分的なパーマも得意だと言われています。 2-2. デジタルパーマの質感 デジタルパーマは、やアイロンで巻いた時のように、立体的で弾むような、クルンとした質感だと言われています。 しかし、その一方で、外国人風のふわふわと波打つようなウェーブヘアにも向いているとされています。 つまり、かけ方やスタイリング次第で、しっかりカールしたウェーブヘアだけでなく、ドライでフワフワした質感を出すこともできるということでしょう。 また、髪の毛のボリュームを出しやすいパーマであるとも言われています。 まず、髪の毛を濡らし、ドライヤーで、根元からラフに乾かしていきます。 この時、ドライヤーの熱から髪の毛を保護したい方は、濡れた髪の毛になどを塗ってケアをすると良いでしょう。 半乾きになったら、指にクルクルと髪の毛を巻きつけ、その巻いた髪の毛を手のひらにのせて軽く持ち上げ、ドライヤーをあてます。 次に一旦ドライヤーを離し、冷風をあてましょう。 これだけで、まるで髪の毛を巻いたような、クルクルとしたパーマヘアに仕上がることが期待できます。 デジタルパーマは、時間が経過してパーマがだれてきたと感じる時も、クルクルと指に巻きつけることで、再度パーマが出しやすいと言われています。 ドライヤーの際に、指でクルクルと巻かず、手でクシャッと髪の毛を握って少し上に持ち上げ、ドライヤーをあてるだけです。 指で髪の毛を巻かずにスタイリングすることで、ウェーブ風のパーマヘアに仕上がるでしょう。 しかし、コツを覚えてしまえば、簡単に持ちの良いウェーブを出すことができると言われています。 ぜひ参考にしてみてくださいね! また、パーマとデジタルパーマの違いを知った上で、どちらのパーマを選択するかは、あまり決めつけすぎずに美容院へ行くことも大切でしょう。 個人差はありますが、一般的には約3か月はパーマがもつと言われています。 そのため、直毛が扱いにくく、髪の毛には常にニュアンスが欲しい方などは、デジタルパーマをかければしばらくパーマヘアを楽しむことができるでしょう。 デジタルパーマは、他のパーマと比べて比較的しっかりパーマがかかると言われています。 今まで普通のパーマがかかりづらかったという方は、その旨を美容師に伝え、デジタルパーマについて相談してみると良いでしょう。 ブローのやり方次第で、ストレートヘアのようにすることもできますし、毛先だけのカールも出しやすいためです。 また、普通のパーマであれば、ウェーブがだんだんと自然に落ちついてくるため、次のに影響しにくいと考えられます。 髪型を短いサイクルで変えて楽しみたい方にとっては、メリットになるのではないでしょうか。 例えば、根元を立ち上げてボリュームを出したい方や、前髪を横に流したい方もいますよね。 デジタルパーマは、ロッドの温度が熱くなるため、火傷を避けるため根元に近い部分にはかけられないと言われています。 また、前髪の場合も、毛先だけワンカールさせたい! などの細かい要望の場合は、普通のパーマの方が実現しやすいと言われています。 どちらのパーマの方がダメージが少ないかは、個人の髪質・髪の状態によるところが大きいようです。 ただ、すでに髪が傷んでいる状態であれば、普通のパーマがかかりづらく、デジタルパーマであればしっかりかかることもあるとされています。 いずれにせよ、髪の毛のダメージに関しては、美容師の判断に任せた方が良いでしょう。 しかし、デジタルパーマに自信がある美容院では、ネットのクーポン券等で、デジタルパーマの方が安くなっていることもあります。 お得にパーマがかけられるよう、美容院のHP等はしっかりチェックしましょう! 5. まとめ 今回は、普通のパーマとデジタルパーマの違いについてご紹介しましたが、いかがでしたか? なりたいヘアスタイルには、普通のパーマとデジタルパーマのどちらが向いているか、イメージがわいていると良いのですが… 美容院へ行く際には、ある程度パーマについてや、髪質についての希望を考えた上で、プロフェッショナルの提案に柔軟に対応しましょう!.

次の

【2020年夏】デジタルパーマ ミディアムの髪型・ヘアアレンジ|人気順|ホットペッパービューティー ヘアスタイル・ヘアカタログ

デジタルパーマ スタイル

デジタルパーマと普通のパーマ、何が違うのかよく分からない…という方も多いのではないでしょうか。 今回は デジタルパーマと普通のパーマの違いや特徴、選び方についてご紹介します。 パーマの特徴 そもそも、まずはパーマとはどのようなものかをご説明します。 パーマをかける時には、1液、2液と呼ばれる2種類の薬剤を使用します。 1液で、髪の毛を巻いたり真っ直ぐにするようにして、希望の形に髪がなるようにします。 そして2液によって、1液で希望の形にした髪を固定します。 パーマには、髪をストレートにするパーマとウェーブを付けるパーマに大きく分けられます。 髪をストレートにするパーマにはストレートパーマや縮毛矯正が含まれ、ウェーブにするパーマにはコールドパーマ、デジタルパーマ、エアウェーブ、クリープパーマ、コスメパーマ、水パーマなどがあります。 熱に注目すると、熱を加えないパーマと加えるパーマがあります。 「熱を加えないパーマ」 熱を加えないパーマには、コールドパーマ、水パーマ、クリープパーマ、コスメパーマ、ストレートパーマが含まれます。 「熱を加えるパーマ」 熱を加えるパーマには、デジタルパーマ、エアウェーブ、縮毛矯正です。 パーマの種類 パーマには、前述したように髪をストレートに伸ばすものと毛先をカールさせたり、ウェーブなどのくせをつけるものの大きく2つに分けられます。 今回は中でも、ウェーブなどのくせをつけるタイプのパーマについて紹介していきます。 髪にくせをつけるパーマの種類には、 「コールドパーマ」「デジタルパーマ」「クリープパーマ」などがあります。 この 「コールドパーマ」が一般的に普通のパーマの種類になります。 コールドパーマの特徴 コールドパーマが一般的なパーマと呼ばれる種類になります。 加熱はせずに、パーマ液のみで髪の毛のたんぱく質を固定してウェーブを作り出します。 コールドパーマは、髪の毛が濡れている状態の時が一番ウェーブが強く出ており、乾いたときに緩やかになるのが特徴です。 波打つようなウェーブ、しっとりとした束感、くしゃっとした無造作ヘアなどのスタイルにしたい場合におすすめです。 ドライヤーで髪を雑に乾かすと、ウェーブがばらばらになってしまったり、伸びてしまったりします。 濡れた状態の時に、スタイリング剤をつけ、弱風で乾かすのが一番綺麗にウェーブが出ます。 大きなウェーブの場合、1ヶ月から2ヶ月程度でパーマが落ちてしまいますので、定期的にパーマをかける必要があります。 関連記事 デジタルパーマの特徴 デジタルパーマは、十数年ぐらい前に登場したパーマです。 略して「 デジパ」と言うこともあります。 形状記憶パーマとも呼ばれ、専用のマシーンを使用して行います。 こちらのメリットデメリットなども合わせてご説明します。 デジタルパーマとは デジタルパーマの大きな特徴は、パーマ液だけでなく、機械を使い髪の毛に熱を加える点です。 髪の毛のたんぱく質を加熱することで、しっかりとウェーブの形状が記憶されます。 デジタルパーマは、 熱を加えることで髪の毛にスタイリングを形状記憶させ、パーマのかかり具合を強くすることが出来るのです。 デジタルパーマのメリット デジタルパーマのメリットをいくつか挙げてみましょう。 パーマの持ちが良い• 髪質に左右されずくせが付きやすい• 髪が濡れた時でもほとんど変わらない• 髪が傷みにくい 一番のメリットはパーマの 持ちが良いため、数か月その状態がキープできることでしょう。 一度形状記憶された髪の毛のウェーブは、大きめのゆる巻きウェーブでも、 3ヶ月から半年と長期間もちます。 そして環境の変化にも強いので湿気が多いシーズン、雨が降っている時などでもパーマが取れにくいです。 また、髪を乾かした時にウェーブが再現されるので、 普段のスタイリングがとてもラクに仕上がります。 乾かす時は、指で毛をクルクルッと巻いたら手のひらに乗せ、手のひらを上下に動かしながらドライヤーをあてて、ウェーブを潰さないようにするのがおすすめです。 根元にはかけられないというデメリットもありますが、乾かすだけでスタイリングができる手軽さがメリットです。 コテを使ったような、巻き髪にしたい場合にもおすすめです。 デジタルパーマは機械でくせをつけていくので、パーマ液の強さ(髪の内部構造を変化させる作用)はそれほどありません。 そのため、髪質を変化させたり、傷めてしまう リスクは小さいです。 パーマ液には還元剤が配合されていて、それが髪を膨潤させます。 しかしその作用は普通のパーマに比べて弱いので、シスチン結合が切断されているのは最小限にとどめられている状態です。 デジタルパーマのデメリット 次にデジタルパーマのメリットをいくつか挙げてみましょう。 施術時間が長い• 髪形を変えずらい• 細いウェーブは不向き• 費用が高い• 店舗によって持ちが悪くなることも パーマ液に頼ったくせつけではないので、 施術に時間がかかります。 毛量などにもよりますが、2時間以上掛かるケースが多いです。 そのため費用もだいたい2万円近くこともあります。 デジタルパーマはロットの巻き方、パーマ液の塗り方、加熱の仕方、時間、環境条件などによってパーマの掛かり具合が変わってきます。 そのため、あまり慣れていない美容師が対応するとイメージと違ったパーマ、掛かりの悪いパーマになってしまうことも少なくありません。 最近の機械は細かい温度調整が可能なので、髪質によって温度を上げるなどして調節してくれるところがお勧めです。 デジタルパーマは持続性があるので、もしストレートに戻したい場合は、ある程度待たなければいけません。 すぐにでも戻したい場合は、縮毛矯正が必要になるでしょう。 デジタルパーマが向いている髪質 せっかくデジタルパーマをかけたのに、すぐに取れてしまったり、強くかかりすぎて毛先がチリチリになってしまったりという経験はありませんか? それは、デジタルパーマと 髪質との相性に問題があるのかもしれません。 デジタルパーマが向いているのは、以下の髪質です。 ストレート 普通のパーマではかかりにくかったり、すぐ取れてしまったりすることが多い、クセのないストンとした 直毛でも向いています。 デジタルパーマなら 薬剤の選定や放置時間、ロッドの温度調節などでしっかりとしたカールを持続させることもできます。 また、 縮毛矯正をしている方でもかけることができます。 太くしっかりした髪 太い髪はキューティクルの層が厚く、パーマの薬剤がなかなか浸透しません。 そのため、普通のパーマはかかりにくいのですが、デジタルパーマなら ロッドが熱くなるので、髪にカールの形状を記憶させることが可能です。 ですので、比較的毛が太めで毛量が多い方は、デジタルパーマに向いていると言えます。 髪が健康過ぎてパーマがかかりにくいことがあれば、デジタルパーマにチャレンジしてみましょう。 細くクセのない髪 逆に細い髪なら一般的なパーマでもかかりやすいのかというと、そういうわけではありません。 細くまっすぐな髪は、キューティクルの層がきれいに揃っているので、薬剤が髪の内部にまで入りにくいのです。 つまり、細い髪にも、熱の力を利用するデジタルパーマが向いているといえます。 デジタルパーマが向いていない髪質 デジタルパーマは、一般的なパーマよりかかりやすく、とれにくいのが特徴です。 そのため形状記憶パーマとも呼ばれていますが、髪質によってはきちんとしたカールがつきにくいことも。 ダメージヘア カラーなどで 髪が傷み過ぎていたり、 毛先が大胆にすいてあるヘアスタイルの方は向いていません。 施術中は少し熱く感じることもあります。 毛先の方がチリチリになってしまうこともあるので、髪が傷んでいる場合は先にトリートメントなどで補修する必要があります。 ショートヘア デジタルパーマはロッドが熱くなるため、髪の根元まで巻くと火傷の危険性も。 ショートヘアの人は、一般的なパーマを選ぶといいでしょう。 毛量が少なめの方は、デジタルパーマの効果が十分に出ませんので普通のパーマを選びましょう。 また、敏感な体質の方はデジタルパーマは避けたほうが良いでしょう。 自分に似合うパーマの選び方 流行の髪型にするのも良いですが、大切なのは自分に似合う髪型やそれを実現するためのパーマを選ぶことです。 美容師に相談するのが良いですが、まず自分でどのようなイメージになりたいか考えておくと美容室でオーダーしやすいかもしれません。 デジタルパーマが似合うスタイル セットする時に楽な方がよい、 ヘアアイロンを使った時のような立体的なカールやパーマを長持ちさせたい、と考える方はデジタルパーマを選ぶと良いです。 普通のパーマが似合うスタイル 外国人のようなふんわりとした緩めのウェーブにしたい、 部分的にボリューム感を出したい、髪はなるべく傷ませたくないという方には普通のパーマがオススメです。 パーマのオーダーで気をつける点 仕上がりがなんとなくイメージしていた感じと違う…なんて経験をされた方も少なくないと思います。 仕上がりや自身の髪質に合わせてしっかり選ぶ必要があります。 どのようなスタイルを求めているのかによっても違いますが、 パーマ後のイメージをとにかく美容師の方に何度も確認することが大切です。 確認していないと、パーマ後の変化にギャップを感じてしまって、似合っていないと感じることがあるので気を付けましょう。 見慣れていないと違和感を感じてしまうため、何度もカウセリングを行って希望のスタイル、見た目の変化をチェックしながらパーマを行ってください。 パーマがかかりにくい髪質もあるので注意! 髪の毛のクセや髪質によってはパーマがかかりにくい場合があります。 そのため、美容師の方に細かく質問をし、相談をすることを忘れないようにしておきましょう。 また、希望のイメージを伝えても髪質の問題によって、若干理想とは違う仕上がりになる可能性もあるため、注意してください。 パーマをかけた後のケア方法 せっかくパーマをかけたので、出来る限り長持ちさせて綺麗に保ちたいと思う方がほとんどだと思います。 ですので、パーマをかけた後のケア方法をいくつか紹介します。 まず、 パーマをかけた後の24~48時間は髪を洗わない方が良いと言われています。 また、パーマをかけた後には髪がアルカリ性になっているので、髪が健康でいられる弱酸性に戻すと良いです。 アミノ酸系や石けんシャンプー アミノ酸系や石けんシャンプーなどの 弱酸性シャンプーを使ってみましょう。 弱酸性シャンプーは髪だけではなく、頭皮にも優しいのでパーマ後のダメージを少なくしてくれる可能性もあります。

次の

デジタルパーマ・ミディアムヘアのパーマスタイルを解説☆スタイリングがしやすくなる!|デジタルパーマ

デジタルパーマ スタイル

パーマとデジタルパーマの違い 普通のパーマとデジタルパーマの違いは複数ありますが、主な違いは、そのかけ方にあると言われています。 普通のパーマは、薬液だけでかけるのが一般的です。 一方デジタルパーマは、デジタルパーマ専用のマシンを使います。 そのマシンの熱と薬液を使ってパーマをかけ、髪の毛にパーマを形状記憶させるのが、デジタルパーマの特徴のひとつだとされています。 かけ方が違うからこそ、普通のパーマとデジタルパーマは質感やスタイリング方法にも違いが出るのでしょう。 また、デジタルパーマは、美容師が髪の太さやダメージ具合についてチェックをし、髪の状態によってマシンの温度、使う薬液、湿度などを決めると言われています。 そのため、美容師の技術や経験が、仕上がりに影響しやすいとされているのです。 特徴を比較してみて、自分のやりたいに合う方、なりたい雰囲気に合う方を選びましょう。 2-1. 普通のパーマの質感 普通のパーマは、ツヤめいた、束感のある質感だと言われています。 細かいウェーブやカールも出しやすいとされているため、細い束感のある繊細なスタイルにももってこいでしょう。 また普通のパーマは、にワンカールをかけたり、根本だけ立ち上げたりするような部分的なパーマも得意だと言われています。 2-2. デジタルパーマの質感 デジタルパーマは、やアイロンで巻いた時のように、立体的で弾むような、クルンとした質感だと言われています。 しかし、その一方で、外国人風のふわふわと波打つようなウェーブヘアにも向いているとされています。 つまり、かけ方やスタイリング次第で、しっかりカールしたウェーブヘアだけでなく、ドライでフワフワした質感を出すこともできるということでしょう。 また、髪の毛のボリュームを出しやすいパーマであるとも言われています。 まず、髪の毛を濡らし、ドライヤーで、根元からラフに乾かしていきます。 この時、ドライヤーの熱から髪の毛を保護したい方は、濡れた髪の毛になどを塗ってケアをすると良いでしょう。 半乾きになったら、指にクルクルと髪の毛を巻きつけ、その巻いた髪の毛を手のひらにのせて軽く持ち上げ、ドライヤーをあてます。 次に一旦ドライヤーを離し、冷風をあてましょう。 これだけで、まるで髪の毛を巻いたような、クルクルとしたパーマヘアに仕上がることが期待できます。 デジタルパーマは、時間が経過してパーマがだれてきたと感じる時も、クルクルと指に巻きつけることで、再度パーマが出しやすいと言われています。 ドライヤーの際に、指でクルクルと巻かず、手でクシャッと髪の毛を握って少し上に持ち上げ、ドライヤーをあてるだけです。 指で髪の毛を巻かずにスタイリングすることで、ウェーブ風のパーマヘアに仕上がるでしょう。 しかし、コツを覚えてしまえば、簡単に持ちの良いウェーブを出すことができると言われています。 ぜひ参考にしてみてくださいね! また、パーマとデジタルパーマの違いを知った上で、どちらのパーマを選択するかは、あまり決めつけすぎずに美容院へ行くことも大切でしょう。 個人差はありますが、一般的には約3か月はパーマがもつと言われています。 そのため、直毛が扱いにくく、髪の毛には常にニュアンスが欲しい方などは、デジタルパーマをかければしばらくパーマヘアを楽しむことができるでしょう。 デジタルパーマは、他のパーマと比べて比較的しっかりパーマがかかると言われています。 今まで普通のパーマがかかりづらかったという方は、その旨を美容師に伝え、デジタルパーマについて相談してみると良いでしょう。 ブローのやり方次第で、ストレートヘアのようにすることもできますし、毛先だけのカールも出しやすいためです。 また、普通のパーマであれば、ウェーブがだんだんと自然に落ちついてくるため、次のに影響しにくいと考えられます。 髪型を短いサイクルで変えて楽しみたい方にとっては、メリットになるのではないでしょうか。 例えば、根元を立ち上げてボリュームを出したい方や、前髪を横に流したい方もいますよね。 デジタルパーマは、ロッドの温度が熱くなるため、火傷を避けるため根元に近い部分にはかけられないと言われています。 また、前髪の場合も、毛先だけワンカールさせたい! などの細かい要望の場合は、普通のパーマの方が実現しやすいと言われています。 どちらのパーマの方がダメージが少ないかは、個人の髪質・髪の状態によるところが大きいようです。 ただ、すでに髪が傷んでいる状態であれば、普通のパーマがかかりづらく、デジタルパーマであればしっかりかかることもあるとされています。 いずれにせよ、髪の毛のダメージに関しては、美容師の判断に任せた方が良いでしょう。 しかし、デジタルパーマに自信がある美容院では、ネットのクーポン券等で、デジタルパーマの方が安くなっていることもあります。 お得にパーマがかけられるよう、美容院のHP等はしっかりチェックしましょう! 5. まとめ 今回は、普通のパーマとデジタルパーマの違いについてご紹介しましたが、いかがでしたか? なりたいヘアスタイルには、普通のパーマとデジタルパーマのどちらが向いているか、イメージがわいていると良いのですが… 美容院へ行く際には、ある程度パーマについてや、髪質についての希望を考えた上で、プロフェッショナルの提案に柔軟に対応しましょう!.

次の