デスストランディング 武器 比較。 『デス ストランディング』はプレイする人みんなを批評家にする

『デス・ストランディング』試論――かくて荒野は意味で満たされた。死の大地を歩くことを意義あるものにした、オープンワールドのゲームデザイン

デスストランディング 武器 比較

こんにちは、はしゃしんです。 つい先ほど、「 デス・ストランディング(以下デススト)」のストーリーをクリアして感慨深い状態なのですが、発売してから間もなく1週間。 いろいろな人の動画やブログを見て、 「買おっかなぁ どーしよっかなぁ」 「そもそもPS4のソフトたけぇんだよ・・」 と呟いてる人も多くいると思います。 結論から言うと、本作は何の疑いの余地もなく 神ゲー でございます。 ただし、あくまでこの結論は個人の見方であり、やり始めて早々、自分に合わなくてメルカリで即出品してる人も少なからずいます。 何にせよ、「歩いて物を配送するゲーム」とか言われて、面白そう!と思う人の方が少ないはず。 本記事では、一通りストーリーをクリアした上で、個人的な本作に対する評価を良い点・悪い点を踏まえてレビューしていきます。 なお、ネタバレはなしで、公開できる範囲のみ書いてますのでご安心を。 購入の際の一つの参考基準として加えていただければ、うれぴこでございます。 デスストランディングってなんすか?! 購入を迷ってる人の多くが、そもそも「 デス・ストランディングって何ぞや?」という状態になってるかと思います。 プレイ動画はネタバレになるし、かといって公式のトレーラーじゃ訳わかんない! そんな方のために、はじめのはじめの第一歩として「デスストとはなにか」をスーパー簡単に説明していきまSHOW。 そう遠くない未来のアメリカ。 「デス・ストランディング」と呼ばれる現象によって、都市と都市は分裂し、アメリカは崩壊。 「時雨」と呼ばれる雨が降ると、あの世の存在「BT」がこの世と繋がり出現。 このBTに人間が飲み込まれてしまうと、「 対消滅」と呼ばれる現象を起こして、あたりいっぺんが巨大なクレーター化となります。 これを恐れた人々は物資の供給が出来ず、インフラも整わない状態。 こんな世界をどうにかしちゃる!と働き出したのは、アメリ率いる「 ブリッジズ(BRIDGES)」と呼ばれる組織。 このサムとブリジッドが手を組んで、カイラル通信と呼ばれる通信網を広げ、分断された都市と都市を繋ぎ、アメリカを再建する。 というのが本作の目的。 なんとなく分かるような分からないような、複雑な背景をもつ本作。 そんな本作を手がけるのは、「 メタルギア」シリーズで世界的に知られる「 小島監督」。 2015年にコナミを退社して独立。 およそ3年半の歳月をかけ完成させた、独立後初のタイトルが、この「デス・ストランディング」です。 小島監督という、プロデューサー自体のブランドが非常に高い人物による新規タイトルに加え、新しいジャンルへの挑戦、豪華俳優陣の起用が本作の最大の魅力。 歩きます。 配達します。 繋ぎます。 本作のメインシステムは、 荷物を配達すること。 配達する際に、 地面がぬかるんでいる場所や凹凸の激しい場所、急な下り坂を通ってしまうと、体のバランスが崩れて荷物を落としてしまいます。 荷物を落としてしまうことで荷物が損傷、届けた際の評価に繋がります。 先述の「 ソーシャル・ストランド」とは、間接的に世界中の、デスストをプレイしてる人たちと繋がれることです。 自分の世界にはもちろん一人だけ。 目立った建物はなく、本当に自分だけ。 ただ、ありとあらゆる所で、 他のプレイヤーが設置した梯子やロープ、建築物が、自分の世界にも反映されるのです。 また、誰かが落とした荷物を自分が代わりに拾って届けてあげることもできます。 もちろん、そのまた逆も。 誰かが設置したアイテムを自分が利用すると「 いいね!」が設置した人に送られます。 自分もまた、自分が設置したアイテムが誰かの世界に反映されて、いいねを貰えたりします。 いいね!はただの「いいね!」ではありますが、荷物を運ぶ際のモチベーションに繋がります。 誰かが建てた橋、意味のわからないホログラム、いい感じに掛けてある梯子。 全く知らない人との繋がりを、 オンラインゲームのような直接的な接触はないけれど、たしかにその存在を感じることは出来る、それが「デス・ストランディング」であり、「ソーシャル・ストランド・ゲーム」というジャンルです。 まさに最高級ハンバーガー。 豪華すぎる俳優陣! 本作で登場する主要人物は、3Dキャプチャされて二次元化した実際の俳優さんたち。 その面々は、「ウォーキング・デッド」で知られる ノーマン・リーダスをはじめとした、北欧の至宝と言われる マッツ・ミケルセン、フランスの レア・セドゥ、映画「パシフィック・リム」の ギレルモ・デル・トロ監督などなど。 これらの俳優さんの吹き替えをしている日本の声優陣も豪華で、「メタルギア」シリーズではお馴染みの大塚さんも担当されています。 まさに、バンズからトマトソースまで片っ端から最上位のものを集めて作った 最高級ハンバーガー並の破壊力。 (意味わからん) ファンの方はもちろん、ファンでない人、初めて知った人も、リアルで繊細なムービーを見てるうちにファンになっていたりいなかったり。 デスストの良い点・悪い点は…なんですか! 長らくお待たせしました。 目次からここまで飛ばした方ははじめまして。 本作の良い点・悪い点を、ババッと上げていきます!ぜひ購入の際の参考に。 現時点で、ブログやSNSで「デスストは神ゲーか糞ゲーか」で議論されている部分が多く、小島監督の作品のファンは何でもかんでも面白いとか言うんだよ・・という意見もあったり。 ユーザー全体の意見を含めた本作の評価としては「 賛否両論」というのが一番合っているのかもしれません。 【良い点】 ストーリーが重厚。 アメリカ再建に焦点を当てつつ、主人公や主要人物の奥深い過去に迫り、自分たちに訴えかけてくるようなメッセージのこもった物語。 ムービーの質も非常に高く、表情の細かさ、肌の質感まで非常に繊細で、プレイ画面も含めてグラフィックが非常に綺麗。 映画のような引き込まれる映像に夢中になります。 「配送」という行いを根幹にした、全く新しいゲーム。 トラックやバイクなど、ゲームを進行していく過程で入手可能ですが、序盤は特に、歩くことがメインになります。 これらがストレスに感じる方が、いわゆる「合わない人」です。 ただ、一つ言いたいのは やってみないと分からない! という事です。 行く先々で、間接的に世界中の人たちとの「繋がり」を感じることができるのが本作の魅力。 一人なのに孤独ではない新しい感覚があり、誰かの役に立ちたい、という気持ちが込み上げてくる作品。 荷物を届けた終えたときは、なんとも言えない達成感が。 なぜこの荷物が必要なのか、それぞれに理由があって、そこが面白く、やる気にさせてくれます。 「その任務をやる意味」を持ってプレイするのと、クリアしたいからプレイするのでは大きな違いです。 こういった面を見てみると、「 今までになかった、今までにプレイしたことのないゲーム」であることは言うまでもありません。 小島監督ならではの、小ネタもいっぱい存在。 映画のような雰囲気をしているけれども、やっぱりゲームしかできない事を取り入れて、一つの作品にしている。 例えば、小便機能。 適当な所でおしっこが出来る。 するとちっさなキノコが生えて、そのキノコに他の人がおしっこすると、キノコはどんどん成長していきます。 敵であるBTに対してかけたら、追ってこなくなったり。 そんなシステム、どうでもいいわ!って人からしたら、1ミリも面白くない要素になってしまうのですが。 ゲームらしさを根底に置きつつ、映画のようなリアルで壮大な世界観に魅了されっぱなし。 私自身、最初は「自分にも合うかなー」っと不安がありましたが、ストーリーも面白いし、ゲームシステムも魅力的で夢中になれました。 【悪い点】 これは悪い点というより、好みの分かれる部分という意味なのですが一応。 ムービーの割合が非常に多く、それが本作の魅力でもあるのですが、見るより操作したい、物語に興味がない人にとっては、退屈してしまう場面が多く存在します。 特に序盤、 最初の1時間はほとんどムービーで、実際に操作できる時間は全然なかった記憶があります。 一つの任務につき、 クリアまでにだいたい30分前後 (移動距離や乗り物によって大きく変わります)かかります。 学校や仕事でゆっくりプレイする時間がなく、 少しずつでもクリア出来るゲームが良い人にとっては、その進行度合いに対して長ったらしく感じてしまうかもしれません。 私の場合は、朝早いし夜遅いタイプの人間ですが、本作にすっかりハマってしまったこともあり、少しずつでも全然楽しんでプレイができました。 戦闘に関してですが、 全く持って派手ではありません。 序盤はグレネードも銃も持てないので、BTと呼ばれる敵に対しては攻撃手段がなく、隠れてやり過ごす必要があります。 エイリアンが持ってそうなカッコいい武器や近未来的な装置は出てきません。 個人的に不満に思った点は、 UIが見づらいという点。 UIとは、ゲーム内のおおよそのデザインと考えてもらえたらいいのですが、 文字の量が多い割に文字が非常に小さい点や、自分がどの荷物を何個所持しているのかを、一回一回、自分背負っている荷物の欄をスクロールして確認していく必要があって非常に面倒くさかったり。 色々な情報が一か所に集まってゴチャゴチャしてしまっているような感じで、もう少しスッキリして欲しいというのが切実な思い。 本作をレビューしているサイトを見ると、他のゲームと比べて評価している記事も稀に見かけます。 しかし。 今まで、デスストと似たゲーム性のタイトルなんて他になかった訳ですし、それを他の作品を比べてここが劣っているとかどうとか、書くべきではないと思うんですね。 もちろん、グラフィックではこのゲームの方が繊細だったとか、どのゲームにも共通した要素の比較はありますが、 ゲームのシステム云々を比較して評価をつけるべきではないかなと個人的には思います。 この頃、デスストのレビュー動画とか頻繁に見ますが、多くの人が「 一度プレイしてみないと分からない」といったことを述べてます。 私もその通りだと思いますし、 「良い点」「悪い点」に分けても、結局は好みによって分かれるかなぁという部分がほとんどなので、 人によって良し悪しと感じる部分は大きく異なると思います。 実際に遊んで、判断して欲しい! 少しでも興味があるなら買って欲しい作品です!.

次の

【デススト】対消滅(ヴォイド・アウト)ってなんですか?カイラリウムとライクチン。を解説【デス・ストランディング】

デスストランディング 武器 比較

種類 内容 トラック 初めに入手できるブリッジズ制のトラック。 サム指名依頼No. 35『K4南配送センターへ試作品を配送せよ』を 攻略すると作れるようになります。 走破性に関してはノーマルと一緒。 K4南配送センターの親密度が上がると、報酬で作れるようになる。 1:バッテリーを2つ搭載。 2:バッテリーを4つ搭載。 3:バッテリーを6つ搭載。 衝突・被弾・電撃攻撃に対して、バッテリーがあれば無効化してくれる。 BRIDGESの施設内やは、通電エリアになっているため、 いくら車で走行してもバッテリーが減ることはない。 車で川や水辺を走ると、低速運転かつバッテリーの消費が多くなる。 また、の電撃槍による攻撃を受けたりすると、 車が一定時間動かなくなります。 悪路を車で通過するのは結構イライラします。 状態の良い平らな土地や、国道を走行した方がいい。 無茶をして岩に車を乗り上げたりすると、動けなくリスクもあります。 トラックを利用して大量に荷物を持ち運びする.

次の

デス・ストランディングを楽しむコツを進行状況にごとに解説

デスストランディング 武器 比較

小島監督による、独立後初の新規タイトル「 デスストランディング」。 タイトル公開当初から、世界中で注目を集めた今作。 その世界観やゲーム性は謎のままでしたが、今年に入ってようやく詳細が明るみになった。 また、11月1日に公開されたローンチトレーラーでは、作品の根幹となるストーリーの内容が垣間見えるものとなった。 このゲームがなぜここまで注目されているのか。 それは、 世界中で名が知られている、小島秀夫監督による独立後初のゲームタイトルであり、これまでのゲームにはなかった新しい要素が詰まった新ジャンルの作品ということ。 「ウォーキング・デッド」で知られる俳優 ノーマン・リーダスや、デンマークの実力派俳優 マッツ・ミケルセンを主要登場人物として起用したこと。 この二つの要因が大きく関わっていると見られる。 小島監督の詳細については別記事で紹介するとして、このゲームの魅力や懸念点、ネット上での反応を紹介していく。 デス・ストランディングによる崩壊 「 デス・ストランディング」と呼ばれる現象によって、人々の繋がりは失われ、都市は引き裂かれ分断され、人類は滅亡の危機に。 本作では、この現象によって崩壊してしまったアメリカと人々の繋がりと取り戻す「 アメリカの再建」を目的に物語が展開されていく。 デス・ストランディング以前・以後の世界 デス・ストランディング以前の社会は、「恩恵と引き換えにすべて監視・管理される 共有監視社会」の中にあり、企業や国は、ネットワークに繋がる人間の行動履歴、購買情報といった個人情報と引き換えに、人々の安全を保障し、様々なサービスを提供していた。 かつての人類は飢餓や戦争といった問題に直面していた。 ただ、デス・ストランディング以降の人類の本質的な問題は、「 必要とされるものが届かないという、配送の問題」である。 アメリカの再建計画 主人公である サム・ポーター・ブリッジズは、「 BRIDGES(ブリッジズ)」の一員であり、新たなアメリカ大統領 サマンサ・アメリカ・ストランド(アメリ)と、同組織の一員 ダイハードマンとともに、アメリカ再建計画を成功させるために動き出す。 アメリは「ブリッジズ第一遠征部隊」を組織して、アメリカ大陸を横断。 アメリカ都市連合(UCA)に加入意思がある都市にはスタッフを遺し、3年かけて西海岸にある「 エッジ・ノットシティ」に到着。 しかし、エッジ・ノットシティの独立自治を要求し、UCAへの加盟を拒否した 分離過激派のテロリスト集団によって、遠征隊は全滅し、 アメリは閉じ込められてしまう。 サムは、「 Qpid (キューピッド)」と呼ばれる起動装置を使って、 大容量通信システム「カイラル通信」を設置し、分断された人々を繋ぎなおすとともに、幽閉されたアメリを救出する旅にでることになる。 全く新しいジャンル「ソーシャル・ストランド・ゲーム」とは どのゲームにも「アクション」「アドベンチャー」「パズル」など、 ゲームジャンルというものが存在する。 本作の企画・脚本・監督・ゲームデザインを手掛ける 小島監督は、このゲームのジャンルの位置づけを「 ソーシャル・ストランド・ゲーム (Social Strand Game) [以下SSG]」であるとしている。 本作は、先述の通り「 荷物を運んで人々との繋がりを拡張していくこと」に重きを置かれているゲームである。 どの荷物を持っていくかを、 重量や大きさ、量をマネジメントしたうえで、その荷物を安全な経路を探しながら目的地まで配送することが目的だ。 足場が不安定な地形を通ってしまうと、 転んで荷物が落ちてしまうし、川に流されてしまうと荷物も流されてしまう。 どこを歩けば安全な最短ルートなのか、広大なオープンワールドを歩いて探していくのは一苦労。 そもそも、人々が孤立した大陸を横断するって、ぼっちにも程があるたこ 本作では、世界中のプレイヤーを間接的に繋がることによって、これらの問題を解消する。 間接的な繋がりとは オンラインゲームのように、同じフィールド上に他のプレイヤーがリアルタイムに動いているわけではなく、 間接的に繋がっているというのがSSGの特徴。 もちろん広大なマップ上には自分一人しかいないわけだが、マップのいたる所で、 他のプレイヤーが設置したアイテムや建物が置いてあったりする。 また、荷物が川に流されてしまったり、どこかへ落としてしまったとき、 他のプレイヤーが拾ってくれる。 もちろん、その逆も可能で、他人が落とした荷物を自分が代わりに拾ってあげることも可能。 崖で通れない場所があっても、 他のプレイヤーが設置した梯子や橋が自分の世界にも共有され、利用することができる。 これが小島監督のいう「 繋がり」になる。 世界中のプレイヤーの建物物や設置物が共有されるとなると、世界が他人の物だらけになるのでは?という懸念も出たが、「 時雨(タイムフォール)」と呼ばれる雨が降ると、 建築物が溶けてなくなるように配慮されている。 また、他人が設置した建物等が自分の世界に反映されないモードも設定できるようになっており、不必要な場所に設置物があれば、自分の世界から消すことも可能。 豪華キャストを最大限に活用 本作で登場してくる多くの主要キャラクターが、 実在する有名俳優。 3Dスキャン/モーションキャプチャーといった最新技術によって、肌の質感や動作をリアルに表現している。 特に、主人公サムを演じる ノーマン・リーダスは、ドラマ「 ウォーキング・デッド」に出演している大物俳優。 ゲーム内の「 プライベートルーム」では、装具のカスタマイズができる以外に、「脳みそに焼き付くほど」撮影したというノーマン・リーダスファン必見のアクションが用意されている。 ほかにも、デッドマン演じる ギレルモ・デル・トロや、クリフ演じる北欧の至宝 マッツ・ミケルセンなど、豪華キャストによる演技は映画さながら。 特に、クリフ役のマッツ・ミケルセンと小島監督の対談も挙げられているのでチェックしてみてほしい。 映画「 マッドマックス」で知られる、 映画監督ジョージ・ミラーは、「デス・ストランディング」をこう評価している。 斬新なアイディアや変化がなければ 文化の変革は起こらない。 (中略) 本作はとてもラジカルで万人が理解できるとは限らないが、作品やメディアに変革をもたらすことは間違いない。 IGN-JAPAN 「『マッドマックス』の監督が『DEATH STRANDING』を絶賛!」より 本作の制作期間は約3年半。 ゲームの新規タイトルを作り上げる上では非常に短い製作期間だ。 ましてや、コナミから独立し、人員も何もかも0からの状態で始めたことを考えれば、なおさらだ。 ゲーム要素 最後に、本作のゲーム要素について、「一体どういうゲームなのか」について具体的に見ていく。 サムの能力とBBとその敵 まず押さえていきたいところは、サムの能力とBB、BTについてだ。 BBとは「 ブリッジ・ベイビー」のことで、サムが外に出るときは必ず専用のカプセルに入れて連れていく。 BTとは、 時雨が降っている場所に現れるあの世の存在。 通常の人間には見ることが出来ず、サムは察知することができる。 このBBと繋がることにより、 BTの存在を察知・視認することができる。 BTにはいくつか種類があり、 ゲイザー・ハンター・キャッチャーの3種類が確認されている。 時雨が降るとゲイザーがプレイヤーの呼吸や足音を感知。 見つからないためには、呼吸を止めてBTを避けながら通り過ごさなければならないが、息をしてしまうとキャッチャーがプレイヤーを追ってくる。 もがいて脱出することもできるが、出来ずに引きずり込まれてしまうと、キャッチャーと呼ばれるBTとの対戦が始まる。 この戦いに敗れてしまうと、 対消滅(ヴォイドアウト)と呼ばれる現象が起き、周辺がクレーター化してしまう。 サムは特殊な体液を有しており、 その体液は武器となり、BTに対抗する術となる。 EXカプセルと呼ばれる、サムの体液、老廃物、排泄物などを疑似加工したカプセルを用いる。 ゲームを進行していく中で、 ミュールという人の敵と遭遇することもある。 ミュールはプレイヤーを攻撃してくる謎の集団。 荷物を投げることで応戦したり、ボーラガンと呼ばれる拘束道具を用いて回避することも可能。 その他のゲームシステム 運ぶ荷物のレイアウトでは、グレネードや血液パック、アクセサリーといったものも存在。 アクセサリーの中には、傘車やテルテル坊主など多種多様で、雨が降りにくくなるといった効果も存在。 装備品には耐久値が存在。 靴が壊れてしまうと足にダメージが。 レベルを上げることによって耐久値も上がっていく。 プレイしていくと、配送した人々から感謝のメールが送られてきたり、クエスト依頼が届いてくる。 「ドキュメント」項目では、デスストの世界観を掘り下げたテキストを読むこともできる。 ミュージックプレイヤーの再生も可能で、 星野源の曲も。 楽曲はどんどん増えていく模様。 運びゲーは評価されるのか ざっと本作を紹介したが、わかる通り本作は「荷物を運ぶゲーム」である。 個人的には、万人受けはしない、人を選ぶゲームだと思う。 何せ、まだ誰もプレイしたことがない未知の領域に踏み込んだ作品。 小島監督の作品というだけで、トレーラー公開当初から「神ゲーの予感」といったコメントも多く見られた。 つい最近になって、ようやく世界観が明るみになってきて、本作に対する期待も膨らんだ人も多くいると思う。 少なからず、「面白くなさそう」といった類のコメントはなかなか見られなかった。 それだけ、「メタルギア」シリーズの成功が大きかったのかもしれない。 ジョージ・ミラーが言っていた「 斬新なアイディアや変化がなければ 文化の変革は起こらない。 」は、まさにその通りだと思う。 斬新で、まったく新しいゲームということだけは確かなこと。 だから、他のゲームと比較して云々というレビューが目立たないことを願うばかり・・.

次の