風邪 鼻 づまり 解消。 鼻が詰まってストレス!息苦しい鼻づまりの原因や仕組み、解消方法 » マコシャークブログ

鼻が詰まってストレス!息苦しい鼻づまりの原因や仕組み、解消方法 » マコシャークブログ

風邪 鼻 づまり 解消

いや~な花粉症シーズン、真っただ中!鼻が詰まって息苦しいなど、「鼻づまり」に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 実は医師によると、「鼻づまり」に悩む人は、年々増えているそうなんです。 そこで、「鼻づまり」の解消法と予防法を徹底取材!「身近な食材」を使った方法から、レーザーによる「日帰り手術」、そして薬が引き起こす怖~い鼻炎の存在まで・・・。 鼻づまりスッキリ!スペシャルです。 匂いを嗅ぐだけ!たまねぎでスッキリ たまねぎの匂いを嗅ぐと、鼻づまりを解消できると、耳鼻咽喉科の医師・大久保公裕さん(日本アレルギー協会理事)が教えてくれました。 本当に効くの?と調査してみると、鼻づまりに悩む9人のうち8人が、その場で効果を実感。 たまねぎのツーンとした匂いが神経を刺激して、鼻づまりを解消するそうなんです。 ただ、効果は5分ほど。 あくまで一時的なものですし、治療法ではないことをご承知ください。 ワセリンを塗って、花粉・ハウスダストをブロック! イギリスの国民保健サービスNHSが、「自分でできる花粉症対策」として推奨しているのが、鼻の入り口にワセリンを塗るという方法。 花粉やハウスダストなどアレルギーを引き起こす物質がワセリンにくっついて、鼻の中に入る量を減らせるんです。 NHKの番組が花粉症の10人を対象に行った調査では、鼻づまりがゼロなるという結果になりました。 【方法】• 少量のワセリンを綿棒にとる。 鼻の入り口に3~4回クルクルと塗る。 小鼻を押さえて、まんべんなくのばす。 「鼻うがい」で、鼻づまりの原因を洗い流す! 耳鼻咽喉科医師の石井正則さんによると、「鼻うがい」は、花粉やハウスダスト、雑菌などが付着しやすい「上咽頭(じょういんとう)」という場所を洗い流すのに有効とのこと。 また、スタジオに出演した吉川さんによると、起床時と帰宅時に行うことがおススメで、やりすぎは粘膜を守る粘液まで流してしまうため、おススメしないとのことです。 【痛くない鼻うがいの方法】• 「生理食塩水」でやることがポイント。 水500ミリリットルに対して、塩4.5グラム(小さじ1よりやや少なく)• 鼻うがい用の容器を使う。 下を向いて、「えー」っと声を出しながら、ボトルを押して生理食塩水を流し込む。 その使い過ぎが原因で症状を悪化させてしまう「薬剤性鼻炎」が、近年増加しているそうです。 点鼻薬には、「抗アレルギー剤」、「ステロイド剤」、「血管収縮剤」の3種類あります。 このうち、鼻の粘膜の毛細血管を収縮させることで腫れを引かせる「血管収縮剤」は、用法・用量を超えて使い過ぎると、かえって腫れが引きにくくなってしまうんだそうです。 これが、「薬剤性鼻炎」。 まずは、自分が使っている点鼻薬がどんな種類のものかを確認して、用法・用量を守ることが大切です。 「鼻アレルギー診療ガイドライン」には、「血管収縮剤」を継続して使用する場合は、およそ10日までにとどめるよう示されています。 【主な「血管収縮成分」】• ナファゾリン塩酸塩• テトラヒドロゾリン塩酸塩• フェニレフリン塩酸塩• 鼻のレーザー手術の実態 薬では十分改善しない人には、「手術」という方法もあります。 レーザーを使った「日帰り手術」に密着しました。 手術は、鼻の粘膜の表面をレーザーで焼くことで、粘膜自体を小さくするというもの。 術後にヤケド状態がおさまると、アレルギー反応も起きにくくなります。 レーザーの照射時間は、10分弱。 局所麻酔を始めてからでも45分で終わりました。 出血がないかなどをチェックしたら、日帰りできます。 費用は、取材させていただいた男性の場合、保険が適用されて9180円でした。 それまでの間、かえってアレルギー反応が大きくなる可能性があるため、専門医によると、花粉症のシーズン中に手術を受けることはおススメできないとのことです。 気をつけて!40代からの「鼻毛」の手入れ 女性は、40歳を過ぎたころから、鼻毛が目立ちやすくなるって知ってますか?女性ホルモンが減ると男性ホルモンの影響を強く受けるようになって、鼻毛は太くなります。 さらに、年齢を重ねるとともに毛は抜けづらくなるため、伸びやすくなります。 結果、更年期のころから、女性の鼻毛は太く・長くなって、目立ちやすくなるんです。 そこで、理容師の業界誌で鼻毛のカット方法を監修したベテラン理容師・森安隆さんに、ポイントを教えてもらいました。 【鼻毛の切り方】• 先の丸い、鼻毛用のハサミを使う。 切る鼻の穴と逆方向に鼻を倒して、飛び出た毛を、穴の入り口に刃を沿わすように切る。 鼻の頭を上に向けて、同様に外に出た毛を切る。 鼻の頭を押しつぶして、切り残しがないかチェック。 飛び出た毛がなければOK。

次の

寝るときの鼻づまり解消法!その鼻づまりは風邪かアレルギーか?

風邪 鼻 づまり 解消

耳鼻科へ行くと見かける吸入器も市販で意外とお手頃価格で売られています。 十分な蒸気が欲しいという方にオススメです。 では、なぜ鼻を温めると鼻づまりが解消されるのでしょうか? その医学的な理由はまだ分かっていないようなのですが、 効果だけはきちんと認められているようです。 安全でどこでも簡単に試せる方法なので、一度試してみるのにはちょうどいい方法だと思います。 鼻をつまんで息を止める 鼻炎などによる鼻づまりを解消する方法として、 鼻をつまんで息を止めるという方法があります。 まず、一度深呼吸をして肺が空っぽになるまで息を吐き切ります。 そして、鼻をつまんで息を止めた状態で、約2秒ずつのペースで上と下を交互に見ます。 これを限界のギリギリまで続けましょう。 いかがですか? 鼻づまりが解消されて、鼻で呼吸できていませんか? 鼻炎などによる鼻づまりの原因の1つは「鼻の奥の粘膜に血が溜まり膨らんでしまうことで、 空気の通り道を塞ぐ」ことです。 この方法で無理矢理酸欠にすることで、 脳から「酸素が足りないから、鼻の穴を広げて!」という命令が出されます。 脳からの命令を受けた鼻は、血が溜まらないように血管を細くするのです。 すると、 鼻の粘膜の腫れが引いていき、空気の通り道ができるのです。 ペットボトルを脇(わき)に挟む 鼻炎などによる鼻づまりを解消する方法として、ペットボトルを脇に挟む方法があります。 詰まっている鼻とは反対のわきに500mlのペットボトルを挟みます。 わきの下には圧力を感じるセンサーがあり、圧迫することで反対側の交感神経が刺激されるのです。 交感神経が刺激されることで血管が収縮し、鼻の粘膜の腫れが引いて鼻に空気の通り道ができます。 鼻の粘膜の溜まった血液を取り除き、空気の通る道を作るのは 「鼻をつまんで息を止める方法」と同じ原理です。 鼻をつまんで上下にうなずいている姿を見られるのは恥ずかしいという方は、 ペットボトルを脇に挟む方法を試してみてはいかがでしょうか。 鼻づまり解消のツボを指圧する 鼻炎などによる鼻づまりを解消する方法として、 鼻づまり解消のツボ「迎香(げいこう)」を刺激する方法があります。 「迎香」は小鼻の真横のくぼみにあるツボで、人差し指をあてて、 下から上に押し上げるように3秒間押し、3秒休むます。 「迎香」は鼻づまりや花粉症、鼻血に効くツボで、 この他にも顔の血行促進を促し、むくみ、頭痛、視力低下防止にも効果があるようです。 鼻炎などによる鼻づまりで息苦しくなるメカニズムとは? 鼻炎などによる鼻づまりは、鼻過敏症の1つであり、 その中でも鼻炎は花粉やハウスダストが原因で発症します。 鼻づまりを感じると、鼻の中で鼻水が溜まっているのではないかと思い、鼻をかむでしょう。 ただ、鼻が詰まって空気が通らずに鼻をかめなかったり、鼻水が出てもスッキリしないと思います。 これは実際に鼻を詰まらせているのが鼻水ではなく、 実は鼻の中にある鼻甲介(びこうかい)が腫れていることが原因なのです。 鼻甲介には吸った空気を加湿したり、温度を調整する働きがあり、 空気中のチリやホコリを吸着してくれるのです。 鼻炎は「鼻の炎症」なので、正確にはこの鼻甲介が赤く腫れ上がる状態のことなのです。 1回鼻炎が起きてしまうと、鼻甲介が一気に腫れてしまい、 鼻の通りを悪くします。 特に風邪や花粉症などのアレルギー性鼻炎では、 鼻づまりの症状がひどく、鼻で息ができないので口で呼吸をするしかない場合があります。 そのような場合は鼻づまりを解消するために、鼻水を出すだけではなく、 上で紹介した方法で赤く腫れ上がった鼻甲介を収縮させることが大切になってきます。 鼻づまりの原因になる鼻の病気とは? 急性鼻炎 ウイルスや細菌によって鼻腔内の粘膜が一時的に腫れます。 透明や白い鼻汁、くしゃ が出て、鼻声になります。 慢性鼻炎 鼻腔の粘膜が厚くなる慢性肥厚性鼻炎が主な原因で、 いつも粘膜が炎症を起こしやすい状態になります。 アレルギー性鼻炎 スギ花粉など大量の花粉や自然食以外の食べ物の増加、 非自然環境での生活による公害などがアレルゲンとなり、炎症を引き起こします。 副鼻腔炎 鼻の穴から喉までを「鼻腔」といい、副鼻腔は その鼻腔の途中にある4つの小さな空間で炎症を起こす状態になります。 蓄膿症 副鼻腔炎が慢性化した状態で、普通は左右両方の鼻に症状があらわれます。 鼻づまりの原因になる鼻の病気は、鼻水で病名を判断することができます。 水のように薄くて透明な鼻水は、風邪の初期や花粉症などのアレルギー性鼻炎の症状です。 粘り気のある黄色い鼻水は、風邪の後期や副鼻腔炎でよく見られる症状です。 いずれの鼻水の症状でも気になる場合は、自己判断せず耳鼻咽喉科で診察してもらうようにしましょう。 まとめ 最後になりますが、ここで紹介した4つの鼻炎などによる鼻づまりを解消する方法は、 花粉などのアレルギー性の鼻炎や風邪を引いて 炎症を起こしているときには効果があるので、ぜひ一度試してみてください。 しかし、鼻の奥にポリープができていたり、蓄膿症という場合には、 あまり効果が無いかもしれないので、慢性的な鼻づまりに悩んでいる方は、 一度耳鼻科へ行くことをおススメします。

次の

鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

風邪 鼻 づまり 解消

・強い殺菌力を持ち、皮膚の消毒や化膿止めとしても用いられる。 ・免疫力を高めるとも考えられ、感染症の初期症状や予防にも良いと言われる。 ・リフレッシュ効果もあり、精神的な落ち込みに対処する。 他にも、風邪気味のときや喉が痛い時に、ハンカチに精油をつけて香りを吸入してもよいです。 ティーツリーの鼻づまり解消法 それでは、私が鼻づまりになったときにどのように解消しているのかご紹介しましょう。 それが、 ティーツリーの香りを吸入することです。 簡単に言えば、香りをかぐことです。 香りをかぐだけで、私の鼻づまりが解消するとは思えない!と言われるかもしれませんが、一度やってみてください。 口呼吸で無理やり寝るよりも、断然体に良いですから。 では、方法をご説明します。 いかがですか? 鼻の奥が少しヒリヒリした感覚がありませんか? そういう感覚があるなら効いている証拠です。 私はこの方法で寝る前の鼻づまりを解消しています。 あなたの鼻が通ったなら幸いです。 この鼻づまりは風邪かアレルギーか? 寝る前に毎回、鼻づまりが起きていたら辛いですよね。 早く眠りたくて、とりあえず風邪薬を飲みたくなるかもしれません。 でも、あなたの鼻詰まりは本当に風邪でしょうか? ここで、アレルギー性鼻炎と風邪の鼻づまりの特徴をまとめました。 どちらにあなたが当てはまるか確認してみましょう。 アレルギー性鼻炎 ・鼻水や鼻づまりが朝や寝る前に集中する ・鼻水が透明でサラサラしている 風邪 ・黄色で、粘り気がある鼻水が出る ・発熱がある ・体の節々が痛い あくまで目安として参考にしてください。 どちらにしても、一日中鼻づまりが続くのは苦しいので、早めに診察を受けることをおすすめします。 まとめ 寝る前の鼻づまり解消法として、ティーツリーの香りを吸入することをご紹介しました。 鼻づまりで寝苦しい夜にぜひ試してください。 私がご紹介した方法は、一時的に鼻づまりを起こした方に向けたものです。 毎日のように鼻づまりで苦しい思いをされている方は、病院を受診されることをおすすめします。

次の