三井住友visaゴールドカード 審査。 三井住友VISAゴールドカードの審査期間は?審査基準は?

三井住友VISAプラチナカードのインビテーションの条件や審査基準などをまとめました!

三井住友visaゴールドカード 審査

三井住友カードの審査難易度 まず、三井住友カードの審査難易度についてみていきましょう。 審査難易度は高め は銀行系のクレジットカードです。 そのため、ジャックスカードなどの信販系、イオンカードなどの流通系、アコムACマスターカードなどの消費者金融系のクレジットカードに比べると、審査難易度は高めです。 特にやは取得難易度が高く、パート・アルバイトの場合や年収が低い場合は審査に通ることが難しいカードです。 デビュープラスカードは審査難易度が低い 三井住友カードが発行する、18歳~25歳までの方限定の「」は、一般カードよりも審査難易度が低めです。 学生であればほとんど審査に落ちることがなく、年収の低い20代前半の社会人の方でも審査に通ることができます。 三井住友カード デビュープラスは、26歳以降の最初のカード更新時に自動的に20代限定のゴールドカードである「」に切り替わるため、審査難易度のより高いプライムゴールドカードを確実に取得することができます。 さらに、三井住友カード プライムゴールドは満30歳になった後の最初の更新時に三井住友カード ゴールドに自動的に切り替わるため、審査難易度の高いゴールドカードを確実に取得することができます。 このように、若いうちにデビュープラスカードを作っておけば、将来確実にゴールドカードを取得することができるため、 年齢条件を満たす方はデビュープラスカードを取得しておくことをおすすめします。 三井住友カードの審査に落ちる理由 続いて、三井住友カードの審査に落ちてしまった場合に考えられる原因についてみていきましょう。 審査基準を満たしていない 三井住友カードでは、職業や勤続年数など、申し込みの際に申告した項目を点数化する「」という手法で審査を行っています。 スコアリングでは、「属性」と呼ばれる職業や勤続年数などの項目を、返済能力が高いと推測される順に点数化をしていきます。 例えば勤続年数であれば、長く勤めるにつれて収入が上がり返済能力が高くなると推測できるため、長ければ長いほど点数が高くなります。 スコアリングの結果、三井住友カードが独自に設定する基準点数を満たせていなければ、審査に落ちてしまいます。 三井住友カードのスコアリング審査で最も重視されるのがです。 三井住友カードでは延滞や債務整理などの金融事故情報を起こしたことのある、いわゆる「ブラック」という状態になっている人を返済能力がないと判断するため、いくら年収が高くても審査に通ることが難しくなります。 一方、延滞がなく、クレジットカードの利用履歴と毎月の順調な支払い状況が記録されているきれいなクレヒスの場合は、非常に高く評価されます。 申し込みを受けたカード会社では、申込者の返済能力を調べるために個人信用情報機関の情報を必ず参照しています。 そのため、一度ある業者で延滞をして登録されてしまった延滞情報は、その後申し込みをする全てのカード会社に知られることになります。 他社からの借り入れが多い 三井住友カードでは、審査の際に個人信用情報機関に登録されている他社からの借入れ状況を参照し、申込者の返済能力を調べます。 その際に他社からの借入額や借入件数が多ければ、返済能力が低く、お金に困っている人だとみなされて審査に落ちてしまいます。 申し込みブラックになっている 短期間に複数のクレジットカードに申し込んだ場合、「申し込みブラック」という状態になってしまい、三井住友カードの審査に通りにくくなります。 申し込みブラックとは、短期間に複数の申込情報が個人信用情報機関に登録されている状態のことです。 私たち消費者がクレジットカードに申し込むと、申込情報が個人信用情報機関に登録されます。 三井住友カードが審査中に個人信用情報機関の情報を参照した際に、短期間に複数のカードへの申込情報が残っていると、お金に困っている人・他のカード会社の審査に何度も落ちている人とみなされてしまうため、審査に通りにくくなります。 そのため、クレジットカードの申し込みは、1カ月に1~2件程度に留めておくのが無難です。 SMBCグループ間でブラック情報は共有されていない 三井住友カードはSMBCグループの一員のため、過去に同じフィナンシャルグループ内のプロミスなどで金融事故を起こしたことのある方は、いわゆる「社内ブラック」になってしまい、三井住友カードの審査に通らないのではないかと不安に思っているのではないでしょうか。 しかし、SMBCグループでは、 個人の延滞情報や自己破産情報などのブラック情報は、グループ内の別企業間で共有されていません。 そのため、過去にプロミスに対して債務整理を行ったことがある方でも、個人信用情報機関のブラック情報さえ消えていれば、三井住友カードの審査に通ることができます。 ただし、債務整理先に三井住友カードが入っていた場合は、社内ブラックとして半永久的に記録が残るため、三井住友カードの審査に通ることは難しくなります。 三井住友カードの審査に通るためのコツ 続いて、三井住友カードの審査に通る可能性を上げるためのコツについて説明していきます。 グレードが高いカードはワンランク下のカードでクレヒスを作ってから申し込む 審査難易度についての項目でも解説した通り、三井住友カード ゴールドや三井住友カード プラチナといったグレードが高いカードは取得難易度が高く、ある程度高い属性の人でなければ新規で申し込んでも審査に落ちてしまいます。 しかし、ワンランク下のカードで利用履歴を作ることによって、審査難易度は大きく下がります。 例えばゴールドカードを作りたい場合、一般カードである三井住友カードで利用履歴を作ってからゴールドカードに切り替え申し込みをすると、パートやアルバイトの方でも審査に通る可能性があります。 同じように、プラチナカードを作りたい場合は、ゴールドカードで利用履歴を作ってから切り替え申し込みをすると、新規で申し込むよりも審査難易度が下がります。 このように、審査難易度が高いカードに申し込む場合は、新規で申し込むよりも、ワンランク下のカードで利用履歴を作ってから切り替え申し込みをすることで、審査難易度を下げることができます。 キャッシング希望額を0円にして申し込む キャッシングをどうしても利用したいという場合以外は、キャッシング希望額を0円にして申し込むことをおすすめします。 三井住友カードなどのクレジットカード会社が守らなければならない「貸金業法」という法律では、年収の3分の1以上のキャッシングを禁止しています。 そのため、自分の年収の3分の1以上のキャッシング枠を希望した場合、審査に悪影響を与える可能性があります。 また、貸金業法では、三井住友カードへの借り入れ希望額が50万円を超える場合や、三井住友カードへの借り入れ希望額と他社からの借り入れの合計額が100万円を超える場合、収入証明書の提出が必要であると定められています。 そうなると審査項目が増えてしまうため、審査に落ちるリスクも高くなります。 キャッシングをどうしても利用したいという場合でなければ、キャッシング希望額を0円にして申し込み、審査落ちのリスクを減らしましょう。 三井住友カードの種類 三井住友カードの種類を紹介します。 それぞれ、自分に合った属性のカードを選択しましょう。 もっともベーシックな三井住友カード.

次の

三井住友VISAゴールドカードの審査時間と今日中にクレジットカードを作る方法

三井住友visaゴールドカード 審査

これからカードを申し込もうと考えている方は、審査条件やカード発行までの流れを確認し、ぜひ参考にしてみてください。 三井住友VISAゴールドカードの申し込み条件と利用可能枠 三井住友VISAゴールドカードへの申し込みに必要な条件は原則として「満30歳以上で、安定した継続収入がある方」となっています。 年収に関して明確な記載はありませんが、年収500万円を超えていることが一つの目安と言われることが多いようです。 カードの利用可能枠は50万~200万円。 信用度によってその利用枠は変わってきます。 申し込み条件 年齢 満30歳以上 年収 安定継続収入のある方 利用可能枠 総利用枠 50〜200万円 カード利用枠(カードショッピング) 50〜200万円 リボ払い・分割払い利用枠 0〜200万円 キャッシング利用枠 0〜50万円 三井住友VISAゴールドカードの審査により確実に通るためには、日本の平均年収の420万から80万円程度超えている必要がありそうです。 そのため、年収面だけで見ると審査に合格するための難易度は若干高めだと考えていいでしょう。 申し込みから発行までの流れとは? 三井住友VISAゴールドカードの申し込みから発行、カードが届くまでの期間の流れは以下のようになります。 カード発行の流れ• WEBで申し込み• 審査のステータスが「申込書類発送」になる• 申込書類発送の連絡の電話• 申込書類到着(銀行の届出印押印と入会申込書の記入)• 申込書類の返送• 審査完了のメール受信• カードが到着 申し込み開始から郵便の往復があるので、カード発行までに半月ほどかかります。 しかし、発行を急ぐ場合は特定の金融機関を返済口座に設定すると、最短で3営業日で発行が完了し、約1週間で手元にカードを用意することも可能です。 3営業日までに発行可能な金融機関• 三井住友銀行• 三菱東京UFJ銀行• みずほ銀行• ゆうちょ銀行• りそな銀行• イオン銀行• ソニー銀行• その他一部の地方銀行など 三井住友VISAゴールドカードの審査結果合否の傾向 ここでは審査を受けた結果、合格をもらった方と否決をもらった方の傾向について紹介しています。 どのような傾向がある方が合格し、否決されたのかを参考にしてみてください。 年代 職業 合否 審査ケース1 40代 会社員 否決 審査ケース2 40代 会社員 合格 審査ケース3 30代 会社員 合格 審査ケース4 30代 会社員 否決 審査ケース5 40代 会社員 合格 「審査ケース1」の男性の場合、銀行系のゴールドカードなので審査は優しいとは言えないため、同時期に複数のカードに申し込みが原因で審査に落ちてしまったのだと思われます。 審査をする場合には、同じタイミングで別カードの申し込みは避けた方がよさそうです。 「審査ケース2」の男性はクラシックカード発行直後から初期与信枠が70万円あったようです。 2ヶ月間の利用金額が5万もなかったようですが、ネットにてアップグレードを申請。 すると、無事に可決したようです。 クラシック入会時に初期与信枠が高めの方は、すぐにゴールドへ移行しても合格の可能性が高い傾向にあるのかもしれません。 「審査ケース3」の男性は、年会費が無料のクラシックカードから切り替えでゴールドカードを申し込み合格。 ショッピング枠も70万から150万へと大幅にアップしたようです。 年齢は30代ですがクラシックカードの利用歴があると信用度が高まり、合格しやすくなる傾向にあるのかもしれません。 「審査ケース4」はアメックスのプラチナカードやシティプラチナを持っている男性なのですが、審査の結果は否決となったようです。 年収は800万円あるそうなのですが、安定継続収入とみなされなかったのでしょうか。 もしかすると、30代という年齢から審査が厳しめになった可能性も。 「審査ケース5」の男性は1ヶ月ほど前に年会費が無料のクラシックAを申し込んだ際には断られてしまったそうです。 しかし、ダメもとでゴールドカードに申し込んでみると合格。 年会費がかかるゴールドカードは審査が若干甘い傾向があるのかもしれません。 三井住友VISAゴールドカードの審査基準は? A. 定かではありませんが、「満30歳以上、勤続年数5年以上、年収500万円以上」と一般的には言われております。 審査状況について確認したい A. ネットで申し込みをした方は、15ケタの申し込み番号を準備し、審査状況照会ページから確認できます。 紙で申し込みをした方は、入会案内デスクへ電話で問い合わせることで確認可能です。 申し込みに必要な本人確認書類とは? A. 運転免許証もしくはパスポート、健康保険証、住民票の写しのいずれか。 運転免許証・パスポート・健康保険証に関しては、有効期限内である必要があります。 カードを発送するというメールの後、カードはどのくらいで届きますか? A. メールが送られた日から原則2営業日後に、カードが発送されます。 クレジットカードを申し込みとどれくらいで届きますか? A. インターネットでの申し込みなら最短約1週間。 紙の申し込みの場合は約2~3週間です。 交通系ICカード機能付きの場合は、上記であげた日数よりさらに1週間程度かかります。 まとめ 三井住友visaゴールドカードの審査で否決をもらった方には、同時期の申し込みや多重申し込みといった傾向が見られました。 また、30代の方が多いという傾向も。 合格をもらった方には、年会費無料のクラシックカードからの乗り換えを行なった方が多い傾向が見られました。 これらの傾向を見ると、三井住友visaゴールドカードの審査難易度は若干低めだといえるでしょう。 ただし、年収が高くてもなぜか否決された方もいるので、確実にゴールドカードの合格を狙うなら、まずはクラシックカードなどの年会費無料カードを作るのが良さそうです。 その後カードを利用し、信用度を高めてゴールドカードへ申し込みをする方が、合否の傾向から見てもおすすめの方法といえるでしょう。 あわせて読みたい•

次の

三井住友カード ゴールド徹底解説!|ゴールドカード比較の達人

三井住友visaゴールドカード 審査

初めてクレジットカードを利用する方、もしくはすでにクレジットカードを持っている方でも、いつかはゴールドカードを手にしてみたいと思うものではないでしょうか。 ゴールドカードの魅力 ・空港ラウンジなどハイステータスな特典が利用できる ・スタンダードカードより多くの特典が利用できる ・スタンダードカードより優先されるサービスが多く、優越感を得られる ・保険や補償の金額が高く、より安心感がある 上記のような機能面も魅力ですが、ゴールドカードは単に「持っているだけでもカッコいい」ものなので、誰しもがあこがれる存在です。 ゴールドカードもいろいろありますが、おすすめなのが三井住友カード ゴールドです。 三井住友カード ゴールドがおすすめできる理由 ・Visaカードを日本で最初に発行したのが三井住友カード。 信頼できるカード会社である。 ・旅行保険などの付帯サービスが充実している 三井住友カード ゴールド(旧三井住友ゴールドカード)は三井住友カードのプロパーカード。 さらに上位のプラチナカードを狙える可能性も。 三井住友カード ゴールドは国内で発行されているゴールドカードの中でも最も信頼性が高く、ステータスの高いクレジットカードです。 カードデザインは男性でも女性でも違和感なく持てるデザイン。 金色のカードフェイスは三井住友カードのゴールドカードとしてのステータスを感じさせるのにも十分です。 海外の人が見ても「カッコいい!」と思うのではないでしょうか。 もちろん付帯している特典もゴールドカードとして十分満足できる内容です。 VisaまたはMasterCardがついているので、世界中で利用しやすいカードというのも魅力です。 しかし、一般的にゴールドカードは年会費が高めです。 「高い年会費を払ってまでゴールドカードにこだわる必要があるのか・・・」と思う方も多いでしょう。 他にもっと高額な年会費のゴールドカードもあるので、決して「高い!」というほどではありませんが、一般のクレジットカードが年会費無料のものも多いというのを踏まえると、決して安くはありません。 しかも、その方法は意外と簡単です。 WEB明細書とは 紙の明細書ではなく、パソコンや携帯電話で明細を確認するというものです。 現在この方法は主流ともいえますので、クレジットカードを利用している方であればすでに利用している方も多いでしょう。 WEB明細書であれば、パソコンで明細をファイルとして保存でき、管理もしやすいといったメリットがあります。 このWEB明細書の利用を申し込むことによって翌年度の年会費が1,000円割引になります。 マイ・ペイすリボとは ゴールドカードの場合のマイ・ペイすリボは「1万円以上1万円単位で毎月の支払額を利用者が決めることができる」というものです。 マイ・ペイすリボはいわゆる「リボ払い」で、一括払いをしないという前提のものです。 マイ・ペイすリボの利用を申し込むことによって翌年度の年会費が半額になります。 「利息の負担がかかるから、リボ払いにはしたくない」という方も多いかもしれません。 しかし、マイ・ペイすリボは設定によっては一括払いにできる方法があります。 マイ・ペイすリボで一括払いにする方法 利用枠=マイ・ペイすリボ支払い上限に設定する この方法で、マイ・ペイすリボを一括払いにすることができます。 例えば利用枠が100万円ということなら、マイ・ペイすリボ支払い上限も100万円に設定します。 こうすることによって、10万円利用しても、20万円利用しても自動的に一括で支払われるようになります。 WEB明細書は便利なサービスですし、マイ・ペイすリボコースも実質一括払いやリボ払いなど利用者が選択できる内容です。 「年会費が安い=審査も甘い」と考えてしまうかもしれませんが、残念ながらそういったことではありません。 30歳以上という入会資格から、「年齢が高い=年収が高い、それなりに勤続年数がある」。 ある程度はそういう意味に捉えてよいでしょう。 年収や勤続年数などの条件は明確にしていませんが、年収500万円以上、勤続年数5年以上が審査クリアの理想といえるかもしれません。 また利用枠は最低で50万円と高額です。 一般的に新規でクレジットカードに申し込んでいきなり50万円の利用枠が与えられるのは、それなりに属性の高い方でしょう。 他のカードでも利用枠を「個別の設定」としているものは多いですが、50万円以下になるケースは十分に考えられます。 そういったことから、三井住友カード ゴールドの審査基準が厳しいということが推測できるのです。 三井住友カード ゴールドを手にする最も確実な方法 三井住友カード ゴールドは他のゴールドカードと比較して優れた点が多いですが、審査のハードルが高そうなのがネックです。 そこで、より確実に三井住友カード ゴールドを手にすることができる方法を説明します。 ちょっと話が逸れますが、有名一流大学などで、幼稚園から大学までエスカレーター式に進学できる場合があります。 三井住友カードはそういった方法で、ゴールドカードなどにランクアップできるのです。 三井住友カード デビュープラスは18歳〜25歳限定のクレジットカードです。 親権者の同意が必要ですが、未成年でも利用ができます。 若い年齢が対象のいわゆるスタンダードのクレジットカードでです。 「初めてクレジットカードを利用する」という方でも十分審査通過できる可能性があり、年齢条件さえ合えば多くの方が実際に利用できるでしょう。 三井住友カード デビュープラスは利用条件が25歳までですが、26歳以降最初のカード更新時になると自動的に「三井住友カード プライムゴールド」にランクアップします。 三井住友カード プライムゴールドは20歳〜29歳限定のクレジットカードです。 「プライム」ゴールドカードということで、ゴールドカードと何が違うかというと、年会費が安い(WEB明細書+マイ・ペイすリボコース利用で1,500円+税)ということ。 それ以外の特典内容などはほぼゴールドカードと同じ。 空港ラウンジの利用や付帯保険などの条件も同等です。 しいて欠点を上げるとすると、29歳までしか利用できないという点です。 ここまでの流れでだいたい予想がつくかもしれませんが、三井住友カード プライムゴールドを利用していて30歳になれば、最初のカード更新時に自動的にゴールドカードにランクアップします。 そういった注意点はどのクレジットカード利用においても同様なので、特別なことではありません。 もし、18歳〜25歳でクレジットカードを検討している方であれば、将来的にステータスの高い三井住友カード ゴールドをゲットするという意味でも三井住友カード デビュープラスがおすすめです。 三井住友カードが扱う最高ランクのクレジットカードが「三井住友カード プラチナ」です。 国内発行のクレジットカード全体でも最高ランクと言ってもいいでしょう。 残念ながら三井住友カード プラチナは三井住友カード ゴールドを利用していたとしても自動的にランクアップするというものではありません。 しかし最高ランクである三井住友カード プラチナに新規で申し込みをして審査に通過するかというと、その厳しさは三井住友カード ゴールドの比ではありません。 多くの方が簡単に審査を通過してしまったら「プラチナ」の価値が下がってしまうでしょう。 三井住友カード プラチナの審査を通過できる最も可能性が高い方法が三井住友カード ゴールドで利用実績を積んで、ランクアップの申請をするという方法です。 つまり、今、若い方が比較的気軽に作れる三井住友カード デビュープラスに申し込むことで、エスカレーター式に三井住友カード ゴールドを持つことでき、最終的には三井住友カード プラチナまでたどり着ける可能性があるということです。 クレジットカードのスタンダードカードは種類も多く、それぞれに個性があり特長が異なります。 年会費も安いので比較的気軽に作れてしまいますが、「将来的にランクアップできるかどうか」というのものクレジットカード選びの際のポイントにしてみるのも良いかもしれません。

次の