バイアグラ 副作用。 バイアグラの5つの主な副作用とリスクを最小限にするポイント集

知らないと危険?バイアグラの副作用と注意点【医師監修】

バイアグラ 副作用

バイアグラの主成分である「」はもともと心臓の薬として開発されていましたが開発中にED改善効果が判明しED治療薬として研究開発がおこなわれていました。 ファイザー株式会社が1998年に初めてED治療薬として「バイアグラ」をアメリカで販売を開始、日本では1999年1月に販売承認され、1999年3月に販売開始となっております。 バイアグラは世界最初のED治療薬でPDE-5阻害剤に分類されます。 その名前は一般にも広く知られており、バイアグラ=ED治療薬と思われている方も多いのではないでしょうか。 日本以外では100mgまでの製剤が発売されていますが日本では50mgまでみとめられております。 また2014年には「バイアグラジェネリック」が発売されております。 バイアグラが低価格で服用できるようになりました。 バイアグラ、バイアグラジェネリックともにが主成分で効果・副作用も同じです。 25㎎製剤と50㎎製剤がありますが通常量は50㎎の製剤を服用します。 海外では100㎎まで服用しています。 (日本のみ50㎎まで承認されていますが日本以外のすべての国は100㎎まで承認されています。 )25㎎製剤は健康状態に問題のある方や65歳以上の方に初期投与することが殆どです。 添付文書上では「性行為の1時間前に服用すること」となっていますが個人差があります。 実際は服用後30分から1時間で効果が現れます。 バイアグラの効果は3~6時間程度持続します。 勃起の効果は性的刺激に反応して起こります。 服用したからといって性的な興奮がないと勃起しません。 また刺激がなくなれば元に戻ります。 初めて服用される方は「効果がある時間は勝手にずっと勃起しているのでは」と思われる方が多いようですがそのようなことはありませんのでご安心ください。 ED治療薬には精液を作る作用、性欲増進作用はありませんのでご注意ください。 また性感染症(STD)の予防効果もありませんので必要な場合は対策をとるようにしてください。 近年、年間ではシアリスが最も処方されていますが、累計ではバイアグラは最も世界で服用されているED治療薬です。 日本以外の国ではバイアグラ100mg錠が主流ですのでバイアグラ100mgとシアリス20mgが世界で多く処方されているED治療薬といえます。 バイアグラは多くの処方実績により高い安全性や効果が証明されています。 またバイアグラ(シルデナフィル)は早漏治療薬ダポキセチン(プリリジー等)と服用のタイミングが同じです。 そのためED・早漏合併例ではバイアグラとダポキセチンで治療することが多く、この組み合わせがED・早漏治療のスタンダードとなっています。 シルデナフィルとダポキセチンの合剤が多く存在しているのはそのためです。 ED治療薬はすべて食事の影響を受けます。 バイアグラも食事やアルコールの影響を受けやすい薬剤ですので、なるべく空腹で服用するようにしてください。 空腹であれば30分程度で効果が見られます。 お腹に食物が残っている状態で服用すると薬剤の吸収が悪化したり、遅延したりするため、効果発現が遅延したり、十分な効果が得られません。 どうしても食事をする場合には空腹時にバイアグラを服用しバイアグラを体内に吸収させてから食事をすると影響が少なく済みます。 やむを得ず食後に服用する場合にはなるべく油ものを控えること、食後2~3時間ほど間をあけてから服用するようにしてください。 また少量のアルコールはリラックス効果により性欲増進作用がありますが、アルコールはEDを引き起こす可能性がありますのでご注意ください。 バイアグラに限らず、ED治療薬を服用すると顔のほてりや目の充血・鼻づまりといった副作用が表れることがあります。 ED治療薬の副作用はアルコールを摂取したときのことをイメージしてください。 アルコールを摂取するとアルコールの作用により血管が拡張され、顔の血管の場合「ほてり」、目の血管の場合「目の充血」が出ますが、ED治療薬も同様です。 ED治療薬はすべて陰茎の血管を拡張させて陰茎の血流を増加させることによりEDを改善させますが、やはり他の部位の血管も拡張させます。 ED治療薬が顔の血管をさせると、「ほてり」、目の血管を拡張させると「目の充血」等が出ます。 作用時間も一時的なものです。 ED治療薬服用の70%でこれらの症状は見られません。 わかりやすくいうとアルコール摂取後しばらくするとポーッとほてりますが、ED薬服用後も同様で服用後しばらくするとポーッとほてりが出てきます。 アルコールがぬけていくとほてりが治まるようにED薬もほてりが治まります。 そのためED治療薬の選び方は副作用を気にして選ぶのではなく、自身の「ライフスタイルに合ったED治療薬」を服用することをお勧めいたします。 世界中で「ED治療の標準薬」としての地位を保っている優れた治療薬ですので、ぜひ1度は服用してみることをお勧めいたします。 バイアグラを服用してはいけない方 以下に該当される方はバイアグラ錠の服用はできません。 本剤の成分に対し過敏症の既往がある患者• 硝酸薬あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルヒド等)を投与中の患者• 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者• 重度の肝障害のある患者• 脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が6カ月以内にある患者• 網膜色素変性症患者(網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼの遺伝的障害をもつ症例が少数認められる。 塩酸アミオダロン(経口剤)を投与中の患者 ご本人がED治療薬を服用してはいけないと勘違いしている方も時々いらっしゃいます。 服用可能かどうか御不明な点は気軽に医師に御相談ください。 バイアグラと併用してはいけない薬剤 通販や個人輸入などや医師の処方ではない他人にもらったバイアグラ等を服用することは危険です。 60%が偽造品であることが明らかになっています。 これは製薬会社の問題ではなく流通の際に偽造品が混入するためです。 偽造品は効果がないだけでなく、健康に害を及ぼす可能性があります。 特にシアリスの偽造品は死亡事故報告があります。 きちんとした流通路で正規の薬剤を入手できればいいのですが患者さま個人ではきちんとした流通路をもつ輸入代行業者の選別は困難です。 偽造品は近年、非常に精巧にできているため見た目での判別は非常に困難です。 ユナイテッドクリニック上野・新橋・新宿・東京・大宮・名古屋・京都・福岡博多ではきちんとした流通路をもつ医療機関で薬剤の処方を受けることをお勧めいたします。 診療メニュー• その他薬剤• AGA治療• 女性用バイアグラ•

次の

【医師監修】 バイアグラの服用や処方等の適切な使用について

バイアグラ 副作用

病気や症状に応じた注意事項• 過敏症• 肝硬変• 網膜色素変性症• 心血管系障害• 重度肝機能障害• 安静時収縮期血圧>170mmHg• 硝酸剤投与中• 一酸化窒素<NO>供与剤投与中• 治療による管理がなされていない高血圧• 性行為が不適当• 安静時拡張期血圧>100mmHg• アミオダロン塩酸塩<経口剤>投与中• 可溶性グアニル酸シクラーゼ<sGC>刺激剤投与中• 心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内• 脳梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内• 脳出血の既往歴が最近6ヵ月以内• 慎重投与• 重度腎障害• 肝機能障害<重度肝機能障害を除く>• 高血圧• 高脂血症• 消化性潰瘍• 多発性骨髄腫• 糖尿病• 白血病• Peyronie病• 陰茎屈曲• 陰茎構造上欠陥• 陰茎線維化• 鎌状赤血球性貧血• 持続勃起症の素因となり得る疾患• 勃起不全治療薬投与中• 出血性疾患• 多系統萎縮症• PDE5阻害薬投与中• NAIONの危険因子を有していた• 冠動脈障害• 心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以前• 脳梗塞の既往歴が最近6ヵ月以前• 脳出血の既往歴が最近6ヵ月以前• 投与に際する指示• 重度腎障害• 肝機能障害<重度肝機能障害を除く>• 心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以前• 脳梗塞の既往歴が最近6ヵ月以前• 副作用 (添付文書全文) 次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 2参照〕]、低血圧、失神。 3). 肝臓:(0. 4). 消化器:(0. 5). 泌尿・生殖器:(0. 6). 呼吸器:(0. 7). 筋・骨格系:(0. 8). 皮膚:(0. 9). 血液:(0. 10). 感覚器:(0. 11). その他:(0. 使用上の注意 (添付文書全文) (警告) 1. 1. 本剤と硝酸剤あるいは一酸化窒素<NO>供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)との併用により降圧作用が増強し過度に血圧を下降させることがあるので、本剤投与の前に、硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤が投与されていないことを十分確認し、本剤投与中及び投与後においても硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤が投与されないよう十分注意すること〔2. 2、10. 1参照〕。 2. 死亡例を含む心筋梗塞等の重篤な心血管系等の有害事象が報告されているので、本剤投与の前に、心血管系障害の有無等を十分確認すること〔2. 3、2. 5、2. 6、8. 1、9. 1.1、11. 2参照〕。 (禁忌) 2. 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 2. 硝酸剤投与中あるいは一酸化窒素<NO>供与剤投与中(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)の患者〔1. 1、10. 1参照〕。 3. 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者〔1. 2、8. 1参照〕。 4. 重度肝機能障害のある患者〔9. 3.1参照〕。 2、8. 1参照〕。 6. 脳梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内・脳出血の既往歴が最近6ヵ月以内や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者〔1. 2、8. 1、9. 1.1参照〕。 7. 網膜色素変性症患者[網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼの遺伝的障害を持つ症例が少数認められる]。 8. アミオダロン塩酸塩<経口剤>投与中の患者〔10. 1参照〕。 9. 可溶性グアニル酸シクラーゼ<sGC>刺激剤投与中(リオシグアト)の患者〔10. 1参照〕。 (重要な基本的注意) 8. 1. 性行為は心臓へのリスクを伴うため、勃起不全の治療を開始する前に心血管系の状態に注意をはらうこと〔1. 2、2. 3、2. 5、2. 6、9. 1.1参照〕。 2. 4時間以上の勃起延長又は持続勃起<6時間以上持続する痛みを伴う勃起>が外国市販後有害事象で少数例報告されている。 持続勃起に対する処置を速やかに行わないと陰茎組織の損傷又は勃起機能を永続的に損なうことがあるので、勃起が4時間以上持続する症状がみられた場合、直ちに医師の診断を受けるよう指導すること。 3. 臨床試験において、めまいや視覚障害が認められているので、自動車の運転や機械の操作に従事する場合には注意させること。 4. 本剤投与後に急激な視力低下又は急激な視力喪失があらわれた場合には、本剤の服用を中止し、速やかに眼科専門医の診察を受けるよう、患者に指導すること〔15. 1.1参照〕。 (特定の背景を有する患者に関する注意) (合併症・既往歴等のある患者) 9. 1.1. 脳梗塞の既往歴が最近6ヵ月以前・脳出血の既往歴が最近6ヵ月以前や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以前にある患者:心血管系障害の有無等を十分確認すること〔1. 2、2. 6、8. 1参照〕。 1.2. 陰茎構造上欠陥(陰茎屈曲、陰茎線維化、Peyronie病等)のある患者:性行為が困難であり痛みを伴う可能性がある。 1.3. 持続勃起症の素因となり得る疾患(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病等)のある患者。 1.4. PDE5阻害薬投与中又は他の勃起不全治療薬投与中の患者:併用使用に関する安全性は確立していない。 1.5. 出血性疾患又は消化性潰瘍のある患者:ニトロプルシドナトリウム(NO供与剤)の血小板凝集抑制作用を増強することが認められている(出血性疾患又は消化性潰瘍のある患者に対する安全性は確立していない)。 (腎機能障害患者) 9. 6.1参照〕。 (肝機能障害患者) 9. 3.1. 重度肝機能障害のある患者:投与しないこと(本剤は主として肝臓で代謝され、糞中に排泄されることから、肝硬変等の重度の肝機能障害のある患者では本剤の排泄が遅延し血漿中濃度が増加する可能性がある)〔2. 4、16. 6.2参照〕。 3.2. 肝機能障害<重度肝機能障害を除く>のある患者:低用量(25mg)から投与を開始するなど慎重に投与すること(血漿中濃度が増加することが認められている)〔16. 6.2参照〕。 (高齢者) 低用量(25mg)から投与を開始するなど慎重に投与すること(高齢者では本剤のクリアランスが低下する)〔16. 6.3参照〕。 (相互作用) 本剤は主にチトクロームP450(CYP)3A4によって代謝される〔16. 4参照〕。 1. 併用禁忌: 1). 硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)〔1. 1、2. 2参照〕[併用により、降圧作用を増強することがある(NOはcGMPの産生を刺激し、一方、本剤はcGMPの分解を抑制することから、両剤の併用によりcGMPの増大を介するNOの降圧作用が増強する)]。 2). アミオダロン塩酸塩<経口剤><アンカロン>〔2. 8参照〕[アミオダロン塩酸塩によるQTc延長作用が増強するおそれがある(機序不明、類薬とアミオダロン塩酸塩の併用により、QTc延長があらわれるおそれがあるとの報告がある)]。 3). sGC刺激剤(リオシグアト<アデムパス>)〔2. 9参照〕[併用により、症候性低血圧を起こすことがある(リオシグアト投与によりcGMP濃度が増加し、一方、本剤はcGMPの分解を抑制することから、両剤の併用によりcGMPの細胞内濃度が増大し、全身血圧に相加的な影響を及ぼすおそれがある)]。 2. 併用注意: 1). チトクロームP450 3A4阻害薬(リトナビル、サキナビル、ダルナビル、エリスロマイシン、シメチジン、ケトコナゾール、イトラコナゾール等)[リトナビル、サキナビル、エリスロマイシン、シメチジンとの併用により、本剤の血漿中濃度が上昇し、本剤の最高血漿中濃度<Cmax>の増加がそれぞれ3. 9倍、2. 4倍、2. 6倍、1. 5倍、3. 1倍、2. 8倍、1. 6倍になったので、低用量(25mg)から投与を開始するなど慎重に投与すること(代謝酵素阻害薬によるクリアランスの減少)]。 2). チトクロームP450 3A4誘導薬(ボセンタン、リファンピシン等)[本剤の血漿中濃度が低下する(代謝酵素誘導によるクリアランスの増加)]。 3). 降圧剤[アムロジピン等の降圧剤との併用で降圧作用を増強したとの報告がある(本剤は血管拡張作用による降圧作用を有するため、併用による降圧作用を増強することがある)]。 5). カルペリチド[併用により降圧作用が増強するおそれがある(本剤は血管拡張作用による降圧作用を有するため、併用による降圧作用を増強することがある)]。 (過量投与) 13. 1. 処置 過量投与時の特異的な解毒薬はない(なお、本剤は血漿蛋白結合率が高く、尿中排泄率が低いため腎透析によるクリアランスの促進は期待できない)。 (適用上の注意) 14. 1. 薬剤交付時の注意 14. 1.1. 本剤には性行為感染症を防ぐ効果はない。 1.2. PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することがある)。 (その他の注意) 15. 1. 臨床使用に基づく情報 15. 4参照〕。 1.2. 薬剤との因果関係は明らかではないが、外国において本剤を含むPDE5阻害薬投与後に、まれに、痙攣発作の発現が報告されている。 1.3. 外国における市販後の自発報告(100mg投与例を含む)において、心原性突然死、心筋梗塞、心室性不整脈、脳出血、一過性脳虚血発作と高血圧などの重篤な心血管系障害の有害事象(因果関係不明のものも含む)が本剤投与後に発現している。 すべてではないが、これらの多くが心血管系のリスクファクターをすでに有している患者であった。 多くの事象が、性行為中又は性行為後に認められ、少数例ではあるが、性行為なしに本剤投与後に認められたものもあった。 その他は、本剤を投与し性行為後の数時間から数日後に報告されている。 これらの症例について、本剤、性行為、本来患者が有していた心血管系障害、これらの要因の組み合わせ又は他の要因に直接関連するかどうかを確定することはできない。 2. 非臨床試験に基づく情報 15. しかし、これらの病変のヒトへの外挿性は低いものと判断されている。 2.2. 動物実験で、メラニン色素に富む網膜との親和性が高いとの報告があるので、長期間投与する場合には眼科的検査を行うなど注意して投与すること。 (保険給付上の注意) 本剤は保険給付の対象とはならない(薬価基準未収載)。 (保管上の注意) 室温保存。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

バイアグラを高血圧の人が服用する際の注意点|MED

バイアグラ 副作用

「バイアグラを飲んで失明するとかあるの?」「海外では死亡した人がいると聞いたから怖い」など、バイアグラの副作用について心配されていますね? バイアグラの副作用をゼロにすることはできませんが、 医者の診断を受け、正しい飲み方をすれば、副作用を最小限にすることができます。 この記事は、セックスカウンセラーとして100人以上の相談に乗り、バイアグラなどのED治療薬を服用した経験がある私が、バイアグラの副作用と正しい飲み方について解説しました。 これを読めば、バイアグラのリスクを最小限におさえられますので、ぜひご覧ください。 バイアグラの副作用と危険性 バイアグラのよくある副作用として次の5つが挙げられます。 バイアグラ服用後にあらわれやすい5つの副作用• ほてり、潮紅(顔が赤くなる)• 目の充血• 鼻づまり バイアグラの使用者の9割に副作用が表れると言われますが、これはバイアグラの血管拡張作用のためです。 そして、ペニス以外の場所で血管が拡張してバイアグラの副作用が起こるのです。 可能性は少ないが起こり得るその他の副作用については、2章「」で詳しく解説します。 バイアグラは飲み方に注意すれば危険な薬ではない 「バイアグラで死人が出た」という情報がネットに乗っているので、「バイアグラ=危険」と考えている人も多いですが、服用方法を間違えなければ、リスクを最小限にすることができます。 バイアグラが重大な副作用を起こす3つのケース• 偽物のバイアグラの服用• 一緒に飲んではならない薬の併用• バイアグラの大量摂取 医師に健康状態を確認してもらい、規定通りに飲むことが大切です。 安心してバイアグラを飲むための4ステップ 「バイアグラが危険でない」ということは、ED治療薬の中で最も実績があることが証明していると思います。 しかし、飲み方を間違えれば健康を害する危険がありますので、安心して飲むために次の4ステップを踏みましょう。 これをステップごとに解説していきます。 バイアグラの副作用が怖いから服用したくないという方は、5章「」、6章「」をご覧ください。 飲んで良いか医師に確認する バイアグラは高血圧や不整脈などの症状や、普段使っている薬によっては飲めない場合があります。 バイアグラを最初に服用する時は必ず医師の診断を受けましょう。 芸人の江頭 2:50さんは認可前に入手したバイアグラをキャバクラに持っていくと注目の的になりました。 酔った勢いで「普通の人は 1錠しか飲まないが、俺は不死身だから 5錠飲む」と言って一気に飲み、間もなく卒倒しました。 搬送先の病院で急性アルコールと診断され、治療を受け帰宅したそうです。 出典: バイアグラは「チンコを立てる薬」ということで、面白半分に服用する人がいますが、大変危険です。 命を大切にしてください。 1-1. 健康上の理由でバイアグラが飲めないケース 次に挙げる7つのどれからに当てはまっている場合、バイアグラを処方してもらえません。 バイアグラの成分に過敏症の既往歴がある方• 心臓や血管に障害があり、セックスが難しい方• 重い肝機能障害がある患者• 低血圧の方(最小血圧が50mmHg未満または最大血圧90mmHg未満)、治療を受けていない高血圧の方(収縮期血圧170mmHg以上または最小血圧100mmHg以上)• 最近6ヶ月で心筋梗塞、脳梗塞、脳出血が起きた方• 網膜色質変性症(進行性夜盲症)の方• 硝酸剤、一酸化窒素供与剤、塩酸アミオダロンなどの薬を使っている方 何か持病がある方は、バイアグラを飲んでも問題ないか医師に確認しましょう。 それと、10代の方には処方されませんが、もし勃起力に悩みがあるなら泌尿器科に相談してください。 1-2. 普段使っている薬でバイアグラが飲めないケース バイアグラは次の薬を使用している場合、処方してもらえません。 塩酸アミオダロン製剤• 硝酸剤(飲み薬、舌下錠、塗り薬、貼り薬、注射、吸入薬、スプレー) 塩酸アミオダロンは不整脈をおさえる薬で、バイアグラを飲むと過度に血圧を下げてしまう恐れがあります。 硝酸剤は心筋梗塞や狭心症の治療に使われる薬で、血管を拡張する働きがありますが、バイアグラと併用すると血圧を下げすぎて命に関わることになりますので、併用禁忌薬になっています。 それぞれ薬品名を挙げておきます。 アミオダロン塩酸塩錠100mg「サワイ」• アミオダロン塩酸塩錠100mg「サンド」• 5mg/10mL コバインター錠5mg コンスピット錠 サークレス注0. 5mg/5mg シグマート注2mg/12mg/48mg シグランコート錠2. 5mg/5mg ジドレンテープ シベラント錠5mg フランドル錠20mg 硝酸イソソルビド錠 ツルハラ 硝酸イソソルビドテープ[EMEC] ヘルピニン-Rカプセル シルビノール錠5mg ステンベルガー錠5mg ソプレロール錠20mg タイシロール錠20mg ニコランジス錠2. 5mg/5mg ニコランジル点滴静注用2mg/12mg/48mg「サワイ」 ニコランタ錠5 ニコランマート錠 ニコランマート錠5mg ニトプロ持続静注液6mg/30mg ニトプロ注2mL/10mL ニトラステープ ニトラステープ40mg ニトルビン錠5 ニトロールRカプセル20mg ニトロール錠 ニトロール錠5mg ニトロールスプレー ニトロール持続静注25mgシリンジ ニトロール注5mg/50mg/100mg/5mgシリンジ ニトロール注バッグ50mg/100mg ニトログリセリン舌下錠0. 3mg[NK] ニトログリセリン注25mg[HK]/50mg[HK] ニトロダームTTS ニトロバイド錠5mg ニトロペン舌下錠0. 3mg ハイパジールコーワ錠3/錠6 バソレーター注5mg/注50mg バソレーターテープ27mg バンソレータ軟膏 バンリール錠20mg フランドルテープ40mg ミオコールスプレー0. 3mg ミオコール注5mg/50mg ミニトロテープ27mg ミリステープ5mg ミリスロール注1mg/2mL ミリスロール注5mg/10mL ミリスロール注25mg/50mL ミリスロール注50mg/100mL メディトランステープ27mg リファタックL錠 リファタックテープ40mg リベラステープ 普段使っている薬がありましたら、必ず薬品名を控えて医者に伝えるようにしましょう。 副作用の様々な症状と対処法を知っておく バイアグラの副作用は国内臨床試験では157例中65例 41. まとめると、4,132例中492例 11. どんな副作用が出たか、それの対処法について解説していきます。 2-1. 頭痛が起きた際は、バファリンやロキソニンなどの頭痛薬を飲みましょう。 「」はバイアグラと一緒に持っておきたいものです。 2-2. バイアグラを飲むと時々起こる副作用(発生率0. また、バイアグラで視覚障害が起きる場合がありますが、バイアグラの効果がなくなっても続くようであれば、病院に行きましょう。 それと、バイアグラを飲んで胸焼けや胃の不調を感じる人は、胃腸薬を飲むことが有効です。 (シメチジン 商品名:タガメット 以外の胃腸薬なら、バイアグラと併用して問題ありません) 2-3. バイアグラを飲むとまれに起こる副作用(発生率0. 私の友人でバイアグラを飲むと寝づらいという人がいますが、睡眠薬も禁忌薬ではありません。 バイアグラorレビトラと精神安定剤を飲んだ後に頭痛薬と睡眠薬を飲むのって大丈夫でしょうか。 やっぱりちょっと薬飲みすぎでしょうか。 出典: このAさんのように、さまざまな薬を飲みたい場合は、しっかり医師に相談するようにしましょう。 2-4. バイアグラを飲むと起こる可能性がある副作用(頻度不明) 循環器 心筋梗塞、低血圧、失神 泌尿・生殖器 勃起の延長、持続勃起、尿路感染、前立腺疾患 呼吸器 鼻出血、気道感染症、副鼻腔炎 感覚器 霧視、視力低下、網膜出血、網膜静脈閉塞、突発性難聴 その他 過敏性反応、感染症 頻度不明ということで、起こることはほとんどないです。 ただ、心筋梗塞や失神してしまったら話すことができないので、あらかじめパートナーに伝えておき、緊急の際は医師に伝わるようにしておくことが大切です。 それと、 バイアグラを飲んで痛みを伴う勃起が4時間以上続いた場合は、勃起力を失ってしまう恐れがあるので、すぐに医療機関に行って治療してもらいましょう。 2-5. 他にもよくある疑問 以上に上げた副作用の他にも、良く出る疑問について解説しておきます。 バイアグラを飲むと精子に悪影響は出る? バイアグラは勃起力をアップさせる治療薬で、精子には何の問題も出ません。 当然、赤ちゃんに悪影響が出るというわけはないので、安心して子作りしてください。 バイアグラを飲むとハゲる? バイアグラを飲んでもハゲるということはありません。 ただ、射精で亜鉛が放出されてしまい、ミネラル不足で抜け毛が起きるという理屈は成り立ちます。 射精を何度もするようなら、亜鉛やタンパク質の栄養分をしっかり摂取しましょう。 バイアグラは女性が飲むと危ないの? 男性と同様に女性も副作用が出ますので、おすすめはできません。 バイアグラを女性が飲めば血管が拡張し、濡れやすく、オーガズムに達しやすくなったという報告がありますが、まだ確定的なことは分かっていません。 女性用バイアグラはネットで売られていますが日本では未承認薬なので、やはり控えておくのが無難です。 病院で処方してもらう バイアグラを通販で購入すると、偽物で健康を害する恐れがあるので、病院で処方してもらうようにしましょう。 2016年、バイアグラの製造会社ファイザーを初めED治療薬製造会社が調査したところ、インターネットで購入した 約4割のバイアグラが偽物であると判明しました。 バイアグラは成分量が少し異なるものだけでなく、青いペンキで色を出しただけの全くの偽物も存在します。 シンガポールでは、偽物のバイアグラで10人以上の死者を出しています。 値段よりも大切なのは安全だということ、しっかり自覚しておいてください。 どうしても通販で購入したいという場合は、別の記事「」をご覧ください。 正しい方法で飲む バイアグラの飲み方も医師の説明に従えば問題ありませんが、副作用を避け、効果的に服用するためのポイントを挙げておきます。 4-1. バイアグラを安全に服用する2つのポイント バイアグラを服用する際は次の2つを守ってください。 バイアグラ服用時に注意するべき4つのポイント• 食前は30分前、食後は2時間開ける• 油っこい物は食べない• アルコールを飲みすぎない• 牛乳やグレープフルーツジュースで飲まない 食前は30分前、食後は2時間あける バイアグラは食事の影響を受けやすいので、食事の時間に注意が必要です。 食前なら30分前に飲むと先に有効成分を吸収できます。 食後に飲む場合は、 油っこい食べ物を避け、腹6〜8分目におさえ、2時間開けるようにしましょう。 服用前に脂っこいものを食べない バイアグラの服用前に脂っこいものを食べると、胃や腸を油でコーティングしてしまい、バイアグラの有効成分を吸収できなくなります。 油のコーティングは 6、7時間は取れませんので、これが原因でバイアグラが効かないということがあるのです。 バイアグラの服用前は、ステーキやとんかつなど油分の多い料理は避けるようにしましょう。 アルコールを飲みすぎない セックス前のアルコールは1杯、限度は2杯までにしておきましょう。 バイアグラを服用すると血行が良くなるわけで、アルコールの回りも早くなります。 お酒を飲む時はバイアグラではなく、レビトラがおすすめです。 牛乳やグレープフルーツで飲まない 牛乳など脂肪分がある飲み物でバイアグラを飲むと、バイアグラの吸収を阻害してしまうので控えましょう。 また、グレープフルーツジュースは逆に血中濃度が高まり、副作用が出てしまう可能性があるので控えるのが無難です。 副作用が怖いなら精力剤を利用する バイアグラの副作用がどうしても怖いという方は、精力剤(強壮剤)の使用がおすすめです。 バイアグラは一時的な勃起力アップを期待するものですが、精力剤なら薬に頼らない根本的な解決ができます。 ただ、即効性はありませんので、効果が出るまで3ヶ月程度は見越しておくことが大切です。 長所 短所 ED治療薬 (バイアグラ、レビトラ等) ・勃起力アップ ・副作用あり ・効果は一時的 精力剤 (メンズサプリ・滋養強壮剤) ・体を元気にする ・副作用ほぼ無し ・継続的な勃起力アップができる ・即効性が期待できない おすすめの精力サプリをご紹介しておきます。 私が通販サプリでおすすめするのは、次のようなサプリです。 返金保証や初回大幅値引きがあって試しやすい• 成分量が明確で効果が期待できる• 品質管理がしっかりしている この3つを満たしたおすすめサプリをご紹介します。 他のサプリに付いて知りたい方は、こちらの記事「」をご覧ください。 成分量が明らかなことに加え、「GMP」「有機JAS」などの品質保証規格を取得しており、安心して服用することができます。 商品到着後、20〜30日の間で全額返金を受けることができるのもポイントで、まさに「ペニス増大」サプリの頂点と言える存在です。 バイタルアンサー公式ページ バイタルアンサーは楽天やamazonでは取り扱いがないので、公式ページで購入するしかありません。 バイタルアンサーについて詳しいことが知りたい方は、こちらのページ「」をご覧ください。 このサプリは10倍濃縮のクラチャイダムを1日210mg、10倍濃縮のマカを200mg、さらに亜鉛15mg取れるので、十分効果が期待できます。 このサプリもバイタルアンサーと同様に品質にこだわっており、GMPやHACCP、有機JASを取得しているだけでなく、独自で放射能検査をしています。 さらに、2016年、2017年にモンドセレクションを受賞しており、成分・品質とともに申し分の無いサプリと言えるでしょう。 マカクラチャイダム20000+公式ページ 返金保証はありませんが、初回990円という大幅値引きで購入できます。 このサプリについて詳しく知りたい方は、こちらの記事「」をご覧ください。 このサプリがスゴイのは、ノーベル化学賞のイグナロ博士が推奨するアルギニンの量を満たしているところで、まさにノーベル科学者が結果を保証しているようなものなのです。 サプリの先進国であるアメリカの会社が製造し、アメリカのGMPを取得しており、あらゆるサプリと比較しても信頼性という点では負けないサプリと言えます。 アルギニン5000 シトルリン2000プラス 公式サイト 公式サイトでは、アマゾンより3,000円も安く購入できるだけでなく、90日の返金保証が付いているので、購入するなら必ず公式ページからにしましょう。 アルギニン5000について詳しいことが知りたい方は、こちらのページ「」をご覧ください。 バイアグラと併用しても問題ない バイアグラと精力剤を併用しても特に問題はありません。 気になる方は、精力剤の販売サイトに問い合わせてみると良いでしょう。 薬に頼りたくないなら生活習慣を改善する バイアグラにも精力剤にも頼りたくない人は、生活習慣を改善することで勃起力のアップを目指しましょう。 また、バイアグラの効果は一時的なものなので、バイアグラいらずの勃起力を手に入れるために生活習慣の改善はとても有効です。 これから1つずつ見ていきますが、要するに「健康的な生活をしましょう」ということなんです。 6-1. バランスの良い食事 バランスの良い食事を摂るために大切にしたいのが「主食・主菜・副菜」という考えで、ご飯とお肉(魚)、野菜をしっかり摂るようにします。 外食でも、ハンバーグとライスなら、「サラダを頼もうかな」という感じでバランスを調整してください。 インスタント食品やコンビニフードに頼りっきりの生活はEDにつながりますので、改めましょう。 6-2. 運動・筋トレ 運動や筋トレは、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を活発にして、精力向上、勃起力アップにつながります。 特に、足の筋肉(大臀筋・大腿四頭筋・大腿二頭筋)を鍛えると勃起力をアップすることができるのでおすすめです。 ウォーキングやランニングも有効で、運動する習慣を作ることが大切です。 6-3. テストステロンは勃起を引き起こす一酸化窒素を供給しますが、テストステロンが減るということは一酸化窒素を減らし、勃起力の低下を招きます。 6-4. 禁煙 タバコを吸っている人は将来的にEDになる確率が 1. 5倍高くなると言われています。 タバコに含まれているニコチンは血管を収縮させ、ペニスに血液を送ることを阻害しますのでEDにつながります。 また、タールは、ストレス解消に役立つビタミンC、精子を増やす働きをするビタミンEを減らしてしまいますので、こちらもEDの原因になるのです。 タバコを止められない場合は、ビタミンCとビタミンEをサプリなどで摂取するようにしましょう。 6-5. アルコールを控える アルコールはセックス前に控えるのは当然ですが、毎日飲んでいると精子の量が減り、精力減退につながるので注意したいところです。 下の表が、アルコール健康医学協会が提唱している1日あたりのおすすめ摂取量です。 多く飲んだら、休肝日をしっかり取りましょう。 1週間に2日は飲まない日を設けて、肝臓をいたわってあげてください。 6-6. ストレス解消 心の不調が原因でED(勃起障害)になることはよくあることなので、日頃からストレスをためこまないようにしましょう。 テレビや音楽鑑賞など、身体を動かさない趣味ではなく、バスケットボールやゴルフなど体を動かす趣味がおすすめです。 運動不足とストレス解消を一気にできて一石二鳥なのです。 さいごに バイアグラの副作用についてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか? バイアグラはED治療薬の中でも最も実績のある薬です。 医師の指示に従ってバイアグラを服用すれば、健康被害を出すリスクは高くありません。 この記事が皆さまのセックスライフにお役に立てること、心より願っております。

次の