花 と ゆめ 酷似。 花とゆめ謝罪 酷似比較画像!世間の声は意外にも?パクリ騒ぎの内容とは|ゆるねたりうむ

花とゆめ 編集謝罪がヤバい!「ロマンスとバトル」はパクリ?強制された?

花 と ゆめ 酷似

花とゆめ 編集謝罪のニュース 少女漫画雑誌『花とゆめ』(白泉社)の編集長は2019年7月5日、掲載した作品で他の作品と酷似した表現があったとして謝罪した。 お詫び文では、編集部が率先し表現を似せるよう誘導したとして、「すべて編集部の意識・認識の甘さによるものです」と説明する。 公式サイトに掲載された編集長名義のお詫び文によれば、6月20日発売の『花とゆめ14号』の読みきり作品で、主人公の女性キャラクターが、ほかの作品のキャラクターと酷似しているとの指摘があったという。 作品名は明かしていないものの、同号に掲載された『ロマンスとバトル』をめぐっては、人気漫画家・種村有菜さんと絵柄などが似ているとして、SNS上ではさまざまな声が寄せられていた。 公式サイトでは、「少女漫画の主人公が少年漫画に異世界転生!?」とのキャッチで紹介されていた。 ツイッター利用者の「これは種村先生的にはいいの? 私は種村先生のファンだからなんか引っかかるものがある」などとの質問に、種村さんは「ちょっと驚いています。 全く知らない方です…」とツイートしていた。 種村さんは白泉社から多数の作品を刊行している。 お詫び文では、「編集部が率先して先生の絵柄に近しい方向へと誘導した結果のものであり、本来なら掲載を中止しなければならない程、酷似していたにも関わらず、雑誌に掲載するという過ちをおかしてしまいました」と経緯を説明し、 「この度読者の皆様をお騒がせしてしまった原因は、すべて編集部の意識・認識の甘さによるものです。 花とゆめをご愛読頂いている皆様の信頼を損なってしまいましたこと、誠に申し訳ありませんでした」 などと謝罪した。 『花とゆめ14号』は電子版でも配信されていたが、5日までに販売ページで「紙版に掲載されていたよみきり『ロマンスとバトル』は未掲載となります」と記載された。 j-cast. html 花とゆめに掲載された「ロマンスとバトル」の主人公の女性キャラクターが、ほかの作品のキャラクターと酷似しているとの指摘があったとのこと。 しかし、ほかの作品がどの誰の作品だということまでは明かしていないんですね。 それでも、作品を好きな人にはわかるのでしょうね。 SNSでは人気漫画家・種村有菜さんの絵と似ているとの声があがっています。 種村有菜さんも、まったく知らない方ですとツイートされているとのこと。 「ロマンスとバトル」を書かれた方と面識もないようですね。 種村先生の作品が好きで目標にしている、などであればちょっと影響を受けて種村先生寄りの絵になることもあるのかな、とも思いますがお詫び文では、 「編集部が率先して先生の絵柄に近しい方向へと誘導した結果のものであり、本来なら掲載を中止しなければならない程、酷似していたにも関わらず、雑誌に掲載するという過ちをおかしてしまいました」 と編集部が誘導したとはっきり書かれています。 そして、「ロマンスとバトル」を書いた宇和野宙さんの名前は載せずに、編集部が悪かったとのことで書かれています。 花とゆめ 酷似比較画像はこちら 種村有菜さんと似ているといわれた「ロマンスとバトル」。 画像を比較してみます。 「ロマンスとバトルの絵」 『ロマンスとバトル』宇和野宙 — toXsomi toXsomi 「種村有菜さんの絵」 種村有菜の原画展のこのジャンヌ可愛すぎないか?神風怪盗ジャンヌ好き。 特に、種村有菜さんのファンの方は違和感を感じやすいのかも知れません。 また、「ロマンスとバトル」以前の宇和野宙さんの作品と比較がされた画像がありました。 宇和野宙先生の作品、機会があったから前作と合わせて読んだんだけど、前作の方が個性があって好きだったな…。 めちゃくちゃ可愛いんだけど、まるまる種村先生のキャラ連れてきた感… — わさみのーる wa33n 今回問題になった「ロマンスとバトル」の絵と、以前の作品の絵では違う人が書いたとも思えるほど絵の感じが違いますね。 以前の作品の絵が本来の宇和野宙さんの絵なんでしょうね。 やはり、お詫び文の通り編集部からの誘導により、ここまで違った絵を書いたということでしょうか。 花とゆめ 酷似画像問題について世間の声 花とゆめが「編集部が率先して先生の絵柄に近しい方向へと誘導した結果のもの」と話されているので、マネしてしまった事に違いはないととれますが、世間のコメントでは意外に?! 花ゆめの『ロマンスとバトル』問題、検索すると「どこにでもある絵柄じゃん」って言われまくってて編集者も多分そう言う認識だったんだろうなぁって。 「一般的な絵」って認識されちゃうくらいに種村先生の絵に影響される少女マンガ家さんが増えたんだよあの頃。 — しろまめ431 mame431 問題になっている花とゆめのロマンスとバトルの作家さんが可哀想 種村先生というよりもきらりんレボリューションやちゃお系の絵に見えるけど… でも、線画の上に粗めのトーンを貼ってふわっとさせる効果はジャンヌやKYOKOみたいで懐かしい これで謝罪するなら某麻雀漫画は… パロディって難しいなぁ — 南恵 violonlove 花とゆめに掲載のロマンスとバトルが他のキャラに酷似してる件、見てみたけど少女漫画はどれも似てるから、正直なんでこんなに騒ぐのか不思議。 トレースしたとの話もないし少女漫画なら許容範囲だろ。 — 画伯 fou3voufsl40d 花とゆめに掲載のロマンスとバトルが他のキャラに酷似してる件、見てみたけど少女漫画はどれも似てるから、正直なんでこんなに騒ぐのか不思議。 トレースしたとの話もないし少女漫画なら許容範囲だろ。 — 画伯 fou3voufsl40d 謝罪するレベルなのかな? という声が結構ありました。 少女漫画の絵はみんなどこかしら似たように見えてしまうという人も中にはいますし、これは個人によって感じ方は違うんでしょうね。 もちろん、種村有菜さんの作品をよく知る人は「ロマンスとバトル」を読んですぐ、似ているけど大丈夫?! と思ったという人もいました。 最後に 「ロマンスとバトル」が気になって花とゆめを購入したという人や、「ロマンスとバトル」めちゃくちゃ面白かった、連載も見たい!など、ストーリーが良かったとの感想もたくさん目にしました。 今回、違った方向で名前が知られることになってしまいましたが、実力のある漫画家さんだと思います。 以前の作品の絵の評価も良かったので、今後の作品に期待したいですね。 ところで、『花とゆめ』や『マーガレット』など月刊漫画をお得に読めるサービスをご存知ですか? 動画配信サービスのでは、ドラマや映画、アニメなどの動画だけでなく、なんと漫画や雑誌も読めてしまうお得なサービスなんです。 私は動画配信サービスで漫画が読めるとは思っていなかったので意外だったのですが、毎月1300円分のポイントをもらうことができて、そのポイントで漫画を読めます。 おまけに、 100誌以上の雑誌読み放題付き! 毎月雑誌なり漫画を2~3冊以上購入しているという人には特にオススメです。 FODプレミアムは通常月額888円(税抜)のサービスですが、初回1ヶ月は無料おためしが利用できます。 サービスが気に入って継続したい場合も、月額1,000円以内なので本を3冊分で元が取れてしまいます。 1300ポイントもらえて、漫画は20%ポイント還元されるのでとってもお得です。 『花とゆめ』は350ポイントから70ポイント還元されて、280ポイントで読めてしまうということです。 1300ポイントあれば、他にも気になる漫画が何冊か読めてしまいます。

次の

たまいまきこblog 「花とゆめ」酷似

花 と ゆめ 酷似

14号に掲載された読み切り作品について、主人公の女性キャラが、「少女漫画家の種村有菜さんの絵柄に酷似している」とネットで話題になっていた。 種村さんは、白泉社からも単行本を出している人気作家だ。 騒動を受け、花とゆめ編集部はWebサイトに謝罪文を掲載。 この作品については、「既存の先生」に絵柄を似せるよう、編集部が率先して漫画家を誘導したと明かし、「本来なら掲載を中止しなければならない程、酷似していたにも関わらず、雑誌に掲載するという過ちをおかした」「読者の皆様をお騒がせしてしまった原因は、すべて編集部の意識・認識の甘さによるもの」と反省を述べた。 編集部内で意識改革を行い、再発防止に務めるとしている。 ただ、この作品を読んだ人からは「面白い」「絵がうまい」との評価も多く、「絵柄を似せるのはパロディの域ではないか」との見方もある。 不適切な誘導を行った編集部に対する批判が集まっているほか、作者である新人作家への応援の声も出ている。 関連記事• ネット上で「トレース疑惑」が検証され、漫画家同士の模倣が次々に暴かれている「恐ろしい時代」。 漫画の現場は慣習で動き、法律と編集者の意識はズレていると、竹熊健太郎氏は言う。 小学館は、新星出版社が5月に発売したレシピ本が、小学館のベストセラーシリーズ「やせるおかず 作りおき」に酷似しているとし、新星出版社に対して、同書の販売停止などを求める申し入れを行ったと発表した。 Amazonプライムのドラマ「チェイス」が、『殺人犯はそこにいる』と酷似しているとし、作者の清水潔氏と版元の新潮社が、製作会社などに対して配信中止を求めていた問題で、製作会社が謝罪文を公表。 清水氏と新潮社はこれを受け入れた。 関連リンク•

次の

「種村有菜さんと絵柄が酷似」として白泉社が謝罪した、花とゆめの読切作品『ロマンスとバトル』は面白かった

花 と ゆめ 酷似

花とゆめ 編集謝罪 花とゆめ 編集謝罪のニュースは、次のように報道されています。 少女漫画雑誌『花とゆめ』(白泉社)の編集長は2019年7月5日、掲載した作品で他の作品と酷似した表現があったとして謝罪した。 お詫び文では、編集部が率先し表現を似せるよう誘導したとして、「すべて編集部の意識・認識の甘さによるものです」と説明する。 作品名は明かしていないものの、同号に掲載された『ロマンスとバトル』をめぐっては、人気漫画家・種村有菜さんと絵柄などが似ているとして、SNS上ではさまざまな声が寄せられていた。 公式サイトでは、「少女漫画の主人公が少年漫画に異世界転生!? 」とのキャッチで紹介されていた。 ツイッター利用者の「これは種村先生的にはいいの? 私は種村先生のファンだからなんか引っかかるものがある」などとの質問に、種村さんは「ちょっと驚いています。 全く知らない方です…」とツイートしていた。 種村さんは白泉社から多数の作品を刊行している。 お詫び文では、「編集部が率先して先生の絵柄に近しい方向へと誘導した結果のものであり、本来なら掲載を中止しなければならない程、酷似していたにも関わらず、雑誌に掲載するという過ちをおかしてしまいました」と経緯を説明し、 「この度読者の皆様をお騒がせしてしまった原因は、すべて編集部の意識・認識の甘さによるものです。 花とゆめをご愛読頂いている皆様の信頼を損なってしまいましたこと、誠に申し訳ありませんでした」 などと謝罪した。 『花とゆめ14号』は電子版でも配信されていたが、5日までに販売ページで「紙版に掲載されていたよみきり『ロマンスとバトル』は未掲載となります」と記載された。 出典headlines. yahoo. jp 花とゆめ 編集謝罪に世間の反応は? 花ゆめの「ロマンスとバトル」、トレスじゃなくて「種村有菜の絵で描こう」ってだけでこれ描けるの??その才能と努力は別方向に向けるべきでは…。 作者のもともとの絵が下手なのかと思ったら普通に種村有菜より上手いし 画力的な意味で 、ちゃんと魅力ある絵柄じゃん。 編集者の誘導かよ。 トレースじゃなくてもパクリになるんだね。

次の