ケイリー マク ナニー。 マケナニー米大統領報道官が会見 [126546714]

ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ

ケイリー マク ナニー

この項目は著作権侵害が指摘され、現在審議中です。 審議の結果、該当する投稿以降の全ての版またはこのページ全体(すべての版)が 削除される可能性があります。 問題箇所の適切な差し戻しが行われていれば、削除の範囲は問題版から差し戻し直前の版までとなる可能性もあります。 適切な差し戻しが行われていないと考えられる場合は、この版の編集や引用はしないで下さい。 著作権上問題のない自分の投稿内容が削除される可能性のある方は、早めに控えを取っておいて下さい(詳しくはこちらの解説をお読み下さい)。 該当する投稿をされた方へ: ウィキペディアでは、著作権上問題のない投稿のみを受け付けることになっています。 他人の著作物を使うときをお読み頂いた上で、審議にご協力をお願いします。 自分の著作物を投稿されていた場合は削除依頼を出されたらをご覧下さい。 審議が終わるまで、このお知らせを 除去しないでください。 (以下、著作権侵害の可能性がある箇所を取り除いた内容を暫定的に表示します。 英語版記事の機械翻訳されたバージョンを(各言語から日本語へ)。 Googleの機械翻訳を翻訳の手がかりにすることは有益ですが、翻訳者は機械翻訳をそのままコピー・アンド・ペーストを行うのではなく、必要に応じて誤りを訂正し正確な翻訳にする必要があります。 信頼性が低いまたは低品質な文章を翻訳しないでください。 もし可能ならば、文章を他言語版記事に示された文献で正しいかどうかを確認してください。 履歴継承を行うため、に翻訳元となった記事のページ名・版について記述する必要があります。 記述方法については、Wikipedia:翻訳のガイドライン 要約欄への記入を参照ください。 Wikipedia:翻訳のガイドラインに、より詳細な翻訳の手順・指針についての説明があります。 生い立ち [編集 ] に、商業用屋根材会社の社長であるマイケル・マクナニーとリアン・マクナニーの娘として生まれた。 で生まれ育ち、幼い頃はタンパにあるカトリック予備校である 聖名アカデミー ()で教育を受けた。 その後、にある外交部で国際政治学を専攻し、その間、の セント・エドマンド・ホール ()に留学した。 その間、後のの内相となる ニック・トーマス・シモンズ ()によって政治学を教わった。 ジョージタウン大学を卒業した後、「マイク・ハッカビー・ショー」でプロデューサーとして3年間過ごした。 マクナニーはそこからに在籍し、その後に転校した。 マイアミ大学法学部では、上位1%の学生にのみ贈られる ブルース・ウィニック ()優秀賞を受賞した。 家族 [編集 ] 、の傘下所属選手であると結婚。 11月には娘ブレークが誕生した。 脚注 [編集 ] []• McEnany, Kayleigh [ kayleighmcenany] 2018年4月18日. ツイート. より 2020年5月17日閲覧。 Williamson, Elizabeth 2020年4月27日. 2020年5月17日閲覧。 外部リンク [編集 ] ウィキペディアの姉妹プロジェクトで 「 ケイリー・マケナニー」に関する情報が検索できます。 ウィキクォートの コモンズで() ウィキデータの• 公職 先代: — 現在 現職.

次の

ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ : 作品情報

ケイリー マク ナニー

本記事に内容加筆および出典を追加される方へ: 本記事に新しい内容を加筆をする際は、でください。 Citeテンプレート使用時を含め、出典追加時はの記入を 必ずお願いします。 ビジュアルエディターで自動生成された出典を提示される方は、生成後に不備を埋めるようお願いします。 これらのいずれかが抜けている出典を発見した際は情報の補強をお願いします。 記事のリンクを入れる際には・などマスコミ各社公式サイトのリンクを使用して下さい(ヘッドラインのリンクは1週間位で消滅してしまうため、検証可能なリンクには適していないためです)。 ビジュアルエディターでの出典の自動生成を含めたCiteテンプレートの使用はなるべくお控えください。 Citeテンプレートが使われすぎるとエラーを起こし、脚注が表示できなくなってしまいます。 本記事の内容は、出典があり内容の検証性がとれるもののみ掲載しています。 出典無き記述を発見した場合は検証可能な出典を提示してください。 詳細は「」を参照 1月 [ ]• ので、が連邦大統領に、が連邦副大統領に就任。 で、第1党のと第4党のが連立政権の樹立で合意。 7日、が首相に再任。 の大統領は、長官に与党「」の前代表を任命。 のソウル南部地方検察庁は、与野党の国会での衝突に絡み、最大野党「」の代表と同党議員23人、与党「」の議員5人を特殊公務執行妨害などの罪で起訴。 の国王は、元首相を議長に任命。 でを首相とする新内閣が発足。 の首相が辞任を表明し、4月12日に総選挙を前倒しすることを決定。 大統領は、内務大臣を選挙管理内閣の首相に任命し、議会はこれを賛成多数で承認。 の ()教育大臣が辞任。 中央選挙管理委員会は、カタルーニャ自治州の首相から州議会議員の地位を剥奪することを決定(その場合、自治政府首相である資格を失う)。 トーラは決定を拒否。 政府は、 (、)主任を更迭し、前共産党山西省委員会書記に交代させた。 は、元党委員会書記の ()が「党中央の決定や手配を重視しなかった」などとして党籍剥奪処分にすると発表。 ()の決選投票。 ()元首相が得票率52. 現職のは47. はを首相として承認する投票を実施し、賛成166、反対165、棄権18票で議会過半数の176票に届かず否決。 7日の2回目投票で、賛成167、反対165で承認。 ()の第2回目投票を執行。 第1回目との合計で与党は53議席で最多、が36議席。 にて、治安部隊が野党議員の入場を妨害。 その間、与党などだけで議長選を強行し、与党・の ()議員を選出。 野党側は無効を訴えを別の投票で議長に再選。 - は次期大統領に ()を選出。 現職のを20対12で下す。 衆院議員がに離党届を提出。 8日、維新は離党届を受理せず処分とした。 は、の司令官がことをめぐり、すべての米軍部隊を「」に指定する法案を可決。 は10日告示予定の党首選を当面延期することを決定。 にて新政権(行政評議会)が発足。 の大統領は、2019年総選挙で議員として当選した首相、5人の大臣、2人の州知事、政府顧問1人を13日の議員就任を前に解任。 同国憲法では議員が公職と兼ねることができないことが理由とされたが 、結局は17日にロザーリオを首相に再任。 は案を賛成330、反対231票で可決。 (首相兼任)が(79歳没)。 最高裁判所は、 ()の決選投票において過半数に達した候補者がいなかったため、大統領を当選者とした選挙結果を破棄し、再選挙を命令。 ハジムバは拒否したが 、12日に大統領辞任を表明。 3月22日に大統領選挙を実施へ。 は、 ()内閣に対する信任投票を行い、不信任134、信任72、棄権3で不信任。 政府はカーブース前国王の従兄弟に当たる(遺産文化大臣)が新国王に践祚したことを告示(発表)した。 とのダブル国政選挙が執行され、総統選挙に於いては現職で公認のが公認の(市長)に勝利し、2016年に続いて再選を果たした。 立法委員選挙では、民主進歩党が61議席で過半数を維持。 国民党は38議席。 選挙後、国民党の主席は敗北の責任を取り辞任を表明。 領にて、とを中心とする自治政府が約3年ぶりに復活。 首相には民主統一党の ()党首が就任。 マルタの与党 ()が ()を党首に選出。 13日に首相に就任。 は前国会議長を次期国務総理(首相)とする任命同意案を賛成多数で承認 、14日就任。 高等裁判所は、昨年12月に特別裁判所が下した元大統領に対する死刑判決を撤回し、裁判をやり直すよう命令。 は、衆議院議員を収賄容疑で再逮捕し、併せて1回目に逮捕した際の収賄罪で起訴。 の首相は、2月8日に前倒しで ()を行うと表明。 - の首相は、内閣総辞職を表明。 大統領は新内閣発足までの職務継続を要請、メドヴェージェフを新設するの副議長に充てる意向を表明。 また新首相には連邦税務局長官のを指名。 16日、下院議会はミシュスティンを首相と承認する人事案を賛成383、棄権41票で承認。 無所属の衆院議員が会派「・・・無所属フォーラム」に入会。 自身の妻の殺害事件への関与が取り沙汰されているの ()首相が辞任表明。 の大統領がとの国交断絶を宣言。 自身のものとされる大統領批判の音声データが波紋を呼んでいるの首相が大統領に辞表提出、ゼレンスキーは受理せず慰留。 のソウル東部地方検察庁は、前法務部長官を職権乱用の罪で在宅起訴。 - が閉幕。 との続投を決めるとともに、新設の筆頭副委員長に、政策委員会責任者にを新たに選出。 を執行。 元滋賀県議のが初当選。 複数の報道機関が、北朝鮮の消息筋による情報として、がの外務大臣を解任され、が後任に指名されたと報道。 ()の第1回目投票を執行。 野党はボイコットし、19議席中、 ()が17議席で勝利。 残り5議席は2月23日に投票。 ()召集。 の議会第1党が党首を新首相候補に決定したことを大統領に通知。 サチはクルティを新首相に指名。 の財務大臣は、政府がと関わっている可能性のある女性と彼女の子どもたちを帰国させる決定を下したことに反発して辞任を表明し、党首を務めているは連立政権から離脱することを表明。 の大統領は、 ()元財務相、元観光相に組閣を要請。 で政権が発足。 の憲法裁判所は「立憲君主制の転覆を企てている」との疑いがかけられた野党第2党「」について、証拠が不十分として解党を求める訴えを棄却。 議会は、昨年11月に失脚・亡命した前大統領の辞任を正式に承認。 の副代表は、20日の両院議員総会について「議事を混乱させた」などとして、副代表職の進退伺を提出。 29日、党はこれを受理し津村を解任。 がのに就任したことが判明。 は次期大統領にを選出。 の最大与党の ()党首が辞任。 - ()がの裁可を受けて成立。 - ()を執行。 が第1党の座を失う。 - の ()財務大臣、首相が立て続けに辞任表明、早期の解散総選挙を呼びかけ。 の首相が辞任。 首長は ()を後任に指名、内務大臣も兼任。 の裁判所は野党の党首の15カ月間の身柄拘束を命じた。 の首相は、国会に対し求めていた自身に対する免責決議の要求を取り下げた。 これを受け検察は収賄などの罪でネタニヤフを正式に起訴。 は協定案を賛成621、反対49票で承認、2月1日午前0時(ベルギー時間、イギリス時間1月31日23時)のEU離脱が確定。 のソウル中央地方検察庁は、による長選挙介入疑惑で、大統領府の ()元政務首席秘書官、 ()元民情秘書官らや ()蔚山市長、計13人を公職選挙法違反の罪で在宅起訴。 - 参議院本会議で令和元年度補正予算の採択が行われ、与党などの賛成多数で可決、成立。 この際、国民民主党のとが党の方針に造反して賛成票を投じた。 院内会派のも賛成した。 28日の衆議院本会議での採決でも羽田と同じ長野県内選出の、が党の方針に反して棄権した。 、党は増子を役職停止、羽田を厳重注意とする処分を決定。 これを受け増子は幹事長代行を辞任。 午後11時をもってが実施された。 で新政権に向けた情報提供者 informateurs に指定されていた ()党首と ()党首が退任。 国王は新政権樹立のため ()副首相兼法相に協議するよう要請。 2月 [ ]• - の大統領は、首相候補に ()元通信相を指名。 - を執行。 現職のが4選。 は、首班をとする新政権を120議席中賛成66票で承認。 反対派は退席し反対10票。 の憲法裁判所は、2019年5月執行の ()で投票用紙に改ざん行為があったとして結果を無効とし、150日以内に再選挙を行うよう命令。 連立与党の党首選が行われ、 ()党首が元党首に勝利し再選。 の裁判所は、などの罪に問われている前大統領の逮捕状を発付。 は首相に対する不信任決議を賛成261、反対139票で必要な233票を上回り可決。 翌6日、大統領はオルバンに再組閣を指示。 米大統領の「」をめぐるの弾劾裁判は、「権力乱用」については有罪48人、「議会妨害」については有罪47人と、罷免に必要な3分の2(67票)以上の有罪票が得られず、無罪評決となった。 ドイツ議会はの ()を州首相に選出。 しかし、州議会での投票で極右から票を得たことに批判が殺到し、就任からわずか1日で辞任 に追い込まれた。 - 政治局は、副首相在任中の不正行為を理由に ()党委員会書記を更迭。 後任に ()副首相が就任。 - ()を執行。 が38議席、が37議席、が35議席となり、シン・フェイン党が躍進。 の2020年度総会連合議長に大統領の就任。 を執行。 現職のが3回目の当選。 ()が行われ、与党「」が過半数を確保し勝利した。 - 最大与党の党首が辞任を表明。 - は、極右政党「」の書記長の免責特権剥奪を賛成152票、反対76票の賛成多数で可決。 の首相が内閣改造を実施。 この際、補佐官チームの解任を求められた財務大臣が拒否し辞任。 は、の中心地となっているの党委員会書記と、同省の党委書記を解任。 後任には長、の党委員会書記がそれぞれ就任。 中国政府は、 ()主任を副主任に降格させ、後任に副主席を充てる人事を発表。 - 新政権樹立に向け、との連立協議が不調に終わり、協議を促すよう国王より要請されていた ()副首相兼法相が任務辞任を表明。 - 最大野党やなどが合併し、新党が発足。 - の選挙管理委員会は昨年9月28日執行のの結果を確定、50. の衆院会派に議員が入会。 これに伴い維新は会派名を「日本維新の会・」に変更。 の国防次官(政策担当)が辞任を表明。 ソウル高等裁判所は、収賄罪などに問われた元大統領に懲役17年、罰金130億ウォンなどとする実刑判決を言い渡した。 李元大統領は再収監された。 の大統領は、 ()国家情報長官代行を更迭し、後任に ()駐ドイツ大使を任命。 米ワシントン連邦地裁は、で陣営の政治顧問を務めた ()に対し、に絡む偽証罪などで禁錮3年4か月を言い渡した。 の ()首相が7月末に辞任すると表明。 ()が執行され、の保守強硬派が大勝。 憲法裁判所は、党首による党への融資が政党法違反に当たるとして、野党「」に解散命令を出し、タナトーン党首ら党幹部16人の政治活動を10年間禁じる処分も下した。 で移行政権が発足、が第一副大統領へ就任宣誓(22日就任)。 が告示され、副党首を無投票で選出。 ()を執行。 現職のが得票率72. 36%で4選。 ()元首相は18. 37%にとどまった。 - ()の第2回目投票。 残り5議席を選出• のは、3月5日より開催を予定していた第13期第3回会議を延期することを決定。 国王はこれを受理し、マハティールを暫定首相に任命。 の首相は、予算案が議会で可決されなかったため辞任を表明。 選挙管理委員会は、最高裁判所が票の再点検を命じている ()の当選者を ()元首相と改めて認定。 27日にエムバロ元首相は就任宣誓を強行。 28日、議会はエムバロの大統領就任を認めず、憲法に基づき ()国会議長を暫定大統領に任命。 3月1日、カサマは暫定大統領を辞任。 のが次期首相指名を辞退。 翌26日、大統領は ()財務大臣を次期首相に指名。 - の大統領は、次期首相に元首相を指名。 3月3日、ヤンシャの新首相就任を議会が承認。 衆議院本会議にて、野党4党が提出した法務大臣への案と衆議院予算委員長の案が与党などの反対多数でそれぞれ否決。 は、 ()新内閣に対する信任投票を行い、賛成129、反対77、棄権1で承認。 - は、首相ら6閣僚に対する不信任決議案を反対272票、賛成49票の反対多数で否決。 の国王が次期首相に元副首相を指名。 アメリカ政府との反政府武装勢力が和平合意に署名。 ()を執行。 野党・ ()が53議席で第1党に躍進。 の委員長は、重大な不正・腐敗現象が起きたとして、両党副委員長を解任。 3月 [ ]• の新首相に指名されていた ()元通信相が組閣を断念し、首相就任を固辞。 ()を執行。 が47議席を獲得し第1党を維持。 を執行。 与党が36議席で第1党、が33議席。 首相は勝利宣言を行ったがネタニヤフ支持の右派・宗教系勢力の合計は58議席で過半数割れ。 の ()大統領は、新首相に ()環境大臣・経済財務大臣を指名。 は、で当選した参議院議員の公設秘書と夫の前法務大臣の政策秘書ら3人を違反(買収)の疑いで逮捕。 三重県議会は、市長と出口隆久教育長に対する案を可否同数によるで可決。 最高議会は首相の辞任を承認し、副首相を新首相に任命。 は、同国政府に対しの外交や国際機関への参加、経済発展などを促す支援を求める台湾同盟国際保護強化イニシアチブ法案(通称:TAIPEI法案)を全会一致で可決。 流行対策の担当大臣に経済再生担当大臣が就任。 サウジアラビア当局は、反逆の疑いで ()王子と前皇太子を拘束。 アメリカの大統領は、に下院議員を任命すると表明。 31日就任。 の最大野党・の主席補選が投開票され、が初当選。 政府が3月9日が償還期限の外貨建て12億ドルの支払い延期を発表。 事実上の。 - の大統領が2期目の就任宣誓。 大統領選挙結果に異を唱える行政長官は、ガニーとほぼ同時に独自に大統領就任を宣言。 - の上下両院が憲法改正案を可決。 連続再選の上限に関連し、これまでの大統領任期数のリセットを可能とする条項を含む。 高知県の町長は、自身の後援会がを提出していなかった問題を受け辞職願を提出。 の ()財務大臣が流行への対応を理由に次期首相指名を辞退。 参議院本会議にて、をの対象に加える改正法が与党や、などの賛成多数で可決、成立。 は ()を含む5月の統一地方選挙を、の感染拡大防止を目的に1年間延期。 の ()大統領は全閣僚を解任し、全権限を自らに集中。 22日、新閣僚を任命。 - は4月13日に予定されていた ()を、の感染拡大を受け延期することを決定。 の大統領は、「」の共同代表に組閣を指示。 の国王は暫定首相に組閣を要請。 翌17日、新政権発足。 の大統領は新首相に ()元ナジャフ州知事を指名。 は4月12日に予定されていた ()を、の感染拡大を受け延期することを決定。 は4月26日に予定されていた ()を、の感染拡大を受け延期することを決定。 衆院議員がに離党届を提出し 、24日付で受理された。 本年6月10日~12日に()に於いて開催する予定の ()の議長を務めるアメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領は、の影響を考慮してG7首脳の招聘による会議を取り止め、その代替としてビデオビジョン会議として執り行うことを決定。 は4月25日に予定されていた ()を、の感染拡大を受け延期すると発表。 にて4月26日に予定していた ()を、流行を理由に10月26日に延期することで合意。 議長がボシュニャク人代表の ()に交代。 の議長に ()再選。 - 選挙管理当局は、の対策のため、5月3日に予定していた ()を延期すると発表。 を執行。 現職のが元熊本市長のを破り4選。 ()を執行。 が当選。 は、参議院議員の公設秘書と夫の前法務大臣の政策秘書を違反(買収)罪で起訴。 奈良県議会は、市長に対する案を賛成10、反対3の賛成多数で可決。 30日、高見市長は市議会を解散。 は、政権の対応をめぐって不信任決議を賛成82、反対32、棄権1票で可決。 の大統領は、の感染拡大防止のため、4月22日に予定していた ()を延期すると発表。 の「」の共同代表は、への対応のため、これまでの方針を転換し政権に合流する意向を示した。 同日、はガンツを賛成多数で議長に選出。 は、の大統領と政府高官ら計15人を麻薬密輸などの罪で起訴したと発表。 参議院本会議で、一般会計総額が過去最高の102兆6580億円となる令和2年度予算が与党などの賛成多数で可決、成立。 にが正式加盟。 選管当局は、8月29日実施予定の ()を、の感染拡大を受け延期すると発表。 ()を執行。 大統領選挙は ()元首相が49. 議会選挙は、自由なる祖国ブロックが40. 4月 [ ]• - の衆院議員は体調不良を理由に議員辞職願を提出し 、翌2日の衆院本会議で許可された。 4月15日、は次点ののを決定。 - のは新党首にを選出。 「」も参照• - を執行。 新人のが現職のを破り初当選。 - 首相官邸は、で入院中の首相が、必要に応じて筆頭国務大臣・外相が首相の職務を代行するよう要請したことを公表。 参院議員の去年の選挙運動をめぐり、夫の前法務大臣から現金20万円を受領したと証言した広島県の町長が辞職願を提出。 は、の受信契約に関する情報を不正に入手し、拡散させると脅して業務を妨げたとして、の党首を違反(営業秘密の領得)となどの疑いで書類送検。 同月9日には立花党首を同法違反などの罪で在宅起訴。 感染者が大量発生した空母の艦長を解任したことを巡り、批判が高まっていたアメリカの ()海軍長官代行が辞任。 後任に ()陸軍次官が就任。 アメリカの兼が辞任。 後任の報道官に、広報部長に ()がそれぞれ就任。 最高裁判所は、前大統領に汚職の罪で禁錮8年と25年間の参政権停止の有罪判決を言い渡した。 の首相は、への対応を理由に2月に表明した辞意を撤回。 がからの撤退を表明し、唯一残った候補者である前副大統領の民主党候補指名獲得が事実上決定。 - の新首相に指名されていた ()元ナジャフ州知事が組閣を断念し、首相就任を固辞。 大統領は新首相に情報機関トップの (、)を指名。 - 中央委員会政治局会議にて、朝鮮人民軍総参謀長を政治局員に、外務大臣と党委員長の妹の党第1副部長を政治局員候補にそれぞれ選出。 の大統領は、共同代表のより要請されていた組閣期限の延長を拒否。 の ()内務大臣は、対策で全国的なに突如踏み切り混乱を招いた責任を取って辞任すると発表。 同日、大統領は辞表の受け取りを拒否。 が開かれ、外務大臣と朝鮮労働党副委員長をの委員に新たに選出。 - 中央選挙委員会は、の感染拡大を受け、5月17日に予定されていた ()を7月5日へ延期すると発表。 の感染拡大に伴う発令後にに行ったことが週刊誌に報道されたの衆院議員が離党届を提出。 翌15日、同党は離党届を受理せず処分を決定。 ()の決選投票を執行。 2位だった ()外相が蔓延を受け支持者に投票しないよう呼びかけたこともあり、 ()元首相が得票率88%で当選。 ()の第1回目投票を執行、23議席の当選者が確定。 残り21議席は21日の2回目投票で確定。 - を執行。 与党系当選者が議会の5分の3を占める圧勝をおさめ、野党・の代表は引責辞任を表明。 - の大統領は、対策をめぐり意見が対立していた ()保健大臣を解任。 - は、大統領の長男 ()を議長に選出。 東京都長選挙を執行。 現職のが元区議らを破り5選。 福井県長選挙を執行。 現職のが元県議会副議長を破り4選。 徳島県の市長は、市政を混乱させた責任を取るとして辞職願を提出。 は新首相に ()を選出。 の首相と政党連合「」を率いる共同代表は20日、連立政権の樹立に合意。 最初の1年半はネタニヤフが首相を続投し、その後ガンツが1年半首相を務める。 - ()の2回目投票を執行。 新人14人、女性4人を含む全当選者が確定。 の市長は、女性職員に対するを認め辞任を表明。 の新大統領にが就任。 翌24日に元大統領・元首相を新首相に任命。 - の法務・公安大臣は、連邦警察庁長官の解任をめぐって大統領と対立したことを理由に、辞意を表明。 の死去に伴う衆議院補選は、公認の元静岡県議会議員が初当選。 が続くの分離独立派組織「」は、暫定政府との和平合意が破談したとして、南部を自ら統治すると宣言。 - に感染し、療養していたイギリスの首相が公務に復帰。 - の裁判所は、元首相に対し、横領などの罪で禁錮20年と公民権停止5年を言い渡した。 中華人民共和国は、 ()の後任の部長にを任命した。 の ()総長(元首格)が死去し、 ()が暫定副官に就任。 の大統領は、首相の感染を受け、第1副首相を首相代行に任命。 5月19日、ミシュスティン首相は治療を終えて公務に復帰。 の大統領は、首相代理に ()前副首相を指名 、旧与党のは第2党から首相候補を指名するのは違憲であると異議申し立て。 5月1日、憲法裁判所はサチの指名を違憲とし、5月29日まで議会での信任投票を延期。 最高裁判所は、不正資金疑惑で予防勾留されている最大野党・の党首の保釈を決定。 5月 [ ]• - の大統領は、最高実力者の初代大統領の長女、上院議長を解任。 5月4日、後任に大統領府副長官の ()が就任。 最高裁判所が、収賄罪で起訴されているの首相就任は違法だとする申し立てを却下。 与党は、10日に執行予定だった ()を、流行を理由に延期することを決定。 23日までに選挙執行を求める選挙法を改正する方針も決定。 は次期首相に指名されていた (、)による閣僚名簿22名のうち15名を承認、直後にカーズィミーは首相に就任。 の大統領は、の感染拡大防止のため5月20日に延期されていた ()を再延期し、7月19日実施とすることを決定。 の72人の議員がの首相就任支持を表明。 5月13日に就任宣誓へ。 は、の捜査に偽証したとしていた元について、起訴を取り下げた。 国王は、議会で不信任決議を可決された首相が議会を解散することを禁じる憲法改正に同意。 ()首相は7月末より前に辞任する意向を表明。 - 最高裁判所は、憲法裁判所が2月3日に下した大統領選挙のやり直し命令を無効とするよう求めた ()大統領による申し立てを棄却。 また当選には過半数の得票が必要であることを確認。 - ()投票日。 流行の影響で延期が予定されていたが手続きが間に合わず、投票所が開かれず投票者数がゼロという異例の事態となった。 選管当局は同日夜に選挙の無効を確認し、議会に新たな投票日を2週間以内に決定するよう求めた。 - の ()首相の連立政権が崩壊し、議長がタバネは5月22日までに辞任する必要があると表明。 後任の暫定首相には ()財務大臣が内定。 の ()事務局長が8月末での辞任を表明。 20日に政権が2期目に入るのを前に、内閣が総辞職。 無所属の参院議員は野党統一会派に退会届を提出し、同月21日に自民党会派に入会。 奈良県議会は、市長に対する2度目の案を賛成多数で再可決。 高見市長は同日。 対策をめぐり大統領と対立していたの ()保健大臣が辞任。 前任の解任からわずか1ヶ月。 3月の大統領選挙の結果をめぐり対立していたの大統領と前行政長官が新政権樹立で合意。 両者で権限を分け合い、アブドラは新設される国家和解高等評議会の議長に就任し、との和平交渉を担当へ。 は新政権を承認。 は副首相兼国防相に就任。 で、大統領の与党を離党した議員ら17人が新会派 ()を結成。 これに伴い同党は国民議会での単独過半数を1議席下回った。 の ()首相が辞任表明。 翌20日、 ()前財務大臣が新首相に就任。 総統の2期目がスタート。 副総統に前行政院長のが就任し、行政院長にはが再任。 同日、蔡総統はでの大敗の責任を取り辞任していた与党の主席に復帰。 ()を執行。 選挙管理委員会は、大統領選挙は CNDD-FDD 党首の ()が得票率68. 72%で当選したと発表 、議会総選挙はCNDD-FDDが72議席を獲得し圧勝。 - は、に ()下院議員を充てることを賛成49、反対44で承認。 は、6月22日に執行予定の ()の立候補者として、現職のと与党 ()元議長の ()の2名を承認。 最大野党・はを新党首に選出。 の最大野党・は、 ()を非常対策委員長に選出。 - 捜査当局は、汚職などの疑いで前首相を逮捕。 - ()を執行。 野党・が21議席を獲得し第1党、大統領の与党・ ()は15議席にとどまる。 - 最高裁判所は、1月に議長ら野党勢力を議事堂から締め出した状態で行われた議長選での ()の当選を承認。 翌28日、国会は対抗してグアイドを議長として承認。 のは、週刊誌に過去の不倫関係が報じられたことを受け辞職。 ()において、におけるを並に制限し、反体制活動を禁止する ()がなされ、全人代は閉会。 - の大統領は、「中国寄り」と批判してきたからの脱退を表明。 - ()を執行。 首相が落選。 6月 [ ]• - は発注の工事での談合をめぐり同市議2人らを逮捕。 参議院本会議にて、選挙に立候補する際、その自治体に3カ月以上居住していることを「宣誓書」で明示させる改正が全会一致で成立。 無所属の衆院議員がに入党。 の大統領は、 ()首相を解任。 翌4日、ルカシェンコは ()を新首相に任命。 は ()元財務相を首班とする新政権を承認。 検察当局は、銃器不法所持などの疑いで ()元大統領を逮捕。 - で、への侮辱行為に罰則を科す「」が賛成多数で可決。 - ()を執行。 中道・ () PAM などから成る政党連合 ()が11議席中9議席を獲得し勝利。 野党・中道左派の () SKNLP は2議席。 7日、 ()首相の2期目がスタート。 の市長に対するが投開票。 中華民国高雄市議会の ()議長は市長解職投票の開票が終わった後、高雄市内のビルからて自殺。 を執行。 県政与党が48議席中25議席の過半数を獲得。 沖縄県長選挙を執行。 新人のが現職のらを破り初当選。 東京都長選挙執行。 現職のが5選。 参議院本会議にて、町村長選と町村議選の候補者が使うや、ビラを公費負担の対象に加える改正が与党などの賛成多数で可決、成立。 の大統領が死去し、 ()下院議長が暫定大統領に就任(12日に憲法裁判所が無効判断)。 - は新首相に ()元環境・天然資源・農業・水産大臣を選出。 の大統領は ()首相を解任し、後任にフセイン・アルノウス元水資源工学大臣を指名。 の ()首相が辞任し、大統領が即時再任。 参議院本会議で、対応の追加対策を盛り込んだ総額31兆9114億円の令和2年度第2次補正予算が与野党の賛成多数で可決、成立。 の憲法裁判所は、大統領死去に伴う暫定大統領は必要なく、次期大統領に当選し8月就任予定の ()を可能な限り早期に就任させるよう要請。 の、、の3党が連立政権樹立で合意。 2022年12月まで共和党党首の ()が首相を務め、以降は現職のが再び務める。 の ()首相が辞任表明 (携帯電話会社に対する周波数の不法販売への関与は否定)。 与党連合は ()第一副首相(暫定首相)を次期首相に指名 、17日に議会はボロノフ含む閣僚を賛成多数で承認。 は、参院議員の公設秘書に違反(買収)罪で懲役1年6カ月執行猶予5年を言い渡した。 同日、案里議員と夫の前法務大臣はに離党届を提出。 17日、受理された。 衆院議員がに入党届を提出。 の首相は事務総長への立候補を目指すため9月までに首相を辞任し、 ()副首相兼財務大臣に譲ると表明。 の団体による体制批判のビラ散布に対する報復として、はのを爆破。 17日、韓国の ()長官は辞意を表明。 ()会期末。 参議院は、 審議会が開かれないことに反発したが提出した審査会長の不信任動議を、与党や立憲民主党などの反対多数で否決。 参院議員が立憲民主党に離党届を提出。 長野県議会は、村長が入院中の前村総務課長を見舞った際に見舞い金を渡してたことを問題視し、村長の案を賛成6、反対3の賛成多数で可決。 の大統領は、で族への弾圧に関わった中国当局者に制裁を科す「 ()案」に署名し、同法が成立。 は、を巡って地方議員ら94人に現金計約2570万円を提供し、票のとりまとめを依頼したなどとして、参院議員と夫の前法務大臣を違反(買収)容疑で逮捕。 の ()国務次官補(立法担当)は、を受けて全米に広がるへのトランプ大統領の対応に反発し辞任。 の新大統領に ()が前倒しで就任。 の ()教育大臣が辞任。 対策のマスク着用義務に違反し、2000レアルの罰金を科されていた。 - 岡山県の市長は、提案したの人事案が議員全員からの反対で否決された混乱の責任を取るとして辞表を提出。 - ()を執行。 大統領率いる与党が全体の6割を超える得票で圧勝の見通し。 - ()を執行。 現職で親中派のが26,053票を獲得し再選、野党候補で親台湾派の ()は17,866票。 の ()国防次官(研究・エンジニアリング担当)と ()同副次官が辞表を提出。 6月16日の ()副次官(会計担当)、6月18日の ()次官補代行(国際安全保障担当)に次ぐ内の辞任表明。 の首相は、国会を解散し総選挙を実施すると発表。 ()の再選挙を執行。 地元メディアは野党・の ()党首が優勢と報道。 時のを裁くオランダ・ハーグの特別法廷は、戦争犯罪となどの罪で、同国の大統領やの ()党首を4月24日に訴追していたことを公表。 ()を執行。 与党が改選前の62議席を維持し勝利。 野党は11議席を獲得。 - 広島県の市長は、前法務大臣からの現金150万円の受領を認め、30日付での辞職を表明。 予定 [ ] 世界的なにより選挙の執行などに影響が出ており、以下の予定も変更される可能性がある。 6月 [ ]• - () 7月 [ ]• - ()• - ()• - () 8月 [ ]• - () 9月 [ ]• - ()• - () 10月 [ ]• 、現在有無未定。 () 11月 [ ]• - 12月 [ ]• - () 年間 [ ]• 日本の国政選挙は、が起きない限り、補欠選挙以外予定なし。 日程未確定 [ ]• 当年実施見込みの各国元首等の選挙(出典は日程確定後) 「」および「」も参照 (翻訳を求む)• 当年実施見込みの日本の選挙(【】内は任期満了日、満了日基準で記載 )。 (出典はリンク先の当該選挙に貼る)• 地方選挙• 【11月8日】• 【12月8日】 死去 [ ] 1月 [ ]• 2019年12月11日配信 2020年1月2日閲覧• 2020年1月2日配信 2020年1月2日閲覧• 2020年1月8日配信 2020年1月10日閲覧• 2020年1月2日配信 2020年1月9日閲覧• 2020年1月2日配信 2020年1月3日閲覧• 2020年1月4日配信 2020年1月8日閲覧• 2020年1月12日配信 2020年1月13日閲覧• 2020年1月4日配信 2020年1月4日閲覧• Radio Slobodna Evropa 2020年1月3日配信 2020年1月4日閲覧• 2020年1月3日配信 2020年1月4日閲覧• 2020年1月2日配信 2020年1月3日閲覧• 2020年1月4日配信 2020年1月4日閲覧• 2020年2月13日配信 2020年5月4日閲覧• 2020年1月5日配信 2020年1月17日閲覧• 2020年1月5日配信 2020年1月5日閲覧• 2020年1月5日配信 2020年1月5日閲覧• 2020年1月8日配信 2020年1月8日閲覧• 2020年1月6日配信 2020年1月7日閲覧• 2020年1月6日配信 2020年1月10日閲覧• 2020年1月6日配信 2020年1月6日閲覧• 2020年1月8日配信 2020年1月8日閲覧• 2020年1月7日配信 2020年1月7日閲覧• 2020年1月7日配信 2020年5月24日閲覧• 2020年1月8日配信 2020年1月19日閲覧• 2020年1月9日配信 2020年1月10日閲覧• 2020年1月18日配信 2020年1月19日閲覧• 2020年1月10日配信 2020年1月10日閲覧• 産経ニュース. 産業経済新聞社. 2020-01-11. 2020年1月11日閲覧。 Open Caucasus Media 2020年1月11日配信 2020年1月12日閲覧• 2020年1月12日配信 2020年1月13日閲覧• 2020年1月16日配信 2020年1月16日閲覧• AFP BB News. 株式会社クリエイティヴ・リンク. 2020-01-11. 2020年1月11日閲覧。 AFP BB News. 株式会社クリエイティヴ・リンク. 2020-01-11. 2020年1月11日閲覧。 2020年1月12日配信 2020年1月13日閲覧• 2020年1月11日配信 2020年1月11日閲覧• 2020年1月12日配信 2020年1月12日閲覧• 2020年1月13日配信 2020年1月13日閲覧• 2020年1月13日配信 2020年1月14日閲覧• 2020年1月14日配信 2020年1月15日閲覧• 2020年1月13日配信 2020年1月14日閲覧• 2019年12月25日配信 2019年12月25日閲覧• 2020年1月15日配信 2020年1月15日閲覧• 2020年1月15日配信 2020年1月6日閲覧• 2020年1月16日配信 2020年1月16日閲覧• 2020年1月16日配信 2020年1月17日閲覧• 2020年1月16日配信 2020年1月17日閲覧• 2020年1月日配信 2020年1月日閲覧• 2020年1月17日配信 2020年1月18日閲覧• 2020年1月18日配信 2020年1月19日閲覧• 2020年1月17日配信 2020年1月18日閲覧• 日刊スポーツ 2019年1月18日• 2020年1月20日配信 2020年1月20日閲覧• 2020年1月19日配信 2020年1月20日閲覧• 2020年1月19日配信 2020年1月20日閲覧• 2020年1月20日配信 2020年1月20日閲覧• 2020年1月20日配信 2020年1月21日閲覧• 2020年1月20日配信 2020年1月21日閲覧• 2020年1月20日配信 2020年1月29日閲覧• 2020年1月22日配信 2020年1月23日閲覧• 2020年1月10日配信 2020年1月10日閲覧• 2020年1月21日配信 2020年1月27日閲覧• 2020年1月22日配信 2020年3月14日閲覧• 2020年1月29日配信 2020年3月14日閲覧• 2020年1月22日配信 2020年1月22日閲覧• 2020年1月22日配信 2020年1月23日閲覧• 2020年1月22日配信 2020年1月23日閲覧• www. jetro. 2020年1月28日閲覧。 2020年1月27日配信 2020年1月28日閲覧• 2020年1月27日配信 2020年1月27日閲覧• 2020年1月28日配信 2020年1月29日閲覧• 2020年1月22日配信 2020年1月23日閲覧• 2020年1月29日配信 2020年1月30日閲覧• 2020年1月30日配信 2020年1月30日閲覧• 2020年1月29日配信 2020年1月30日閲覧• 日本経済新聞 2020年1月30日 2020年1月30日閲覧。 毎日新聞 2020年1月30日• 産経新聞 2020年2月5日• 産経ニュース. 2020年2月2日閲覧。 2020年2月1日配信 2020年2月3日閲覧• 2020年2月2日配信 2020年2月2日閲覧• 2020年2月2日配信 2020年2月3日閲覧• 2020年2月3日配信 2020年2月4日閲覧• 2020年2月3日配信 2020年2月4日閲覧• 2020年2月4日配信 2020年2月6日閲覧• 2020年2月5日配信 2020年2月11日閲覧• 2020年2月5日配信 2020年2月6日閲覧• 2020年2月6日配信 2020年2月7日閲覧• 朝日新聞 2020年2月6日• 2020年2月7日配信 2020年2月24日閲覧• 2020年2月8日配信 2020年2月8日閲覧• 2020年2月11日配信 2020年2月12日閲覧• 2020年2月9日配信 2020年2月10日閲覧• 2020年2月9日配信 2020年2月10日閲覧• Al Jazeera. 2020年2月11日閲覧。 2020年2月10日配信 2020年2月10日閲覧• 2020年2月13日配信 2020年3月12日閲覧• 2020年2月14日配信 2020年2月14日閲覧• 2020年2月13日配信 2020年3月1日閲覧• 2020年2月13日配信 2020年5月4日閲覧• 2020年2月14日配信 2020年2月17日閲覧• 2020年2月17日配信 2020年2月18日閲覧• 2020年2月18日配信 2020年3月10日閲覧• 2020年2月19日配信 2020年3月6日閲覧• 2020年2月20日配信 2020年2月23日閲覧• 2020年2月19日配信 2020年2月23日閲覧• 2020年2月21日配信 2020年2月29日閲覧• NHK 2020年2月23日配信 2020年2月23日閲覧• 2020年2月21日配信 2020年2月23日閲覧• 2020年2月23日配信 2020年2月23日閲覧• 2020年2月21日配信 2020年2月23日閲覧• 2020年2月22日配信 2020年2月23日閲覧• 2020年2月22日配信 2020年2月23日閲覧• 2020年2月24日配信 2020年2月25日閲覧• 2020年2月24日配信 2020年2月24日閲覧• 2020年2月25日配信 2020年2月24日閲覧• 2020年2月25日配信 2020年2月25日閲覧• 2020年2月28日配信 2020年3月1日閲覧• 2020年2月29日配信 2020年3月1日閲覧• 2020年3月1日配信 2020年3月2日閲覧• 2020年2月28日配信 2020年3月13日閲覧• 2020年2月26日配信 2020年2月27日閲覧• Svet24. si 2020年3月3日配信 2020年3月4日閲覧• 2020年2月27日配信 2020年2月28日閲覧• 2020年3月10日配信 2020年3月15日閲覧• 2020年2月28日配信 2020年2月28日閲覧• 2020年2月29日配信 2020年2月29日閲覧• 2020年2月29日配信 2020年3月1日閲覧• 2020年3月1日配信 2020年3月2日閲覧• 2020年2月29日配信 2020年3月6日閲覧• 2020年3月1日配信 2020年3月2日閲覧• 2020年3月2日配信 2020年3月4日閲覧• 2020年3月4日配信 2020年3月4日閲覧• 2020年3月6日配信 2020年3月9日閲覧• 2020年3月2日配信 2020年3月4日閲覧• 2020年3月3日配信 2020年3月3日閲覧• 2020年3月4日配信 2020年3月8日閲覧• 2020年3月5日配信 2020年3月5日閲覧• 2020年3月5日配信 2020年3月6日閲覧• 2020年3月5日配信 2020年3月6日閲覧• 2020年3月6日配信 2020年4月5日閲覧• 2020年3月7日配信 2020年3月7日閲覧• 2020年3月7日配信 2020年3月9日閲覧• 2020年3月30日配信 2020年4月4日閲覧• 2020年3月7日配信 2020年3月8日閲覧• 2020年3月8日配信 2020年3月8日閲覧• 2020年3月9日配信 2020年3月10日閲覧• 2020年3月11日配信 2020年3月12日閲覧• 2020年3月12日配信 2020年3月13日閲覧• 2020年3月12日配信 2020年3月13日閲覧• 2020年3月13日配信 2020年3月14日閲覧• 2020年3月14日配信 2020年3月15日閲覧• ZimEye 2020年3月14日配信 2020年3月17日閲覧• Malawi Nyasa Times 2020年3月22日配信 2020年3月30日閲覧• 2020年3月14日配信 2020年3月24日閲覧• 2020年3月16日配信 2020年3月16日閲覧• Sudinfo. be 2020年3月16日配信 2020年3月17日閲覧• 2020年3月17日配信 2020年3月18日閲覧• 2020年3月17日配信 2020年3月17日閲覧• 2020年3月18日配信 2020年3月18日閲覧• 2020年3月25日配信 2020年3月27日閲覧• 2020年3月18日配信 2020年3月20日閲覧• Financial Post 英語. Postmedia Network Canada Corporation. 2020-03-19. 2020年3月21日閲覧。 2020年3月19日配信 2020年3月20日閲覧• Sarajevo Times 2020年3月20日配信 2020年3月23日閲覧• 2020年3月20日配信 2020年3月24日閲覧• 2020年3月23日配信 2020年3月23日閲覧• 2020年3月22日配信 2020年3月23日閲覧• 2020年3月23日配信 2020年3月23日閲覧• 2020年3月24日配信 2020年3月28日閲覧• 2020年3月25日配信 2020年3月30日閲覧• 2020年3月30日配信 2020年3月30日閲覧• 2020年3月26日配信 2020年3月26日閲覧• 2020年3月26日配信 2020年3月27日閲覧• 2020年3月28日配信 2020年3月28日閲覧• 2020年3月27日配信 2020年3月28日閲覧• 2020年3月28日配信 2020年3月28日閲覧• 産経新聞. 2020年3月27日. 2020年3月27日閲覧。 2020年3月28日配信 2020年3月29日閲覧• 2020年4月1日配信 2020年4月2日閲覧• () 2020年4月1日配信 2020年4月3日閲覧• 2020年4月2日配信 2020年4月3日閲覧• 2020年4月1日配信 2020年4月2日閲覧• 2020年4月2日配信 2020年4月4日閲覧• 2020年4月15日配信 2020年4月15日閲覧• 2020年4月4日配信 2020年4月5日閲覧• 2020年4月5日配信 2020年4月6日閲覧• 2020年4月6日配信 2020年4月7日閲覧• 2020年4月7日配信 2020年4月7日閲覧• 2020年4月7日配信 2020年4月9日閲覧• 2020年4月8日配信 2020年4月9日閲覧• 2020年4月8日配信 2020年4月9日閲覧• 2020年4月9日配信 2020年4月9日閲覧• 2020年4月8日配信 2020年4月9日閲覧• 2020年4月8日配信 2020年4月8日閲覧• 2020年4月9日配信 2020年4月9日閲覧• 2020年4月9日配信 2020年4月9日閲覧• 2020年4月13日配信 2020年4月15日閲覧• 2020年4月13日配信 2020年4月13日閲覧• 2020年4月13日配信 2020年4月13日閲覧• 2020年4月14日配信 2020年4月16日閲覧• 2020年4月15日配信 2020年4月15日閲覧• 2020年4月15日配信 2020年4月15日閲覧• 2020年4月15日配信 2020年4月15日閲覧• 2020年4月16日配信 2020年4月17日閲覧• 2020年4月16日配信 2020年4月16日閲覧• 2020年4月17日配信 2020年4月17日閲覧• 2020年4月18日配信 2020年5月10日閲覧• 2020年4月20日配信 2020年4月20日閲覧• 2020年4月19日配信 2020年4月20日閲覧• 2020年4月20日配信 2020年4月20日閲覧• 2020年4月20日配信 2020年4月20日閲覧• 2020年4月21日配信 2020年4月23日閲覧• 2020年4月23日配信 2020年4月24日閲覧• 2020年4月24日配信 2020年4月24日閲覧• 2020年4月24日配信 2020年4月25日閲覧• 2020年4月25日配信 2020年4月25日閲覧• 静岡県選挙管理委員会 2019年4月27日配信 2019年4月27日閲覧• 2020年4月26日配信 2020年5月22日閲覧• 2020年4月28日配信 2020年5月2日閲覧• 2020年4月29日配信 2020年5月1日閲覧• 中国共产党新闻网 中国語. 人民日報社. 2020-04-29. 2020年5月1日閲覧。 2020年5月1日配信 2020年5月10日閲覧• 2020年5月19日配信 2020年6月1日閲覧• 2020年4月30日配信 2020年5月3日閲覧• 2020年5月1日配信 2020年5月3日閲覧• 2020年5月1日配信 2020年6月13日閲覧• 2020年5月2日配信 2020年5月3日閲覧• 2020年5月7日配信 2020年5月9日閲覧• 2020年5月7日配信 2020年5月8日閲覧• 2020年5月6日配信 2020年5月9日閲覧• 2020年5月7日配信 2020年5月8日閲覧• 2020年5月7日配信 2020年5月8日閲覧• 2020年5月8日配信 2020年5月8日閲覧• 2020年5月8日配信 2020年5月9日閲覧• 2020年5月8日配信 2020年5月9日閲覧• 2020年5月12日配信 2020年5月14日閲覧• 2020年5月11日配信 2020年5月12日閲覧• 2020年5月15日配信 2020年5月16日閲覧• 2020年5月14日配信 2020年5月16日閲覧• 2020年5月21日配信 2020年5月21日閲覧• 2020年5月16日配信 2020年5月16日閲覧• 2020年5月15日配信 2020年5月16日閲覧• 2020年5月16日配信 2020年5月16日閲覧• 2020年5月18日配信 2020年5月18日閲覧• 2020年5月18日配信 2020年5月18日閲覧• 2020年5月20日配信 2020年5月20日閲覧• 2020年5月21日配信 2020年5月24日閲覧• 2020年5月20日配信 2020年5月23日閲覧• 2020年5月19日配信 2020年5月23日閲覧• 2020年5月20日配信 2020年5月23日閲覧• 2020年5月26日配信 2020年5月26日閲覧• 2020年5月25日配信 2020年5月26日閲覧• 2020年5月22日配信 2020年5月27日閲覧• 2020年5月22日配信 2020年5月23日閲覧• 2020年5月27日配信 2020年5月27日閲覧• 2020年5月25日配信 2020年6月3日閲覧• 2020年5月23日配信 2020年5月23日閲覧• 2020年5月27日配信 2020年5月28日閲覧• 2020年5月28日配信 2020年5月28日閲覧• 2020年5月29日配信 2020年6月16日閲覧• 2020年5月29日配信 2020年5月31日閲覧• 2020年5月28日• 2020年5月30日配信 2020年5月31日閲覧• 2020年5月31日配信 2020年6月1日閲覧• 2020年6月2日配信 2020年6月3日閲覧• 2020年6月3日配信 2020年6月3日閲覧• 2020年6月3日配信 2020年6月6日閲覧• 2020年6月9日配信 2020年6月10日閲覧• 2020年6月3日配信 2020年6月4日閲覧• 2020年6月4日配信 2020年6月4日閲覧• 2020年6月4日配信 2020年6月6日閲覧• 出典元 2020年6月6日配信 2020年6月8日閲覧• Caribbean National Weekly Newspaper 2020年6月8日配信 2020年6月9日閲覧• 2020年4月17日配信 2020年4月25日閲覧• 2020年6月6日配信 2020年6月12日閲覧• 2020年6月6日配信 2020年6月12日閲覧• 2020年6月7日配信 2020年6月8日閲覧• 2020年6月7日配信 2020年6月8日閲覧• 2020年6月7日配信 2020年6月13日閲覧• 2020年6月8日配信 2020年6月9日閲覧• 2020年6月9日配信 2020年6月10日閲覧• 2020年6月11日配信 2020年6月11日閲覧• 2020年6月11日配信 2020年6月11日閲覧• 2020年6月11日配信 2020年6月12日閲覧• 2020年6月12日配信 2020年6月13日閲覧• 2020年6月13日配信 2020年6月14日閲覧• 2020年6月14日配信 2020年6月14日閲覧• 2020年6月15日配信 2020年6月16日閲覧• 2020年6月15日配信 2020年6月16日閲覧• 2020年6月16日配信 2020年6月17日閲覧• 2020年6月17日配信 2020年6月19日閲覧• 2020年6月16日配信 2020年6月17日閲覧• 2020年6月17日配信 2020年6月17日閲覧• 2020年6月17日配信 2020年6月18日閲覧• 2020年6月16日配信 2020年6月17日閲覧• 2020年6月17日配信 2020年6月17日閲覧• 2020年6月16日配信 2020年6月19日閲覧• 2020年6月18日配信 2020年6月19日閲覧• 2020年6月17日配信 2020年6月19日閲覧• 2020年6月17日配信 2020年6月21日閲覧• 産経新聞2020年6月17日配信 2020年6月18日閲覧• 2020年6月17日配信 2020年6月21日閲覧• 2020年6月18日配信 2019年6月23日閲覧• 2020年6月18日配信 2020年6月19日閲覧• 2020年6月19日配信 2020年6月19日閲覧• 2020年6月19日配信 2020年6月20日閲覧• 2020年6月19日配信 2020年6月21日閲覧• 2020年6月19日配信 2020年6月21日閲覧• 2020年6月22日配信 2020年6月24日閲覧• 2020年6月23日配信 2020年6月23日閲覧• 2020年6月24日配信 2020年6月24日閲覧• 2020年6月25日配信 2020年6月26日閲覧• 2020年6月25日配信 2020年6月25日閲覧• 2020年6月22日配信 2020年6月24日閲覧• 2020年6月25日配信 2020年6月25日閲覧• 2020年6月3日配信 2020年6月11日閲覧• 2020年6月2日配信 2020年6月3日閲覧• 東京都選挙管理委員会 2020年5月20日閲覧• 鹿児島県 2020年5月20日閲覧• 2020年6月10日配信 2020年6月11日閲覧• 2020年6月10日配信 2020年6月11日閲覧• 2020年1月28日配信 2020年1月28日閲覧• 岡山県 2020年5月28日閲覧• 2019年12月24日配信 2020年1月4日閲覧• 2020年1月2日閲覧• 2020年2月15日配信 2020年2月16日閲覧• 全国知事会。 (知事のみ出典)• 2020年1月1日配信 2020年1月4日閲覧• 2020年1月3日配信 2020年1月4日閲覧• 2020年1月6日配信 2020年5月18日閲覧• 2020年1月5日配信 2020年1月5日閲覧• 2020年1月11日配信 2020年1月22日閲覧• Daily Sabah 2020年1月17日配信 2020年1月23日閲覧• 2020年1月21日配信 2020年1月22日閲覧• WNP. PL 2020年1月22日配信 2020年1月22日閲覧• 2020年1月31日配信 2020年2月2日閲覧• 2020年2月2日配信 2020年2月2日閲覧• 2020年2月4日配信 2020年2月4日閲覧• 2020年2月4日配信 2020年2月6日閲覧• 2020年2月17日配信 2020年2月18日閲覧• 2020年2月28日配信 2020年2月28日閲覧• 2020年2月28日配信 2020年2月28日閲覧• 2020年2月25日配信 2020年2月25日閲覧• 2020年2月25日配信 2020年2月25日閲覧• Albanian Daily News. 2020年2月26日. 2020年2月28日閲覧。 2020年3月3日配信 2020年3月4日閲覧• 2020年3月5日配信 2020年3月6日閲覧• The Sierra Leone Telegraph 2020年3月6日配信 2020年3月8日閲覧• 2020年3月5日配信 2020年3月8日閲覧• 2020年3月9日配信 2020年3月10日閲覧• 2020年3月9日配信 2020年3月10日閲覧• 2020年3月13日配信 2020年3月19日閲覧• 2020年3月18日配信 2020年3月19日閲覧• PressAfrik 2020年3月17日配信 2020年3月17日閲覧• 2020年3月24日配信 2020年3月24日閲覧• tunisienumerique. com 2020年3月27日配信 2020年3月28日閲覧• 2020年3月30日配信 2020年3月31日閲覧• 2020年3月31日配信 2020年4月1日閲覧• 2020年3月31日配信 2020年4月1日閲覧• 2020年4月1日配信 2020年4月2日閲覧• 2020年4月3日配信 2020年4月4日閲覧• 2020年4月5日配信 2020年4月6日閲覧• 2020年4月5日配信 2020年4月6日閲覧• 2020年4月8日配信 2020年4月9日閲覧• jurnal. md 2020年4月8日配信 2020年4月8日閲覧• 2020年4月11日配信 2020年4月12日閲覧• 2020年4月12日配信 2020年4月12日閲覧• azcentral. com 2020年4月17日配信 2020年4月22日閲覧• 2020年4月18日配信 2020年4月19日閲覧• 2020年4月19日配信 2020年4月19日閲覧• 2020年4月21日配信 2020年4月21日閲覧• 2020年4月21日配信 2020年4月21日閲覧• UrduPoint 2020年4月21日配信 2020年4月22日閲覧• 2020年4月24日配信 2020年4月27日閲覧• 2020年4月26日配信 2020年4月27日閲覧• 2020年4月27日配信 2020年4月29日閲覧• CeleClub 2020年5月1日配信 2020年5月4日閲覧• 2020年5月6日配信 2020年5月7日閲覧• 2020年5月5日配信 2020年5月6日閲覧• 2020年5月13日配信 2020年5月13日閲覧• The Arab Weekly 2020年5月13日配信 2020年5月14日閲覧• 2020年5月16日配信 2020年5月18日閲覧• 2020年5月16日配信 2020年5月18日閲覧• 2020年5月21日配信 2020年5月21日閲覧• 2020年5月22日配信 2020年5月22日閲覧• Libertas San Marino 2020年5月20日配信 2020年5月21日閲覧• 2020年5月21日配信 2020年5月22日閲覧• 2020年5月22日配信 2020年5月24日閲覧• 2020年5月25日配信 2020年5月25日閲覧• La Quotidienne 2020年5月29日配信 2020年5月30日閲覧• 2020年6月5日配信 2020年6月6日閲覧• KOACI 2020年5月31日配信 2020年6月1日閲覧• 2020年5月31日配信 2020年6月8日閲覧• 2020年6月1日配信 2020年6月2日閲覧• 2020年6月10日配信 2020年6月11日閲覧• Jeune Afrique フランス語. Jeune Afrique Media Group. 2020-06-11. 2020年6月11日閲覧。 2020年6月12日配信 2020年6月12日閲覧• 2020年6月17日配信 2020年6月19日閲覧• 2020年6月18日配信 2020年6月19日閲覧• 2020年6月18日配信 2020年6月19日閲覧• 2020年6月21日配信 2020年5月24日閲覧.

次の

ケイリー・マケナニー

ケイリー マク ナニー

スポンサーリンク ケイリーマクナリーのwiki経歴プロフィール!美しすぎる報道官 ハッシュタグによる政治の話なら、ケイリーマクナニー大統領報道官の話しかしたくないけどね。 質問への返しが良い。 あ、眠くて判断力鈍ってます。 ケイリーさんの生年月日は、 1988年4月18日なので、2020年6月現在は、32歳ですね。 出身は、アメリカ・フロリダ州タンパです。 フロリダ・タンパといえば、比較的年中温暖な気候で、マリンスポーツ好きな人に人気の観光地ですね! ケイリー報道官は、商業用屋根材会社の社長であるマイケル・マクナニーとリアン・マクナニーの娘として生まれています。 ワシントンD. にあるジョージタウン大学外交部では、 国際政治学を専攻しています。 その後は、影の内閣の内相となる ニック・トーマス・シモンズによって政治学を教わっています。 ジョージタウン大学を卒業した後、「マイク・ハッカビー・ショー」でプロデューサーとして3年間過ごしたあとは、 マイアミ大学法学部に在籍。 マイアミ大学法学部では、 上位1%の学生にのみ贈られる ブルース・ウィニック優秀賞を受賞しています。 さすが大統領の報道官になるだけあって、経歴もスゴイですね! 2017年11月、MLBのタンパベイ・レイズ傘下所属選手であるショーン・ギルマーティン(Sean Patrick Gilmartin)さんと結婚。 日本でいうと、蓮舫さんと巨人のピッチャーが結婚する、みたいな感じでしょうか。 Sean Patrick Gilmartin — Keyboard Warrior TrumpJew 2019年11月には娘ブレークちゃんが誕生しています。 So special to share this day with my daughter, Blake. From the podium to Marine One, it is an honor to serve the American people and share the great work of President! — Kayleigh McEnany kayleighmcenany スポンサーリンク ケイリーマクナニーさんは浜崎あゆみに似てる?【画像比較】 ケイリーマクナニーさんについて調べると、 「浜崎あゆみに似てる。 」という情報が出てきます。 浜崎あゆみさんといえば、日本を代表する女性歌手ですよね。 はたしてケイリーマクナニーさんと、浜崎あゆみさんは本当に似ているのでしょうか? 早速画像で比較検証してみましょう。 こちらが浜崎あゆみさんですね。 ハキハキした話し方が、聡明さを感じさせます。 日本でも彼女のような方が、政治の世界に誕生されないかなあ、と個人的には希望しています。 アメリカ。 ホワイトハウス報道官のケイリーマッケナニー。 32歳なんだね。

次の