スターダスト 理事 長。 チーム大王イカ

エビ中メンバーの変遷と歴史【紹介編(前編)】

スターダスト 理事 長

正解がないんだったら、自分たちが 面白いと思うことをやっていけばいいんだと。 プロデューサーではなくマネージャー 藤井さんの肩書きはマネージャーですけど、やってることはプロデューサーに近いですよね。 プロデューサーほどプロデュースしてるかどうかはわからないですけど。 各メンバーと対峙してそれぞれに合った方向性を示したり、適材適所に人材をはめていくという仕事をしているので、確かに近いものはありますけど、自分としてはあくまでもマネージャーという感覚です。 そもそもどういった経緯でスターダストに入社されたんですか? 大学卒業後、ヒロ・プロダクションという柳沢慎吾や飯島直子がいた会社に入って、白石美帆の現場を担当していたんですけど、ご縁があってスターダストに移ってきました。 なので、その頃は女優仕事しか知らなかったんですけど、入社してから最初に任されたのが営業で。 そうだったんですね。 しかも、こういう大きい会社で営業をしていると、たとえ仕事を持ってきたとしても、当時はほかの社員が僕のことを全然知らないから、「お前が何者かわからないから、その案件が良いか悪いかわからない」ってなるんですよ。 そりゃそうですよね。 それでなかなかうまくいかなかったりもしたんですけど、ある日、エビ中を担当していたマネージャーがほかのタレントの仕事で大阪に1年間行くことになってしまって。 それで2010年2月ぐらいから僕が代わりに担当することになったんですけど、当時はアイドルのことなんて全然知らなかったから「え? 」って。 でも、僕は一度やるとなったら自分がその仕事に向いてようが向いてまいがそのなかに楽しみを見つけるのが得意なので、そのうちどっぷりつかっていきましたね。 アイドルのことも勉強してだいぶ詳しくなったし、ももクロの現場を手伝っていくうちにノウハウも蓄積されて。 まさにDIYだった初期のエビ中 当時のスターダストにはももクロしかアイドルがいませんでしたよね。 そうですね。 うちの会社にはモデルさんや女優さんになりたい子しかいなかったんですよ。 だけど、オーディションに受からないと何も始まらないし、彼女たちにとっては人前に出ることが一番のトレーニングなんです。 なので、そんな子たちを集めてレッスンの一環として始めたのがエビ中だったんです。 でも、グループの活動が軌道に乗ってくるにつれてこっちもだんだん本気になってきて、メンバーとの間に気持ちのズレが生まれて、そのすり合わせが最初はしんどかったですね。 エビ中をどういうグループにしたいと思っていたんですか? 今でこそ、メンバー1人1人やりたい仕事がやれるぐらいの力がつけばいいと思ってますけど、最初の頃は全体のことしか考えられませんでした。 大変だったでしょうね。 当時は2週間に1回のペースでイベントを打っていたので、それに合わせてレッスンのスケジュールを組んだり、その頃はイベンターもついてなかったので、自分で会場を探してPAや照明を手配したり、そういう作業が大変でしたね。 しかも、チケット会社も通してないから、自分で東急ハンズでチケット用の紙を買ってきて作ったり、自分たちでイベントタイトルを決めたり。 会社のほかのスタッフにお願いして手伝ってもらうこともありました。 考え方が変わってきたのは? 2011年にリリースした「オーマイゴースト?? わたしが悪霊になっても? 」というシングルが面白すぎて、もっと好き勝手にやっていいんだっていうことがそこからわかってきましたね。 どうせ誰も見てないし(笑)、正解がないんだったら、自分たちが面白いと思うことをやっていけばいいんだと。 だからその頃は、どれぐらいふざけるかっていうことばかり考えてました。 「スタッフの顔が見えたほうがいい」というのが理由のひとつだそうですが。 自分が出ていけばメンバーに文句がいかないと思ったんです。 「あいつが裏で糸を引いてるんだろう。 一番悪いのはあいつだ!」ってお客さんに思ってもらうために出ていったところはあります。 でも、ボロクソに言われましたよ。 「メンバーしか立つことができない神聖なステージになんでお前がいるんだ」って。 こういうふうに仕事の話をするのは楽しくて好きなんですけど、なかなかそういう機会ってないんですよ。 だから、お客さんと酒を飲みながらざっくばらんに質問を受け付ける場を作ったんです。 たまに自分が気づかなかったような指摘もあったりするんですよね。 僕も何度か足を運んでますけど、どんな質問に対しても真摯に回答されますよね。 「なんで運営がこういうやり方をするのか」っていうことをお客さんになかなか理解してもらえないことがあるんですよ。 だから、「これはこういう理由なんだよ」っていうことをとことん話して納得してもらえるほうがいいだろうと。 なるほど。 こういうことも含めて、僕が一番大事にしてるのはお客さんに楽しんでもらうっていうことなんです。 お客さんあっての仕事なので、そこは大事にしてますね。 僕はドライに管理をするほうだと思ってますけど、1年中エビ中のことしか考えてないんですよね。 メンバー全員10代の女の子ということで気を使う部分も多いと思います。 心掛けていることはありますか? 僕はウェットなマネージャーじゃなくて、ドライに管理をするほうだと思ってて。 だから、「きみと僕はフィフティフィフティなんだよ」っていうことをよくメンバーにも言ってるんですよ。 メンバーに寄りすぎちゃうとダメだと思うんですよね。 何か問題が起きて、メンバー同士ではなかなか解決できないときにちょっと手を貸すことはあります。 でもそれは、みんなの仲の良さが現場に跳ね返ってくる部分が大きいからなんですよね。 2010年頃だったらそんなことは絶対にしなかったけど、今はメンバーも成長しているし、みんなと話をして納得してやってもらうほうが早いと思うんですよ…さっき、ウェットじゃないとは言いましたけど、僕、1年中エビ中のことしか考えてないんですよね(笑)。 エビ中の今後 今年でハタチを迎えるメンバーがいたり、各メンバーのグループに対する思い入れや向上心が強くなったり、グループ内で様々な変化が起こっているように見えます。 そんな状況に合わせて藤井さんのやり方も変わってくるんでしょうか? エビ中を続けていくうちに自我も芽生えるし、大人になれば好みも変わりますよね。 なので、変化しながらいい形を追求していければいいと思ってます。 今後のエビ中の目標は? 1人や2人だけでなく、メンバー全員のキャラクターを広く認知してもらって、頂上に近いところまで目指していきたいですね。 ドームツアーとかやってみたいです。 では、藤井さん個人の目標は? 僕が正しいと信じているマネージメント理論がたくさんあるので、それをこれからも追求して、結果で証明していきたいですね。 あとは、エビ中の下部組織として「桜エビ? ず」を作ったんですよ。 そのメンバーをもっと増やして永遠に続くグループを作りたいです。

次の

2ページ目の[ スターダスト系 wO ]

スターダスト 理事 長

正解がないんだったら、自分たちが 面白いと思うことをやっていけばいいんだと。 プロデューサーではなくマネージャー 藤井さんの肩書きはマネージャーですけど、やってることはプロデューサーに近いですよね。 プロデューサーほどプロデュースしてるかどうかはわからないですけど。 各メンバーと対峙してそれぞれに合った方向性を示したり、適材適所に人材をはめていくという仕事をしているので、確かに近いものはありますけど、自分としてはあくまでもマネージャーという感覚です。 そもそもどういった経緯でスターダストに入社されたんですか? 大学卒業後、ヒロ・プロダクションという柳沢慎吾や飯島直子がいた会社に入って、白石美帆の現場を担当していたんですけど、ご縁があってスターダストに移ってきました。 なので、その頃は女優仕事しか知らなかったんですけど、入社してから最初に任されたのが営業で。 そうだったんですね。 しかも、こういう大きい会社で営業をしていると、たとえ仕事を持ってきたとしても、当時はほかの社員が僕のことを全然知らないから、「お前が何者かわからないから、その案件が良いか悪いかわからない」ってなるんですよ。 そりゃそうですよね。 それでなかなかうまくいかなかったりもしたんですけど、ある日、エビ中を担当していたマネージャーがほかのタレントの仕事で大阪に1年間行くことになってしまって。 それで2010年2月ぐらいから僕が代わりに担当することになったんですけど、当時はアイドルのことなんて全然知らなかったから「え? 」って。 でも、僕は一度やるとなったら自分がその仕事に向いてようが向いてまいがそのなかに楽しみを見つけるのが得意なので、そのうちどっぷりつかっていきましたね。 アイドルのことも勉強してだいぶ詳しくなったし、ももクロの現場を手伝っていくうちにノウハウも蓄積されて。 まさにDIYだった初期のエビ中 当時のスターダストにはももクロしかアイドルがいませんでしたよね。 そうですね。 うちの会社にはモデルさんや女優さんになりたい子しかいなかったんですよ。 だけど、オーディションに受からないと何も始まらないし、彼女たちにとっては人前に出ることが一番のトレーニングなんです。 なので、そんな子たちを集めてレッスンの一環として始めたのがエビ中だったんです。 でも、グループの活動が軌道に乗ってくるにつれてこっちもだんだん本気になってきて、メンバーとの間に気持ちのズレが生まれて、そのすり合わせが最初はしんどかったですね。 エビ中をどういうグループにしたいと思っていたんですか? 今でこそ、メンバー1人1人やりたい仕事がやれるぐらいの力がつけばいいと思ってますけど、最初の頃は全体のことしか考えられませんでした。 大変だったでしょうね。 当時は2週間に1回のペースでイベントを打っていたので、それに合わせてレッスンのスケジュールを組んだり、その頃はイベンターもついてなかったので、自分で会場を探してPAや照明を手配したり、そういう作業が大変でしたね。 しかも、チケット会社も通してないから、自分で東急ハンズでチケット用の紙を買ってきて作ったり、自分たちでイベントタイトルを決めたり。 会社のほかのスタッフにお願いして手伝ってもらうこともありました。 考え方が変わってきたのは? 2011年にリリースした「オーマイゴースト?? わたしが悪霊になっても? 」というシングルが面白すぎて、もっと好き勝手にやっていいんだっていうことがそこからわかってきましたね。 どうせ誰も見てないし(笑)、正解がないんだったら、自分たちが面白いと思うことをやっていけばいいんだと。 だからその頃は、どれぐらいふざけるかっていうことばかり考えてました。 「スタッフの顔が見えたほうがいい」というのが理由のひとつだそうですが。 自分が出ていけばメンバーに文句がいかないと思ったんです。 「あいつが裏で糸を引いてるんだろう。 一番悪いのはあいつだ!」ってお客さんに思ってもらうために出ていったところはあります。 でも、ボロクソに言われましたよ。 「メンバーしか立つことができない神聖なステージになんでお前がいるんだ」って。 こういうふうに仕事の話をするのは楽しくて好きなんですけど、なかなかそういう機会ってないんですよ。 だから、お客さんと酒を飲みながらざっくばらんに質問を受け付ける場を作ったんです。 たまに自分が気づかなかったような指摘もあったりするんですよね。 僕も何度か足を運んでますけど、どんな質問に対しても真摯に回答されますよね。 「なんで運営がこういうやり方をするのか」っていうことをお客さんになかなか理解してもらえないことがあるんですよ。 だから、「これはこういう理由なんだよ」っていうことをとことん話して納得してもらえるほうがいいだろうと。 なるほど。 こういうことも含めて、僕が一番大事にしてるのはお客さんに楽しんでもらうっていうことなんです。 お客さんあっての仕事なので、そこは大事にしてますね。 僕はドライに管理をするほうだと思ってますけど、1年中エビ中のことしか考えてないんですよね。 メンバー全員10代の女の子ということで気を使う部分も多いと思います。 心掛けていることはありますか? 僕はウェットなマネージャーじゃなくて、ドライに管理をするほうだと思ってて。 だから、「きみと僕はフィフティフィフティなんだよ」っていうことをよくメンバーにも言ってるんですよ。 メンバーに寄りすぎちゃうとダメだと思うんですよね。 何か問題が起きて、メンバー同士ではなかなか解決できないときにちょっと手を貸すことはあります。 でもそれは、みんなの仲の良さが現場に跳ね返ってくる部分が大きいからなんですよね。 2010年頃だったらそんなことは絶対にしなかったけど、今はメンバーも成長しているし、みんなと話をして納得してやってもらうほうが早いと思うんですよ…さっき、ウェットじゃないとは言いましたけど、僕、1年中エビ中のことしか考えてないんですよね(笑)。 エビ中の今後 今年でハタチを迎えるメンバーがいたり、各メンバーのグループに対する思い入れや向上心が強くなったり、グループ内で様々な変化が起こっているように見えます。 そんな状況に合わせて藤井さんのやり方も変わってくるんでしょうか? エビ中を続けていくうちに自我も芽生えるし、大人になれば好みも変わりますよね。 なので、変化しながらいい形を追求していければいいと思ってます。 今後のエビ中の目標は? 1人や2人だけでなく、メンバー全員のキャラクターを広く認知してもらって、頂上に近いところまで目指していきたいですね。 ドームツアーとかやってみたいです。 では、藤井さん個人の目標は? 僕が正しいと信じているマネージメント理論がたくさんあるので、それをこれからも追求して、結果で証明していきたいですね。 あとは、エビ中の下部組織として「桜エビ? ず」を作ったんですよ。 そのメンバーをもっと増やして永遠に続くグループを作りたいです。

次の

吉田豪と藤井ユーイチ スタダ・藤下理事長を語る

スターダスト 理事 長

結成時期は明らかにされていないが、のブログによると、2013年2月23日が初レッスンとされている。 同時期に発売されたのシングル「」(2013年11月20日発売)の冒頭には、「イカ~、大王イカ~」というセリフが入っているが、チーム大王イカとは無関係。 メンバー [ ] 名前 よみ 生年月日 出身地 ニックネーム 解散後の進路 イメージカラー なかむら ゆう 1999-09-15 (20歳) 神奈川県 ゆうちゃん アイドル(、) 赤 すずき かのん 1999-09-20 (20歳) 東京都 かのんちゃん、のんちゃん アイドル(3B junior、) 青 うらん 1999-10-12 (20歳) 東京都 うらんちゃん アイドル(3B junior、) 緑 はなやま しほ 2000-01-24 (20歳) 東京都 しほちゃん アイドル(3B junior、はちみつロケット) 黄色 こばやし かほ 2000-06-12 (20歳) 埼玉県 かほちゃん アイドル() オレンジ なかやま りこ 2000-10-28 (19歳) 東京都 りこちゃん アイドル(私立恵比寿中学) ピンク ながしろ のりか 2001-03-08 (19歳) 東京都 のりちゃん 女優() 紫 歩み [ ] 2013年 [ ]• 10月1日、の「理事長」こと藤下リョウジのTwitterにて、「チーム大王イカ」の打合せがあったことがツイートされる。 10月8日、藤下リョウジのTwitterにて、メンバー7人の名前と顔写真がツイートされる。 10月26日、藤下リョウジのTwitterにて、11月9日のイベントにチーム大王イカが出演することがツイートされる。 11月2日、中村優のブログにて、11月9日のチーム大王イカのお披露目が告知される。 このときブログに添付された全員集合の画像では、メンバーの名前が担当カラーで記載されている。 タイトル 開催日 共演者 備考 1 目指せ東京ドーム!! がんばれ! ダイビング M2. ONE LOVE 2 目指せ東京ドーム!! がんばれ! 44 2013年11月9日 同上 M1. ONE LOVE M2. かえして!ニーソックス 3 目指せ東京ドーム!! がんばれ! 45 2013年12月7日 同上 M1. ダイビング M2. 最強パレパレード 4 目指せ東京ドーム!! がんばれ! 46 2013年12月7日 同上 M1. 最強パレパレード M2. かえして!ニーソックス 5 目指せ東京ドーム!! がんばれ! 47 2013年12月14日 同上 M1. One LOVE M2. 最強パレパレード 6 目指せ東京ドーム!! がんばれ! 48 2013年12月14日 同上 M1. ダイビング M2. かえして!ニーソックス 7 目指せ東京ドーム!! がんばれ! 49 2013年12月28日 同上 M1. ダイビング M2. ONE LOVE 8 目指せ東京ドーム!! がんばれ! 50 2013年12月28日 同上 M1. 最強パレパレード M2. かえして!ニーソックス 2014年 [ ]• チーム大王イカとしてのパフォーマンス披露後、、の2名のへの転入 加入 が発表される。 2015年 [ ]• 8月4日、にて行われたイベント『 15』2日目にて、とが共演。 元チーム大王イカのメンバー7人のうち、(女優組の長城祝華を除く)6人が同じステージに立ったのは、チーム大王イカ解散以来、1年7カ月ぶりの出来事であった。 2018年 [ ]• 5月13日、のイベント『スタダ名曲カバーてんこ盛り祭』(場所:名古屋某所)にて、雨宮かのん(鈴木かのん)と華山志歩の2人が「ダイビング」を披露。 MCではチーム大王イカ時代に歌っていた曲であったこと、当時はメインのパートは担当させてもらえなかったことが語られる。 5月14日、テレ朝動画『』 143にて、2018年7月28日に開催されるスターダストプラネットのイベント『夏S』でチーム大王イカが再集結することが発表される。 7月28日、スターダストプラネットのイベント『夏S』のノンストップメドレーコーナーにて、中村優・雨宮かのん・華山志歩・小林歌穂・中山莉子の5人による『未確認中学生X』を披露。 「チーム大王イカ」名義でのパフォーマンスは、2014年の解散以来、約4年半ぶりとなる。 作品 [ ] カバー曲 [ ]• ダイビング (作詞・作曲:)• ONE LOVE (作詞・作曲:、編曲:)• かえして!ニーソックス (作詞:、作曲:)• 最強パレパレード (作詞:、作曲:、編曲:)• うらんはみにちあベアーズを卒業していなかったため、この時のレッスンは不在。 小林・中山の2名が私立恵比寿中学の加入するという話は、小林・中山両名には事前に知らされていたものの、他のメンバーには知らされていなかった。 6人が共演した曲は「ももいろのスターダスト~七色のスターダスト」• この曲はアルバム『スタダ 3Bjunior ラスト大全集』に収録されているのみで、ライブで披露したことはない。 出典 [ ]• 2016年5月19日閲覧。 2018年5月6日閲覧。 3B junior、では雨宮かのんとして活動した。 2018年5月6日閲覧。 2018年5月6日閲覧。 2018年5月6日閲覧。 2016年5月20日閲覧。 2016年6月7日閲覧。 2018年5月24日閲覧。 2018年5月24日閲覧。 2018年7月29日閲覧。 2018年7月30日閲覧。 2016年6月3日閲覧。 2016年6月3日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年6月3日閲覧。 2016年6月3日閲覧。 2016年6月3日閲覧。 2016年6月3日閲覧。 この項目は、(・・・・などを含む)に関連した です。

次の