本格 マーボー 豆腐 作り方。 本格的な麻婆豆腐 作り方・レシピ

四川風の本格的な辛くて美味しい麻婆豆腐の作り方

本格 マーボー 豆腐 作り方

pinterest. 絹ごし豆腐 ・・・ 1 丁• 豚挽き肉 ・・・ 120 g• 葉にんにく ・・・ 2 本• 鶏がらスープ ・・・ 300 ml• 水溶き片栗粉 ・・・ 大さじ 2• サラダ油 ・・・ 大さじ 2• 山椒パウダー ・・・ 適量 麻婆豆腐のタレの材料• おろしにんにく ・・・ 小さじ 1• 豆板醤 ・・・ 大さじ 1• ラー油 ・・・好みの量• 豆鼓 ・・・小さじ 1 最後の味の調整• しょうゆ ・・・小さじ 1• オイスターソース ・・・小さじ 1• こしょう ・・・少し 葉にんにくや長ネギはお好みで増やしてもOKです!辛みが足りない場合は豆板醤やラー油で整えましょう! (2)作り方 1. 下準備 まずは下準備をします! ・まずは豆腐を切ります。 大体大きさは、2cm角が理想です。 立方体に切れると見栄えも良くなりますよ。 その豆腐を別の鍋に入れ、ひとつまみ塩を加えて火にかけます。 お湯が沸騰してから2~3分煮てから湯切りします。 (ざるにとって置くだけでOK) ・長ネギをみじん切り、葉にんにくは1cm間隔に切り、豆鼓もみじん切りにする。 ・鶏がらスープ300mlを作っておく。 ・片栗粉を水で溶いておく。 これを先にやっておくとスムーズに進みます! 2. pinterest. ひき肉全体に火が通るまで強火で炒めます。 火を止めてから、タレの材料をすべて加えます。 ひき肉全体に味が行き渡るようにしっかりと混ぜましょう。 【注意】 火を止めないと豆板醤などがコゲてしまうので、火は止めるようにしましょう。 pinterest. その中に豆腐を入れます。 もし、豆腐が鶏がらスープに浸らない場合は、鶏がらスープを追加しましょう。 沸騰したら味を調える 鶏がらスープが沸騰したら、「最後の味の調整」の調味料を加えて味を調えます。 その際に、長ネギ・葉にんにく・豆鼓を加えてしっかりと混ぜる。 【ポイント】 辛みが足りない場合は、豆板醤やラー油で辛みを整えましょう。 最後に山椒をかけるので、少しだけ辛みが勝るのでそのことを考えながら味を調えるようにしましょう! 5. pinterest. お皿に盛り付けたら山椒をたっぷりかければ、完成! これで本格的な麻婆豆腐がつくれます! 本格的な麻婆豆腐のレシピをご紹介しましたが、いかがでしたか? 麻婆豆腐は、ひき肉の油を豆腐に絡めて食べるという食べ物です。

次の

【本格麻婆豆腐】豆腐の種類と切り方をプロが伝授!水切り方法も

本格 マーボー 豆腐 作り方

材料 1人前大盛りの材料です。 灰色の文字で補足します。 香りがよくなります。 165gはかなり肉肉しい仕上がりになります。 ヘルシーにしたいなら鶏ミンチを使ってもいいかもしれません。 小さじ1でも十分に辛くなります。 甘さと深いコクが出ます。 香りも良くなります。 量は調整してください。 豆板醤はマイルドな辛さです。 割合は1:1で混ぜてください。 煮込み段階で使うと香りが飛んでしまうため仕上げにかけます。 煮込み段階で使わない理由は花椒油と同じです。 調理 下準備 1. 水溶き片栗粉の準備。 意外と準備を忘れてしまうのが 水溶き片栗粉。 適当な器で作ってしまうのも良いですが、洗い物が増えるし余ることも多い。。 そこで私は 下記のような容器に予め作って冷蔵庫で保存しています。 片栗粉が沈殿してしまいますが、 使う直前に振れば良いだけなので簡単です! また、 使う分だけピュッピュと出せるので 利便性も良いです。 もちろん他の料理にも使いやすいです。 豆腐の下処理。 絹ごし豆腐の水切りを行います。 この工程を行わないと煮込みのときに 豆腐が崩れて見た目も悪くなるだけでなく、 味も落ちます。 水切りには色んなやり方がありますが、 軽く塩を振りかけてレンジでチン 600W 1分ほど するのがお手軽です。 塩の浸透圧で内部の水分を抜けやすくし、温めることで水分を出させます。 にんにく、生姜、白ねぎの微塵切り。 にんにくと生姜の画像が撮れてませんでした。。 右上に少し写ってますが 白ねぎは少し青い部分もあると見た目が鮮やかでGood! ザージャン作り 1. サラダ油を入れて熱し、そこにひき肉を入れて炒めます。 ここでいくつか ポイントがあります。 常に 強火• ハンバーグを焼くイメージ。 ジュワジュワ~が、チリチリチリになるタイミング• 水分を飛ばすことで 肉の旨味を凝縮させる。 にんにくと生姜を入れて香りが出るまで炒めます。 ポイントは ひき肉を炒めた後に入れることです。 ザージャン作りの時にはひき肉を強く炒めるため、 にんにくと生姜を先に入れると焦げてしまいます。 調味料を入れて馴染ませる。 豆板醤、豆鼓醤、甜面醤、紹興酒、醤油を加えて全体に馴染むまで炒めます。 また、調味料を加えるときは一旦火を切るか、予め合わせておくとスムーズです。 煮込み 1. 鶏ガラスープ、白ねぎ、豆腐、粉唐辛子、ラー油の順で入れて煮込みます。 ここでのポイントは• 豆腐に色がつくまで強火でしっかり煮込む。 かき混ぜるときの お玉の動作は手前から奥へ、一方通行。 水溶き片栗粉でとろみをつける。 火力は少し落とし、水溶き片栗粉を3回に分けて 少しずつ入れます。 その後は しっかりと 5分ほど 煮込みます。 この工程を適当にやってしまうとシャバシャバになったり、ダマになったり、煮込みが足りないと最悪腹を壊します。 盛り付け 麻婆豆腐は熱いうちに食べるのが一番おいしいです! そのため、 器は予め熱湯を入れて温めておきましょう。 温めた器に麻婆豆腐を入れ、ラー油、花椒油、花椒粉末を適量かけて完成です! 写真映えしたいのであれば白髪ねぎ、小ネギ、パクチー、糸唐辛子などを添えるとGood! 今回の記事では添えてませんがw 完成 今回はカレー皿に盛り付けてみました。 意外とイケますね! 痺れる辛さがクセになる 四川麻婆豆腐、是非お試しを!.

次の

麻婆豆腐の作り方は豆腐の水切りが決め手!大事な下ごしらえを紹介。

本格 マーボー 豆腐 作り方

こんにちは! 麻婆豆腐は好きなのでよく作る料理の一つです。 最初は市販の「麻婆豆腐の素」を買って作ってましたが、どうも辛さが物足りないと感じてきました。 激辛好きな人にとっては市販の麻婆豆腐の素だと味に不満をもってる人多いと思います。 だから私は色んなレシピ本やレシピサイトをみて何種類も麻婆豆腐をつくりました。 そして一番美味しくて、簡単な麻婆豆腐のレシピをここで紹介していきます。 まさに色んな麻婆豆腐の「いいとこ取り」ってやつです笑 誰だって麻婆豆腐の素を使わず、絶対に失敗せずにつくれる本格麻婆豆腐の作り方ですよ。 最後には失敗しないポイントも記載しています。 食べる度にムセる辛さ!滝のように流れる汗!! なのにもっともっと食べたい!!!と思ってしまう。 ビール、ハイボールが止まらない激ウマ麻婆豆腐いかがでしょうか?!?! 目次• 木綿豆腐1丁• 豚ひき肉100g• ニンニクの芽4本• ニンニク6かけ• 青唐辛子3本• 豆板醤大さじ1• 甜麺醤大さじ1• 粉唐辛子大さじ1• サラダ油大さじ1• 水150cc• (中華スープの素)小さじ1• ブラックペッパー適量• 料理酒小さじ1• 醤油小さじ1• 豆豉小さじ1• ラー油大さじ1• 水溶き片栗粉適量• 花椒粉適量 作り方 ニンニクの芽、ニンニク、青唐辛子を切る 油をしいて、中火で熱したフライパンに豚ひき肉100gを入れる 豚肉の臭い匂いがなくなったらニンニク、豆板醤大さじ1、甜麺醤大さじ1、粉唐辛子大さじ1、サラダ油大さじ1を加えて炒める 馴染んだら水150ccを投入 水気を切った木綿豆腐を食べやすいサイズに切り投入 味覇(中華スープの素)小さじ1、ブラックペッパー適量、酒大さじ1、醤油大さじ1を加える 少し混ぜて温まってきたら豆豉小さじ1、ニンニクの芽を加え1分炒める 青唐辛子を投入1分炒める 水溶き片栗粉適量を回し入れてとろみをつける ラー油大さじ1を回し入れて強火で全体を焦がすように炒める お皿に取り出して花椒粉適量を全体にふれば完成 失敗しないための3つのポイント 1. 豚ひき肉の炒め方 豚ひき肉をフライパンに入れると初めは豚の臭い匂いがします。 だけど途中で臭みから旨味の香りに変わってきます。 そのポイントを見逃さないように! そして、炒める時はなるべく全体に火が通るように広げて炒める。 濁った油の色が透明になります。 火加減は水溶き片栗粉を入れるまでは弱火に近い中火で!! 慣れるまでは強火で作ってもいいことないですね。 焦がす必要もないし、途中で分かんなくなったら一回火止めてもいいです。 慌てず、焦らず、ゆっくり作れば絶対失敗しませんね。 水溶き片栗粉投入は数回に分ける 水溶き片栗粉は少しずつ投入しないととろみにバラツキができます。 入れすぎてもべちゃべちゃになるし少量を数回に分けてとろみを調整するようにしましょう。 調味料の読み方 最後に、調味料の読み方が分からなかったのでちょっと調べてみましたよ。 豆板醤(とうばんじゃん):赤くて辛いやつ• 甜麺醤(てんめんじゃん):黒い旨味成分• 豆豉(とうち):塩気成分• 花椒粉(ほわじゃおふぇん):山椒の辛いバージョン• 味覇(うぇいぱー):中華スープの素.

次の