外壁 塗装 挨拶 文。 外壁塗装の近隣挨拶はどうする?

外壁塗装工事の近隣あいさつ

外壁 塗装 挨拶 文

足場を組む必要があるなど、どうしても大掛かりになってしまうのが外壁や屋根の塗装工事です。 外壁や屋根の塗装を行う際の、騒音や塗料の臭気などをめぐるご近所トラブルを防ぐために、施工前のご近所への挨拶まわりが必要不可欠です。 塗装前に挨拶まわりが必要な理由 それでは具体的になぜ、ご近所へ挨拶まわりをする必要があるのかを説明します。 道端に車を駐車する必要があるから 足場を運び込む車や、私たちの使う道具を詰んだ車は、近くに駐車するスペースがなければ、塗装を行うお家のすぐ横の道に寄せて、駐車をします。 塗装を行っている間は、車を停めっぱなしにするので、道幅が狭くなってしまいます。 やはり、付近の住民の方にとっては少なからずご迷惑になりますので、安全面も考慮した上で、「ご迷惑をおかけすることになりますが……」とひと声かけておくのがマナーです。 塗料の臭気が発生するから また、塗装を行う上で避けて通れないのが、塗料の臭気の問題です。 塗料の種類によって、ニオイのきつさに差はありますが、外壁塗装の場合も屋根塗装の場合も、広い範囲に塗料を使うことには間違いないので、どうしてもシンナーっぽいニオイが発生してしまいます。 もし、近所で塗装工事を行っていることを知らずに、いきなりシンナーのようなニオイが発生したら、「どこからか変なニオイがする! 」と不安になってしまいますよね。 ですので、塗料の臭気が影響すると思われるお家には、事前にニオイが発生することを伝えておかなくてはならないのです。 足場を組む時・解体する時に騒音が発生するから 足場は金属なので、組み立てるときや解体する時に足場同士がぶつかりあうと、ガンガンと音が鳴ってしまいます。 もちろん、夜間に組み立てることはありませんが、昼間でも在宅していれば騒音は気になってしまうもの。 近所で足場を組み立てている 解体している ことを知らなければ、「いったい何の音なの? 」とイライラしてしまいます。 高圧洗浄の水が飛ぶ可能性があるから 家と家の間が狭い住宅地などでは、高圧洗浄を行う際、洗浄機械から噴き出して外壁に跳ね返った水が、両隣や裏のお家に飛ぶ可能性があります。 ブルーシートで家全体をカバーし、その中で高圧洗浄を行うので、びしょびしょになってしまうというような可能性は少ないですが、何も知らされずに水が飛んできたら、イヤな気持ちを持ってしまいかねません。 道端に車を駐車するので、道幅が狭くなる• 臭気が発生する• 足場を組む時・解体する時に騒音がする• 水が飛んでくる可能性がある これらは、外壁塗装・屋根塗装を行う際には、どうしても起きてしまう仕方のないことです。 でも、仕方ないからといって、ご近所さんに何も言わずに塗装工事を行うと、「配慮がないのでは? 」と思われたり、最悪、深刻なご近所トラブルに発展してしまう可能性があります。 ですので日栄企画ぬり太郎は、お客様が大変な目に合わないよう、塗装前にあらかじめ近隣住民の方へのご挨拶をさせていただいているのです。 外壁塗装・屋根塗装前の近隣挨拶の流れ 日栄企画ぬり太郎では、 両隣のお家、お向かいのお家、裏のお家、その他にお客様が希望されるお家など、大体6~7件回って、ご迷惑をかける旨の挨拶と、工事に関する簡単な説明を行っています。 近隣挨拶の当日には、粗品と、挨拶文と塗装作業の工程が書かれたチラシを持って、1件1件お家をまわっていきます。 ご不在の場合は、ポストなどにチラシだけ投函させていただいています。 特に、• 足場を組み立て・解体する日にち• 狭い場所の場合、水洗いをする日にち を、しっかりお伝えしています。 こうして1件1件、近隣の方へご挨拶をしていくことで、塗装作業の内容やご迷惑をかけてしまう部分について、ご理解をいただいております。 また、近隣へのご挨拶ですが、もちろん私たちだけで行うこともできるのですが、 出来れば立ち会っていただきたいと思っています。 なぜなら、やはり当人であるお客様が、直接挨拶に来てくれることで、かなり印象が良くなるからです。 私たちにとっても、塗装のご依頼を下さったお客様が、塗装がきっかけで近隣トラブルに巻き込まれてしまうのは、心が痛いです。 近隣の方はもちろん、お客様自身の安心のために挨拶は欠かさず行わせていただきます! 日栄企画ぬり太郎まで!

次の

外壁塗装工事中に洗濯物を干したいときはどうする?

外壁 塗装 挨拶 文

ページ内目次• 外壁塗装が始まる1週間前までに挨拶回りは済ませておく 近所への挨拶のタイミングは、外壁塗装が始まるおよそ1週間前には済ませておくことが望ましいです。 特に近所へも影響が出るケースには(車の移動、油性塗料使用など)なるべく早めに挨拶をしておくと近所のお宅も準備をすることができます。 特に最近では臭いに関して敏感な方が多く、特に妊娠中や赤ちゃんがいるようなお宅では特に気にする傾向にありますので、なるべく早く挨拶に伺ったほうがよいでしょう。 挨拶の範囲としては、両隣のお宅2軒と前のお宅3軒、裏のお宅3軒に外壁塗装の影響が考えられますので、挨拶をしておきましょう。 その他、狭い路地に住宅が密集している地域では外壁塗装における影響を及ぼすお宅も増えますので、挨拶するお宅も増えます。 顔見知りのお隣や前のお宅の挨拶の意識はあっても、つい裏のお宅が忘れられてしまいますので、忘れずに挨拶を行うようにしましょう。 挨拶例文 こんちには、〇〇町〇丁目の山田と申します。 ( ポイント1) この度、〇月〇日から約2週間ほど( ポイント2)家の外壁塗装を行う事になりましたので挨拶でお伺いさせていただきました。 騒音やペンキの臭いが発生することが考えられますので( ポイント3)、気になる事がありましたらお気軽にお声がけください。 ( ポイント4) なるべくご迷惑のかからないように業者と協力して行いますので、どうぞよろしくお願い致します。 挨拶のポイントは4点です。 氏名を名乗る• 期間を告げる• 迷惑が及ぶ事象を具体的に告げる• 何かあったら考慮する旨を告げる 近所とのトラブルでは、クレームに発展するケースよりも、クレーム内容を施主には伝えずに近所で内密にするケースが多いです。 近所との関係が悪くなり生活しずらくなる事にも繋がりますので、何かあったら伝えてもらうようにしましょう。 ただ、注意点としては挨拶をするお宅は約10軒ほどあり、その全てのお宅が一度のタイミングで在宅しているとは限らないので、影響を及ぼす可能性があるお宅全てに挨拶を行ってもらうようにしましょう。 また、営業と施工という形で会社が違う業者もあり、この場合には施工業者が挨拶を行う形が一般的ですが、昔ながらの職人さんでは近所への挨拶も行ってくれないケースもあります。 最初の契約段階で挨拶はどのタイミングで誰が行うかをよく確認しておきましょう。 それでも、共働きのお宅で日中に業者が挨拶を行えなかったお宅に関しては、自分で挨拶をする必要はあります。 外壁塗装で近所への迷惑となりうる作業 外壁塗装において、近所へ迷惑をかける可能性がある主な作業として4点紹介します。 まずは外壁塗装のどの作業が近所へ影響するのか確認しましょう。 騒音 塗料の臭い 外壁塗装で使用される塗料は水性と油性の塗料があり、特に油性塗料では溶剤(ラッカーうすめ液、ペイントうすめ液、2液性ウレタンニスなど)で希釈して使いますので、周囲にシンナー臭が漂います。 もちろん自宅でもシンナー臭が漂う事になり、人によってはかなりのストレスを感じる方もいらっしゃいます。 また、このシンナーの臭いは人の体やペットにも影響を及ぼす可能性があります。 水性塗料では水で希釈しますのでシンナー臭はなくかなり臭いを抑えることはできますが、それでも塗料の臭いは発生します。 塗料の臭いは塗料が完全に乾燥するまで発生することになり、外壁塗装では塗り回数が基本的に3回になります。 その3回とも十分な乾燥が必要になるので3日に分けて行われることになり、従って臭いも3日ほど続くことになります。 臭いに関するトラブルは外壁塗装でも特に多いので、特に油性塗料を使って塗装を行う際には必ず近所へ挨拶をして理解を求めるようにしましょう。 作業車の荷下ろし 外壁塗装期間中は業者の作業車が頻繁に出入りすることになり、荷物の降ろし作業などで停車するケースがあります。 作業車として使用される車は軽自動車のワンボックスカーやハイエースやキャラバンなどの1t車、建物によっては高所作業車が入ることもあります。 高所作業車が入る場合には、一日駐車することになります。 ちなみに高所作業車以外の作業車は家の前に駐車することはなく、近所へ駐車することになるので、その際には諸経費として駐車場代が請求されることになります。 作業車の出入りは騒音も発生し、子供の安全面にも影響してきます。 ペンキ・水の飛び散り 塗装中にはペンキ、高圧洗浄時には水が近所へ飛び散ることも考えられます。 特にペンキが衣服や車などに付着してしまったら落ちませんので、重大なトラブルへと発展するケースもあります。 場合によってはお隣の車の移動をお願いすることもあります。 移動はなくても、車の養生としてカーカバーのお願いをすることがあります。 自宅の車も含めてペンキの飛び散りには十分に気を付ける必要があります。 ちなみに、ペンキが衣服や車などに付着してしまったら業者に対して損害賠償を請求することができます。 注文者は、請負人がその仕事について第三者に加えた損害を賠償する責任を負わない。 ただし、注文または指図についてその注文者に過失があったときは、この限りでない。 民法716条 挨拶に対する近所のリアルな感想 4軒先の家が外壁塗装らしく足場を組んでいて、それを撤去してるんだけど朝早く 8時ごろ からの作業 組むときにはそんなの大きな音がしないけど、外すときには結構金属音するの なぜか叩くしw 挨拶来た家と来てない家の作業音の耳障りさの違いって あるね 気を付けなきゃと思った — 猫目効果@にゃんね。 nyannne 今朝から道路を挟んだ南側の家と、北側の家が同じタイミングで外壁塗装の工事を始めた。 足場を組む音がうるさくてたまらん。 でも、それはお互い様なのでいいんだけど、両家とも「工事します」の挨拶無し!これが近隣トラブルへとなることもあるのよ、実際。 一言あるだけでだいぶ印象違うよね。 うちは子どもも鳥もうるさいから一言入れたりしてるのにさー ただの愚痴です、ごめんなさい。 騒音、臭い、作業車、ペンキ・水の飛び散りなど外壁塗装では近所へ影響を及ぼす可能性があります。 また、建物の間隔が狭く、お隣に車の移動などが発生する際には挨拶だけでなく菓子折りなどを持っていく方もいます。 業者によっては粗品(タオルやサランラップなど)も用意してくれるところもあります。 ちなみに外壁塗装における近所トラブルは事前の挨拶のありなしでほぼ決まると言われています。 少々面倒でもその後のトラブルへの備えとして適切なタイミングで影響を及ぼす可能性のあるお宅へ挨拶は行うようにしましょう。 当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。 ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。 あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。 利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

次の

隣家が外壁塗装工事を今朝から始めました

外壁 塗装 挨拶 文

足場を組む必要があるなど、どうしても大掛かりになってしまうのが外壁や屋根の塗装工事です。 外壁や屋根の塗装を行う際の、騒音や塗料の臭気などをめぐるご近所トラブルを防ぐために、施工前のご近所への挨拶まわりが必要不可欠です。 塗装前に挨拶まわりが必要な理由 それでは具体的になぜ、ご近所へ挨拶まわりをする必要があるのかを説明します。 道端に車を駐車する必要があるから 足場を運び込む車や、私たちの使う道具を詰んだ車は、近くに駐車するスペースがなければ、塗装を行うお家のすぐ横の道に寄せて、駐車をします。 塗装を行っている間は、車を停めっぱなしにするので、道幅が狭くなってしまいます。 やはり、付近の住民の方にとっては少なからずご迷惑になりますので、安全面も考慮した上で、「ご迷惑をおかけすることになりますが……」とひと声かけておくのがマナーです。 塗料の臭気が発生するから また、塗装を行う上で避けて通れないのが、塗料の臭気の問題です。 塗料の種類によって、ニオイのきつさに差はありますが、外壁塗装の場合も屋根塗装の場合も、広い範囲に塗料を使うことには間違いないので、どうしてもシンナーっぽいニオイが発生してしまいます。 もし、近所で塗装工事を行っていることを知らずに、いきなりシンナーのようなニオイが発生したら、「どこからか変なニオイがする! 」と不安になってしまいますよね。 ですので、塗料の臭気が影響すると思われるお家には、事前にニオイが発生することを伝えておかなくてはならないのです。 足場を組む時・解体する時に騒音が発生するから 足場は金属なので、組み立てるときや解体する時に足場同士がぶつかりあうと、ガンガンと音が鳴ってしまいます。 もちろん、夜間に組み立てることはありませんが、昼間でも在宅していれば騒音は気になってしまうもの。 近所で足場を組み立てている 解体している ことを知らなければ、「いったい何の音なの? 」とイライラしてしまいます。 高圧洗浄の水が飛ぶ可能性があるから 家と家の間が狭い住宅地などでは、高圧洗浄を行う際、洗浄機械から噴き出して外壁に跳ね返った水が、両隣や裏のお家に飛ぶ可能性があります。 ブルーシートで家全体をカバーし、その中で高圧洗浄を行うので、びしょびしょになってしまうというような可能性は少ないですが、何も知らされずに水が飛んできたら、イヤな気持ちを持ってしまいかねません。 道端に車を駐車するので、道幅が狭くなる• 臭気が発生する• 足場を組む時・解体する時に騒音がする• 水が飛んでくる可能性がある これらは、外壁塗装・屋根塗装を行う際には、どうしても起きてしまう仕方のないことです。 でも、仕方ないからといって、ご近所さんに何も言わずに塗装工事を行うと、「配慮がないのでは? 」と思われたり、最悪、深刻なご近所トラブルに発展してしまう可能性があります。 ですので日栄企画ぬり太郎は、お客様が大変な目に合わないよう、塗装前にあらかじめ近隣住民の方へのご挨拶をさせていただいているのです。 外壁塗装・屋根塗装前の近隣挨拶の流れ 日栄企画ぬり太郎では、 両隣のお家、お向かいのお家、裏のお家、その他にお客様が希望されるお家など、大体6~7件回って、ご迷惑をかける旨の挨拶と、工事に関する簡単な説明を行っています。 近隣挨拶の当日には、粗品と、挨拶文と塗装作業の工程が書かれたチラシを持って、1件1件お家をまわっていきます。 ご不在の場合は、ポストなどにチラシだけ投函させていただいています。 特に、• 足場を組み立て・解体する日にち• 狭い場所の場合、水洗いをする日にち を、しっかりお伝えしています。 こうして1件1件、近隣の方へご挨拶をしていくことで、塗装作業の内容やご迷惑をかけてしまう部分について、ご理解をいただいております。 また、近隣へのご挨拶ですが、もちろん私たちだけで行うこともできるのですが、 出来れば立ち会っていただきたいと思っています。 なぜなら、やはり当人であるお客様が、直接挨拶に来てくれることで、かなり印象が良くなるからです。 私たちにとっても、塗装のご依頼を下さったお客様が、塗装がきっかけで近隣トラブルに巻き込まれてしまうのは、心が痛いです。 近隣の方はもちろん、お客様自身の安心のために挨拶は欠かさず行わせていただきます! 日栄企画ぬり太郎まで!

次の