クラリチン。 クラリチンは眠気の出にくい抗ヒスタミン薬!花粉症への効果と副作用を解説

クラリチンの飲み合わせの特徴|胃薬や風邪薬、頭痛薬などとの併用は|薬インフォ

クラリチン

作用 【働き】 アレルギーの発症には、ヒスタミンという体内物質が関与しています。 このお薬は、ヒスタミンの受容体をブロックし、その働きをおさえることで アレルギー症状を緩和します。 花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎、ダニやハウスダストで起こる通年性アレルギー性鼻炎、じんま疹、湿疹のかゆみなどに有効です。 ただし、対症療法薬ですので、アレルギーの原因そのものは治せません。 【薬理】 抗原の刺激でアレルギー反応がはじまると、免疫系の細胞(肥満細胞)からヒスタミンをはじめとする化学伝達物質が放出されます。 そして、ヒスタミンはある種の神経受容体(H1受容体)と結合し、その刺激によりさまざまなアレルギー症状が誘発されるのです。 この薬の主作用は、ヒスタミンの受容体を遮断することです。 さらにプラスアルファの作用として、ロイコトリエンなどアレルギーに関係する化学伝達物質の遊離を抑制する作用もあわせもちます。 広く抗アレルギー薬に分類される第2世代の抗ヒスタミン薬(ヒスタミンH1受容体拮抗薬)です。 第2世代の特徴は、ヒスタミン受容体に対する選択性が高く、抗コリン作用などよけいな作用が減弱されている点です。 このため、第1世代に多い口の渇きや排尿障害などの副作用がほとんどみられません。• 非鎮静性です。 脂溶性が低く脳に入りにくいので、眠気の副作用もほとんどないとされます。 実際、海外でのプラセボ(にせ薬)を対照とした比較試験で、眠気による機械誤操作の発生率に差がでませんでした。 このため車の運転をふくめ眠気に関する制限事項がありません。 このような利点から、アレルギー性疾患に幅広く用いられるようになりました。• 比較的速効性で、服用後30分から1時間で効果がでてきます。 持続時間も長いほうで、1日1回の服用ですみます。 とくに、くしゃみや鼻水に効果が高く、鼻づまりや目のかゆみにもそこそこに効きます。 アトピー性皮膚炎に対しては、かゆみの軽減効果を期待して処方されます。 小児への用法・用量も設定されており、これに対応したドライシロップ製剤も発売されています。 注意 【診察で】• 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。• 別に薬を飲んでいる場合は、その薬を医師に教えてください。 【注意する人】 腎臓や肝臓の悪い人、また高齢の人は慎重に用います。 てんかんのある人も注意して用います。 【飲み合わせ・食べ合わせ】 抗生物質のエリスロマイシン(エリスロシン)、胃の薬のシメチジン(タガメット)などに注意が必要です。 併用により、この薬の血中濃度が上昇する可能性があります。 【使用にあたり】• すぐに効いてきますが、十分な効果がでるまでに数日かかる場合があります。• 花粉症では、予防的に花粉の飛び始める直前から開始することがあります。 その後も決められた期間続けてください。• レディタブ錠(口腔内速溶錠)は、吸湿性がありますので、使用直前にシートから取り出してください。 取り出しは、裏の紙を剥がしたあと、爪を立てずに指の腹で押し出すようにします。• レディタブ錠は、舌の上で瞬時に崩壊するので、水なしで唾液だけでも飲めます(必ず飲み込んでください)。• ドライシロップは、服用時に適量の水で溶かしてから飲んでください。 効能 アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒 用法 【錠】• 成人:通常、ロラタジンとして1回10mgを1日1回、食後に経口服用する。 なお、年齢・症状により適宜増減する。• 小児:通常、7歳以上の小児はロラタジンとして1回10mgを1日1回、食後に経口服用する。 【ドライシロップ】• 成人:通常、ロラタジンとして1回10mg(ドライシロップとして1g)を1日1回、食後に用時溶解して経口服用する。 なお、年齢・症状により適宜増減する。• 小児:通常、3歳以上7歳未満の小児はロラタジンとして1回5mg(ドライシロップとして0. 5g)、7歳以上の小児はロラタジンとして1回10mg(ドライシロップとして1g)を1日1回、食後に用時溶解して経口服用する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 副作用は少ないほうです。 従来の抗ヒスタミン薬に多くみられる眠気の副作用も軽減されています。 重い副作用はまずありませんが、長く飲み続けるときは定期的に肝機能検査を受けたほうがよいでしょう。 また、もともと てんかんのある人は、けいれん発作の発現に念のため注意してください。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• ショック、アナフィラキシー..気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。• けいれん..筋肉のぴくつき、ふるえ、白目、硬直、全身けいれん、意識低下・消失。• 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。 【その他】• 眠気、だるい、めまい、頭痛、頭重感• 口の渇き、腹痛、吐き気• 動悸(ドキドキ感)• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

ロラタジン

クラリチン

クラリチンは、ロラタジンを成分とした病院で処方される花粉症の治療に使用される抗ヒスタミン薬です。 抗ヒスタミン薬には、花粉症の原因物質であるヒスタミンの働きをおさえる働きがあります。 クラリチンは、アレルギー性鼻炎、じんましん、皮ふ疾患(湿疹・皮ふ炎、皮ふそう痒症)にともなうかゆみに効果があります。 抗ヒスタミン薬にはさまざまな製品がありますが、クラリチンは他の抗ヒスタミン薬と比較すると花粉症の症状をおさえる効果が穏やかです。 クラリチンの主な副作用 クラリチンの主な副作用として、眠気、倦怠感、腹痛、口の渇き、吐き気、嘔吐、発疹、便秘などが報告されています。 いつもと違う症状があらわれたときは医師に相談してください。 また、重大な副作用にてんかんがあり、てんかん既往歴のある患者で発作があらわれたとの報告があるので、てんかんと診断されたことがある方は必ず医師に伝えましょう。 クラリチンは眠気が出にくい クラリチンの最大の特徴は、他の抗ヒスタミン薬に比べて眠気の副作用が出にくいことです。 抗ヒスタミン薬の成分が脳へ移行し脳内のヒスタミンの働きをブロックすることで、眠気・めまい・脱力・倦怠感・集中力の低下などの症状を引き起こします。 抗ヒスタミン薬は集中力に影響を受けるため、車の運転・機械の操作に制限がありますが、クラリチンの成分ロラタジンは空軍や民間航空会社のパイロットが使用しても航空機操作能力に影響がなかったという実験結果があります。 花粉症の薬を飲んでも運転はしたいという方は、クラリチンやアレグラを処方してもらうと良いでしょう。 なお、抗ヒスタミン薬で車の運転・機械の操作に制限がないものにはクラリチンの他に、アレグラ、デザレックス、ビラノアがあります。 (2018年2月現在) 車の運転をする方にもおすすめ クラリチンはアレグラより強めの抗アレルギー薬が欲しいが、受験勉強や仕事があるので眠くなりにくい・頭がボーッとするのを避けたいという方におすすめです。 また、花粉症などの症状が軽く抗アレルギー薬は初めてという方、抗アレルギー薬を飲みたいが車の運転もしたい方にもおすすめです。 特にクラリチンは、次のような方におすすめです。 ・症状は比較的軽い方 ・眠気や頭がボーッとするのを避けたい方 ・車の運転や機械の操作をする方 ・受験勉強や仕事がある方 妊娠中・授乳中であることを医師に伝えた上でクラリチンが処方された場合は心配する必要はありません。 クラリチンは通常の用量であれば妊娠中でも使用可能と考えられており、妊婦にも処方されることがあります。 また、クラリチンの成分は母乳中への移行性が少ないため、授乳中の方にも処方されることがあります。 妊娠中や授乳中の場合は必ず医師に申し出て、医師の指示通りに使用してください。 病院で処方されるクラリチンには、クラリチン錠10mg・クラリチンレディタブ錠10mg・クラリチンドライシロップ1%の3種類があります。 クラリチン錠とクラリチンレディタブは7歳以上から使用可能で、3歳以上7歳未満の子どもはドライシロップが使用できます。 クラリチン錠とクラリチンレディタブの違いは使い心地であり、水なしで飲みたい場合はレディタブを選択しましょう。 製品名 特徴 クラリチン錠10mg 通常の錠剤タイプの薬。 クラリチンレディタブ錠10mg 口の中で溶ける錠剤。 水なしでも飲むことができる。 3歳から使用可能で主に子どもに処方される。 クラリチンのジェネリック医薬品は「ロラタジン」として、現在多くの製薬メーカーから販売されています。 ジェネリック医薬品は、クラリチンの成分である「ロタラジン」が同じ量配合されており、効果も同じです。 クラリチンとジェネリックの薬価 ジェネリック医薬品は、新薬に比べると開発費用が少なく済むため、有効成分は同じでありながら比較的安価で購入できます。 ジェネリック医薬品の薬価は、メーカーによって異なることがあります。 ジェネリック医薬品を希望する場合は、医師や薬剤師にジェネリック医薬品を希望する旨を伝えましょう。 先発医薬品 ジェネリック医薬品 クラリチン錠10mg 77. 7円~40. 9円~40. 市販されているのは、錠剤タイプの「クラリチンEX」とレディタブと同じ水なしでも使用できる「クラリチンEX OD錠」です。 市販薬は病院で薬を処方してもらう時間のないときに便利です。 ただし、価格は処方薬より市販薬の方が高くなります。 クラリチンは1日1回の使用で効果を発揮する薬であり、通常1回1錠を食後に使用します。 年齢や薬の種類により飲む量は異なります。 詳しい飲み方や注意点は、お薬辞典をごらんください。

次の

クラリチンが食後の理由は?

クラリチン

作用 【働き】 アレルギーの発症には、ヒスタミンという体内物質が関与しています。 このお薬は、ヒスタミンの受容体をブロックし、その働きをおさえることで アレルギー症状を緩和します。 花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎、ダニやハウスダストで起こる通年性アレルギー性鼻炎、じんま疹、湿疹のかゆみなどに有効です。 ただし、対症療法薬ですので、アレルギーの原因そのものは治せません。 【薬理】 抗原の刺激でアレルギー反応がはじまると、免疫系の細胞(肥満細胞)からヒスタミンをはじめとする化学伝達物質が放出されます。 そして、ヒスタミンはある種の神経受容体(H1受容体)と結合し、その刺激によりさまざまなアレルギー症状が誘発されるのです。 この薬の主作用は、ヒスタミンの受容体を遮断することです。 さらにプラスアルファの作用として、ロイコトリエンなどアレルギーに関係する化学伝達物質の遊離を抑制する作用もあわせもちます。 広く抗アレルギー薬に分類される第2世代の抗ヒスタミン薬(ヒスタミンH1受容体拮抗薬)です。 第2世代の特徴は、ヒスタミン受容体に対する選択性が高く、抗コリン作用などよけいな作用が減弱されている点です。 このため、第1世代に多い口の渇きや排尿障害などの副作用がほとんどみられません。• 非鎮静性です。 脂溶性が低く脳に入りにくいので、眠気の副作用もほとんどないとされます。 実際、海外でのプラセボ(にせ薬)を対照とした比較試験で、眠気による機械誤操作の発生率に差がでませんでした。 このため車の運転をふくめ眠気に関する制限事項がありません。 このような利点から、アレルギー性疾患に幅広く用いられるようになりました。• 比較的速効性で、服用後30分から1時間で効果がでてきます。 持続時間も長いほうで、1日1回の服用ですみます。 とくに、くしゃみや鼻水に効果が高く、鼻づまりや目のかゆみにもそこそこに効きます。 アトピー性皮膚炎に対しては、かゆみの軽減効果を期待して処方されます。 小児への用法・用量も設定されており、これに対応したドライシロップ製剤も発売されています。 注意 【診察で】• 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。• 別に薬を飲んでいる場合は、その薬を医師に教えてください。 【注意する人】 腎臓や肝臓の悪い人、また高齢の人は慎重に用います。 てんかんのある人も注意して用います。 【飲み合わせ・食べ合わせ】 抗生物質のエリスロマイシン(エリスロシン)、胃の薬のシメチジン(タガメット)などに注意が必要です。 併用により、この薬の血中濃度が上昇する可能性があります。 【使用にあたり】• すぐに効いてきますが、十分な効果がでるまでに数日かかる場合があります。• 花粉症では、予防的に花粉の飛び始める直前から開始することがあります。 その後も決められた期間続けてください。• レディタブ錠(口腔内速溶錠)は、吸湿性がありますので、使用直前にシートから取り出してください。 取り出しは、裏の紙を剥がしたあと、爪を立てずに指の腹で押し出すようにします。• レディタブ錠は、舌の上で瞬時に崩壊するので、水なしで唾液だけでも飲めます(必ず飲み込んでください)。• ドライシロップは、服用時に適量の水で溶かしてから飲んでください。 効能 アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒 用法 【錠】• 成人:通常、ロラタジンとして1回10mgを1日1回、食後に経口服用する。 なお、年齢・症状により適宜増減する。• 小児:通常、7歳以上の小児はロラタジンとして1回10mgを1日1回、食後に経口服用する。 【ドライシロップ】• 成人:通常、ロラタジンとして1回10mg(ドライシロップとして1g)を1日1回、食後に用時溶解して経口服用する。 なお、年齢・症状により適宜増減する。• 小児:通常、3歳以上7歳未満の小児はロラタジンとして1回5mg(ドライシロップとして0. 5g)、7歳以上の小児はロラタジンとして1回10mg(ドライシロップとして1g)を1日1回、食後に用時溶解して経口服用する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 副作用は少ないほうです。 従来の抗ヒスタミン薬に多くみられる眠気の副作用も軽減されています。 重い副作用はまずありませんが、長く飲み続けるときは定期的に肝機能検査を受けたほうがよいでしょう。 また、もともと てんかんのある人は、けいれん発作の発現に念のため注意してください。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• ショック、アナフィラキシー..気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。• けいれん..筋肉のぴくつき、ふるえ、白目、硬直、全身けいれん、意識低下・消失。• 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。 【その他】• 眠気、だるい、めまい、頭痛、頭重感• 口の渇き、腹痛、吐き気• 動悸(ドキドキ感)• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の