剣盾 リザードン はらだいこ。 キョダイリザードン育成論 【はらだいこリザードン】

【ポケモン剣盾】リザードンの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

剣盾 リザードン はらだいこ

【ポケモン剣盾】リザードンの育成論と対策【超火力で焼き尽くす最強獄炎龍】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回は初代御三家のうち唯一優遇された大人気ポケモン、リザードンについて育成論と対策を考えていきたいと思います。 リザードンの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【リザードンの特徴1】夢特性サンパワーによる超火力 リザードンはポケモン剣盾発売直後のランクマッチですぐに注目されたポケモンの1体です。 その理由がサンパワー+天候晴れ+タイプ一致による超火力。 条件が揃えば炎わざが サンパワー(1. 5倍)=3. 375倍 の威力が出ます。 もしいのちのたまをもたせたらみんな大嫌いなドヒドイデ(ほぼいませんがHDぶっぱの特殊耐久型の場合)も、「こうかいまひとつ」のはずのオーバーヒートのダイバーンで確定2発です。 受けを許さない火力ですね。 【リザードンの特徴2】高速特殊アタッカー リザードンは特攻種族値109、すばやさ種族値100という高速特殊アタッカーのステータスです。 ガラル地方は鈍足が多いので比較的速い部類ではあるもの、最上位というわけではなく、特攻もすさまじく高いわけではありません。 そのため、素の能力はそこまで強力ではありません。 前述した夢特性のサンパワー+晴れ+タイプ一致かつ、環境的に強力な物理アタッカーが多く、物理受けポケモン(ぼうぎょに努力値を振っている)が多いことから実質的なダメージは物理のそれ以上になっていることから、強力なポケモンになっています。 リザードンを使う場合は夢特性+ダイマックス前提で選出しましょう。 ちなみに攻撃種族値84となっており、物理型リザードンも育成しようと思えばこうげきに努力値をぶっぱ+持ち物を工夫することで戦えるレベルになります。 (物理受けが多いのであまり刺さることはないと思いますが、特殊受けポケモンが環境に増えてきたら可能性はあるでしょう。 ) はらだいこリザードンを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 【リザードンの特徴3】半減タイプは7タイプ リザードンは半減以下で受けられるタイプが7タイプあるので強力なタイプ受けができるかと思いきや、その内訳を見てみると• ほのお• はがね• フェアリー• かくとう• じめん で、虫&草はほとんど環境に存在しないので、実質意味のあるのは5タイプほどです。 なのであまりタイプ受け性能は高くないでしょう。 (もちろんHBぶっぱみたいな特別な育成をしたリザードンは耐久が高くなりますが、それなら他のポケモンがいるので) 【リザードンの特徴4】紙耐久 高速アタッカーにありがちですが、リザードンも例にもれず紙耐久です。 そのうえ夢特性のサンパワーでゴリゴリHPが削られますし、いのちのたまを持たせたりしたらさらに凄まじい勢いで耐久が削られていきます。 リザードンを出すときの注意点は、ダイマックスした3ターンを枯らされないようなタイミングでダイマックスを切り、ダイバーンやダイジェットをすべて上から当てられるような立ち回りをすることです。 素早いポケモン、スカーフもち、トリックルームなどには警戒しましょう。 他には天敵ともいえる砂嵐下の耐久に振ったバンギラスはいのちのたまを持っていない限り、きあいだまでも落とせないので引くしかありません。 確実にストーンエッジやダイロックで反撃されて1撃です。 リザードンを採用するときは、カバルドンやボディプレスアーマーガアなど不利対面の交換先になるポケモンと一緒に選出しましょう。 リザードンの育成論と戦い方 リザードンはあくまで条件が整ったときに初めて強力になるポケモンです。 種族値も微妙に中途半端なので、ぶっぱしないと後ちょっとが足りなくなる場面も出てくるでしょう。 3ターンキルを目指すダイマックス高火力エース• 性格:おくびょう• 特性:サンパワー• もちもの:いのちのたま・きあいのタスキ・あつぞこブーツ・じゃくてんほけん・もくたん・たつじんのおび・ものしりめがね• わざ:オーバーヒート・ぼうふう・きあいだま・ソーラービーム 上から3ターンキルを目指す型です。 もちものは基本火力UP系で全抜き性能を上げるのがおすすめです。 きあいのタスキはリザードンがパーティにいる時点でステルスロックをまいてくださいといっているようなものですから役立つことはあまりないかもしれません。 砂嵐でも潰されてしまいますね。 逆にリザードンほどあつぞこブーツが似合うポケモンもいません。 これをはけばステルスロックで半分削られなくなります。 わざはダイジェットからのダイバーン連打か単純なダイバーン連打で全抜きを狙うと思いますが、少しでも火力を上げるためにぼうふうとオーバーヒートを採用するのがいいでしょう。 基本的にはダイマックスの3ターンで全抜きできなければ負けだと思いましょう。 【リザードンのその他の育成論】 その他の育成論はやなどの構築紹介サイト、Youtubeなどでチェックしてみましょう。 リザードンの育成論を動画で上げているトレーナーがいたのではっておきますね。 リザードンの対策 リザードンの恐ろしさはダイマックス中の3ターンなので、これを枯らせることができればかなり優位に立ち回れるでしょう。 みがわり• ゴーストダイブ などがおすすめです。 みがわりやゴーストダイブを覚えたミミッキュは1体でダイマックスターンを完全に枯らせることができるのでいいですね。 バンギラスも後出しでほぼ勝てるのでおすすめです。 ダイマックスしなくてもダイマックスしたリザードンをストーンエッジで確定1発です。 リザードンを使っている人で、バンギラスが相手にいるときにも選出してくる人がいますが、まず勝てないのでバンギラスがいるときはそもそも選出しないのが推奨です。 選出する場合はバンギラス絶対56スマンに調整した個体を使いましょう。 他にはヒートロトム・ウォッシュロトム・ギャラドス・スカーフドリュウズなども対策として上がるでしょう。 ステルスロックをまくのもおすすめです。 あつぞこブーツを履いていない限り、リザードンのHPを半分削ることができます。 まとめ:【ポケモン剣盾】リザードンの育成論と対策【超火力で焼き尽くす最強獄炎龍】 いかがでしたでしょうか。 最近ではあまり強力な構築が見えなくなってきたリザードンですが、キョダイマックスも追加されたので今後さらに開拓されていくのか楽しみですね。 それでは今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 長時間座ってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 「」 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【はらだいこリザードン 考察】

剣盾 リザードン はらだいこ

5倍になる。 隠 サンパワー 「ひざしがつよい」とき、 特攻が1. 特攻と 素早さが高くバランスのいい種族値であり、強力な特性 サンパワーを持っています。 晴れパで使うなら サンパワー、それ以外や物理型であれば もうかを使いたいですね。 ダイジェットにより素早さを上げられることもあり、ダイマックスと相性のいいポケモンです。 いわタイプが4倍弱点なので、ステルスロックには注意。 基本的にHPは奇数調整しておきたいです。 特性について• 5倍になる特性です。 能動的に使うなら、 みがわりで体力を減らして、 カムラのみなどと合わせて突破力を上げる方法があります。 サンパワーは、晴れ時に自身の特攻が1. 5倍になる特性です。 ダイバーンによって自力で発動を狙うことができるので、「もうか」よりも発動機会を作りやすいです。 サンパワーで削られるダメージは ダイマックス前のHPを参照するので、ダイマックスしても自傷ダメージが増えることはありません。 リザードンの技候補 リザードンが覚える技の中で、有用なものを以下にまとめます。 ダイマックスなしでも戦えるように、持ち物は こだわりメガネ。 天候を 雨にされた場合はぼうふうが必中になるので、完全に無力化されることはありません。 素早さ 実数値167で、 最速100族と同速。 種族値は、サザンドラ 98 ・オノノクス 97 ・ミミッキュ 96 ・ヒヒダルマ 95 を上回ります。 キョダイゴクエンは 持続ダメージを与える技であり、相手がきあいのタスキを持っていても1ターンで倒せるのが強力です。 上のサンパワー型で書いた乱数1発の相手も、持続ダメージ込みで1ターンで倒せます。 短所を挙げるとすれば、普通のダイマックスと違って 能動的に晴れにできない点です。 はらだいこで オボンのみを発動させたいのでHPは偶数。 ただ、 まひや ねむりに弱いので、 ラムのみも候補に入ります。 そらをとぶの代わりに ダブルウイングを採用して、タスキ持ちやミミッキュを意識するのも有りです。 どちらもダイジェットとしては同威力 130 です。 素早さ 実数値167で、 最速100族と同速。 種族値は、サザンドラ 98 ・オノノクス 97 ・ミミッキュ 96 ・ヒヒダルマ 95 を上回ります。 攻撃面 キョダイゴクエンを使っていれば、乱数1発のダメージの相手でも、キョダイゴクエンの持続ダメージ込みで倒すことができます。 攻撃6段階上昇+ダイマックス時、.

次の

【S1中盤96位】はらだいこリザードン 構築 【ポケモンソードシールド】【マスターボール級】

剣盾 リザードン はらだいこ

使用パーティ シーズン途中で鎧の孤島の教え技が解禁されたので、メテオビームセキタンザンを使ってパーティを組みました。 メテオビームのエフェクト、超かっこいいですよね。 相手のエースバーンの攻撃も耐えられますが、ダイマックスしてダイナックルを積まれると厳しいです。 コータスの育成論はこちら。 教え技でダブルウイング 威力40、2回攻撃 を覚えます。 そらをとぶとどちらを使うかは悩ましいところです。 リザードンの育成論はこちら。 先制でダイバーンを使えば、ダイストリームも余裕をもって耐えます。 特殊型や壁張り型のドラパルトに勝てる点も良いと思っています。 シャンデラの育成論はこちら。 相手の水技に対してこらえるで特性を発動する機会も何度かありましたが、相手が警戒して水技を撃たない場合もあり、安定はしませんでした。 有利なタイプに出してメテオビームで特攻を上げ、ダイマックスして攻撃というパターンで勝利することが多かったです。 セキタンザンの育成論はこちら。 エースバーン 性格:ようき 特性:リベロ 努力値:A150 B4 C116 D4 S236 持ち物: いのちのたま 技:とびひざげり、エレキボール、とびはねる、ふいうち ダイマックスアタッカーとして活躍しました。 エレキボールは、物理受けに出てきたギャラドスに叩き込みます。 また、自らが電気タイプに変化することで、相手のでんじはを無効にできます。 エースバーンの育成論はこちら。 ガオガエン 性格:いじっぱり 特性:いかく 努力値:H244 A252 B4 D4 S6 持ち物:イトケのみ 技:ねこだまし、すてゼリフ、かみなりパンチ、フレアドライブ 対インテレオン用のガオガエン。 ガオガエンの育成論はこちら。 苦戦した相手 対ドラパルト 何をしてくるか全く読めない点で、異次元の強さを持っています。 特にでんじはをまいてくるタイプのドラパルトは本当に厄介です。 一撃で倒されさえしなければ、シャンデラの攻撃で倒せます。 対エースバーン 序盤、中盤、終盤、どこで出てきても強いポケモンです。 こちらのエースバーンやリザードンが先に素早さを上げておくか、コータスのふんえんでやけどにすることで、何とか戦えていました。 対パッチラゴン 今回のパーティはエースバーンやリザードンがタスキカウンター型ではないので、先制で高威力の技をくらってしまうとパーティが壊滅します。 はりきりのはずれにすごく期待しています。 対戦結果 通算成績は202勝204敗。 勝率は49. 最終順位は、 21827位でした。 これまでのシーズンの集大成のつもりで挑んだのですが、結果はふるわず…目標としていた5000位ははるか遠くでした。 最終日前日には6000位近くまで上がってたんです。 ほんとですよ。 来シーズンからは多くのポケモンが新しく参戦してきます。 炎ポケモンで言えば ファイアロー、 ウルガモス、 ガラガラ アローラ には大きな期待を寄せています。 マリルリやラッキー、ポリゴン2など、脅威となるポケモンも多いですが、がんばっていきたいです。 また次回! おまけ 今シーズン戦った統一パたち 今シーズンは、草、氷、電気、ドラゴン、ノーマル、フェアリー、炎、ブイズ? 統一に当たりました!シーズン序盤にはたくさん当たりましたが、終盤にはあまり見かけませんでした。 前回の記事はこちら.

次の