オーゼン。 オーベルツハウゼン

メイドインアビスオーゼンの言うあの子はリーダーのジルオことなのか?考察中

オーゼン

オーゼンとは、及び作品「」の登場人物である。 別名「」。 : 概要だよー 探窟においての階級であるの一人であり、「不動卿」「動かざるオーゼン」の異名を持つ。 2層の監視基地()の防人。 屈のの持ちであり、「人乗ったを引き上げた」「10mもある大岩を支えた」などの噂も出ていた。 実際、と共に遺物「呪い除けの籠」に入ったをの深層から運び出している。 見たは妙齢のであるが、およそ2の。 の経歴も年以上とかなり長いものであることが判明している。 長年の上昇負荷がかかる暮らしのため頭皮がめくれ上がっており、それをするために独特のをしている。 本気になったり、他人を脅しにかかると表情が一変する。 その描写は最の領域である。 本気でやらなきゃ伝わらないだろ? 性格はかなり飄々としており、のハく「ちょっと曲者」。 ちょっと?また話しぶりは冷静だがやモノに対する扱いはかなり荒っぽい。 監視基地を訪れたとに対しあることを明かし、精的に追い詰めたうえ「私は君が嫌いなんだよ」と本人のの前で言い放った。 騙しは嫌い、との発言も。 一応なりの考えがあってのことなので、意味に彼らを痛めつけていたわけではない。 が、に少しずつ恐怖心を植え付け、怒ったに対し然と受け流しながらで痛めつけるという描写は大変ものであり、ではおそらく好感の持ちにくいだと思われる。 ???「も人が悪いですね」 子のがオーゼンについて「いいおさんだね!」との問いにで「ええ、本当に」と返していること、最終的に・の両名に稽古をつけて下層に送り出していることから、はではなくむしろかなり面倒見のいい人物だということが判明する。 裸りや好き疑惑に関しては擁護できないが… 健康の秘訣だよ は各自、の遺物を用いて・探窟を行っている。 はこの楔を体に刺して使用しており、そのを駆使している。 腕中に楔が刺さっているさまはをもってしても離れしている、と言わしめた。 との出会いは「陶しがって蹴り飛ばしても話しかけてきたうえ、にならないかと自信たっぷりに持ちかけられる」という滅苦なものだったが、年を重ねるに従って強い信頼関係でつながることとなる。 が絶界行 に立つ前には、が大きくなったらと同じく探窟として深層に送り出すことを承諾していた。 だんだん興奮してきちゃってねぇ… 「 」の開が決定し、に各が掲載されたが、期間の間だけ 「『』はにより、 『ちゃんの』に変更になりました」としてを変更していた。 はがな日をさし、降り注ぐびらのなか町へに出ているというかわいらしいものだったが、物陰からオーゼンが みたいな立ち姿でをいとおしそうな表情でいるというの性格をよく表している描写がなされていた。 が「性格はが最高のだよ!」と発言する所以であろうか。 などど言っていたらなんとこの 『ちゃんの』、 入場者特典として 本当に劇場で上映前に流されることが決定した(しかも週替わりで 全4話)。 まったくもって。 関連静画 関連商品 関連項目•

次の

OZEN(オーゼン) のオールインクルーシブが凄い!!

オーゼン

あらすじ 「監視基地」 シーカーキャンプ に到着したリコとレグを迎えたのは、不動卿・動かざるオーゼンだった。 現役の白笛で、アビスで生まれたリコをライザとともに地上まで運んだオーゼン。 お礼を言うリコに対して、オーゼンは不気味に笑うのだった・・・。 作品情報• 著者 : つくしあきひと コミック• 放送期間 : 2017年• 話数 : 13話 登場人物• リコ・・・主人公。 好奇心旺盛の女の子• レグ・・・アビスで見つかった人間そっくりのロボット• オーゼン・・・白笛、シーカーキャンプの防人• ライザ・・・白笛、リコの母。 アビスで消息を断つ• マルルク・・・オーゼンに拾われて育てられた.

次の

不動卿・動かざるオーゼン『メイドインアビス』アニメあらすじ・みどころ、ネタバレ感想|#6~8話|アニメの缶づめ

オーゼン

第8話のあらすじ 【生存訓練】 オーゼンから課された新たなる旅立ちへの試練「生存訓練」。 限られた装備で10日間生き延びる事を言い渡されたリコとレグは、まずは飲み水の確保の為に移動を開始する。 早速綺麗な水場を発見したリコだったが、近づくと突然水面が揺れて・・・。 一方、地臥せりと共にその様子を遠くから眺めていたオーゼン。 リコとレグの様子を見て、思いを馳せたのは・・・。 感想 オーゼンに連れてこられた2層の奥深くで、リコとレグは一生懸命生き延びました。 モンスターに襲われたり、虫にたかられたりと、色々な障害にぶち当たりながらそれぞれの長所を生かし2人で乗り越えたのです。 最後の方は別々にされていたようですけどね。 ボロボロになりながら10日間の訓練を終え、監視基地に戻った2人。 リコは戻ってくるなり倒れこんで寝てしまいます。 よっぽど疲れたんでしょうね。 一応これで訓練は終わりのようでしたが、深界2層で10日間過ごしただけでこの疲れようでは、この先大丈夫なのでしょうか? でも最後の方は1人で過ごしていたようなので、その疲れが出ただけでレグと2人ならば大丈夫ってことですかね。 戻ってきた2人と一緒に食事をとるオーゼン。 なんて古い言い伝えがあってね」 オーゼンのこの言葉通り、アビス内では時間の感覚が狂ってしまい、自分では数週間のつもりでも、地上では数ヶ月すぎてしまうことがよくあるみたいです。 そしてこの狂いは深く潜るほど顕著に出るみたいです。 この後にオーゼンはこんなことを言います。 「この狂いが6,7層になるとどれほどのものか予想できない。 地上では10年経った、しかし深く潜ったライザにとっては2. 3年かもしれない。 だからこそライザが生きている可能性は高い。 」 あれ?オーゼン。 めっちゃいいやつじゃん。 最初に会った時は、ライザは死んだとか言ってたのにめっちゃいいやつじゃん。 さらにオーゼンはアビスの奥で遭遇するかもしれない白笛たちに気をつけろと言います。 【先導卿 センドウキョウ 、選ばれしワクナ】 【神秘卿 シンピキョウ 、神秘のスラージョ】 【黎明卿 レイメイキョウ 、新しきボンドルド】 なんとここで新たな白笛の名前が判明します。 カッケー。 ボントルドは特に危険人物らしいので気をつけろとのこと。 なんかこのボントルドと遭遇したりして…まさかね。 その後、4層にあった謎の墓標から回収したライザの武器【無尽槌】を受け取り、さらに白笛しか知りえないアビスの情報を聞かされます。 視聴者には明かされませんでした。 そしてそして。 ライザからのメッセージだと思われていた「奈落の底で待つ」と書かれた紙。 あれはやはりライザからではなかったらしい!いや、みたい?かな。 歪に大きく書かれた古代文字。 オーゼンを持ってしても破ることのできないメッセージが書かれた謎の紙。 ライザの封書の中にこの紙が入っていた。 この3つのことからオーゼンはライザと共に誰かが待っていると予想します。 一体誰なんでしょうか?新キャラ?まさかね。 そしてリコたちはマルルクたちに別れを告げ、深界3層へと旅立ちます。 マルルクはとても悲しんでいましたね。 やっぱり2人には行って欲しくなかったんです。 ラストダイブに向かう2人ですが、なんらかの方法で帰還してマルルクと再開できることを願います。 そしてそれを見つめるオーゼン。 今回は回想が多く、オーゼンとライザの過去が色々明かされました。 前回、前々回のオーゼンが嘘のようにめちゃくちゃいい人。 そしてライザのこと好きだったんですね。 ライザの結婚の報告を聞いてめっちゃショック受けてました。 本当に今回の回想はいいシーンばっかり。 ライザにリコのことを頼まれたオーゼンが、なんだかんだ言いながらそれを受け入れてる場面はめちゃくちゃ良かったですね。 そしてライザがめちゃくちゃ美しい。 オーゼンが笑顔なのもまたいい! 度し難い。 度し難いですね。 第8話はライザとオーゼンの絆の回だった気がします。 もちろん新たな脅威と新たなアビスの情報も出てきましたが、そんなことがどうでもよくなるくらい、ライザとオーゼンの回想とその約束をしっかり守るオーゼンが良かった。 色々託されたリコとレグのこれからが楽しみです。 そういえば、少しだけレグの記憶のことについてオーゼンが話していました。 「色々思い出すまで行かせたくなかった」 こうつぶやいたオーゼンの真意はなんでしょうか。 探窟技術の飲み込みが早いって言葉から、もしかするとこの先の脅威に立ち向かうために、本来のレグの力を取り戻して欲しいってことだったんですかね。 だとすると記憶を取り戻したレグはめちゃくちゃ強いのかもしれませんね。 次回へ続く!.

次の