ハイ スコア ガール 日 高。 Hi Score Girl

『ハイスコアガールダッシュ』第6話感想 いよいよキャスティング完了

ハイ スコア ガール 日 高

ハイスコアガールダッシュ7話ネタバレ 月刊ビッグガンガンvol. 7 7話 小春は先生として山井を連れて帰ろうと、有栖に話しかけます。 しかし有栖は小春の持ち出す学校の規則やゲームセンターの規則の穴を突き、小春自身も曖昧に感じていたことが露見してしまうのでした。 困った顔を浮かべる小春に有栖はかわいい先生だと笑います。 しかし山井は小春の顔を立てたこの場は引き下がる方がいいと話すのでした。 すると、有栖は自分が与えた軍資金を使い切らずに帰るのかと、意地悪く山井に言います。 山井はこうなるのが嫌だったからお金をもらいたくなかったと言い、有栖のやっていることは善意に見せかけて人を恩義で縛ろうとしているのだと話します。 有栖は狂気の顔を浮かべて傷ついたというと、自分の腹や顔を殴り、胸ぐらを掴むと、山井にそうした暴力を受けているかのように声を上げます。 投げ飛ばされたつもりでその場で一回転して倒れる有栖。 小春はヤバすぎだと引いてしまいます。 有栖の取り巻きたちは山井のせいで有栖が暴力を自分に向けてしまったのだと言います。 訂正するよう山井に迫りますが、山井は稚拙だと有栖に追い討ちをかけます。 取り巻きたちが山井の反発に怒り、山井を叩きのめそうとしますが、有栖はそれをやめさせます。 格ゲーの素質のある山井の芽をつぶすつもりかと。 そして許して欲しければパパイヤをするように取り巻きたちに告げるのでした。 小春は異常な行動をする有栖たちを横目に山井を連れ帰ろうとしますが、有栖はそれを引き留め、もし自分から離れたいなら格ゲーで勝負をするよう告げるのでした。 負けたら山井の童貞をいただくという有栖。 小春は相手にしないよう山井に言いますが、山井は恩義を受けたことは事実だからと、筋を通す決意を小春に伝えます。 すると、小春の中で何かが燃え上がり、格ゲーのキャラクターが小春に語りかけます。 かつての小春の気迫を思い出せと。 小春は自分が格ゲーの勝負に応じることを告げ、勝ったら山井に執着することをやめるよう約束させます。 有栖は負けた時のことを考えていないのかと笑いながら小春に聞きますが、小春は絶対負けないから大丈夫だと話すのでした。 有栖もその小春の気迫に一瞬たじろぎます。 遠くから見ていた美和たちは小春の意外な行動に驚いていました。 \FODプレミアムで無料で読む方はこちら/ 無料で読む方法を簡単にまとめると• 6は620円なので、差額20円で格安で読めます! FODプレミアムは最大900ポイント分の漫画が読めるだけでも魅力的ですが、さらに次のようなメリットがあります。

次の

【ハイスコアガール】【ネタバレ】ハイスコアガールもう一人のヒロイン「日高 小春」を紹介!

ハイ スコア ガール 日 高

本日7月13日より、テレビアニメ『ハイスコアガール』(TOKYO MXほか)が放送開始する。 押切蓮介の人気コミックを原作に、90年代のゲームセンター、格闘ゲームを軸に描かれる異色のラブコメディだ。 リアルサウンドでは、同アニメで制作統括を務める、アニメプロデューサーの松倉友二氏を直撃。 本作に込められた、あふれんばかりのゲーム愛とこだわりが明かされた。 アニメ『ハイスコアガール』の視聴が二度美味しくなる、独占インタビューをお届けする。 原作の独特な世界観も含め、アニメーション化する上でどんな点にフォーカスしましたか? 松倉友二(以下、松倉):「本物」のゲーム映像をどうやってぶち込んでいくか、ということが課題でした。 私はゲーム業界で働いていた時期もあり、オンタイムで、本作で描かれている80年代後半から90年代前半のゲームシーンとともに過ごしてきました。 その雰囲気をどうやって出すか、というところを模索していくなかで、地獄のような日々が始まるという(笑)。 ーー本編もそうですが、オープニングから懐かしのゲーム映像のオンパレードで、映像素材を集めるのは相当なことだったと想像しました。 松倉:その点は「高田馬場ゲームセンター ミカド」さんのご協力がなかったら成立しませんでした。 登場しているゲームは、すべてミカドさんに基盤を用意してもらって、プレイ映像を収録しているんです。 その後もハードルがたくさんありましたね。 当時のゲーム画面はものすごく小さな画素数で表現されています。 それを現在のHD画質でどう再現するか、という問題があって。 押切(蓮介)さんの漫画っぽいシチュエーションを再現しようと思うと、ある程度、画面に寄らなければいけないのですが、そうするとドット絵が崩れてしまう。 経験者でないと解らないかもですが、点の集合体であるドット絵は色の滲み等を利用してなんとなくキャラに見えるようになってるんです。 拡大して大きくクッキリ表示するとただの点に……。 どんなデータをどう加工すれば、どう見えるのかーーそういう技術的な検証を重ねてきました。 , LTD. ALL RIGHTS RESERVED. c CAPCOM U. , INC. ALL RIGHTS RESERVED. ガイルやザンギエフ(『ストリートファイター』シリーズ)のアップがないと、コミックの再現は成立しませんね。 松倉:そこの限界値を探りましたね。 また、当時は液晶ではなくブラウン管で、画面に微妙な曲面がついていたり、スキャンラインが入ったりしていたじゃないですか。 通常のアフターエフェクトのプラグインでそれを再現しようと思っても、全然本物らしくならない。 何度も何度もNGを出して、このあたりもこだわっています。 その他、苦労された点は? 松倉:とにかく資料がない、ということが問題でした。 最初のころに出てくるゲームセンターの筐体ーー具体的に言ってしまうとナムコさんの「コンソレット」や、セガさんの「エアロシティ」が現役で稼働しているゲームセンターは、全然ありません。 その他の筐体も含め、メーカーさんに図面すら残っていないものも多く、最悪、自分で中古のものを買うしかないか、と考えたり。 自分で探し回っているなかで、可動してるゲームセンターさんで発見して、飛び込みで協力依頼をしました(笑)。 家庭用ゲーム機についてはどうですか? 松倉:だいたい自分で持っているのでよかったのですが、一つ問題は、(主人公の)春雄くんは、ゲーム機を箱にしまう律儀なやつなんですよ。 30年前の家庭用ハードの外箱は、さすがに自分も保管していなくて。 こちらもやはり、中古ショップに飛び込んで、出物があったら教えてください、とお願いしたり。 例えば、ツインファミコンの外箱なんて、なかなかないんですよ。 そういうことも含めて、ミカドさんをはじめ、いろいろなメーカーさんやお店の方にご協力いただいて、なんとか作っているという状況です。 おかげさまで最終回まで、ほぼ全ての素材は手配できました。 松倉:そうですね。 マニアックなジャンルではあって、それだけに思い入れが強いファンが多いですからね。 ただ、原作ではけっこう無茶なプレイが多いんです。 例えば『ファイナルファイト』でハガーを選んで、ノーミスでクリアなんてできるわけがない(笑)。 世界にはやれる人が居るかもですが自分の周りには居ない! 今後、どんどん対戦シーンが増えていくので、どうしようかと思っているところです。 ーー現在もプレイ再現が続いていると。 松倉:ちょうどいま、押切さんのプレイを撮影していて、今後出て来ますよ。 毎回、エンディングにプレイヤーをクレジットするので、特にゲームファンには最後まで観てほしいですね。 TMF(『スーパーストリートファイターII X』のザンギエフ使い)さんやTZW(格ゲーからシューティングまでこなす、往年のスーパープレイヤー)さんなど、有名プレイヤーにもお願いしていますし、楽しんでもらえると思います。 間にお芝居が入るなかで、ゲーム音が途切れたら違和感があるし、ゲーム画面に戻ったときに、リアルタイムで時間がつながっているようにしなければいけない。 サウンドトラックからSEを引っ張って、うまく誤魔化そうとしても、筐体からアナログに聴こえてくる音とはやっぱり違うんです。 そういうことを確認してもらうために、ゲーム考証・監修としてゲームセンター研究家の石黒憲一さんに入っていただいているのですが、そのチェックがまたものすごく厳しくて(笑)。 原作でも、演出上、登場する筐体などの時系列が怪しいところがあって、その点も指摘があったので、物語に差し障らない範囲で、正しくできるところは、正しく直しています。 最初は「フル3Dだし、あとはゲームの素材を用意すればそんなに大変な仕事ではなさそうだな」なんて思っていたところが、まったく大間違いでした。

次の

Hi Score Girl

ハイ スコア ガール 日 高

とんでもないラブのコメりっぷりやった! やばい。 やばすぎる。 何がって『ハイスコアガール』7巻ですよ。 ニヤリング指数が過去最高値を叩き出したのである。 ノスタルジックな気分になれるゲームネタも相変わらずですが、ラブコメ漫画として一つ上のステージにのぼってしまった。 甘酸っぺぇ…。 『SS』? 『PS』? 『PC』!? そんな覇権を争っていた古き良き家庭用ゲーム発展の1996年。 <関連記事> 日高さんが可愛い一面出したと思ったら、大野さんもくっそ可愛いってんだから凄い。 高校生になってラブコメ戦線が一層熱くなってきましたね。 それにしてもね。 想像以上の日高さんっぷり。 予想以上の修羅場っぷり。 期待以上の可愛さでしたわ。 『ハイスコアガール』は正ヒロインは大野さんで、日高さんはあくまでサブヒロインの引き立て役。 報われない可哀想な娘だと思ってました。 でも、7巻読むと「これ分かんねぇぞ…」となりましたね。 いやまあ勝ち目は低いけど「ひょっとして?」があった。 それぐらい日高さんは輝いてた。 こういう「もしかしたら日高さんにも可能性が?」と思わせるのがラブコメで手に汗握らせるとこですよ。 実に素晴らしい。 最高の修羅場 修羅場だ… のっけからド修羅場は控え目に言って最高でしたね。 宮尾とハルオの家に男同士で遊ぶ予定だったのが、途中で 日高さんが加わり、家へ行けばそこには 大野姉妹が遊びに来てました。 ハルオの部屋に大野さんと日高さんが同時に居る! いきなりクライマックスです。 ピリピリした空間に耐えられず宮尾が大野(姉)が部屋から退場。 ハルオの部屋に3人だけになってしまいました。 ピリピリした空間。 どう見ても修羅場。 いいね!修羅場大好き。 ラブコメじゃ「風呂場」と並び称される見せ場なのが「修羅場」ですから。 そして、日高さんと大野さんでゲームをする事に…。 その様子が 「女の戦い」でハラハラドキドキでした。 日高さんの内心を見透かしたかのように叩き潰す大野さんである。 ゲームという名の元で男を取り合ってるかのようなガチンコ対決です。 まあ、ゲームで大野さんに勝てるわけなんですが。 大野さん強い。 「負けたくない!」「私も今まで積み重ねてきた」(格闘ゲームの話です)って日高さんの想いを完膚なきまで…。 「完敗だ…」(ゲームが)って台詞が涙を誘います。 ゲームの勝敗以上に ヒロインとしての趨勢を決したかのようでした。 その証拠に大野さんは読者のハートをガッチリ掴んじゃうのでした。 足踏みである。 大野さん足を踏むの図 はい!可愛い! 家に日高さんを連れてきたのが面白く無かったようで、帰り際にハルオの足を踏んづけます。 どう見ても 「ヤキモチ」です。 本当にありがとうございました。 そういえば『スラムダンク』のゴリはこんなことを言ってた(気がする)。 「ヤキモチを制するものがラブコメを制する」と。 バスケットのリバウンドぐらい重要なんです。 ゲームどころかラブコメまで制しちゃう大野さん強い。 そもそも、大野さんは喋らない心情見せない娘だからね。 だから一挙一動で読者を喜ばせなきゃいけないわけですよ。 それがヒロインとしてハンデにもなってない、見せないことで「可愛さ」を最大限引き出してる。 可愛すぎるんですよ!大野さんは! 大野さんのヤキモチは天下一品ですわ。 ヤキモチは他のヒロインに主人公を奪われない為の 究極の求愛パフォーマンスでもあるからね。 大体ヤキモチを焼くことが許されるのはメインヒロインの特権みたいなものです。 つまり大野さんこそ正ヒロイン! …じゃなかった!? 不死鳥日高さんは何度でも蘇る! 私の恋人にツバつけないで 7巻はハルオが地元で居場所を無くして渋谷を拠点にゲームをするようになります。 渋谷で知り合ったマユマユさんがハルオにちょっかいかけるようになるのですが、 日高さんが強烈なヤキモチ焼きます。 何度も焼き過ぎです。 正月だってこんなにモチは焼かないぞ。 マユマユさんなんてポッと出のサブヒロインを蹴散らし 「私の恋人にツバつけないで」ときたもんだ。 日高さん強い!今までのフラットの日高さんではなく、 イラっとな日高さんである。 ちょっと怖い。 って、日高さんってこんな娘だったっけ?今まで都合の良いというと語弊があるけど、一歩引いた可憐な乙女って印象だったのに(そうか?)。 ハルオがゲームするのをうしろから見るのが好きな女の子だったのに。 しかし、渾身の告白からのゲーム敗北を得て一回りも二回りも日高さんは強くなったのだ。 もう 「うしろで見てる方が好き」と言ってた日高さんではないんですねぇ。 出会ったばかりの時もプレステ借りた時もただ後ろからゲームを見るのが好きだった日高さんが、 ハルオと並んでゲームをするようになる。 大野さんと同じように。 ヒロインとしての立ち位置を比喩したような 「並んでゲームするヒロインの大野さん」「うしろから見てるヒロインの日高さん」の構図が関係が着実に変わっているように見えます。 ハルオと並んでゲームする日高さんである。 今でも日高さんは後ろから見るのが好きなのかにゃ。 押せ押せの日高さん スケベだよ悪い? 優勝!日高さん優勝です。 もう一歩引いて後ろから見てるだけ~のヒロインではない。 グイグイ積極的にアプローチします。 肉食系女子のようです。 電車が運休し 一夜を過ごすことになります(ファミレスで)。 日高さんは名言を連発です。。 「スケベだよ悪い?」は控え目に言ってエッチでした。 そういえば、『バキ』の勇次郎がこんなことを言ってた(気がする)。 「たかだか一時間余りで乙女をメスにかえる。 勝利とはそういうものだ」と。 ゲームでハルオを倒した事で日高さんの中にあるメスが目覚めたのでしょう。 「スケベだよ悪い?」だって?その質問には全読者を代弁して私が変わりに答えましょう。 すぅー。 悪くないです!むしろ良いです。 男女の最終目的地ラフテル(布団がある所)へ自分から誘うとか日高さん最高や! 日高さん可愛すぎ めちゃくちゃに襲ってた スケベな日高さんはめちゃくちゃ可愛かったです!ホテルへ誘うも断られ、ついに気持ちが抑えきれずに決壊します。 「女子にこんな恥かかせて…むかつく男!」「どんな気持ちでアプローチしてるのか…」「めちゃくちゃに襲ってた」「ギュッとして」と全てが必殺級の技を連発。 大野さんが喋れないことで可愛さを出すならば、日高さんは台詞で可愛さを出す。 名言連発で読者のハートを鷲掴みです。 日高さんみたいな子にこんなこと言われたら、男冥利に尽きるってもんでしょう。 この瞬間に自分の中で 日高さんは大野さんを超えましたね。 台詞のひとつひとつ全てに「可愛い」がつくね。 日高さんの ありったけをぶつけられたハルオは観念したのか受け止めます。 ギュッと返したー!どんな苦境に立たされても決して勝負を諦めない日高さんがついに…ついに…。 って、え…?えぇぇ!?.

次の