大学 アメリカ ランキング。 アメリカの大学の学費はどれくらい? 日本と比較してみよう

アメリカ大学ランキング

大学 アメリカ ランキング

異常でもなんでもないですよ 学問の中心は昔はイギリス、今はアメリカなのです。 世界共通語も英語です。 英語で書かれていない時点で論文の価値が下がります。 世界中の優秀な人は欧米に行きます、日本人のノーベル賞受賞者のかなりの割合が欧米で博士課程をとったりしてますよ。 理由は研究費はたくさんくれるし、学者に対する扱いが非常に良いからです。 研究者なら一流の環境で研究してみたいと思うでしょう。 それに、そのランキングで東京大学が22位で低い、異常である。 ただし、大学本来の研究だけでランクしたら東大がもっと上であるとは限りませんよ。 東京大学の下にある大学を見てください、ブラウン大学やバークレー校などノーベル賞を多数排出している大学があります。 ようは入試も難しい、日本最高学府の東大が世界で20位ぐらいなんておかしい。 って考えはそもそも的外れなんです。 理系は東大や東工大など世界でも通用するレベルだとは思いますが、社会科学系で日本の大学が主流にあることはないですからね・・・.

次の

免疫学が優れているアメリカの大学ランキング

大学 アメリカ ランキング

2019年度フィナンシャル・タイムズ紙の世界MBAランキングTOP20 ここでは、 フィナンシャル・タイムズ紙が発表している世界MBAランキングを元に見ていきたいと思います。 フィナンシャル・タイムズ紙は、1888年にイギリスで創刊された歴史のある経済紙の一つです。 以下の事項を基準に、フィナンシャル・タイムズ紙はMBAランキングを算出しています。 では、2019年度のフィナンシャル・タイムズ紙による、世界MBAランキングのTOP20を見てみましょう。 順位 学校 国 1位 (1位) スタンフォード大学経営大学院 (Stanford Graduate School of Business) アメリカ 2位 (4位) ハーバード・ビジネススクール (Harvard Business School) アメリカ 3位 (2位) インシアード (Insead) フランス シンガポール 4位 (3位) ペンシルバニア州立大学:ウォートン・スクール (University of Pennsylvania:Wharton) アメリカ 5位 (8位) 中欧国際工商学院 (Ceibs) 中国 6位 (5位) ロンドン・ビジネススクール (London Business School) イギリス 7位 (7位) シカゴ大学:ブース・スクール・オブ・ビジネス (University of Chicago:Booth) アメリカ 8位 (10位) マサチューセッツ工科大学:スローン・マネジメントスクール (MI:Sloan) アメリカ 9位 (8位) コロンビア大学・ビジネススクール (Columbia Business School) アメリカ 10位 (11位) カリフォルニア大学・バークレー校:ハス・スクール・オブ・ビジネス (University of California at Berkely:Haas) アメリカ 11位 (14位) イエール大学:マネジメントスクール (Yale School of Management) アメリカ 12位 (11位) イエセ・ビジネススクール (Ises Business School) スペイン 13位 (24位) オックスフォード大学:サイード・ビジネススクール (University of Oxford:Said) イギリス 14位 (13位) ノースウェスタン大学:ケロッグ・スクール (Northwestern University:Kellogg) アメリカ 15位 (16位) ダートマス大学:タック・ビジネススクール (Dartmaouth College:Tuck) アメリカ 16位 (11位) ケンブリッジ大学:ジャッジ・ビジネススクール (University Cambridge:Judge) イギリス 17位 (20位) シンガポール国立大学:ビジネススクール (National University of Singapore Business School) シンガポール 18位 (16位) 香港科技大学:ビジネススクール (HKUST:Business School) 香港 19位 (20位) HEC経営大学院 (HEC Paris) フランス 19位 (21位) デューク大学:フクア・スクール・オブ・ビジネス (Duke Univesity:Fuqua) アメリカ 参照)、 ちなみに、ランキングトップ100校の国別による内訳は次の通りです。 国 MBAランキングトップ100校の校数 アメリカ 51校 イギリス 10校 カナダ 3校 オーストラリア 3校 シンガポール 4校 スイス 2校 アイルランド 1校 フランス 5校 スペイン 3校 ドイツ 3校 オランダ 1校 ポルトガル 1校 イタリア 1校 中国 5校 韓国 1校 香港 1校 インド 1校 コスタリカ 1校 ニカラグア 1校 やっぱり、アメリカの大学がランキングのトップにたくさん入っているね。 FT紙だけじゃない!複数のメディアが発表している海外MBAランキング 実は、世界MBAランキングは、フィナンシャル・タイムズ紙以外のメディアでも発表しています。 それぞれ独自の基準を元に算出しているので、ぜひそちらも参考にしてみください。 ここではFT紙以外でとくに注目するべき4つのMBAランキングの紹介と、FT紙も含めた5つの世界MBAランキングの特徴を比較しています。 FT紙以外でチェックしておきたい4つの海外MBAランキング 数あるMBAランキングのなかでフィナンシャル・タイムズ紙を除き、留学マスターがとくに注目した4つのランキングをご紹介します。 The Economist「Full time MBA ranking」 エコノミスト誌は、政治や経済を中心に扱っている新聞で、1843年にイギリスで創刊されました。 エコノミスト誌のMBAランキングは以下の評価方法で、順位をつけています。 評価基準 評価の割合 就職(就職率・就職先・就職サポート) 35% 学生の能力開発(設備・成績・女性や留学生の数・授業の質・学生サービスなど) 35% MBA取得後の給料アップ(MBA取得前後の給与やボーナスの変化) 20% 人脈のポテンシャル(卒業生と在校生の割合・海外の卒業生など) 10% 参照) 2. News & World Report 「Best Business School」 U. Sニューズ&ワールドレポートは、アメリカで発行されている時事解説の雑誌。 1933年に創刊されましたが、現在はオンライン版のみで発行されているようです。 S ニューズ&ワールドレポートのMBAランキングの評価基準は次のとおりです。 評価基準 評価の割合 質について(学部長などスクール同士による評価・リクルーターの評価) 40% 就職について(卒業後の平均給料やボーナス・就職率) 35% 学生について(GMATやGREの成績・GAP・出願者の合格率) 25% 参照) 3. QS World University Rankings「TOP MBA」 QS 世界大学ランキングは、イギリスの大学評価機関「Quacquarelli Symonods:QS(クアクアレリ・シモンズ社)」が毎年9月に発表しているものです。 世界大学ランキングや、MBAだけでなくさまざまな分野・地域ごとにランキングを公表しています。 QS 世界大学ランキングのMBAランキングは、以下の評価方法で順位をつけています。 評価基準 評価の割合 雇用される能力(各分野の会社雇用主からの評価) 40% 起業家精神と卒業生の結果(大手企業での役員や社長の出身校など) 15% MBAへの投資利益率(MBA取得前後の平均給料と上昇率・就職率など) 20% ソートリーダーシップ(海外も含め特定の分野でリーダーシップをとる人) 15% 生徒・教員の多様性(女性・教職員・留学生の割合) 10% 参照) 4. Bloomberg Businessweek「Best B-SCHOOLS」 ブルームバーグ・ビジネスウィークは、アメリカで発行されているビジネス雑誌です。 前身のBusiness Week(ビジネスウィーク紙)は、1929年に創刊されました。 ブルームバーグ・ビジネスウィークのMBAランキングの評価基準は次のとおりです。 評価基準 評価の割合 卒業後について(卒業生の給料やボーナス・就職率) 38. 5% ネットワークについて(クラスメイトや卒業生とのつながり・就職のキャリアサービス・ブランド力・リクルーターの評価など) 27. 9% 授業ついて(カリキュラムの質・教員からのサポート・クラス人数・共同研究) 23. 1% 起業家精神について(卒業生の起業率・リクルーターによる企業スキルの評価) 10. 5% 参照) 2. 5つの世界MBAランキングの特徴を比較 ここまで、「フィナンシャル・タイムズ」「エコノミスト」「U. ニューズ&グローバルレポート」「QS 世界大学ランキング」「ブルームバーグ・ニュースウィーク」の5つの世界MBAランキングの評価基準を紹介しました。 そして評価基準や評価方法から、それぞれのMBAランキングの特徴をまとめてみました。 あなた自身の大学を選ぶ基準と近い評価基準のランキングを参考にしていただくと、MBA取得のための大学選びに役立つと思います。 フィナンシャル・タイムズ MBA取得後の給与に関する割合が高めなので、 MBAで収入アップを重視している人は参考にしてみてください。 ただし、給与に関してはそれぞれの国の事情も絡んでくるので、あくまで参考値だと捉えておきましょう。 エコノミスト MBA取得後の給与金額だけでなく、 学生の能力アップのための授業の質や学校サポートなどに比較的重点を置いています。 なので、MBA取得のための過程を重視している人は参考にするといいでしょう。 ニューズ&グローバルレポート 外部(リクルーターや学校同士)の客観的な評価の割合が4割と高めになっています。 なので、 企業も含めてより世間的なイメージを反映したランキングを知りたい人は、参考にするとよいでしょう。 QS 世界大学ランキング 各分野の企業による評価が4割と高めになっていて、 卒業後の就職先での活躍を重視しています。 なので、企業がどんな大学を評価しているか知りたい人は参考にするとよいでしょう。 ブルームバーグ・ニュースウィーク ブルームバーグのMBAランキングの評価方法は2018年度に変更があり、 給与面と卒業後の就職のための人脈作りや学校のブランド力などの面における評価の割合が高くなりました。 なので、MBA取得後に起業を考えていて人や企業間などの繋がりに重点をおいている人は、参考にしてみるとよいかもしれません。 5つの世界MBAランキングのトップ10を比較(2018年度) 以下は、ここで紹介した5つの世界MBAランキングトップ10(2018年度版)を比較したものです。 順位 FT エコノミスト U. ニューズ QS ブルームバーグ 1位 スタンフォード大学 シカゴ大学・ブース ハーバード大学 ハーバード大学 スタンフォード大学 2位 インシアード ノースウェスタン大学・ケロッグ シカゴ大学・ブース インシアード ペンシルバニア大学・ウォートン 3位 ペンシルバニア大学・ウォートン ハーバード大学 ペンシルバニア大学・ウォートン HEC経営大学院 ハーバード大学 4位 ロンドン・ビジネススクール ペンシルバニア大学・ウォートン スタンフォード大学 スタンフォード大学 マサチューセッツ工科大学・スローン 5位 ハーバード大学 スタンフォード大学 マサチューセッツ工科大学・スローン ロンドン・ビジネス・スクール シカゴ大学・ブース 6位 シカゴ大学・ブース イエセ・ビジネススクール ノースウェスタン大学・ケロッグ ペンシルバニア大学・ウォートン カリフォルニア大学・ハス 7位 コロンビア大学 ミシガン大学・ロス カリフォルニア大学・ハス マサチューセッツ工科大学・スローン コロンビア大学 8位 中欧国際工商学院:Ceibs UCLA・アンダートン ミシガン大学・ロス コロンビア大学 ノースウェスタン大学・ケロッグ 9位 マサチューセッツ工科大学・スローン バージニア大学・ダーデン コロンビア大学 オックスフォード大学 バージニア大学・ダーデン 10位 カリフォルニア大学・ハス コロンビア大学 ダートマス大学・タック IEビジネススクール IMDビジネススクール それぞれ評価基準が異なるので、ランキングに違いがあるのがわかりますね。 各紙 スタンフォード大学、 ハーバード大学、 ペンシルバニア大学・ウォートンが上位にいることから、この3校でMBAを取得すると高く評価されることでしょう。 その他MBAランキングを出しているメディア 紹介した5社以外にも以下のメディアでMBAランキングを出しているので、参考にしてみてください。 Forbes(フォーブス)は、1917年に創刊されたアメリカの経済誌。 フォーブスのMBAランキングはから確認できる。 Fortune(フォーチュン)は、1930年に創刊されたビジネス雑誌。 フォーチュンのMBAランキングから見ることができる。 はフランスのコンサルティング会社による地域別ランキング。 「Business Schools rankings」から、興味がある地域を選んで、ランキングを見ることができる。 The Wall Street Journal(ウォール・ストリート・ジャーナル)は1889年に創刊した、アメリカ最大発行部数の経済新聞。 MBAランキングはから見ることができる。 イギリスのタイムズ紙が付録冊子として、毎年秋に発行している情報誌。 からMBAランキングを見ることができる。 海外MBAランキングからみる給与所得アップとキャリアアップに繋がる大学 MBAを取得する目的として多いのは、やはりキャリアアップではないでしょうか? より給与待遇のよいポジションに就いたり、キャリアアップ転職を望む人もいるでしょう。 そういった人は、各大学のMBA取得後のキャリアアップに関する情報が気になるかもしれませんね。 そこでここでは、フィナンシャル・タイムズ紙の世界MBAランキングを元に、「MBA取得後に給与アップ率が高い大学」と「キャリアアップにつながるMBAの大学」を見ていきたいと思います。 MBA取得後の給与アップ率が高い大学ランキングとその年収 以下は、MBA取得後の給与アップ率の高い大学のランキングとその所得額です。 中国やインドなどの大学がランクインされている理由の一つとしては、それぞれの国や地域の経済状況が考えられるでしょう。 中国やインドは地域格差が大きく、一般的な平均年収もまだ低い国だと言われています。 つまり中国やインドでMBAを取得すると、以前のその国での給与に比べてぐんと上がる訳です。 このように、国によって起業するための事情なども異なるので、あくまで参考値としてみるといいでしょう。 またこの順位をみると、 MBA総合ランキングではトップにランクインしていなくても、給与アップ率につながっているアメリカの大学がいくつかあることがわかりますね。 まず給与アップを重視する場合は、これらの大学も参考にしてみるといいかもしれません。 一方で MBA取得後の給与アップ率だけをみると、実は100%を下回っている大学も総合ランキングのトップ100校中、28校ありました。 傾向としては、ヨーロッパやオーストラリア、カナダの大学で100%を下回っていることが多いようです。 つまり MBAを取得しても、必ずしもその後の給与が上がる訳ではないということを示しています。 参照)、 2. MBA取得後にキャリアアップに繋がる大学ランキング 以下は、MBAを取得後にキャリアアップに繋がったという大学のランキングです。 このランキングは、MBA取得によって給与や年収そのものが増えたかというより、 その後の昇進や転職などの際にキャリアアップに繋がったかをみています。 1位の韓国の大学を除いて、アメリカの大学が学生向けのキャリアサービスが充実しているようですね。 MBA取得後の就職に向けての大学のサポートを重視する人は、参考にしてみるといいでしょう。 参照)、 5. 2019年度QSによる国・エリア別世界MBAランキング ここでは、海外の国またはエリアごとに評価の高い大学がどこか見ていきたいと思います。 それぞれのランキングは、イギリスの大学評価機関「Quacquarelli Symonods:QS」による世界MBAランキング()をもとに割り出しています。 また各大学があるエリアを確認できるように、地図も添付しました。 大学が位置する場所も考えて留学先を決める人も多いと思うので、ぜひ参考にしてください。 アメリカのMBAランキングTOP20 以下は、アメリカでトップ20にランキングされているMBAの大学です。 先程紹介した、フィナンシャル・タイムズ紙をはじめとする5つの世界MBAランキングの各紙で上位10位にランクインしていたスタンフォード大学、ハーバード大学、ペンシルバニア大学・ウォートンが、アメリカのトップ3となっています。 ヨーロッパのMBAランキングTOP20 ヨーロッパでトップ20にランキングされているMBAの大学は以下のとおりです。 1位のロンドン・ビジネススクールは世界最高位のビジネススクールで、フィナンシャル・タイムズ紙の世界MBAランキングで過去3年世界一を獲得しています。 2019年に6位にランクインしたことで、20年連続でのTOP10入りとなりました。 カナダのMBAランキングTOP10 以下は、カナダでトップ10にランキングされているMBAの大学です。 カナダにある大学の世界MBAランキングの位置は全体的に少し低めで、カナダ1位の大学であるトロント大学でも43位となっています。 オーストラリア・ニュージーランドのMBAランキングTOP10 以下は、オセアニア(オーストラリア・ニュージーランド)でトップ10にランキングされているMBAの大学です。 1位のメルボルン大学はマネジメント教育の国際的評価機関であるAACSBに認定された大学で、質の高いMBA教育を受けることができます。 またメルボルンは、エコノミスト誌の調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニットによる2019年世界住みやすい都市ランキングで2年連続2位を獲得するほど治安のよいエリアなので、留学先として大変オススメです (ちなみに2018年にウィーンが1位になるまでは、7年連続でメルボルンがトップでした)。 アジアのMBAランキングTOP15 以下は、日本を含むアジアでトップ20にランキングされているMBAの大学です。 アジアの中で日本のトップは、14位の一橋大学(一橋ビジネススクール)。 一橋大学では、MBAを日本語で学べる経営管理専攻(School of Business Administration:SBA)と、英語で学ぶ国際企業戦略専攻(School of International Corporate Strategy:ICS)の2つのスクールがあり、目的に合わせてMBAを学ぶことができます。 国内MBAも視野に入れて検討しているという方は、このように世界ランキングの順位も参考にされるとよいでしょう。 【まとめ】海外MBAランキングトップの大学はやはりアメリカが多い! 色々な海外のMBAのランキングを見てきましたがいかがでしたか? 世界MBAランキングでは、アメリカの大学が多く占めていることがわかったと思います。 一方で、アジアの英語圏では、シンガポールの大学もMBAランキングのトップにランクイン。 イギリス、カナダ、オーストラリアでもアメリカほどではありませんが、いくつかの学校が上位に入っていましたね。 海外でのMBA留学でどこの大学にするか迷っている人は、このような世界MBAランキングを参考の一つにして、いろいろ調べてみるとよいかもしれませんね。

次の

2020年度イギリス大学ランキング

大学 アメリカ ランキング

大学の学位が持つ価値は、今年の不正入学・贈賄スキャンダルに関与した保護者らと、米国に約600万人いる第1世代の大学生(両親が大卒ではない学生)、あるいは大半の人との間では同じではないかもしれない。 制度を悪用するのと、アメリカン・ドリームに賭けるのは違う。 そのため、今誰もが投げかけているように思える「大学進学に価値はあるのか?」という疑問については、私たちははっきりと「イエス」と言いたい。 ただし、補足の情報は必要だ。 フォーブスが毎年発表する「米大学ランキング」のミッションはそこにある。 同ランキングは、各機関の学士課程を、学業と学生生活、キャリア、学生ローンという側面で順位付けするもので、ランク入りした650校は全て全米トップレベルと呼べる大学だ。 学位を取得できる高等教育機関は米国内に4300校存在し、ランキングに含まれる大学は全体の15%にすぎないため、これらの大学は全て高い基準を満たしていることになる。 ランク入りした大学の平均授業料は年間4万5000ドル(約480万円)。 ピュー研究所の最新分析結果によると、米国では30歳未満の大卒者の49%がローンを抱えており、学士号と引き換えに抱え込んだ負債額の中央値は2万5000ドル(約270万円)に上る。 米国人の学生ローン総額は約1兆5000億ドル(約160兆円)だ。 どの4年制大学に進学すべきかという選択は、大半の家庭にとって最大かつ最も高額な決断となる。 学生にとって、大学は人生最高の時間となる一方で、将来の人生計画に支障をきたすものとなるかもしれない。 進学先は慎重に選ぼう。 ランキングの作成に当たっては、卒業生の年収(20%)、学生の満足度(20%)、負債(20%)、米国のリーダー輩出歴(15%)、ストレート卒業率(12. 5%)、学術面での成功(12. 5%)の6項目を評価基準とした。 以下は、今年のフォーブス米大学ランキングのトップ10校。

次の