親子 丼 ムネ 肉。 [ 親子丼 ]

「究極の親子丼」パート(5)~ついに完成編~

親子 丼 ムネ 肉

本日は三島市富田町にある 「うなぎ・和食処 すみの坊」を訪れました。 国1沼津バイパスを沼津から箱根方面へ向かい 「玉川」交差点を右折、長岡方面へ向かう 140号線にはいりますが、間もなく左手に 「すみの坊」の看板が見えます。 写真は逆に長岡方面から北に向かって来た時の140号線ですが、 これに平行して東側に通る136号線の方が大きい道路です。 この140号線も毎日交通量が多く、けっして空いているとは 言えませんが、国1バイパス経由よりはマシです。 写真の右手に「すみの坊」の大きな看板が まもなく見えてまいります。 時刻は13時半を回ったところですが混雑の心配はないでしょう。 「食べログ」などで下調べをしていませんが 以前訪れたこともあり、鰻や比内地鶏の親子丼などが 頂けるのは知っておりまして、 今回はその「比内地鶏の親子丼」がターゲットです。 なかなか品のある立派な店構えです。 それなりにいいお値段の料理を出していそうな様子が伺えます。 ご覧の通り「親子丼」の大きな看板を出してはいますが 「鰻」がウリのお店で、後で知りましたが「本町うなよし」と 同じグループのようです。 店頭にはご覧のような写真が掲示されていて 「鰻」へのこだわりを感じさせます。 店内へ足を踏み入れますと、一人でしたので カウンター席を案内して頂きました。 4人掛けで既に二名様がお食事中です。 お2人とも「鰻」を召し上がっていました。 カウンターと申しましてもご覧のように 厨房の様子も伺えず、テレビがワイドショーを 映し出していたりで、店の品のある趣とは裏腹に 大衆的な定食屋さんのようです。 品書きのトップはやはり「鰻」ですが お目当ては「比内地鶏親子丼」です。 写真の品書きにはセットが出ていますが単品で 1,000円の方を注文しようと・・・ なかなか注文をとりに来て頂けませんので他のメニューも じっくりと拝見。 ここのところ「海鮮丼」をあちこち食べ比べしてまいりましたが 8,888円という豪華な「海鮮丼」もあります。 「中トロづけ丼」などはマグロ好きにはそそられます。 煮魚を出して頂けるお店が少ないと前に書きましたが こちらでは「金目」や「いさき」などを頂けます。 そこそこのお値段ですので私なら 自分で料理して頂いた方がお得かと。 寿司やステーキまでメニューが幅広いですが、 「鰻」を目的とする方は三島には有名店が多いので 専門店を訪れるのではないでしょうか。 こちらが「鰻」とは別の看板メニュー「比内地鶏親子丼」です。 玉子の半熟とろとろ具合は見た感じ申し分ございません。 地鶏はやはり固めですので、弾力のある若鶏の歯ごたえが お好みの方には今ひとつかと思います。 ただ、しっかりと「焼き」の香ばしい風味があり、 とろとろの玉子も若干ゆるめではありますが、 玉子かけご飯感覚で美味しく頂けました。 同じ玉子とじでも「カツ丼」と違い、「親子丼」の場合 「カツ」の衣を気にする必要がないので 多目のとろとろ半熟で大いに結構です。 「地鶏」はいわば「ブランド」ですので 「ブランド」志向の強い方にはオススメです。 私的には柔らかいながらも弾力のある歯ごたえの 若鶏を使った「親子丼」の方が嬉しいです。 先日頂いた伊豆村の駅にある「たまごや」の 日本一高い「極めつけ親子丼」より お得感、満足感で上回りそうです。 店員さんと横のお客さんの会話が耳に入りましたが、 品のある店構えに反してこちらの店員さんも いわゆる「静岡スタンダード」です。 三島は沼津に輪をかけて「なあなあ」な甘えた風潮ですので 店員さんとお客さんが「タメグチ」というような光景は 静岡県なら銀行などでも見かけることがよくあります。 他県から訪れた方には当然「店員の言葉遣いがなってない」 と思われるわけですが、地元ではこれが「スタンダード」で、 平たく言えば「育ちが悪い」と言うほかはございませんが むしろ地元での「客」としてのマナーの方も恥ずかしい限りです。 「食べログ」あたりですと「サービス」の項目で 辛い点数がつきそうなお店ですが、 お値段に対してお得と思うかどうかは別としまして メニューも豊富でいいお店だと思います。 二階には40名ほどで宴会が出来る座敷席があるほか、 一階にもテーブル席がいくつか。 普通なら空いている時はテーブル席へ案内されるものですが、 こちらでは4人掛けのカウンターに3名も。 店構えが立派な割には・・・細かいことは大目に。 三島ですから。 日替わりで740円のランチメニューもございます。 店名 すみの坊 富田町店 (すみのぼう) ジャンル うなぎ TEL 055-983-3888 住所 静岡県三島市富田町3-3 営業時間 11:00~14:00 16:00~21:30 L. suminobo. 小山町から御殿場方面へ向かう途中に 「道の駅」がありますが、 この三島市の「村の駅」にある「たまごや」という店で 美味しい玉子料理を出していると言うので 今日はこの「たまごや」を訪れました。 「村の駅」には沼津インター付近にある魚のお土産物屋さんの ような「おさかな市場」という店もありますが、 「おさかな市場」の中に「丼屋九兵衛」という 海鮮丼などを出す店もあって、食欲をそそられます。 「たまごや」も店内に入ると卵やお菓子などの お土産売り場があり、店内右奥にテーブル席が並び そこで食事が出来るようになっています。 その名のとおり、オムライス・親子丼などの玉子料理や 玉子を使ったデザートがメニューです。 親子丼目当てで来ましたがこのメニューにある 「一日5食限定、極めつけ 親子丼」の1ページが 目に飛び込んできまして、こちらを注文。 「限定」という言葉に弱いというより、 もう一度来てみたいと思うかどうか 食べてみないとわかりませんから、 二度目がないかもしれないと思えば やはり最高峰のメニューを選択します。 昼前の11時半ですが「5食限定」ですので念の為 「まだありますか?」と問いますと、 店の方が厨房まで確認に行き、 ちょっと不安がよぎりましたが「出来ます」との返事。 お連れ様は親子丼1,260円を注文。 「極めつけ」は2,300円くらいで、 「静岡一高い親子丼」というキャッチフレーズを持ちます。 両者の違いは秋田比内地鶏のモモとムネを使っているのが ふつうの方で、モモのみが「極めつけ」です。 さらに「極めつけ」の方には写真のような付け合せが あり、いい舌休めになります。 「親子丼」にはこだわりの酵母卵の 「たまごいっぱいでシュー(63円)」というデザート付きで、 羨ましいと思いつつ、 来ました、「極めつけ」が。 こじゃれた器の隣にあるのが土瓶蒸しです。 見た目なかなかいい感じです。 2,300円という価格は「日の出たまご」という こだわりの卵や比内地鶏のほか、付け合せもあわせて どんな内訳かはわかりませんが、 親子丼にしては破格な高値です。 それほどの価格に見合った親子丼かどうか、 見極めるような気持ちで箸をすすめていくと、 器の底がやけに浅いではありませんか。 外観は丼ですが、まるで「せいろ」のようです。 器はどうみても丼ですが、玉子とじの下のご飯は まるで皿に盛ったかのような控えめチックで、 あきらかに少ないです。 首を傾げてしまうほどです。 高い家賃で原価低減のためにご飯の量を減らしてしまった のでは・・・などとケチな邪推をしてしまうほどですが、 何もご飯の量をケチらなくても。 「観光客料金」ではないかとのお連れ様の声も。 地鶏なのでモモ肉ですが固めで歯ごたえがあります。 牛ヒレのように柔らかい肉が日本人は好きですが、 そういうイメージを持って食べると「ん?」と 感じてしまうかもしれません。 玉子とじの卵も美味しく頂けます。 ただ、寿司もそうですが例えるなら ネタが小さいとかシャリとの量のバランスが 悪かったりすれば、当然それはマイナスです。 残念ながら鶏肉もご飯もボリューム不足で とても満足のいくものではなかったので 「もう一軒」と言うことになりました。 また来たいと思ったかどうか。 機会があれば、といったところでしょうか。 お土産のスイーツは美味しそうでした。 たまごや ジャンル その他、カフェ TEL 055-984-1217 住所 静岡県三島市安久322-1 伊豆 村の駅 営業時間 9:00~20:00 定休日 無休 設備・サービス ランチ営業、日曜営業.

次の

『親子丼と言えばここでしょう玉ひで』by nakasete : 鳥料理 玉ひで (たまひで)

親子 丼 ムネ 肉

A ベストアンサー 肉自体の「アク抜き」は、普通はしません。 料理用語で「アク」というのは、「アク」という成分がある訳ではなく、「料理に必要ない不純物を取り除く」動作を「アクをとる」と言います。 肉を煮炊きした際に「アクを取り除け」というのは、肉からにじみ出たタンパク質が固まったものや脂等が煮汁に浮くのが、「見た目がよくない」のと、「煮汁も食べる場合、スープがにごるのを防ぐ」為、また、「タンパク質や脂等がスープに浮遊する事で、雑味が出るのを防ぐ」為です。 ですので、質問主さんが「気にしない」というなら、取り除かなくてもかまいません。 日本では「スープが澄んでいる」のを「雑味がなくて、おいしい」と評価しますが、外国など、国によっては「肉を煮た汁のアクを取り除くなんて、うまみを取り除くのも同然だ!」と、アクを取らない調理をする国もあります。 自分で作って自分で食べる分には、そのあたりは自由にしてよろしいです。 Q 鳥の胸肉を茹でて食べるのが好きです。 沸騰したお湯で茹でると、身が硬くなるそうなので、沸騰直前で火を止めてその中に入れ、蓋をして5、6分待ってから食べています。 皮は取ってあります。 そこで質問なんですが、5、6分待ってから蓋を開けると、時々、白く細かい物体が浮いているのは何なのでしょう?胸肉の表面の組織がはがれたようにも見えます。 毎回ではありません。 湯が白く濁るだけで、白い物体が浮いていないこともあります。 お肉が古くなると、お店の人が化学物質を振りかけ、新鮮な赤い色に戻しているスーパーがある、という放送を見たことがあるので、とても心配しています。 鶏肉に詳しい方、同じ経験をされた方、よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 結論から言うと、「ゆでてから焼く」という調理法はありません(そうすることによって得られるメリットはまったく無いし、肉汁はすべて出てしまう。 香りも損なわれる)。 参考になる目安として、赤い肉(牛肉等)は焼くと肉汁が外へ外へと出ていく性質があり、白い肉(鶏肉、豚肉等)は焼くと肉汁が内へ内へと入っていく性質があるということです。 あくまで焼き始めの段階での話ですが。 焼きすぎればどちらも肉汁は流れ出てしまったり蒸発したりしてパサパサになります。 料理は旨味を閉じこめる必要があったり、逆に旨味を取り出す(煮出す)必要がある場合があります。 例えば、固いものが食べられない人のために美味しいスープを作るためにはできるだけ旨味を煮出す方法が適しているのは言うまでもありません。 レストランの料理には色々なダシ汁を必要としますが、白い(透明な)ブイヨンを作る時、色がつかない様に肉は焼かずに煮出すし(仏料理ではあまり長時間煮ないケースが多いが、ラーメンのスープなどは別)、フォンドヴォーの様にブラウン色のダシを作る時は色と香りをつける為に香ばしく焼いた肉(スジ)を煮出します(比較的長時間煮る)。 ちなみに肉の塊を食べる料理はゆでる他に「蒸し煮」「煮込み」「ロースト」等があり、どんな種類の肉も基本的にまず焼いてから蒸したり煮たりします。 とにもかくにも、<ゆでてから「焼く??」> ことは私の思いつく限り、考えられないです。 結論から言うと、「ゆでてから焼く」という調理法はありません(そうすることによって得られるメリットはまったく無いし、肉汁はすべて出てしまう。 香りも損なわれる)。 参考になる目安として、赤い肉(牛肉等)は焼くと肉汁が外へ外へと出ていく性質があり、白い肉(鶏肉、豚肉等)は焼くと肉汁が内へ内へと入っていく性質があるということです。 あくまで焼き始めの段階での話ですが。 焼きすぎればどちらも肉汁は流れ出てしまったり蒸発したりしてパサパサになります。 料理は旨味を閉... Q 「性格は良いけど、容姿が好みでない人」と付き合うことは、ありですか? おはようございます。 皆さんは、「性格は良いけど、容姿が好みでない人」と付き合ったことありますか? 付き合ってみた結果、どうでしたか? 男女問わず、そのとき感じたことなど教えていただければ幸いです。 私は20代の社会人男性です。 社内の同年代の女性から告白されましたが、「性格は良いけど、容姿が好みでない人」なんです。 好みでないといっても、生理的に難しいというレベルではありません。 可愛さもあります。 過去にお付き合いしてきた女性は、性格はもちろん、スレンダーで顔もタイプでした。 可愛くて仕方ないから自分からアプローチできたし、会いたい会いたいと積極的になれたと思います。 この女性と付き合った場合、そういう感じではないだろうなと思い、それでお互い満足いくのだろうか?と思うのです。 容姿って付き合って愛情が出てくれば、関係ないのでしょうか。 お互い結婚適齢期ですし、結婚を考えない付き合いはないと思うので、どうしたらよいか迷っています。 A ベストアンサー 既婚の主婦ですが、最近数人の人と話して一致した意見ですが、外見って重要だよね!という事です。 性格の合わないと思う人とは付き合いませんので最初はまあいいと思っているのですが、しばらくするとどんな相手でも嫌な面が見えてくるものです。 何年か一緒に暮らしてみて、実は性格もそんな良く無かったり、本性発揮されて恐妻だったりした場合顔やスタイルなど外見が好みだとそれでも好きでいれたり、浮気でもされないか?など心配したりしてうまくというものです。 最初から好きなタイプで無い場合、もし本性が酷い場合いいとこ無しですよ。 性格が悪くなくてもファッションなど外見に無頓着な場合、年々どっしりしてきておばさん化が酷い場合も有ります。 何十キロも増えてたりして。 その女性のお母様を一度ご覧になれば、何十年後が分かるかもしれませんね。 とにかく、外見も好みの女性をおすすめします。 それなら、性格など中身の嫌なところがあっても結婚生活目をつぶれます。 ベテラン主婦より。 A ベストアンサー 料理の完成形が見えていないからだと思います。 完成形を描けずに途中段階を試行錯誤すると完成形は違う料理になってしまう。 水炊きの出汁は鶏皮と筋から出るので(コラーゲン鍋とかあるでしょ?皮や指先=もみじのゼラチンをとるのです)、皮と身を分けないどころか、普通は骨付きのぶつ切りを使い、水から茹で灰汁を取りながら出汁をとり、食べる肉は別に分けて後からサッと茹でる。 臭いの元は皮じゃなく脂ですし、 キッチンバサミで皮をとるレシピは鶏ムネ肉じゃないですか? 清酒に1時間漬けたら、鍋程度の煮込みじゃアルコールが飛びませんので、肉が酒臭くなる。 そういうのをごちゃ混ぜに混同すると、どんどん調理がずれていって、違う料理が完成。 しっかりレシピ通りに計量どおり作れってわけじゃないんですが、 レシピには必ず科学的な根拠があって、順番を変えたり違う方法を導入すると、完成系が変わってしまい、 そのうちで、下ごしらえが基礎中の基礎。 これを間違えると最初から最後までずっと間違ったまま。 そら美味しくない。 鶏もも肉は、ムネより脂のノリを活かすため、まず皮をはがす料理法はないです。 ムネ肉には棒々鶏とかあります。 鍋の調理で臭いを消したいなら、肉にフォークで皮ごとブスブス刺して、筋を切り、 塩を振り10分ほど置いて水を出し、ざるに並べ、熱湯をかけて湯引き(霜降り)にします。 さっと熱湯で下茹ででも可。 そして、水の鍋に肉を入れ(水の半量が日本酒でもよい)、葱の青い部分や生姜のぶつ切りを入れ、火にかけ、沸騰したら葱と生姜を取り出し灰汁をとる。 これで臭いはしないはずです。 料理の完成形が見えていないからだと思います。 完成形を描けずに途中段階を試行錯誤すると完成形は違う料理になってしまう。 水炊きの出汁は鶏皮と筋から出るので(コラーゲン鍋とかあるでしょ?皮や指先=もみじのゼラチンをとるのです)、皮と身を分けないどころか、普通は骨付きのぶつ切りを使い、水から茹で灰汁を取りながら出汁をとり、食べる肉は別に分けて後からサッと茹でる。 臭いの元は皮じゃなく脂ですし、 キッチンバサミで皮をとるレシピは鶏ムネ肉じゃないですか? 清酒に1時間漬けたら、鍋程度の... A ベストアンサー 尿蛋白が陽性と出た場合、起立性蛋白尿と区別するためです。 尿蛋白の検査は、慢性糸球体腎炎のような重篤な病気を早期発見するのに、大変有用とされています。 (費用が安い、被検者に苦痛がない、検査手技が簡便) ただ、欠点は、偽陽性が多いということです。 この偽陽性の代表的な原因として、冒頭で述べた起立性蛋白尿が挙げられます。 これは、人によっては、体動を長時間続けると、尿に蛋白が出てくるというもので、病的意義はないとされています。 したがって、随時尿から、蛋白が検出されてから、改めて早朝尿を調べるという方法でも、起立性蛋白尿を除外できるのですが、今回の検査はそうした二度手間を避けようとしたものでしょう。 A ベストアンサー 生クリームが乗っているケーキは、できるだけ早く食べた方が良いのですが…ホールで買うと、どうしても残ってしまいますよね。 また、クリームは匂いを吸収しやすいので、冷蔵庫臭もつきやすいです。 お皿に乗せて、しっかりラップして下さいね! …ただ、保存しておいたものを食べた場合、万が一それが原因で当たってしまったとしても、お店やメーカーは保証してくれません。 ですから、夏場はできるだけ早く食べちゃってくださいね! ちなみに、飾りの少ないショートケーキなら凍結して保存することはできます。 冷凍庫に入れて急速に凍結し、解凍する時は冷蔵庫内で12時間くらいをかけてゆっくり解凍してあげてください。 室温は絶対にダメですよっ! クリームが溶けちゃいます。 ラインの下や飾りの下にひび割れが出来てしまい、みてくれがちょっと悪くなりますが、べしょべしょになるようなことはありません。 クリームがちょっと固くてボロッとした感じになってしまいますが、そこそこ食べられます。 生クリームとスポンジ部分は問題ないですよ。 もし、冷凍保存するのでしたら、買ってからなるべく早めの方が、状態が良くなると思います。 生クリームが乗っているケーキは、できるだけ早く食べた方が良いのですが…ホールで買うと、どうしても残ってしまいますよね。 また、クリームは匂いを吸収しやすいので、冷蔵庫臭もつきやすいです。 お皿に乗せて、しっかりラップして下さいね! …ただ、保存しておいたものを食べた場... Q 鮭を使った料理をするとき、いつも臭みが残っているのが気になっています。 ごく普通の焼き魚や刺身は気にならず、むしろ美味しく食べています。 でも、ムニエル、フライ、ホイル焼きなど、生鮭を使う料理のときには臭みを感じてしまいます。 下味をつけ、火もちゃんと通っているのに。 臭みを消そうと、お酒に浸してみたのですが変わりません。 レモンやバターを使っても、鮭の中のほうの臭みが気になるんです。 魚を買う時は、いくつかのスーパーのうち、刺身が美味しいと思う店で買うようにしているので、鮮度はそれ程悪くない気がします。 子供たちに魚の美味しさを感じて欲しいので、どうしてもこの生臭さを解消したいのです。 生臭さを消す方法、気にならずに食べられるレシピなど、教えてください。 ~子供が小さいため、香辛料をたくさん使う方法は使えませんが・・・。 A ベストアンサー 一応料理に携わっている者です。 焼き魚や刺身だとOKだけど、その他の調理法では生臭みを感じるとの事。 何となく判ります。 (僕は個人的には、鮭はちょと焦げ目が付くくらいの塩焼きで、皮ごと食べるのが最高だと思っています。 笑 ) でも、他の調理法でも、ちゃんとした洋食レストランで食べるとそれ程気にならないでしょう? 多分ですが、他の調理法での火加減が弱いのでは?と思いました、確かにムニエルなどはバターを使うので、焦げやすいし弱火にしやすいのですが、そこは素材の厚みをちょいと薄めにして火の通りを良くする等しても良いかと思います。 (僕もフライパン料理は余り得意でないので、ちょいと自信が無いのですが、家庭用のフライパンは薄いので、素材を乗せたときにぐっと温度が下がり、慌てて火を強くすると今度は表面だけが焦げるなどしやすいです。 ) また、切り身は下味をつけたり、調理をする前に軽く塩を振り、3~5分位たった後に染み出てきた水気をペーパーなどでしっかりと取ってそれから下味を付けてみてください。 軽く塩を当て軽く水切りすることで、生臭みを取ることができます。 (塩焼きでも、それから味付け用の塩を再度振るのです。 ) 一応、考えられる所を挙げてみました。 お試しになってみて、ご意見など聞かせて頂けると嬉しいです。 一応料理に携わっている者です。 焼き魚や刺身だとOKだけど、その他の調理法では生臭みを感じるとの事。 何となく判ります。 (僕は個人的には、鮭はちょと焦げ目が付くくらいの塩焼きで、皮ごと食べるのが最高だと思っています。 笑 ) でも、他の調理法でも、ちゃんとした洋食レストランで食べるとそれ程気にならないでしょう? 多分ですが、他の調理法での火加減が弱いのでは?と思いました、確かにムニエルなどはバターを使うので、焦げやすいし弱火にしやすいのですが、そこは素材の厚みをちょいと... A ベストアンサー こんにちは。 30代オンナです。 私は5年前に実母を癌で亡くしました。 そのときに会社の皆さん、友人たちにいろいろな言葉をかけてもらいました。 「大変だったね」「何かできることあったら言ってね」等々なぐさめやねぎらい(お通夜・お葬式は大変だった!)の言葉はどれもありがたいものでした。 ただ、うちの母親の場合56歳という若さで亡くなったのでそれは私自身とても残念で悲しいことでした。 唯一「まだ、若かったのに残念ね・・」という言葉には正直辛く感じました。 わたくしごとをゴタゴタ並べてしまいましたが、やはり何か言葉をかけてあげたほうが良いと思います。 腫れ物を触るように気をつかっていただいたことがあり逆にこっちが気をつかっちゃったりしたことがありました。 ただ、なくなった直後は葬式やら事務手続き等でとても忙しくて亡くなったんだ実感というものが感じられません。 できたら、落ち着いた頃に 49日が終わり、2か月くらいたったころ)食事にでも誘ってお話を聞いてあげてみてください。

次の

親子丼

親子 丼 ムネ 肉

本日は三島市富田町にある 「うなぎ・和食処 すみの坊」を訪れました。 国1沼津バイパスを沼津から箱根方面へ向かい 「玉川」交差点を右折、長岡方面へ向かう 140号線にはいりますが、間もなく左手に 「すみの坊」の看板が見えます。 写真は逆に長岡方面から北に向かって来た時の140号線ですが、 これに平行して東側に通る136号線の方が大きい道路です。 この140号線も毎日交通量が多く、けっして空いているとは 言えませんが、国1バイパス経由よりはマシです。 写真の右手に「すみの坊」の大きな看板が まもなく見えてまいります。 時刻は13時半を回ったところですが混雑の心配はないでしょう。 「食べログ」などで下調べをしていませんが 以前訪れたこともあり、鰻や比内地鶏の親子丼などが 頂けるのは知っておりまして、 今回はその「比内地鶏の親子丼」がターゲットです。 なかなか品のある立派な店構えです。 それなりにいいお値段の料理を出していそうな様子が伺えます。 ご覧の通り「親子丼」の大きな看板を出してはいますが 「鰻」がウリのお店で、後で知りましたが「本町うなよし」と 同じグループのようです。 店頭にはご覧のような写真が掲示されていて 「鰻」へのこだわりを感じさせます。 店内へ足を踏み入れますと、一人でしたので カウンター席を案内して頂きました。 4人掛けで既に二名様がお食事中です。 お2人とも「鰻」を召し上がっていました。 カウンターと申しましてもご覧のように 厨房の様子も伺えず、テレビがワイドショーを 映し出していたりで、店の品のある趣とは裏腹に 大衆的な定食屋さんのようです。 品書きのトップはやはり「鰻」ですが お目当ては「比内地鶏親子丼」です。 写真の品書きにはセットが出ていますが単品で 1,000円の方を注文しようと・・・ なかなか注文をとりに来て頂けませんので他のメニューも じっくりと拝見。 ここのところ「海鮮丼」をあちこち食べ比べしてまいりましたが 8,888円という豪華な「海鮮丼」もあります。 「中トロづけ丼」などはマグロ好きにはそそられます。 煮魚を出して頂けるお店が少ないと前に書きましたが こちらでは「金目」や「いさき」などを頂けます。 そこそこのお値段ですので私なら 自分で料理して頂いた方がお得かと。 寿司やステーキまでメニューが幅広いですが、 「鰻」を目的とする方は三島には有名店が多いので 専門店を訪れるのではないでしょうか。 こちらが「鰻」とは別の看板メニュー「比内地鶏親子丼」です。 玉子の半熟とろとろ具合は見た感じ申し分ございません。 地鶏はやはり固めですので、弾力のある若鶏の歯ごたえが お好みの方には今ひとつかと思います。 ただ、しっかりと「焼き」の香ばしい風味があり、 とろとろの玉子も若干ゆるめではありますが、 玉子かけご飯感覚で美味しく頂けました。 同じ玉子とじでも「カツ丼」と違い、「親子丼」の場合 「カツ」の衣を気にする必要がないので 多目のとろとろ半熟で大いに結構です。 「地鶏」はいわば「ブランド」ですので 「ブランド」志向の強い方にはオススメです。 私的には柔らかいながらも弾力のある歯ごたえの 若鶏を使った「親子丼」の方が嬉しいです。 先日頂いた伊豆村の駅にある「たまごや」の 日本一高い「極めつけ親子丼」より お得感、満足感で上回りそうです。 店員さんと横のお客さんの会話が耳に入りましたが、 品のある店構えに反してこちらの店員さんも いわゆる「静岡スタンダード」です。 三島は沼津に輪をかけて「なあなあ」な甘えた風潮ですので 店員さんとお客さんが「タメグチ」というような光景は 静岡県なら銀行などでも見かけることがよくあります。 他県から訪れた方には当然「店員の言葉遣いがなってない」 と思われるわけですが、地元ではこれが「スタンダード」で、 平たく言えば「育ちが悪い」と言うほかはございませんが むしろ地元での「客」としてのマナーの方も恥ずかしい限りです。 「食べログ」あたりですと「サービス」の項目で 辛い点数がつきそうなお店ですが、 お値段に対してお得と思うかどうかは別としまして メニューも豊富でいいお店だと思います。 二階には40名ほどで宴会が出来る座敷席があるほか、 一階にもテーブル席がいくつか。 普通なら空いている時はテーブル席へ案内されるものですが、 こちらでは4人掛けのカウンターに3名も。 店構えが立派な割には・・・細かいことは大目に。 三島ですから。 日替わりで740円のランチメニューもございます。 店名 すみの坊 富田町店 (すみのぼう) ジャンル うなぎ TEL 055-983-3888 住所 静岡県三島市富田町3-3 営業時間 11:00~14:00 16:00~21:30 L. suminobo. 小山町から御殿場方面へ向かう途中に 「道の駅」がありますが、 この三島市の「村の駅」にある「たまごや」という店で 美味しい玉子料理を出していると言うので 今日はこの「たまごや」を訪れました。 「村の駅」には沼津インター付近にある魚のお土産物屋さんの ような「おさかな市場」という店もありますが、 「おさかな市場」の中に「丼屋九兵衛」という 海鮮丼などを出す店もあって、食欲をそそられます。 「たまごや」も店内に入ると卵やお菓子などの お土産売り場があり、店内右奥にテーブル席が並び そこで食事が出来るようになっています。 その名のとおり、オムライス・親子丼などの玉子料理や 玉子を使ったデザートがメニューです。 親子丼目当てで来ましたがこのメニューにある 「一日5食限定、極めつけ 親子丼」の1ページが 目に飛び込んできまして、こちらを注文。 「限定」という言葉に弱いというより、 もう一度来てみたいと思うかどうか 食べてみないとわかりませんから、 二度目がないかもしれないと思えば やはり最高峰のメニューを選択します。 昼前の11時半ですが「5食限定」ですので念の為 「まだありますか?」と問いますと、 店の方が厨房まで確認に行き、 ちょっと不安がよぎりましたが「出来ます」との返事。 お連れ様は親子丼1,260円を注文。 「極めつけ」は2,300円くらいで、 「静岡一高い親子丼」というキャッチフレーズを持ちます。 両者の違いは秋田比内地鶏のモモとムネを使っているのが ふつうの方で、モモのみが「極めつけ」です。 さらに「極めつけ」の方には写真のような付け合せが あり、いい舌休めになります。 「親子丼」にはこだわりの酵母卵の 「たまごいっぱいでシュー(63円)」というデザート付きで、 羨ましいと思いつつ、 来ました、「極めつけ」が。 こじゃれた器の隣にあるのが土瓶蒸しです。 見た目なかなかいい感じです。 2,300円という価格は「日の出たまご」という こだわりの卵や比内地鶏のほか、付け合せもあわせて どんな内訳かはわかりませんが、 親子丼にしては破格な高値です。 それほどの価格に見合った親子丼かどうか、 見極めるような気持ちで箸をすすめていくと、 器の底がやけに浅いではありませんか。 外観は丼ですが、まるで「せいろ」のようです。 器はどうみても丼ですが、玉子とじの下のご飯は まるで皿に盛ったかのような控えめチックで、 あきらかに少ないです。 首を傾げてしまうほどです。 高い家賃で原価低減のためにご飯の量を減らしてしまった のでは・・・などとケチな邪推をしてしまうほどですが、 何もご飯の量をケチらなくても。 「観光客料金」ではないかとのお連れ様の声も。 地鶏なのでモモ肉ですが固めで歯ごたえがあります。 牛ヒレのように柔らかい肉が日本人は好きですが、 そういうイメージを持って食べると「ん?」と 感じてしまうかもしれません。 玉子とじの卵も美味しく頂けます。 ただ、寿司もそうですが例えるなら ネタが小さいとかシャリとの量のバランスが 悪かったりすれば、当然それはマイナスです。 残念ながら鶏肉もご飯もボリューム不足で とても満足のいくものではなかったので 「もう一軒」と言うことになりました。 また来たいと思ったかどうか。 機会があれば、といったところでしょうか。 お土産のスイーツは美味しそうでした。 たまごや ジャンル その他、カフェ TEL 055-984-1217 住所 静岡県三島市安久322-1 伊豆 村の駅 営業時間 9:00~20:00 定休日 無休 設備・サービス ランチ営業、日曜営業.

次の