どうせ捨てられるのなら最後に好きにさせていただきます。 どうせ捨てられるのなら、最後に好きにさせていただきます / 碧貴子 :BK

どうせ捨てられるのなら、最後に好きにさせていただきます (メリッサ)

どうせ捨てられるのなら最後に好きにさせていただきます

新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• 現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。 ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です 続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• ・いつでも解約ができるから安心!• 現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。 ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です Reader Store BOOK GIFT とは ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。 贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK! ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。 お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。

次の

どうせ捨てられるのなら、最後に好きにさせていただきます(碧貴子) : メリッサ

どうせ捨てられるのなら最後に好きにさせていただきます

ヒーローがヒロインに強引に迫る話は沢山ありますが、こちらは前半にヒロインがヒーローに強引に迫ったところから始まります。 そこが新鮮で、この先どうなるのだろう?と興味を持ちました。 かと言えばそのままでもなく、立場が逆転したり、後から関係性が見えてきたり…と「なぜ??」と思うところが何か所かあり楽しく読みました。 ヒーローがとてつもなく不器用で素直でなくて意地っ張りなのに、それが後半まではっきりしなくて私としてはそこがモヤモヤとしました。 中盤あたりでもう少しそのあたりの葛藤だったり片鱗が見えたりした方が好みです。 少し匂ってはいましたが、後半まで引っ張りすぎた感があり、期待したよりもあっさり最後はまとまったような感じがしました。 ゆえに、ヒロインが勝手に勘違いして引っ掻き回して、1人で混乱してみたいな印象もちょっぴり感じましたし、この話の本質的な部分なのですが、ヒロインが最初にしてしまったことがとても可哀そうになってしまし、こんなこじらずに迎えるハッピーエンドもあったんじゃないかな…なんて思いました。 続編も楽しみなので書籍化してほしいです。 面白い。 ヒーローが前半小学生にしか見えなかった。 前半は、好きな子にいじわるしちゃう小学男児か!と、なかなか素直にならないヒーローにモヤモヤしちゃって、ずーっとコレ続いたらどうしようとすれ違いのすれ違いに早くさっさと告れ!!とイラッとしましたが、 しかも好きすぎて鷹が外れたヒーローの暴走もすごい ですが………最後まで読んで良かった! いつの間にか包容力のすごい執着系男児に成長 開き直りか? して、これでもかというほど耐えて、ヒロインを大事にします! 前半のダサイ子供はどっかに行きカッコ可愛く成長したヒーローはとても魅力的でした。 ヒロインみたくこっちから攻めちゃう気持ちもわかります笑 そこからのヒロインとヒーローの恋愛初心者のくせに大人の付き合いをイチャイチャしてお互いがお互いのこときちんと思い合ってハッピーエンドでよかったな〜と… ヒーローのお兄さんの話途中で終わりましたがもっと読みたいと思わせる作品でした。 ネタバレありです。 冒頭、定番の婚約破棄ではじまる物語ですが、ヒロインが突拍子もない行動に出ます。 婚約破棄を受け入れる条件に最後に二人きりでお茶を飲みたいと。 ヒーローは受け入れるのですが、拘束魔法で不意をついたヒロインがヒーローを縛りあげて屈辱して既成事実を成します。 今まで耐えてきたヒロインの気持ちを考えると、動けないヒーローの反応を楽しむヒロインには、いやらしさを感じさせず、むしろ男女逆転の行動にスカッとしました。 ヒロインは婚約の制約魔法を解除して隣国に身を隠します。 ヒロインの父親の政治的な権力に反感を持っているヒーローはヒロインを昔から好きなのに、ヒーローの取り巻く環境のせいもあり、なかなかなか好きだと言葉に出せません。 今度はヒーローがヒロインを監禁状態にしたりとか、婚約破棄の訳とか色々と思いはすれ違うのですが読み進めていくうちにヒーローの一途さが分かります。 発端となった腹違いの兄王子との政権争いも解決していくのですが、兄王子も巻き込まれただけで良い人です。 ヒロインの恋敵とも決着が着いて盛り上がりがないと思う読者もいると思いますが、私は面白く読ませていただきました。 第一王子のお兄さんのお話も書いて欲しいですね。 どうしてこんな男を幼少時から好きなままでいられるかリアリティがない。 幼少時に優しくして貰ったとか、なにかエピソードがあればまだわかるが、こんな最低男をヒロインが思い続ける理由がわからない。 政略と言うけどその政略もはっきり説明されなくて、ヒーローがなぜ恋敵の方を選んだだのかさっぱりわからない。 ヒロインの一人称だけでヒーローも恋敵も周りの大人達の心情も全く出てこないので理解しがたい。 中盤まではどうして?どうして?の連続で全く意味不明。 最悪なのはもう一人ヒロインの父親。 政略に巻き込むならもっとソフトに娘を国外に逃がせないのか。 またヒーローが懇願したぐらいで、ヒロインの行方をあっさりばらすってなに?政敵にになった王太子に普通言わないでしょうよ。 ヒーローがヒロインを攫って閉じ込めて、ヒロインがひどい扱いされて身投げしたところで出てきて文句言っても、あなたのせいでしょうがとしか思えない。 ヒーローもヒロインが身投げして、肝を冷やしたって回想してるけど、全部あなたのせいでしょうよ。 なんか身勝手なやつらばかりで、気持ち悪いぐらいでした。

次の

どうせ捨てられるのなら、最後に好きにさせていただきます (メリッサ)

どうせ捨てられるのなら最後に好きにさせていただきます

ヒーローがヒロインに強引に迫る話は沢山ありますが、こちらは前半にヒロインがヒーローに強引に迫ったところから始まります。 そこが新鮮で、この先どうなるのだろう?と興味を持ちました。 かと言えばそのままでもなく、立場が逆転したり、後から関係性が見えてきたり…と「なぜ??」と思うところが何か所かあり楽しく読みました。 ヒーローがとてつもなく不器用で素直でなくて意地っ張りなのに、それが後半まではっきりしなくて私としてはそこがモヤモヤとしました。 中盤あたりでもう少しそのあたりの葛藤だったり片鱗が見えたりした方が好みです。 少し匂ってはいましたが、後半まで引っ張りすぎた感があり、期待したよりもあっさり最後はまとまったような感じがしました。 ゆえに、ヒロインが勝手に勘違いして引っ掻き回して、1人で混乱してみたいな印象もちょっぴり感じましたし、この話の本質的な部分なのですが、ヒロインが最初にしてしまったことがとても可哀そうになってしまし、こんなこじらずに迎えるハッピーエンドもあったんじゃないかな…なんて思いました。 続編も楽しみなので書籍化してほしいです。 面白い。 ヒーローが前半小学生にしか見えなかった。 前半は、好きな子にいじわるしちゃう小学男児か!と、なかなか素直にならないヒーローにモヤモヤしちゃって、ずーっとコレ続いたらどうしようとすれ違いのすれ違いに早くさっさと告れ!!とイラッとしましたが、 しかも好きすぎて鷹が外れたヒーローの暴走もすごい ですが………最後まで読んで良かった! いつの間にか包容力のすごい執着系男児に成長 開き直りか? して、これでもかというほど耐えて、ヒロインを大事にします! 前半のダサイ子供はどっかに行きカッコ可愛く成長したヒーローはとても魅力的でした。 ヒロインみたくこっちから攻めちゃう気持ちもわかります笑 そこからのヒロインとヒーローの恋愛初心者のくせに大人の付き合いをイチャイチャしてお互いがお互いのこときちんと思い合ってハッピーエンドでよかったな〜と… ヒーローのお兄さんの話途中で終わりましたがもっと読みたいと思わせる作品でした。 ネタバレありです。 冒頭、定番の婚約破棄ではじまる物語ですが、ヒロインが突拍子もない行動に出ます。 婚約破棄を受け入れる条件に最後に二人きりでお茶を飲みたいと。 ヒーローは受け入れるのですが、拘束魔法で不意をついたヒロインがヒーローを縛りあげて屈辱して既成事実を成します。 今まで耐えてきたヒロインの気持ちを考えると、動けないヒーローの反応を楽しむヒロインには、いやらしさを感じさせず、むしろ男女逆転の行動にスカッとしました。 ヒロインは婚約の制約魔法を解除して隣国に身を隠します。 ヒロインの父親の政治的な権力に反感を持っているヒーローはヒロインを昔から好きなのに、ヒーローの取り巻く環境のせいもあり、なかなかなか好きだと言葉に出せません。 今度はヒーローがヒロインを監禁状態にしたりとか、婚約破棄の訳とか色々と思いはすれ違うのですが読み進めていくうちにヒーローの一途さが分かります。 発端となった腹違いの兄王子との政権争いも解決していくのですが、兄王子も巻き込まれただけで良い人です。 ヒロインの恋敵とも決着が着いて盛り上がりがないと思う読者もいると思いますが、私は面白く読ませていただきました。 第一王子のお兄さんのお話も書いて欲しいですね。 どうしてこんな男を幼少時から好きなままでいられるかリアリティがない。 幼少時に優しくして貰ったとか、なにかエピソードがあればまだわかるが、こんな最低男をヒロインが思い続ける理由がわからない。 政略と言うけどその政略もはっきり説明されなくて、ヒーローがなぜ恋敵の方を選んだだのかさっぱりわからない。 ヒロインの一人称だけでヒーローも恋敵も周りの大人達の心情も全く出てこないので理解しがたい。 中盤まではどうして?どうして?の連続で全く意味不明。 最悪なのはもう一人ヒロインの父親。 政略に巻き込むならもっとソフトに娘を国外に逃がせないのか。 またヒーローが懇願したぐらいで、ヒロインの行方をあっさりばらすってなに?政敵にになった王太子に普通言わないでしょうよ。 ヒーローがヒロインを攫って閉じ込めて、ヒロインがひどい扱いされて身投げしたところで出てきて文句言っても、あなたのせいでしょうがとしか思えない。 ヒーローもヒロインが身投げして、肝を冷やしたって回想してるけど、全部あなたのせいでしょうよ。 なんか身勝手なやつらばかりで、気持ち悪いぐらいでした。

次の