川口春奈 薬物。 【画像】川口春奈が痩せた!激痩せで頰がこけた理由は?大河やアンチが原因?

川口春奈NHK見返す!実は大河ドラマ、沢尻エリカ、榮倉奈々の代代役だった!

川口春奈 薬物

Contents• 【画像】川口春奈『麒麟がくる』で沢尻エリカ代役の帰蝶(濃姫)役を 大河ドラマ「麒麟がくる」での川口さんの役どころは、後に織田信長の正妻になる帰蝶(濃姫)です。 斎藤道三の娘(母は正妻・小見の方)。 光秀とは姻戚関係であり、幼いころからの付き合いでもあるります。 政略結婚により、のちに織田信長の正妻となる人物です。 大河ドラマはもちろん、時代劇がはじめてなのでとても緊張しています。 同時に、織田信長の正室という重要な役どころを演じさせてもらえることはとても光栄なことだと思っています。 言葉や所作など難しい部分はたくさんありますが、今回の『麒麟がくる』を楽しみにしてくださっているみなさんの期待に応えられるように全力で挑んでいきます。 帰蝶は、とても強くて凛とした女性です。 戦国という時代を生き抜くのは女性にとっても大変なことだと思うし、しかもあの信長を支えた人なので、きっと男性にはない賢さやしたたかさをもっていたのではないでしょうか。 監督をはじめ、まわりの方々にアドバイスをいただきながら、脚本のなかで描かれている帰蝶像に少しでも近づけるように、ワンシーン、ワンシーンを大切に演じていきたいと思っています。 公式HPより 川口春奈『麒麟がくる』で演技下手を覆す? 「時代劇は初挑戦で、帰蝶という役柄を大切に、大胆かつ丁寧に、そして芯のある様を全身全霊で演じさせていただいています。 初回での川口さんの出番はまだ短かったようですが、強烈な印象を残したようです。 尾張の織田信秀(高橋克典)が美濃を攻めてきた。 緊迫するシーンを馬に乗った女性が颯爽(さっそう)と駆け抜ける。 川口春奈 演じる斎藤道三(本木雅弘)の娘・帰蝶だ。 帰蝶は稲葉山城へ行き、廊下をドスドスと音を鳴らしてかっ歩。 父の力になりたいと志願するも断られ、不服そうな表情。 出演シーンは短いが、強烈な印象を残した。 livedoor. 試写室の関係者は前のめりとなった。 時代劇で音を立てて歩く女性はあまり見かけないが、その音にこそ気が強いと言われる帰蝶の魂を感じた。 時代劇初挑戦で、急ピッチで所作指導などを受けたとは思えない立ち居振る舞い。 川口がクランクイン後に発表した「大胆かつ丁寧に、そして芯のある様を全身全霊で演じさせていただいています」という宣言通りの演技だ。 放送前から漂う不安感も川口帰蝶を見れば一蹴されるだろう。 livedoor. 後に帰蝶役が決まった川口春奈について、長谷川は「すごくストレートなお芝居をする方で、持ち前の魅力で姫っぽさもあるのですが、たまに意表を突かれる。 そういうお芝居をする方です。 これからのシーンもワクワクしています」 「思っていたことと違う芝居が返ってくるのは、帰蝶という役柄にとても合っていて、シンクロして見えていますね。 帰蝶もそういう人間なんだと思います」と、その魅力を語った。 html 川口さんのいい意味で予想を裏切る可能性にとても期待していることがわかります。 【動画】川口春奈が大河ドラマ『麒麟がくる』に出演! 第一回の放送で、終了間際の短いシーンでの登場。 しかし、十分、帰蝶の勝気な性格が表現されていて、今後がとても楽しみになりました。 出演シーンの動画がこちらです。 あのセットをもう一度、建てるの大変だったろうな。 戦国突入前の足利の室町残る感じの衣装がとてもとても良い — ニシダハルコ。

次の

【大河ドラマ】沢尻エリカの代役に川口春奈がなぜ選ばれた

川口春奈 薬物

合成麻薬・MDMAの所持で逮捕された女優・沢尻エリカ容疑者 33 が、来年1月5日から出演予定だったNHK大河ドラマ『麒麟がくる』を降板し、代役を女優・川口春奈さん 24 が務めることが21日に正式発表されました。 NHKは、沢尻エリカ容疑者の代役として川口春奈さんを起用した理由について、 「確かな演技力があり、戦国武将の娘としての気高さと強さを表現していただけると考えた」と説明しています。 ちなみに、川口春奈さんは時代劇初挑戦だそうで、NHK大河ドラマ初出演となります。 『麒麟がくる』は沢尻エリカ容疑者が逮捕された16日時点で、すでに来年3月放送の第10話程度まで撮影が終わっていたとされ、撮り直しするにしても放送開始日が延期となる可能性もあると言われていましたが、NHKによれば 予定通り来年1月5日からスタートし、第1話から川口春奈さんが登場するとしています。 川口春奈さんが『麒麟がくる』で演じるのは、本木雅弘さん演じる斎藤道三の娘であり、政略結婚によって染谷将太さん演じる織田信長の正妻となる帰蝶(別名=濃姫)役で、第2のヒロインとも言える非常に重要なポジションとなっています。 帰蝶(きちょう)は、長谷川博己さん演じる主人公・明智光秀と幼少期からの付き合いでもあるという役どころで2人が絡むシーンが多く、 初回から作品の終盤まで出演予定となっており、 撮り直しは12月初旬から始まるとみられています。 『スポーツニッポン』(スポニチ)によれば、第3話は帰蝶がメインのストーリーとなっているそうですが、制作サイドはNHK内で 「12月の1ヶ月で撮り直すことができれば1月5日の放送開始に間に合う」と強気に説明しているといい、これに対して「物理的に無理」だと見ている関係者もいるとのことです。 そして、川口春奈さんが沢尻エリカ容疑者の代役に抜擢されたことに対してネット上では、• 暇なのがこれしかいなかった感• 濃姫のイメージじゃないな• 緊急の代役としては頑張った方なんだろな。 あんまり演技力があると思ったことないけど• 川口春奈に時代劇のイメージはないのだが背に腹は代えられない感じかな• 「時代劇の経験が豊富で、所作などを学んだ経験のある演技力の確かな女優」ではないだろNHK• 大河なんて長期スケジュールになるのをこんな急遽いれられるんだから、まあ売れっ子は来ないわな• 川口春奈には大チャンスが舞い込んだ形になるね!頑張ってほしいな• これは大躍進!絶好のチャンス!このこは作品に恵まれていなかっただけで、演技はしっかりしてると思う• 川口春奈は全く名前が出てなかったよね。 意外と言えば意外だが、彼女はありだと思う。 数人が断った末に彼女に決まったんだろうが、断った女優たちが後悔するくらいの名演技を見せて欲しい。 などのコメントが寄せられています。 これまでNHK大河ドラマで帰蝶(濃姫)役は、内田有紀さん、和久井映見さん、菊池桃子さん、麻生祐未さん、松坂慶子さん等が演じており、他局のドラマでは柴咲コウさん、観月ありささん、小雪さん、菊川怜さん、中谷美紀さん、多岐川裕美さん、名取裕子さん、かたせ梨乃さん、十朱幸代さんなどの有名女優たちが演じています。 『麒麟がくる』では特に重要な役どころで、沢尻エリカ容疑者と川口春奈さんは全くタイプの違う女優で、演技力にも差があることから、代役発表に対しては否定的な反応もあります。 川口春奈さんも非常に大きなプレッシャーを感じ、初の時代劇挑戦、初の大河ドラマで不安な気持ちなどあるかと思いますが、ここで結果を残せば女優としてさらに飛躍することになるので、川口さんが演じて良かったという声が視聴者から上がるような演技を見せてほしいです。

次の

川口春奈は大丈夫?違法薬物は交際相手から?大河【麒麟がくる】の代役

川口春奈 薬物

14年(19歳)映画「好きっていいなよ。 」主演。 20年(25歳)大河ドラマ「麒麟がくる」出演。 鶏の唐揚げ。 スルメ。 キムチ。 梅干し(大好物)。 かんころもち(大好物、五島列島の郷土料理、実家から送って貰う)。 タイ料理。 激辛料理。 ・嫌いな食べ物…なすび。 ・自炊をする。 ・酒が好き。 スポーツを見ながらビールを飲む。 ガード下の焼鳥屋が好き。 ・健康法…ストレッチ。 キックボクシング。 ・持病…腰痛(15歳から整体に通っている)。 ・小学生高学年の頃から重症花粉症。 薬物療法、アレルゲン免疫療法、手術療法を試した。 花粉シーズンはティッシュを箱ごと持ち歩く。 公園のロケ中に症状がどんどん悪化して顔がつながらなくなった事がある。 普段は眼鏡を使用。 ・自宅のお風呂につかるのが嫌い。 ・朝起きるのが苦手。 ・阿部寛と鬼ごっこをする夢をよく見る (黒マントの阿部に捕まった人は死ぬ、捕まりそうになる所で目が覚める)。 02現在) ・運動が大嫌い。 激しい運動が大の苦手。 ・運動神経に自信がない。 「走り方、歩き方が変」とよく言われる。 50mのベストタイムは12秒台。 ・ルンバを愛用。 ・好きなアーティスト…加藤ミリヤ。 EXILE。 ・好きな俳優…ソン・ガンホ。 ・社会問題を扱った映画が好き。 ・お笑いが好き。 ・ぬいぐるみが好き。 ・花が好き。 ・トイレットペーパーを大量にストック。 ・インドア派。 ・オフの日は基本的にダラダラ過ごす(=12. 08現在)。 ・普段はノーメイク(=13. 03現在)。 ・ペット…犬(名前はアム=20. 04現在)。 ・住んでいた所…東京都・学芸大学(上京当時)。 ・自動車教習所に通っている(=13. 06現在)。 ・大型バイクに乗りたいと思っている(=13. 06現在)。 ・船舶免許を取りたいと思っている(=13. 06現在)。 ・銭湯が大好き。 サウナが好き。 ・釣りが好き。 1日300匹釣った事がある。 子供の頃からやっている。 ・熱しやすく冷めやすい性格。 ・情緒不安定気味。 ・感覚や感情を重視する。 ・はしゃぐ時はかなりのハイテンションになる。 ・物事を考え過ぎる傾向がある。 ・ひとりで行動するのが大好き。 ひとりでラーメン屋、焼肉屋に行く。 ひとりカラオケによく行く(多い時は週4回、平均2〜3時間)。 ひとりボウリングに行った事がある(ストライクで喜べないので1回で懲りた)。 ・Instagramをやっている(フォロワー数約240万人=19. 11現在)。 ・カラオケの十八番…安室奈美恵。 ・極度の人見知り。 ・人の好き嫌いが激しい。 ・人の言動を基本的に信用しない。 ・気分屋。 ・割り勘しやすいように千円札を大量に持ち歩く。 ・ひとめ惚れをした事がある。 わずかな空き時間にお茶・ランチ。 ・立石晴香…親友。 雑誌「ニコラ」のモデル仲間(同期)。 ・仲里依紗…友人。 同じ長崎県出身。 長崎弁で話す。 ドラマ「ヤンキー君とメガネちゃん」で共演。 ・前すすむ…友人。 「じじい」と呼ぶ。 ・福士蒼汰…映画「好きっていいなよ。 」で恋人役で共演(キスシーン多数)。 ・高橋一生…映画「九月の恋と出会うまで」で恋人役で共演。 ・竹野内豊…事務所の先輩。 一緒に食事した事がある。 ・FUJIWARA…好きなお笑いタレント。 原西の一発ギャグが大好き。 ・中川家、スギちゃん、ブルゾンちえみ…好きなお笑いタレント。 ・原田泰造…憧れている芸能人。 ・菅野美穂…尊敬している女優。 ・矢地祐介(総合格闘家)…交際を噂された(=19年)。 矢地が出場したベラトール日本大会を会場で観戦(=19. 29)。 07年から11年まで雑誌「nicola」モデル。 ・ユニット・merry merry Booとしてシングル「今すぐKiss Me」をリリース (「ファイテンションテレビ」の企画=08年)。 ・中学時代は仕事の度に五島列島から通っていた。 日曜日の夕方まで仕事をして、東京から福岡まで飛行機で2時間、 福岡から島まで船で9時間半かけて帰った(船で雑魚寝で寝た)。 ・中学卒業後に上京。 ・テレビ番組の企画でスカイダイビングに挑戦した事がある。 ・第90回全国高校サッカー選手権の応援マネージャーを務める(=11年)。 ・初写真集「haruna」で実家で撮影したショットを公開(=12年)。 ・ブログでノーメイク顔を公開(=12年)。 ・3冊目の写真集「haruna3」で下着姿を披露(=15年)。 ・テレビ「絶対に笑ってはいけない」で毒舌ヤンキーに挑戦(=18年)。 ・沢尻エリカの代役として大河ドラマ「麒麟がくる」に急遽出演(=20年)。 ・YouTubeチャンネル「はーちゃんねる」を開設(=20. 31)。 実家でまったり、女子会、メイク動画、など。 ・8社のCMに出演(=20. 03現在)。 ・テレビ「Going!

次の