大津 谷川 公園 キャンプ 場。 大津谷公園キャンプ場

日光だいや川公園 オートキャンプ場 クチコミ・アクセス・営業時間|今市【フォートラベル】

大津 谷川 公園 キャンプ 場

カテゴリー• カテゴリー• 289• 370• 110• 219• 155• 472• 218• 332• 3 Category•

次の

【大津谷公園キャンプ場】アクセス・営業時間・料金情報

大津 谷川 公園 キャンプ 場

池田温泉 住所:岐阜県揖斐郡池田町片山3021-1 地図を見る アクセス:養老鉄道池野駅からタクシーで10分(池野駅から無料送迎バスあり、定時便)名神高速道路大垣ICから国道258・21・417号、県道53号を垂井方面へ17km 駐車場:あり 81台(駐車料金 無料) 営業期間:通年 営業時間 10:00~21:30(閉館22:00) 休業日:月曜、祝日の場合は翌日休(12月30日~翌1月1日休) 電話番号 :0585-45-1126 風呂:男女別内風呂男女別露天風呂 風呂の種類:ジェットバス、サウナ、遠赤サウナ(岩塩)、スライダー風呂、源泉風呂 温泉:温泉です(池田温泉) 源泉掛け流し:循環式または貯湯式 泉質:単純温泉 食事処内容:食事処(11:00~21:00<閉店21:30>) 釜めし770円、ネギラーメン640円、にしんそば670円など 休憩施設内容:レストコーナー(無料) その他付帯施設内容ありマッサージ機コーナー、手もみ処、自販機コーナー (引用:BIGLOBE温泉) この日は雨で非常に肌寒い日でした。 傘がいるほどの雨だったので、池田温泉に行くのに迷いましたが行って良かったです。 かなり温まってリラックスが出来ました。 お湯の方は、ヌルっとした感じで温泉に入っているなーという気持ちになります。 お湯の温度がそんなに高くないのでゆっくり浸かれますね。 やはり、お湯の温度が高いとゆっくり浸かれませんからね。 池田温泉はお湯の温度が高くないのでわたし的にはありがたいですね。 池田温泉に行くと、いつも露天風呂に浸かり、温泉を楽しみます。 1週間の疲れが取れますね。 池田温泉は大津谷公園キャンプ場から車で5分程度で着きます。 非常に近い温泉です。 中は、それほど広くはありません。 こじんまりとした所だなーという印象があります。 特に我が家は春から秋に利用しますが、やはり19時以降は結構混みますね。 池田温泉を利用されるなら、18時過ぎが良いですよ。 そんなに混んでない時間ですから場内でゆったり過ごせますよ。 わたし、割りとアイスが好きなんですね(苦笑)ですから、池田温泉を利用した際は、必ずアイスクリームを買いますね。 以外に、アイスの種類はありますよ。 好きなアイスを選らんで下さいね。 お風呂上がりのアイスって最高ですよね。 いつも風呂上りは夫婦でアイスを食べながらゆったりとした時間を過ごしています。

次の

大津谷公園キャンプ場 アーカイブ · 妻が突然「キャンプ推進宣言」で、始めましたキャンプ・登山♪

大津 谷川 公園 キャンプ 場

数年前までは、それ程いっぱいになることもなかった大津谷キャンプ場ですが、最近はたくさんの人がキャンプに来られています。 特にオンシーズンは、ほぼ満サイトの状態で、遅い時間だとテントを張る場所がない時もあります。 「人気がある大きな理由は、キャンプ場が全て無料で利用できること」 サイトは整備され、サニタリー施設は数ヶ所ありきれいに整備されています。 無料なので時間の指定もなく、チェックインやチェックアウトも自由なので、朝に来て夕方に帰ると1泊2日でもゆったりとキャンプを楽しめるのが良い所。 我が家は今まで80泊以上大津谷公園キャンプ場を利用していて、1泊2日のキャンプが多いですが、時間に気にせずキャンプができるので1泊2日でもとても満足しています。 今回は、大津谷公園キャンプ場を80泊以上利用した我が家が、徹底的に詳しくブログで紹介したいと思います。 大垣ICや関ヶ原ICからは、車で30分程で大津谷公園キャンプ場まで行くことができるので、比較的アクセスは良い方だと思います。 山奥にあるキャンプ場ではなく、道中は細い道や山道がないので運転しやすいと思います。 便利なのが、大津谷公園キャンプ場から車で10分以内の所に、温泉・スーパー・ドラッグストア・ホームセンターの全てがあること。 大津谷公園キャンプ場の付近で、お風呂があり買い出しができるので、連泊しても困ることは一切ありません。 「我が家のおすすめは、ザ・ビッグエクストラ 岐阜池田店」 ザ・ビッグエクストラは、イオン系の大型スーパーマーケットで品ぞろえがよく、食料品を安く購入することができます。 大量に食料品を買うなら、ザ・ビッグエクストラ岐阜池田店がおすすめですね! 大津谷公園キャンプ場から車で15分程度で行けるので、それ程遠くはありません。 入浴料が安くお湯の質も良いので、入浴されるとかなり満足されると思います。 ナトリウム炭酸水素塩泉(低張性アルカリ性低温泉)でお湯の質はヌメリがあり、温泉からあがった後も肌がすべすべになります。 露天風呂もあるので、ゆったりと入浴できるのが良い所。 サイト: 大津谷公園キャンプ場はオートサイトではないので、車は駐車場などから荷物を運ばなければいけません。 場所によっては、サイト近くに車を停めることもできます。 「サイトは大まかに分けると2種類の場所があり、芝サイトと砂利サイトに分かれています」 下記の地図の黄色が芝サイトで、紫色が砂利サイト。 (赤丸:トイレ、緑丸:炊事棟、 黄色:芝サイト、紫色:砂利サイト) 芝サイトは、地面が芝ですが傾斜の場所がけっこうあり、駐車場から遠いので荷物を運ぶのが割と大変。 砂利サイトは地面の状態が砂利で、ペグを打つのに硬く、分厚いマットは絶対に必要です。 以前は、どちらかというと芝サイトの方の利用が多かったのですが、最近は砂利のサイトの方が人気があります。 芝サイトは荷物を運ぶのが大変という理由で、砂利サイトの利用が増えてきているのだと思います。 芝サイト(黄色の部分): 芝サイトは下記の地図の黄色部分で、平坦な部分もありますが傾斜の所が多く、テントの張り方を工夫しなければいけません。 (赤丸:トイレ、緑丸:炊事棟、 黄色:芝サイト、紫色:砂利サイト ) 川沿いにそって芝サイトがあり、オンシーズンはかなり込み合うこともあります。 「オンシーズンは下記の通り、たくさんの人が来られていて、ほぼ満員サイト」 砂利サイトもそうですが、大津谷公園キャンプ場はサイト選びが自由なので、良い場所を確保されたい方は、早い時間帯に来ることをおすすめします。 遅く来ると最悪、テントを張る場所がない可能性もあります。 サイト状況は芝ですが、硬い石が土の中にある場所もあり、我が家も使用するスノーピークのソリッドステーク30かエリッゼステーク28cmがあると安心。 風が強い時はしっかりとペグダウンをしなければ危険で、他のサイトにも迷惑もかかり、テントが破れることもあるのでペグダウンは大事。 サイトの雰囲気は下記の通りで、写真ではわかりにくいですが、けっこう傾斜がひどい場所もあります。 芝サイトの上の方は平坦な所が多いので、そういう場所は早い時間帯から埋まります。 芝サイト動画: サイトは川に沿ってあり、芝サイトの下の方は傾斜が多く、芝サイトの上の方は平坦な所が多くなっています。 「芝サイトの横が川になっていて、夏場は川遊びを楽しめます」 川は浅く、サイトから川遊びをしているお子さんの姿が見えるので、安心して川で遊ばせることが可能。 「砂利サイトと芝サイトの他にもう一つサイトがあり、下記の写真の茶色部分」 そこはサイトが砂利で、すぐ横が駐車場になっており、特に人気があります。 けっこう 人気があって、オンシーズンは早い時間から埋まります。 サイト動画: サイトの横が道路で、その横は駐車場になっています。 荷物(芝サイト): 「芝サイトの駐車場は合計3ヶ所あり、車を駐車場に停め荷物を運びます」 まず1ヶ所目の駐車場は茶色の斜線部分で、大津谷公園キャンプ場のメインの駐車場なので、かなりの車が停められます。 駐車場は、下記のような感じ。 駐車場から荷物を運ぶのは矢印のように運び、途中にある階段の上り下りが大変。 次の駐車場は下記の地図の茶色の斜線部分で、芝サイトを使用するのに一番使いやすい駐車場。 駐車場の前に小さい橋があるので、橋を渡り荷物を運びます。 最後の1ヶ所、車が停められるのは、下記の地図の茶色い部分。 芝生サイトの横にある道の路肩で、所々に下記のようなスペースがあり、邪魔にならないように車を停めることができます。 下記の地図の向かって左側が、芝サイトになります。 路肩からサイトに行くのが大変で、赤の部分が芝サイトになり、道が少し悪いので荷物を運ぶ時に注意が必要。

次の