ぜんそく コロナ。 ぜんそく治療のステロイド薬で新型コロナの肺炎改善か 症例報告、不適切使用で耐性ウイルス出現恐れも

新型コロナ「ぜんそくで重症化傾向なし」 成育センター:朝日新聞デジタル

ぜんそく コロナ

ぜんそくの治療に使われている吸入ステロイド薬で、新型コロナウイルスによる肺炎の症状が改善したとする症例報告があり、注目が集まっている。 報告したチームは「この症例のみで効果を論ずることはできない」として、多施設共同研究で薬の効果や適切な使用法を検証する。 日本感染症学会は薬を使った症例の報告を呼び掛けている。 神奈川県立足柄上病院と愛知医大のチームは、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船し、感染が判明して搬送された60~70代の男女3人の治療経過を公表。 3人は入院後、酸素の補給量が増加するなど徐々に悪化したが、国立感染症研究所の実験でウイルス増殖を抑える効果のあった吸入ステロイド薬の「シクレソニド(商品名オルベスコ)」を使用したところ、症状が改善したとしている。 詳しい仕組みは分かっていないが、吸入で肺の奥まで薬が届くと、ウイルスの増殖や炎症を抑える効果が期待できるという。 ただ不適切な使い方をすると、薬が効かない耐性ウイルスが出現する恐れがある。 オルベスコは気管支ぜんそくの治療薬として承認されており、ぜんそく患者の使用分確保も課題となりそうだ。 販売元の帝人ファーマは出荷調整を始めた。 愛知医大の森島恒雄客員教授(感染症内科学)は「軽症患者などに安易に使ってはいけないが、この肺炎は重症化するスピードが速い。 進行を食い止められるか見極めたい」と話した。

次の

アトピー・ぜんそく治療薬「ステロイド」が新型コロナ重症化防止に効いた!英国オックスフォード大が成功: J

ぜんそく コロナ

・デキサメタゾン:死亡率を低減 安価で広く入手可能なステロイド薬のデキサメタゾンは通常、アレルギー反応や関節リウマチ、ぜんそくなどの治療に用いられる。 COVID-19の治療薬を研究しているチームは今月、デキサメタゾンの投与で症状の極めて重い患者の死亡数が通常の治療に比べて約3分の1減少したと発表した。 だが、特効薬というわけではない。 研究者らはデキサメタゾンが人工呼吸器を装着した患者の8人に1人の命を救う可能性があると考えている一方、それほど重症でない患者には臨床的有益性がほとんどないことが明らかになっている。 ・レムデシビル:恩恵はわずか 抗ウイルス薬のレムデシビルがCOVID-19患者の入院期間を短縮させる可能性があることが、米国で実施された少なくとも2件の大規模研究で明らかになっている。 5月に米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル()」で発表された研究によると、本来はエボラ出血熱の治療薬として開発されたレムデシビルではあるが、患者の回復をプラセボ(偽薬)投与時よりも早めることができたという。 これらの研究結果は注目に値するものの、薬剤の効果は驚異的というわけではないようだ。 平均すると、レムデシビルによって患者の入院期間が15日から11日に短縮した。 しかし、英医学誌ランセット()に発表された1件の研究は、レムデシビルを用いた新型コロナウイルス患者の治療では、「はっきりとした臨床的有益性」が確認できなかったと記している。 ・ヒドロキシクロロキン:結果はまちまち 数十年前に開発された抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンは、ドナルド・トランプ()米大統領が奇跡のCOVID-19予防薬として大いに称賛したが、実際に治療薬として作用することの科学的な証拠はほとんどない。 英国の研究グループ「リカバリー()」は今月、ヒドロキシクロロキンがCOVID-19患者の助けにはならないとの結論を下した。 また、ヒドロキシクロロキンが効果を示さないばかりか、死亡リスクを高めると主張する研究論文がランセット誌に掲載された。 この結果を受けて複数の臨床試験が一時的に中断されたが、データに関する問題が原因で論文は撤回された。 一方、世界保健機関()は、ヒドロキシクロロキンに予防措置としてある程度の価値があることが現在進行中の臨床試験で示される可能性があるとの認識を示している。 ・その他の治療薬 このほかにも、別の目的で開発された複数の薬剤が新型コロナウイルス感染症の治療薬として有用かを調べるための試験が行われている。 ランセット誌によると、これまでに数十の薬品治療に関する臨床試験が1000件以上実施されているという。 中でも最も有望視されているのが、抗レトロウイルス薬のロピナビルとリトナビル、抗精神病薬のクロルプロマジン、免疫抑制薬のトシリズマブなどだ。 回復した患者から採取した血漿(けっしょう)に関する臨床試験でも、ある程度の可能性が示されている。

次の

『ぜんそくマーク』が大絶賛!咳に悩む人を救うバッチ「周囲の視線を気にしなくて済む」「こんなのが欲しかった!」

ぜんそく コロナ

気管支ぜんそく疾患の人は、新型コロナウイルスに感染しにくいかもしれないとする研究結果を、国立成育医療研究センターが6月2日発表した。 体内のアレルギー反応の影響でウイルス感染が起きにくくなっている可能性がある。 米国と中国、メキシコの感染者約1万7千人の論文データを分析。 これらの国の8都市では、人口の約8%がぜんそくにかかっているが、新型コロナにかかった人に占めるぜんそく患者の割合は5%強と低かった。 新型インフルエンザはぜんそくがリスク要因とされ、松本健治・免疫アレルギー・感染研究部長は「意外な研究結果だ」と驚いている。 ただぜんそくの人が新型コロナで重症化する度合いは健康な人と変わらず、松本部長は「新型コロナ感染を甘く見ていいわけではない。 さらに慎重な調査が必要だ」と指摘する。 チームの分析では、高リスクとされる糖尿病や慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)の人は、そうでない人に比べて重症化しやすかった。 新型コロナウイルスは、細胞表面にあるタンパク質「ACE2」にくっついて感染する。 アレルギー反応に伴う免疫物質がACE2の発現を抑えるとの報告があり、チームはこれが関係しているとみている。

次の