はちま jin。 [B! デマ] 泉信行 on Twitter:

はちま起稿とは (ハチマキコウとは) [単語記事]

はちま jin

最近のコメント• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より カテゴリー• 250• 121• 181• 151• 466• 111• 1 スポンサーリンク.

次の

[B! デマ] 泉信行 on Twitter:

はちま jin

フリーライターの方が「はちま起稿」や「オレ的ゲーム速報@刃」が出した任天堂の岩田聡さんの訃報を拡散する人がいる事に対し、 「はちまやJINの記事を貼る奴は、正真正銘の人間の屑だと思う」と発言した事が賛否を呼んでいる。 他ならぬ私もその方に絡んでみたら、私の意見とその方の意見、どちらも結構リツイートされていたので、まさに賛否両論だったのだろう。 個人的には今でもこの方の理屈は暴論だと思っている。 その理由は「情報拡散はどう行われるか」を考えていけば導き出せる。 この方はツイッターで発言していたので、「記事を貼る」は「リツイート」も含むと私は考えているのだが、リツイートに関して言えば 「リツイートする動機」には以下の2つがあると思う。 つまり 「どの面下げてしめやかに訃報なんぞ報じてるんだお前は」という事だ。 つまり彼らは「はちまやJINは酷い奴」という「文脈」を持っている。 この文脈が前提になっている。 そして実際、そのフリーライターさんは上記の発言に至った訳である。 私はリツイート自体はしていないのだが、訃報自体はJINのツイートで知った。 そこから訃報に関するコメントも書いた。 なので感覚的にはJINのツイートに呼応した形で発言した事になる。 そこで前述の「人間の屑」発言があった訳である。 私は情弱なので、JINが過去にどういう事をやってきたかという「文脈」が存在していなかった。 だからその時点でもフリーライターさんのように「どの面下げて」という感情すら湧かなかった。 ただ「岩田聡さんが亡くなった」という情報だけに呼応したのである。 そう、リツイートに大した意味なんてない。 ただ自分が印象に残った発言があったから、それを引用して拡散したに過ぎない。 そのアカウント・人物の「経歴」「文脈」まで調べあげてからリツイートする人なんて一部でしかない。 その人にとって注目すべき点だったのは目の前にあるその情報だけだからだ。 フリーライターの方はその部分の認識が致命的に間違っていた。 必ずしも「引用」に「賛同」は含まれないのだ。 ここで言えばはちまやJINというメディアへの肯定など一ミリも思っていないのだ。 ただ目の前に「訃報」というテキストがあったから反応した、それだけだ。 ある意味彼らは情強すぎたのだ。 私のような情弱はそんな文脈で発言を引用するとは限らないのだ。 そこに対して「人間の屑」と言ってのけたものだから、そりゃ場が荒れるってもんだろう。 私だってせっかくのしめやかな追悼ムードが一旦台無しになってしまった。 物書きを生業にしているのだから、せめて情報拡散の仕組みぐらいは理解していて欲しかったなとは思う。 まぁ、という事で情強すぎるのも困りものである。 必ずしもみんな、同じレベルの情報を持っている訳ではないのだという事を理解しておこう。 今回の件は発信した元が悪すぎたってのが一つ そしてそれに対しての反応が悪かったのが一つ ニコニコニュースでの書き込みを見ていると問題をどう捉えているかで 意見が分かれているのが判りやすいと思います 発信元がやらかしてきた事を知っていれば、おまえらが言うなと思ってしまうのは 普通の反応だと思われます ここら辺は日経が発言元でも同じように反応されるんじゃないでしょうかね? まぁそれくらい嫌われるレベルの事をやってきた所だったのが一つ まとめブログの問題に関してはもう大分長い期間やってる話ですから 知らない、忘れられている事はありまして、そういう知らない人が引用してしまう事について 強く言うのもちょっと違うなーと言う気持ちはあります そもそも何で悪いのか判らない人に対して、反応するのであれば 何が問題なのかそれを語るのが第一だと私は思います それがメンドウならば反応しない方がぶっちゃけマシですね どうせアフィ関係で嫉妬してるとかそういう風に捉えられるだけですから なので今回の件は訃報でもありますし、色々とあるような物は気分を害する人も居る だから公式発言や他のソースで拡散しようねとそれだけで良かった話ではないかなーと思うのです.

次の

あの「まとめサイト」のPV数はどのくらい?「オレ的JIN」のページビュー数は、読売・産経・毎日新聞を超える月1億4000万PV

はちま jin

(当wikiに開示請求しようとする方がいたので) なお、東方界隈にはwiki管理者に対して第三者にもかかわらず、そのことに関して開示請求を行おうとした方がいますのでかかわらないことをオススメします。 削除された部分に関してはを参照してください。 はちまと繋がっていたソニーとの関連で疑惑があるので削除の取りやめも考えましたが、管理人の身の安全のために削除しました。 ご了承ください。 なお、今後の展開によっては記載を復活させることもあります。 static. flickr. ブログオブザイヤー大賞にはちま・Jinをノミネートさせる。 はちま・JinなどのアフィブログはLINE社に決して少なくない利益をもたらしており、大手アフィブログが潰れないのはLINEがバックに付いているのも原因だと言われている。 アイディアファクトリー はちま起稿をエステルっぽい萌え女キャラとしてコンピュータゲーム内に出演させる ガスト はちま起稿での宣伝費としてWillViiに200万、そのうち50万がはちま起稿に渡ったとリークあり コナミデジタルエンタテインメント 小島プロダクション 管理人と小島秀夫氏のツーショット、密会疑惑 2012年1月、ステマ騒動に前後して、該当記事が削除される。 スクウェア・エニックス 加えて、グリムノーツのプロデューサーである石井 諒太郎氏が清水鉄平と会談していたことが明らかに 過去にもアンケートにはちま起稿を選択肢に入れたり、堀井雄二氏がはちまを見ていると発言していたり、はちまJinと関わりが深い。 日本一ソフトウェア 新商品の宣伝にはちま起稿等のアフィブログを使う事を計画 株主?? ブラック企業であるとして言われており、はちま起稿もブラックな人間である事が伺える。 MAGES. 社長がJinと知人関係。 ステマ擁護発言で顰蹙を買い、「ネタでした」と発言を削除 ステマは露見した時点でステマではないという発言あり。 bandaigames. channel. 2016年1月に買収し運営していたことが発覚。 同年10月にに売却したが、はちまを運営していたことに変わりはない。 「艦これ」や「刀剣乱舞」の運営元。 ヤクザが経営しているという疑惑や黒い噂が絶えない。 2016年12月以降、新たな疑惑が浮上しているが騒動の最中で未確定事項が多い為、確定するまで掲載は見送る。 はちまと繋がっているゲームメーカー・ゲームソフト• ソニー・コンピュータエンタテインメント 情報流出発表直前社長が飲み会に誘う、はちま起稿動画でソニー・コンピュータエンタテインメントのタグをしつこく削除、GK鯖が節穴に引っ掛かる• バンダイナムコゲームス テイルズ オブ シリーズのプロデューサーがはちま起稿と2ショット写真、公式広報がはっちー発言。 デジタルモンスター• アトラス インデックス、株主総会ではちまの名前出す、アンケートにはちま起稿の文字。 アイディアファクトリー はちま起稿をエステルっぽい萌え女キャラとしてコンピュータゲーム内に出演させる。 PlayStation 3「超次元ゲイム ネプテューヌmk2」• コナミデジタルエンタテインメント アンケートにはちま起稿の文字。 小島秀夫監督がはちまと仲良く2ショット写真• はちま起稿とJINを宣伝に使うと公式に発言)• ガスト(はちま起稿での宣伝費としてWillViiに200万、そのうち50万がはちま起稿に渡ったとリークあり)• THQ(はちまに何十万も広告費を払っているとJINが暴露。 サイバーコネクトツー• イメージエポック• SNKプレイモア松下佳靖• スパイク• チュンソフト• アクワイア• サイバーフロント• 日本ファルコム• 5pb. 角川書店 はちま起稿の業界接触一覧• アニプレックス テレビアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 アクアプラス PlayStation 3「ToHeart2」、PlyaStation Portable「ToHeart2 ダンジョントラベラーズ」• ディースリー・パブリッシャー Xbox 360「ドリームクラブ」• チュンソフト ニンテンドーDS「ぞんびだいすき」• コーエーテクモゲームス PlayStation 3「トリニティ ジルオール ゼロ」• アトラス インデックス、ニンテンドーDS「ラジアントヒストリア」、Wii「HOSPITAL. 6人の医師」、ニンテンドーDS「世界樹の迷宮III 星海の来訪者」• ソニー 3Dブラビア、PlayStation 3コンピュータゲーム• タカラトミー ニンテンドーDS「家庭教師ヒットマンREBORN! DS フレイムランブルXX超決戦! 真6弔花」• ソニー・コンピュータエンタテインメント PlayStation 3「白騎士物語」、PlayStation 3「ゴッド・オブ・ウォーIII• カプコン ニンテンドーDS「ゴーストトリック」 竹内潤 プロデューサー 大黒健二 ディレクター• ソフトバンククリエイティブ 雑誌「ゲーマガ」• 東芝 発光ダイオード レグザ• ライトナウ メイドカフェぴなふぉあ3号店• ユービーアイソフト Xbox 360「スプリンターセルコンビクション」• コナミデジタルエンタテインメント 小島秀夫 相関図.

次の