呼吸 すると 右 胸 が 痛い。 息を吸うと右胸が痛い5つの原因と改善策

二日ほど前から深く息を吸うと右の脇腹が痛みます。我慢できる痛み...

呼吸 すると 右 胸 が 痛い

背中の痛み、特に右側の場合は肝臓に何か問題が起きている可能性が高いです。 肝炎になっているならば、原因は過度の飲酒ということもあります。 また胆嚢に石ができている場合もあります。 呼吸してみて背中の右側に痛みがある場合は、食事を見直してみるとよいです。 コレステロールが高くなる脂質が多い食事やアルコールを毎日飲むような生活を改善して、肝臓に負担がかからない生活に変えていくとよいです。 呼吸してみて、右側の背中の痛みがあるということは体の右側にある臓器が悪くなっているといえます。 呼吸してみて背中に痛みが出てきているということは、ある程度進行してしまった肝炎または肝臓がんの可能性があります。 背中の痛みと甘く見ないで、出来るだけ早い段階で医師と相談しておくとよいです。 体の右側にある肝臓は、病気が進行しないと自覚症状をださないものです。 また肝炎などの初期症状は風邪に似ているため気にされないこともあります。 つまり、肝臓に良い食事をすれば背中の痛みもなくなっていくものです。 貝類やレバーなど肝臓にいいものは多いので、比較的摂取しやすいものといえます。 Sponsored Link 肝臓に悪い食事は、何より偏った食事が負担をかけることになります。 栄養バランスを考えていろいろな食品を摂取するとよいです。 ストレス解消も必要なことだといえます。 ストレスがたまった状態だと、体そのものの調子を悪くするだけではなく疲れやすくなってしまいます。 疲れているのですが、ストレスがかかり過ぎると寝付けないなどの症状が出てきやすくなります。 不眠による睡眠不足の状態になるとますます悪化してしまう可能性が高いです。 ストレス解消をきちんとするとともに、便秘も解消しておくとよいです。 便秘になると体の中に毒素がたまりやすくなり、肝臓に余計な仕事をさせることになります。 呼吸をしてみて右側の背中に痛みがあれば、肝臓が弱っている可能性があります。 生活習慣を少し見直すだけで、肝臓にとっていいものになるはずです。 Sponsored Link.

次の

息を吸うとズキズキ痛む。胸が痛いときに考えられる病気とは?

呼吸 すると 右 胸 が 痛い

BodyParts3D, Copyrightc 2008 ライフサイエンス統合データベースセンター licensed by CC表示-継承2. 人間には、心臓や肺といった重要な臓器を守るために、背中から胸の前面を囲むように12本の肋骨が延びています。 肋間神経は、背骨の中を通る脊髄から出て、左右12対の肋骨に沿って延びる神経です。 肋間神経痛は「頭痛」「腹痛」と同じように症状の名称であり、病名ではありません。 何らかの原因で肋間神経が激しく痛む症状をいいます。 一般的には、身体をねじる、深呼吸や咳をする、大声を出すといった肋骨の動きによって痛みがひどくなったりします。 肋間神経痛の症状 肋間神経痛の代表的な症状は左右どちらかだけに起こる胸の痛みです。 突発的に肋骨の延びる方向に沿って突き刺すような激しい痛みが生じます。 痛みは長くても数分で治まりますが、人によっては肺や心臓の周辺に痛みを感じたり、背中に張りを感じたりすることもあります。 中でも、多くの人に共通して痛みが出る場所や、痛み方、痛みが出る姿勢がありますので、 自分に症状がある人は、照らし合わせてみてください。 痛みの出る場所 胸の周辺 胸の痛みに関しては 片側の痛みがほとんどですが、まれに両側が痛むこともあります。 両側が痛いからといって、肋間神経痛ではないといいきれません。 特に聞かれる声としては、次のような場所になります。 首と胸の間あたり• 肋骨と肋骨の間• 胸とみぞおちの間• 横隔膜の周辺• アンダーバストの周辺 基本的に胸部の肋骨周辺になりますが、とても多く発生する場所です。 胸から脇腹を通って背中への痛み そして、肋骨に沿って痛みが繋がっていきますので、以下のように胸、脇、背中の痛みを感じるようになります。 脇腹や脇の下から背中にかけての痛み。 胸の痛みが脇腹と背中まで繋がっていく。 胸の痛みが脇腹から背中の方へと次第に広がっていく。 痛みの程度 痛みの程度も様々で強いものから弱いものまであります。 具体的によく聞かれる痛みには次のようなものがあります。 強い痛み• 骨が胸に刺さったような痛み• ぎゅっと掴まれたような痛み• うずくまってしまう痛み• 歩けないほどの激痛 かなりひどい痛みが起こりうるということがお分かりいただけると思います。 そして、そこまでひどくない場合は、次のような痛みになります。 痛みを感じたことのない人だとわかりづらい表現もありますが、痛みを感じたことのある人なら納得できるのではないでしょうか。 我慢ができる程度の痛み• 筋肉痛のような痛み• チクチクした痛み• キュキュっとした痛み• キーっと痛む 痛みが出る姿勢や動作 痛みが出る姿勢も様々です。 多くの人が痛みを感じる姿勢・動作をご紹介します。 話したり、笑ったりすると痛い。 深呼吸や呼吸をすると痛い。 背筋伸ばしたり、胸を広げる姿勢をとったりすると痛い。 歩いたときの振動で痛い。 ものを拾う動作をすると痛い。 重いものを持つと痛い。 腕を上にあげたり、高いところのものを取ろうとすると痛む。 咳・くしゃみ・鼻をかむと痛い。 痛みで息苦しさを感じる。 動悸を感じる。 ゴルフがきっかけで痛みが出る。 体をひねると痛い。 同じ姿勢でゲームやデスクワークを長時間行った。 痛みの出る期間 痛みの時間は 数秒、2〜3分、5分などの短い期間の急な痛み、 数十秒程度の痛みを繰り返すなどがあります。 また、数ヶ月の間、毎日そういった痛みが襲ってくることもあります。 長い人だと、痛みが出たり、出なかったりといった期間を含めて10年くらい痛みに悩んでいる人もいます。 痛みが楽になる姿勢 痛みが出ている人がよく口にする、楽になる姿勢もあります。 ただし、痛みが出るときに誰もが緩和されるわけではありませんので、参考としてご覧ください。 前屈みの姿勢をすると楽になる。 背筋を丸めて猫背になると痛みが緩和される。 ただし、猫背の姿勢というのは、そもそも肋間神経痛を起こしやすいと言われていますので、注意が必要です。 私の経験した痛みは、「肋骨が心臓に刺さるように呼吸をすると痛くなる」「肋骨に何か挟まった感じ。 その挟まったものが下に下にと移動していき、肋骨の下まで達すると痛みがなくなる感じ。 」でした。 様々な症状・痛みがあることがお分かりいただけたと思います。 しかし、 肋間神経痛と似た症状の病気もあります。 痛みの場所が近いと勘違いをすることもありますので、必ず病院で診断してもらうことが大切です。 肋間神経痛はどのように診断されるのでしょうか 上記のような症状が出たら、整形外科か内科を受診してください。 もし痛みのほかに息苦しさや動悸を感じるならば、心臓の病気の可能性も考えて、内科か循環器科も考慮に入れるとよいでしょう。 近くに総合病院があるならば、総合診療科を頼ってもいいかもしれません。 病院で診断を行う場合には、まずは 他の病気が原因となっている可能性を考えて検査などを行っていきます。 通常は、レントゲン、CT、MRIなどによる映像の診断や、血液検査、心電図などにより、他の病気の検査を行い、他の病気でないことがわかれば肋間神経痛と診断されます。 また、肋間神経痛を発生させている病気がわかれば、その病気の治療が開始されます。 スポンサードリンク 肋間神経痛の原因 肋間神経痛は原因によって次の2つに分けられます。 原発性肋間神経痛・・・肋間神経には全く異常がなく原因が不明のもの• 続発性肋間神経痛・・・病気やケガなどが原因となっているもの 続発性肋間神経痛は、肋骨の骨折やヘルニア、胸椎の圧迫骨折といった外傷,ヘルペスウイルスによる、内臓疾患、腫瘍などにより生ずると考えられています。 さらにはストレスによる冷えや肩こりのほか、不自然な姿勢をとったとき、運動不足や疲労によって神経が骨や筋肉に絞めつけられることなども原因となります。 また、肋骨を支える肋間筋は、息を吸い込む時に胸郭を大きく広げるための外肋間筋と、息を吐き出す時に胸郭を縮めるための内肋間筋とでできています。 デスクワークなどで同じ姿勢を続けて肋間筋が固くなってしまうと、肋間神経を圧迫して肋間神経痛を引き起こすことがあります。 が原因となっている場合、発疹が治まった後に肋間神経に沿って痛みがでてくることがあります。 通常は激しい痛みが2週間程度続いた後で治まりますが、肋間神経痛として残ってしまうこともあります。 また、咳や呼吸、姿勢を変えることによって痛みが出る場合、骨粗しょう症によって骨自体が弱っていたり、過度な運動によって肋骨が折れている可能性があります。 肋間神経痛になりやすい人 続発性肋間神経痛の場合、ケガなどが原因となっているため、激しい運動をしている人や、骨粗しょう症になりやすい中年以降の女性がかかりやすいと言われています。 帯状疱疹は免疫力が落ちているときに発症しやすいので、ストレスなどをためると肋間神経痛にもかかりやすくなると考えられます。 また、 パソコン作業や、下を見ながらゲームやスマートフォンを操作する作業を続けると、肋間筋が凝り固まって肋間神経痛を発症する可能性が考えられます。 適度に休憩を入れるようにしましょう。 肋間神経痛の予防 肋間神経痛の原因の1つに ストレスがあります。 ストレスを解消することで背中などにかかる緊張が解け、肋間神経痛の症状が軽減する効果がありますので、自分に合ったリラックス方法を見つけてみましょう。 また、胸や背中に負担がかかるような姿勢を長時間続けると、肋間筋が固まってしまいます。 同じ姿勢を続けないようにしましょう。 ラジオ体操のように大きく胸を広げて深呼吸することも肋間神経痛の予防として有効です。 冷房のあたりすぎや冷たい飲み物などを取りすぎると、自律神経の乱れにつながったり、肩などが冷えて緊張したりすることで肋間神経痛を発症することがあります。 暑くても体を冷やしすぎないように注意しましょう。 スポンサードリンク 肋間神経痛の治療法 肋間神経痛と診断された場合、次のような治療が行われます。 外傷などによらない原因不明の肋間神経痛の場合、まずは消炎鎮痛薬や湿布を用いて経過を観察します。 肋間神経痛の原因が肋骨の骨折などといった外傷の場合、呼吸などによる肋骨の動きで痛みが強くなるため、幅広いベルトで肋骨を固定します。 肋間神経に炎症が見られる場合には、ステロイドを使うこともあります。 ハリ治療や低周波治療などで体を温めることで痛みが軽減することがあります。 肋間神経痛が長引き、痛みが耐えられないようであれば、局所麻酔を使った神経ブロックが有効です。 肋間神経痛に効く漢方薬 肋間神経痛のときに医師から処方されるものは主に鎮痛剤で、ロキソニンやボルタレンが主なものとなりますが、あまり効果がないという人も多いようです。 そういったときに、 漢方薬が効果を発揮する場合があります。 代表的なものについて、概ねの説明を記載しておきますが、服用にあたっては自己判断せずに医師の診断をもとに使用してください。 柴胡桂枝湯(さいこけいしとう) 柴胡桂枝湯は、痛みを軽減させたり、体の炎症をひいたりする効果があり、肋骨の周辺やみぞおち、胸のあたりの苦しさを軽減させます。 柴陥湯(さいかんとう) 柴陥湯は、胸や背中の痛みや炎症を軽くします。 また、咳や痰がひどく、呼吸時の胸の痛みなどにも効き目があります。 桂枝人参湯(けいしにんじんとう) 桂枝人参湯は、冷え性や、下痢しやすい人などに効果があり、体が冷えることによって肋間神経痛の痛みがひどくなる人に効き目があると言われています。 当帰湯(とうきとう) 当帰湯は、胸から腹部にかけての痛みや、体力の減退や冷え性にも効果があるものです。 また、みぞおちから胸の痛みがあり、さらに背中にかけて痛みが走る場合に大きな効果が見られることがあり、肋間神経痛のほか、狭心症などにも効果があると言われています。 桂枝加苓朮附湯(けいしかりょうじゅつぶとう) 桂枝加苓朮附湯は、皮膚にある毛穴が閉じないために汗をかきやすく、体から熱が放出されてしまい、水分の循環が悪くなってしまうような人に効果があります。 この漢方によって、体を温めると同時に体から熱が放出されることを防ぎます。 水分の循環がよくなることで、痛みが和らいでいきます。 肋間神経痛のQ&A 肋間神経痛はどのくらいの期間で治る? 肋間神経痛がどの程度で治まるのか、期間は原因などによって異なるので一概には言えません。 外傷が原因となっている場合は、傷が治れば肋間神経痛も治まります。 帯状疱疹が原因となっている場合、 通常は2週間から1ケ月程度で治まることが多いのですが、肋間神経痛が残ってしまうこともあります。 私はおそらく同じ姿勢が続いたことによるものだったと考えられますが、3か月程度は肋間神経痛が続きました。 気づいたら同じ姿勢をしても痛みがなくなっていました。 炎症が治まったのかもしれません。 妊娠中に肋間神経痛になりやすい? 妊娠後期にお腹が大きくなってくると、内臓が圧迫されます。 内臓が肋間神経を圧迫することによって、妊娠中は特に背中側に肋間神経痛を起こしやすいと言われています。 近年は細身の妊婦さんが増えたことにより、肋間神経痛を発症する方も増えてきています。 肋間神経痛は何科にいけばいい? 症状からは肋間神経痛かどうかわからないことが多いと思います。 この場合は整形外科か内科を受診してください。 整形外科では、レントゲンやMRIなどでヘルニアや肋骨のヒビ、胸椎の骨折などがないか検査します。 内科では内臓の病気や感染症など、可能性のある病気について、検査を行うことになります。 肋間神経痛だと診断された場合、治療も整形外科で行われますが、痛みがひどい場合などにはペインクリニックで神経ブロックを施します。 肋間神経痛の実体験 私は肋間神経痛と診断されたのは1回だけですが、肋間神経痛らしきものを子供のころから数回は体験しています。 最近では、DS(ゲーム)にはまったときに猫背の姿勢で長時間いたことが原因ではないかと思われる痛みがありました。 コリも相当たまっていたみたいで、胸を広げると「ゴキッ」と骨がなることもありました。 私の場合は、胸を広げて深呼吸することを続けているうちに治ることが多いです。 みなさんも猫背には気を付けてください。 私の実体験に基づく肋間神経痛になりやすい姿勢や予防法などは、こちらで説明していますので、あわせてご覧ください。

次の

息を吸うと胸が痛い原因って?

呼吸 すると 右 胸 が 痛い

21歳の女子大学生です。 今は春休みで就職活動中です 身長は167cm、体重は標準範囲内です。 一昨日の夕方から、深く息を吸うと右の胸が痛いです。 場所は乳房のあたりと肩甲骨の内側あたりです。 笑ったり、あくびをしたり、軽く走るなどの振動でも痛いです。 ですが、我慢できないほどではなく耐えられます。 今日になって深く息を吸わなくても背中がぴりぴり?ずきずき?するようになってきました。 また、痛いのを気にしてかばうせいかもしれませんが、 肩や腕もにも少し違和感を感じます。 肋間神経痛かと思いましたが、今日で3日間持続的に痛いままです。 寝てもおきても痛みに差はなく、激痛でもないし、 女性ですし、決して痩身ではないので気胸も違うかなぁと思っています。 病院に行った方がいいでしょうか? それとも、もうしばらく様子を見てもいいでしょうか? ちなみに、行くとしたら内科と呼吸器科のある、地域の病院を考えています。 補足: 喫煙はしません。 アルコールも平均量以下です。 1週間ぐらい前からヒステリー球のような、喉に異物感があります。 10日ほど微熱ぎみですが、倦怠感はありません。 胸の場合、いろんな原因が考えられるので、早めに病院に行くことをお勧めします。 また、病院によって言うことが違うこともあるので、何件か行ってみた方がいいですよ。 私も痛みはそれほどではなかったのですが、何件か病院に行った事があります。 私の場合は左胸だったので余計に焦ったのですが、1件目の病院では肩こりが原因と言われ、レーザーでコリを解したらかなり楽になりました。 ですが、また繰り返したので違う病院にも行ったところ、心臓の不調から来るものだと言われましたが原因は不明との事で、確かに不整脈もありましたが年に1度通院するよう言われましたけど、原因不明のと判断した病院に通院する気になれず、今もたまに不調になりますが通院はしていません。 こんな風になって15年経ちますが、病院に行ったから大きな病気ではないことや自分で気をつけることもわかったので、精神的なストレスからは解放されています。 また、体調的にも違和感を感じているようなので、尚更早めに病院に行った方が良いです。 早く原因がわかった方がストレスになりませんよ。 Q こんにちは。 3日ほど前から、息を吸うと胸の右脇、肋骨の下の方に痛みが出ました。 肋骨にヒビが入ったのではないか・・・と思ったのですが、ヒビの症状を調べてみると呼吸時や動かしたりする時点で痛いようなのでじゃあこの痛みは何なんだろうと思い質問させていただきました。 私の場合、息を吐くときはあまり痛みはありません。 主に息を吸うときに痛みがあります。 また、痛みもずっとあるわけではなく、普通に呼吸しても全く痛くないときと、息を吐くと強く痛いとき、ずっとズキズキ痛むときなど差があります。 また、体を左にひねると痛みが増します。 この痛みはなんなんでしょうか? 心当たりのある方、また、なにかご存知の方居ましたら教えてください。 もうすぐ発表会で、部活の練習も詰めの時期なので病院に行くべきかどうかの判断にも困っています。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー こんばんは。 私が20代後半の時、ご近所さんが肋間神経痛になり、 初めてその名前と症状を知ったのですが、その数ヵ月後 私も突然なってしまいました。 肋骨の右側 胸の下と横 が 痛み出し、そして激痛へと変わりました。 今までに経験した事のない激痛で、呼吸をするのも困難に なり、特に吸う時はゆっくり吸わないと痛みのある方の 肋骨がパキッと音が鳴り、余計に激痛が走りました。 寝ころんだり、起き上がったりするのも大変で 右手で肋骨の横を押さえ、数分かけて体を動かしてた くらいです。 総合病院の内科です 別の病気も考えられるのでと、念の為に心臓や肺など 他の検査をしましたが異常なし。 結果は肋間神経痛との 診断で、痛みを止める粉薬を貰いました。 激苦な薬でしたが、それを飲まないと痛みが軽くなら ないので飲みました。 tok2. html 質問者さんの症状が肋間神経痛だとは言い切れませんが 他の原因で今の症状が出ている事もあると思いますから お早めに病院で診て貰う方がよろしいかと思います。 何科にかかってよいか分からないのでしたら、 総合病院の受付でお聞きになれば、どの科へ行くか 教えて貰えます。 tok2. html こんばんは。 私が20代後半の時、ご近所さんが肋間神経痛になり、 初めてその名前と症状を知ったのですが、その数ヵ月後 私も突然なってしまいました。 肋骨の右側 胸の下と横 が 痛み出し、そして激痛へと変わりました。 今までに経験した事のない激痛で、呼吸をするのも困難に なり、特に吸う時はゆっくり吸わないと痛みのある方の 肋骨がパキッと音が鳴り、余計に激痛が走りました。 寝ころんだり、起き上がったりするのも大変で 右手で肋骨の横を押さえ、数分かけて体を動かしてた くらいです。 Q 以前、こちらで咳が続くということを質問させてもらいました。 (咳以外に目立った症状なし) それでまた受診したんですが、レントゲンを撮るほどでもなく、聴診器を当てただけで胸の音はきれいなので大丈夫です、と言われました。 でも、それ以後も咳は止まらず、3、4日前から今度は右胸(右の乳房のすぐ下から右わきの下の辺り)が痛み始めました。 咳をするとズキッと痛むし、腕を上げ下げしたり、大きく深呼吸したりするだけでも痛みます。 ただの筋肉痛でしょうか?? 咳をしすぎたりすると、肺が傷ついて痛むことなどあるのでしょうか?胸の音はきれいでもレントゲンを撮るとなにか判ることもありますか?ちなみにタバコは吸いません。 何か分れば教えてください。 A ベストアンサー 肺の中には痛みの神経がないので肺がんのようなおおきなかたまりができても痛みません、ただ、肺の外側の膜、胸膜には多数の痛みを感じる神経があります。 胸に水が溜まったとき、肺がさけて空気がもれたときなどは、激しい痛みがおきますが、咳をしたときに痛むのであればちょっと違うようですね。 あまり激しい咳が続くと、肋骨、肋軟骨が不全骨折をおこすことがあります。 気管支喘息、咳喘息などでよくみられます。 これは、レントゲンで写るほどはでに折れることはめったにありません。 マイコプラズマ感染による気管支炎、気管支喘息とその親戚の咳喘息などでは長期間咳が続きますから、それに関して検査を(レントゲン検査、肺機能検査、採血による抗原検索)などを受けられると良いと思います。 呼吸器専門の内科でしたら、すぐ、レントゲンはとると思います。 接骨院の専門は打撲、捻挫、骨折などの応急処置です。 患者の多くは整形外科に行ってしまうので本業では儲かりません。 そこでマッサージなどをやってなんとか稼いでいるのです。 接骨院の免許は柔道整復師ですが、マッサージには按摩マッサージ指圧師の免許が必要です。 ですが、接骨院のマッサージの多くは無免許でやっており技量も本職に比べて格段に劣っています。 それで「揉み返し」をされるのです。 しかもヘルニアがあるのですから本職でない人のマッサージを受けるのは大変に危険です。 首のヘルニアも首の前傾姿勢を長期間やった結果かもしれません。 内臓の疾患が見あたらないのですから筋肉に原因があると考えられます。 首を動かすと背中(肩胛骨)が痛いのですから、相当な筋肉の凝りがあるのでしょう。 背中の筋肉の凝りが取れれば胸の違和感自然に無くなるでしょう。 鍼灸治療か、指圧(マッサージ)治療をお薦めします。 接骨院(整骨院)でも鍼灸師の免許を持っている人はいますが、ここは鍼灸専門の鍼灸院に行きましょう。 評判の良い鍼灸院を見つけて下さい。 指圧マッサージは按摩マッサージ指圧師の免許を持ったところに行って下さい。 健康ランドのマッサージコーナーやチェーン展開のマッサージサロンは無免許がほとんどですのでやめましょう。 またカイロや整体と称するところは医学的知識の無い素人療法ですので危険です。 絶対に行かないでください。 接骨院の専門は打撲、捻挫、骨折などの応急処置です。 患者の多くは整形外科に行ってしまうので本業では儲かりません。 そこでマッサージなどをやってなんとか稼いでいるのです。 接骨院の免許は柔道整復師ですが、マッサージには按摩マッサージ指圧師の免許が必要です。 ですが、接骨院のマッサージの多くは無免許でやっており技量も本職に比べて格段に劣っています。 それで「揉み... Q 2週間ぐらい前から風邪っぽくて、最初は喉の痛みから始まり、少し熱っぽくもなり、咳が出始めました。 ここ1週間ぐらいは、咳だけの症状です。 市販の咳止めが全く効かず、先週病院に行きました。 風邪か喘息かまだ分からないと言われ、4日分の薬をもらいましたが良くならず、むしろもっと咳が出るようになったので、また病院に行き もっと強い薬に変えてもらいました。 咳と痰が酷くて辛いです。 咳のし過ぎで 腹筋や背中が痛かったのですが、それも治り、昨日から右胸のすぐ下だけが もの凄く痛みます。 咳をした時の激痛はもちろん、呼吸をしてても、触っただけでも激痛です。 本当に痛いので、咳が出ないように我慢してしまい、もっと苦しくなります。 咳の原因は何でしょうか? 右胸の下の痛みをネットで調べると、肋骨が骨折かヒビが入ってると書いてあるのを沢山見ました。 やはりそうでしょうか? 今までに経験がないのでビックリしています。 あと私、今年の春に婦人科系の病気で子宮と卵巣を全摘しました。 ホルモン療法をしていますが、先生から骨粗鬆症になりやすくなると言われています。 今回の胸下の痛みは、それが原因も考えられますか? 整形外科でみてもらった方がいいですよね?? 2週間ぐらい前から風邪っぽくて、最初は喉の痛みから始まり、少し熱っぽくもなり、咳が出始めました。 ここ1週間ぐらいは、咳だけの症状です。 市販の咳止めが全く効かず、先週病院に行きました。 風邪か喘息かまだ分からないと言われ、4日分の薬をもらいましたが良くならず、むしろもっと咳が出るようになったので、また病院に行き もっと強い薬に変えてもらいました。 咳と痰が酷くて辛いです。 咳のし過ぎで 腹筋や背中が痛かったのですが、それも治り、昨日から右胸のすぐ下だけが もの凄く痛みます。 A ベストアンサー 調べられた通りおそらく咳のしすぎで肋骨にヒビ、骨折をしたのでしょう。 今は咳が治まったようなので喘息ではなく風邪だったのでしょうね。 私が20代の頃、同じ様に咳のしすぎで肋骨にヒビが入ってしまいました。 痛くて咳もくしゃみも恐怖でしたね。 くしゃみや咳で肋骨にヒビとは噂で聞いてましたが、まさか自分がそうなるとは思わず心配になり整形外科で受診してみました。 肋骨の骨折って特に治療する事もなく治癒するのを待つだけですけど、コルセットをもらって着けていたら随分楽になれました。 安心する為にもコルセットを安く購入する為にも整形外科に行ってみても良いですね。 女性ホルモンが減ると骨粗鬆症になり易いですよね。 でも春の摘出ではそんなにもろくなってないんじゃないですか?婦人科で予防薬も出ているのでは? 女性ホルモンバリバリの20代でもヒビが入ったりするんだから! 骨粗鬆症予防に努めていれば、何年後かには気にしないで過ごしている同年代より骨密度の数値が良好かもしれませんよ。 A ベストアンサー 父が喘息もちで、知人から教わった方法をご紹介します。 粘性のある痰の場合は、コップ一杯のぬるま湯(ごく薄めの食塩水)で水分補給すると、数分後には粘性が緩和されて痰も切れやすくなります。 これでかなり取れます。 しつこい場合は、肺の輪郭を円を書くようにゴリラがゴッホゴッホと胸を打つ要領でこぶしで叩きます。 上から下に向いて、外側から内側に叩きます(左手は、時計回り、右手は半時計回りにです。 )胸の周りが暖かくなってきたところで、お尻を高くして(土下座する感じで、お尻をもっと高くします)いつも痰を切る要領の呼吸をします。 (深く息を吸って、はッ!と吐く感じです) 仰られる通り、耳鼻咽喉科で、とってもらえますが、痰を切ることより、痰が出来る原因を調べてもらったほうがいいようにおもいます。 単なる気管の問題ではなくて、内臓から来る場合もあります。 お大事にされてくださいね。 A ベストアンサー その痛みの経験はたしか20年以上前のことだったと思います。 私は男ですので女性であるcipinag2さんにあてはまるかどうか自信はありません。 以前この教えてGoo!でこれと似たような相談がありましたが私と同じ経験の回答がなかった為今書かせていただきます。 私が経験したことであるし実際その時ある行動をとって痛みがとれたのでお話します。 でもその痛みが病気であったのかどうか病院へ行って調べたわけではないのでわかりません。 その行動によって痛みが取れたので行かないで今日まで来てしまいました。 当時私は寝る時パジャマを着て寝ていたのです。 この痛みは何だろう、と考えてもしかしたら、ということでパジャマを脱ぎボタンのない肌着で寝るようにしました。 結果痛みは取れました。 ボタンが原因だったようです。 これは自分自身でも自信はないのですがたしかに痛みが取れて以後ありません。 それで今日まできています。 cipinang2さんのことについては正直全く自信はありません。 ただこういう人もいた、こういうこともあるのかレベルで見ていただければと思っています。 A ベストアンサー 泌尿器科が抵抗あるなら、 内科で良いですよ。 尿検査で膀胱炎の診断がつけば、 血液検査は不要かもしれません。 患部を見ることは、よほど症状がひどかったり、 肉眼的血尿で、陰部に出血が考えられる場合以外はありません。 膀胱炎で症状がひどくないなら、 水分をたくさんとって、 膀胱内の細菌を洗い出せば治るかもしれません。 1日水2リットルを飲み、普通に食事をして、 コーヒーやココアなどの利尿作用があるものも 1日数杯飲みましょう。 数日で症状が軽減されれば 病院に行かなくても良いかもしれませんよ。 ただ繰り返しやすいので、 尿意を我慢しない、日ごろから水分をしっかり取るなど 気をつけたほうが良いと思います。

次の