ライン 電話番号なし 引き継ぎ。 機種変更、LINEアカウントの引き継ぎ方法を徹底解説!

LINEを電話番号変更しても引き継ぐ方法!機種変更で電話番号なしの時は?

ライン 電話番号なし 引き継ぎ

LINEはリアルタイムで友達と通話やメッセージのやりとりが可能なコミュニケーションツールです。 LINEでアカウントを作成する場合、認証時に電話番号を用います。 場合によってはSMSも可能です。 SMSは格安SIMにもついている機能ですし、SMSが認証機能を果たしてくれるので非常に便利ですいね。 ですが、実はLINEを電話番号なし SMSなし で登録・利用する方法も可能となっています。 SMS非対応SIMでもLINE利用が可能なのです。 SMSも不要ということですね。 SMS非対応プランだとLINEができないのではと悩んでいた方には朗報といえるでしょう。 今回はそんなLINEアカウントを電話番号なしで新規作成する方法や注意点について解説していきたいと思います。 まず、LINEアカウントを電話番号なしで登録・利用するにはFacebookアカウントが必要となります。 Facebookとは、ソーシャルネットワーキング・サービス SNS です。 スマホアプリとしても世界中で利用されていて、実名登録が原則となっているのが特徴のSNSアプリですね。 FacebookもLINEと同じように電話番号の登録が必要となっています。 LINEアカウントを電話番号なしでFacebookの登録する為、Facebookのアカウントをお持ちでない方はFacebookのアカウント登録をしておく必要があります。 Facebookのアカウント登録の際は、Facebookトップページにて名前や電話番号、メールアドレス、パスワード、生年月日、性別を入力する必要があります。 全ての項目を入力してアカウント登録ボタンを押すと、Facebookから指定したメールアドレス宛に確認コードが送信されます。 メールを開いて確認コードをチェックし、Facebookのアカウント認証を行いましょう。 なお、Facebookアカウントを持っている場合LINEでは複数の使い道があります。 LINEにてFaceBook連携を行っておくと、スマホの機種変更時のLINEアカウント引継ぎの際、電話番号の認証以外にもFacebook認証というのも利用できるようになるからです。 場合によってはLINEでの機種変更時の電話番号認証が端末上上手くいかないケースもありますので、Facebook認証が行えるということでより安心して作業が行えることになるのです。 他にも、タブレットや格安SIMなどの機種変更後の端末で電話番号が使えないケースもあるかと思います。 このような時、Facebook認証さえしていれば、LINEアカウントの引継ぎが可能となるのです。 タブレットでの利用も可能になるのはありがたい話ですよね。 このように、FacebookアカウントはLINEにおいて重要な位置づけとなっております。 旧スマホやタブレットなどの端末におけるLINEを電話番号なしで登録・利用する方法として、Facebookアカウントを利用する方法があります。 最近では固定電話の契約をしない人も多いので、タブレット利用などのケースはよくある話かと思います。 Facebookのアカウントさえあれば、LINEを利用できるので、タブレットを利用している方にとっては非常に便利です。 まず、旧スマホやタブレットなどの端末でLINEを起動してください。 その後、新規登録をタップします。 続いて「Facebookでログイン」をタップしてください。 その後、Facebookアプリが起動しますので、Facebookアカウントの電話番号もしくはメールアドレス、そしてパスワードを入力してログインボタンをタップしましょう。 Facebookのアカウントが無い場合は新規アカウントを作成してみてください。 Facebookにログインした後は、LINEにFacebook情報のアクセス許可を求められますので、OKをタップします。 するとLINEアプリに切り替わりますので、Facebookで登録している名前が表示されることを確認してください。 その後、LINEにメールアドレスを登録する形となります。 メールアドレスとパスワードを入力して「登録する」をタップすれば、LINEから認証番号がご自身のメールアドレスに届きます。 LINE画面上にてその認証番号を入力して「メール認証」をタップしてください。 それでLINEにおけるFacebook連携登録が完了します。 PC端末にてLINEを電話番号なしで登録・利用する方法とは、固定電話番号で登録する方法です。 ちなみに以前は、電話番号なしでのLINEアカウント登録はできませんでした。 ですが現在のLINEのバージョンでは電話番号ログイン機能が追加されており、スマホやタブレットがなくてもPC端末からLINEアカウントを新規作成することが可能となりました。 PC端末からLINEアカウントを新規作成した後は、登録に使用した電話番号やパスワードでPC版LINEにログインするだけです。 なお、固定電話番号でのログインは、PC端末のLINEでのみ有効となります。 ただし、メールアドレスを合わせて登録すれば、同じLINEアカウントでスマホ版LINEを同期して使うことも可能です。 LINEを電話番号なしで登録・利用した場合の、LINEアプリの引継ぎ方法としてはまず、メールアドレスとパスワードを登録する必要があります。 流れとしましては、LINEアプリを起動後、設定を選択sいてアカウントページを開きます。 その後、メールアドレスの登録作業が可能です。 LINEにてメールアドレスとパスワードを入力してメール認証をタップすれば、認証メールが届きます。 このLINEの認証メールのURLから作業を続ければメールアドレスの登録は完了します。 なお、LINえに登録したメールアドレスはLINE上で変更や削除も可能です。 LINEではメールアドレスの登録自体の解除も可能ですので、覚えておくことをおすすめします。 LINEを電話番号なしで登録・利用した場合の、LINEアプリの引継ぎ方法として、アカウント引き継ぎ設定(2段階認証)も行います。 この二段階認証が必要なユーザーとは、機種変更後に電話番号を変更するユーザーやFacebookによるLINEアカウント登録を行ったユーザーです。 アカウント引き継ぎ設定(2段階認証)のやり方としましては、機種変更前の端末のLINEにて設定画面から「2段階認証」をタップします。 その後、「アカウントを引き継ぐ」という項目が表示されますので、ここのチェックをONへと切り替えます。 なお、このチェックの有効時間は24hです。 期限を過ぎてしまったあとに再度機種変更を行う場合は、再度このチェックをONにする必要があります。 機種変更後はすぐにLINEをインストールしてログインできるか確認してみてください。 やり方としては、LINEトーク右上に表示されたボタンをタップします。 その後、LINEのメニュー項目に表示されているトーク設定をタップしてください。 次の画面で「トーク履歴をバックアップ」をタップします。 ここで「すべてバックアップ」選択してください。 すると、LINEのバックアップが開始されます。 アルバムの写真やノートなどはバックアップ対象ではありませんが、アカウント引継ぎ後の相手とのトークよりアルバムやノートを呼び出すことが可能です。 バックアップが完了すると、旧端末のフォルダにトークデータがバックアップされたことが分かります。 はいをタップするとバックアップファイルをメール添付されますが、データが大きすぎる場合保存に失敗する可能性のありますので、ここでは「いいえ」をタップしておいてください。 この作業を、トーク数分繰り返せばスマホ端末内のバックアップは完了となります。 続いてはLINEの引き継ぎと復元についてです。 前述した「アカウントを引き継ぐ」の項目をオンにして新規端末にてログインをタップします。 続いてFacebookログインをタップしてください。 その後、Facebookアカウントのメールアドレスやパスワードを入力してログインします。 続いて「削除して認証する」をタップします。 これで旧端末 スマホ でLINEが使えなくなります。 続いて「続行」をタップ後、スキップするをタップしてください。 これで機種変更による新規端末へのLINE引継ぎ作業は完了です。 続いてデータについてですが、バックアップデータはPC上に一時保存したあと、新規端末 スマホ へ移行させます。 zip」というファイルがありますので、一旦デスクトップにコピーしておきましょう。 新端末とPCを接続後、このデータを指定の場所に移行すればデータ移行は完了となります。 バックアップをしたトークの相手を選択してください。 その後、トーク設定をタップしてすべてバックアップをタップします。 このフォルダに先ほどのデータを全て張り付ければバックアップデータの移行は完了します。 最後に該当の友達のトーク画面からトーク設定メニューを開き、「トーク履歴をインポート」すれば終了です。 さて、今回はLINEにて電話番号なしで登録・利用する為の方法や、機種変更時のLINEの引継ぎ方法などスマホやタブレット、PCなど様々な操作について解説してみました。 いかがだったでしょうか。 LINEが電話番号登録なしで利用可能というのをご存知の方は案外少ないのではないでしょうか。 Androidタブレットをお持ちの方などにもLINEの使い方として参考になったかと思います。 LINEは基本的に、新規利用や機種変更の際は電話番号が必要というイメージが強かったと思います。 SMSでの対応も可能ですが、格安SIMにはSMS非対応のものもあり、SMS非対応のプランを利用の方には手の届かないイメージがあったかもしれません。 Androidタブレットなどは電話昨日がなくSMSも受信できないケースがありますので、Androidタブレットをお持ちの方にとっては朗報だったかと思います。 現在LINEは電話番号の登録なく、SMS機能も関係なくFacebookでアカウント作成が可能です。 特に機種変更により新規端末がSMS非対応でLINEを使えるか悩まれていた方にとっては良い情報となれたかと思います。 タブレットでもFacebookアカウントでの認証が現実的な操作方法となっています。 引き継ぎの際は慣れない手順で困惑しやすいかもしれませんが、引き続き電話番号無しで新規端末の利用を検討している方などはぜひ今回のLINEについての記事を参考にしてみてくださいね。 それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。

次の

タブレットもOK!!電話番号なしでもLINEを使う方法

ライン 電話番号なし 引き継ぎ

ただし、LINEアカウントは電話番号の登録が推奨されているもの。 機種変更後に利用できないサービスがあったり、故障や紛失時に引き継ぎが困難になるなど注意点も多くあるので、確認しておきましょう。 電話番号なしの端末=音声通話・SMS認証を利用できない端末 本記事でいう「電話番号なしの端末」は、厳密には 音声通話・SMSを利用できない端末(iOS・Android)を指します。 というのも、そもそもLINEアカウントの電話番号認証は、(1)端末の電話番号入力、(2)SMSや音声通話で6桁の認証番号を受け取り、(3)その番号をLINEアプリに入力する、という手順を踏みます。 なお、 SMS・通話機能が備わっている場合でも、「050」から始まる電話番号や、仮想電話番号が割り当てられた端末への引き継ぎはおこなえません。 電話番号がなくてもFacebook連携でLINEアカウントを引き継げる LINEアカウントには電話番号の登録、ならびに電話番号に紐づくSMS・通話認証によるアカウントの引き継ぎが推奨されています。 しかし、電話番号がない端末へ機種変更するユーザーのため、代わりの手段としてFacebookログインによる引き継ぎ機能が備わっています。 電話番号がなくても、FacebookアカウントがあればLINEアカウントの引き継ぎが可能というわけです。 現状、Facebookアカウントを持っていなくても、メールアドレスさえあれば簡単に作成できるので安心してください。 Facebookログインを利用すると、Facebookに登録した名前、メールアドレスなどの情報がLINEに提供されます。 Facebook上で勝手にLINEの投稿がなされたり、あなたのLINEアカウント情報が表示されたり、逆にFacebookの情報がLINEに反映されるといったことはありません。 電話番号の登録が必要な主なLINEの関連サービス• 電話番号による友だち検索• 友だち自動追加の機能• LINE Pay(ラインペイ)の利用• LINEポイントの利用• LINE STOREの利用• LINE Out FacebookログインでLINEアカウントを引き継いだ場合、旧端末で電話番号を登録していたとしても、新端末では未登録の状態となります。 そのため、LINE Pay残高やLINEポイントの保有数などのデータ自体は新端末に引き継がれるものの、LINE Pay決済などサービスの利用はできないという、本来の意義が失われた形となってしまうのです。 実際に電話番号なしの端末にもLINE Pay残高やポイントは引き継がれたが、電話番号を登録しない限り利用できなかった もし固定電話などの番号があれば登録・認証することで利用可能になりますが、用意できない場合は自力ではどうしようもありません。 LINEの公式ヘルプに問い合わせて対応を尋ねてみましょう。 1 LINEアプリとOSを最新版にバージョンアップ 事前準備として、トーク履歴をバックアップしたい端末のOSバージョン、および「LINE」アプリを最新版にアップデートしてください。 古いバージョンで登録した情報やバックアップしたデータは、復元できなくなる可能性があります。 やり方がわからない場合は、下記記事を参照してください。 2 LINEアカウントをFacebookに連携する Facebookアカウントを持っている人もそうでない人も、まずはLINEの「ホーム」タブで設定ボタンから[アカウント]と進み、「Facebook」の項目にある[連携する]ボタンをタップしましょう。 すると、Facebookのログイン画面が開きます。 Facebookアカウントを持っている人は登録した電話番号もしくはメールアドレス、パスワードを入力して[ログイン]ボタンを押してください。 アカウントを持っていない人は、[アカウントの作成]をタップして案内に従ってFacebookアカウントを作成しましょう。 アカウントの作成が完了したらLINEアプリに戻り、[連携する]ボタンから作成したFacebookアカウントにログインします。 これでLINEアカウントのFacebook連携は完了です。 しばらくするとLINEアプリのアカウント画面に切り替わります。 「Facebook」の項目を見ると、表示が「連携する」から「連携解除」に変わっているはずです。 3 (機種変更当日に)アカウント引き継ぎ設定をオンにする 引き継ぎ準備のなかでも特に重要なのが、機種変更前の「アカウント引き継ぎ設定」の有効化です。 Facebookログインでアカウントを引き継ぐとき、またLINEに登録していた電話番号と新端末の電話番号が異なるケースでは必須の作業となります。 もし有効化しないまま新しい端末で引き継ぎ作業をおこなうと、引き継ぎ認証(2段階認証)を求められます。 故障や紛失で旧端末が操作できないといったやむを得ないケースを除き、必ず実施してください。 ここで表示される[アカウントを引き継ぐ]の項目をオンに切り替えましょう。 確認メッセージで[OK]をタップすると、有効化は完了します。 有効化が長く続くほどアカウント乗っ取りの危険性を高めるため、設定をオンにした後はなるべく早く引き継ぎを完了させてください(36時間経過すると自動でオフに切り替わます)。 間違ってオンにしてしまっても、オフに切り替えれば問題ありません。 4 トーク履歴のバックアップ 旧端末でトーク履歴をバックアップしておけば、新しい端末でも復元できます。 必須の作業ではありませんが、さほど難しい操作はないのでやっておくことをおすすめします。 それぞれの環境に合わせて確認してください。 iCloud Driveがオンになっている場合は、[今すぐバックアップ]ボタンが表示されているはず。 ここをタップすれば、自動的にiCloudにトーク履歴データの圧縮・アップロードが始まって、数秒ほどで完了します。 正しくバックアップされていれば、「バックアップ完了」の表示とともに「[トークのバックアップ:」の履歴部分にバックアップ日時が記録されます。 その上で、再度バックアップをとってください。 続く画面で「Googleアカウント」の項目にメールアドレスが表示されている人は、Googleアカウント(Googleドライブ)が設定済みです。 [Googleドライブにバックアップする]をタップすれば、すぐバックアップが始まります。 バックアップが正常におこなわれた場合、「前回のバックアップ:」の項目に当日の日付と時間が記載されているはずです。 一方、「Googleアカウント」の項目に「未設定」と記載されてる場合は、トーク履歴のバックアップ先であるGoogleドライブ(Googleアカウント)を設定しておかねばなりません。 [未設定]をタップすると端末に登録中のGoogleアカウント(Gmailアドレス)が表示されるので、新端末でも引き続き利用するGoogleアカウントを選択してください。 これでGoogleアカウント設定済みとなります。 あとは[Googleドライブにバックアップする]ボタンを押して、トーク履歴のバックアップが完了です。 2 電話番号入力ではなく「Facebookログイン」を選択 「LINEへようこそ」の画面で[はじめる]をタップし、 電話番号入力ではなく[Facebookログイン]を選びます。 次の画面で再度[Facebookログイン]をタップ。 端末によっては、LINEでFacebookにログインするための確認画面が表示されるので、[続ける]をタップして進んでください。 3 連携したFacebookアカウントにログインする 旧端末で連携したFacebookアカウントにログインします。 メールアドレスもしくは電話番号と、パスワードを入力し[ログイン]ボタンをタップ。 旧端末でLINEアカウントとFacebookアカウントが正常に連携されていれば、「すでにLINEにFacebookを使用してログインしたことがあります。 」の画面が表示されるので、[次へ]ボタンをタップして進みましょう。 4 (アカウント引き継ぎを有効にしていない場合)引き継ぎ認証が求められる 引き継ぎ方法• あとは新端末の引き継ぎ認証画面に戻り、[続行]ボタンをタップすれば、先のステップに進むことができます。 旧端末のLINEアプリで引き継ぎ認証番号を受け取る 旧端末でLINEアプリを操作できるなら、「引き継ぎ認証番号」を受け取って本人確認することも可能です。 上の画面で[引き継ぎ認証番号を受け取る]を選択してください。 なお、SMSにも引き継ぎ認証番号が送られますが、電話番号なし端末への引き継ぎでは受け取れないでしょう。 旧端末のLINEアプリのトークに6桁の認証番号が届きます。 受け取った認証番号を、新端末の引き継ぎ認証画面に入力してください。 最後に[OK]をタップして、無事番号が認証されたら先に進めます。 新端末に引き継ぎ認証番号を入力し、最後に[OK]を押せば先に進めます。 !注意! この方法は、普段からPC版LINEまたはiPad版LINEを使っている人しか利用できません。 初めてLINEアカウントにログインする端末(PC・iPad)ではセキュリティの仕組み上、表示される「確認コード」を旧端末のLINEアプリに入力しなければログインできません。 そのため、旧端末が操作できない状況では、PC版、iPad版LINEに初めてログインするのは難しいでしょう。 こうなると、自力でのLINEのアカウント引き継ぎはかなり難しいのが実情ですが、LINEに問い合わせればサポートしてもらえる可能性もあります。 以下の専用問い合わせフォームより連絡してみましょう。 5 LINEアカウントにログインする 引き継ぎ認証が済んだら、Facebookアカウントと連携させたLINEアカウントが割り出されます。 なお、Facebookアカウントへのログイン時にパスワード入力を済ませているためか、LINEアカウントへのログイン時にはパスワード入力は求められないようです。 6 トーク履歴の復元 事前にトーク履歴をバックアップしていたなら、ここで復元がおこなえます。 iPhone版とAndroid版で手順が少し異なるので、利用しているOSに合わせて確認してください。 iPhoneからiPhoneにトーク履歴を引き継いで復元 「トーク履歴を復元」の画面が表示されるので、ここで[トーク履歴を復元]をタップ。 すると「トーク履歴を復元しますか?」という確認ポップアップが表示されます。 旧端末で バックアップが確実に取れているなら、[続行]を押してください。 メッセージにあるように、[続行]を押した時点でLINEアカウントは新しいiPhoneに引き継ぎ済み(ログイン完了)という扱いになり、以前使っていたiPhoneのLINEアプリが初期化されます。 万が一、トーク履歴のバックアップを取り忘れていた場合は、[続行]を押す前に必ず旧端末でバックアップをとってください。 再度「トーク履歴を復元」の画面が表示されます。 バックアップが正常におこなわれていた場合、「前回のバックアップ:」の項目に当日の日付と時間が記載されているはずです。 確認できたら、[トーク履歴を復元]をタップしましょう。 これで新端末へのトーク履歴の引き継ぎは完了です。 AndroidスマホからAndroidスマホにトーク履歴を引き継いで復元 「トーク履歴はバックアップ済みですか?」の画面が表示されるので、[はい、トーク履歴を復元します]をタップ。 すると「トーク履歴を復元しますか?」という確認ポップアップが表示されます。 旧端末で バックアップが確実に取れているなら、[続行]を押してください。 Android版LINEはトーク履歴をいつでも復元できるので、ここでスキップして新端末での引き継ぎ作業を完了させてからトーク履歴を復元させることも可能です。 [Googleアカウントを選択]をタップして、バックアップ先のGoogleアカウントを選択してください。 Googleアカウントを選択すると、「前回のバックアップ:」の項目にバックアップしたトーク履歴の情報が表示されるはずです。 確認できたら、[トーク履歴を復元]をタップしましょう。 新端末へのトーク履歴の引き継ぎは完了です。 7 必要に応じて年齢確認を済ませる 最後に、必要であれば年齢確認をおこないます。 年齢確認は、LINE IDや電話番号による友だち検索・追加をおこなう際に必要なものですが、 電話番号なしの端末では電話番号検索ができない仕様になっています。 LINE IDによる検索を利用したい場合は[年齢確認をする]をタップし、指示に従って年齢確認をおこなってください。 引き継ぎ完了後にも設定できるので、先を急ぎたければ後回しにしても問題ありません。 appllio. com これでLINEアカウントの引き継ぎは完了です。 無事にデータを引き継げているか確認しましょう。 8 スタンプ・絵文字・着せ替えの再ダウンロードや通知音・着信音などの再設定 今まで使っていたスタンプや絵文字、着せかえは再ダウンロードが必要です。 新端末では通知設定も初期設定の状態に戻っています。 トークごとに通知設定したいときは、各トークルームから通知のオン・オフをおこなってください。

次の

【2019年度最新版】新しいスマホにLINEのアカウントを引き継ぐ方法!機種変更したときの手順を解説!

ライン 電話番号なし 引き継ぎ

LINEは機種変する時に古い端末で「アカウントを引き継ぐ」をオンにしておかねばならなかったんですね。 しかも僕の場合は、電話番号も登録していなかったため、新端末で「認証コード」をSMSで受け取れず、どうしようもなくサポートに連絡して解決しました。 その時のやり取りのMEMOです。 LINEに関しては、あの出来事のせいか、アカウント引き継ぎが大変シビアな感じなので、まだLINEが起動できる状態でこのMEMOを読んだ方は、今すぐ電話番号を登録しておいたほうがいいと思います。 電話番号を登録していないだけで、ここまで引き継ぎ作業が面倒だとは思いませんでした。 買い替えの時だけでなく、iPhoneが突然壊れた時とかもそうかもしれません。 アカウントを引き継ぐ」をオンにしたりする余裕がない場合もあるかもしれませんので。 まず、手元にある新しい端末でLINEアプリを起動。 「本人確認する」を押します。 かろうじて登録メアドとパスワードは覚えていたので入力。 古い端末のLINEで「アカウント引き継ぎ設定」を行っていなかったので、「認証コードを受け取る」を押してみます。 さて、認証コードはどうやって受け取るのか。。。。 仕方ないので「2段階認証コードを再送」を押すも無反応。 ここまでで詰んでしまいます。 カスターマーサポートに問い合わせ にて、問題の内容を書いていきます。 返信用メールアドレスは、必ずしもLINEに登録しているメアドでなくてもいいと思われます。 「iPhone>LINE>アカウント・登録情報>2段階認証ができない」「上記に該当しない」で問い合わせました。 (「アカウントを引き継ぎたい」でもよかったかもですが) 受領メールが即座に届き、問い合わせに関する返事は1日後に届きました。 必要な情報を伝えるのでこの部分をコピーし、返信用URLへ。 フォームに必要な事項を書いて返信します。 xxx LINE ID: xxxxxxxxxx Display Name: Tetsuya Shiraishi 機種名: iPhone6s Facebook認証の有無: なし?だったと思います。 アカウントを作成された時期: 忘れました。 2 引き継ぎ時に電話番号を入力された場合は、入力した電話番号をお聞かせください 回答: 引き継ぎ前のデバイスでは、引き継ぎに関する手続きを何もせずに機種変更してしまいました。 また、電話番号の登録もしていなかったため、SMSによる認証コードも送られてこないのだと思われます。 また少し対応待ちです。 Facebook認証を利用した本人確認を行うことに 1日後、返信がきました。 Facebookを利用した本人確認を行うということで、普段Facebookを使っている環境でこのメールを確認。 本人確認URLを踏むと、「Facebookでログイン」ボタンがあるので押します。 「本人確認が完了しました」が表示され、 ご報告内容に「FaceBook Check Result」が書かれたメールが即座に届きました。 また少し待ちます。 本人確認が完了し、一時的に引き継ぎできる状態となる また1日くらい経ってから、 本人確認が完了し、一時的に引き継ぎできる状態にしてもらえたようです。 最初のステップをもう一度試してみます。 ここは有効期限があるということなので、このメールがきたらすぐにやりましょう。 新端末でLINEを起動し、「本人確認する」を押します。 パスワードを入れてると、 この端末でFacebookログインをしたせいか、この後すぐにLINEのトップ画面が表示されるようになりました!成功ですね。 もう2度とこんなことになるのはゴメンということで、電話番号を登録しておきます。 Facebookはこの手続きの流れですでに連携されているようですね。 この携帯の電話番号を入れておきます。 SMSが届き、その番号を入れると電話番号も登録できました。 次の画面で「友だち自動追加」がオンになってましたので、ここは自動で追加されてほしくないのでオフに。 これで今後、同様のことが起こっても引き継ぎはここまで面倒なことにはならないと思います!.

次の