ケアマネ過去問。 ケアマネージャー試験のおすすめテキスト・問題集は?参考書や過去問の使い方も紹介!

令和元年度ケアマネ試験(延期分)開催!解答速報掲載サイト一覧。気になる難易度や合格基準点は?

ケアマネ過去問

介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネ試験)対策の一問一答です。 基本的に、過去に出題された設問が元になっています。 分野 メニュー 介護支援分野 以前の制度の問題点• 社会保障・社会保険• 介護保険制度の創設・目的等• 介護支援専門員• 保険者・都道府県・国の責務など• 被保険者• 要介護・要支援認定• 保険給付の種類・内容• 利用者負担• 介護報酬• 支給限度基準額• 保険給付通則• 事業者と施設の指定・基準• 介護サービス情報の公表• 地域支援事業・保健福祉事業• 介護保険事業計画• 保険財政• 国保連• 審査請求• 居宅介護支援• 介護予防支援• 介護保険施設の基準と施設介護支援• 保健医療サービス分野 高齢者に多い疾病• バイタルサイン・検査値• 介護技術の展開• 認知症と精神障害• 栄養と食生活・薬剤管理• 医療的な対応とターミナルケア• 災害対策• 訪問看護• 訪問リハビリテーション• 居宅療養管理指導• 通所リハビリテーション• 短期入所療養介護• 地域密着型サービス(保健医療サービス)• 介護老人保健施設• 介護医療院• 福祉サービス分野 ソーシャルワーク• 面接技術• 支援困難事例• 訪問介護• 訪問入浴介護• 通所介護• 短期入所生活介護• 特定施設入居者生活介護• 福祉用具貸与・特定福祉用具販売• 住宅改修• 地域密着型サービス(福祉サービス)• 介護老人福祉施設• 社会資源• 障害者福祉制度• 生活保護制度• 生活困窮者自立支援制度• 後期高齢者医療制度• 高齢者虐待の防止• 成年後見制度• 日常生活自立支援事業•

次の

ケアマネ解答速報【2019年10月13日試験】|介護の資格 最短net

ケアマネ過去問

ケアマネ一冊目の教科書がおすすめな点 「ゼロからスタート! 馬淵敦士のケアマネ1冊目の教科書」は、介護の資格である介護福祉士・介護支援専門員・社会福祉士を持ち、 ケアマネージャー講座の講師を12年務めている馬淵敦士氏が書いています。 1000人を超える生徒を指導してきた講師・馬淵敦士は人気講師の一人です。 そんな馬淵先生だからこそ教えることができる ケアマネ試験の合格のコツがたっぷりと詰まった一冊になっています。 まさに、 ケアマネージャー試験対策の入門書と呼ぶにふさわしい一冊です。 解説が非常にわかりやすい 本そのものは、224ページと10時間もあると読み切ることができるボリュームです。 そのため、情報量が多いという訳では決してなく、 合格に必要な知識のみを効率的に学ぶことができます。 しかしコンパクトながら、重要なポイントが押さえられているうえに、 全ページフルカラーです。 図入りで解説も丁寧でわかりやすくなっています。 安心できる馬淵先生のテキスト 人気講師である馬淵先生は、2位で紹介する「ケアマネジャー試験 過去問解説集」の解説もしています。 わかりやすい解説で定評がある馬淵先生が、初めてケアマネージャー試験を受験する人に向けて書いているテキストだけに、 誰にとってもわかりやすくなっています。 学習の進め方も教えてくれる 学習の仕方を説明しているのも、特徴の1つです。 講師として教えてきた講座の内容をベースにし、実用的な勉強方法を紹介しています。 電子書籍でも利用でき、本を持ち歩く必要がないのも特徴です。 これだと 場所を選ぶことなく通勤電車やバスの中など、隙間時間に勉強をすることができます。 ケアマネ1冊目の教科書のクチコミ・評判 ケアマネ試験過去問解説集がおすすめな点 2020年1月5日に発行された「ケアマネジャー試験 過去問解説集2020 ベストウェイケアアカデミー編集 」は、 実際に出題された過去問題が年度別で全問収録されている点です。 そのため、独学の際にもケアマネージャー試験の受験を疑似体験できます。 過去5年分の過去問を掲載 ケアマネージャー試験の 過去5年間分の問題を年度別に全て収録しています。 ケアマネージャー試験は、5つある選択肢より複数の回答を選択する形式です。 この出題形式に慣れるためにも、 何度も過去問題を解いておくことが対策として重要です。 この問題集では、同じテーマから出題された過去の問題がわかるように工夫されています。 頻繁に間違えるテーマがある場合は、その部分を集中して勉強をし直すことができます。 全ての問題に詳細な解説 答え合わせをした際に、間違えた場所が出てきたら間違えた理由を知ることが重要です。 参考書を開いて、出題された問題の該当部分を探し出し理解しなおすのは、大変手間です。 この問題集では、 くわしい解説が問題ごとについているので、参考書などで該当部分を探す必要がないため時間のロスは減ります。 どんどん繰り返して問題集を解き、 間違えたときは解説を読んで苦手な問題をなくしていきましょう。 頻出分野がわかりやすい 本書の特徴の1つに、 過去問題の傾向がわかるというのがあります。 過去問題が5年分収録されているので、どのような問題が出題されることが多いのか、その傾向を知ることができます。 頻出されている分野・問題を繰り返し解くことで、 効率よく得点アップへと繋がります。 ケアマネージャー試験過去問解説集の評判・口コミ 介護支援専門員基本テキストがおすすめな点 おすすめテキストとして3位に紹介する「介護支援専門員基本テキスト」は、 ケアマネージャーを目指す人の必読書です。 ケアマネージャーは介護保険制度に則してケアプランを作成する仕事です。 そのため、ケアマネージャーとして仕事をするうえで、 介護保険制度に関する知識は必要です。 介護支援専門員基本テキストは、 一色刷りではなく2色刷りで見やすくなっています。 また、法令や通知に関しては2巻の最後に、CD-ROMに収録してありパソコンで見ることができます。 網羅性が最も高いテキスト ケアマネージャー試験は、出題範囲がとても膨大です。 このテキストでは、3巻に分けて項目別に 出題範囲を網羅しています。 必読書といわれるだけあり、厚生労働省が示している 出題範囲に完全に準拠した作りとなっています。 制度改正に対応した最新の情報 ケアマネージャーの仕事には介護保険が欠かせません。 このテキストでは、 介護保険制度の法改正、基準の改正などを反映しています。 法改正によって試験内容が異なる場合、 その都度改定をして最新の情報を掲載してくれるので、安心して学習ができます。 ケアマネの業務や研修でも役立つ 「介護保険制度と介護支援」、「介護保険サービス」「高齢者保健医療・福祉の基礎知識」と3巻に分かれてそれぞれ内容が大変充実しています。 そのため、テキストの内容は試験合格対策のためだけでなく実用・実践的な業務内容も包括しており、 ケアマネージャーの研修にも活用できます。 介護支援専門員基本テキストの評判・クチコミ ケアマネ速修レッスンがおすすめな点 毎年改定されて発行されているケアマネージャー速習レッスンは、 大判サイズで見やすいのが特徴です。 情報量も多く、最新のケアマネ試験を受験する人に向けて 最新の介護保険制度の改正・法改正も対応しているから試験対策本として安心しておすすめできます。 各章ごとに理解度チェックのための過去問がついています。 ユーキャン出版で信頼できる 本の出版元は、通信講座の大手として知られるユーキャン出版です。 社会的に信頼ができる会社によって発行されている本のため、安心です。 ケアマネシリーズとして累計190万をこえる人気書籍であるというのも、安心感があります。 効率よく理解ができるテキスト 本は 2色刷りです。 大判なために文字も大きく文章も読みやすくわかりやすいのが特徴です。 解説も図表、イラストなどを使い丁寧に解説してあるため、初めてのケアマネージャーの勉強を始めた人でもわかりやすいです。 赤いシートが付属しており、用語を暗記する時に利用できます。 問題に出やすい部分が明確 試験において、特に 注意したい問題にはマークがついています。 過去に出題された問題にはマークがついているうえ、欄外で必要なことに関して詳しく解説をしているから、 系統立てて効率よく知識をインプットすることができます。 ケアマネ速修レッスンの口コミ・評判 ケアマネ試験ワークブックがおすすめな点 ケアマネジャー試験ワークブックは毎年改定されており、試験受験者に最新の情報を提供できる内容となっています。 もちろん介護保険制度の改正も対応しています。 496ページというボリュームで、合格のための必要な情報が満載です。 基礎から応用まで本書一冊で足りるように、 用語も詳しく解説しています。 予想問題も掲載 本書は、最新のケアマネージャー試験を受験する人に向けて書かれています。 最新の試験対策となる22回の出題問題を多く扱っているので、出題傾向がわかります。 安心できる中央法規出版 本書は、 中央法規出版という出版社から発行されているテキストの一つです。 こちらの出版社は、長きに渡り社会福祉士、介護福祉士、などのように介護に関する資格対策本を発行してきた出版社です。 それだけに信頼できる一冊といえます。 ケアマネ試験ワークブックの口コミ・評判 上記の本と同じく、資格本を多く手がけるTAC出版から発行されているのが、「みんなが欲しかった!ケアマネの教科書」です。 2020年度に実施される第23回試験対応の参考書は、フルカラー印刷が特徴の1つです。 レイアウトも見やすく、 初めてケアマネージャー試験を受験するための人に向けにわかりやすく丁寧な解説がついています。 随所に合格へとつながるまとめポイントが掲載されているので、しっかりと学ぶことができます。 本書の巻頭では、 ケアマージャ試験ではどのようなことについて学ぶのかを簡潔にまとめた「スタートアップ講座」がついています。 そのため、 初めての人でも戸惑うことなく勉強を始めることができます。 アプリで勉強することもできる スマホなどのアプリを使うことで、場所を関係なく勉強をすることができます。 書籍で勉強をするのもいいですが、持ち運びにはスマホのほうが軽くて便利です。 通勤のバスや電車の中でも学習することができ、隙間時間を有効活用できます。 スマホなどで学習するのが苦手というのでない限り、学習アプリを使ってみましょう。 おすすめなのは、グルペディア株式会社運営の学習プラットフォーム 「過去問. 他にも色々と学習アプリが出ていますので、自分に適したものを探して活用してみましょう。 独学合格にはテキスト選びが重要 通学でケアマネージャー向けの講座を受ける場合と違い、独学で勉強する時はわからないことがあっても誰かに聞くということはできません。 そのため、 自分に適した参考書・問題集を見つけることがとても大切になります。 どのようにして見つけるとよいのか、下記にヒントをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。 参考書の特徴を知ろう 参考書を購入する際に注意したいことの1つに、自分の目で中身を確認するということです。 見開きなのか、文字の大きさ、など本ごとにレイアウト、デザイン性が異なります。 全ページフルカラー印刷なのに文字が読みにくい、逆に単色刷りでもイラスト解説が見やすいなどがあります。 自分にとってどのような参考書があっているのかを知るためにも、 中身を確認して購入をしましょう。 また、 参考書を購入する場合は情報量が多いものを選びましょう。 出題範囲を網羅し、解説が詳しいものを選ぶのが良いでしょう。 解説の仕方も様々です。 読んで分かりやすいと感じるものを選ぶようにしましょう。 問題集の質も大切 参考書に書いてある内容をどの程度理解し、覚えているのかをチェックするためにおすすめなのが問題集です。 過去問題を解くことで、苦手な部分をが明らかになります。 少なくても5年分ほどの過去問題が網羅されている問題集を一冊用意しておくとよいでしょう。 問題集によっては、解説が詳しくついていない場合もあるかもしれません。 問題と解答のみではなく、 詳しく解説がついている質のよい問題集を選び購入しましょう。 また、頻出問題、予想問題がついた問題集も販売されていますので、効率よく勉強するにはどのタイプの問題集がよいか、中身を見て選ぶようにしましょう。 大手出版社の本が安心 ケアマネージャー試験対策の参考書、問題集は実績のある大手出版社が長期に渡り発行しています。 通信教育大手のユーキャン、資格本のTAC、介護関連の本を多くだしている中央法規や晶文社など 信頼がおける出版社から発行されている参考書および問題集を購入するとよいでしょう。 大手出版社から発行されている参考書及び問題集は、 社会的信用度も高いため、安心して勉強を始めることができます。 評価や口コミを参考にしよう 購入する前に、評判や口コミをチェックしてみましょう。 既に参考書や問題集を活用して 合格している人が、口コミを投稿していたり、ブログなどでメリット・デメリットを書いている場合があります。 また、 どのように参考書・問題集を活用したかを詳しく述べている人もいます。 気になる参考書や問題集がある場合はぜひ、評価や口コミをチェックしてみましょう。 テキスト・問題集の上手な使い方 ここではテキスト・問題集を購入後に、どのように活用して勉強をすすめていくとよいのか、 いくつかヒントをご紹介します。 一冊を完璧にする 出題範囲が広いケ アマネージャー試験は、暗記が重要です。 いかに多く知識をインプットできたかが、合否を決めます。 あれこれと目移りせずに、自分にあった参考書を一冊見つけたら、まずは じっくりとそれを熟読し、内容をしっかりと覚えましょう。 テキストによっては、頻出問題や重要事項にチェックがついていますので、そのような箇所は重点的に暗記をし、確実に点につなげるようにしましょう。 問題演習を大量にこなすことが重要 ケアマネージャー試験は出題範囲が広いということは、何度も述べました。 そのため参考書を熟読したあとは、 過去問題を繰り返し解き、記憶を定着させることが重要です。 うろ覚えではなく、しっかりと正解を導き出せるように、過去問題を何度も繰り返しましょう。 問題集によっては、過去問題を分析し予想問題を収録していたり、頻出問題にチェックが入っている問題集があります。 ケアマネージャー試験に合格できるように、過去問題を徹底して当たりましょう。 ケアマネ合格にはスケジュール管理が最も大切 ケアマネージャ試験を受験する人は、 介護の世界で働きながら受験する社会人が多いのが特徴です。 理由の1つには、受験資格です。 ケアマネージャー試験を受験するには、医者や看護師などのように特定の国家資格を有するものか、介護施設などで相談援助業務などに従事している人とあるため、すでに介護分野で勤務している社会人が多く受験します。 そのため試験勉強をする際には、 勤務時間と相談してスケジュールを管理することがとても重要になってきます。 ケアマネージャー試験は暗記する範囲が多いため、毎日コツコツと勉強に励む必要があります。 学生でも学業とは別に試験勉強の時間を作るのは大変です。 まして、社会人となるとさらに厳しいでしょう。 そのため、 計画的に勉強ができるかが合否のカギとなります。 独学に不安がある人は通信講座がおすすめ ケアマネージャー試験に合格するために 通信講座を利用するというのも一つの手段です。 ここまで紹介してきたテキストや勉強法を実践していれば間違いなく合格に近づくことができますが、 試験勉強ではそううまくいかないことも多いです。 特に社会人の方や独学に向いていないと自覚している方の中には、独学で勉強を続けて行けるか不安な方も多いと思います。 そんな方々におすすめなのが ユーキャンの通信講座です。 ユーキャンの通信講座は非常に学習サポートが優れており、また会社の信頼性も高い、という特徴があります。 テキスト選びと同様に、 自分が安心できる学習環境づくりも非常に大切です。 ぜひ、ユーキャンの通信講座を受講してみてください。 ケアマネージャー試験のおすすめテキストまとめ• 1位:介護支援専門員基本テキスト• 2位:ケアマネージャー試験 過去問解説集• 3位:ゼロからスタート!馬淵敦士のケアマネ一冊目の教科書• 4位:ユーキャンのケアマネージャー速修レッスン• 5位:ケアマネージャー試験ワークブック 参考書及び問題集をランキング形式でご紹介しました。 多くの人にとってのおすすめテキストが、あなたにとって最適とは限りません。 できるだけ、 書籍の中身を確認してから購入をするようにしましょう。 もしも中身を見ることができない場合は、本記事でまとめた参考書及び問題集の特徴、口コミなどを参考にして選ぶとよいでしょう。 ぜひ、あなたにとって最適な一冊を見つけ出し、ケアマネージャの資格を手にしてください。

次の

ケアマネジャー試験 過去問解説集2020

ケアマネ過去問

無料で資料請求もできます。 【分野別 合格基準点】 「介護支援分野」総得点25点 「保健医療福祉サービス分野」総得点35点 計60点満点 1問1点 過去のケアマネ試験基準点を分野別でまとめてみました。 ケアマネのこと全般について詳しく知りたい方はのページをご覧下さい。 無料で資料請求もできます。 試験に合格してもすぐにケアマネ業務はできない!? 合格後に『介護支援専門員実務研修の受講、資格の登録申請』が必要です! 介護支援専門員実務研修とは、介護支援専門員実務研修受講試験に合格した後に受ける研修です。 試験合格後にケアマネ業務に就きたい方は、必ず受講しなければなりませんので、手続きを済ませるようにしましょう。 また、介護支援専門員実務研修受講したのち、介護支援専門員資格登録簿への登録申請も必要です。 介護支援専門員実務研修、資格登録簿への登録申請については『』でまとめましたので、参考にしてみてください。 ケアマネのこと全般について詳しく知りたい方はのページをご覧下さい。 無料で資料請求もできます。 まだ間に合う!ケアマネ試験直前対策 ここまで、ケアマネ試験の解答や合格点などに関する情報をお伝えいたしました。 ここでは、これからの試験に向けて勉強を始めている方・これから始める方どちらでも受講しやすい、比較的 低価格・短期間の対策講座をご紹介いたします!.

次の