ラグラージ ハイパー リーグ。 【ポケモンGO】究極のゴリ押し! 「あまえるパ」でハイパーリーグに挑戦してみた!

【ポケモンGO】ハイパーリーグ最新の環境!対策ポケモンを徹底調査!(シーズン2)【GOバトルリーグ】

ラグラージ ハイパー リーグ

ポケモン 技 解放技 ギラティナを先頭に配置したパーティ あまえるを覚えるフェアリータイプやハガネール以外のポケモンに対して比較的安定して戦えるギラティナを先頭に配置したパーティ。 レジスチルはフェアリー対策 1体目のギラティナが不利なフェアリータイプに対して有利なレジスチルを採用。 また、3体目は相手の控えにいるラグラージやレジスチル対策としてニョロボンを採用している。 相性によって控えと交代 基本の動きは初手のギラティナで有利な状況を作りつつ、苦手なポケモンが来たらそれぞれレジスチルとニョロボンで対応する。 ギラティナとニョロボンはあまえるを覚えるポケモンに弱いため注意が必要。 ギラティナを軸にしたパーティ3 ポケモン 技 解放技 ギラティナを先頭にしたパーティ 初手のギラティナは技の種類と耐久で様々なポケモンと対等に戦うことができる。 ギラティナは ハガネールとあまえるを覚えたポケモンには不利なのでアーマードミュウツーと交代しよう。 レジスチルはフィニッシャー レジスチルはギラティナが苦手なあまえるを覚えたポケモンに強い。 ラスターカノンもきあいだまも等倍以上の相手にはHPの半分は削れることが多いため、フィニッシャーとしての役割が向いている。 アーマードミュウツーも幅広く活躍 アーマードミュウツーも等倍以上の相手にはかなりのダメージを与えられるサイコブレイクを主な技として戦う。 このパーティは様々なポケモンに広く戦える3匹で構成されているため、 何を使えば良いのか迷った時におすすめ。 レジスチルのラスターカノンには注意しよう。 ラグラージは汎用性が高い ラグラージは汎用性が高く、みず・くさ・ドラゴンタイプの相手以外に対しては等倍以上のダメージを与えられるハイドロカノンが強力。 またレジスチルに対しても有利に戦えるのも魅力。 アーマードミュウツーは等倍同士に強い アーマードミュウツーは耐久性能が高く、ゲージ技の種類も豊富なためゲージ技を読まれにくい。 ゴースト技構成のギラティナやあくタイプの相手との相性は良くないが、 等倍同士の場面などで大いに力を発揮するぞ。 ギラティナはレジスチルとの相性がいい 初手のレジスチルが不利なラグラージ、ニョロボン、ほのおタイプなどに有利に戦えるギラティナを2体目に配置。 初手の不利な対面を返すことが主な役割。 技は相手のシールドを剥がすために、ゲージを貯める速度の早いシャドークローを採用している。 メガニウムは汎用性が高い 3体目のメガニウムは幅広く戦えるポケモン。 みずタイプにはもちろん、レジスチルに対して効果抜群のじしんや耐久力の高さが強みとなっている。 弱点を突かれるほのお、かくとう、じめんタイプには不利だが弱点を突かれなければほとんどポケモンに対応可能。 タイプ相性を覚えて ラスターカノンときあいだまどちらを打つか瞬時に判断できるかが重要。 ピクシーはギラティナ対策 対ギラティナ対策がメイン。 はがねタイプとどくタイプ以外には対等以上に戦うことができる。 ゲージの貯まる速度が遅いためシールドを使うタイミングに注意。 ラグラージははがね対策 ピクシーの不利なはがね対策がメイン。 ゲージ技のハイドロカノンとじしんの両方を今ひとつで受けられるポケモンが少なく、有利な状況を作りやすい。 初手のギャラドスはメルメタルなどのはがねタイプとあまえるを覚えるフェアリータイプ以外には対等に戦える。 交代しても不利になりにくい 1体目のギャラドスを交代をしても不利になることが少なく、不利な相手が少ないギャラドスは交代することが少ないため立ち回りが安定する。 レジスチル・ラグラージは相性がいい レジスチルとラグラージは相性補完が良い。 初手のギャラドスで1体目を倒す・シールドを消費させられるため、 残りの2匹で有利なポケモンを当てられる可能性が高く安定して戦える。 解放技はハイドロポンプを採用し、少ないエネルギーで発動できるかみくだと使い分けて発動しよう。 バクフーンはレジスチル対策 レジスチルなどのはがねタイプ対策としてバクフーンを採用。 通常技はひのこではなく、 ゲージを貯める効率のいいシャドークローを採用している。 メガニウムはじしんを覚える メガニウムはみずタイプの対策以外に、じしんを覚えるため、でんきタイプやはがねタイプに対しても有利に戦える。 バクフーンが倒されてた後でもレジスチルに対して攻めることができる。 技構成はギラティナの弱点をつけるドラゴンテール、かみくだくを採用しているぞ。 リザードンはレジスチル対策 ハイパーリーグの環境で使用されるレジスチルなどのはがねタイプに対して強く出れるリザードンを採用。 はがねタイプのメルメタルはいわなだれを覚えるため、リザードンの弱点をつかれる可能性があるので注意しよう。 フシギバナはみずポケモン対策 ハイパーリーグで使われやすいニョロボン・ラグラージ・スイクン・カメックスなど水ポケモンの対策として有効だ。 フシギバナは弱点がほのお・こおり・ひこう・エスパーの4つのため、れいとうビームなどのこおり技に特に気をつけよう。 ニョロボンを軸にしたパーティ ポケモン 技 解放技 ニョロボンを先頭に配置したパーティ 初手のニョロボンはみずタイプだがゲージ技はこおりタイプとかくとうタイプの技を採用。 環境に多いレジスチルにかくとう技、ギラティナにこおり技で効果抜群を取れる。 アローラベトベトンはギラティナ対策 ギラティナ対策がメイン。 また、ニョロボンが苦手なフェアリータイプとくさタイプにも有利に戦える。 そのため ニョロボンと3匹目のジュカインとの相性の補完が良い。 ジュカインはみず対策 アローラベトベトンがラグラージやニョロボンなどのみずタイプに負けてしまうため、そのカバーする役割。 また、アップデートによりタネマシンガンの上方修正が来たため、 以前より早くゲージ技を打てるようになった。 シュバルゴを軸にしたパーティ ポケモン 技 解放技 シュバルゴを先頭に配置したパーティ 先日強化されたドリルライナー、クレセリアやアーマードミュウツーなどのエスパータイプの弱点をつけるメガホーンと優秀な技構成のポケモン。 また、弱点がほのおタイプのみとなっている点も魅力だ。 2匹目にクレセリアを採用 2匹目のクレセリアもくさむすびの習得と、ムーンフォースの強化により、 シーズン2から使用者が増えているポケモン。 また、シュバルゴで出し負けた際の交代先として優秀。 ラグラージははがね対策 クレセリアが苦手なはがねタイプの対策として採用。 高火力で必要なエネルギーの少ないハイドロカノンはもちろん、じしんも等倍以上で当てれば相手の半分以上のHPを削れる高火力技となっている。 ポケモンGOの他の攻略記事.

次の

【ポケモンGO】ラグラージのハイパーリーグおすすめ技と対策ポケモン:高威力&高回転攻撃が魅力!|ポケらく

ラグラージ ハイパー リーグ

環境にもよりますが、初手はギラティナやエスパータイプに有利なベトベトンが安定する気がします。 立ち回り 初手ベトベトンで解説していきます 初手が有利な場合 有利なポケモン• ギラティナ• Aミュウツー• クレセリア• フシギバナ 初手が有利な場合は 先に相手を倒せるようにシールドを調節しながら戦います。 相手が交換してきた場合は基本的にこちらも交換するのですが、交換先は有利なポケモン又は 相手の初手に不利なポケモンに交換します。 ここでは、ベトベトンのゲージ技を相手の交換先のポケモンに撃たないように温存します。 初手が不利な場合 相手の初手が• ラグラージ• ニョロボン の場合はギラティナに交代します。 ここでフシギバナに交代するのは、相手も交代してきてフシギバナが倒されてしまうのでやめましょう。 相手の初手が• ピクシー• トゲキッス• グランブル などのあまえるを使ってくるポケモンだった場合は、無闇に交換はせずにそのまま戦いましょう。 こちらがやられてしまいますが、相手はヘドロウェーブを警戒してシールドを張ってくるはずなので、シールドでアドバンテージが取れます。 そのままフシギバナで倒して、巻き返しましょう。 まとめ この記事ではおおまかな解説だけで、説明しきれていないポイントはいくつもありますが、そこは実践で学ぶ方のが1番だということです笑 とにかく、無闇に交換、ゲージ技を撃たないことが上手い立ち回りになってきます。 落ち着いて対処することが大事です。 それでは!.

次の

GOバトルリーグでいや~なポケモンベスト5。ハイパーリーグ編。

ラグラージ ハイパー リーグ

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! ポケモンボックスは解放したかな? お兄さんは3000まで即解放!! いやー、これでしばらくは快適なポケモンGOライフを送れそうだよ。 ……とか言いながら、すぐにカツカツになるのは目に見えてるんだけどね! それはさておき、2020年に実装が予告されている「GOバトルリーグ」に向け、トレーナー諸君もそろそろスーパーリーグ、ハイパーリーグ用のポケモンを育てなきゃなぁ、なんて思っている頃かと思う。 今回はその第2弾! 今回もAさんにスーパーリーグ用に育てたいポケモンをさらに5つ紹介してもらった。 先に言っておくが、 読んだら育てたくなること間違いなし! というか、どれもマストで育てるべきポケモンと言っていいだろう。 それでは以下をご覧あれ。 レジスチル 「最近、マリルリの天下だったスーパーリーグに異変が起きました。 それまでもステータス的にレジスチルは優秀だったんですが、スペシャルアタックの発動が遅いのが難点だったんですね。 ところがノーマルアタックをロックオンにすることで即ゲージが溜まり、 スペシャルアタックがとんでもないサイクルで発射できるんです。 できれば交換でステータスを下げた方がイイですが、その価値は絶対にあります。 しばらくの間スーパーリーグは、レジスチルが主役の一角を担うことになるでしょう」 チルタリス 「スーパーリーグ開始直後、チルタリスはエース級の活躍をしていました。 ひこうタイプとドラゴンタイプのチルタリスはステータスも優秀で、くさタイプに滅法強いんですね。 それを終わらせたのがフェアリータイプを持つマリルリです。 マリルリの被害を一番被ったのがチルタリスと言っていいでしょう。 ただ、レジスチルの登場で再びチルタリスが脚光を浴びつつあります。 つまり、 レジスチルのタッグパートナーとしてチルタリスは最高なんです。 いずれにせよ、チルタリスは育てておいて損はありません」 ラグラージ 「ラグラージの魅力は、 スペシャルアタックの発動が恐ろしく早いところです。 とにかくスペシャルアタックがバンバン打てますので、抱え落ちもなく相手のシールドを削るにもラグラージは最適です。 みず・じめんタイプなので、くさタイプが2重弱点ではありますが、一方でレジスチル対策としては大いに力を発揮します。 その際、スペシャルアタックはハイドロカノンとじしん。 またマリルリ対策ならハイドロカノンとヘドロウェーブにするといいでしょう。 ラグラージに関しては 2体育てても後悔はしないハズです」 ブラッキー 「そもそものステータスが化け物クラスに高いのがブラッキーです。 それに加えノーマルアタックの バークアウトが強化されて以来、一気にスーパーリーグの主役の一角に躍り出ました。 上手くやれば倒されるまでに6~7回スペシャルアタックを打てるほどポテンシャルが高いです。 それにより天敵のマリルリに勝てないまでも善戦できます」 カメックス 「まずカメックスはそもそものステータスが優秀です。 それに加えてみずタイプ単体なので、2重弱点がありません。 マリルリとは違って毒が弱点ではありませんので。 また、ラグラージはくさが2重弱点なので迷ったら即死なんですが、 カメックスには多少の猶予があります。 育てておくと非常に便利で、使えるポケモンですね」 いかがだろうか? 先ほどお兄さんが言ったようにメチャメチャ育てたくなったのではなかろうか? 注目は「ラグラージ」「ブラッキー」「カメックス」の3体は コミュニティ・デイ限定わざが必須であるということ。 つまり……わかるよな? 特別なわざを覚えられる12月のコミュニティ・デイまであまり猶予はない。 でも、やるしか……ないねん。 とにもかくにも、やらない人ほど「そうなのか……!」と目からウロコが落ちるトレーナーバトルの鬼によるスーパーリーグ講座。 近日中に第3弾も公開予定だ。 それではトレーナー諸君の健闘を祈る! 参考リンク: Report: Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. ScreenShot:ポケモンGO (iOS).

次の