ゆるキャン 3話 ネタバレ。 へやキャン3話(アニメ)見逃し無料動画と感想考察ネタバレ!河口湖で旅行中の夫婦と出会う

ゆるキャン△ドラマ最終回ネタバレ!あらすじ結末を原作漫画から考察予想!

ゆるキャン 3話 ネタバレ

リン(福原遥)と「野外活動サークル」(通称「野クル」)メンバーは、それぞれの冬キャンを楽しんでいた。 高ボッチ高原に辿り着いたリン。 松本市や諏訪湖、富士山までも一望できる山頂に行ったり、キャンプサイトでスープパスタを作ったりソロキャンを満喫する。 その頃、ほったらかし温泉で湯上り後、名物の温玉揚げを食べてそのまま休憩所で寝てしまった野クル。 夕方まで寝ていた野クルは、急いでパインウッドキャンプ場へ!無事に着いた一同は、設営にとりかかる。 そしてなでしこ(大原優乃)は、煮込みカレーを作りはじめる…。 tv-tokyo. 千明はキャンプ場には昼過ぎに行く予定なのでまだ時間はあると言っている。 温泉から上がった3人はすっかり気が抜けていた。 その頃、志摩リン(福原遥)はようやく目的地の超絶景スポットで有名な高ボッチ高原に到着する。 ここでは富士山、松本市、諏訪湖が絶景できる。 頂上まで後9km。 リンは再び原付を走らせ、ついに150kmを走破する。 着いたのはいいが何もない。 リンは温泉を目指す。 温泉までは6kmある。 原付を走らせながら、頭の中は温泉に入ることばかり考えていた。 諦めたリンは温泉近くで、景色を見に行くが、曇っていて何も見えない。 地面をけるリンは高ボッチ山頂まで、400mの標識を見つけて歩いて登っていく。 1人ぼっちで高ボッチを目指したリンが山頂に着くと、 雲がなくなり、富士山、松本市、諏訪湖の絶景を見ることができて、ようやく気持ちが晴れたリンである。 リンはテントを張り、コフィル1つでできるスープパスタを作り始める。 ゆで汁が出ないのでキャンプにはお勧めのようだ。 オリーブオイル大さじ1、おろしにんにく小さじ1、他にもあらかじめ用意していた具材を入れて、リンはキャンプ料理を楽しんでいる。 パスタは標高が高いところでは水の沸点が低いので細目を使うのがポイント(ここはだいたい標高1600m)。 水が減ったら、 牛乳とチーズを入れ、最後に黒コショウを入れると完成! リンはこれまではカップラーメンばかり食べていたので今回が初めてのまともなキャンプ飯である。 リンは写真を撮ったあと食べると、うまい!寒空の下、キャンプご飯を堪能し夕方になる。 リンがなでしこにスープパスタの写真をメールすると、なでしこはメールの着信音で目が覚める。 なでしこはリンのメールを見て、おいしそうと言いつつ、寝過ごしたことに気が付く。 なでしこは千明とあおいを起こし、急いでPINE WOODキャンプ場へと向かう。 なでしこたちも景色を楽しみ、テントを張ることに。 千明とあおいがテントを張る間、なでしこは持ってきた土鍋を取り出し、晩御飯の準備。 今日の料理は煮込みカレーである。 カレーが出来上がるころには外は真っ暗になっている。 あらかじめ切って、素あげしておいた具材をルーで煮込んだ、簡単煮込みカレー。 3人がカレーを食べると、あまりのおいしさに千明がなでしこを師匠と呼ぶ。 3人は奇麗な景色を見ながら外でご飯を食べるというキャンプの醍醐味も味わっている。 千明が隠し味に気が付くと、なでしこがこのカレーには隠し味にラーメンのスープが入っていると説明する。 すると、千明は家では肉じゃが、あおいはおでんを使ってカレーを作るという。 あおいのおでんには千明となでしこは驚いている。 夜になり、2人用のテントでなでしこたち3人が寝る。 もう一つのテントは1人用なので誰も行きたがらない、しかし、あまりの狭さに3人はジャンケンをすると、なでしこが負けて1人用のテントに行く事になる。 1人用のテントに行ったなでしこがリンにメールすると、リンから寝ていると返信が来る。 なでしこはリンとメールをすると、リンから星空と夜景が奇麗だとメールが来る。 すると、なでしこは怖いながらもライトを持ち1人で夜道を歩きだす。 なでしこは夜景がきれいなところに行って写真を撮りリンにメールすると、リンも高ボッチ高原から見えるきれいな夜景の写真を撮ってなでしこに返信する。 2人は夜空を見上げていた。 スープパスタはキャンプらしからぬご馳走。 でも、なでしこのカレーも3人で楽しく食べていて、ほっこりしました。 夜景もリンの勝ちかな。 でも、夜景より、リンとなでしこの心のつながりがきれいでした。 メールっていいですね。 昔の手紙ではこうはいきませんね。 思いのほか、メールの凄さに感動しました。 今度私も誰かに夜景を送ろう!問題は、夜景と相手だ!これぞ、ゼロからのスタート。 今から探そう!とドラマを見てこんな衝動になりました。

次の

【ゆるキャン△実写ドラマ】3話感想 ふもとっぱらと坦々餃子鍋、そしてヒロシw

ゆるキャン 3話 ネタバレ

リンは手伝おうとしましたが、なでしこに断られます。 「切ってブチ込んで煮るだけだもん」 なでしこの言葉に一抹の不安を覚えるリンなのでした。 なでしこは淡々と鍋に具材を入れます。 なでしこの住む南部町から『ふもとっぱらキャンプ場』まで40kmほどありましたが、姉・桜(柳ゆり菜)に車で送って貰ったのです。 そのまま、桜は富士宮に遊びに出掛け、21時頃にキャンプ場に戻る予定でした。 今回は、なでしこも朝までキャンプするつもりでいたのです。 テントを持っていないので、車に泊まる予定でした。 車で寝るとキャンプではないのか、なでしこは、ふとそんな疑問が脳裏を過ります。 オートキャンプする人の中には、車中泊をする人も居るというリンの言葉に、なでしこは安心するのでした。 くしゃみをしたなでしこに、鍋のお礼としてリンは貼るカイロを勧めます。 そうこうする内、鍋が出来上がり蓋を開けると、真っ赤な担々餃子鍋でした。 なでしこがお椀に取り分け、ひと口食べると予想外に絶品でリンは感激します。 唐辛子が効き、上着を1枚脱ぐほど体が芯から暖まります。 日もすっかり暮れ、リンとなでしこはランタンの灯りのもと鍋を囲みます。 『浜の餃子 丸寿商店』 なでしこは1箱50個入った浜松餃子を全部鍋に入れました。 リンはサークルに誘われた時、嫌な顔をしたことを、なでしこに謝ります。 なでしこも無理に誘ったことを謝るのでした。 「静かにキャンプする方が好きなんじゃないか」 野クル(野外活動サークル)のあおい(箭内夢菜)に言われていたのです。 気が向いたらという条件で、なでしこは野クルのキャンプに誘います。 しかし、野クルのキャンプは何時になることか分かりません。 道具が何もなかったのです。 なでしこは鍋を完食するとポテチを勧め、リンはその食欲に目を丸くするのでした。 キャンプ場は春夏には霧が出て、朝日で幻想的な富士山を見ることが出来ます。 リンの話を聞いたなでしこは、霧の富士山が見たくなり、日の出にリンを誘いましたが断られます。 「起こすなよ」 「起こすー」 スマホからは、DJヒロシ(本人)のエンディングトークが流れていたのでした。 午前5時40分。 スマホのアラームが車の中で鳴り響きます。 桜がなかなか起きないなでしこの鼻をつまみ、強引になでしこを起こします。 そして、桜はなでしこを置いてコンビニに朝食を買いに車で出掛けたのでした。 リンのテントの前にある椅子に座り、なでしこはブランケットに包まり、日の出を待ちます。 一方、リンはテントで寝ていました。 薄明かりに照らされ、空がほんのり明るくなります。 山裾から太陽が昇り、なでしこは眩しさのあまり手で差し込む光を遮るのでした。 リンが目覚めると隣でなでしこが寝ていました。 「まあ良いや」 リンが呟き、再び寝るのでした。 本栖高校・野クルの部室。 野クル部長・大垣千明(田辺桃子)とあおいに、なでしこは富士山をバックに自撮りしたリンとの写真を見せます。 キャンプ場を後にし、なでしこは桜とハートランド朝霧という牧場に行きました。 富士山を見ながら食べたソフトクリームは、とても美味しかったのです。 そして、なでしこは富士山Tシャツと富士山マスコットを買って帰り、千明とあおいには飲むヨーグルトをお土産にしました。 図書室。 受付に座るリンがキャンプ場で撮った写真を見てニヤついていると、斉藤恵那(志田彩良)に声を掛けられ驚きます。 リンは冬ばかりキャンプをしていました。 虫が居なくて、汗をかかず、キャンパーが少なく静か。 焚き火と温泉が気持ちよく、空気が澄んでいて景色が綺麗に見え、そして汁物が美味しいから冬のキャンプが好きでした。 恵那もチワワ・ちくわを連れて行こうかと思いましたが、暖かくなってからにすることにします。 リンは今週バイトなので、来週、長野に行く予定でした。 下校したふたりは、校門で別れます。 リンは長野に思いを馳せます。 長野はもっと寒いと思いつつ、来週逃すと4月まで通れない道もあり来週行かなければなりません。 山には熊に霧、不安が募る中、なでしこからメッセージと共にキャンプ場で撮った写真が届きます。 なでしこの野クルのキャンプの誘いを思い出し、リンは呟きます。 「気が向いたらな」 軽く笑みを浮かべ、家路につくリンなのでした。 なんて危険なドラマなのか。 あまりにも本編がゆるくまったりしていたので、冬の悪魔・コタツとの親和性が高すぎて何度もウトウト。 30分のドラマを観終わるのに、2時間弱掛かってしまいました。 それにしても、何度観てもなでしこの行動力は凄い。 リンにあんな嫌な顔された後に、よく土鍋持ってキャンプ場に押し掛けられたものです。 恵那がキャンプ場をリークしていたので何か後押しされたのか、例えそうだとしても感心します。 そして、何より感心させられたのが、なでしこの姉・桜です。 一体何者だ。 本当に妹の面倒見の良いお姉さんです。 車で送る程度なら理解出来ますが、車中泊まで付き合うなんて驚きです。 桜を演じている柳ゆり菜は実生活では妹です。 4歳上の姉・いろはが、役作りに役立つような桜に近い人柄だったら良いなと思います。 キャンプ芸人・ヒロシがラジオパーソナリティー役で出演! ドラマの方も体感が短く感じるなぁ。 ひとりキャンプで~には出演しなかったヒロシがこちらに出るとは思わなかったからこれは嬉しいゲスト。 — いろごはんXV IrogohanAXZ ラジオパーソナリティー役でヒロシが声だけ出演w さすがキャンプで生計を立てるキャンプ芸人だ。 2019年の年末には、「アナザースカイ」でパラオの無人島を舞台に、キャンプの素晴らしさを伝えてくれたヒロシさん。 キャンプの魅力が伝わってきて最高に面白かったのを覚えています(あの番組以後、ヒロシさんが好きになりました)。 原作からは脱線しまうとは思いますが、是非とも、リンたちと一緒にキャンプをするヒロシさんの姿を見たいですね。 なでしこ(大原優乃)が加わり三人となった「野外活動サークル」(通称「野クル」)は冬キャンの準備を始める。 まずはキャンプアイテムを揃えようとするのだが…。 そして冬キャン当日、キャンプ場に行く前に、笛吹川フルーツ公園やほったらかし温泉を訪れる野クル。 一方、リン(福原遥)もソロキャンのため愛車のビーノにまたがり、長野に向かっていた。 食事や風景などの写真をお互いに送りあうリンとなでしこ。 そして、長野県の霧ヶ峰に着いたリンは、自分の居場所をなでしこに伝えるためライブカメラのURLを送る…。 tv-tokyo.

次の

ゆるキャン△|見逃し動画無料フル視聴~ドラマ配信はコチラ

ゆるキャン 3話 ネタバレ

そんな人の為に 「へやキャン」の動画を無料で1話から最新話まで見返せる方法があるんです。 それが 動画配信サービスの無料期間を利用する方法です。 Anitube等にアクセスできなくなった今、 全話高画質高音質で安心安全に視聴するには絶対に公式な動画配信サービスがお勧めですよ。 そこで、この 動画配信サービスの無料期間を利用すれば、 全話動画を無料視聴することができるんです。 ということで管理人が特に優秀だと思う 「へやキャン」が配信されているサービスを紹介します。 \U-NEXTは31日間無料/ U-NEXTの特徴や登録解約方法などを画像付きで知りたい方は以下の記事をご覧ください。 最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。 富士五湖の中では最も長い湖岸線を持つ湖。 なでしこ、あおい、千明は3人で自転車をこいでいました。 そこでなでしこがひらめいちゃったと言います。 草 — シャドウミストレル空蝉 drindicavia それは、こんな自転車があったらさ、走りながらキャンプできちゃうよと言います。 それはテント、コンロ、薪、クーラーボックス、テレビなどを搭載した自転車でした。 そしてなでしこは先に行ってしまいます。 あおいと千明は、このスタンプラリーきつくない?なでしこちゃんにつっこみもできんわ。 なんとしてもやりきるぞと言います。 旅の2人と出会う なでしこは止まってちょっと早かったかな?と言います。 そして先に言ってスタンプを押してくるからここで待っててと言います。 そこに他の自転車に乗った2人が3人を越して行きました。 それを見て、うちらも負けてられんなあとあおいと千明がいくのでした。 そして着くとそこには、先ほどの通り過ぎた人の自転車がありました。 そして富士山をバックに写真を撮ってあげました。 みかん — たごーる tagoal お礼にみかんを渡されました。 3人はその場でおいしい〜と食べます。 大人になった時の思い出 — laki0814 laki0814 なでしこが自転車で旅行ですか?と聞くと、カミさんとあちこちということでアルバムを見せてくれました。 昔から旅先で一番の景色を撮っているとのことでした。 そしてめくって行くと、なでしこがこれって。。。 というとそれは高校の時のだと言います。 初めて自転車で遠出した時の写真で夏だったのに寒くて忘れられないと言います。 なでしこはスタンプラリーの用紙を見ながらこれもそうなるのかなと言います。 そしてスタンプを見つけて押します。 なでしこがこのスタンプラリーも大人になってからみんなで見たりするのかもね?と。 あおいと千明はかもな。 自転車しんどかった時のやときっと思い出すわということです。 リンちゃんきたー — 海水瓜 Umisuika 場面は変わり、家のこたつでリンひとくちツカぽんというお菓子を食べていました。 幸運のひげだとそのお菓子を見ていると、なでしこから写真が送られてきました。 河口湖に行ったという内容で3人が映っていました。 リンは飲み物を飲もうとするとアツっと行ってやけどしそうになります。 しかも高校の頃からということですから、学生時代の同級生とかなんでしょうね。 そこからずっと大人になっても付き合っており、写真を色々な場所で撮ってというあの感じ、最高です。 さらに大人になった時にこういうところに行って、こんな事があったということを思い出話しとしてできるのって本当に良いですよね。 今の時代スマホに写真を保存できますが、やっぱりあのアルバムのように現物で見られる写真のほうが、見返した時に共有できますし、思い出も一緒に思い出すことができると思います。

次の